理解が信仰を殺した話


4146◆2OV9DPwD8g2020/02/11(火) 23:37:46 ID:fcrMmcsQ

                     .  †
                       ∧
                      ./;' ヘ,
                     、_/,: ,、゙.ヘ._,,
                     i゙7;' li^il ゙Vi
                     レ´l ̄ ̄`ト、:
                    〔;'´l ̄ ̄`ト、〕
                     | |    | |    _,。/)     パタパタ
           ╋        |^i| r^'i |i^|    `ー'" _,。/) _,。/)  バタバタ
           ┃        |ヒi| .l韮l .|トi|        `ー'" `ー'"    パタバタ
          ./\.       | |     :| |          _,。/) _,。/)
         .//\\.      i幵iェェェェェェェェi幵i         `ー'" `ー'"
       .//   \\.    冂| ̄ ̄ ̄ ̄|冂
      .//  .仝.  \\.  | |l  ∧∧ l| |             _,。/)
    .//    i燹!    \\.! |l  目目 l| |              `ー'"
   .//            \\.|l .且且 l| |(;;"'',,,;;゙);;゙)
  </               \> ..  (;;"'',,,;;゙);;゙);;;:::::::Y:;;;;;:::ヾ
   |                   |   (;;;;;(;;;;;;;;;;;,,):::;;::::,,, ;;;;,):;,,)
   |       ,r'全ミ、       |  (rill;;::(;;;,,,, ,,,;;ヾ,,,,;;;;,,;ゞ::::::)
   |       |田l田|       | 丶;;;l;;;;il;;;;;,,, ;;;;;;;;;; 、'゙,;;, ,,;;)::::)::)
   |       |田l田|       | ((;;;;;;;;;;(リ;;;;;;,, ;;;ノ ;;;,,,ゞ;;,,,ゞ;;;;)
   |       |田l田|       |巫巫 ゙'''''';'レ;;;li:;;ヾ゙~ ';;lii;_ヾlii;ヾ
__辷辷辷辷  iニニニニニニi  辷辷辷辷辷... ヽ;ii;l;ツ `!ii,|゛Y:;iツ
辷辷辷辷辷 iニニニニニi  辷辷辷辷辷辷 |ll|i;|  lil;| |:;|
.... ..  .:.:.:. . .   ,,,    .. .... ..  .:.:.:..: .:.:. .  ..l;;lii;l, 、y;il;l、 !:;ト、.:.:.:.: .:
.... .:.:.:..... .. .... .. .. . ... :. .:.:.:.: .: .... .
.. . ....... . . .. .... ...:.:... .. . .   .. .:...:... .. .  ..    .. . .. .... ..  .. . . .
     . .    ....  ...      . .  .      ..... .  .. .

ここではないどこか。

神がいて、奇跡がある、祈りが天に届く、満ち足りた世界。
.



