剣と魔法と邪道プレイ 第42話

目次

205 : ◆iWAc./ZK.6 : 2014/06/02(月) 20:22:43 ID:xgvFDXnQ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄



             .|:;.,;.:;,.;:;:.,;.:,;.:.;,.;,:;.,:.;:,.;:,;:,|
             .|.,.:;,:.;:,;.,;.,;.:,.;,:.;:.;,:.;.:;:.;.:,,;|
             .|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;;;:;;;:;::;;:;:| |\
             .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |  \
   / |        ..|'"'"'""""""""'"'""''".| |   .\
 /  |         |.;:,.,.,.,.,;.,.;.,.,.,.,;.,:;:;.:,;:;:,.;:;.| |    |
/   |         |.;:,;.,:.;:,:;.,:.;,.:;,;.,.;,:.;,:.,;:,:::;,| |\   |             .  ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..: .
     |         |;:,.;:,.;:;.,.:,;.,:;:;;,.;,:;;:.;,.__ __  _\ |                 : :先行した団員の調べでは、剣の特性に因み     : : .
     |         |______ (__}} : : : `ヽ)..\                 : :鍵がかかった扉で仕切られた大量の部屋がある。: : .
   ./.|        /           .l : /人ハヽ}  . |              : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..: :
 ././|      /             .〈;ハj ゚_-_ノ〉  |
//  |     ./              ,<´i:@l'>、.  |
/   |   /               〈シ'_l:.:.:.:lヽj \
     |  /     .,..,.,;:,;:,.:        `¨'T」7¨´.   \
     |/       .;::,..;,:.;:.;::""'              .\
   /                              .\
  /                                  \
/                                     \
                          ;:.;.,:;.,:;.;:,.;,:.,...       \


206 : ◆iWAc./ZK.6 : 2014/06/02(月) 20:23:03 ID:xgvFDXnQ


           . ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: .
          . : :また、部屋や扉には爆発性、ガス性の罠が仕掛けられ、.: : .
          . : :中には魔法でないと解除不可能なものも少なくなかった。: : .
           : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :

                                       . ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .
                                      . : :加えて、無理な突破や警戒を怠った               : : .
   /: : :/: : : 〉.: : : :|              /∧: : : : \   / } . : :迂闊な振る舞いをすれば、アラームが鳴り響き      .: : .
 /: : :/: : : イ : : : : |        ,      //: : : 、: : : : :\/  ノ . : :魔物が次々に現れる始末だ。隠密行動は必須だろう。: : .
/: : : ://: :/: :|: : : : /            ゙ /´\:_:.\:_/⌒/  ...: ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :
: : : : :リ: /: : : 人: : : l 丶  <⌒,    人: : : : :\  ̄_/へ /
: : : : :ヾ{三三辷\: ト、 \ ___ <:\ \: : : : :Y   ゝ、へ>七フ   ミ川川川川川川川川川川.彡
: : : : : :∧三三三≧、 \//>'弋辷⌒ヽ  \: :/ ヽ/  ) 〈  /   ..三(―――【アンロック】。)三
                                             彡川川川川川川川川川川ミ     f´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                                                   | カチャッ.
                                                                   ヽ____乂_


.

207◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 20:23:17 ID:xgvFDXnQ




     . ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: .
    . : :……つくづくスカウト技能が  . : : .
    . : :求められる迷宮のようですね。: : .       .::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .
     : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :       : :ああ。まあ、そこまでの技術があれば   ...: : .
                                   : :そんな魔剣など不要な気がするのだが……: : .
                                   : :皮肉なものだ。                     : : .
                                : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||           ミ  |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||           ミ  |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    キィ‥
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
┌──────────────────────────────┐
│華扇は初め、ハクや、場合によっては天龍を仲間に誘う予定だったが、 │
│話を聞いてその考えを改め、百聞は一見に如かずと偵察を行った。  ...│
└──────────────────────────────┘

208◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 20:30:28 ID:xgvFDXnQ


            ∧    ,.‐.、_ ノヽ
         | .:|   {.:::ム`Y´.}
         | .:|    Y イ....::ノ
         | .:|     ノ|├ 、
          .| :|   , ´ し  ハ
         」 |  ( `ニニニ´ノ「ニニニニニl
       [二二]=く >`二´ イ:l 「.:.:.:.:.::. |
     (( (::::(:人::::) ( >=<ハl |:::::人::: | ))
           ) (  `Y´ `Y´ .l |::(,,゚Д゚)
         `¨´  | \⌒Y^>イ:≧ニノ
            ノ : : (⌒Y´ノ ノ.::::::`ヽ
          ,.  ′. :_ノ人 /.`ヽ、::::::::::::)
        , . : : : : :: (_`ヽ ノ: : : : : \ ̄
        ,′. : : : : : :  : : : : : : : : : : ヽ           【シングLv6】
          ′ : r、. : :.r, : : : : : : . .  : : : }            ブロブの一種で、取り込んだ生物の姿に
       (( {.: : :.り . : :り :ハ : : : : : : :: : :.ノ ))         擬態する性質がある。
         ヽ . : :.r---‐_ノ: : : : : : :: :/
          、: : : : : : : : : : : : . ´
               `""""""´                    ミ川川川川川川川川川川川川川川川川..彡
                                           三(……こちらは、魔法生物がいますね。三
                                           三 感覚を誤魔化せそうにないです。).  三
                                           彡川川川川川川川川川川川川川川川川.ミ

┌────────────────────────────────┐
│その結果、魔剣が作ったこの迷宮の特性は                         │
│「戦闘能力よりも隠密能力が求められる」性質が非常に強いことが分かった。│
│いや、むしろ戦闘能力など不要なくらいだ。                         │
└────────────────────────────────┘




               |   |                    |               |
               |   | ○                 |               |
               |   |                    |               |
      ,.         |   |                    |               |
    ,;:' ゙        |   |                    |               | :.;'
               |   |.                 |               |   :.
               |   |                    |               |
               |   |                    |               |   キィ‥
               |   |:                 |               |
               |   |                    |               |         ミ川川川川川川川川川川 彡
              .::' |   |                    |               |         三(別の道を探しましょう。)三
               |__|__________|________,;;'|         彡川川川川川川川川川川..ミ
            /                                \
            /                  ,';.              \
         ,/                  ,
      /
┌───────────────────────────────┐
│隠密行動は人数の多さや 技能を持ち合わせない人間が              │
│多ければ それだけバレる危険性も高まる。                     │
│ハクはスカウト技能を持たないわけではないが、                │
│それでも私より技能レベルは低いので 言ってしまえば足手まといになる。 │
└───────────────────────────────┘

209◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 20:34:35 ID:xgvFDXnQ

┌──────────────────────────┐
│だから今回のダンジョン探索は、私一人で挑むことに決めた。..│
│従来の「魔剣の迷宮」とは少し気色の異なるが、           │
│今回はむしろその方がずっと都合がいい。                 │
└──────────────────────────┘

                /   `ヽ
               /       lア─- 、
               <从     、_〃: : : : : : :ヽ、
            < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ
         __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /
         //: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y
        / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',
.      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!         ……ッフー。
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ.'ミ_'⌒)
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄ (´  ⌒)
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´        ~ー'
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY
.        ///    / ∨:::__;ィ千r'/丁
.     〈//    ∧   ̄l / /::三/  !
┌───────────────────────────────┐
│問題があるとすれば、一人ではどうしてもリカバリーが効かないことだが、 │
│それは騎士団に頼んで 一つばかり協力を取り付けてもらった。       │
└───────────────────────────────┘

210◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 20:39:28 ID:xgvFDXnQ

┌─────────────────────────────┐
│ナイトメアである私は、人間の〈剣の加護/運命変転〉を持たぬため、.│
│     イチゾロ                                  │
│万が一 大失敗 をしでかした時にはどうしようもない問題が生じる。  │
└─────────────────────────────┘

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃    _  _ ),,, ,_  ____                                     ....┃
┃   /.:.:.,.-''".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヾ、㍉.:.:ヘ                                     ┃
┃ /.:/.:.:.:-/).:.:.:.:/|-.:.:.:.';.:.:㍉}.:.:.:.:\                                    ┃
┃.〈.:.:.ム.:.:.:.:ノ_└‐‐' └__─-',.:.:.:ヘ.:.:.:.:.:.:〉                                   ┃
┃..ム.:.:/.:.://::::|    r'::::ヽ l.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:ゝ                                  .┃
┃  L/.:./ 廴C    廴::C |.:.:.:.:|.:.:.:.:.:>                                    ┃
┃  /.:/ "        " |.:.:.:.:|.:.:./                                   ..┃
┃  |.:.ヽ、   ィ'゙`r  iヽ   |i!.:.:ィ}∨  うっうー!                             .┃
┃  |ト、|ヾ_‐-.--ャッ-「¨ヽ-へ∨                                       ┃
┃       ̄ i / `ヽ、    ヽ                                      ....┃
┃        l¨     ̄ ̄ ̄ ヽ   【ドゥナエーLv3】                         ..┃
┃        〈_______.人  光・闇属性を複合して保有する古代種妖精。         .┃
┃        {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}  危険と隣り合わせの冒険者に「月の舞」はよだれモノ。    ┃
┃         亡7¨ ̄ ̄ ̄て_フ                                     ....┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┌─────────────────────────────┐
│そこを、騎士団に頼んで 妖精魔法【サモンフェアリー】で呼び出せる、..│
│ドゥナエーという妖精の「月の舞」の加護を得ることで一度だけなら   │
│克服する構えを見せた。                             │
└─────────────────────────────┘

211小さな名無しさん2014/06/02(月) 20:41:18 ID:aMNmwAro
ドゥナエーは実際貴重

212◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 20:45:01 ID:xgvFDXnQ




     \                       /
       \                    /
         \二二二二二二二二二二二ニ/
         |: : : : _________::: : : :|
         |: : : : |    ___.    |: : : : |
         |: : : : |  |     i|   |: : : : |
         |: : : : |  |     i|   |: : : : |
         |: : : : |  |    o|   |: : : : |          ミ川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川...彡
         |: : : : | _j____|_ |: : : : |          三(次は、あそこに行ってみましょうか。                三
         | : :: : |           |: : : : |          三 罠は……床、違和感なし。壁に穴もなし、天井は……)三
        ,/ ̄ ̄             ̄ ̄\           彡川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川.ミ
      /                     \
     /                        \
    /                           \
 ./                                  \



┌──────────────────────────────────────┐
│まあ、古代種妖精の知識があり、克つそれを召喚できる能力を持つ冒険者は珍しいもので、..|
│及びコストとなる魔晶石や代金は 一回かけてもらうだけにしては結構な料金になったが…… |
│そこは騎士団の懐を少々前借りさせてもらった。                               │
└──────────────────────────────────────┘

※古代種妖精……妖精の中でも滅多に見られない妖精で、文献にも多くは残っていない。
           (=フェアリーテイマー技能を有する者にとっても基本的な知識ではない。)
           なので それら古代種妖精の知識があり、かつ召喚できる冒険者は希少だと思われる。

           冒険者、もといプレイヤー的には何故かしら半ば常識ですが。


.

213◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 20:50:25 ID:xgvFDXnQ



                /                            /
              /                           /
            /                            /
          /                             /
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/       ミ川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川 彡
      /                               /           .三(……あっ、あそこ 変な違和感がする。              三
    /                               /          三 天井が少し歪んでますね……もう少し調べなおしてみましょう)三
  /                          /              .彡川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川 ミ
/                            /


┌─────────────────────────────┐
│さて、迷宮の話に戻るが戦闘能力が必要ないということは、       │
│ひたすら探索と罠発見、および隠密行動のルーチンワークになる…… |
└─────────────────────────────┘

             /;::::
         ___. /|;;;;;::::
       _/|'''" ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ll__________/
      /|::::::|   | |      |::::::::        | |
    ./l__|::::::|   | |      |──────┐| |
_ ,'| ̄|_..il_.|::::::|   | |      |:         |::| |
 |::::|  |_..il_.|::::::|   | |      |:         |::| |
 |::::|  |_..il_.|::::::|   | |      |:         |::| |             ミ川川川川川川川川川川川川川川川川川 彡
 |::::|  | il"|::::::|   | |      |:         |::| |             三(スイッチとなる仕掛けは……床じゃない、三
_,,|::::| |゛`ー|::::::|   | |      |:         |::| |             三 ではどこに?壁かしら)           三
 \|_,,|   :|::::::|   | |      |:         |::| |             彡川川川川川川川川川川川川川川川川川..ミ
    \  |::::::|   | |      |:::: : ..       |::| |
      \|::::::|   | |      |:::: : ..       |::| |
     :::::::|::::::|   | |______.|:::: : ..       |;;|,,_|                 ミ川川川川川川川川川川川川川川川川川  彡
     ::::::::\,|______.|_|______.|::::::: ::. .................:::ヽ|,,_|\                     三(あ、奥に変な小さい穴が……あれかな。)三
                                \                  彡川川川川川川川川川川川川川川川川川 ミ

