剣と魔法と邪道プレイ 第65話

目次

239 : ◆iWAc./ZK.6 : 2014/07/07(月) 01:01:18 ID:gqLgvlig
  | ;,,;,|                          : :.゜゜。・。゜.゜. ...
  | .:.|                            :::.゜。 ゜・。゜゜. .  . .
  | .:.|                                : ::.゜ ゜ ゜゜。・。゜.゜..
  | .:.|                                :::.゜。 ゜・。゜゜. .  . .
γ⌒ヽ,i___ :";;::、;;:。                         : ::.゜ ゜ ゜゜。・。゜.゜..
,i;:;:;:;:;:;,i    \:";;::、;;:。  :";;::、;;:。                   :::.゜。 ゜・。゜゜. .  . .
.I_______I      \_:.:.__::、;;:。  :";:'`::'::';;::、;,:,。,,, ,                : ::.゜ ゜ ゜゜。・。゜.゜..
           \ \ロ;;::、;;:;;::、;;: ':'`;'`::'::',:'':'`;
_______________i`、  | :|_:'`::_',:'_'`;___ _:'_'`:_:'';;`;_____ ___ _____________
=:.=.=i〔〕〔〕i=====i\ヽ、,:|\   :/\` 、     ___    /\` 、    ____     /\` 、
   |____|     |  `.、ヽ、.:.\.:.:..|i田l;|___l   /\` 、   |i田l;|___l    /\` 、   |i田l;|___l
-.─-.─-─-─.、::..;|    |\ヽ、-',_____/xXx \ヽ_____./xXx \ヽ________
=========='.:.:|`.、.:.:.|  \|:.: |==== ==|.:iコ._,iコ |:;|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:;|.:.. ロロ ロロ :
____  ○  |.:i |:.i  |:..::`.、|:.:...:.|  |.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |::|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |::|.:.. ロロ ロロ :
 |  .||.:.:. |.:i |:.i  |:..:... |:.:...:.|  |.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:.|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:.|.:.. ロロ ロロ :
 |  .||.:.:. |.:i |:.i  |:..:... | ` 、|  | --─-─--|..====::|::| --─-─--|..====::|::| --─-─-
 | ,., ||.:.:. |.:i/J,.,.,|. ,.,.,...|.,..;.:.|  |.:..:.ロ.:.ロ..: . |      |::|.:..:.ロ.:.ロ..: . |      |::|::..:.ロ.:.ロ..:   ┏━━━━━━━━━┓
";`;`::'::',:;:;::"''":。;:";;::、;;:。-..,"'., |.:.. ロロ ロロ : .:|:i'⌒il⌒'i;:|:.|.:.. ロロ ロロ : .:|:i'⌒il⌒'i;:|:.|.:.. ロロ ロロ :  ...┃▼ブリタニア家   ....┃
;;:: ,:'':' `::':: ',:;:: ,:''':'`::'::',:;:` "'"';: ;|.─--─--ー|:l::.:..ll::.:..|;:i,/:─--─--ー|:l::.:..ll::.:..|;:i,/─---─-   ┗━━━━━━━━━┛
:,:'':'`::'::',:' ':'`; ;::、;`: :'::',:;:;;::,:'":;'/         ̄ ̄ ̄ ̄  、。、..。     ̄ ̄ ̄ ̄
,:'':'`::'::;;::',:;::,:''':'`::'::',:;:`"'"' ;:。;:                :"; ;:;、;::;:,


240 : ◆iWAc./ZK.6 : 2014/07/07(月) 01:01:28 ID:gqLgvlig


                                     ∫   |
                                     ∫   |          |
                                      O。  |          |
                                    ヽM/  ;;|          |
                                     /| |  ;;;;|          |
                                   ;;;/,| |    |          |
                                   ;;;/ |  '|  ;;|          |
                                   ./ '|  |  ;;|          |
                           _________ (⌒)⌒)⌒)_         |
                           }{}{}{}{}{}{}{(⌒(⌒(⌒)⌒)}{'\______,,|
                            ̄ ̄ ̄ ̄ヽiil iil iil iil iil / ̄\\____|__        ,,,|
                                /   `ヽ "''""''""'' \}{}\\______|__      ::;;;;|
                 ____         ./       lア─- 、  ......\}{}\\____|__,      |
           ,  ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、   <从     、_〃: : : : : : :ヽ、.  |}{\}{}\\______|___   ::;;;|
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ.{}{\}{}\\____|__,   |
        /:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.__/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i.{}{}{}{\}{}\\______|__,,::;;;|
       , '´:.:.:.:v'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /.{}{}{}{}{}{\}{}\\______|;;;;;|
      ./.:.:.:.:._:.:{:.:rァ≠ミ、:.:.:.:.:.、:.:.}://: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y|}{}{}{}{}{}{}{}{}{| }{}{| |      \|
      /.:.:.:.:.厶≧f´ ̄`ヽ}:.:.:.:.:.:.:./ ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i.\}{}{}{}{}{}{}{.|}{}{/ /       : |
     {:.:.:.:.:.:,|        ',:.:.:.:./: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',
      ヽ、:.:.{レ'    ̄ ̄`}:.:../: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
       ∧:.ヽ __    _...i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄
        /.:.:.}:.ハ-=ミ   ==.ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/
      {:.:.://.:.∧   }     ノ i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!       ただいま。
       ヽ{:{:.:.:{:.:.i>  r- ィr‐〈ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ
      /.ハ、厂i{   {Y´} | |Y:.:.:.:..l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ     お父さん、ナナリーは
     ./:/:/.:{ ̄ト、  }     ハ廴:.:.:.ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ     連れ戻したので、もう私兵の方たちは
     {:.{:.:{:i:.:ハ ヽ ヽ」. ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、           下げて結構です。

.

241◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 01:02:33 ID:gqLgvlig
                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,     な……だ、大丈夫なのか、二人とも!
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} |.u厶_
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、




                       ,. -‐- 、r-、 __,,,....,,,,__ ,rァ'´ ̄`ヽ、
                         /   r>'7´       `' く ヽ.   ',
                      {  ,r/   ,|     、    \}  ノ
                      ,.{ア  // |     / ハ.  |  、ヾイ 、
                      く_/  ./ ./  |   , | __-|‐ |   ',  \\
                      /   ,'  |.--_'、  | |ァ'7てヽ|   !   |\>
                     ,'   |  ,|ァ'7'ヽ\|  j_r八  /  八\
                     !   /| ハ! j_り        /)イリ  ,  ヽ、
                    八 /| ∨ |           .,'   |  /|    ':,    2人とも、余裕で無傷ですよ。
                   く_/  /  八     -      |   .|/./   |  }
                     / ,.イ />,、        イ 、  |イ  ト、ノ ノ     ああ、誘拐犯たちはナナリーを
                    / /∨ ト 、/ >-rァ''" /7:::\|」__/ /      これこれこういう場所に監禁してたので、
                     ∨.  \|\   _rト‐''"´/::::::://   `ヽ,      全てその場で「動けなく」しておきました。
                           ,>/r}(r⌒ヽ)::::://       ハ
                   ,./)     ./ ||:::人ヽンノ)::::::| |       |      私に変わって 衛兵に住所を伝えておいてください、
                  //ヽ/ ´!   ,{  .//::::::'~ム)::::::::|/     __」_ `ヽ    もっとも……取り調べられる状態と思えませんけれど。
┌─────────────────────────────┐
│家からナナリーをどうやって攫ったかの手法など、              .│
│調べることはあるのだが あの凍りついた状態を解いて聞き出すのは. |
│ただの憲兵には無理だろう、と思ってる。                  │
│                                              │
│私でもまだ解呪するにはレベルが全然足りないし。              .│
└─────────────────────────────┘

242◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 01:03:50 ID:gqLgvlig

                        __ / ̄\  _
                       ´ `>  ̄⌒7 ̄: : :  ̄: `ヽ
                         ´: : : : : : : : : :  ̄: `丶: : : ヽ
                       /: :/.: : : :/: : : : : ヾ: : : : : `: : : \
                    、_ /: /: /: : /: : : : : ヽ ゝ^/ ̄ ̄\: :',
                        ̄〈: : /: : : /|.: : :|: : : : ||. 〈      i: :!
                         ∨: : ,イiヾ: : i:|`: ヽ、| > !      /: :',
                          /: ヽ〈 代jヘヾゝ=、_| ゝ丶 _ /: : i: ヽ
                      /: : : : `i<   辷ン 〉! :ヽへヾニ二」: : |ヽ: \
                      〈: /: : : ∧      /: : : : ∧\: : : : :{  \: :)
                 ィヽ    )'{ : : /: ∧rー 、_/: /: : /: : \> : : :ヽ  )'
                _ | !〉 ゝ、  ): イ^、|⌒ ̄ /: /: ./{: : : : : ヽ : : : : 〉    それより、もう二度と
               メ、ヤ ゝ-´/   ∧/丶/:::: ̄/: / |´ヽ⌒)'ヽ^)⌒^      こんなことが無いようにしてください。
              〈゙     /   /  ∧/::::::: ̄ ̄:::::::〉 ト、
               ヽ、/ ̄\  7 i ム/:::::::::::::::::::::::::::::::::} \            私がいる間は助けてあげられますが、
                 |      |  ∨`{「/ ̄ ̄ ` ヾ ::::::::    丶            普段はいないのですから。
                  \/ ̄∨   /⌒      〉::::/    /、>
                  ヽ   ∨ 〈        /::::/   /   \
                   ',   ∨∧       /::::/T   ___\


