剣と魔法と邪道プレイ 第2話

目次

52 : ◆iWAc./ZK.6 : 2014/04/15(火) 22:15:42 ID:EfREQG3w

ニ竝立竝」:':':\::::::::::::::::::...\  __ __ __ _
/ ||立竝|':':':':':':>、;;;;;;;南風,,,\ エェェェェェ _ _
__||竝立|:':':'/叉叉叉叉叉叉}ニ===┬─--
/ ||竝立|/i ̄|| 丁ニTニ!i竝|       |i     :
__||立竝|i |_||__||_| |l竝|    / |i     i
 ̄ ||竝竝|| | ̄|l || ̄| ||立|  // |i     |
/ ||足立|| |/|l ||/| ||竝|//   |i  / !
__||立竝|| |_||__||_| ||立|       |i/  !
E立r┴ー┴┴┐ || ̄| ||竝|  ,,..,,...  |i  ,,..,,.:     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
E竝||  ̄ ̄ ̄|::|/||/| ||立{.:;.'":;..'"'.: !.:.;'".:;.:.    ....┃ ▼冒険者の宿【暇猫亭】                                 ┃
E立||冒険者 |::| ̄|| ̄| ||立{.;.:;....:;:;.:;..:;.:;.:;..:;.:;..    ....┃ナイムハイラ冒険者養成学校がバックアップ、提供している冒険者の宿。    ┃
E竝||   の宿|::|_||_| ||竝「工工エエエエエエ      ┃学生に限らず、冒険者は酒場兼宿屋である「宿」を通して 村や市民、     .....┃
E竝|| 暇猫亭|::|¨¨¨¨¨ __||竝|工工エエエエニニ!     .┃時にはお偉いさんからの依頼を受注する。                      .┃
E工丁ニニニ|「二二ニニ===--─=== 二¨¨       ┃宿の名前にある通り 亭主が猫好き。                        ......┃
 ̄ ┴  ̄___」L ̄.. -  ,.. .  ̄    ..         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




  //                 |//
  /                   |/                          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
            /         |           /                     | 受注出来ない? |
          //.            |         //                     乂_______ノ
   _____________|________
    __   _,..、E!      E!_,.._    __ __
   |i|..:|  i二二二二二二二二i  |:..|!|..:|  i二二二二
   |i|.::ヽ.  ::::::.....  | i! ::::.::..    ノ::.|!|.::ヽ   :::::.....
   |i|  ` ̄| : :. . r'jキ ::: :  | ̄´  |!|  ` ̄| ::: :.: :.
   ̄ ̄  ̄  ̄     ̄ ̄    ̄ ̄  ̄  ̄  ̄ ̄


53 : ◆iWAc./ZK.6 : 2014/04/15(火) 22:15:55 ID:EfREQG3w

                       >::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. <
                       Z/::::.:.:.:z=_‐-、_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_;:-‐_=z.:.:.:::::::≦
                      /:::::.:.:了r 、V: : : : ̄`゛" ̄: : : :|l: : l .}.:.:.::\>
                      フ:::::.:.:.{ |: :_)ヽ: :{: : : : : : : : : } : ||: : | {.:.:.:::::::ヽ
                      /イ:::.:.:ノ j ,.ヘ\V|: : : : : | /,.-┼‐ { :Z.:.:.::::トゝ
                       ∠;ム::Z〃/\   `|: : : : :|/ : _|レ'\ヽ{.::__:マ
                       /ヘV  ⌒>::::\ : ヽ  /  /:}l∠¨ .V ヘ.V
                       / ニV. <:::::::::::::::`ー}三{ー‐':::::::::::::::::> V- ハ     おう。
                       { V {    `ニ =_彡 〒'〒 ミ_=‐rr‐'′ .}//    お前さんが歳の割に優秀だってのは分かったが、
                        \ ',\ー====≠-‐イ⌒ト‐-弋:卅==フ f /     だからといって一人で依頼など行かせるものか。
                       ___人|  }   / イ二,{.:.:.:} 二ト .jj  f  |_人_
                   __// .:.:|  |    ,,,,, `rr'´ ヽ;;;;;;;||  |  |.:.:.:\.:\__
               .  /.:.:././.:.:.:.:.:.:.|   / ;;'''""   U ___,. --くヽ   |.:.:.:.:.:ヽヽ\.:.:\
               /.:.:. .:/ /.:.:.: : : 人 .〈 rェエニニニニ二二_レ'ノ  .人: : : .:.:'.:ヽ .:.: :.:.:\
               : : : : :/ /.:.:. : : :/ : : ト、 、___r――――‐、__}} ,.ィ 7: : :!: : : :.:.:l.:.V .:.: : : .:\
               : : : :/ :j:. : : : : f: :   |: :|\    :li,|lli,i|li   {レ / / : : |: : : : : |:. |.: : :. : : : : \
               : : :/: : |: : : : : :|: :  | ヽ. `ー--+++++-―' / /   : |: : : : : |.: |: : : : : : : : : : \


                          ト.、
          _  _,,.. --──- 、,_ノ }
       ., '´   `Y´           `' 、_
      .,.'       |‐ァ   /       \}- 、
        .|      ,ハ_} //     |      ヽ  ';                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
      ,ゝ、.,_,,. イ ┘ ' ‐|-    /|   | ';   '; |                  | 優秀で許されるのは「歳」までじゃい。
   r‐''"´/, イ__r'  |  /  ,ム、_./ ;   ,ハ |   レ'}                | 本来なら12、3歳からしか許されんのじゃが、
     ̄く/Y   _|  |! ,イhノ 「lヽ / / /ト |   |/                  | そこは小娘んの能力に免じて我慢しといたる。.
       /    { r |  lレ' ゝ--'  |/ ァlト、 ,ハ   ;|                   | だが 許すのもそこまで、それ以上は許さん。
     ./     /ヽ._| 八           {h! }/ | /;|                    ヽ_____________________乂_
     ;    /   レ' | ヽ、       ' `  |/レ' ∧
     | /  '    、|   ;     _     ,ム、く/\]    む……ぅ。
     /  '   、  ;'  /、     ,、 , イ ハ
    /  _,.イ   /\/ /、 > 、.,,/ ,ハ/)/ ノ        困りましたねぇ。     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
    {r'"| ,、   |>ー<\::::\.   / /、/、/)ハ                          | 他ん仲間を見つけて出なおしてこい。
      ∨  /     `' \::::`r/ ´ -く/' ;                         ヽ________________乂_
        /        \ }:::/ ̄` 、//  {、
        | /      \`∨ ̄`ヽ / {   ヽ}

