リオン=グンタは【 夢 】を見せるようです。 第61話 美国織莉子 緑の本1


1138黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 22:09:03 ID:pMF06NBf











                  ┌──────────────────────────┐
                  │   それは目覚る感覚がいつもとは違う【 夢 】だった      │
                  └──────────────────────────┘








.



1139名無しさん@狐板2018/02/11(日) 22:09:45 ID:qdDmzoGL
ほう?

1140黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 22:13:28 ID:pMF06NBf


           |
           |                                  |
           |                                  |
           |                                  |  _______
           |        ______                |  || ̄ ̄ ̄||| ̄ ̄ ̄||
           |          || ̄ ̄ ̄ ̄||        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  ||      |||      ||
        ,'| |          ||        ||        |l二二二二二l||  ||      |||      ||
         |.| |          ||        ||        ||_____|||  ||      |||      ||
        |,' |          ||      .0 ||        ||_____|||  ||    []|||[]    ||
       __ |   ⊂⊃   ||        ||        ||_____|||  ||      |||      ||
    ../ /.|――n|  |___.||____||____|l_____l||  ||      |||      ||
   / //||_.n/||.ー‐'                  L二二二二二」|_||___|||___||_
  l'|  ̄| |、 /||. ||/||.          ________,,
  l.|   | |/, '| ||レ!'||          ./          /l
  ,,l.|__|,,/ ,,l| ||/~       /          //ll
  |   | l,, "/~         l二二二二二二二二l/ ~
  |   | |/           |_|,!         |_|,!
/  ̄ ̄
───────────────────────────────────────────────

┃   目が覚めた時、自分が居たのはごく普通だが、見知らぬ部屋。

┃   家具の配置も本棚の中に入っている本も自分が購入したものとは全く違うジャンルの本が収められている。

┃   だけど、何故か妙に心が落ち着くというか馴染みある空気な気がしてならない。


1141名無しさん@狐板2018/02/11(日) 22:19:01 ID:6z7mBoLI
割とこう、あなたと感性の近い男だったんかね

1142黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 22:20:08 ID:pMF06NBf


            ァ=ミ
           l  :',    /⌒Y
        ア¨マ |  : ',.  l  : l
        |  ',. |   : l  {   : :|
        } : : } ', =-: l  } _: :|
.         ,' : : ,' }  : :|   |   : :',
.        ァ=ミ¨´l. }   : }.  {  . : :|
        l   Y: :} { -=: :',  } ¨¨: |
.      l  : :}: :} . ',.   :l . i   : :|
       ,'  : :}.ノ ', }    }. |   : :|   ァ'⌒マ
.     l. : : }.: : :.',. }:.. . . :.`~.: . . . .:|.  l   ',
       | : ,ィ!: : : :厂.: : : : : : : : : :. :.',  ',   ∨. /
       | : : |  イ.: : : : : : : : : : : : : :.',.   ',     ∨
.     |. : : |.: : : : : : : : : : : : : :. :. :. :.',  ア=ー'' : }
.     |  ノ : : : : : : : : : : : /   `ヽ、 {    : :l
.     |   .: : : :. :.   /    . : :./!.   : :|
.     |     : : : :     /    ,イ    ム  : :|
     ハ.         /   /           : : |
.      ∧.       /                : :/
       ',                        : :/
         }        _____.  : :/
        ∧    。s≦三三三三三三三≧s。
       / ∧. ,イ三三三三三三三三三三三ニ≧s。
───────────────────────────────────────────────

┃   何となく自分は己の手のひらを眺めてみると、現実の自分の手はそこにはなく

┃   ゴツゴツしているがまだまだ若い男性の手がそこにあった。

┃   これは他人の見ていた【 夢 】なのだから、自分の姿がその人の姿になっていることは当然なのだが

┃   目覚めた直後に感じる僅かな違和感が無かった


1145黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 22:26:42 ID:pMF06NBf



≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐

       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`・…ー...............__      ノ
 /    ..::::::::::::::::::::":ミ::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::―-…   ==―彡
 {{   /:::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::\::::::::::\
 ゞ≧=f''::::::::::::::::^ヽ:::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::.  ::::\
   /:::::::::::::::=-:::::::::へ::::::::::::::\::::::::::::::::::::..
   .:::::::::::::ト:::::\:::::::::::トヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::..   :.. \
  ,':::::::::::::::::::\ 斗z七≧::::::::::ヾ ):::::::::::::::::::::..  :::..
  {:::从:::八:::::::::\ チt 乃ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..  :::: :.\
  {  ト::::::::::::::::::トゝ `¨  V:::::::::入:::::::::::::::::::::::::::::..
     !  トミ:::::ノ       V:::::::::::::\へ、:::::::::::::::::::::::...  .   ‐-
   、  乂i:::::::::> -ー'    ∧::::::::V\\-¬ミ:::::::::::::::::ー-::..
    、   ト::::::::::::::>...__  イ,∧::::::::V/ ` 、ミ 、  Y::::::::::::::::::::::::::.......    :::...   ―-
     \i::::::::::::::〈  λ;;;;j ,/∧::::::::V   ` ミ =ーー::::::::-≧=ー::::::.....
       |::::::::::::::人   i;;/ / )::::::::V       T寸::::::::::::::::::::::::::::::::=‐-:
       |:::::::::::,'  \ jv  / )::::::::., ,:/    |::::::::::::::::::::::....   \::::::.....  ー-
       |::::::::::f    尖<    }::::::::} y     |::::ハ:::::::::::::::::::.....   \::::::.....    _
       |::::::::::ト   《仆ハ 》   |::::::::| '      |:::::::.. :::::::::::::::::::::::...
       |::::::::::|    ( | しヘ   l:::::::::li       :::::::::::.. \::::::::::::::::::::...    ‐-:......
      /\ ̄ \  (| しヘ  l:::::::::l      |:::::::::::::...  \::::::::::::::::::::::.....      ミ
    /   \   \ t|  ゝヘ  |:::::::::|      |i::::::\:::::::..  \::::::::::::::::::::ー-::::::::::::::::::::::
  /      \   \   `込.」:::::::::|      |〉::::::::::\::::::::...  ::::::::::::::::::::::::::::::ー=::::::::::
../         \   \  ヾz、::::::入      | \::::::::::::::::::::::...  :::::::::::::::::::::::::::::::::ー-
‘               \   \  >          jい  \:::::::::::::::::::::::::...  ::::::::::::::ー-::::::::::
               \  <          人 へ ‐、 <:::::::::::::::::::::::::...  ::::::::::::::::::::::
              <               <  ⌒( へ⌒z  <:::::::::::::::::::::::...  ::::::::::::
          >        ヽ     <      ⌒( へ⌒z    ー= :::::::::::::::::::::::::::
\       r≦              <               ⌒( へ⌒z        ー=:::::::::::::::::

≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐
───────────────────────────────────────────────

┃   はて、何か理由でもあっただろうかと、寝る前にリオンと交わした会話を思い出してみると

┃   【 夢 】を見せる魔女は「 たまには以前見た【 夢 】の続きを見るのも一興かと思います 」と言っていた。
┃                             
┃   【 夢 】の続き―――つまり、自分は一度この【 夢 】の中の男性と意識を共有したことがあるということだ。
┗   

1144名無しさん@狐板2018/02/11(日) 22:26:40 ID:qdDmzoGL
一度経験がある分馴染みやすいのか

1146黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 22:32:37 ID:pMF06NBf


           |
           |                                  |
           |                                  |
           |                                  |  _______
           |        ______                |  || ̄ ̄ ̄||| ̄ ̄ ̄||
           |          || ̄ ̄ ̄ ̄||        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  ||      |||      ||
        ,'| |          ||        ||        |l二二二二二l||  ||      |||      ||
         |.| |          ||        ||        ||_____|||  ||      |||      ||
        |,' |          ||      .0 ||        ||_____|||  ||    []|||[]    ||
       __ |   ⊂⊃   ||        ||        ||_____|||  ||      |||      ||
    ../ /.|――n|  |___.||____||____|l_____l||  ||      |||      ||
   / //||_.n/||.ー‐'                  L二二二二二」|_||___|||___||_
  l'|  ̄| |、 /||. ||/||.          ________,,
  l.|   | |/, '| ||レ!'||          ./          /l
  ,,l.|__|,,/ ,,l| ||/~       /          //ll
  |   | l,, "/~         l二二二二二二二二l/ ~
  |   | |/           |_|,!         |_|,!
/  ̄ ̄
───────────────────────────────────────────────