┌────────────────────────────┐
│言ってしまえば、ただスカウト技能を基準に                 │
│「ダイスを振りまくる」、ゲーム的にはただそれだけの探索内容だ。 │
│現実にやってる身としてはかなりの時間を消費しているのだが、  .│
│潜り始めてはや3時間近く経っただろうか?                │
└────────────────────────────┘

214◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 20:53:01 ID:xgvFDXnQ



               |
.       /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
.     ./ . |          |
.   ./    .|          |
    |      |          |
    |      |          |__
    |      |         O|
    |      |          |
    |      |          |                    ズリ…ズリ…
    |      |          |
    |      |_____|                             ミ川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川.彡
    |   /                                      三(発動させて確かめてみたいとこだけど……            .三
    |  /                                       三 アラームが鳴っちゃ大変だし仕方ない。               三
    |/                                         三 なるべく身を屈めて、反応しないように低い位置から……)三
  ./                                          彡川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川ミ

┌────────────────────────────────┐
│いっそ罠を踏み潰しながら進むパワープレイをしたくもなるが、         │
│そうすれば魔物がわらわら出てくることは騎士団から事前に聞いている。   .│
│嫌な話だが、こうして地道に探索していくことこそが、この迷宮の正攻法だ。. │
└────────────────────────────────┘

218◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 20:56:46 ID:xgvFDXnQ


┌─────────────────────────────┐
│そうして更に1時間経ったろうか。                      │
│途中、体から何かが抜けていく感じがしたので                │
│恐らくどっかでヘマをして、ドゥナエーの加護を消費したと思われる頃。│
└─────────────────────────────┘

                      .                    .;
                     ;:.)'ゝ;                 )'ゝ;
                   ::ノソ:. .):/ ̄ ̄/´ ̄`、        .:(  .):
                  :)' て:..iュ{ ̄ ̄| ̄Y ̄|        riェェェiュ
         ______::(   ): {__|___゙|__     └回┘
        /7\_|_.>-_| :|[[匚囗二] :\三三三|\-<∠\     | |
        /7_/-< />| :| |. L凵」┘_l_\三三三|\_〉-\     | |
    __/7_;l_匚_;| :|_|__.l| |:|土'ュ_匚\三三三|\_]__\...r土'ュ____
    ∧/:::l   ..:| ......::;| ::| ::|.::::| l:| ..:| ......::;/ .../\\ニlニニニlニ|\\\__ |__l,\
   .∧/ ̄\;;;;;;√ ̄`7| ::| ::|`7| |:| ̄\;;;;;;√ ̄`7 ;;\\二二工二二l\\\_\;`7´\
  ∧/  .::/ ....ヽ .:/ | ::| : :┌┴┴┐./ ....ヽ .:/ ̄ ̄\\-┴┬┴ーーi\\\;;;;√ ̄`7\
 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄
 ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄

┌───────────────────────────┐
│ようやく、ダンジョンの奥にて如何にもな場所と宝箱を発見する。..│
│あれの中に魔剣が入っているのだろうか?                │
└───────────────────────────┘

219◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 21:01:09 ID:xgvFDXnQ



┌─────────────────────────────┐
│とはいえ、まだ安心は出来ない。                       │
│もしかするとあれが「釣り」で、罠が仕掛けられ放題の          │
│トラップ満載の宝箱……もしくは魔物そのもののミミックかもしれない。 │
└─────────────────────────────┘


           ┌──────────────────────────────┐
           │だからまずは念のために部屋の周囲、内装、天井や壁周りを調べる。   |
           │何かスイッチが隠されてないか、潜んでいないかなど。            │
           └──────────────────────────────┘

┌───────────────────────────────────────┐
│そうして調べ終わった頃に、ようやく宝箱の周囲にとりかかる。                      │
│といっても箱そのものより先に床や階段を調べつくし、また改めて宝箱真上を調べなおし……...│
│それが終わった頃にようやく宝箱にとりかかる。                            │
└───────────────────────────────────────┘


           ┌─────────────────────────────────────┐
           │宝箱の鍵穴、また側面などに飛び出す針や武器などの罠、仕掛けが無いか。        .│
           │鍵が仕掛けられてないか、魔法の罠がかかっていないか。                        │
           │開けた瞬間に何かが飛び出してくることはないかと、警戒しながらも、ついに箱を開ける。 .│
           └─────────────────────────────────────┘




     Λ
     | l|
     | l|
     | l|
     | l|
     | l|
     | l|
     | l|
    〔二二二〕
     }:::{
     }:::{
.       ∨

┌───────────────────────────┐
│そしてようやく……おそらくは、この迷宮を創りだしたものと    │
│思われる魔剣を入手した。聞いていた形状と似通っているので、..│
│間違いはないだろう……これが偽物でなければ。            .│
└───────────────────────────┘

220◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 21:03:41 ID:xgvFDXnQ

┌──────────────────────────────┐
│念のため鑑定をしなおした上で、改めて迷宮を戻る。               │
│帰るまでが遠足です、というがまさにそれ。                   │
│魔剣がなくなった途端に罠や魔物が全てなくなるわけでもなく、        .│
│もしかすると管理下を離れることで発動する仕掛けもあるかもしれない。.│
└──────────────────────────────┘



┌──────────────────────┐
│アラームだって残っているかもしれないので        │
│迂闊に踏み潰すわけにもいかないし、慎重を期して │
│いかねばならないのは行きと同じだ。            .│
└──────────────────────┘