54◆iWAc./ZK.62014/04/15(火) 22:16:14 ID:EfREQG3w

            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /)__
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /| )/)
         , .( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄( |  /::::::::
    \\/ (____________________.( |/ ::::::::::::::::. __ / ̄\  _
      / /        _.//:::::::::::::::::::.. .´ `>  ̄⌒7 ̄: : :  ̄: `ヽ
 \  // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/_(/ ::::::----   ´: : : : : : : : : :  ̄: `丶: : : ヽ
 \//     __ _/||             ./: :/.: : : :/: : : : : ヾ: : : : : `: : : \
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /)__ ||  ::::::::: -- 、_ /: /: /: : /: : : : : ヽ ゝ^/ ̄ ̄\: :',
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./|  )/)  --        ̄〈: : /: : : /|.: : :|: : : : ||. 〈      i: :!
   ̄ ̄ ̄ ̄(  |  /:::::::              .∨: : ,イiヾ: : i:|`: ヽ、| > !      /: :',
        ( ..| /::::::::::::::::::::--         ./: ヽ〈 代jヘヾゝ=、_| ゝ丶 _ /: : i: ヽ
                           /: : : : `i<   辷ン 〉! :ヽへヾニ二」: : |ヽ: \
                           〈: /: : : ∧      /: : : : ∧\: : : : :{  \: :)    昨日の今日で織莉子に頼むのも
                      ィヽ    )'{ : : /: ∧‐  _/: /: : /: : \> : : :ヽ  )'    ..私のプライドが許しませんし……
                     _ | !〉 ゝ、  ): イ^、|⌒ ̄ /: /: ./{: : : : : ヽ : : : : 〉
                    メ、ヤ ゝ-´/   ∧/丶/:::: ̄/: / |´ヽ⌒)'ヽ^)⌒^        かといって、私に知り合いも
                   〈゙     /   /  ∧/::::::: ̄ ̄:::::::〉 ト、                  いないんですよねぇ。
                    ヽ、/ ̄\  7 i ム/:::::::::::::::::::::::::::::::::} \             “角持ち”って公言しちゃって
                      |      |  ∨`{「/ ̄ ̄ ` ヾ ::::::::    丶.             引かれてるのもありますが。
                       \/ ̄∨   /⌒      〉::::/    /、>
┌─────────────────────────────┐
│冒険者とは、基本的に壁となり切り込み役となる戦士など前衛二人、...│
│後ろから魔法や弓によって前衛を攻撃・回復で補佐する後衛二人の . |
│4人でパーティを組むのが基本になる。                     │
│時には3人、多くて7~8人となることもあるが、基本は4人である。    .│
└─────────────────────────────┘

55◆iWAc./ZK.62014/04/15(火) 22:17:15 ID:EfREQG3w

           _,,..,,_ ,,,.. --- ...,,_
         ., '´    `ヾ      `'  、
         {    r/]/        \- 、
        rゝ-='" ̄, '  ./´   ハ    ヽハ
         く/    |/   /_」- /|  |    ∨、
        /'/     .;'  ./fてl!`ヽ |  / |    |/
       ,|/   r|  {弋_リ   |/ト./  |  ハ\
     / ,    .八  | `     ァr'|  ,ハ /l」ヽ/
    /  ;'    ,   \|       , lリハ!/|イ、      とはいえ先日、既に誘っていただけた
     { /|   ./|  ./| l    _    ./ 八、 \       ―――女性だからと下心の見える方々は断っちゃいましたし。
    ∨ソ 、/ 人 ,ハ レ |\     ノイ  )\ ハ
        }/こ ヽ|/-、 / >=ァl斤/ | イ  リレ'     普通なら同期の知り合いと組むんでしょうが、
       /─- 、r }-r‐|7〒ア´/::/7´ ̄`ヽイ       「飛び級」した私と同年代の冒険者なんていませんし。
      ./  ‐-、ソJ:::rん)ヽrイ:::::://      \
     .r' -、 ,イ:::::::{ゝ_ンノ:::::::::::::|{         .}
    /\--//:::::::::::::l/:::::::::::::::::::::|ト、   、__」_/
┌────────────────────────────────┐
│その中でも戦闘や探索における役割分担などもあるが、それは置いておく。 │
└────────────────────────────────┘
┌─────────────────────────────┐
│私、華扇は別にソロを好んでいるわけではないが、            │
│それなりの訳と、将来を踏まえた理由があり、「違法」ではないといえ. │
│後ろめたいことに手を出す予定がある。                       │
│だから、止められたり正義感の強い人物とはあまり組めないのだ。  │
└─────────────────────────────┘

        .    -─ -     __
   /⌒ / .:::::::::::::::::::::::::厂/´   ` 、
  /  . ' .:::::::::::::::::::::::::::::::(  {      Y
  l  / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ト、     }
  |  .' .::: ::::::: l .::::::::i:::_::_\ :::: Y⌒ヽ._ メ
 人 |.::::::l:: __:l\:::´ト、 .:::::::ヽ.:: l⌒ /∧Ⅴ
  rァ从::::!´::: |  \j \_::::ハリ::: 〈/∧ハ
  〈/ 从ルハ:j _   ´「r'!:「Ⅴ:::::::::::Li」::ハ
   /::::::::::::ノx=.   j以リ/.::::::::::::::リ:::::::::}    はあ、私の能力が「システム化」されたことによる
    |::::/::: 入         i:::::/::::::::/:::i: :: リ    不都合な部分ですね。
   レ'i!::::::::/ > -- 号 <!::/:::: イ::::ルイ       クエスト
    人ル( ル 厂 /⌒ヾ:/7⌒\!         「依頼」をこなさなければ成長出来ないとは。
         /ュ 入苞メ::/i    }        単に経験点を稼ぐだけなら 手段もあるのですが、
        1 }ヒ/ :::::::: || l|   ,ィヘ.        能力値の成長だけは地道に稼がなければ後々苦労しますし……
        レ'r/ :::::::::: ||/⌒ヌ´ 卯

┌─────────────────────────────┐
│で、先日 私は自身から周囲へ“角持ち”だと公言したこともある。    .│
│“角持ち”は能力が優秀で、冒険者には歓迎される一面もあるのだが..│
│しかし冒険者といえど倫理観を併せ持たないわけではない。      │
└─────────────────────────────┘

56◆iWAc./ZK.62014/04/15(火) 22:17:37 ID:EfREQG3w

   / ̄ヾス-―‐-、r' ⌒ヽ
  {   ,/´:::::::::::::::::::`ヽ、 l
  ヾ_ィr'::::/::::,:iヽ/i::::,::::::、:ス
    //::::l::l::,ハl  l/l/i l .|
  /∧::::|::レ -‐‐  ‐- l .ハ/        ヤルオ
  〈/l::::トi::::{   r-,  }/\>   それに 弟 に土産を買ってくと約束した手前、
   ∨iイヘ|ゝ、__ _.,イレ      報酬金がないと金に余裕もありませんし。
       /`,:`ir‐':.`ヽ、
     〈ヘ/ 〉/::@:::)、〉     よもや冒険者学校に行って依頼を受けてないだなんて
      辷|〉}::{|:::_ム__|     笑えませんね。
     ムミ|/辷::::::::::.} |ゝ
┌──────────────────────────────┐
│嫌悪、忌避感を感じる者は私に話しかけて来るわけもなく、          .│
│それを気にしないようなコミュ力の高い人物は、大抵 正義感も持つため │
│私の予定上では邪魔となる。                               │
│まあ、私の予定を変えるのも一つの手だが、それはそれ。          .│
└──────────────────────────────┘

                                         、'´    .|   .|::::::| |  .!   `' 、
                                         ヘ/   .|  .|::::::|__| ..{  \ /
                                          .|゙ ,.'_/、  .|○-、 ' .ヘ_≧___y゙
                                          `¨¨|/    └!、_ノ  ハ|
                                            /           ハ
                                           ./             i
                                       ⌒   /\    /\    ,>゙
                                       ,=、__./,.'゙,\ /∥:::::\,.'´  ヘ
                                     γ''| |__/+++∥::::::::|::::::::::l:::::::::i
                                   ((  ト、_| |+++++∥:::::::::|::::::::::|::::::::::i  ))
                                      L_iλ」i+++++∥;;;;;;;;;;|:::::::: .::::::::::::i
                          イ⌒ヽ  ザッ
                          ゝ___メー

.