┃  どうやら一度【 夢 】で憑依?した事がある人物だと以前よりも同調しやすくなるらしく

┃  他人の体なのに妙に動きやすいというか思い通りに動いている気がするのはそのせいか。
┃                  ・ ・
┃  実際は自分ではなく、オレが動いているのだが、それもここまで意識が一つになればあまり気にならない。


1147黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 22:38:34 ID:pMF06NBf



                                          /
                                            /
                                        /            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                          /              |   ―――ねぇ?
                                        /              ヽ________乂_
                                   ,′
、                   ギュッ            >'"             ..:::
 ´"''‐- 、              _____,,,,、、、、、、__/     ',          ..::::::
   \  `卜、         / _..--‐   "      ‘,.    ‘,       ...:::::::::::
     ヽ.   マ/ム.     / イ´ .................................     ヽ     ヽ::....    ...::::::::::::::::
           l//ム_/´....._,,,,==-----=ミ:::::::::::::::::::..    ヽ    `、::::.......::::::::::::::::::/
          |///|  `゙¨´              `~"''ヽ::     .:ヽ    \::::::::::::::::::::,イ
         /.///          ......:::::::::::ニ=-イ    ...::::: :::::>、..........ヽ:::::::::::,イ
       /.///      .........:::::::::::::::::::>'"イ´   ....:::::::__:斗<   ≧=- __/
        /.///         ̄ ̄`'''<(::::.....〉::_>''ヘ"´:::::ゝ-Y
、、、.,,,_////、:::::::::::::::::::::::::::::::::::...........  ` ''<´`¨¨ゝー≧=--<
     `¨¨´ `'''''============- 、:::::::::::::....ノ
                      ``¨¨゚´
───────────────────────────────────────────────

┃  腰掛けていたベッドの上に置いてあったオレの手に温かい何かに包み込まれる。

┃  それは細くて、小さくて、儚くて、だけど柔らかくて優しい感触がした。



1148名無しさん@狐板2018/02/11(日) 22:39:25 ID:qdDmzoGL
何度も同じ夢見ると自分との境目曖昧になりそう

1149名無しさん@狐板2018/02/11(日) 22:40:31 ID:noLSp4uf
同調率高めか。
これだと自分が犯してる感が余計に強くなるだろうな。

1150黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 22:43:21 ID:pMF06NBf


                      __/'"⌒´"''~ミ    _
               /" /     \   f⌒\>―-
             /    /      {       rく \/-―- ミ  \
.            _/    / /    |   \{  \{_     \  \
         ''" /     { ;′  斗―--  { \ /  `丶、
.           /  |/"⌒{    j八_\  \ {(      \
            { {   |  / ≫ミ     |⌒7庁芥ミ {_{ \
            {人  いj/_)(:沁\ ノ  {乂;;;ンノ}\}八  \
           {  }  {{ 乂;;ツ.::/   ´^'''^~ノ    \  `ヽ、
.             ///}   丶     __彡        ハ    丶
             //  从          -‐ァ    /  /{:::::}
.            /い / 丶  '' ヽ   //   /  /  ゙;:::::
.            \{\ } \      j j   い  {   ゙;:::::       |
                } /  ノ>-‐≦{八_  Vノヘ    ト::::      |
              ノ厶イ  ノ   / {_⌒ヽ       j }      |       |
              />'⌒ン      /'"⌒\_   ノ  |  ノ       |
         _r―/こ/\    __ ィ";';';';';';';';';';ミミ /  }  |  /       |
.        _{;';';';/{>{ ___'"_⌒'" ;';';';';';';';'彡シ⌒ /   ノ ノ  /
     _{冖{>'⌒乂/ / 7>'';';';';';';';'_彡'"⌒    /  /  /
    {_/ /     >''"; ; _彡'"⌒厂 /  |  V   /  /         /     j
   /ノ //    _,∠;彡"⌒/     / /   l  /    /         /    /
   {/ /  _/ い j {   と⌒L/  {/'⌒>| /   /  /      /   / /
  { [ ̄ j_// j ノ ノ |__づ~     ̄     7   / /          { /
  乂 // { {_(⌒ ̄             }   /   / /      /      /
.   〈_ ノ_ん..:::::::::/   / ...:::::::::::/:://          /  {    /
  /  丁{\_) \∠:::::/:::::::::::::::::イ  /    /              / {
/    /い     \⌒~rー<ハ:::厂 / /     |     j         l
\    /:|:: \    ノ| |  |:::::/ / / /j    l {      {            l
  \/. j:::| | \/  |:: l  l   〈_   / {     い       {       人
  / /| | |:::.     |:::.    { ̄  { { Λ   \       \{        \
. / / |  | |::::..     い   {\  \ {  \   \     \        }  \
. /   |   | |:::::::....       ノ      〉  `丶、_            ノ
/    l   | |:::\:::..           ∨         ̄}`ヽ、  ∨ //
        | |   \....     {              ノ / \ }/
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  ―――大丈夫? 少しボーっとしていたみたいだけど………



┃  隣に顔を向けるとそこには一人の少女が同じように、

┃  そうしているのが当たり前かのようにベッドの上に腰掛けていた。

┃  事実、彼女は何度もこの部屋――ーオレの自室に訪れてこうしていた。


1151名無しさん@狐板2018/02/11(日) 22:44:31 ID:qdDmzoGL
>>1149
犯すんじゃなくていちゃついてるだよな。気持ちが違うと色々違う

1152黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 22:49:02 ID:pMF06NBf


           __ __
       , -=        =- 、
     ./   /          >、 _ _
    /   /    l          ヽ    .゛,
    /   / l  ./. l    .l      .ヽ   .ノ
   /  /,  l /,/l     .l  l     .ト   /
   l   l   .l/-l-イ   l l l     l   .l
    、  l ィf示k, lヘ  / `ト.l l   .l   .l
    ヘ  .l ヘ辷ソ  ヽ/ 笊勿/  ./l.l   .l っ
     ヽk k:ヘ.    ,  ゞ゚ソ / /リ   l
     ヽ  .ト   ‐-  -=イ-イ      l
      ヽ l l> _  -<l/  /l     .l
      _,,.ヘ:ト  7^ ト-- l / ヽ    .l
    /::::::::::l::::::ヘ  |フト,|/ kl///l l    l
   /:::::::::\ヾ::::::>ソ/ヽlヽ/::::::::::::l l    .l
   /:::::::::::=x;<::::::lL/l oゞソ ヽ:::l/:::l l    k
   ヽ::::::::::::::::ヽ/\:liヘ |il:/::::::ヽ:::l l    lト
    マ:::::::::::::::∧::::::li::ヘl/::::::::::::::i:::l .ト、    ヽ
    ヽ:::::::::::::::∧:::::::::\:::::::::::::リ::l ヽ    トヽ
     ∨:::::::::::::∧:::::::o::l::::::::::ノ::::l  lヘ.   ヽ \
      マ:::::::::::::::∧::::::::::l:::::::イ:::::::l  l l   l  \
      >ヘ:::::::::::::∧::::::::l:::::::l:::::::ム.  l l   ト
      l:::::ヘ::::::::::::∧:::ol:::::::l::::::::::i  l  ヽ  ヘ
───────────────────────────────────────────────

┃  少し心配そうな表情でこちらをじっと見つめてくる彼女―――【 美国織莉子 】

┃  以前自分が見た【 夢 】で出会った少女。

┃  そしてオレのとても大切な幼馴染で――ー今は恋人一歩手前な少女だ。


1153名無しさん@狐板2018/02/11(日) 22:50:32 ID:DLguSR2/
可愛い(可愛い)