4147◆2OV9DPwD8g2020/02/11(火) 23:39:18 ID:fcrMmcsQ

                 、yjソ从イイイイツツ:::::::::::::メ
                トV /イ从从イイイイツ:::::::::::::ミ
                     ミミヘヘ//从从イイイイ辷=:::::::ミ
                  Zミミミミ /イイイイ--ーz三ニ=::::::ソ
                  彡,イ`¨''´      `Y彡r-、::{
                / jミ、__  f==-<_/Yイ「 )j
                    `Y =キ⌒{ ==y'   r / }     「神は我らの祈りを聞き届けてくださります。
                       人__/   ゝ__ス、  ,;;Yヾ }
                         トー‐`    \/  ヾ}      神官たちの奇跡こそがその証です。
                    ヽt-ー- 、 ミ/     |
                     ヽ''''   ,;シ      |ミヽ   神は世界を創り、我らを作り―――」
          /ヽ         rー{¨Y'ヌシ'''     >イ  }、
            / ._ム-ー-、----''¨´\  |┐   ┌‐:::¨/     > 、__
.          / / ィ-<.    ||  \ヘ::|----|:::::/  彡'l´     `
        レ' / ,、____).   ||   l^l|ー-‐‐レ.l^レ'¨´  ||
         /    / 、 \.   ||   <ニニ>。。。。<ニニ>   ||
       , |     / `ヽノ  ||    {_}|     | {_}     ||
        / .|      ,イ_ノ   ||    |,   |     ||
     /  .|     (      ||    | ' , ,' |     ||
.     /   .|     |     ||     |.  ||  |      ||
    /   .rf、    .}     ||     | ==||==|      ||
.   /  ___|:::::ヽ、____/.     ||    |   ||  |     ||
  /  人/:::::::::::::::::::::::〉    ||      |.  ||  |     ||                ___
. /  / ヘ:::::::::::::::::::::/.      ||     |    |     ||            __  /  |~|
../   {   ヘ:::::::::::::::人'''''─--ム======j     ム======ツ----‐‐‐‐'''´    /ヽミー---ム|
⌒ヾ、 |    |:::::::::::::j/∧ー-、       |、      |              /     >---イ
  j .|    |::::::::::::j///|  ヽ      | ヽ   ノ  |               /     /:::::://
 ./  |     ヽ:::::::::////|   .{      |zzz`y彡zzz|              /    /:::::://
/  |     ヽ:ノ///|    ヾ    | l| ||.|| 人|         /     /::::::://
    |      ¨¨¨  ∧         j  | ||.||   |         /     /::::::://



        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (一)  (一) \
   |       (__人__)    |
    \      `_⌒ ´  /
.    ノ.,.,.,.,.,.,.,/ )ヽ.,.,.,く
   (;:;:;:\;:;:/|_ノi );:;:;:;:)
.    |;:;:;:;:゙;:;:;:;:;:|;:;:;:|;:;:;:;:;:;:/
    \_;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:|;:;:;:;:::ノ

司祭の説法を聞く一人の信徒がいた。

彼の名はやる夫。

地位は低くとも、信仰心は誰よりも強い少年だった。
.

4148◆2OV9DPwD8g2020/02/11(火) 23:40:05 ID:fcrMmcsQ



   やる夫……やる夫……

     奇跡を使いなさい……



      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ    「へ?」
  l    |r┬-|     l
  \   `ー'´   /
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l

そんな彼の元へ、御告げが下される。

それも、水が砂漠に吸い込まれるように流れ込む『奇跡をうまく使う知識』と共に。
.

4149◆2OV9DPwD8g2020/02/11(火) 23:41:44 ID:fcrMmcsQ

         ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
         フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
         ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'
         "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,
         /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,   「どうしたのですか、やる夫?」
         ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ
         i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/
          \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"
           \,'l..     "':::;;;'''""     i''
            "l,::..:...          ...:::l
             l:::...::.. -‐ - ""''' ..:.::/l
             'lヽ、.:::...  ""   ...::::/ .l
              l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l
            ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,
             l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l
            l;;,"''ー-::;;;;;;;;;;''  _,,,...r'':::::::;;ー;,,
          i''"";ii;;:::::::::::::;i::i:ヽニニン,i,;:,:::::::::::,;l'::ヾ:'i_,,
 __,,,,,,,.....:.....,i"::::::::::::::;ii;:"'t.,::::::::;;;l   /:::::::::;;;;::i'i::;;:::ヾ:::::ー―- ...,,,,,
:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::.ヽ.::;;ii;:::::::';,-:::::;l_,,../;;;'"::::::::::;ii;:::::'"":::::::::'''""''::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::;,,:::::::;;,,::::::;ii;,:::::'":::::::::::;;::,;::::::::::::;;::i;iii::::::::;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::



      ____
    /     \
   / _ノ  ヽ__  \
 / (● ) (● )  \   「いえあの、いま、奇跡を使えってお告げが……」
 |   (__人__)  u   |
 \   ` ⌒´     /
  /  (__`ヽ、   u \
  \|  `\ \___ノ  |
   |    \___/ |
   |           {
.