57◆iWAc./ZK.62014/04/15(火) 22:17:58 ID:EfREQG3w
                                           _
                                        ,...::'::´:::::::::`::丶,
                                      ./:::::::::::::::::::i:::::::i:::::ハ
                                    /::::::/::::::|::::::::::|:::::::iミ;、::、
                                    /'i:::::::i:::::::八::::::::|斗_!.i:_`゙_:i
                                    .i|:::::i::::マ,芯`ァマ::|´芯.'|: ̄:|
                                     .|::::i::::∧´.   ,゙'!.  ̄.|::::::::|
                                     |ヘ|:::::::|ヽ、 , .   斗:::::i^i     おい。
                                       |i::||  ≧ ≦ ソ|ヘ!リ
                                       ___!|_!/ `x´ ヘ、|! ´      華扇といったな。
                                      ハ  | ヘ、r-.->/ ̄7'、
                                      .i ゙v   |;;;;;|゙   v .i
                                      .| ./    .i::::i   ヘ l
                                      .l ,゙     l::::::l    ∨
                                      l ゙、  ,,, .|::::::i| ,,,  ノi
                                      .| iー   |:::::l.|  、 / i
                                    _,,斗 .|   |::::::|.|  i .<、
                                  、'´    .|   .|::::::| |  .!   `' 、


                          ト.、
          _  _,,.. --──- 、,_ノ }
       ., '´   `Y´           `' 、_
      .,.'       |‐ァ   /       \}- 、
        .|      ,ハ_} //     |      ヽ  ';
      ,ゝ、.,_,,. イ ┘ ' ‐|-    /|   | ';   '; |
   r‐''"´/, イ__r'  |  /  ,ム、_./ ;   ,ハ |   レ'}
     ̄く/Y   _|  |! ,イhノ 「lヽ / / /ト |   |/
       /    { r |  lレ' ゝ--'  |/ ァlト、 ,ハ   ;|
     ./     /ヽ._| 八          {h! }/ | /;|
     ;    /   レ' | ヽ、       ' `  |/レ' ∧    あら、貴方は……
     | /  '    、|   ;     _     ,ム、く/\]
     /  '   、  ;'  /、     ,、 , イ ハ        確か、織莉子さんと親しかった、
    /  _,.イ   /\/ /、 > 、.,,/ ,ハ/)/ ノ
    {r'"| ,、   |>ー<\::::\.   / /、/、/)ハ                               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
      ∨  /     `' \::::`r/ ´ -く/' ;                                    | キリカ。呉キリカだ。
        /        \ }:::/ ̄` 、//  {、                                 ヽ_________乂_
        | /      \`∨ ̄`ヽ / {   ヽ}

58◆iWAc./ZK.62014/04/15(火) 22:20:44 ID:EfREQG3w

                                 ,,....-一=ー-、
                                    /::::|:::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                   /::::::::::|::::::::ヽ:::::::::::::::::::ヽ
                                 /:::::/:::::::::|i:::::::::_-ー-ヽニコ:i
                             //:::/::::::,+-=li:::::::ヽ..,≦、ニコ
                              //:i:::|:::|:´:ィ≦z\、::Y「心}>::::l:|
                           l l:/:/|:::|:::::l.七ツ  、 `¨´ l::::::l|
                             | |l|l:| |::i|:::::l`          |::|::|     お前、まだ仲間がいないのか?
                              | | |リ |::li:::::::!\  rーュ イ:|::|:|
                                | |l |:|l:i:ヽl::::、>-r一' |リ|:l|:l/     そうやってまた、仲間が見つからず
                              | |l |リヾ、:|  rfノー-一、リ′     仕方なしに織莉子と組むことになるんだろ。
                               \ _,>"/`l  /``ー- 、   前もそうだったからな。
                                  / ̄   /7'´` ´   /  ヽ
                              /'´  / /'           ヽ
                                |l /   /'            l
                                  l 〉′  /,' _    / 冫、   |
                               l/    //   `   ´  /  j/´ ̄ ̄`ヽ
                               ,.>/   / /         / /       /


               / ̄ __`ヽ
              -┴/´ ̄: : : : : : ̄:`:.ヽ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
    / ̄ `ヽー"、: : : : : : : : : : : : 、: : : : : : : : : : : \
    /      ヾ 〉: : : : : : : : : : : : :\ __: : :-‐ : :\: \
  /        |トヽ: : : : : : : : : :i、: : : :ヽ´: : :__: : : : ', `ヽ
  |       〃 }: : : : : : : : : :|_ヽ: : : : ヽ彳、ヽ: : : l __
  l         ノ: : : : :ヾ.: :/ :|  \.: : :| ヾ::ヽ 、: : :ヽ  ̄. .―. .、
  丶    ノフ /: : : : : : : :メ: : : :!≧= ヽ: :|  ゝ'  \: : \: : : : : : :\
    ヽ、゙テ/┌": : : l: : : : : : : : : :ん_ハ  ∨        ', : : :ヽ ̄ ― 、 ',
     7/-┘丶: : :'、: : : : : : : i:||:::::::::〉      `  l: : :/:|、     )'
    //リ: : : : : :゙、: : : : : i.: : : :l: |ゝ-"       ,ィ  /レ': :l: :ヽ      ……そうですねぇ。
   //  |: : : : : : :l: : : : : |: : : :|: : ヽ       // /: : : :/: : : l
  //   l: : : : : : :l: : : :i: :|: : : :|: : :ハ:.\     ` /: : : /: : : :/      折角 織莉子さんが優しくしてくれるのなら、今回もまた
 //   /: : : : : :/: : : /: :l: : : :l:/: :ヽ: :ヽ―――<.: :/: : :/       彼女のご厚意に甘えさせてもらおうかと思っています。
//   /.: : : : : :/: : : /: :/ : : ,イ: : : : : ∧: :|    ///_:, -'‐ 、 _
/   /.: :/.: : :/: : ,イ.: :/: : :/: |: : : : : :|=∨==' ´::::/     ̄  \    (何より、彼女が私にしつこいのは、単に親切心からのようですし。
   /.:/.: : :/:.: :/. |: /.: : ://〉.: : : :/ヽ :::::::::::::::::::( {  / ̄ ソ⌒  ヽ    いざとなれば強く拒絶したなら、彼女もすぐに諦めてくれるでしょうし。)
   /イ: : :/イ:.: :/  |/l: :/´  l: : :/   \::::::::::::::::ヽ }   )ヽ  ヽ |
    |: :/  |: :/    l/   /|/      \::::::::::::::l ヾ ̄ ⌒/ }/...、