1154名無しさん@狐板2018/02/11(日) 22:50:48 ID:noLSp4uf
まだ恋人じゃない時期か・・これは甘酸っぱいな。

1155名無しさん@狐板2018/02/11(日) 22:52:07 ID:6z7mBoLI
業の歴史がまた1ページ wktk

1156黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 22:54:00 ID:pMF06NBf


                 l     `ヽ ̄ ̄`ヽ、
            ,   ´ |             `ヽ
          _,/     、                  \
       / ̄        ',                    \
      / ,       } l  ヽ      - 、        `ヽ、
    / ,イ        ハ 、   \         \         `丶、
.   / / {       l-/--`\、  `ヽ、_     \           `丶、
   , / l  ,     |. {,.. -―`-\  ヽ  ̄`ヽ 、_  \               、
   { イ  ! ト, ヽ.     |リ´マr、_心 } ヽ,从    ト、\  \              \
   |ハ  、| ヽ \   ト、 弋z(ソ   j l/}     ! } ハ、 \\ ̄ `丶、          `ヽ
     } ヽ 从 ,ィ、`ヽ| \      /      { ./ /  \ ', リ     `丶、         \
     |  \ {〈マ心 i         /イ     l |〃´    `}         `丶、
     /   `ヽ `¨           l {     | 、                    ヽ
.   /ィ  /   、 `       ,     ヽ、    !、`\                    \
.     |  |.    ハ、    ー ´     ,.ヽ /イ ,                        、
    ヽ !`ヽ、   `  、      /  /   ,
     `\ / /     `l ー ´、       ,___
        {  i       リ     、       〉/::::::::::: ̄ ̄/7-、
         ヽ ヽ ̄`ヽ /      },       /::::::::::::::::::::://:.:.:.:.:.:.,
            ヾj  /イ      /〉    ,.:'::::::::::::::::::://:.:.:.:.:.:.:_:.
                   /::/   /:::::::::::::::::://:.:.:.:.:.:´:.:.:.:.:.:.:}
                  /:::::/ ̄´/:::::::::::::::::://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|

───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  恋人一歩手前なんて言われると困っちゃうわ。

            私はもうあなたのお嫁さんになる気満々だったんだけど?



┃  織莉子はニッコリと微笑みながら訂正してくる。

┃  それはこちらも君と結婚する気しかないけど、まだまだ君のお父さんに認めてもらえてないから

┃  正式には恋人ではないだろう?


1157名無しさん@狐板2018/02/11(日) 22:54:24 ID:qdDmzoGL
いちゃいちゃー

1158黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 23:00:49 ID:pMF06NBf

                     ___
                ´       `     /⌒\
           / /            \/       ̄\
.        / /  /          Y゛        |    \
.        / /    /           |          |     \
     /                      |  |      |       |
.  _彡 / /     |      |  ⌒`ト  |  |      |       |
     /         |_    |   / | \|  |  |           /
     | |   ィ ⌒|  人  |  芹圷冬ミ  |  |    |       /
     | |    |  |    \| / 乂ヒ;;ソ 》 人|  |    |    Λ
     V /  | 刈=彡  /   ⌒,, // |   |    |      \
    / / /  |Λ''⌒  '      /   |   |    |   / Λ  \
   /   | ノ 人     、   ,     /  /       |   \  \
   ⌒7  |   | 个:../ 〉     | { /  /          |    \  \
     {  八  |  l/ ∠   イ| /  /             |         \
     \(  \)/ /――<⌒∨             |          \
        // /⌒)        |     |                    \
            /   ̄ ̄ ̄\     |     |                      }
.           | / ̄ ̄ \ )   人     |                    /
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  そうね。【 夢 】の中とはいえ沢山エッチなことをした仲だけど、恋人ではないわね?
                                              
            所謂身体だけの関係っていうのかしら?


┃  はい、すみません。屁理屈言ってました。

┃  身体だけの関係で我慢なんてできません。オレは君の全部が欲しいです。



1159名無しさん@狐板2018/02/11(日) 23:02:13 ID:qdDmzoGL
ノリがあなたに近いな。

1160名無しさん@狐板2018/02/11(日) 23:02:50 ID:6z7mBoLI
夢を見た回数関係なく素で同調できそうな

1161黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 23:08:04 ID:pMF06NBf


                    -‐……‐-
              /           \/  ̄ ̄ \  つっ
              /    /          \< ̄\ \   つっ
                           |
                   |      |     ∨       |
.           |         |      |       | |        |
.           |     __|ノ    、_/     | |⌒\    |
.            |   / /|人      /|/ ̄ | ∨| \     |
         _/八 /≫==ミ\   Λx==ミ 人 \_
            Τ Λ《 乂Vツ  \{ 乂Vヅ 》   「      /
            | /  人 ////   、 ////ノノ    |     /
            | |    \__      u.イ     | |     |/|
            |人.   个  ´ `   个   人|     | :|
              \|Λノ\|≧-r≦|/ノΛ|/        |八
              __|    |__|        |  \
            ┌<二二∨     ∨二二>┐        \
             Λ二二二 {       } 二二二Λ          \
         Λ-\二二 { ___} 二二/-Λ  \        \
           / 二二 \二 \二二/ 二/二二Λ   \        \
         |二二Λ二 `''< \/ >''´二Λ二二|               \
         |ニニ/-=二二二 [⌒]二二二=-Λ二-|       \
         |二/-=二二二 /Λ \ 二二=- Λニ|\      \
         |ニ{--=二二/ / Λ  \二二=-Λ-|  l\       \     |
        Λ-∨-=二 {_/ニニ\_}ニニニ=-}ニ|  |          \     |
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  そうハッキリ言われちゃうと、その………なんて返せばいいの?



┃  言葉を濁さずストレートに求めたせいか、織莉子は顔を赤くして困った顔をして落ち着かない様子だった。

┃  昔から外では気を張って出来るお嬢様像を演じていた彼女だけど

┃  こうして二人だけになれば少し抜けた素の織莉子を見せてくれることがオレは嬉しかった。


1162名無しさん@狐板2018/02/11(日) 23:08:19 ID:qdDmzoGL
かわいい

1163名無しさん@狐板2018/02/11(日) 23:09:44 ID:DLguSR2/
いいゾーこれw

1164黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 23:13:28 ID:pMF06NBf


                     -――- ‐‐- ミ
                  /           ` 、  _
                                    、/´   `ヽ
               /                   ∨  __   i
                  /  / /           ヾi=≦7´   |
                ′/ ,゙‐/―/  i    ヽ,  |      |
                i / i / _i/i   ハ __゙,_  }i   |      |
                レ'i  i!'i''{ ハ|! ,/ ゙, .}i、`ヽ}i   !       |
               |  l¦代i乂/´ ̄ト心} ハ   i      |
               |  l ト, , 、    辷リレイ   八    .i  |
           ――┴ 、人  、   , , , ./ / / /ィヽ   i  |
       r‐‐/ r  〉 ゙, .} V  i 、  ̄    / / / /  i   i!
       |::{_j  `ー<_イノ'´乂i/:个 -- =≦/ /レ' ´   .|   i! |
      〈:::i`ー}ヽ_}_〉::::::::::::::::::}::::::{__{:::::}::}:::}i /::> .,   |   i! i
       /:::::::::::::::.,ノ::::::::::::> ':::::::ノv辷ァ''´::'':::::::::::::::::> .,  i! .∧
     .::::::::::::::::r┘::::::::/::::::::::::::」- 、 」:::::::::::::::、::::::::::::::::::::::Y  |  ∧
    ,.‘:::::::::::::::::,.:::::::::::/:::::::::::::/  {i ∧:::::::::::::::::::Y:::::::::::::::::::| 、人    、
.   /:::::::::::::::::::/::::::::::::i::::::::::/   ノ',' ∧::::::::::::::::::i ::::::::::::::::::| \ 、   \
.   ,゙:::::::::::::::::,.イ::::::>圦:::::〈   / ,'  ∧::::::::::::::::'::::::::::::::::::´\. \\  \
  :::::::::::::::/:::::/   ヽ:::ゞ<   {   〉:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::ヽ.  \\  \
 八::::::::::::::::,.ィ      〈::::::::::::`ー 'ー ´::::::::,.イ:::::::::::::::::::::::::::::/    \\  \
   `¨¨¨¨´        i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、::::::::::::::::::::,:゙.       \\
                 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ::::::::::::::::i.           \\
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  ―――ちょっと元気出た?



┃  そんなささやかな幸せを噛み締めていたら、不意に織莉子がクスリと笑いながら短く質問してきた。

┃  元気出たかってどういうこと?