                                       __,,‐.,,l゙  广   .,,,x,!''''゙ア` .|   `゙',!i、   .|  ゙''''' ., ミ、
                                         ^ ',!'"  ..,..l′ .:シ''ー,i´゙`~广゙゙゙L,,,,,,!、  .し,! .、゙l,,、
         r=====┐             r=====┐   .、 ,.、 .|  ./ _,|,、 ,|,,,ノ''゙  ̄ ゙゙゙̄'''''く .|,,,入、 `ーく_,,.
         |  |  |             |  |  |   ...゙l,,.| _iヘ″ ./゙'ぐ ,ノ"::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'│ ゙''/゚i、   |
         |  |  |             |  |  |     ..゙|    |,,/゙',i´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i、ー| |   ,i´
         [}三三三{]           [}三三三{]      |    | .:゙l,,/::::::::::::__ __  _:::::::::::::::::::} ./''|   .|
________________________.゙l   .|^l、.|;;;;;;;;;;;.(__}} : : : `ヽ);;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|  ノ
-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<...\  .|^l、.|;;;;;;;;;;;;l : /人ハヽ};;;;;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|゙ ゜
|三三|三三|三三|三三|三三|三三l三三三三|三三|三三|三三.  ゙l .|^l、.|;;;;;;;;;;;〈;ハj ' Д`ノ;〉.;;;;;;;;;;;;;;.厂| .| /
           _   -                    _   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. ,<´i:@l'>、. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                       -                 -    〈シ'_l:.:.:.:lヽj  ._       ‐
        _   -                    _               `¨'T」7¨´    _
┌────────────────────────┐
│そしてようやっと迷宮の入り口に戻って開放された頃には │
│内部で一日の半分を過ごした頃だった。            .│
└────────────────────────┘

223◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 21:19:27 ID:xgvFDXnQ



                             ,. -iiメlリリリlli一- 、   |
                           ィ´    ゛゛'""'"'      ヽ,、|  ご
                          〃i|               }ll|   ゆ
                          〃ill|                リl|   る
                          ,ミミトiト、               ノ}|  り
                       i´、Yミミ、`                  "' |  と
                       | {リ|ミミ j_             ,. - 、|  ・
                      人ヾミ ≦ヘミマュ、  八  ,.ィアィ' ⌒゛ l  ・
                     〃/ ヒi{  {` ‐==ー->ヒ'__ ソ´ー==‐' ´r' l   ・
                    ´ /〃`tミ `  ‐' 〈 ヽ ´7/ ‐ '  {  〉、  ノ    魔剣、確かに受け取り申した。
                     /〃   `i     r'_ j   i_}、     〉 /   ̄/
                      {    ゝ 、 _   ` = "   _ - l  イ      魔剣を失った迷宮は早ければ
                      i     {\   ̄`_ニ_´ ̄7   ,. ィ′  /      明日にも戻るとは思いますが、
                      i  \  ヾ ` ー 、      / 〃   く       その際 魔物が外部に出る可能性がございます。
                          丶  ヾ   ´  ̄ ` 7  〃 _   ヽ     騎士団も警戒は怠りませんが
                       ー―-=ニミ`ー―‐‐ ---‐― ' ´   `     明日一日は気をつけるように





       ,'          !: : : : :ヾ: : : :ヘィ  ̄ ヽ
        i             ム: : : : : : :',: : : : :ヽ     丶
     _ム        /〉 : : : : : : : l: : : : : :ト、      }
      ヽ人      ィ 、∧: : i: : : : : :|: : : : : :|: ',   /
     ィ辷リ斗イ厂てイ :/ ':,: :|: : : : :∧: : : : : |: :l  ム
   ///: : ': : : : l: : : : :/丶 ヽ|: : : : :|: !: : : : : |: :|" rx′
  /ミ//: : :/: /: : :リ: : :/   ヽ、j|: : : : :|: |: : : : : |: :ト<│!ヽ
/三/イ: : :イ 7 : /: :,イ___   ヽ : : : :|∧: : : : :∨: :|//}!|
ヾ⌒  !: /: lト|<ニイ |____.  \: : :| ヽ: : : : :\匕ィ/
    !/: :从ゝ: : : :リ代辷 チ j!`  \j _⌒` ┬─<
   /: : :/: : : 〉.: : : :| ゛ー      __>r、/∧: : : : \   / }    ええ、道中 一戦も交えてませんが、
 /: : :/: : : イ : : : : |       , 辷チ "//: : : 、: : : : :\/  ノ    鉄を溶かす液状の魔法生物も見かけました、
/: : : ://: :/: :|: : : : /            ゙ /´\:_:.\:_/⌒/     洗浄用の酒類のご用意を忘れずに。
: : : : :リ: /: : : 人: : : l 丶  <⌒,    人: : : : :\  ̄_/へ /
: : : : :ヾ{三三辷\: ト、 \ ___ <:\ \: : : : :Y   ゝ、へ>七フ                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
: : : : : :∧三三三≧、 \//>'弋辷⌒ヽ  \: :/ ヽ/  ) 〈  /                            | かしこまりました。
                                                                ヽ________乂_
┌──────────────────────────────────┐
│核たる魔剣を失った迷宮は自壊し元に戻るものもあれば、                  │
│そのまま遺跡となって放置されるものもある。                          │
│今回は騎士団の宮殿を巻き込んだ大惨事であるため、前者であればいいのだが..│
│後者だったら……まあ再建にはきっと苦労するだろう。                 │
└──────────────────────────────────┘

224小さな名無しさん2014/06/02(月) 21:23:33 ID:FwBX4Bk2
一部のGMに大人気のブロブちゃん。
なおワインにこだわる料理人がいるパーティーには無効の模様

225◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 21:23:37 ID:xgvFDXnQ


┌─────────────────────────────┐
│また、今回の鍵開けの魔剣は再度厳重に保管するそうだ。        .│
│再度 迷宮を作ることがないよう、暫くは預かっておこうかとも       │
│提案しておいたが、断られた。まあ物騒な魔剣であるし、当然の対応。 |
└─────────────────────────────┘