59◆iWAc./ZK.62014/04/15(火) 22:21:47 ID:EfREQG3w

                           _ _
                        ((  '´―- 、`ヽ.、
          Y  ̄ ̄ ̄   ` '' ー-- 二ミ:''::::-::゙ヽ::::`ヽ  ))
          |              ...::'´:::::::::::`:ヽ:::::`:::::::::ハ
        /´|   _        ,..:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、
      . /  |   フ''''''''''''''''''./::::/:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      .{ 、______レ '´     ゝ´:::/::::::::/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
      .`L_         /://:::::::::/:::::::::/::::::::::::/:::::::::::::/:::::::::::::::::::゙、
         |     ,  '´ /イ../:::::::::/::::::::/:::::厂:`,i::::::::::::/::::::/::::i::::::::::::::i
        .└- ィ'´    l゙ .|/:::::::::i:::::::/:::Fぇ<´l::::::/::/:::::::/:::::|:::::::::::::::|
            .i     | .i:::::::::::i:::::::i:::/ 代_)j`i.|:/i:::i:::::::/ト、:::i:::::::::::::::i
            .i      i .l:::i::::::i:|:::::l::/ `¨''''´  |! .|i_|/、、 i:::::i::::__i
             .i      レ゙i:::/,..|:::::::|、       /小\!ノ:::└─┘    それが迷惑だ。
              i     | l/ .` |:::::i ヘ.  _ '   .ヾ辷ソ >:::===:|
              .i     |   |::/r.∧?禧`'ヽ    /::::::::::::::::/      織莉子は最近お前のことを心配してて、
               ハ      r‐'´|! .|´  .‐ z-----/::::::::/:/i/       他の私や、自分のことをあまり考えてない。
                ヽ  _ ... l  .|、ォィ--― | //:::::::////                         ・ ・
               _... -‐ ' l /´乂..|    |___/::::/ /           お前が孤立してることが 私の迷惑 になってる、
             ,.'   ' ' ' ' ´|::::::::::::|  ,. '´ //ハ                  邪魔すんな。
            /        / ̄::::/'´   イ   i



                /   `ヽ
               /       lア─- 、
               <从     、_〃: : : : : : :ヽ、
            < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ
         __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /
         //: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y
        / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',
.      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄     はあ。
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/         つまる話、織莉子さんが私に熱心なことに
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!             嫉妬していらっしゃるんですか?         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ                                         | ……そうだ。
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ                                      ヽ______乂_
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ        恥じないんですね。
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、             正直は美徳です。     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY                                  | お前ほどじゃないがな。
                                                          ヽ__________乂_

60◆iWAc./ZK.62014/04/15(火) 22:22:50 ID:EfREQG3w
                                _
                             ,...::'::´:::::::::`::丶,
                           ./:::::::::::::::::::i:::::::i:::::ハ
                         /::::::/::::::|::::::::::|:::::::iミ;、::、
                         /'i:::::::i:::::::八::::::::|斗_!.i:_`゙_:i
                         .i|:::::i::::マ,≧,ァマ::|´芯.'|: ̄:|    ふん。
                          .|::::i::::∧´.   ,゙'!.  ̄.|::::::::|
                          |ヘ|:::::::|ヽ、 , .   斗:::::i^i    そういうわけだ、これ以上 織莉子に……
                            |i::||  ≧ ≦ ソ|ヘ!リ     私に迷惑をかける前にさっさと仲間を作れ。
                            ___!|_!/ `x´ ヘ、|! ´
                           ハ  | ヘ、r-.->/ ̄7'、
                           .i ゙v   |;;;;;|゙   v .i
                           .| ./    .i::::i   ヘ l
                           .l ,゙     l::::::l    ∨
                           l ゙、  ,,, .|::::::i| ,,,  ノi
                           .| iー   |:::::l.|  、 / i
                         _,,斗 .|   |::::::|.|  i .<、
                       、'´    .|   .|::::::| |  .!   `' 、


                      ,. -- 、
      ,. -- 、    __,,.. -──-<、    ヽ
     /    、>''"´         `''く   }
     、 .r、/        /`        \k'ヽ
     `y'ア         '    | `ヽ.     ∨\、
    ./, '      /   |   ,ハ_,,.. ハ    || |:::|>
   /:::/  /   /___,  l|   |/  | / !  l  ハ./::/
  ./::::;   ,   ; /|  八  | ._,,. ='" |  ;  /く/
  ./__/!  .!    |/ |/_ \|     .| // .|
    |  .|   | -='"´   .       .レ'  |  '、    そうですね、分かりました。
     、 ヘ、   !            |  |    \
      \| 、_,,.ゝ、    「 `ヽ    ;   |   ';   ':,  迷惑をかけても失礼ですし、では……
       /;   ハヘ、        ,.イ|.   ハ  l   !
      // /  /|,>- ..,,__,.. イ / !  / l| ./   /
    ,'  ; /、 /_」__ _,r|___,|、 .レ'   //  /   (キリカさんがそう言うならば、織莉子さんはダメですね。
    レ'´∨ .)´ /:::::::::{ト----‐'´/} ̄`7ー- 、 ∨      彼女以外の、他の方に当たりましょうか。)
        / 、/::::-=rア´こ`ヽァ、::::::::::;    \

61◆iWAc./ZK.62014/04/15(火) 22:23:55 ID:EfREQG3w

                               l l.    //
                               l l   //

       ,'          !: : : : :ヾ: : : :ヘィ  ̄ ヽ      ニニ
        i             ム: : : : : : :',: : : : :ヽ     丶
     _ム        /〉 : : : : : : : l: : : : : :ト、      }
      ヽ人      ィ 、∧: : i: : : : : :|: : : : : :|: ',   /
     ィ辷リ斗イ厂てイ :/ ':,: :|: : : : :∧: : : : : |: :l  ム
   ///: : ': : : : l: : : : :/丶 ヽ|: : : : :|: !: : : : : |: :|" rx′
  /ミ//: : :/: /: : :リ: : :/ _ ヽ、j|: : : : :|: |: : : : : |: :ト<│!ヽ
/三/イ: : :イ 7 : /: :,イてアト、 ヽ : : : :|∧: : : : :∨: :|//}!|      ……あ、そうだ。
ヾ⌒  !: /: lト|<ニイ |!:::::::::::::∧ \: : :| ヽ: : : : :\匕ィ/
    !/: :从ゝ: : : :リ代辷>´ j!`  \j _⌒` ┬─<        それならキリカさん。
   /: : :/: : : 〉.: : : :| ゛ー      ィ:て>r、/∧: : : : \   / }  織莉子さんがダメなのならば、代わりに貴方が
 /: : :/: : : イ : : : : |        , 辷´ "//: : : 、: : : : :\/  ノ  私の仲間になってくれませんか?
/: : : ://: :/: :|: : : : /            ゙ /´\:_:.\:_/⌒/
: : : : :リ: /: : : 人: : : l 丶  <⌒,    人: : : : :\  ̄_/へ /
: : : : :ヾ{三三辷\: ト、 \ ___ <:\ \: : : : :Y   ゝ、へ>七フ
: : : : : :∧三三三≧、 \//>'弋辷⌒ヽ  \: :/ ヽ/  ) 〈  /