1165名無しさん@狐板2018/02/11(日) 23:14:52 ID:qdDmzoGL
あー、「オレ」が疲れてたのかな?

1166黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 23:19:23 ID:pMF06NBf


                         ´ ̄ ̄`\
                  /           \
           / ̄ ̄ ̄~"'<⌒        \
         / ̄             \
        /    /  ⌒\    \        |
      /   / /                 \       |
         / / /                     |
.        _/        |  |     |      |
      | ⌒>-   /|     |斗┼   N|      |
      | ー―‐=≦i斗┼     |ァう笊 ノリ     |
      ∨ | |    |ァ'笊⌒∨ 〈トリ ノ/'|       |
       \| |   《 ヒ;;リ   }/、   }  |       |
.         八     |          人 八      |
.          \N  |   .,__ ´_ イ /       |
           \|    \ 二二 | `Y      八
           /\    ]\ニニ|ニ|\        \
           /ニニニ\___,ノニニ|ニニ|ニ|  \       \
.       /二二二二 \二二|ニ/\|    \      \_
.      {  ̄~"'<二二二\ニ|/ニ=-\         |\{⌒
        ∨ニニニ`''<二二 >へニニ=-        |
         {ニニニ|-=ニニニΛ __}「 ̄}ニ=-}         |
         {ニニニ|-=二二 /  厂 \/ニ-ノ\       |
         {ニニニ从-=二二{_/ | | |ニイ   \
         {二二 /〈\ーニニニ-| | |ニ||     ∨
.       〈二二/| 〈\>ーー<| | |ニ||     }  ノ
        }ニニニ〉〈ニニニニニニL 厂ニ〉|     ノ /
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  この【 夢 】に来たときから少し声が弱々しかったわ。

         .あなたは隠しているつもりだけど、私が気付かないと思っていた?


┃  いつも通り、何てことない口調だったが織莉子はオレが落ち込んでいた事を見抜いていた。

┃  まいったなぁ、心配させたくなかったから隠していたのに、最初からバレていたなんて………



1167黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 23:25:36 ID:pMF06NBf


                      ,  ´`ヽ
        _,.. -――--  、_   /       \
       /           `ヽ'、          ヽ
     ,:'                \           \
.    /                  ヽ        ':,
    ,                   ヽ    ‘,
   {       l l   {       l ,    ヽ        }
   |       / イ   |      | l    、      l  |
   |      /イ/   _/,.     | |__、   \    |  !
   |    / / イ/ ハ {       j リハ、   } `\   | /
   ゙.      /  /イ _∨    /l / __l } l !      /l /
    ヽ     / ,/rィテ心 } 、  / /圷/}/,リ VI.    / l/
     }  /´  {、弋z(ソ   、i / / ゞ' /´  } l/   /
   ,/ イ {    ヽ、      /  、  /  / }   イ{
  /イ\ l       }          /  ,ハ/     ! \
      ` } 、__ ト,!     -  ,.イ ハ/ /    |  \
        ,..|  VI  `ヽ、    / >、リ       |    \
     // j       /`¨´:::::::l l|:::::::::`ヽ、    ヽ     `ヽ、
   // }       {、:::::::::::::::l l!:::::::::::::::::}     、       ` 、
  /:::/           ∨::::::::::l l!:::::::::::::::::l              \
  /:::/、           / ∨::::::, ,:|::::::::::::::::::l                ヽ
 ,::::::::::::\―――--    /∨:::j j:l、::::::::::::::::l                  、
. {:::::::::::::::::::`ヽ、     /   }:://:/::\::::::::::::,                      ‘,
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  やっぱり、勉強とか大変………よね。

         .お父様に私達のことを認めてもらうためにあなたが頑張ってくれているの知っているわ。

         いつも無理させているのも、知っている………



┃  あー、まあ大変なのはそうだけど、知らないことを知るのは楽しいさ!

┃  それにこうして君に会うためにきちんと寝てるからむしろ健康的な生活だって!



1168名無しさん@狐板2018/02/11(日) 23:26:22 ID:qdDmzoGL
となると別に悩みがありそう?

1169名無しさん@狐板2018/02/11(日) 23:29:34 ID:DLguSR2/
色々溜まってる?

1170黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 23:29:56 ID:pMF06NBf


                    -‐……‐-
              /           \/  ̄ ̄ \
              /    /          \< ̄\ \
                           |
                   |      |     ∨       |
.           |         |      |       | |        |
.           |     __|ノ    、_/     | |⌒\    |
.            |   / /|人      /|/ ̄ | ∨| \     |
         _/八 /≫==ミ\   Λx==ミ 人 \_
            Τ Λ《 乂Vツ  \{ 乂Vヅ 》   「      /
            | /  人       、     ノノ    |     /
            | |    \__       イ     | |     |/|
            |人.   个  ´ `   个   人|     | :|
              \|Λノ\|≧-r≦|/ノΛ|/        |八
              __|    |__|        |  \
            ┌<二二∨     ∨二二>┐        \
             Λ二二二 {       } 二二二Λ          \
         Λ-\二二 { ___} 二二/-Λ  \        \
           / 二二 \二 \二二/ 二/二二Λ   \        \
         |二二Λ二 `''< \/ >''´二Λ二二|               \
         |ニニ/-=二二二 [⌒]二二二=-Λ二-|       \
         |二/-=二二二 /Λ \ 二二=- Λニ|\      \
         |ニ{--=二二/ / Λ  \二二=-Λ-|  l\       \     |
        Λ-∨-=二 {_/ニニ\_}ニニニ=-}ニ|  |          \     |
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  ………………………


┃  矢継ぎ早に申し立てるオレの言葉に耳を傾けるも織莉子の表情は晴れなかった。

┃  嘘は言っていない。本当に睡眠はしっかり取っているし、勉強も案外楽しいとも思っている。

┃  だけど、ふとたまにいつまで頑張り続ければいいのかと思う日もある。


1171名無しさん@狐板2018/02/11(日) 23:31:01 ID:6z7mBoLI
無論死ぬまで

1172名無しさん@狐板2018/02/11(日) 23:31:35 ID:qdDmzoGL
ゴールがハッキリしてないと辛いからねぇ

1173黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 23:35:14 ID:pMF06NBf


                      __/'"⌒´"''~ミ    _
               /" /     \   f⌒\>―-
             /    /      {       rく \/-―- ミ  \
.            _/    / /    |   \{  \{_     \  \
         ''" /     { ;′  斗―--  { \ /  `丶、
.           /  |/"⌒{    j八_\  \ {(      \
            { {   |  / ≫ミ     |⌒7庁芥ミ {_{ \
            {人  いj/_)(:沁\ ノ  {乂;;;ンノ}\}八  \
           {  }  {{ 乂;;ツ.::/   ´^'''^~ノ    \  `ヽ、
.             ///}   丶     __彡        ハ    丶
             //  从          -‐ァ    /  /{:::::}
.            /い / 丶  '' ヽ   //   /  /  ゙;:::::
.            \{\ } \      j j   い  {   ゙;:::::       |
                } /  ノ>-‐≦{八_  Vノヘ    ト::::      |
              ノ厶イ  ノ   / {_⌒ヽ       j }      |       |
              />'⌒ン      /'"⌒\_   ノ  |  ノ       |
         _r―/こ/\    __ ィ";';';';';';';';';';ミミ /  }  |  /       |
.        _{;';';';/{>{ ___'"_⌒'" ;';';';';';';';'彡シ⌒ /   ノ ノ  /
     _{冖{>'⌒乂/ / 7>'';';';';';';';'_彡'"⌒    /  /  /
    {_/ /     >''"; ; _彡'"⌒厂 /  |  V   /  /         /     j
   /ノ //    _,∠;彡"⌒/     / /   l  /    /         /    /
   {/ /  _/ い j {   と⌒L/  {/'⌒>| /   /  /      /   / /
  { [ ̄ j_// j ノ ノ |__づ~     ̄     7   / /          { /
  乂 // { {_(⌒ ̄             }   /   / /      /      /
.   〈_ ノ_ん..:::::::::/   / ...:::::::::::/:://          /  {    /
  /  丁{\_) \∠:::::/:::::::::::::::::イ  /    /              / {
/    /い     \⌒~rー<ハ:::厂 / /     |     j         l
───────────────────────────────────────────────