4150名無しさん@狐板2020/02/11(火) 23:42:13 ID:4uf4fwFP
奇跡をうまく使う…ああうんなるほど

4151◆2OV9DPwD8g2020/02/11(火) 23:42:28 ID:fcrMmcsQ

.             、 ィ -=ニ -=ミ 、ヾ  、    、 ヽi{ ,
          _ ≧=- ニ=-  -=ミj{ハミ   \   \ Ⅵ }!
.         ー=ミ=-- , -=ミ三三辷=- 、` ̄`^´\ 寸'/__
         ノニニ/, ヽ  } 、㌻´ ̄    __  、 ヽル'⌒ `
.     __∠二二! ′_}   \    ´  ̄ ̄\ }! |/⌒
     ヽ∠二二二| マ_/       \        _ ヾ! |
.      ∧``````` ', ^/       \   ,ィ ==ミ_}}! l
.     /∧      `7_,          \_i{i{ rッ 仟‐'   「なんと!?
       /∧      /‐==ニ _      `尨´ 〃 「ノ
       //∧     ,i{-=== /ィニ=-    找少   |     早速使ってみなさい!?」
     '///∧  /∧-‐=='  ,ィニニヾ `く    |
     /////l   //∧-‐==  i{辷=- 、\__ヽ__ 」
     /////|   //∧-‐==  ヽ  ̄\_ィ-′
     ∨///|     / / 、-‐==='     `フ
.    ‘, ∨//|____/_/込-‐==‐ '  /
       ',∨/辷=' イ   マム` -==‐' /
       ',∨ ////|!   マ,ム   ̄
.         ',∨,'///|!     i}/Λ
          ',∨,'//|!     i|//∧
        ',∨,'/|!     i|////\



        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (●)  (一) \   「は、はい。
   | u     (__人__)    |
    \      `_⌒ ´  /    えっと、『神よ、我らに日々を生きる糧を与えたまえ』……」
.    ノ.,.,.,.,.,.,.,/ )ヽ.,.,.,く
   (;:;:;:\;:;:/|_ノi );:;:;:;:)
.    |;:;:;:;:゙;:;:;:;:;:|;:;:;:|;:;:;:;:;:;:/
    \_;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:|;:;:;:;:::ノ

この世界において、お告げが来ることは奇跡を使えるようになる第一歩であり、司祭や司教になれる条件だった。

やる夫が祈りを捧げながら『知識を元に奇跡を使う』と―――
.