                                               ,.ィ/////////////////>,、
                                           ///////////////////////,ヽ
                                 .        //////////////////////////,'∧
                                 .       //////////////,|////////////////゙,
                                       /////////////!//{////,l////////////l
                                       /////////////l//,V///,l//!'/l////////l
                                       l//////////!仆lV//V///}リ从人///////l
                                       リレ!///////{ ,__」 ヾ∨//'<__,」'///////!
                                         {.l///////,l 匕::ノ   ∨  匕::ノ!///////l
                                           !///////,!  ̄        ̄ リ///////!    は?
                                         V//////ゝ      !       ////////l!    なんで私が
  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ       V//////,ト 、   _    /}///////l!
  | だって、織莉子さんに手伝ってほしくないなら、  |        .V,∨///,l r‐.i     . ィ  '////// /'
  | 貴方が身代わり……げふん、              |         .V, ∨/,l゙、ヽー-----一う ノ'}////' ,゙
  | 代わりになってくれれば早いんですよ。       |            ゙、 ∨,l _,}丶  !|    {._ ///〃 ,
  乂____________________ノ           ,. ヽ'、 l _  l /_/   j/'、′
                                             ´    _゙、<ニ「ニ}二>、 ′   、
                                         /    !_<ニ二二lニニ!ニニニ\. l.   \

62◆iWAc./ZK.62014/04/15(火) 22:24:11 ID:EfREQG3w


          /       \:: :/:: :: :: :: :: :: :: ヽ:: :: \
         /        .........}:/ ::_::_ハ:: ::i:: :: :: :ノ::、:: :: ヽ_
.        /     ..:::::::::::::::::/:!: :: ::/ `V l:: :: :: ヽ:::::\:: :}  ヽ
       ∧   ..::::::::::::::::::::イ:::!:: ::/_  V:: :: :: :: |::ヽ:::::ヽ!::.  }
       { ヽ   ::::::::::::://!:::| ;イきミx ノ\:: :: :: ヾ::ト、::::|::: ノ
       `ー'^ヾシ冖"r'´/j´::::!::リ:::::::::;:ミヽ ヽ: :: ::乂::::::::l: イ       いえ。私は“角持ち”ですが、
           /:爪_,ノ///|::::::|::Ⅳヾイ      ≧ミx:: ミ≦<          後ろめたいものを持つのは貴方も同じでしたよね?
        </::川::l////リ::::::トハ `ー'′   イ:::::::;ヾミー一二ニ=‐:- 、
          / :: /;イj::l'////:::: /        ,  ヾニr'^、:: ::ヽト、ヾ二ヽ :\     それならばある意味似た者同士で
       /:: :/´ |l::::::V//:::;ノ     '′、__     ノ//,ト::: :::ト、`ー'´ \::ヽ   気が合うと思うのですがどうでしょう、
         i: :: i rzzヘ\::∨::::i      ゝ  ノ . イ////} :ヽ ヾ、       ):人  デーモンルーラー
         l: :: l′ \`ー、ヽ_ト、 、 >‐r‐┬f升/////从: ト、:: ::\   /イ   )  「魔神使い」 のキリカさん。
     / \:: \__, ヽ::::\:::::\く::::ノ⌒\\⌒ヾ//} V \:: ::ヽ.
      |     ̄ ̄  └ァ、:::ヽ::::::>' ,ヘ、ィ⌒ヽ、ヾノ     ヽ:: :ハ
      人        ....../:::::\::::;」 {ィヽ ├'^ヽ ト、         }:/ ノ



                               '"´  ̄ ̄ ̄ ̄ `丶、
                                / : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ、
                          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                           ./: : : : : : : : : : : :l: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                       /: : : : :.:l: : : : : : : : |: :l: : : : :ヽ:\ :   l: : :l
                      /://: : : |:| : : : |丶: : : .ヽ: : : : :l/∨二|: : :l
                      // ./::| :| : |:| : : : |...ヽ: : : : 丶 /|_ | ==|_ : :|
                     /  // |: :|: : |:l`ー‐ト、 ヽ : : :/化仗「j}| : : | } :│            エンハンサー
                        /  .V: :_|:L‐fr〒仗仆'∨ 弋辷ソ ノ!.:.: :レ: : :|      ……私は「練体士」だ、
                              |ヘ:.:.ヘヾ弋辷ソ    ` …'´│: : !: : : |      そんなもん知らねえ!
                              |:(ヘ : ヽ`…‐'´     _   .|: : /: : : :|
                              |: :`ヘ: :丶   マ   Ⅴ )uイ!: /: : :∧!
                     ,.ヘヘrー、  |: : :ハ: : :l≧=- ゝ _, <|: :j:|/ : Ⅳ
               .     ///⌒V  |: /ヽ∧ : l \ `く―-、 ヽ厶ヘ∨
                   〈    '´r〉  '´ / \|    ∧`ーrrュノVヘ`ヽ
  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.ヽ  ヘ     }   / ̄        ∧ミヘ l |彡Vヘ \
  | 私の知る練体士は、  |   ヽ   く  /           ヘ    |:::::|   ヘ  ヽ
  乂_________ノ    \  `く二ヽ      __.       |:::::::|  ヘ  )、

63◆iWAc./ZK.62014/04/15(火) 22:26:45 ID:EfREQG3w

        ___               _
      /     `ヽ     __  /   `
     /        Y´ヾ ̄: : : : :  ̄`:丶.     ヽ
    ,'        ?亢 /: : : : /: : : : 、: : : \    '
               //: : : : /: : :i: : : :ヽ: : : :ヽ  │
     !     ヾ  ,〈´!: : : : :/j! : : |: : : : : ';: :ヽ: ∨ '
    ゝ、_  、_レ、ノ :|: : ://'| : : ; : : :,': : :lヽ: |: :| /
   く ,ク´ ̄ 厂r": : : j/: :/ |.: :/: : :/: :/_| |: |: :辷、
    〃-7⌒i ̄|: : :/ ̄:.7ヽ│/: : :/: :/´/`|:|: : |/ヾ、ミ、
   // /: : : l: : |: ´: : : : :/  j/: :/: ://- 、!|',: :|   \ \
.  //  l: : : : |: : !: : / Yて示ヽイ: : :./,ィて卞:|!:ヽ:.lヽ   ⌒   まあ、確かに「魔神使い」の用いる召異魔法のうち
  / l  /: : : : :|: : l: :': ; :代:::::::リ j! !:./  r':::::l リ.: :|: |:、:\        体を変質させる魔法は 練技に見えなくもありませんし、
  ⌒ /: /: : : :.|: :ノ: : :l: : :ヽ ‐'- /´  ,  `ー' l!: : :ヾ: :`ヾ、     誤魔化すにはうってつけかもしれませんね。
   /: :/ : : : : |´: : : イ: ヽ:.∧          !、: : : :丶: : :
 /: :/: /:.ノ|: |: ://: : :/'|: :ヽ   r‐ 、 ,.、⌒人: ヽ: 、: : : :      ですが、少なからず知識を持つ人、冒険者なら
/: :/:∨´/ ̄ フ': :/ /: /リ、  (`ヽ ゝ´ニヽヽ/ : : : : :      そんな言い訳、即座に見抜いてしまいますよ?
/ヽ、: : \ _ ⌒ニラ7_/  `ヽー≧} l |´ヽ 〉丶ヽ : : : : :
    >─=二          l`ヽ/ ヽ〉)Y / 〈 : : : : : :