┃  織莉子―――オレの一番大切な人。

┃  お互い小さい頃から家族のように育って、たまに喧嘩して、仲直りを繰り返した女の子。

┃  彼女のためならオレは何だってやってみせると誓ったし、それは今も変わらない。


1174名無しさん@狐板2018/02/11(日) 23:38:16 ID:X3TM45Ax
ん? 今なんでも(ry

1175黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 23:40:33 ID:pMF06NBf


                        . ´ ̄ ̄ ̄ ゙  、 γ  ̄ ヽ
                   /   ,        ヾ,. ´   i
                 /     i            i!彡  l
                     j      ハ   、 i    i!.    l
                     l ! i. ,i-l‐i!-i  l─lt.、i i  l     !
                 i ヽ l ! j `´ヽ l从l l. ノ l l i!   ヽ
                    i ヘl ハi==  `'==l" i!.レ'i!     i
                 i.  ''  ',   '   〃 i Ⅳ l    |
                     l人从_i_ト、..二.. イ.i ル'_  l    |
                  ,. -`" .: `ー‐一" .:.`'.:.:.:.`ヾ.   │
                , '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.-- 、:.:.:.:.:.:.:.:,.:.: ヘ    i!
                j.:.:.:.:.:. γ:.:.:. t__ニニ}:.:.:.:.:.Y.:.:.:.:.ヘ.   i
                    i!.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.l l l i!:.:.:.:.:.:', .:.:.:.:.ヘ.  ヽ
                   〉 :.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.l l ト ゙、 .:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.ヽ   ヽ
                  ,.'::::::::::::::| :::::::::::::l l l i! ヽ :::/ :::::::::::,.:^、    ゙、
               `丶-、::::゛、::::::::::l !l ! l,. ':/::::::::::,. '  ヽ.   ヽ
                   { :::::::::` -、` -- ".:イ.:.:.:.:.:.:〃    ヽ.   丶
                     `..:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:j.:.:.:.:.:.:.:i      ヽ   ヽ
                      i.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:,.'      丶   i
                    i!.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:λ        ヽ  l
                      _j.:.:.:.:.:.:.:.i.:.::.:.:i.:.:.:.:.:.:.:j、'        i  j
                       |::ヽ.:; --.:i!.:.:./.:.:.:.:.:.:/.:.ヽ         /  /
                   /:`.:.i.:.:.:.:.:.:ヘ:.:i.:.:.:.:.:.:.j.:.:.:.:.:ヽ     / ,.′
                     ,'.:.:.:.:.ヘ.:.:.:.:.:.:.∨.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  、__ノ-'"
───────────────────────────────────────────────

┃  でも彼女の父親に交際を頼んでから早くも数年が経ち、オレたちは一緒に居られる時間を殆ど無くなってしまった。

┃  こうして【 夢 】で会えても、やっぱり現実で彼女を抱きしめたい。だけど、まだそれが許されない

┃  ならいつ許されるのかという不安や焦りで失敗してしまうことだってある。


1176黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 23:45:25 ID:pMF06NBf



   ,    } \、        ,       イ彡     |  !  `  }      \   }
    { l     ハ.       _ _     ./{  /    | リ  ,  l          !
   {ヽ':,   /ヽ!\    ヽ、_.ノ    ./ヽ }, / /l /  /  |             l
     } ,イ/     > .     . ,.イ   リ VI / /  /    !          ;
      /イ/      |    -     |    /イ_/  /    ,
                 | ',      / !    /   /    /         ,
           __,...ノ  、.   /  |____{   /             /
    ,....:<::\::::_, ´        ' \:::::::/ /ィ_                /
  /:::::::::::::::::::::\            `//イ:::::::`ヽ            /
_/:::::::::::::::::::::::::::::::::\          /イ:::::::::::::::::::::::::\        /
───────────────────────────────────────────────

┃  もしかしたら努力しても認めてもらえないのではないか?

┃  結局、織莉子は名前も顔も知らない婚約者の元に行ってしまうのではないか?

┃  そんな不安がオレの中でぐちゃぐちゃと掻き混ざって――――











 '.  :.       ハ                 /            /
  ', i      ハ                 _/            /
  Ⅵ       ハ               /            '
   ‘,       ハ             rく  l        /
    ∨       ヽ   , -――一'´ ヽ 丶 \_    /
      V      /  〉 _/  ,   ,     |   \  ̄ /
     ‘    //  /´/  /  /    ,  \_     _/
       ∨ _/  l / , '   /  /      ̄厂
      }       〃/  / /   〃   /
      く_     ///  / /  ___,/    / スゥ
       八 ̄  {/ / /  //   /
        丶---し' /  /`/  , -‐'´
            L∟.'´  └ '´
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  もう、そうやっていつも一人で背負う。

1177名無しさん@狐板2018/02/11(日) 23:47:52 ID:X3TM45Ax
名前も顔も知らない婚約者「僕の何がアカンのですか」

1178名無しさん@狐板2018/02/11(日) 23:51:00 ID:wDUgUWpN
>>1177
間…………かな? その前にこんな親しい異性がいたから
そちらの方に惹かれるのも仕方ないね。

1179黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/11(日) 23:55:49 ID:pMF06NBf


                    -‐……‐-
              /           \/  ̄ ̄ \
              /    /          \< ̄\ \
                           |
                   |      |     ∨       |
.           |         |      |       | |        |
.           |     __|ノ    、_/     | |⌒\    |
.            |   / /|人      /|/ ̄ | ∨| \     |
         _/八 /≫==ミ\   Λx==ミ 人 \_
            Τ Λ《 乂Vツ  \{ 乂Vヅ 》   「      /
            | /  人       、     ノノ    |     /
            | |    \__  、   ,  .イ     | !     !/|
            |人.   个        个   人|     | :|
              \|Λノ\|≧-r≦|/ノΛ|/        |八
              __|    |__|        |  \
            ┌<二二∨     ∨二二>┐        \
             Λ二二二 {       } 二二二Λ          \
         Λ-\二二 { ___} 二二/-Λ  \        \
           / 二二 \二 \二二/ 二/二二Λ   \        \
         |二二Λ二 `''< \/ >''´二Λ二二|               \
         |ニニ/-=二二二 [⌒]二二二=-Λ二-|       \
         |二/-=二二二 /Λ \ 二二=- Λニ|\      \
         |ニ{--=二二/ / Λ  \二二=-Λ-|  l\       \     |
        Λ-∨-=二 {_/ニニ\_}ニニニ=-}ニ|  |          \     |
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  ここにはあなたと私しか居ないんだし、ちょっとくらい弱音を吐いたっていいじゃない?

            良いことも辛いこともいくらでも聞いてあげるから。

           そんな事くらいしかあなたの力になれないのは悔しいけど………


┃  ………………そういう事言われると、泣きたくなるじゃないか。

┃  重ねられた手のひらから伝わる織莉子の温もりがじわりと手から心まで広がっていって

┃  瞳に溜まった涙が零れ落ちないように天上を見上げる。


1180黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/12(月) 00:06:39 ID:K+IdcUkA


                            ,-,
                     r-、    ,イ / ,-,
                       / .リ ./ ,,イ./ /!
                    / ,イ./ ,イ,イ ./,'
                       /  ./イ  .ゝ' /.,'
                     l          .//
                      l            ,イ
                       l        イ
                 /         イ
                   /     .,。イ
                     /      ,'
               /      ,'  スゥ
                 /      .,'
                  /       ,'
                  ,'     ,'
              .,イ     ,'
           ,イ       .,'
           ,イ       .,'
───────────────────────────────────────────────

┃  すると織莉子は静かに両手を伸ばして、オレの後頭部と背中に手を回す。

┃  突然の事に固まってしまった隙を突かれ、織莉子はグイッとオレの身体を自分の元へと引き寄せ―――





            /  //Λ     、   _ 彡    ノイ
           {  /   人   、  ,   / /    ノ}ノ  \
           {  {    个      | /   / | \  \
           \い |ノ ハ}≧r< |   / | |  \  \
                \{____ |    ├ヘ{ 八       \   、、
           /'"⌒  7 ̄ ノ       ノ`くべ"⌒\   \   ``~、、
            /       7\         }     ∨     \     丶、
         /     / 7  \     -――{  // |      \  \  \
      ギュッ /   い{ 7     ::..     /       |               \  \
         /    У {     /      / {/      ノ \             \  \
.              /  /⌒~厂}べ'~‐<\ |    / }   \           \
   /      /  //  / {__ノ\  い }   }       〉            \   \  \_
  /     /     j′ {_/ / \_]  |   |       / \              \
/.    /  ;        / /| |     |   |    /}   \        }   \
   /   { j       / / :| |     |   |    /}  |          /  \ }\}
\/⌒\   V {   {  \/  | |        ノ>''" //〉   |   |       /    }/
\_|   ̄ ̄\  λ::..     ̄ :::::/:::::::::/     / 人 ノ   ノ     /
   \      `ヘ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::>''´       /   \      /
───────────────────────────────────────────────

┃  顔面一面がとても柔らかい感触に包まれる。

┃  いや、包まれているのは顔だけでなく、身体全体か?