4152◆2OV9DPwD8g2020/02/11(火) 23:43:13 ID:fcrMmcsQ

                              ___00  __     ∩  ∩  ∩
                              | ∟ └┘/7  ∪  ∪  ∪
                              |_厂   <ノ   ○  ○  ○

                                           ___
                                  _,,,,,,,,,_     {n_}
                      ,,,x-─''''''''''''''''ー-─く,,,,:..:.:::..;~゙''',二区い}つ
                     ,z'~:; 彡;:. : .::.;'':::.. ,,:.:;''..:.,~ミt、:::;;t~   {こ} __
                   ,,,イ~ .;:`メ:;;...,'',:::..:::,:..;::::..;:. __,,,,,;;;;,二ュ,,,,,,,,,,__{n_}_
                 ン~;: ,,:' ,,,:::,':,;'::゙;;';;:...:::.'';::.,;:: ,r'~ `". ;:... .::::;;,;::,:'.:,,,;;;}い,}二)
   __,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__      A彡ノ,''. :: ' ;,:.::, :::,Zx,,:::';;`,:;  ,::,;..゙:: ';: ..;;::..,;:: ::;r''~,,__ 込}
  i<___>!    ∧,、{米ミ,,:.: ;:;.`::.;,'':...::'';''::,,ノヤ; 炎';;,.:. ::::,:.. :.;;:...;;;;/Y,,, i巛),
;;;;;;;;k,,;;;;;;;;;;;;;;;;;,,-'|__ノYて){ミ;爻i;;;.::;`:.:;;:.;;r‐'''~ ,,;ジ::,: ::,;; "::,,::';;;;;;;ッぎテ~..';;;ア(')}心ュ,,___________
..:. .|: ;::.. ; :::l:::.:|  メヾW个`=ベ-ェ、,,;.:{;,,. ;=~~'''ュ,,,;,_:::.:,':...::,;===''~.:::;;;ソViYY)K)Ei゙ヾ,、 .. :.. :::...:  :  ..:....
. .: .|: L::. j ::|;;:::|.  .いYソヽ/A(Yい)V台、>-、,,,,. ,:::,:..,;;~ヱ;;;,,,:::::.、、=X〆()のr、iミ}Tノル/゙j   .. :    ::..
 :. . {・;;;;.::,,;;..;;.....}   i`ヾ、、i^rひMべTノ のl'*=z=爻m≡'∧ひ,六俎ミどヾ)メ2ノハ)=ィ",ノ  _,,,-‐'''"tュ~r-ミニ'‐-、,,,
..:. ::.人,;;__;;;ソ;;;..:_ `-、`ヾ、ッニ士t),;豆ZY)亘ミメX)rYt川广}ハir、tわ&YO,,=-'~,,-''~  i'  (,_ 々(コ/´ ::;}J  ,; .゙i
 . ; .`''''':; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;,::. .~`-=,二二二二二二二二二二二二二二二二二二,=-''~ ...... .. .`-、,,_   `゙'"~  __,,,-´
 :    .  '''';::::::::: ::." ::."  .   _,-'''´,;::::   〔 ;';; .;}}:〕:::..  ;;;;;`'''-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;:;;:::;;;;::::,.::;  ̄~~~~~~~ ̄:
サ三三ミぇュ、-、、      :    { .::. '';,,.    {,;_ :.::;}}:;} .:::.  ;;;   };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::.....::.
<二二ニ==-'' `i; .:  ... : .:.   ゙‐、,, ::... '' ...........~.........~....::.::: ;;;;'' .,,‐'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;::.;;:;;;::::::.;:.:......
,,,,___,,,--''''~~::   :    ::.  .::.  `ー、,_         '''''' _,,-'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::.;;;;;;;::::::..:.:::.:::
                       .:::.''':;; ̄ ̄~~~~~~~~~ ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;::::::::..:.:;:.::
                   ...  :::..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;:::::::''"'
                        '''""'';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::..::::::.;::::::..:::..::.::..

―――突如、やる夫が思い描いたとおりの料理が現れた。



                   ,,  、、 ,
                  、、 ゛  __  ' ,
                 ,'   /^ ≡^\  丶
                  ;  /(@)≡(@ ) \  ;   「ひぇええええ!?」
                 ; /::⌒(__人__)⌒:::\ ;
            ,'  | u  |r┬-|    u | _
               ;  /´ ̄``゛)- .‐    /  '、,
                ;  |   ̄ ̄        ̄)  、
             ; |            | ̄ ̄    ;



、ー-、=ミ 、\ヽゝ、  〃
>≧ ` ー-、ヽ :. `Y jイ
    ̄`ミ .、   \  リ ハ
´/  Zー- ミソヘシヽ .!__ノ
彡'´ 彳´ ゞ=ミ、 ヽK, ノ┘
/ノ     .>=ミj i|j,イ彡
Y´ ̄ヽー-<!.::(・) !__,:'⌒Y   「おおお!これぞまさに奇跡!
.j }::)   ::. ゝ-- ' 人__.ノ
ヘ.ゞノ rヘヽ  Y、  〉/     やる夫!あなたも司祭に、いえ司教になれるやも知れませんよ!」
j,:`リ    ト、_____`二,'
::レ゙     \+-+-+-{
ミ:.、   `ー ̄:..´ ̄,ノ
"'''- .._ヽ彡ソ,, ,,, ,,, ,|
////// >z、`ー=チ
///////////>z、\
/////////////} |/
ー.、//////////| |}、_
///\////////ハ :./// ̄\

この世界では大きな奇跡を起こせるほど高い宗教的地位につけることが常識だった。

やる夫は驚きながらも喜んだ。神に見出されたのだと。
.