┌───────────────────────────────────────┐
│―――魔神使い(デーモンルーラー)とは、ラクシアとは異なる世界の存在、              │
│「魔神」を召喚し使役する能力と、その魔神の技、能力に似通った魔法を用いる魔法技能だ。. │
└───────────────────────────────────────┘

64◆iWAc./ZK.62014/04/15(火) 22:28:06 ID:EfREQG3w

f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
| あ、もしかしてその理由って       |
| 織莉子さんの考えたものですか?  |
| ならば失礼いたしました。        .|
乂_______________ノ
                           _ _
                        ((  '´―- 、`ヽ.、
          Y  ̄ ̄ ̄   ` '' ー-- 二ミ:''::::-::゙ヽ::::`ヽ  ))
          |              ...::'´:::::::::::`:ヽ:::::`:::::::::ハ
        /´|   _        ,..:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、
      . /  |   フ''''''''''''''''''./::::/:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      .{ 、______レ '´     ゝ´:::/::::::::/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
      .`L_         /://:::::::::/:::::::::/::::::::::::/:::::::::::::/:::::::::::::::::::゙、
         |     ,  '´ /イ../:::::::::/::::::::/:::::厂:`,i::::::::::::/::::::/::::i::::::::::::::i
        .└- ィ'´    l゙ .|/:::::::::i:::::::/:::F「_, ´l::::/::/:::::::/:::::|:::::::::::::::|
            .i     | .i:::::::::::i:::::::i:::/ 代_)j`i.|:/i:::i:::::::/ト、:::i:::::::::::::::i
            .i      i .l:::i::::::i:|:::::l::/ `¨''´  |! .|i_|/、、 i:::::i::::__i     いや、私が考えた……言い訳だ。
             .i      レ゙i:::/,..|:::::::|、       /小\!ノ:::└─┘
              i     | l/ .` |:::::i ヘ.  _ '   .ヾ辷ソ >:::===:|     ……まさかそれを言いふらそうって
              .i     |   |::/r.∧?禧`'ヽ    /::::::::::::::::/      気じゃねえだろうな。
               ハ      r‐'´|! .|´  .‐ z-----/::::::::/:/i/
                ヽ  _ ... l  .|、ォィ--― | //:::::::////
  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ     _... -‐ ' l /´乂..|    |___/::::/ /
  | まさか。.  |
  乂____ノ

┌──────────────────────────────────────┐
│その中でも特に前者、危険な魔神を道具や壺などに「封入」することで持ち運んだり、     .│
│あるいは後者の魔法のうち肉体を魔神の異形に変化させたり、人を支配するようなものは.  |
│法律で禁じられている……そうでなくても常識的に黒に近いグレーである。            .│
└──────────────────────────────────────┘
┌─────────────────────────┐
│現実に例えるなら銃刀法違反でしょっぴかれるようなもの。 │
└─────────────────────────┘

65◆iWAc./ZK.62014/04/15(火) 22:29:18 ID:EfREQG3w
                       r-‐   ´ ̄ `ヽ
                     ___ (  _ _       ',
         ____   . ::"´:: : : > ~´ー< `丶.    }
          /     `ヽ、 ...::::/  〃    ヽ   \ノ_
       l         ト.:/::..   /         ',   \_ ̄`ヽ
       イ         l__〉   //            `ヽ ̄`丶. 、
      / i /       / 7  //   |      iヽ、   ヽ   :.    ヾ\
       !〃 ハ      〃_/  ,'   lヽ     | ',ヽ  ハ   .    ∨l
      ヽ  ヽ   / (::       /イ  \    ,:  l _∨ !   ',    !/
        イゞ、rf 、_ ノ_r イ::      i/     丶 / イ´ __.!  l    i   /'
    //`⌒7ムイ:: : :!     |-‐   ̄  ∨ /,ィ示ミ、,イ    |
   //   //.: : :|.: : :ハ       ! ,ィ示ミ、  }/ {!:::::リイ:::|    l
-‐"./    /イ::   :l: : : : ';.    }Y )::::::ハ       ー' l: :l: / ∧    そんなことを言いふらしたところで
-‐´    / / !   ,' : :i : :ゝ    l从辷_ ノ       ,    }::ノイ / リ    私に利益などありませんし、
    /  /  ;  /  从 { l\  ヽ`¨             ハ レヾ      それに貴方と織莉子さんは仲が宜しいんでしょう?
   / _/   /,イ./   //  ヾ ->、 _ >     _ ィ   . ': : l丶  !
   ! (    /´ .!'  /  i   丁::::/}丶.       ̄ . :'ヽ:: :,'  ∨|       恩を仇で返してしまいます。
    )'    ノ  /   /   从  l:::〈イ、   `  ┬<ヽ   ∨   !/
         /  イ   //l ヽ |::::ノ\\____,イ/::::::\   !
.        //! l   ハ !\才:::::/:::: ̄ ̄`i l !::::_::::>、 ト、
       /´  | |  !  )'  /:::〃::::::::::::::::::::><⌒ヽ`ヾリ 〉
            乂| 从   /:::::/:::::::::::::::::::::/〈 んてハ ) 〉Y 、
.            j/   イ ̄ `丶::::::::::::::::::::〉、辷ゞ-‐"〃 〉:::::丶
┌────────────────────────────────────────┐
│だが同時に、危険な魔物の一種である魔神について知識を深めることにもなる上、           |
│取り扱いに十分注意すれば少なからず力にはなるので、冒険者としては有用な技術の一つだ。 │
└────────────────────────────────────────┘

66◆iWAc./ZK.62014/04/15(火) 22:31:44 ID:EfREQG3w
                                 _
                              ,...::'::´:::::::::`::丶,
                            ./:::::::::::::::::::i:::::::i:::::ハ
                          /::::::/::::::|::::::::::|:::::::iミ;、::、
                          /'i:::::::i:::::::八::::::::|斗_!.i:_`゙_:i
                          .i|:::::i::::マ,≧,ァマ::|´芯.'|: ̄:|
                           .|::::i::::∧´.   ,゙'!.  ̄.|::::::::|   仲良くしてもらってるのは私の方だ。
                           |ヘ|:::::::|ヽ、 , .   斗:::::i^i
                             |i::||  ≧ ≦ ソ|ヘ!リ    織莉子は何も悪くない。
                             ___!|_!/ `x´ ヘ、|! ´
                            ハ  | ヘ、r-.->/ ̄7'、
                            .i ゙v   |;;;;;|゙   v .i
                            .| ./    .i::::i   ヘ l
                            .l ,゙     l::::::l    ∨
                            l ゙、  ,,, .|::::::i| ,,,  ノi