     ||―|―||        |§|:.    ||―|―||.     |§|:.    ||―|―||.     |§|:.
     ||: : |: : ||        |§|:.    ||: : |: :, :'´ ̄`ヽ __ |:.    ||: : |__..     |§|:.
         ̄ ̄         |§|:.        ̄.〃   ,. :'´: : : :` ̄`: :.<〃    `ヽ.   |§|:.
 ====================|§|=========..l     /: : : /: :/: : : : : : 〈 !         :..==|§|======: :
 圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖|§|圖圖圖圖圖.ヽ  /: : :〃: : : : : : : : : : : :ヾ       l  |§|圖圖圖
 ====================|§|==========./V : : / l : : : i: : : : : : : : :〈ヾ       ,'==|§|======: :
                        〃 / ∧: !: :!: : : :|: : : : : : : : : :乙ヽ   ,.イ
                            /イ .イ: :| _':;__ : : : : !__':;_ : : : : ∨:.7_jk≠ニニ二フ
                        |:::/: |: :.|   ヽ:`: : :.ト、: : :\: : : : ∨: ';∧\
                         7: : l:.从x示ミ\: :.| ,.rfてうト、: : : :!: :ハ: ヽ \
                          /:イ: : : :从 V::リ  ヽ|´ l::::::::::ハ: : : : ヽ: : :\: :\j
                       // l : : : : : l ー' ,    V辷ンヽ: : : : :\: : :\: :\
                          /´ _ >rっ:.人            〃7‐-: : :\: : :ヽ: :ハヾ    ふふん♪
                          / ‐<ニニフ:.ヽ `  ‐'    イ{::从: : : : ̄`ヽ ̄`ヽ: ソ
                         / ̄ヾ <_フ、: : : :)> -r‐< /三〉、: ヽ: :`ヽ : :)  ノ
                     / ̄>、/ ̄   >f三〉─ヾ="三ミ/  `ヽ: :_∧/
                        //ヽ ン , -‐イ  /てム-  ∨三ミイ      ) `ヽ
┌─────────────────────────────────┐
│【ディスペル・マジック】の応用で、魔術師ギルドの方で                    │
│迷宮を作りにくくする技術が研究されているらしいのでそちらに預けるとのこと。 │
└─────────────────────────────────┘

226◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 21:26:49 ID:xgvFDXnQ
駆け出し冒険者に追加の水袋とワイン一瓶は必需品




                           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                           |  ~♪ .  |
                           乂____ノ


┌───────────────────┐
│それよりも私は今、ようやく手が届いたことで. │
│今すぐにでも試したいことがある。        .│
│とにかく早く部屋に戻って やってみたい。    │
└───────────────────┘



         ;:', |    |  ┃   _/ ∧∧ゞゞヾヾヾ┃  |    |、    ||     ||
  〆      |    |  ┃ <    '';;∧ ゙ゞゞヾヾ┃√|    | \ .:;, ||     || メ
          |    | ;; ┃-、_ `ヽ;;;;;;;;; ∧  ,,,..,,  ・┃  |    |  \ ::||     ||
          |    |  ┃/   | ;;;;;;     ∧;;;;,  ┃  |    |   ::\||   []||
          |    |  ┃^\  ヽ      / ̄ ┃  |    |    ::::\  `゙||
    .';;  へ  |    |  ┗━━━━━━━━━━┛  |    |     ::::::\ ::||
          |    |            ∠         .;:,'  |    |         :::::\||
  #;       |__|──────────────|__|         :::\
       __|\
      .__|\ \\
  .__|\ \\ \\
  _l\ \\ \\ \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  .\\ \\ \| ̄´
 ゙\ \\ \| ̄´
┌───────────────────────────┐
│ここ暫くの経験点を、ファイター技能やソーサラー技能、        │
│セージ技能を後回しにしてまで上げ続けたコンジャラー技能。    |
│それがようやく、今回の依頼達成分でレベル6に届いた。      │
└───────────────────────────┘

227◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 21:29:16 ID:xgvFDXnQ
          ,.;-=、.              | :.::|//
 |    || o |/|//..|| (ニニ?ニニ?ニニニニコ | ツ/
 |    || / ..|  ||: :  /;;;ヽ / ヽ    |;i´
 |    ||r'゙ | o.|  ||: :  |_j::;;| |_ィ |    |i!
 |    || o |/|..//||: :   L....! L...,!  ... |゙ー、     //
 |    || / ..| ,r'i|: :          ....::::.:.::| :.::ヽ.   /
 |    ||r'゙ | o.|ー'oi| _____,__ r=======-、!____
 |    || o |/|_../            |.....................| |
 |    || / ,r'"⌒i.          ,r'     ,r'. |
 |    ||r'../ / l__   ,r' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./!
 |    || o|⌒`i /   /)/         //|
 |__||/!:.::.└――、 /          ,//゙ー'
       !_____,,ノ 仁二二二二二二i/
              |i;:|       |i;:|
              ゙ー'       ゙ー'
┌────────────────────────────────┐
│当然、ここにきて別の技能を上げることもなく、                        │
│即 頭の中でボタンを押すようなイメージで、技能を上げる。             .│
│同時に、コンジャラー6レベルの魔術の詠唱文が浮かんでくるのが分かる。   |
└────────────────────────────────┘

228小さな名無しさん2014/06/02(月) 21:31:14 ID:aMNmwAro
Lv6で有用なのかぁ
リモートドールか?

229◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 21:34:09 ID:xgvFDXnQ


         , ─ 、       ,..、_
         /      >- '''´/: : : :ヽ ̄: : .、 i`ヾ>─- 、
        /       / : : : : /: : : : : : : : : : : : :_>/      ヽ
        !    / : : : : :/:{: :,: : : : : : : :l: : :〈`7         ',
      r‐一7 /:/: : ,イ: /:イ: :{: : : :,ィVI,..イ: : :>!          l
      └─//: :イ: -/-=イ!: :!: :`/ `=从:、:( ヽ       /
        /lイ: :/: :./≦オリ〉 l: :|:.:/  fて_,リ ヽiヽ_,゙ 、 _ _ /〉
    /:::/!j: イ: ハ{ 弋z)ソ ヽ:ト、{   `''- '  .|: :|: : ! ヽ./::|::∨!
   /::::::イ:::!:!:VI: }         リ         /: : : : : : :/:::::|::::::\
    \::/ |:::ハ: : : ,'                   /: : : /: : :/ ::::::|:::::::::::|
     /|_人.八      f ⌒ ヽ     /: : : /: : :/:::::::::::|:::::::::::|
      /: イ: : :./\    、_ ,       ,: /: :/: : : :\_/|\/
        {: /|: : : {: /:.`ヽ、           /イ : /: : : : :./l:/         スゥ……
      リ j: l: : !:ハ: :l: : :`ヽ、_,......::'_/: :./: : : :./:/ /
        {: ト,: |:{ VI、{|:::::::|:::||:::::::::/:/:>r、: :/j/
          リ ヾj _>/ん厂又マ::::::::::::::::::/   ̄ '、
        /  ̄  (〈 辷)ゝ7 ム:::::::::::/ /     ヽ
       {     /ヾ<斗笊//::::::::::/ /      \
       | /   /:::::::::::>―-イ::::::::::::::{  '       i /
┌─────────────────────────────────┐
│さて、あとは実際に上手く行くかどうかだが……                         │
│これが出来るかどうかで私の能力が2倍に、とは言わないがかなり上昇する。. │
│それに私の直感が、十中八九いけると訴えている。                 │
└─────────────────────────────────┘

230◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 21:37:21 ID:xgvFDXnQ
┌────────────────────────────┐
│もしかすると 先日、私が“神の村”の                      │
│何かしらの能力を受けていると自覚したこともあるかもしれない。.. .│
│だが この予定はそれよりずっと前から考えていたことだし、     │
│わざわざ旧式の妖精魔法やらを使っていた理由の一つでもあるし。. |
└────────────────────────────┘



  iニ二二二二二二二二二二二二二二i.   |
  |;:;.. : i;::,. : ;!..:. : i;::;.:.::.|:;; . .:i::;; :.;:|;; .:;:::!::; i!    |
  |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;; ||    |
  |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;: |!    |            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
  |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;: |!    ?礒            | 操、第六階位の快。    ..|
  |;:._,.:_|;:._,.:_|;:._,.:_|;:._,:;_|;:,_,;:_|;:._.,:_|;:._,:;_|;:._,!                 | 流出、魔力、治癒―――.  |
                                  i'゙||            乂___________ノ
                            |..||
            r ― -―‐‐―--―-ぅ―┴||
 |i ̄| ̄| ̄|_||||]| ,ノ. '′,ノ ,' ノ'   シ′,ノ .(,.   ||
 ||___|_:,|__,,|_||||]|(_,..、_,.:-‐、:;ン、_,._,.ス,_,.j:_,),,__,,||
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┌─────────────────────┐
│まあ、それはいいから早速 始めようと思う。     .│
│リアリティを欺く、「和マンチ」という名のインチキ。 │
└─────────────────────┘


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄

231小さな名無しさん2014/06/02(月) 21:38:45 ID:aMNmwAro
マナアブソーブw

232◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 21:40:11 ID:xgvFDXnQ
ふう。……再度、データを確認しなおす。

ひどい解釈をしますが、明らかに突っ込みたくても
和マンチ解釈故に許してやってください。あと真似しないてください。

233小さな名無しさん2014/06/02(月) 21:40:38 ID:aMNmwAro
うぃw

234小さな名無しさん2014/06/02(月) 21:43:37 ID:AO/YKdNY
和マンチはズルではない(迫真)

235◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 21:44:10 ID:xgvFDXnQ

┌───────────────────────────┐
│TRPG界隈には「和マンチ」という言葉がある。                │
│ググってwikipediaを見てみると分かるのだが、おおまかに言って...│
│「ルール上での強さを追求するプレイヤー」のことを意味する。   │
└───────────────────────────┘





┌─────────────────────────┐
│また、最近では それから派生した別の意味もあり        │
│「ルールの穴をつく行為」、あるいはそれを行うプレイヤーを..│
│示す言葉にもなっている。                        │
│今回 言う「和マンチ」とは、その派生した意味の方である。. │
└─────────────────────────┘

236小さな名無しさん2014/06/02(月) 21:44:27 ID:GWnE4owo
場をわきまえた和マンチは大好きです(迫真)

241◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 21:49:48 ID:xgvFDXnQ


                             :;:, .:.
                               . . .:', .:.
                     .::... .   . .':::;:, .:.
               ':;:. :::. . ..:.:Λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.:
               ..':;ヾ::.:ソ)人...| l|.:.ソ)ノ ):.: .;,.'
                  .::Vィ'..| l|.ソヘ (::.:.:'.,; :. .
                ',:; .::)   | l|  ....て:;;':.
                 ..:.(ノ  .| l|    .(::..
                . . .::::)  ....| l|..ハ   ,ゞ.:.
             .;: . .:::: .:ソ   ノ.| l|.. :(    (: :.
          . . .::.: :::..::..:(    (::.| l|.:::.::ノ    ):::...
                    〔二二二〕
                           }:::{
                           }:::{
                          ∨

┌───────────────────────────────┐
│さて、ではそれを踏まえて華扇がどうやって この                │
│『消えずに燃え続ける剣』 を創りだしたのか説明しよう。              .│
│                                                  │
│といっても、効果自体は普通の【ファイア・ウェポン】、               │
│持っている武器が炎属性となり 攻撃力が加算されるだけの魔法効果だ。 │
└───────────────────────────────┘

242小さな名無しさん2014/06/02(月) 21:51:31 ID:GWnE4owo
和マンチといっても、ルール上の支援力を追及する組み方ばかりやってたなあ
戦闘が強くても、それは戦闘でしか輝けないから

243小さな名無しさん2014/06/02(月) 21:51:44 ID:FwBX4Bk2
罠を隠蔽したダンジョンシナリオとかやると
前衛とスカウトでサイコロを振る回数が3倍ぐらい違うからなぁ。
進行にも影響が出るから、何もない場所はGM権限で「ここには何もない」と飛ばさせる手。

244◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 21:53:23 ID:xgvFDXnQ

┌───────────────────────────────┐
│今回使用したレシピは以下の3つ。                          │
│・永続化したい魔法                                    │
│・《魔法拡大/時間》                                    │
│・操霊魔法Lv6【マナ・アブソーブ】 ……ただしウィザーズトゥーム未導入。. │
│である。                                            │
└───────────────────────────────┘

          /  /|    |\    ,  \ /、       .'  !
         i   / !|    |  \./    V  〉、     /\ノ三三ニ
         |   7 ハ   .!  /`>_、   `〈  .〉-ー .´ 〉´  ̄\
         \/ .'  \   ヘ  .ィ行ホヾ、._   \_ノー―‐'  \.   \
         /   ト .  \  '.´ ! ) .| | `ヽ<      . ― ,'\__
      .斗/    .| _`_   \ 、乂ゞツ     ヘ   ̄ ̄  /  \`.
    ///      ノ !,ィi'ハ`    ヾ!         \__ /     \
   // .'     .イ  '.伐ノ         ////     ン
 / ´   |   / |  ヘ          _          /    ______
      '  (   |   .i////  /  \         /|     \               ……よしっ!
         \ \.八  .八    〈    ノ     / ノ! |\   \
         `ー、‐―――.-   丶         / / \!  \ ___`.-            いける!
        /.ィ ` ̄、 ̄  `   ._     . ィ /'    `ー/.´ ̄ `、
        "         \   \\  ̄  >=. "     /ノノ ! !       ー
                `ー―‐`   ̄ 7         // .| |
                 .斗七 、  / _ _    /'   | |
                /  >、´`!´   /  _  '., - 、   ! !
                /ヽ´   >´ヽ /-y' _>.ノ   !    | |
                !   <  .イ / / .,ィ-、 \_.ノ     ヾ.、
                  . ´ ヽ、    ノ |  ト ._!包.i  ハ ヽ    ヽ.、
┌────────────────────────────────────┐
│ソードワールド2.0では、「ウィザーズトゥーム」というサプリメント―――             .│
│ルールやデータが掲載された追加本では、数々の魔法が訂正、および再掲載された。..│
│その中には大きく効果が変わった魔法から、追加された魔法、                   │
│また消費MPが変更された魔法に、こっそり一文が変更された魔法まで色々ある。   .│
│【マナ・アブソーブ】はその中の最後、一文が変わっただけのものである。           .│
└────────────────────────────────────┘