                へ、、
               / {_ ク
            ,=- く__,,/
              /   /     _
          /  /     _〃― ヽ
         /   /ヘ     _/ | | =!|= }lヽ       うむ、言い訳をするようだが
         r'   く彡 \r'´{ ∧ rっ /  |ヽ-、   年末で人の出入りが多くてな……
         \    ""''''`l /ヘ`,二´ミ、ノ丿丿)
          /\    | ´   | |  | |\_ノF== 、__   その隙を突かれたようだ。
         /;:;:;:;:ヽ  /   l   | |  | |  \|| | | | | ||   親として子を守れず申し分けない、
         /;:;:;:;:;:;:|     r―''\ ,'⌒i|       || ||  |  と娘に言う言葉でもないか……
         /;:;:;:;:;:;:;:;:|     ||    ヽ__ノ       || ||   ヘ
          /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|    q====||ヽ==o || ||   ヽ

243◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 01:04:22 ID:gqLgvlig
               _. . .-―-. .y.x ⌒
            _. .-: :_:v/.:-:―: :に{     ヽ
           ⌒ヾァ'':"¨: :   ‐-: : : \     )
       /   ィン: : : : :     :.    、: : :ヾ  _xン
        { ン: : : : : : : :     ト:    \: :Yン》≧x,
       ∨ : /: : : : : :{: : :    \: :.     ; : : :、 ‘》,
       ; : /: :;': : i: 八: : :  :ト: : |: : : :    |: : : :}  ‘》,
       {i:,': : ; : : |/  ト: : : | 斗-Ⅵ: : : . |: : :人   ‘》,
       {ハ|: :i: : : ⌒ヾ{ 、: : :xぇチ刈: :リ:从): : :{     ‘》,
          |: :i: : : 不弐ハ \{ゝ Vrり. : :价ン: :i: ハ
        八: :、: {ト Vり  、    ノイ: :i|: |: : i| ; )
         |:\: :、            八: |: |: :八{     まあ、念のため
  _      |: :.个:込    r- 、  イ._ハル八(  )     私の方でも手は尽くしておきますけど……
  ン¨ス     ,|: : i|: : : :}:≧.. __ イ /::::::>..
 /_/,/‐ぅ  ノ{ハ乂{: :厂-…fニエィ::::/:::::::::::>…-ミ   丁度いいわ、ナナリー。
 { ヾ_んへ,〉__  (  )ノ〃:::::::::ー}i}=‐:::::::::::::::::〃       お土産に着けてあげるものがあるから足を出して。
  \{ {yノ  ム  / ,{::::::::::::rfてけa:::::::::::::,      ト、
      < ノ トY    i{::::::::::に述ぅろ:::::::::::i{         ノ )
        マ/ ∧    ゞ‐-=x込えン^:-=:::i{


                                        ,, -イ´  ̄ ``ヽ、
                                      ,.ィ'´  _ ,r'´ ̄`ヽ、 `ヽ、
                                    ,.イ  .,-―ミ ,彡ー 、   ヽ、.ハ
                                       / .,イ." ,ィ=-、,r‐''''''''`i  .l  i i
                                   ,' .::: /i i:,r'´      l  .l  i .l
                                     i .::::i l ll      __| . ヘ, .i .l
                                  l ::::::| ,' .::i!  ,,r'     l   ヽ,l .ト、
                                  | ::::::ソ.::::::`i'" _     ;'´ヽ、  .゙i |.iヘ        足、ですか?
                                  | . ;/.::i:::::::;l " .`    ==-‐iヽ.  l l i. ヘ
                                   ,!.〈.:::::l::;;イ _,ィ彡         l'’l ,イ .i .l . ヽ       .アンクレット
                                   l ヽ;::l,'.r‐,っ、     ′   / / il l l! .lヽ、ヽ     .足輪 でも買われたのでしょうか。
                                  i! .::、_):l l ノ,ィヘ、_.   ` ´ ,イ //ノ` l .li l ヘ、ヽ
   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ               l..:::::`i:::::l ./>i  ト'、-'/.li/  ィ ! . l.ヘ ヘ、 ヘハ
   | ええ、マジックアイテムを。 |             ノ.:::/.:::l::、\ <!j. .| 〉‐〈  /ト イ ./ ノ‐.、\`ヽ、i.ハ
   乂___________ノ             ,イ.::;イ.::: /`ー ヽ ヽ, . | /l:::l∨i/ /,.イ/ ` ヘ .ヽ ヽ i
                                  / ::,'::|.::::l  ’i |i `i  `i l' .l:::l ,イ  ,´イ i.l    l   i l iヽl

244◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 01:08:33 ID:gqLgvlig


      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
      | 〈誓いのアンクレット〉という、                 |
      | 着けている人の在り処が分かるアクセサリよ。   |
      乂____________________ノ

              ┏                                .┓
              ┃             ,。ニ、_,=、                 ┃
              ┃             γvゞ-'^乂_)=c、                ┃
              ┃             し゜     `´C≧、              ┃
              ┃           (ヽ        ヾ:、ヽ         ┃
              ┃            f⌒'.        }}リ         ┃
              ┃                ゚ー(`Y_   ____ノノ}            ┃
              ┃               ¨ミΞC=O彡'             ┃
              ┗                                .┛

┌────────────────────────┐
│〈誓いのアンクレット〉。                         │
│元は主人が、どこにいても その位置が分かるように   ..│
│自らの従者に装備させるためのマジックアイテムである。..│
└────────────────────────┘




          _  _,,-‐''": : : : : : : : <⌒ヾー 、
           / `ヾ、 /: :/: :〃:.i: : : :.\    ヽ
          /     V: : : : : : : : : : : : : : : ∨   |
       rl      |!: : : :/: : : : :|: : : : : : :丶  r"
     r┴|      〃: : // ‐-: /! : : -/: : : :',_人
      ヽ人  _ /: :!: :/: :/:/: |: : :,イ: :i: : : ト \\
      <_ ム二ムイ :/:|: : :ィテ示ミ !: :/ィ示ト: : :!:.l  \\
        〃: : : :|/l从: : :lV:::リ  !/ Vリ l : : |: !    ヽ
       // /j: : : : リ: :ヽ∧""    '  "l : : lり     )
   _ //厶/: : : : : :i: : : : :ヽ       イ: : 人   /   二度と攫われないのが一番だけど、
.   / //_/イヽ: : :从: :ヽ: ヽ >`_´.イ: :!: :リ    /    ..もしまた同じことがあっても
  / //:::::::::::::::: >‐ヾ|⌒ヽ: \\ /: :从: ト、/           .今度はすぐに駆けつけてあげられるように。
/ /:::::::::::::::::::/::::::::`ヽ:::::::\ヽ-、イ |/: :.∨
 /:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::丶:::/ _ニ、フ|!:::::\::\
./:::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::〉 ┐リ ||:::::::::::ヽ:::\
_____::/:::/::::::::::::::::::::__::/<ニ!/! ||:::::::::::::从:::::\

245◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 01:10:51 ID:gqLgvlig

        _ニ∠: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、
      , -┴┴ イ ゝ、: : : : : : : : : : : : : : : i: : : : : : : : : :ヽ
    /       Y 〈: : : : : : : : : : : : : : : :l : : : i : : : : : : ',
   /        リ⌒: /.: : : : : : :i: : : : : : : }: : : ,' : : : : : : : ,
   !        /: : :/: : : : : : : : l: : : : : : /:i_:_/: : : : : : : : :i
   '        />: :/: :': : : : :/l:_:|: : : : : /:7∨l`ヽ : : : : : : l
    \     イ ノ: ,'.:/: : :ゝ:7´|: 人`: /リイ ,≦ミ、: : : : : : : :|
     >/T  ̄〆: :.|从: ´ : ム≦ミ、 )'   イr':::| }リ: : : : ,イ:l
   ,r ',ィ/ーL__/: : : : : :リ|: : :イr':::::ハ      ∨:ノ ハ : : /| !/
 / ///  ノ: : : : : : :i: :∧: :∧:::::::リ    、  `´ |: |: :/: ',     ……本当は前もってこんなことが無いようにと、
/  / /./  /: : : : : : : :|: : : :ヽ|ハ `´          /: :レ': : ::∨    お土産に渡すつもりだったのに。
゙ー' L」  /: : : : : : : : :|: : : : :': ∧     _r 、,  /: : : : : : : : ヽ
      /:イ: : : : : : : ∧: : : : : : ∧、    ト、}/: : :i: : : : : : } : :',   まさか渡すより先に起きるとは
      |/ |: : :ト、 : : : : ゝ: : : : : : :l‐-、 T|/、|: : : : :|: : : :,イ/ ヽ: !   思わなかったけれど、ナナリーがこれを着けている限りは
       ヽ: :i ヽ: : / ヽヘ : : : : |:::::「ヽ、ト<へヘヘイヽ//'  |/    もし何かあっても お姉ちゃんが助けてあげられるわ。
         )´  ∨  /:)´ヽ : |:::::ゞ´_|\! l 「/:|ヽ、
              ∧::::::::::::::ヽ:<〈 ト∨、///:、i|.  \
             / ゝ、:::::::::::::〈 Y |/ /__}:::::ヽ    \
              /    \::::::::::`‐-|<_ l:::::::::::\   ' ,
               /       ',:::::::::::::「 ̄ヽ__|:::::::::::::::::',   ソ∠´》

246◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 01:15:32 ID:gqLgvlig
                            /: : : : : : : ,: - : 、: : : : _,. - ‐ 、: : : :\
                          /: : : : : : /三ミヾヾ;ヽ/シ彡三:三ヽ: : : :ヽ
                           ,': :/: : : :( 彡 ミ ^^`´  ` ^'^'`ヽミ:ミ:',: : : : ',
                        ,': :/ : : : : : ',/             ヾヽ! : : :l:l
                         ,': :,': : : : : : : :ヽ _,. - ー     ー- .,_ ヽ,': : : | !
                      /:!: !: : : : : : : : : :ヽ           ` l: : : : ! |
                      ,':.ノ: :l: : : : : : : : : : ノ_.ィ        T 'ー- _ !: : :l ,': ',
                        l/: : : l: : .::l: : : : : /   ヽ       ' ..,,_ ', : : ',:ヾ:ヽ
                    /: : : /ヽ .::,': : : : /   _,,,...       ヾ==ミlヽ: : :ヾ: .:::\
                   /: : : : :,':/::.〉: : : : .,' 彡=='"         l/}: : : : l:l : .:::丶、
                  /: : : : : : :l/.::/: : .:::l: :!           l〉    、 __!/: : : :,'.::!: : :::. : ':,    いえ、お姉さまが
                 ,': : ,': : : .:::| :(: : : .:::ヽ::ヽ、_.,       __ _   ゝ- : : // .:::',: : : ::. : ',   気に病むことでもありません。
                 !: : l: : : : .:::l : :ヽ: : :人::::::::く.        ー   //: : :/: / : .::::! : : : :::. : !
                 l: : :ヽ: : : .:::ヽ: :/ノ:::::::):::::::::}`ト 、    .イ:l::/: l .::,'ヽ!: : : .::::!: : : :l::. : l   この度の出来事は
                 ヽ: : ::',: : : .::::l : .::/::::/:::::::::/::::l   ` ´   !::!{: :! .:::!:. : : : : .::,' : : : l::. : :}   不運が積み重なって起こった事件で、
                     \:::!: : .:::/ .:::,'::::/ノ::::::::_/i         l::!;ヽl.::,:' : : : :_ - ': : : : :!:::. ,'   そもそも お姉さまに落ち度はありませんから。
                     ',!: : :/: .::::l . - ´\´          `/j/: : : /::::::l::. : : : :l:::/
                    /: /: .:::_〈     \ー 、  , ─  / : : : : / `ヽ_:::!::. : : : ':,!
                  /: /.:::冫´ l:.ヽ      \   _,.- ´/: : : : : / _.ィ´  `ヽ: : : .::.ヽ


                /   `ヽ
               /       lア─- 、
               <从     、_〃: : : : : : :ヽ、
            < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ
         __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /
         //: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y
        / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',
.      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/     そうね。
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ     ……でも、私は亡き母さんに代わって
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ   貴方たち二人を見守ることにしてるから。
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY
.        ///    / ∨:::__;ィ千r'/丁

247小さな名無しさん@この板は300レスまで@アンケート実施中~TOPページにリンクあります。2014/07/07(月) 01:16:06 ID:kohh8i1Q
プライバシーガーとか思ったけど
元々足が悪くて外にはあまり出かけないし問題ないのかもしれんな

248小さな名無しさん@この板は300レスまで@アンケート実施中~TOPページにリンクあります。2014/07/07(月) 01:16:08 ID:ThET5Oug
ナナリー、誘拐されたのに肝座ってるなあ
まだ幼いのに

249◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 01:22:41 ID:gqLgvlig

                    //
               〈::〈 _ __  /´ ̄ `ヽ
             . -‐‐' ´: : : : : : :` 、    .
.      /´  ̄ `Y´. : : : : : : : : : : : : :\: \     }
      l     /. : : : : :{ : : : : : : : : : : :.\: \__ノ
      |   /. : : : : : :/:!: : : \: : : : _: : : :.\. \≦≠ ニ二フ
       ゝ.__/: /: /: :.ィ.升ト: : : : ヽ:´\: : : : : :)>:\ \ \
       ノ: ノ!: l: : :|:l:|:.|:ノ\: : : .!: ,ィ≦k: : : \: :}: :\ \/
       ///l: :!: : :!:l:|人  )\: :}´ i以リハ \ )メ、}ノ:.ヽ
     く/〈./人:j: :从八x==彡 )ノ """.|:i: : : : \:\:ノ: :〉
         /:\: :.Ⅵハ""  '     リ:i: :\: : :.\ :ヌ´
.         /: : : /)ハY入   / }  /く: : : :l\: : : )     ……そうね。二人に、
        /: :/:.//: :.:i:|: l }≧= i |<.┐ :): : :ノ ハ:イ      いつ、身に危険が迫っても大丈夫なようにと
          レ〈:.∧!: : :リ人!:F干| .j´ニ.|イ⊥く ⌒\      幾つか『守りの魔法』も施しておきましょう。
            )/\:.(`Y r┤厂 ∨:::::::://       ヽ
          /   ヽ) | j::ハ厂   |}`ヽ:j/        i    (なるべく他人にひけらかすべきでない物だから
         /       Ⅵ::::{〈し'⌒ リ }:〉/         .ト、    自分以外には使いたくないのだけど……)
┌───────────────────────┐
│(半)永続的にかかる魔法、というものは             │
│現代では失われているため、私の行使するアレは   .│
│他人からみれば遺失魔法と誤解されかねないものだ。 │
└───────────────────────┘


           _,,..,,_ ,,,.. --- ...,,_
         ., '´    `ヾ      `'  、
         {    r/]/        \- 、
        rゝ-='" ̄, '  ./´   ハ    ヽハ
         く/    |/   /_」- /|  |    ∨、
        /'/     .;'  ./fてl!`ヽ |  / |    |/
       ,|/   r|  {弋_リ   |/ト./  |  ハ\
     / ,    .八  |x`     ァr'|  ,ハ /l」ヽ/
    /  ;'    ,   \|       , lリハ!/|イ、    でも、今日のところは
     { /|   ./|  ./| l    _   x/ 八、 \    お姉ちゃんも疲れてるから
    ∨ソ 、/ 人 ,ハ レ |\     ノイ  )\ ハ  また明日ね。
        }/こ ヽ|/-、 / >=ァl斤/ | イ  リレ'
       /─- 、r }-r‐|7〒ア´/::/7´ ̄`ヽイ
      ./  ‐-、ソJ:::rん)ヽrイ:::::://      \  (今 私にかけてる殆どのものと同じく、
     .r' -、 ,イ:::::::{ゝ_ンノ:::::::::::::|{         .}   効果が目に見えるものでなければ
    /\--//:::::::::::::l/:::::::::::::::::::::|ト、   、__」_/   構わないかしら)
┌───────────────────────────────────┐
│特に魔術師ギルドの連中の目に留まれば、                             │
│「研究させろ」とか私の身を縛ろうとする動きに走ることは試すまでもなく考えられる。.│
└───────────────────────────────────┘
.

250◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 01:33:06 ID:gqLgvlig
┌──────────────────────────────┐
│そもそも戦闘技術の無いやる夫やナナリーにかけたところで          │
│ほとんどの強化魔法は焼け石に水にしかならなくても、無いよりはマシ。..│
│そもそも基本の能力値が低い、単なる子供の彼彼女らには          │
│わずか1、2点の差でも生命線を分けることになるかもしれないし。  ......│
└──────────────────────────────┘


          ∫   |
          ∫   |          |
           O。  |          |
         ヽM/  ;;|          |
          /| |  ;;;;|          |
        ;;;/,| |    |          |
        ;;;/ |  '|  ;;|          |
        ./ '|  |  ;;|          |
_________ (⌒)⌒)⌒)_         |
}{}{}{}{}{}{}{(⌒(⌒(⌒)⌒)}{'\______,,|
 ̄ ̄ ̄ ̄ヽiil iil iil iil iil / ̄\\____|__        ,,,|
_______""''""''""'' \}{}\\______|__ __    __.::;;;;|
                \}{}\\___. (, `γ⌒; _).;;;|
                 |}{\}{}\\__..( ( ( ( ノヽ )゙;;;|
                 |}{}{}{\}{}\\___iヘ! ゚ ー゚リ/  |
                 |}{}{}{}{}{\}{}\\. (,_) i@i ),_)゙:;;;|
                 |}{}{}{}{}{}{}{\}{}\\.ソrーyーく._|;;;;;|
                 |}{}{}{}{}{}{}{}{}{| }{}{| |..`.i.ヲ )シ \|
                \}{}{}{}{}{}{}{.|}{}{/ /       : |

┌───────────────────────┐
│兎に角。                                │
│こっちはデュラハンロードに追いかけられたり、      .│
│旅の後に速攻で一仕事したり疲れてるんだ。         │
│休んでまた明日、二人には魔法をかけておこうと思う。 .│
└───────────────────────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄

251◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 01:39:04 ID:gqLgvlig



┌─────────────────────────┐
│翌日。                                 │
│二人に改めて帰りの報告をし、それから魔法をかけておく。. │
└─────────────────────────┘


           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
           | 【プロテクション】、
           | 【カウンター・マジック】、
           | 【バイタリティ】……              f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
           ヽ__________乂_          .| それと一応、
                                         | 【スペル・エンハンス】も念のため……
                                         ヽ________________乂_
────── -、=|! !             ||_, -──────
============、ミ/!:::|| |            ||_|ヽr============
[|]_|_|」|_|,j_|_|_|_|]||::||=|| |            ||_||::|||_|_]」_|_|_|_|_|_|」]
三三三三三三]||::||: || |            || ||::||[三三三三三三
|_|_|_]」_|_|_|_|_|_|」||::||=|| |            ||_||::||!|_]」_|_|_|_|_|_|」」
三三三三三三]||::||: || |            || ||::||[三三三三三三        /  ,_,,,,,,,,,,_   _, ‐-`‐、
|_| |_|]」_|_|_|_|」]_i||::||=||/                ヾ||::||i[l| |_|]」_|_|_|_|」]_    .../  ,r'",, r‐‐‐-ミ, ´,.r-‐‐- .`、
三三三三三三]||::|| ̄              ||::||[三三三三三三   ...,':  :/ ./   ,,,,,,,,,   ,,_--、 .   ハ
|_|_|_]」_|_|_|_|_|_|」||/                 ヾ:||:|_|_]」_|_|_|_|_|_|」」    .i::  ,'. .:l  ,r'=-‐‐ミ、,彡‐‐ミ,l   i|!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ....!: .ノ  .i|  |          `|   .|l
                                            ,': / ..:/i  l           | . ヘハl
                                        /:.i  .::://.,   l_,..-‐-   ー-- 、l.  ヽ`、
                                          ,./ ヽ, :::// / , ノ-‐‐、    ,‐‐- ヽ、..ハ:.ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      ____               〃 ./  ) l/ .:i .i.,i"___ ,,,    、__.. ,, /:〉、  ),'
                     \   /―  ―\         / .::/ -イイl、:l, :ト.‘ ̄ ̄      ̄ ̄,',イノl:: /イヘ,
                   /  ●   ● \      ..'´.:://   リ、ミ_、‐ミ=ァ       }    /'::i',イイヽ、 .`、
          おっおっお。 | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|       .:/.:/.   ./ .lノィ`ー`_ 、   ,_、 , ィノl、lil-` . ハハ. ハ
                   ヽ          ィ’       .::ノ   .::/  .l::|:::::l:i.,'ヽ、`  、_ ィi:::l::l::::l iヽ:::. .l:.l::  .l

252◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 01:44:49 ID:gqLgvlig


                                                A        A
                                                 //ハ     .//ハ  (「異貌化」中)
                                              ////ハ -─ -////ハ_
                                         /⌒ / .:::::::::::::::::::::::::厂/´   ` 、
                                        /  . ' .:::::::::::::::::::::::::::::::(  {      Y
                                        l  / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ト、     }
                                        |  .' .::: ::::::: l .::::::::i:::_::_\ :::: Y⌒ヽ._ メ
                                       人 |.::::::l:: __:l\:::´ト、 .:::::::ヽ.:: l⌒ /∧Ⅴ
                                        rァ从::::!´::: |:::::\j::::\_::::ハリ::: 〈/∧ハ
                                │         .〈/ 从ルハ:j::::_:::::::::´「r'!:「Ⅴ:::::::::::Li」::ハ
 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ         ─+─        ./::::::::::::ノ;;;=;;;;;;;;;;;;j以リ/.::::::::::::::リ:::::::::}
 | おねーたん、角が生えてるお!. |           .|           .|::::/::: 入         i:::::/::::::::/:::i: :: リ   そりゃ、二人に纏めてかけるには
 | それに顔が怖いお!        |                       レ'i!::::::::/ > -- 号 <!::/:::: イ::::ルイ    MP……精神力が足りないんだもの。
 乂_____________ノ               \  / (\人ル( ル 厂 /⌒ヾ:/7⌒\!
                                         ×   EヲY}___r ュ 入苞メ::/i    }   (でも、やっぱりかけられる強化魔法の
                                       /  \   `ー┴┴1 }ヒ/ :::::::: || l|   ,ィヘ    殆どはプリーストの領分ね。
                                              レ'r/ :::::::::: ||/⌒ヌ´ 卯   いずれは信仰を辞めるだろうけど、
                                              //::::::::::::::::||只< X´     とりあえずル=ロウドでも敬うべきかしら。)
                                            r く / ::::::::::::::: ||( _メ  \
┌────────────────────────────────┐
│弟と妹の二人に、主に防御能力を強化する魔法を                    │
│時間拡大「200万」倍――――およそ十数年間ほど続く計算で かけておく。 . |
└────────────────────────────────┘

253◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 01:51:18 ID:gqLgvlig

                                       ,. '" ̄`ヽ.
                          , '" ̄`ヽ _r‐<´ ̄`Y      ',
                            /  r>'"/        ヽ┐   ノ、
                         { r/   '     }`ヽ `ヽl>-rヘ_」
                         r'7  .;' /|   ./_ ̄ハ  ハ  八\`ー─┐
                         |/   |/'´_」   /ァfてハト  | 、  \\  ̄
                            ;' |   | ィ'f'ハ、  '  j__,ン  八 \ !\」
                         /{ .|  八| j_り \|     |/,リ「  ̄`|
                       く/|八レ'  |    '       / ´  |  .人
                            ヽ /、   r 、   //   /|  ,'   ヽ.   ふぅ。
                           /イ へ、    / /| _/_  /   ; }   とにかく、これで
                         / /  / >-rァ'|/|:ァ'"::::::`ヽ. /レ'   少しは身の危険も減っただろうけど、
<あ、角が引っ込んだお            .,:' /| /|、 ./ f斤:::/::::::::::::::::::ハ' }     万全では無いのだから注意してね。
                         レ'´  ∨  レ∨_」ーイ/::::::::::::::::::::::::| /
                               r'アrヽ:::/::::::::::::::::::::::::::レ'     それと、ナナリーには昨夜 すでに上げたけど、
                               /{八ンノ}:{::::_;:-===-、/      やる夫にはまた別の土産を持ってきてあるから。
┌──────────────────────────┐
│ナナリーは死ぬまで、というほどではないが               │
│残りの半生はかけた4種の魔法による恩恵を得られるだろう。 .│
│(解呪されない限りは)                           │
└──────────────────────────┘