         /        .........}:/ ::_::_ハ:: ::i:: :: :: :ノ::、:: :: ヽ_
.        /     ..:::::::::::::::::/:!: :: ::/ `V l:: :: :: ヽ:::::\:: :}  ヽ
       ∧   ..::::::::::::::::::::イ:::!:: ::/_  V:: :: :: :: |::ヽ:::::ヽ!::.  }
       { ヽ   ::::::::::::://!:::| ;イきミx ノ\:: :: :: ヾ::ト、::::|::: ノ
       `ー'^ヾシ冖"r'´/j´::::!::リ:::::::::;:ミヽ ヽ: :: ::乂::::::::l: イ
           /:爪_,ノ///|::::::|::Ⅳヾイ      ≧ミx:: ミ≦<
        </::川::l////リ::::::トハ `ー'′   イ:::::::;ヾミー一二ニ=‐:- 、
          / :: /;イj::l'////:::: /        ,  ヾニr'^、:: ::ヽト、ヾ二ヽ :\    そうですね、私も別に悪くはないと思います。
       /:: :/´ |l::::::V//:::;ノ     '′、__     ノ//,ト::: :::ト、`ー'´ \::ヽ   違法なものでも人に見られなければ
         i: :: i rzzヘ\::∨::::i      ゝ  ノ . イ////} :ヽ ヾ、       ):人  黙認されるものですからね。
         l: :: l′ \`ー、ヽ_ト、 、 >‐r‐┬f升/////从: ト、:: ::\   /イ   )
     / \:: \__, ヽ::::\:::::\く::::ノ⌒\\⌒ヾ//} V \:: ::ヽ.       ですから、使い方さえ間違えなければ宜しいですし、
      |     ̄ ̄  └ァ、:::ヽ::::::>' ,ヘ、ィ⌒ヽ、ヾノ     ヽ:: :ハ       それに後ろめたいことがあるのは
      人        ....../:::::\::::;」 {ィヽ ├'^ヽ ト、         }:/ ノ       私も貴方も、ほら、似たようなことでしょう?
    /  }     ...:::::::::〈::::::::::::レ′、ゝ、__)く } ├( ̄ ̄二ヽ_ ノ′
.   /     ..::::::::::::::::::ヽ:::::::::.、  く  ヽ.レ' ノ ノフ ´   _  ヽ_        だから案外 気が合うんじゃないですか、って。
    \     .:::::::::::::::::::::::人::/ ::ゝ-{ ヽ--く ´ /::ゝ---'´:::;:-─‐ ヽ、
┌──────────────────────────────────┐
│ちなみについ先週、織莉子たちと共に冒険したのだが……              │
│その際にキリカがこの召異魔法を用いて見せたのを、華扇はしっかり見ていた。 .|
└──────────────────────────────────┘
┌────────────────────────────────┐
│華扇もその時に確認しようとしたが、彼女は練体士だと言い張っていたし     |
│織莉子にも口止めを頼まれたので わざわざ聞こうとも思っていなかった。   .│
└────────────────────────────────┘

67◆iWAc./ZK.62014/04/15(火) 22:32:41 ID:EfREQG3w
                        ─‐-
                  __ /       ヽ
        _    _,,..-‐'': : : : : : : :`'ー-、     i
      /   `ヽ ´: : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ    |
     /      / : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : \  /
     ,'    /: : : : : : : |: : : : : : : :|: : : : : : : : : : : X
     !    /.: : : : : : : :ハ: : : : : : :.|、: : : : : : : :i: : : : ヾ、
    丶   ': : : : : !: : : :| |: : : : : : :|`\__: :|: : : : : |\、
     >┤: : : : :|l: : : :!人: : : : : :|   \: : : |: : : : : | ヽヽ
   //  .: : : : : : |乂: :|  |: : : : : l  ィ七示、:|: : : : : |:、  l::|
  /::;イ|  ,': : : :  ̄| 辷| ∧: : : : :∨ち::::ソ ハ:|: : : : :ハ、\!::|
/::/ |:| /: : : : : : :rfてう示 \: : : |  ー'‐" l|: : : : : :| \レ
::/   |:| /: : : : :i : :ヾ弋::::ソノ  ヽ、/     .|!: : : i: : :ヽ
'   │/: : : : : :|: : ∧´ ̄      ′     /l: : : :ヽ: : : ':,    でも、どうなさいますか?
    ,' : : : | : : |: : : ハ             //: : : : : |: : : : :.    断るようならまた仲間探しを始めなければなりませんが
    .: :/: : :|: : :ハ: : : : ヽ、      ー‐   //: : : : : : | : : : :}     そうなるとただでさえ年が若く同年代の知り合いが少ない私には、
    |: l: : : |: : : : ヽ: : :∨/>   _    /|//: : : : :|: /ヽ: : /    やっぱり織莉子さんに頼らせていただきたいものですが……
    |: |: : : |!: : : : :| \: :\///l   ̄   人|: : : : :∧|  |: /
    j/ヽ: :ハ: : : : |!: : :\: :\::[三三ニ斗!|: : : :/ _  |/
      乂: :ト、: :从/ ̄`ヾ、ヽ|    _ム: : :|´   ヽ
       }∧ ヾ / ̄ ̄\ ∨!__//ヽ\、リ    i
       /   ヽ | __ \∧斗'ヾ(てゝ\ 〉ヽ   ,'
              ∨ _   ̄∧ゝ < 〉( 〉/ /) |i  ′
            ∨ _二_} ヽ >─辷 / /ヾ、 |
           __  ∨    _| ゝ-r─<ニ"  / \



                                         ______
                                           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>-
                                   ,.-'':::::::::::::::::::::::::::::::::人::::::::、:::::::::::::::::ヽ
                                  /::::::::::::/:::://:::::/  ヘ:::::| ====::::::::::ヽ
                                    /::::::::::://;;/x//_ - ―‐ ヽ| =:::::::::::::::::',
                                   ,'::::::::/ ̄|||| ̄       ̄|||| ̄   V::::::::::::::::l    ちっ……!
                                   l::::::/   lllll         lllll   /:::::::::::::::::l    嫌な女だ、分かったよ組んでやるよ、
                                   '.,::{                   /:::::::::::::::::,'     それでいいんだろ!
                                 ヽl''-..,,     r一v    u. /:::::::::::::::/

68◆iWAc./ZK.62014/04/15(火) 22:33:35 ID:EfREQG3w
             _,∠ ̄`ヽ
      / ̄`ヾY´:: ::、:: :: ::\j
.     {     }} : ト、::`:: 、_::_:;>
      ゝ、 _,. シ:: ::| -` ー一イTト. 、
     /⌒>ヘ:: :: :| ,才矛  ゞ'|「ヽ:ヽ、
        /i::ト、::ヽ: 从r'ーク 丶.从)ハ;:ノ
         >::):イヽ_`¨´__こア ー‐'′   ありがとうございます。
        / :/:: :: :ノ r─ 、L∠´}
.       ∨(/⌒/r‐'′  {-L),ノ      でも、キリカさんは前衛型の戦士ですから、
      ,. -┴==ァミx_,. クーく,>     あと一人……出来れば後衛も誘いたいところですね。
     / ‐  <∠,..、| 》´::;::/、`ヽ
..   / ´     /-/>ミ/::ァ'^:::\ l }     キリカさんはどなたか心当たりはありませんか?
    { ′_/=7//l7/:::キ:::::::::::::V´     例えば、以前に4人で組んだ時におられた……
.     、 l ≧=-v'〈/l_!,':::;:ィ廴_::::::::キゝ、
    ヽ 、   /   ∧X:::::、:::キ:::::::://
      \ ー --〈__,≫ 、::`宀:::://