1181名無しさん@狐板2018/02/12(月) 00:08:38 ID:wXY/X5Kk
癒されるなぁ

1182名無しさん@狐板2018/02/12(月) 00:09:16 ID:V8ziAcPF
そこらの毛布よりも極上ですよ

1183名無しさん@狐板2018/02/12(月) 00:11:08 ID:pRLtv0rX
これは感触や匂いに癒される

1184黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/12(月) 00:13:43 ID:K+IdcUkA


.             ///}   丶     __彡        ハ    丶
             //  从       ,  -‐ァ    /  /{:::::}
.            /い / 丶  `     //   /  /  ゙;:::::
.            \{\ } \      j j   い  {   ゙;:::::       |
                } /  ノ>-‐≦{八_  Vノヘ    ト::::      |
              ノ厶イ  ノ   / {_⌒ヽ       j }      |       |
              />'⌒ン      /'"⌒\_   ノ  |  ノ       |
         _r―/こ/\    __ ィ";';';';';';';';';';ミミ /  }  |  /       |
.        _{;';';';/{>{ ___'"_⌒'" ;';';';';';';';'彡シ⌒ /   ノ ノ  /
     _{冖{>'⌒乂/ / 7>'';';';';';';';'_彡'"⌒    /  /  /
    {_/ /     >''"; ; _彡'"⌒厂 /  |  V   /  /         /     j
   /ノ //    _,∠;彡"⌒/     / /   l  /    /         /    /
   {/ /  _/ い j {   と⌒L/  {/'⌒>| /   /  /      /   / /
  { [ ̄ j_// j ノ ノ |__づ~     ̄     7   / /          { /
  乂 // { {_(⌒ ̄             }   /   / /      /      /
.   〈_ ノ_ん..:::::::::/   / ...:::::::::::/:://          /  {    /
  /  丁{\_) \∠:::::/:::::::::::::::::イ  /    /              / {
/    /い     \⌒~rー<ハ:::厂 / /     |     j         l
\    /:|:: \    ノ| |  |:::::/ / / /j    l {      {            l
  \/. j:::| | \/  |:: l  l   〈_   / {     い       {       人
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  これなら、あなたの顔が見えないから………

            だから………泣いてもいいわ。


┃  織莉子の一言で弱い姿を見せまいと我慢していた決意はあっさりと砕かれ、瞳の端から静かに涙が流れ落ちる。

┃  心地よい暖かさと柔らかい感触はどんな高級な羽毛布団でも叶わず

┃  織莉子の身体から香る匂いは世界中のどんな香水よりもいい匂いがしている気がした。


1185黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/12(月) 00:23:04 ID:K+IdcUkA


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


        /                   __
       イ                      ,. '⌒ヾ      ⌒\
        |                 ,、 ''゛      }/       }
  イ    .|             ,、- '"´    __,ノ       }        ―――間近に感じる彼女の鼓動を聞き
.      八           /   _,.、‐''"~ア ̄⌒ア        八
        `''<__     /_,.、‐''"     , ゙     /      / ̄ ̄~^ヽ        オレの心の奥底から一つの欲求が溢れ出て
             ̄ ̄         ,、'゙             イハ      }
                       _、 ゙     {      /: : : ノ       ,′      .そも欲求に従って織莉子の肩を軽く掴む。
              ''゛       _、く         八_ ,.イ: : /      √ 、
           ''゛       、 '゙  \     : : : : : : : : :/             |
  ……--‐''゛        _、 ''゙       丶   ∨: : : : : :         /    |
             _、く´           `、   \: : : {      /     l    -――‐-
           _、  ´  \                 \八     /      /⌒           \ /
      _、  ''´             ',           /⌒\/>‐ '゙      /      ⌒`\      /\/⌒\
___ニ=- ''´                 ',       /: : : : )/       /   /           \   ∥/   | |
                \    ',   /: : : :   {     /  /   /   /             /  |   | |
       j{           \   ',  / : : : :       乂__/   /   |  /  ⌒`\     | [  |   | |
    {: :   j{              \  \{__彡ッ          /     /⌒ | / | \|  | Λ |   | |
    { : : : j{                 \    /         {    |   |  |   | /x==ミ |  |  | Λ |      |
                                       || | f笊  /|/ fr( Y  ノ  | /|     \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ |人   V\{    ヒツ И   ├ヘ 人 \    \  ━━━━
                                       ノ\〈       //// 八    | ノ / \ \    \__
                                          ⌒  /        u/  \  ∨    \ \    \   ̄\
                                えっ?     |/ Λ f)    ⌒7   / \ }       \__  ー――‐  \
                                         イ   Λ       /   /   乂_ _        ̄\    \   \
  ―――不意に肩を掴まれてた織莉子の口から           八  /{    ̄ ̄ //}/      //ニニ/          \         \
                                         \八        ノ         //ニニ/   \         \ |  }  |
       可愛い声が飛び出る。                           // {      //ニニ/ // ⌒          ∨   / |
                                                / /ニ/\___//:|ニニ| /     \     | /   /
       それでもお構いなしに彼女の身体に重心を傾け            | √√、 :::::::::::::::::::: |ニニ|        Λ       |/   人

1186名無しさん@狐板2018/02/12(月) 00:26:05 ID:pRLtv0rX
唇を奪え!

1187黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/12(月) 00:31:03 ID:K+IdcUkA

   「|
   | l r n             __/'"⌒´"''~ミ    _
   | l |_| l         /" /     \   f⌒\>―-
   l ヽ└'       /    /      {       rく \/-―- ミ  \
.  | lヽ \    _/    / /    |   \{  \{_     \  \
   | l  ヽノ  ''" /     { ;′  斗―--  { \ /  `丶、
.  |_j       /  |/"⌒{    j八_\  \ {(      \
   _「l「L. _   { {   |  / ≫ミ     |⌒7庁芥ミ {_{ \
  └‐┐i r‐┘  {人  いj/_)(:沁\ ノ  {乂;;;ンノ}\}八  \
     L| |    {  }  {{ 乂;;ツ.::/   ´^'''^~ノ    \  `ヽ、
.    └‐'      ///} /// 丶 //// __彡        ハ    丶
     n      //  从          -‐ァ    /  /{:::::}
.    U     /い / 丶   つ  u //   /  /  ゙;:::::
.      0      \{\ } \      j j   い  {   ゙;:::::       |
      O         } /  ノ>-‐≦{八_  Vノヘ    ト::::      |
              ノ厶イ  ノ   / {_⌒ヽ       j }      |       |
              />'⌒ン      /'"⌒\_   ノ  |  ノ       |
         _r―/こ/\    __ ィ";';';';';';';';';';ミミ /  }  |  /       |
.        _{;';';';/{>{ ___'"_⌒'" ;';';';';';';';'彡シ⌒ /   ノ ノ  /
     _{冖{>'⌒乂/ / 7>'';';';';';';';'_彡'"⌒    /  /  /
    {_/ /     >''"; ; _彡'"⌒厂 /  |  V   /  /         /     j
   /ノ //    _,∠;彡"⌒/     / /   l  /    /         /    /
   {/ /  _/ い j {   と⌒L/  {/'⌒>| /   /  /      /   / /
  { [ ̄ j_// j ノ ノ |__づ~     ̄     7   / /          { /
  乂 // { {_(⌒ ̄             }   /   / /      /      /
.   〈_ ノ_ん..:::::::::/   / ...:::::::::::/:://          /  {    /
  /  丁{\_) \∠:::::/:::::::::::::::::イ  /    /              / {
/    /い     \⌒~rー<ハ:::厂 / /     |     j         l
\    /:|:: \    ノ| |  |:::::/ / / /j    l {      {            l
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  ぁ………………