4153◆2OV9DPwD8g2020/02/11(火) 23:43:47 ID:fcrMmcsQ

        _-─―─- 、._
      ,-"´          \
     /              ヽ
      /       _/::::::\_ヽ
    |         ::::::::::::::  ヽ
     l  u    ( ●)::::::::::( ●)
    ` 、        (__人_)  /
      `ー,、_         /
      /  `''ー─‐─''"´\

だが、その喜びは長続きしなかった。

御告げは何度も繰り返され、そのたびに『奇跡を理解』し、

「奇跡とはただの技術ではないのか?」という疑念が湧いたのだ。
.

4154◆2OV9DPwD8g2020/02/11(火) 23:44:44 ID:fcrMmcsQ

               -―─- 、
           /         \
        /⌒'  _ノ   \  (⌒ヽ,
.       /  ′ ( >)}lil{(< )o.\ 丶
      {  { 。゚ (__人__)   ゚  }  )
.     \ 、   |!lil|!|!l|   ; / /
        \ ー |ェェェェ|    /
         7         l

その疑念は何度も何度もやる夫の信仰心を揺さぶった。

「奇跡は神聖なものではないのでは?」

「神は何かを隠しているのでは?」

他の神官たちにそれとなく探りを入れても、『知識』を流し込まれているのはやる夫だけだった。
.

4155名無しさん@狐板2020/02/11(火) 23:45:08 ID:4uf4fwFP
教会の盲信力教育がうまくいってないよー

4156◆2OV9DPwD8g2020/02/11(火) 23:45:54 ID:fcrMmcsQ

 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

そして数十年の時をかけ―――
.

4157◆2OV9DPwD8g2020/02/11(火) 23:46:27 ID:fcrMmcsQ

              _,..。zzzzzzz;;.、
               ,..ィ/匆匆匆三ミミミミヽ、
              /洲≠≠≠ァ三ミミミミミミヽ
          /'''"     牟ミ/`ヽミミヽi∧
         ,'  ,.z=≠¨’  ゙'ゞ ノミ!Y、ヽヾ'.
         { f㌢,.ィi"      ゙) /ミミヾヾ!
          ヽ ゙f《l}ン′      トイ州州ミl}
.           / ゙'´   ,.-、    | . |州州ミ!    _,xf斥芋ミミ   「ご就任おめでとうございます、教皇猊下。
         /  _,   ,フi }.     | |ヾミミツ7ュ、_x斥芋ミメ洲lミミ
            'ーァ'_,.ィン′    ,.ィ l_¥,z≦ヒンミミミミミ芹芋ミ    ささ、教皇の座へお座り下さい」
           `ヾt′    //,z≦圭圭}{ミミミミミミミミ爻爻ミ
               ヽ  ,.ィ佳圭圭圭l㌣价ミ洲洲ミミミ爻爻爻
                  ゙ー'7圭圭圭ミ㌣ィミl)ノ≠シ,i.イ圭≧三ニ≠
        //⌒)!      ,.ィミ圭圭≫"i。(゙YfへY!イ圭圭圭圭圭≧
        {:{     _,.ィ7/=圭///rヘノL三i.イlミ圭圭圭圭圭圭圭
       ヾミ=-''ミ/イ}リl/_圭//lノ八ドl/圭圭圭圭圭圭圭圭圭
    /(  //圭/YY)/__/ソ/))ツi}l/圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
   ((  ノ//圭/川/__/圭//()゙//圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
ニ二三、ミ三f圭/ゾ/=/圭//(Y((/ミ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
ー=ニ二ニ/圭'///''/圭lf//λし/圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭㌣
//て三/圭ノ/::/7:::圭lf//ミY≫iミ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ソ'"
/(川ミノ::/:lニ゙ ニl圭ソ/≫イ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭㌢
彡ソンl//圭:::://::圭圭レ佳圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭㌣’
彡'圭//圭:::://::圭圭圭ソミ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭㌣
圭圭圭圭圭圭圭圭/ ノ圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミ㌣
圭圭圭圭圭圭圭l/ __ノ佳圭圭二ニ弌圭圭圭圭ソ
圭圭圭圭圭圭㌣::/i      );;;;;;zzイ圭圭圭㌣
圭圭圭圭圭≫i::::"-へ ´ ̄ ̄)_;:ィア圭圭圭㌣
圭圭圭圭圭/ (::::::::::ノヽ -‐''"´ )::ノ圭圭圭/   【枢機卿】

―――やる夫は教皇になった。
.