245小さな名無しさん2014/06/02(月) 21:54:54 ID:FwBX4Bk2
ちょっと華扇ちゃん。追加サプリの選択も自由にできるんかいw

246小さな名無しさん2014/06/02(月) 21:58:27 ID:UAJSBN4A
そこら辺は、"GM"が加護を与えてくれてるから、何だろうなぁw

247◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 22:04:39 ID:xgvFDXnQ
ちなみにこれらは改訂前のルールブックを参照してますので改定後の文章は未確認


┌─────────────────────────────┐
│では何が変わったのかと見比べると分かるが、                 │
│ ルールブック:「そのすべての消費MPが2倍になります」         .│
│ ウィザーズトゥーム:「その消費MPが2倍されます」                │
│殆どこれだけだ。  ・ ・ ・ ・ ・                           │
│これだけなのだが、解釈の仕方によっては随分と大きく異なってくる。 │
└─────────────────────────────┘

┌───────────────────────────────┐
│「2倍になる」とは、つまり倍増する数が「2倍」という数になるわけであり、 .│
│例え その元の数字が「10倍」だとか「200倍」だとか、                │
│あまつさえ「175200倍」だろうが、「2倍」になると解釈することが出来る。  │
│                                                  │
│「なる」という言葉が、プログラミング言語でいう代入に相当すると考えると、│
│【マナ・アブソーブ】をかけると 途端に《魔法拡大/時間》によって      │
│「倍」になったMP消費がなんであろうが、「2倍」になるのだ。         │
└───────────────────────────────┘







   / ̄ヾス-―‐-、r' ⌒ヽ
  {   ,/´:::::::::::::::::::`ヽ、 l
  ヾ_ィr'::::/::::,:iヽ/i::::,::::::、:ス
    //::::l::l::,ハl  l/l/i l .|
  /∧::::|::レ -‐‐  ‐- l .ハ/
  〈/l::::トi::::{"   r┐  }/\>
   ∨iイヘ|ゝ、__ _.,イレ
       /`,:`ir‐':.`ヽ、
     〈ヘ/ 〉/::@:::)、〉
      辷|〉}::{|:::_ム__|
     ムミ|/辷::::::::::.} |ゝ
┌────────────────────────────────┐
│なんてことを言い出すのが和マンチで、普通のGMはやりすぎだと         │
│反射的に却下するのだが、この世界にはリアリティはあってもGMはいない。 │
│まあGMと名乗る輩は いなくもなかったが、この場にはいない。          │
└────────────────────────────────┘

248小さな名無しさん2014/06/02(月) 22:06:46 ID:KbocakYs
普通の場で使うにはちょっと「おいいいいい!?」過ぎる解釈だなw

249小さな名無しさん2014/06/02(月) 22:07:19 ID:aMNmwAro
GM「却下だよばかやろうw」
って言うなwww

250小さな名無しさん2014/06/02(月) 22:08:23 ID:R6MbUvzc
ルールブックは何よりも優先されるからな(震え声

251◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 22:10:44 ID:xgvFDXnQ

                      iニ二二二二二二二二二二二二二二i.   |
                      |;:;.. : i;::,. : ;!..:. : i;::;.:.::.|:;; . .:i::;; :.;:|;; .:;:::!::; i!    |
                      |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;; ||    |
                      |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;: |!    |
                      |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;: |!    ?礒
                      |;:._,.:_|;:._,.:_|;:._,.:_|;:._,:;_|;:,_,;:_|;:._.,:_|;:._,:;_|;:._,!
                                                      i'゙||
                                                |..||
   / ̄ヾス-―‐-、r' ⌒ヽ                r ― -―‐‐―--―-ぅ―┴||
  {   ,/´:::::::::::::::::::`ヽ、 l    ....|i ̄| ̄| ̄|_||||]| ,ノ. '′,ノ ,' ノ'   シ′,ノ .(,.   ||
  ヾ_ィr'::::/::::,:iヽ/i::::,::::::、:ス    ....||___|_:,|__,,|_||||]|(_,..、_,.:-‐、:;ン、_,._,.ス,_,.j:_,),,__,,||
    //::::l::l::,ハl  l/l/i l .|     . ̄ ̄ ̄. 、  ̄
  /∧::::|::レ -‐‐  ‐- l .ハ/        __ノノ
  〈/l::::トi:::::{   r┐  }/\>    ..../⌒)  (
   ∨iイヘ|ゝ、__ _.,イレ          /ィ´⌒)
       /`,:`ir‐':.`ヽ、      /
     〈ヘ/ 〉/::@:::)、〉           /
      辷|〉}::{|:::_ム__|             トしイ
     ムミ|/辷::::::::::.} |ゝ           .`''´  パチパチ

┌───────────────────────────────┐
│で、華扇は前述の解釈を悪用した。                             │
│《魔法拡大/時間》で魔法をほぼ無限に持続させようと拡大したことで、   │
│必要となる消費MPを【マナ・アブソーブ】によって「2倍」に変更した。     │
│                                                  │
│これにより、華扇は常時 自分がかけられる範囲の支援魔法を        │
│常にかけていられるようになった。例えば【カウンター・マジック】で      .│
│魔法への抵抗力を上げたり、【スペル・エンハンス】で魔力を上昇させたり。 |
└───────────────────────────────┘