┃  ――――ベッドの上に彼女を押し倒す。

┃  横たわる織莉子の瞳を無言でまっすぐに見つめ、織莉子の方も視線を外さない。

┃  眼と眼が合った瞬間、心が彼女が欲しいと叫んでいるのを全身で感じられる。


1188名無しさん@狐板2018/02/12(月) 00:34:14 ID:pRLtv0rX
これは止まらないな

1189黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/12(月) 00:38:43 ID:K+IdcUkA


               __   ―――――< ̄ ̄ ̄ ̄\
.               /   /           \"´ ̄ ̄\\
            /     /       \      \      \\
              /                  \      \
          /       |                       |
            /    /   |      |\______     |   |      |
        /    / ______|/    ||  人 |     |   |  |  |
.         /    / |||  |  |抖笊芙ミx_  \_ |  |  |
      ⌒|  / /|.斗芹笊  /   )::r:ツ| rく⌒T'⌒ |  |  |
        |  ⌒Τ 人 V:rツ \{ .....´ ̄...ノ /::::| Y^}  |  |    \
        |    |    \:::::::::、::::::\::::::: / /::::/::/::/ ∨ |        |
.        / 八  |八  く⌒       /イ /::::/::/::/||ノ  |     |
       /  \{  \{⌒   r っ   /:::::::::::::/ノ  |       |\
           \| |  人     `    /:::::::::::::::::/     |         \
             | 人  个 : .. _      ;′::::::::: /   八|\        |  \
         丿  |\{人「\「 >-<|:::::::::::ィ  ノ}/    | \        |   |
                \ \   }   |:::::::::::::|/^~ ̄ ̄~^ く  \         |
             |\ | \ ノ    |:::::::::::::|           ∨  \        |
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  んっ………


┃  もう迷ったり、挫けないように利き手を伸ばして、顔に掛かった

┃  織莉子の髪を掻き分け彼女の顔を目に焼き付ける。

┃  くすぐったいのか織莉子は目を細めるがオレと同じようにけして目を離そうとしなかった


1190黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/12(月) 00:45:43 ID:K+IdcUkA



            | /  人 ////   、 ////ノノ    |     /
            | |    \__  r っ  .イ     | !     !/|
            |人.   个        个   人|     | :|
              \|Λノ\|≧-r≦|/ノΛ|/        |八
              __|    |__|        |  \
            ┌<二二∨     ∨二二>┐        \
             Λ二二二 {       } 二二二Λ          \
         Λ-\二二 { ___} 二二/-Λ  \        \
           / 二二 \二 \二二/ 二/二二Λ   \        \
         |二二Λ二 `''< \/ >''´二Λ二二|               \
         |ニニ/-=二二二 [⌒]二二二=-Λ二-|       \
         |二/-=二二二 /Λ \ 二二=- Λニ|\      \
         |ニ{--=二二/ / Λ  \二二=-Λ-|  l\       \     |
        Λ-∨-=二 {_/ニニ\_}ニニニ=-}ニ|  |          \     |
───────────────────────────────────────────────
【 織莉子 】  ―――――――――――――――


┃  それから数分、あるいは数十秒じっと見つめ合っていると織莉子の唇がゆっくり動く。

┃  声は聞こえない。こんなにも間近に居るのに聞き取れない程小さな声で喋っているのか

┃  あるいは最初から唇だけを動かしているのかは分からない。

┃  でも、織莉子が何を言いたいのかはハッキリと伝わった。


1191名無しさん@狐板2018/02/12(月) 00:48:19 ID:mXZ6oF+m
あ~

1192黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/12(月) 00:48:38 ID:K+IdcUkA










               い い で す よ ?








.

1193黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/12(月) 00:56:59 ID:K+IdcUkA


                      __/'"⌒´"''~ミ    _
               /" /     \   f⌒\>―-
             /    /      {       rく \/-―- ミ  \
.            _/    / /    |   \{  \{_     \  \
         ''" /     { ;′  斗―--  { \ /  `丶、
.           /  |/"⌒{    j八_\  \ {(      \
            { {   |  / ≫ミ     | 抖笊芙ミx{_{ \
            {人  い 斗芹笊   ノ  V:rツ . }\}八  \
           {  }  {{ V:rツ .::/   ´^'''^~ノ    \  `ヽ、
.             ///} //// 丶 ////__彡        ハ    丶
             //  从       ,  -‐ァ    /  /{:::::}
.            /い / 丶  `     //   /  /  ゙;:::::
.            \{\ } \      j j   い  {   ゙;:::::       |
                } /  ノ>-‐≦{八_  Vノヘ    ト::::      |
              ノ厶イ  ノ   / {_⌒ヽ       j }      |       |
              />'⌒ン      /'"⌒\_   ノ  |  ノ       |
         _r―/こ/\    __ ィ";';';';';';';';';';ミミ /  }  |  /       |
.        _{;';';';/{>{ ___'"_⌒'" ;';';';';';';';'彡シ⌒ /   ノ ノ  /
     _{冖{>'⌒乂/ / 7>'';';';';';';';'_彡'"⌒    /  /  /
    {_/ /     >''"; ; _彡'"⌒厂 /  |  V   /  /         /     j
   /ノ //    _,∠;彡"⌒/     / /   l  /    /         /    /
   {/ /  _/ い j {   と⌒L/  {/'⌒>| /   /  /      /   / /
  { [ ̄ j_// j ノ ノ |__づ~     ̄     7   / /          { /
  乂 // { {_(⌒ ̄             }   /   / /      /      /
.   〈_ ノ_ん..:::::::::/   / ...:::::::::::/:://          /  {    /
  /  丁{\_) \∠:::::/:::::::::::::::::イ  /    /              / {
/    /い     \⌒~rー<ハ:::厂 / /     |     j         l
\    /:|:: \    ノ| |  |:::::/ / / /j    l {      {            l
  \/. j:::| | \/  |:: l  l   〈_   / {     い       {       人
───────────────────────────────────────────────

┃  言葉は使わなくても通じ合える。

┃  お互いが自分以上に相手のことを知っていて、愛おしくて、それがとても嬉しかった。

┃  だからもっともっと求めあって、愛し合いたいと思ってしまったんだ。

            
                                       【 つ づ く 】

1195黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/12(月) 00:58:59 ID:K+IdcUkA

                -――‐-
.            /⌒           \ /
         /      ⌒`\      /\/⌒\
         /   /           \   ∥/   | |
.        /   /   /             /  |   | |
      /   |  /  ⌒`\     | [  |   | |
.         /⌒ | / | \|  | Λ |   | |
     |   |  |   | /x==ミ |  |  | Λ |      |         はい、導入終了!
     || | f笊  /|/ fr( Y  ノ  | /|     \
     |人   V\{    ヒツ И   ├ヘ 人 \    \       次はいちゃラブエッチですわよ!
.        ノ\〈    ///.八    | ノ / \ \    \__
        ⌒  /        /  \  ∨    \ \    \   ̄\
.          |/ Λ f)    ⌒7   / \ }       \__  ー――‐  \
       イ   Λ       /   /   乂_ _        ̄\    \   \
.         八  /{    ̄ ̄ //}/      //ニニ/          \         \
.          \八        ノ         //ニニ/   \         \ |  }  |
              // {      //ニニ/ // ⌒          ∨   / |
              / /ニ/\___//:|ニニ| /     \     | /   /
                | √√、 :::::::::::::::::::: |ニニ|        Λ       |/   人
                | .√√   ̄ ̄    |ニニ| |         Λ    / /  /   \
              √√ /||\ _|ニニ| |         /\ /  {  {
                  √ {_(_ノ⊥ィニニニニ| 人             \    \_
.               /二二二二二二二二二-|  |\          \ __彡'⌒
              /二二二二/二二二二二|  |     ____//
.             /二二二 V/二二二二二二|   \ / ____/
            二二二二{ニニニニニニ=-|    \/\     |
            二二二二{ニニニニニニ=-|  __,.厶 ''^~゚ ̄    \
             人ニニニニニニ>''^~ ̄ ̄                    }
             \ニニニニニ/ /                      ノ
              \ニニV/          j----―――‐……<