4158◆2OV9DPwD8g2020/02/11(火) 23:46:51 ID:fcrMmcsQ

        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: : : : : :|/|            |/|: : : : : :|     |  |: : |
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: : : :  |/|     |     |/|: : : :  |     |  | : :|
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: : : :  |/|     ┼     |/|: : : :  |     |  |: : |
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: :    |/|     |     |/|: :    |     |  | : :|
        | ヽ |_|_,;,.:. -‐'':::|    |/|: :    |/|    山      |/|: :    | ‐- ...,,,_|_|/|
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: :    |/|  /><\    |/|: :    |     |  |: : |
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|     |  //  .\\   |/|     |     |  | : :|
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|      ∠エエエエエエヽ |/|     |     |  |: : |
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|      |_;;l|        |_;;l| |/|     |     |  | : :|
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|      |_;;l|____|_;;l| |/|     |     |  |: : |
        |  |  |: :∧ :∧ :|    |/| /\ |_;;l|____|_;;l| |/| /\.:|  , 〈〉:..|  | : :|
        | ヽ |_|_,;| ||-| ||::|    |/    |_;;l|____|_;;l| |/    ゙:|‐ /(_,||ィ:|_|/|
        |  |  |: :|_||: |_||::|            |_;;l|____|_;;l|        | |.┌|ト( |  | : :|
        |  |  |: : ||: : ||: :|            |_;;l|____|_;;l|        | \|:|| . |  |: : |
        |  |  |: : ||: : ||: :|            |_;;l|____|_;;l|        | rrー、|| . |  | : :|
        |  |  |: : ||: : ||: :|          /_::/| :+: :+:  |!_;;;!       | ト|-:|:|| : |  |: : |
 ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |: : ||: : ||: :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.| ::l| :| :+: :+:  |:| ::ll:..  ̄ ̄ ̄| | |:::|:|| : |  | : :| ̄ ̄ ̄
────|  |  |: : ||: : ||: :|─────:| ::l|/| :+: :+:  |;| ::l|::───‐| ヽV::[| : |  |: : |───
 ̄ ̄ ̄ ̄ \ |_|_,;,:.: -‐'''"  ̄ ̄ ̄ ̄ /エ7|/'⌒⌒⌒⌒:|:|エ| ̄ ̄ ̄ ̄゛'' ‐-: ..;_|_|/ ̄ ̄ ̄
                          〔三〕イ  ´  ´  :|〔三〕... ... .. .
                           |  |/|三三三三三|:|  |:::::::::::::::::::::.::....................
                          〔三〕/         ゙〔三〕::::::::::: :
                      __________
                       / /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , |  |:
  ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ / /' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , |  |: ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄
───┬─────┬───f -f '-, ' , '-, ' -, ' -, ' -, '|-|───┬─────‐:r───
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / 7 '",""' ,"' ,"' ", . '" ,"T" |: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \        \ _,,,... -‐'/  /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' |   |: _,,,... -‐'''"~        \
    \  _,,,... -‐'''"~    ./  /' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , '.:|   |:   \         _,,,... -‐'''"~
_,,,... -‐'''"~    \      /  /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' :|   |:     \ _,,,... -‐'''"~\
 \          \ . /  /' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' .:|   |:_,,,... -‐'''"~         \
   \    _,,,... -‐'''"~ ./  /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , |   |: \          _,,,... -‐'''"~