                                   _
                           ,. - ' " ´  ̄ _` ` ー 、_
                         ,. '  _, - ' "´ ̄ ` ` ー 、 ヽ.
                       /   , "           `ー'     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                      ,.'  /                    | はい、これ。
                      /  .,.'                           | 男の子なら憧れるでしょ?
                     .,'  /                         ヽ____________乂_
                     i   i
                     l   i
                     i   ',
                  .   ',  ::::,
                  .    ', :::::'.,
                      ヽ :::丶
                        ヽ   \
                        \   ヽ、
                         \   `..ー..、_
                           ` 、_   ::::: ̄ヽ         ※若干イメージも入ってる
                             `ー - 、__i
┌──────────────────────────────────┐
│いずれ大人になっても少し続くことを考えれば、                     │
│少し過保護すぎたバフかもしれないけど。                         │
│まあ、やる夫やナナリーが冒険者や傭兵にでもなるんじゃなければ大丈夫だろう。. |
└──────────────────────────────────┘

254◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 01:53:22 ID:gqLgvlig



         ____
        /―  ―\
      / ●   ●  \
      |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |    なんだお、これ。
      /⌒l      u. ィ’
      /  /        ヽ    おほね?                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      |  l      Y  |                             |     ドラゴン
                                           | あら、 竜 の牙は好きじゃなかった?.
                                           ヽ_________________乂_





                ∧__
         ____     ̄1i
        , ⌒   ⌒\      《
      / ○   ○   \   .≫
      |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |     ど、どらごん!?
      >   |!i|!|     ィ’
.         |ェェ|

.

255小さな名無しさん@この板は300レスまで@アンケート実施中~TOPページにリンクあります。2014/07/07(月) 01:53:50 ID:ThET5Oug
おなほ
に見えた俺は疲れてる

256◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 01:57:39 ID:gqLgvlig

                                              ノ}
    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ              ._,,.. -- 、  / /
    | おねーたん、これ       .|            ., '´    __rヽ ;' ∠..,,__  _r; '"´ ̄`' 、
    | どらごんさんなのかお!?. |            l、 -r'>''"´ ̄レ'    `"''<-、_     ',
    乂___________ノ            r' ゝ'´    /          、   ヽア、   }
                               ,.'"`ア´ / / ;       ヽ、 \   \ト、_ ノ _
                               {:::{/  ./ /-{-{    }    ',    ';    ∨_]'"´ ̄`ヽ
                               ヽ;'   ;'  ;  」_ 、   ハ _ハ_ .;    }     |\ー-、__}::}
                                { ト 、{  .|イ´「ハ ヽ / |/__ }. |    ;  |.  }    ̄\_ア
                                レ'  \、 |  jhリ ∨ ァ=ァ=ti、   / 人.  、    レ'
                                    ヽ{""´ .     {h  リハ/イ|  ヽ. \
                                   /7          ゝ--' }   |り      `''ー- 、
                                 ,. '´ 人    l' ̄`ヽ   ""/  /!.      lト-  、  ':,
                                 ;'/{  /\  、 _ノ   ∠. イ |      八 \ ;  ノ
                                 '   '、 ,{.  ヽ、  _,,. イ   |/ ;    , '  `ヽ∨"´   半月前のお仕事で
                                     \ 、  /{`て´ハ  '、   ト、   /}     リ      出くわした時にね。
   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ                ./´ ̄`7/「二二二メ:::ト<.,__/   /
   | うわー! じゃあ、        |              _,,.-'-‐'"´二ヽ、L:::::::::::/:::/:::://  ̄`' く´     やる夫へのお土産だって
   | どらごんさんのおほねって |           ./ | / ´ -─-、)'⌒ヽァ:::::/:::::,' ,'     \    取っておいたのよ。
   | こんなのかおー!        |           /\ .レ'`ヽr-、`ヽ{ r'ん } }´:::::::::::{ {       ヽ
   乂___________ノ           {  ヽ `ンr/::し'rゝ-、__ノメ:::::::::ヽ| ト、       }
                                 |\ _,.イア::::::::(/::::::\)::::::::::、::::/り       /
┌─────────────────────────────────┐
│ネギ少年のパーティに参加た時に倒したドラゴネットの戦利品を           .│
│自分の取り分で買い取っておいたものだ。                            │
│男の子ならドラゴンにも憧れるだろうし、お土産になると思って一個持ってきた。 .│
└─────────────────────────────────┘

257◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 02:02:51 ID:gqLgvlig
┌───────────────────────────────┐
│ちなみに実際、素材としての竜の牙は                          │
│矢以外に有効な使い道は あまり無いそうだ。                     │
│たまに高級な武器の素材として作られることもあるが、               │
│鉄や鋼、ミスリルを使った時以上の性能が見込めるわけでもないとのこと。 │
└───────────────────────────────┘

                                       __ / ̄\  _
                                      ´ `>  ̄⌒7 ̄: : :  ̄: `ヽ
   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ           ´: : : : : : : : : :  ̄: `丶: : : ヽ
   | おねーたん、どらごんさんと        |         ./: :/.: : : :/: : : : : ヾ: : : : : `: : : \
   | あったのかお?すごかったのかお?  |      .、_ /: /: /: : /: : : : : ヽ ゝ^/ ̄ ̄\: :',
   乂________________ノ      .. ̄〈: : /: : : /|.: : :|: : : : ||. 〈      i: :!
                                        ∨: : ,イiヾ: : i:|`: ヽ、| > !      /: :',
                                         /: ヽ〈 代jヘヾゝ=、_| ゝ丶 _ /: : i: ヽ
                                     /: : : : `i<   辷ン 〉! :ヽへヾニ二」: : |ヽ: \
        .うん、強かったわよ。                    〈: /: : : ∧      /: : : : ∧\: : : : :{  \: :)
        .立派な鎧を着ていても、その上から    ィヽ    )'{ : : /: ∧`ー‐_/: /: : /: : \> : : :ヽ  )'
        .ひどくぶん殴られて怪我を負ったわ。 _ | !〉 ゝ、  ): イ^、|⌒ ̄ /: /: ./{: : : : : ヽ : : : : 〉
                              メ、ヤ ゝ-´/   ∧/丶/:::: ̄/: / |´ヽ⌒)'ヽ^)⌒^
     炎のブレスも吹いてきたし、       .〈゙     /   /  ∧/::::::: ̄ ̄:::::::〉 ト、
     逆に切りつけたりもして            ヽ、/ ̄\  7 i ム/:::::::::::::::::::::::::::::::::} \
     存分に竜退治を楽しんできたわ。      .|      |  ∨`{「/ ̄ ̄ ` ヾ ::::::::    丶.
                                 \/ ̄∨   /⌒      〉::::/    /、>
                                 ヽ   ∨ 〈        /::::/   /   \

┌──────────────────────────────────┐
│いわゆる象牙と同じく、美術品としては価値があるそうなので              │
│万が一 やる夫が欲しがらなくても 父さんのツテで売っ払って貰う予定ではあった。 │
└──────────────────────────────────┘

258◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 02:05:02 ID:gqLgvlig





       ____
      /―  ―\
    /  ●   ● \     竜退治?     ドラゴンスレイヤー
  /⌒ヽ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|/⌒i  .じゃあおねーたん、 『竜殺し』 の英雄なのかお!
  ヽ  ll|l    (_ノ    ll|l /
  从l||l           |l||l从
   ( ⌒ )        ( ⌒ )

                                   , :'´ ̄`ヽ __         __
                                  〃   ,. :'´: : : :` ̄`: :.<〃    `ヽ
                                  l     /: : : /: :/: : : : : : 〈 !         :.
                               ヽ  /: : :〃: : : : : : : : : : : :ヾ       l
                               /V : : / l : : : i: : : : : : : : :〈ヾ       ,'
                               〃 / ∧: !: :!: : : :|: : : : : : : : : :乙ヽ   ,.イ
                             /イ .イ: :| _':;__ : : : : !__':;_ : : : : ∨:.7_jk≠ニニ二フ
                               |:::/: |: :.|   ヽ:`: : :.ト、: : :\: : : : ∨: ';∧\
                                7: : l:.从x示ミ\: :.| ,.rfてうト、: : : :!: :ハ: ヽ \
                                 /:イ: : : :从 V::リ  ヽ|´ l::::::::::ハ: : : : ヽ: : :\: :\j
                              // l : : : : : l ー' ,    V辷ンヽ: : : : :\: : :\: :\
                           /´ _ >rっ:.人            〃7‐-: : :\: : :ヽ: :ハヾ
                           / ‐<ニニフ:.ヽ `  ‐'    イ{::从: : : : ̄`ヽ ̄`ヽ: ソ   いやあ、ダメよやる夫。
                          / ̄ヾ <_フ、: : : :)> -r‐< /三〉、: ヽ: :`ヽ : :)  ノ
                            / ̄>、/ ̄   >f三〉─ヾ="三ミ/  `ヽ: :_∧/        私が倒したドラゴンでも、
                         //ヽ ン , -‐イ  /てム-  ∨三ミイ      ) `ヽ        人間にしてみれば まだ子供なんだから。
                           /´ ̄7´ /     7´ /- 、  )_ノ∨三|!          〉__
                       / ̄ニ/ ̄`ヾ 、   〈 辷i弋ン<〉 /三ミl     / ̄ヾ< ̄ ̄`ヾ  名乗るなら、竜として申し分ない
                         /二 7__  ∨  >‐〈   ノ7三三||`ヽ _〃/       \     大人のドラゴンを倒した時に
                        〃  /´   !   !  /三ニ三>- '三三ミ||   .::::∨   __r、--      名乗らないと恥ずかしいじゃない。
                        / ̄`ヽ|    ∨!三三 /三三三三三l! /::::::::l    !    ヽ
                      ̄7" `ヽ/|  ,イ/ ll \三 l三三三三三<ヾ:::::: | イ\|、     \

259◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 02:07:51 ID:gqLgvlig
                           _
                   _      (⌒>、 、
          _       . ´   >   ̄ ̄  <) )
        くゝ‐─ ミ. 、 7  . ´   ./       >j ― .
        _ ___三{_ /   ./'        く/     ヘ
       j斗 '  ̄    ./   //     |     〈、      |
               / .,  // .|.   ,i -┼- 、.   ーi、     |
         _ __j .'  /' ̄`|  / i / \\ヘ    ー;_ ノニ = _
.     > ニ-‐―==― .|i  /|._ ,ハ i ノ'ーテ卞.、` .`ニ=-  | ヾ.、   .)
    (.'´  > ´       |!  |" ̄  ヾ   勺力.'i ハ´`i  ハ. 'ノ /'
      /   >  ̄ ' ― |    ,         / i!i ' .!  /´i  "
      .'   /           !           / ./'ノ ´  ((  .!
.     ハ  .' ―― . __ , \  ー― '  ./ /."     ゛ /    成竜、レッサードラゴン。
      ヘ .!     . -― 7    > _ .Fi.!イ    /   /     真竜、ノーブルドラゴン。
       )!     /   ./ ., ―、__!__.|=|__| _>´ . <       そして老練の竜、エルダードラゴン。
           /    !(.|! . ― .,_., 7=.'  i ̄ ̄ ´
             /   ./斗≧=_タ才'=三三< つ         私が倒してきたドラゴネットはあれでも
           /  / .j仆 廴夭- う'< -‐./´> 、         下から数えた早い小者だから、
      .> ´ >´   \_i__ / | ̄ ─7>= =- .       その程度で“竜殺し”を名乗っては
     〈    .′           .!.ニ=7          〉      偉大な英雄たちに失礼でしょう。
       ハ__|          /_ >イ          /
     / ̄ 八        /\ /             /

260小さな名無しさん@この板は300レスまで@アンケート実施中~TOPページにリンクあります。2014/07/07(月) 02:10:24 ID:iU3yTxPo
骨でハンコとか作ったらステータスになりそうだな

261◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 02:12:27 ID:gqLgvlig


                            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                            | いい? やる夫。 格好良い男の子になりたいのなら、
                            | 自分が誇れる何かを身につけて、そして
                            | 他の誰にも劣らない自信と確信を持った上で名乗らないと。
                            ヽ_________________________乂_



          ____
        /―  ―\
      /  ●   ● \      (よくわかんないけど)はーい、わかったお。
    /⌒ヽ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|/⌒i    でもじゃあ、おねーたんみたいに
    ヽ  ヽ         ィ’  /   そのよわいドラゴンさんをたおしただけじゃ だめなのかお?




                                        r― =、 _  ______/> ´  ̄`゙ヽ、
                                   /     >>: : : : : : : : 〈i        ヽ
                                  /       ム: : : : : : : : : : ∧        }
                                  ! ヽ     イ: : : : : : : : : : : : :\、 i 。  / !
 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ   ..',  ‐- 〆´: : :i.: : : : : : : : : : : : :i_ヽヽ_ ' /
 | ドラゴンさんをたおしてもダメなら、      .|      〉、_ ,イ : : : : : |: : : : : :l: : : : : : : |: `⌒‐-Kゞ
 | おねーたんはいつかっこうよくなるんだお?...|   ...//}⌒": : : : ,イ::|:i: : : : :| |: : : :|: :.|: : : : : : :ヾ\
 乂__________________ノ    .// |: : : : : : : | |: |从: : : :|ムA:‐:|7.:|: : :o: : : : : ! 》
                                //  〉: : : : : : :|┼|‐-ヽ: : | ィ笊f卞|: : : : : : : : :|'
                                // //ト、: : : : : Kて :}ト `'  |!r'-イ |: : : : : :/: : ::.
                              // //. |: ヽ: :l: : ト弋r'ノ     ー‐' .!: : : : /: : : : :l
                              ⌒ ⌒  |: :〈ヽ!\| ,,,,,  '    "" イ: : : :/: : :|: ゚: :'..、
                                   /: :∧ ゝ´` 、   ー'  /!: : /:/イ: :/|: : : : : 〉    やだなあ、お姉ちゃんは
                                     /.:/: :.\/  > 、-r  ´ //∨`><ヽ|イ: /∨    これでも一応 女の子なんだから
                                  /イ: :/∨|\/>―〉>゛-=/彳::::::::// ` <      格好つけたいなんて言わないわよ。
                                   ∨   ヽ/>―-/>⌒ヾ、::::::::://     '、
                                          /‐r―‐/ (ん7ヾ) 〉::/´       ヽ    まあ、これだけ強くなって
                                         / /__/ヾ7二<//::::| 〉        \  可愛い子だなんても言えないけど。
                                        / ̄ ̄  /::::<>/:::::::::::::K        i /
                                      /―<二7:::::::::::::/::::::::::::::::|| ∨_ ==ー<

262◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 02:13:54 ID:gqLgvlig


                     ─ 、   _,.-‐   ̄ ̄`"`''丶、._
                  /      >"´           i`ヾ>─- 、
                 /       /              _>/      ヽ
                 !    /    /          〈`7        ',
                 、   /       / /    i       >!         l
                r‐一7  /  / /|    |      ( ヽ       /
                └─/  /  / / |    |       iヽ_,゙ 、 _ _ /〉
                  /l     | /⌒ |    /|!  ̄`ヽ| |  ! 人_/|∨_/
                 /:::/!     |'    lハ   / リ、.    | |   ̄ヽ./::|::∨!
               /::::::イ:::!   i   |、_、   \|ィf´てうヽ、l /!     /:::::|::::::\
              \::/ |:::ハ  l  l´ ̄`ヽ   l  |!:::::::::::〉ゞl    / ::::::|:::::::::::|
                 |_人  l ハ"  ,      弋辷ノ/ |  /:::::::::::|:::::::::::|    でもそうね、もし
                    / _l\|\ l   、      "" /.  ト、  \_/|\/、    格好つけたい時が来るなら、
              /\ __.ムイ .| i、  !\   ─ '  //  / \_/:::::| リ、:::::::::/   それは……
           ─‐ヾ\| ′  ヽ| \|\|ヽ、___フ´  /  //:::::::|  \/
               >}i      /:::::::::::::::||::: ̄/__イ  /⌒ ̄ ̄         “神殺し”くらいした後かな、って。
           _  ||_|ヾ    /::rー-r‐、/':::::::: ̄//  |/ ̄⌒ヽ、
              ̄ 7/、_>"´_//て)ゝヽ:::::::::::://         ',
               ヾi/ ̄ ̄ ̄:::`辷弋ノノゞ::::::://        i  |==、
                l:::::::::::::::::::::::::`ーヽ'::::::::::::// i        |/ト、/'
                |:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::://  !      イ  || \
           .     l:::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::l l  /ヽ___イ!└="   \

263◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 02:20:42 ID:gqLgvlig


        ____
      /―  ―\
    /  ●   ● \
  /⌒ヽ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|/⌒i   かみごろし?
  ヽ   ヽ   __   ィ’  /   ……おねーたん、
    ヽ          /    かみさまをたおすのかお?
     }          /


                     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                     | 別に、そのままの意味でも ないわよ。
                     | ドラゴンや魔物の中には、神様よりも強い力を
                     | 持つ奴だっているから、それを倒した時に誇れるといいねって。
                     ヽ___________________________乂_