1199黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/12(月) 01:09:14 ID:K+IdcUkA



                      ,  ⌒ヽ
                  __    /      \
          _,  ´ - 、  `  {r  、    ヽ
         /⌒    ヽ  \    :.
       , /       :.        :.
.      / '    :     ト、   i   ヽ          i
     .,  .  ハ i iト    :.ヽ. |    i\     │
     ,..i  i メ、Ⅵjハ   :i j/ j/i   !  :ト、     !
.    .l   ´|ァ=ミ.ヽ.: ヽ  i! . ミ、  !, 、   .:.    i
     j! i .{l.ト、ヒソ Ⅵ/二Zナ | .メ /   ...!   :
.     ハト.}ハヽゝ , j./ r'::ンヽ} / / r' /   !    ハ      しかし変だな?元々は忙しい毎日に疲れた彼氏くんを
.   /  j ヘ.:| ∧  、 _  `´ 彡イノ __/__ /   / :i
    < ̄.从 |\  __  ,ィ// jィ/::::::::::\,'  ,' 丿     癒やすためにメイド服着て膝枕しているうちにコスプレ回になるはずだったんだが
       \ \ .ヽへ ( ([ ][]vv/::::::::::::::::::l'⌒〉
         ヽ 「l|ト.ハ./\/()「廴 !::::::::::::::::::::Y ノ        まるで別物に……ハッ!さてはドン・サウザンドの仕業か!!
         ||レ| |::/、/_/j 〈 |::::/:::::::::::::::|ヽ}
         /丿|ヽく \{ー /j::/::::::::/::::j  !
          |  / | \ ,ゝf/::'-‐:,:':::::::::::ハ |
         ',   /´ ̄ア7::::::::_/___:ノ_ ハ.
         ∧__ 7ー-イ_} `Y´        o|  〉
          \__7 (_{ に__  | _,. -―‐r-ツ,.イ::l、   'r~y' 7_::,.イ:::/
          /廴'、 {ムoヽ廴 「      |/:::/:::::\   ! / /   //
          廴ハ. \ 込 ヽ }|     ∨::/::::::::::::::>、レ'}L./__∠イ----
             Lム  ` ーマに:'!      }:/::/::::::::::/{.イ::::\:::::
                 '.    ヽヽ:l       l:::/::::::::::/  「 廴::::::\:::::::
                 '.    ヽ !      |:/::::::/    f⌒{::::::::::::::::::::::ヽ:::
                 '.     |       l:::::::/ /   _廴.ノ::::::::::::::::::::::::::ヽ
                  ヽ.    !     |`V/´ ̄_{::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::
                    ` ー‐'l      !/ __厂「`::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::
                    !__∠ -‐{_,ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::_,.ゝ-―
                        ト、.∠ -、__ノ:::::::::::::::::::::::::::::,. <⌒\ \_Y
                       r'⌒ン'::::::::::::::::::::::::::::::::::,. <  \ __,fヘノ/ _
                      _f⌒/:::::::::::::::::::::::_;.ィ_,.イ r廴__ノア´   ∧_r
                   (__,.ィ⌒ 7丁/ ̄|l  _ノ⌒  /     厶「
                    rく  / / 廴___入__ノ    /     /
                  ゙ー/⌒⌒⌒´        /     /
                   /               /     /

1200黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/12(月) 01:14:43 ID:K+IdcUkA


                 _,ィ、  ,r、__
                ,.ヘー'´  i `´/  `i_       _
            /ヾ、 ヽ、 i /   /ヽ   ´  /ハ
              _ィ、〉   > ´ ̄  ̄ `く  ,ゝ、/  { {
          }、 ,>'´        、  ヽ./`ヽ    .i
          ┌! /  / ./ i i     ヽヽ ヽ   }  _{、
           .Y/ / ., . ! | |       l i  ',__,.ゝ   ノ
           ,' / i{  ! | l      | l  i iV     i
            レ'i  i{  | | |      j ||  i ∨  |
            |  iレ! 、ト、Nト、..l、 .i ,イl ノ,イl ./i|i }i!    |   【 緑 】は癒やし 癒やしといえばメイドさん
            |   il 'i´`j、  i V "i´`iヽ.イ !/ i   |
             .ノi   i人 i__ソ..\|i  .i__ソ/'´} |/!    !   メイドさんといえばご奉仕プレイ!
          '´ i トi >///  '  ///厶, ' i! i!    |
            人_{ \{ヽ' ´ ̄ ̄ ` く.i/ ∧|  !    !   そうやってエロに持っていこうとしたのだが
         __,ノ レ'ヽiハ /             \}'´ ̄ `ヽ、
    ィ´ ̄/    ,べY              Y`i__    \  .欲望の突き動かされて黒マント得なシュチュに………!
    〉/    / , 、ヽ           /_`ヽ\    \
   ,ィ'ん、  / ! '´__ ヽ           /´__,. ', \   ァ'` まあ、いいか!
   `ヽ、/ー'   /!   __`ヾ!          レ'´ _,.  !  \ i
    /ー-ィ、 ィ__!  ___`フ         / ヽ二  /7  _i弋
   /    辷j  !   ヽ      / /    /  / }  j´  〉
    ヽ、   冫 ヽ__ュ_y\    /   /     /ヽヘ/え´   /
     \'´` `}ー-、_,ゝくi ヽ、 ____ ,. イィ_,、  __う'´__/
      , `>ャ,`Yー-‐'^ |ニ=ー-   ー-/  `^7   ,ゝ、ヽ
    ///  l !     |           /    }   / | iハ_j
   く///f´ ̄l/      |          i     y /-、| |
      // | ┌ヽ.     / `ー-='´ _|     /`  | |\
    i l   | ,ゝ,ハ  /         ´,ハ   /〉    レ'   ヽ

1201名無しさん@狐板2018/02/12(月) 01:15:27 ID:gcHQGWFq
(後でどっちも書けば)えぇんやで?

1202黒マント ◆8alnqWF4MNwa2018/02/12(月) 01:19:35 ID:K+IdcUkA

                       ___
                   >''~       ``丶、>-<
                   /                \⌒  \
                /    /                \    \
                   /            |   \         \
                      |     |     \   |       |
                      |     |          |       |
              /     ∧      :|\ \      |       |
               / {    :/-‐ヽ"   :!‐-\ \   /   |       残念だがメイド服のAAは少ないから
               /イ八   /抖羔ミ\  |斗芹笊〉  ∧  |  /
                \ 《 Vrツ  \| Vrツ /  / }     |     禁断のコスプレ衣装即脱がしをせざるを得ないのだ!
                   | \圦// , ///{  :{  :|     |
                   |八  |\   _ _  u/从 从__ !   . 八    では今日はもう寝ます。おやすみなさい!
                     /从{  >    <   ∨  `ヽ    \
                         ̄    /       ‘,     ',
                   /      ̄ ̄\  /              }
                    {                   {  |     |
                                      ヽ |  |
               ‘,           `ヾ         ', |  |   |
                  ‘,   Y          ',        :|  |   |
                     ‘,   {               (:::ォ      |
                  ‘, 八    ....    }、    _ ノ }|`ヽ
                     >   \. .. :::rォ::: ノ-‐'' "´  ノ  }  /
                    /  ‘,  ` ー  ‐ ''     ,. ''   | 从 /
                       \       ,.  ''"\.}   !  ∨
              /        ` ー -''"        \  |
                       \ : : : : : : /          \
             {        ヽ.: : : :./
             |         ヽ:__:〈            ヽ

1203名無しさん@狐板2018/02/12(月) 01:30:03 ID:gcHQGWFq
乙でしたー
少ないのか、残念

1204名無しさん@狐板2018/02/12(月) 10:42:01 ID:wXY/X5Kk
おつー

関連記事



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

記事ランキング(24時間)
記事ランキング(1週間)

copyright © 2023 やる夫エロ本棚 all rights reserved.

   Benri-navi by myhurt  Template by FC2ブログのテンプレート工房