                 )i☆i(
               ;O; ;i|*|i、 ;;o;+、;;O+;
                |ii、;ii'゙゙'ii;;、,ii゙i、,ii''i,i|
                |li゚)||◯||(゚oX・|O|i|
                |''゙゙+''゙゙゙'+''゙゙*゙゙''+゙゙|
                ゙!!ー'ー'ー'ー'ー、!!゙
               /―   ―   \
              /(● ) (● )   ヽ   「……ありがとう」
             |   (__人__)        |
              \   `⌒ ´     /        (ここが終着点、か)
             __/7、 ー , -―ニ-=イ/`ー --- 、
.          /´:/ /  ヾ;;;;//    /          ヽ
          /  :/       /       /         :',
.        /  :/    _/   .:/ :/            :',
        l   i{         :/:.:イ       .:/    .:',
.        l   :|ヘ、       .:/ :/:||        .:/    .:',
          l  .:| ||` ー―<´_/   ||      ..:/       .:'.,
        l  ..:| ||          ||     .:/         ..:'.,
.       l   .:| ||ト-、  , -イ     .||    ..:/            .:ヽ
       l    .:| ||レ-、Y´,--_!    .||   .:/            .:.\
       l     .:| ||   | |        ||   :/               .:.\
.        l    :| ||   l l       ||  ;':                    .:.\
.       l      :| ||  |l         ||  i:.                  .:.ヽ、
       l     .:| ||  ! l        ||  l:.                      .:.':.,
     l      .:| ||   | |        ||  l:.                   __::,、〉
     ∨;ヘ   ! ||  l_!         ||  l:.                  _ノ;;;;>"´
.

4159◆2OV9DPwD8g2020/02/11(火) 23:47:31 ID:fcrMmcsQ

                                  /\
           r、_          (Ψ)           ∧ .|  /l\
              トイ  <,>  //>=<ヽヽ       | | |  | | |
             (,)   (=)  |_|´ ∧  ノ_|       | | |  | | |
               !|   zVz (YくV) l (V  }         | | |  | | |
                l.|   ||  ll´ニ二二ニヽ、     ,∧l⌒l |  |_| │
                |.|   .||  《--―――--〈    .l ∨  | |/ | .|   ドサ……
                l |   ||   /一 ー-   ヽ   .| |  |__ /|  |
                | l  .||   ( ―) (―) /⌒丶 | |    ./ |  |   (思えば苦悩続きの人生だった……)
               | |  ||   (__人__) ./   ,、 \.ノ   /  .|  |
              | l .||     ヽ⌒´ //\ /ゞヽ_ノ   /   |  |   (神よ、私はあなたへの信仰を保てましたか?)
             | | ||      `丁    `´   | ヽ /   [二二]
            | |,、l|     //         | /      |  |
            r-、 ,l\   / /           /       |  |
             {ニヽノ、 l   | ,/          /         .|  |
               ヽ「| /ノ\ // r―――<´          |  |
             |.l/    >/  l ┌―――――――――‐┤  |
             | l|、  // __/ll┴┬――――――――‐┤  |
             |_l! \/_/ /::::| |  |      ^\/^\/^\|   |
             (ζ)  / / :::::| |  |      ||    ||    l|   |
             ゞ' // :::::::| |  |      ||    ||    l|   |

やっと終わった。

やる夫はそう思った。
.

4160◆2OV9DPwD8g2020/02/11(火) 23:48:19 ID:fcrMmcsQ

  。    :::::            *          *
      ::::;;::::  。       o   。       o  ゚  ゚
      :::::        。           。           。
   ゚       .   ゚    ::    .   ゚    ::       +
 *           *    ::;;::  ゚   *    ::;;::  ゚  ;   ;
   :::   。    ゚     ::;;;::    ゚     ::;;;::   ` : ` ::  :::;
           *    ::;;;:      o     + :: :::::
 ::  ,    ;    ;  ::::; :::::        。           .   ゚    ::
. 。       o  ゚       .   ゚    ::            *    ::;;::  ゚
      。       .       *    ::;;::  ゚   。    ゚     ::;;;::
 .   ゚    ::     . 。    ゚     ::;;;::           *    ::;;;:
   *    ::;;::  ゚  ;       *    ::;;;:       ;    ;  ::::;
  ゚     ::;;;::   ` :.  ;    ;  ::::;            o  ゚
o     + ::  ,    ;    o  ゚           . 。

だがその夜、やる夫は不思議な夢を見る。
.