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
┃   丶 ',  ',     ,'  ; ' ,.ィ          ヽ、        ....┃          | ……ムサシか。
┃    ゙、 ',  ',    ;  ,'/_ レ'Z/} /| /l , } 〉           ┃          | あいつも「流れ」て別のパーティに入ったよ。
┃      ∠、 '、  ,'  '/ rデミー' 'イーk'}ル'ソ          ..┃          ヽ___________________乂_
┃      /,ゝ、`ー' , '〈_j ゛`ー′ /でン/}'´           ......┃
┃   ,. ┴─‐ l゛-"/ ハ  、   .ゝ ゛,'ノ              .┃
┃  /  `、  ハ n /} / ヽ ヾニァ' /、              .┃
┃. /    ヽ. ト、]_[ノ {   \ ` ,.イ  ト 、            ...┃
┃. /  {   / ̄'| |`ヾ、`ー-、`´__ l   l l \           ┃
┃/   ヽ〈  rニL上z'^)     i´  |   l l , }         ......┃
┃ ノ⌒ヽL{ 、___厂丶     l  l.   l l / |          ..┃       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
┃   l7丁{ 、___}、  ヽ   !   l.  l |  l`l、__         .┃       | それは残念。             |
┃    K`Y^>、___,ノ ヽ.  `、   /  / l  ∠b }〉       .┃       | 優秀そうな魔動機師でしたのに。|
┃    |、>へ//7ー′   `、  '、 ン′/  ノ∠仏レヘ         ┃       乂_____________ノ
┃    lヘ/ //      ヽ ∨  /   /仏j/  \      .┃
┃   |'´   //        l/ /   /ム/       ∧    ....┃
┃   l  //        / /     /レ'′    /×\  ......┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  マギテック
※魔動機師……魔動機文明と呼ばれる、魔力をエネルギーとした機械が普及した時代に生まれた魔術。
          魔力を込めた弾丸を銃より射出したり、ボムやグレネードなどの爆弾を射出したり攻撃的なものが多いが、
          同時に探索支援や魔力探知など、補助的な魔法も割と含まれる。

          便利で火力も高く、強いのだが、銃の命中力は射手(シューター)技能に依存するため、
          並行して伸ばすと経験点が重くなるのが困りどころ。
          あと低レベルでは銃弾の値段が結構高い。

69◆iWAc./ZK.62014/04/15(火) 22:34:16 ID:EfREQG3w
                          ト.、
          _  _,,.. --──- 、,_ノ }
       ., '´   `Y´           `' 、_
      .,.'       |‐ァ   /       \}- 、
        .|      ,ハ_} //     |      ヽ  ';
      ,ゝ、.,_,,. イ ┘ ' ‐|-    /|   | ';   '; |
   r‐''"´/, イ__r'  |  /  ,ム、_./ ;   ,ハ |   レ'}
     ̄く/Y   _|  |! ,イhノ 「lヽ / / /ト |   |/
       /    { r |  lレ' ゝ--'  |/ ァlト、 ,ハ   ;|
     ./     /ヽ._| 八 wxv      {h! }/ | /;|
     ;    /   レ' | ヽ、       ' `xv|/レ' ∧
     | /  '    、|   ;     _     ,ム、く/\]
     /  '   、  ;'  /、     ,、 , イ ハ       でもそうなると私、他に知り合いはいませんもの。
    /  _,.イ   /\/ /、 > 、.,,/ ,ハ/)/ ノ
    {r'"| ,、   |>ー<\::::\.   / /、/、/)ハ       キリカさんはどなたかご存知ありません?
      ∨  /     `' \::::`r/ ´ -く/' ;
        /        \ }:::/ ̄` 、//  {、
        | /      \`∨ ̄`ヽ / {   ヽ}
         '/          `'|\  イアゝ、__';


                                     _ _
                                     '´―- 、`ヽ.、
                    Y  ̄ ̄ ̄   ` '' ー-- 二ミ:''::::-::゙ヽ::::`ヽ
                    |              ...::'´:::::::::::`:ヽ:::::`:::::::::ハ
                  /´|   _        ,..:'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、
                . /  |   フ''''''''''''''''''./::::/:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                .{ 、______レ '´     ゝ´:::/::::::::/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                .`L_         /://:::::::::/:::::::::/::::::::::::/:::::::::::::/:::::::::::::::::::゙、
                   |     ,  '´ /イ../:::::::::/::::::::/:::::厂:`,i::::::::::::/::::::/::::i::::::::::::::i
                  .└- ィ'´    l゙ .|/:::::::::i:::::::/:::Fぇ<´l::::::/::/:::::::/:::::|:::::::::::::::|
                      .i     | .i:::::::::::i:::::::i:::/ 代_)j`i.|:/i:::i:::::::/ト、:::i:::::::::::::::i
                      .i      i .l:::i::::::i:|:::::l::/  `¨'´  |! .|i_|/、、 i:::::i::::__i
                       .i      レ゙i:::/,..|:::::::|、       /小\!ノ:::└─┘
                        i     | l/ .` |:::::i ヘ.  _ '   .ヾ辷ソ >:::===:|    なんで私がそこまでしっかりと
                        .i     |   |::/r.∧?禧`'ヽ    /::::::::::::::::/     面倒見なきゃいけないんだ、ったく。
                         ハ      r‐'´|! .|´  .‐ z-----/::::::::/:/i/
                          ヽ  _ ... l  .|、ォィ--― | //:::::::////       ……いるにはいるが、
  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ          ._... -‐ ' l /´乂..|    |___/::::/ /         お前と似たようなキワモノな奴だぞ。
  | へえ。どなたです? |      ,.'   ' ' ' ' ´|::::::::::::|  ,. '´ //ハ
  乂________ノ       /        / ̄::::/'´   イ   i
                      i       ./::::::::::/' ' ' ' '  /     i

70◆iWAc./ZK.62014/04/15(火) 22:34:41 ID:EfREQG3w





                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                        | ラーリス信者。
                        ヽ_______乂_
   | l
   | |  /     ヾソ   ヾソ   ヾソ
   | |. //     ミ爻彡wミ爻彡wミ爻彡w 、、
   | |//      r─────────、 /| |         r─────────
   | |/    ./| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.゙| | | ./.          | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   | |   //|                 | | |/           | |__ ______
   | |  // ̄ 日  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/| ̄/.゙|/              | \___,||\
   | |//              /;;;||''''| /           \.. | ||__,;;\
   //               /;;;;;;||__|,/              \|__||_,,,;;;;\
 //|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||                           || ̄ ̄



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄

71◆iWAc./ZK.62014/04/15(火) 22:45:13 ID:EfREQG3w
そういえばラクシアの主な舞台となるテラスティア大陸は
南半球に位置するので、気候が日本と逆だったり。なので、月で数えるとごっちゃになるため
気候がどうかで判断し 「春」や「夏」等と言った方が分かりやすいです。

作中は華扇が入学してそう経ってないので、現在恐らく9~10月頃の「春」?。

72小さな名無しさん@この板は300レスまで@5/31まで企画実施中~2014/04/15(火) 23:23:12 ID:KV8uppR2
これで終わり?


73小さな名無しさん@この板は300レスまで@5/31まで企画実施中~2014/04/16(水) 11:05:43 ID:MiMZXgiQ


関連記事
[ 2021/10/26 16:30 ] 剣と魔法と邪道プレイ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する