252小さな名無しさん2014/06/02(月) 22:10:58 ID:FwBX4Bk2
相当ひねくれた解釈しないとそう読みとれないなこれはw

253小さな名無しさん2014/06/02(月) 22:12:18 ID:AO/YKdNY
まぁ素直に文を読むだけなら何ら間違ってない解釈だなw
更に訂正されてる事で、文理解釈『は』間違ってない事を裏付けとるw

254小さな名無しさん2014/06/02(月) 22:14:52 ID:GWnE4owo
そういう無理な解釈を問い合わせるユーザーがいるからわざわざ訂正するんだよw

255小さな名無しさん2014/06/02(月) 22:15:43 ID:FMIpq6cY
汚いなさすが和マンチきたない

256◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 22:16:15 ID:xgvFDXnQ

┌───────────────────────────┐
│残念ながらこれ以上の良い補助魔法は他に有しておらぬため、  |
│これ以上の補助をかけることは出来そうにないが……        .│
│それでも、これだけで華扇の戦闘能力は随分と向上するだろう。..│
└───────────────────────────┘

                      iニ二二二二二二二二二二二二二二i.   |
                      |;:;.. : i;::,. : ;!..:. : i;::;.:.::.|:;; . .:i::;; :.;:|;; .:;:::!::; i!    |
                      |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;;:; ; |,;; ||    |
                      |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;::; : |;;: |!    |
                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ.;: ; |;;;;: ; |;;;;: ; |;;: |!    ?礒
                | ……でも燃えっぱなしは  . |.,_,;:_|;:._.,:_|;:._,:;_|;:._,!
                | 流石に不味いですよねぇ。. |                .i'゙||
                乂___________ノ                .|..||
   / ̄ヾス-―‐-、r' ⌒ヽ                r ― -―‐‐―--―-ぅ―┴||
  {   ,/´:::::::::::::::::::`ヽ、 l    ....|i ̄| ̄| ̄|_||||]| ,ノ. '′,ノ ,' ノ'   シ′,ノ .(,.   ||
  ヾ_ィr'::::/::::,:iヽ/i::::,::::::、:ス    ....||___|_:,|__,,|_||||]|(_,..、_,.:-‐、:;ン、_,._,.ス,_,.j:_,),,__,,||
    //::::l::l::,ハl  l/l/i l .|     . ̄ ̄ ̄. 、  ̄
  /∧::::|::レ -‐‐  ‐- l .ハ/          トト、.
  〈/l::::トi:::::{u.  r┐  }/\>    .,ィイ! ノ::ノ
   ∨iイヘ|ゝ、__ _.,イレ        .(:::::八 |'´⌒)
       /`,:`ir‐':.`ヽ、       .`ヽ | rイ  パチパチパチ‥
     〈ヘ/ 〉/::@:::)、〉        リ ノ し!
      辷|〉}::{|:::_ム__|         (  :::ム
     ムミ|/辷::::::::::.} |ゝ            ̄´ヽ|.
┌─────────────────────────────┐
│だが、全ての魔法をかけっぱなしにするわけにもいかないようだ。   .│
│目の前の燃え続ける危なっかしい剣とか、その筆頭か。           .|
└─────────────────────────────┘

257小さな名無しさん2014/06/02(月) 22:16:27 ID:eIT8Ff9k
日本語って難しいんですね(棒)

258小さな名無しさん2014/06/02(月) 22:17:06 ID:nk14Jm9I
燃料問題解決やな

259小さな名無しさん2014/06/02(月) 22:18:42 ID:swDYgMFI
<魔法拡大/確実化>とったらどうなるんですかね

260◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 22:19:25 ID:xgvFDXnQ
今夜はここまで

あえてウィザーズトゥーム使ってないと明記したり、
【サモンペティ】使えねえミスった、と言ったのはこのへんが理由です。
(【サモンペティ】は“ウィザーズトゥームの”妖精魔法に追加された魔法、
 気づいた時点で既に手遅れだったので見逃した)

あともう1個 魔法効果が変わる前のものを悪用する予定があるので
高レベルまでずっと華扇ちゃんは使わないと思います

261小さな名無しさん2014/06/02(月) 22:21:29 ID:aMNmwAro
乙ぱいw

263小さな名無しさん2014/06/02(月) 22:22:00 ID:VPnn6OWo


265小さな名無しさん2014/06/02(月) 22:23:27 ID:6qjZmJTw
乙~

266◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 22:25:49 ID:xgvFDXnQ
スレの>>1にも書きましたが、改めて
「特殊な遊び方をしていますので決して真似しないでください」。
もともとこういう和マンチ解釈を悪用したくて始めたスレですから。

こういう解釈を無理矢理 悪用する様を見たければ
カードゲーム界隈とか覗くことをおすすめします、主に遊戯王とか
>>1はMtGから離れて久しいので現状知りませんけど

270小さな名無しさん2014/06/02(月) 22:30:12 ID:swDYgMFI
乙でした。

<魔法拡大/時間> なんて不思議な技能取ったなあと思ってたけど、このためなのね。

273◆iWAc./ZK.62014/06/02(月) 22:39:15 ID:xgvFDXnQ
振った

スペルエンハンス、魔力+1、達成値16
カンタマ、精神抵抗力+2、達成値17
バイタリティ、生命抵抗力+2、達成値16
エーチェポン、物理ダメージに追加+1、達成値18
プロテクション1、毒病気呪い以外の被ダメ-1、達成値20
(ファイア・ウェポンは見た目が問題、ファナティシズムはデメリットつくので除外
 マナ・アブソーブは同魔法二重かけ不可で×)

---------、  ./(/人',-=ニ、  ::::::,-==--:::::   ::::::::::::/:::/::|;;/ /
        な ヽ   ヾ~~,--、_ :::::: (‘)_,      :::::::::、 ::/::|  |  う
 あ    ん  |     ヽl (‘)| ::::::::` ̄          ::::::::`-'::::::|  |   わ
 れ     だ  |     ヽ`ー| ::::::::::::::        ::::::::::|:::::::::| <   あ
 ?     か  |      ヽ  }  ,--、:::::::         :::::::::|::::::::::|-、ヽ
        :  >    ヽ (   _,::::::::       ::::::::::|::::::::::/ヽヽ_
          /        ヽ `-,-'::::_,...-ーヽ、    :::::::::|::::::/:::::::::|:ヽ二-    思ったより少なかった
          /       ヽ .l-<二--^-'~-/   ::::::::::/:/:::::::::::::|~|:::::::ヽ

関連記事
[ 2021/11/05 06:58 ] 剣と魔法と邪道プレイ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する