┌────────────────────────────┐
│“神殺し”。                                     │
│データとして存在する魔物のレベル限界、Lv25に等しいものは    .│
│その性質上、大神(メジャー・ゴッド)に匹敵する力を持つとされる。...│
│                                            │
│それより上となれば、“始まりの剣”を握った                │
│古代神(エンシェント・ゴッド)Lv35くらいしかいないし。            │
└────────────────────────────┘

   /  /: :/:,イ : /: :| : : : : i|: : : : : :|: : : : : : :/           ヽ
   !  /: : :/ : / |: /: : :|: : : : │: : : : : |: : : : : : |            ',
   ヽ/: : : : : /  〉 : : : ! : : : : | : : : : : |: : : : : :/!  .............:::::::.....     l
   ,イ: : : : : / ‐-|∨ : : : : : : : |\: : : : ',: : : : :| ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::..... /
  /ミハ: : i: /    ! ヽ: : : : : : : :| __ \: : :\ : : 〉 >、:::::::::::::::::::::::::::::::
  /ミ/ ハ : | |    |   込: : : : :|   ` \: : :\又  >、::::::::::::::::::::::
. /ミ/ /: :∨!:lミ≧辷_   ∨: : : :|     |: ヽ: : :ヽ:\' :::/|T⌒ヽ:::/:
/ミ/ X: : :人|       \ : ,|ィアテト、|: : : :\: : : : :7ミ∧ー´ヾ: : :
ミ/ /: :ソ`!          ´ヾゞ/::::::::::ハ: : : : :!: : ̄/ミ/|ミi: : : : : : :
;' /: :/ 、',      `        つ::::::::::人: : : :|: : :/ミ/: :|ミ|: : : : : : :
! /: :/⌒/`,    _       マ辷ン 廴: :弋: :レ : : |ミ|: : : : : : :
/: :/ヽ ヽ人   |:::/"'''- 、           l: :\: : :\: : : :|ミ|: : : : : : :   ま、そんな魔物や悪い神様なんて
: :/ゝ辷⌒>\  ∨   /         人 : : : ̄ ̄: : : :レ: : : : : : :   滅多に現れないんだけどね。
:/ ヽ /     \  ‐─      _<⌒ヽ : : :|!: : : : : : : : : : : : :
   `ー、   /-‐`r‐r───イ ̄   ̄ ̄ \: :\<: : : : : : : : : :   おねえちゃんが生きている間に
     〉>-    /  ゝイミ//          \: :\ヽ: : : : : : : :   遭遇出来るものかしら。
      /⌒     イ / /三/              ̄  \: : : : :

┌─────────────────────────────────┐
│Lv15になった英雄的冒険者たちが相手になるのは、                   │
│そんな世界的危機をもたらす神級魔物のみ。                         │
│人類の限界に踏み込む冒険者を目指す華扇にとって、                 │
│最終的な目標はLv15になると共に、それら25レベル魔物を倒しての神殺しだ。...│
└─────────────────────────────────┘

264◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 02:25:48 ID:gqLgvlig

┌─────────────────────────────────┐
│まあ、私の方で幾つか心当たりもあることだし、                         │
│おそらく今でも25レベルの魔物は幾らか現存しているはずだ。              │
│特に南のフェイダン地方には、倒されずに封印した2体の双蛇やら、         │
│眠りの神を降臨させ、地に呪いをバラ撒いた凶悪な吸血鬼などもいることだし、 │
│おそらく奴らはこの実際の世界でも倒されることなく残っていると予想される。.. .│
└─────────────────────────────────┘
           |    /: : : : : : : : : : : : : : : :\i  ' .        }
           |   /: : : : / : : : : : : : : : : : : : └-i ヽ      /
           ヽ/: : : : : : ' : : :l : : : : : : :! : : : : : : : :ヽ、_ー┬-ム<
            /|/: : /: : : :|: :_: ハ: : : : : : :|: : :_|__: : : : ',: : :\_>、三三>
          /::ムイ: : /: : : |´ /、゙ヽ: : : : : |X´人: :` : : } : : : : :{j三ヽマ´
          \/三| : |: : : : |,イゝ\\: : :アTて丁ヾ : : :l: : : : : :{j三三〉
      .     /=三|: ∧ : : :l{ {i::ハ \\j! {!::::::::::::j}\/ : : : : : : : : ∨
          |三三|/ ∧: : ハ ∨ノ       ゝう_/: : : : : : :i : : ,、 : : :i
             ̄ ̄ /: : \∧`´  '     ,,,,,/.: : : : : : : :|: :/ ! : : }
              ,: i : : : : :ヽ""  _ _,   │:/: : : : : : :l: :|  |__.:ノ    ところでお土産の話に戻るけど、
              l: | : : : : : : :>  _ _ .イ|: !: : : : : : :/: :| / `ヽ    二人にはそれぞれ与えたのとは別に
              |∧: : : : : : : >≧∨ ̄ ̄|人: : : : : /__ノ〈_ /  )
                  \人: : :{|::::::::::::::::::::::::::::/:>r、(_ ィ_>‐<    道中 見かけた植物から
                   _>/ん厂又マ::::::::::::::::::/    {|三三ミ辷>  珍しい果物を見つけたものだから、
              /  ̄  (〈 辷)ゝ7 ム:::::::::::/ /    >―‐イヾゝ  家の料理人に渡しておいたわ。
              {     /ヾ<斗笊//::::::::::/ /    |   |  \
              | /   /:::::::::::>―-イ::::::::::::::{  '    │  │   〉  早ければお昼にでも食べられると思うから、
              ∨   !:::::::::::::::::::::::::::{|:::::::::::::::l! |     │   | /   期待していてね。
              〉==r{:::::::::::::::::、_ノj::::::::::::::::|} /\   j     lム
            <____人:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::|}  /⌒<{      |/




               -++-、
                          丶、/
                            /ヽ/
         /        ____     / ヘ.
       十     /⌒  ⌒\      "´i ̄
       十   /  ●   ● \
        ヽ /⌒ヽ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|/⌒i  食べ物!?
          ヽ  ll|l    (_ノ    ll|l /  それっておいしい?おいしいものかお!?
          从l||l           |l||l从
           ( ⌒ )        ( ⌒ )                         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                                                  | さあ……お姉ちゃんも
                                                  | 食べれるとしか聞いてないから、
                                                  | 味は分かんないけど。
                                                  ヽ______________乂_
.

265◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 02:28:41 ID:gqLgvlig
           .r― =、 _  ______/> ´  ̄`゙ヽ、
         /     >>: : : : : : : : 〈i        ヽ
        /       ム: : : : : : : : : : ∧        }
        ! ヽ     イ: : : : : : : : : : : : :\、 i 。  / !
        ',  ‐- 〆´: : :i.: : : : : : : : : : : : :i_ヽヽ_ ' /
        〉、_ ,イ : : : : : |: : : : : :l: : : : : : : |: `⌒‐-Kゞ
        //}⌒": : : : ,イ::|:i: : : : :| |: : : :|: :.|: : : : : : :ヾ\
         // |: : : : : : : | |: |从: : : :|ムA:‐:|7.:|: : :o: : : : : ! 》
      //  〉: : : : : : :|┼|‐-ヽ: : | ィ笊f卞|: : : : : : : : :|'    (でもチャスナットって、要するに栗だし)
      // //ト、: : : : : Kて :}ト `'  |!r'-イ |: : : : : :/: : ::.
    // //. |: ヽ: :l: : ト弋r'ノ     ー‐' .!: : : : /: : : : :l    やる夫の口に合わないかもしれないけど、
    ⌒ ⌒  |: :〈ヽ!\| ,,,,,  '    "" イ: : : :/: : :|: ゚: :'..、   多分 砂糖と合わせれば、ケーキみたいな
         /: :∧ ゝ´` 、   r-、 /!: : /:/イ: :/|: : : : : 〉 デザートには十分 似合うはず……かな。
           /.:/: :.\/  > 、-r  ´ //∨`><ヽ|イ: /∨  (モンブランとか)
        /イ: :/∨|\/>―〉>゛-=/彳::::::::// ` <
         ∨   ヽ/>―-/>⌒ヾ、::::::::://     '、
                /‐r―‐/ (ん7ヾ) 〉::/´       ヽ
               / /__/ヾ7二<//::::| 〉        \
              / ̄ ̄  /::::<>/:::::::::::::K        i /
            /―<二7:::::::::::::/::::::::::::::::|| ∨_ ==ー<
              / ̄ ̄二,イ:::::::::/<>:::::::::::||./ ⌒     >



     ____
    /―  ―\                              f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
  /  ●   ● \                                  | まあ、美味しいものかどうかはさておき、
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|   えー……                        | 魔物から採れた果物は中々食べられない
  ヽ       i⌒ヽ                              | 珍しい食べ物よ?
  /       λ  )                             ヽ__________________乂_



.

266◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 02:34:25 ID:gqLgvlig
============、ミ/!:::|| |            ||_|ヽr============
[|]_|_|」|_|,j_|_|_|_|]||::||=|| |            ||_||::|||_|_]」_|_|_|_|_|_|」]
三三三三三三]||::||: || |            || ||::||[三三三三三三
|_|_|_]」_|_|_|_|_|_|」||::||=|| |            ||_||::||!|_]」_|_|_|_|_|_|」」
三三三三三三]||::||: || |            || ||::||[三三三三三三
|_| |_|]」_|_|_|_|」]_i||::||=||/                ヾ||::||i[l| |_|]」_|_|_|_|」]_
三三三三三三]||::|| ̄              ||::||[三三三三三三
|_|_|_]」_|_|_|_|_|_|」||/                 ヾ:||:|_|_]」_|_|_|_|_|_|」」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                            / ̄\
                           | ^o^ |   ところで 華扇おじょうさま。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\            \_/   お話のところ悪いのですが、
                     \           _| |_   やる夫おぼっちゃまとナナリーおじょうさまの
                           |     |   お勉強の時間ですので。
                           | |   | |
                             【家庭教師】
┌────────────────┐
│と、土産話が興ざめしてきたところで   |
│家庭教師の先生から 頼みが入る。   │
└────────────────┘



                    //
               〈::〈 _ __  /´ ̄ `ヽ
             . -‐‐' ´: : : : : : :` 、    .
.      /´  ̄ `Y´. : : : : : : : : : : : : :\: \     }
      l     /. : : : : :{ : : : : : : : : : : :.\: \__ノ
      |   /. : : : : : :/:!: : : \: : : : _: : : :.\. \≦≠ ニ二フ
       ゝ.__/: /: /: :.ィ.升ト: : : : ヽ:´\: : : : : :)>:\ \ \
       ノ: ノ!: l: : :|:l:|:.|:ノ\: : : .!: ,ィ≦k: : : \: :}: :\ \/
       ///l: :!: : :!:l:|人  )\: :}´ i以リハ \ )メ、}ノ:.ヽ
     く/〈./人:j: :从八x==彡 )ノ """.|:i: : : : \:\:ノ: :〉
         /:\: :.Ⅵハ""  '     リ:i: :\: : :.\ :ヌ´   おっと失礼しました。
.         /: : : /)ハY入   / }  /く: : : :l\: : : )
        /: :/:.//: :.:i:|: l }≧= i |<.┐ :): : :ノ ハイ      では先生、すぐに失礼しますね。         ___
          レ〈:.∧!: : :リ人!:F干| .j´ニ.|イ⊥く ⌒\      やる夫、ナナリー、またあとでね。      ./ノ  ヽ_\
            )/\:.(`Y r┤厂 ∨:::::::://       ヽ                                / ● 三 ●...u\
          /   ヽ) | j::ハ厂   |}`ヽ:j/        i                                 |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |  えー!勉強やだー、
         /       Ⅵ::::{〈し'⌒ リ }:〉/         .ト、                              >  .|r┬|    .ィ’  もっとお話したいおー!
┌────────────────────────────────┐              `ー'´
│二人の教育を任せているわけだし、                          │
│それに二人は私みたく最初から教養や倫理を持って生まれたわけでもない。 │
│嫌がるやる夫には悪いが きちんと習ってもらわなきゃいけないのだ。      │
└────────────────────────────────┘

267小さな名無しさん@この板は300レスまで@アンケート実施中~TOPページにリンクあります。2014/07/07(月) 02:35:35 ID:8T6mg8b2
倫…理……?

268◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 02:36:39 ID:gqLgvlig
知らずに振る舞うのと知ってて振る舞うのは違うですぅ

269◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 02:37:29 ID:gqLgvlig
              , :'´ ̄`ヽ __         __
             〃   ,. :'´: : : :` ̄`: :.<〃    `ヽ
             l     /: : : /: :/: : : : : : 〈 !         :.
          ヽ  /: : :〃: : : : : : : : : : : :ヾ       l
          /V : : / l : : : i: : : : : : : : :〈ヾ       ,'
          〃 / ∧: !: :!: : : :|: : : : : : : : : :乙ヽ   ,.イ
        /イ .イ: :| _':;__ : : : : !__':;_ : : : : ∨:.7_jk≠ニニ二フ
          |:::/: |: :.|   ヽ:`: : :.ト、: : :\: : : : ∨: ';∧\
           7: : l:.从x示ミ\: :.| ,.rfてうト、: : : :!: :ハ: ヽ \
.         /:イ: : : :从 V::リ  ヽ|´ l::::::::::ハ: : : : ヽ: : :\: :\j
         // l : : : : : l ー' ,    V辷ンヽ: : : : :\: : :\: :\    じゃ、お姉ちゃんはもう行くね。
      /´ _ >rっ:.人            〃7‐-: : :\: : :ヽ: :ハヾ  天龍さんの方に挨拶しなきゃいけないし、
      / ‐<ニニフ:.ヽ `  ‐'    イ{::从: : : : ̄`ヽ ̄`ヽ: ソ  色々あって手持ちのお金も乏しいから
     / ̄ヾ <_フ、: : : :)> -r‐< /三〉、: ヽ: :`ヽ : :)  ノ    仕事を探さないといけないのよ。
.    / ̄>、/ ̄   >f三〉─ヾ="三ミ/  `ヽ: :_∧/               ‐-=ニヽ.
    //ヽ ン , -‐イ  /てム-  ∨三ミイ      ) `ヽ                    _,,..-'.
.   /´ ̄7´ /     7´ /- 、  )_ノ∨三|!          〉__         .___,,..-‐''"_,,..-‐''、
  / ̄ニ/ ̄`ヾ 、   〈 辷i弋ン<〉 /三ミl        ―――――‐===ニ-―‐ ‐''"´..  _,,..-'
. /二 7__  ∨  >‐〈   ノ7三三||`ヽ _〃/       \          ___,,..-‐''"_,,..-‐''
.〃  /´   !   !  /三ニ三>- '三三ミ||   .::::∨.  ―――――‐===ニ-―‐ ‐''"´
   / ̄`ヽ|    ∨!三三 /三三三三三l! /::::::::l    !    ヽ
 ̄7" `ヽ/|  ,イ/ ll \三 l三三三三三<ヾ:::::: | イ\|、     \
\  >" レ|/   ヾ  `ヽ三三三三三三ヽ\:::.   \ \    \
 ´           \  ∨三三三三三ミ∨ヽ:_   >-ヽ     \

270◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 02:39:04 ID:gqLgvlig
___________________
へへへへへへへへへへへへへへヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ   |
| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'| | ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄|| ̄|   |
| | .:.)__,,.-‐‐‐-、 ,| |r'⌒ヽ、_r'..| |⌒Y´  | |   ||/   \
| |:::::::::.:.:.:........:.:.:.:.:.| |:.:.:.:............, | |r'´   .| |  /       \
| |_,..、-''"~""''',‐- | |        | |      | |/          \
| |,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.| |`゙''ー-、,  .| |    /! !              \
| |;;;;(;;;));;;;(;;;))__,,.. | |_ '''""  | |  /     :;:;:;:;:;:;          \
| |≡≡≡≡≡≡.| |        | |/       :;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  \
| |         | |  ''"""'/|_|            ;:;:;:;:;:;:;:          \
| |"´''"""'''    | |   /                             \
| |   ''"""'   | | /     .:            .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |         | |.:                      .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |  ''"""'    /.ー.:                 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.::
| |        /.:                          .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |  ''"""'/
| |    /
| |  /

┌────────────────────────────┐
│ナナリー捜索の件で盗賊ギルドから情報を買うのに、          .│
│随分と高い金を使ってしまって 今の私は財布がほぼ空っぽ。   ...│
│                                            │
│有事にマジックアイテムを買えるくらいの料金は残しておきたいし、. │
│年末までの数日でイシェスの依頼を受けるとしよう。          .│
└────────────────────────────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄

271◆iWAc./ZK.62014/07/07(月) 02:41:37 ID:gqLgvlig
次に早速依頼に入れるようにここまで進めておく

272小さな名無しさん@この板は300レスまで@アンケート実施中~TOPページにリンクあります。2014/07/07(月) 02:45:57 ID:MK2YkGK6
乙~

273小さな名無しさん@この板は300レスまで@アンケート実施中~TOPページにリンクあります。2014/07/07(月) 02:48:46 ID:GJ9rhLVY
乙ー
しかし神殺し級のことまで考えてたのか、目標高ぇw

関連記事
[ 2021/11/11 13:38 ] 剣と魔法と邪道プレイ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する