4161◆2OV9DPwD8g2020/02/11(火) 23:48:51 ID:fcrMmcsQ



   やる夫……起きなさい、やる夫……



       ____
     /ノ  ー_\
   /( ー)  (●)\
  /   (__人__)   \   「ん、んあ……?」
  |     ー-u'     |
  \         (^ヽ  /
 / ⌒⌒⌒⌒⌒~  )
//######/ /
.

4162◆2OV9DPwD8g2020/02/11(火) 23:49:16 ID:fcrMmcsQ

    / / /    /   ! l        l !   l   !  ! !
    !/ !     l   | │        l |    !   ! ! !
   l l  !    ! ___ ヽ ヽ、_    _ ノ /    |   ! l |
  /´!  !     !´ __ ヽ \_ ̄ ̄ __/_ ̄ `ー!   l  l !
. /  !  !l    lニ-‐‐ 、\    ̄ ̄ /_ノ二 - 、|   |  ! |ヽ
 l  l  |    !人-|‐ト、_ `_‐─‐‐‐'_,-'∠」_ハ_」   |  ! !r'l
 !ヽ !  !  イl 、_、ニ==、ト-ニ二ニ-イニ=l-ヒ,_トl   l  | | l
 ヽ ヽ!  l l  | |'´i イ、 j i lヽ ヽ! lノ'´/i イ、 j i 〉l !  !   i /   「私が誰か、分かりますね?」
  ヽ !   ! !  | !`,、`ー'ノ   _ノノ   ヽー'゙,' '/j|  |   |′
   l !   ! ヽ lヽ  ̄´      i     ̄ ´ 〃il  l   j|
   | l   l ヽ ゝ `ー       | i     ‐'´〃  l   !|
   l !  ヽ ヽ\       、 ,`       ノ l   !   j !
   ! !   ヽヽ ヽ-ゝ=-     -     ‐=イイ /  l   l !
.   |  l   ヽ `、 \    ´ ̄二 ̄`    ///   |  l  |
.   !  l    ヽ ヽ  lゝ、        , イ、//   !  ! ! |
   l  | !  !  lゝ ヽ〈\ `ヽ、_  _,. イ_,-リ / l  /  l ! l
.  !  l l ! |  ! ゝヽハ二ヽ、 ̄ ノ二,.-´〃 / /  /  ! l
  |  l | ヽ ヽ ヽ  /ゝ ─'`r' ⌒ヽ―‐/ヽ_ / /  /!  ! l
  |   ! | ヽ ヽ  ヽ´    人__人     / /  / |  l  l



            ____
          /      \
         /─   ─   \
       / (●) (●)     \   「……神」
       |   (__人__)      |
       \   ` ⌒´    _/
        / l        ヽ
.       / /l       丶 .l
       / / l        } l
     /ユ¨‐‐- 、_     l !
  _ /   ` ヽ__  `-   {し|
 /          `ヽ }/
            / //
  ,,, __ ___ _/ /_/

やる夫は直感的に分かった。

このお方こそが自分に御告げを下していた神だと。
.

4163◆2OV9DPwD8g2020/02/11(火) 23:49:52 ID:fcrMmcsQ

          / |  | / /\___
           ( \ l | //\    \
           >‐-,->-‐‐‐\  l  \‐、
            i   | >---、 ) / ∧ \\__
          l  人/    /ソリ/ i  .ヘ-= \
            l  弋l     ノ / `>|   .ヘ  /
.           l  、i``ヽ‐--‐'´ /、ヾ、ノノ ノl  .ヘ  |
         |  レ' |-\ ̄  | イ示〒ミ、l l  l  l   「あなたには知るべきことが二つあります。
         | l  .|イ示ヽ、  ヽ、ゞ=ソノ l /  .|/l
         | ヽ、 ヽゞ=ソ ``ヽ'    ノ l  |  |    これらは代々の教皇にも知らせていたことです」
         |   \ミ    `      l_|  .|  |
            V  ゝ、ミ    , -    .イ|   |  .|
          V  ヘ  \      /.||   |   |
          / V   ヘ   介 、_ /─./   .|   .|
           /   \ .ヘ   |::::::::|=|:::::://  ./   |
       >-─-=ニ\ ヘ . |::::::::| .|:::::/:/   /     |
        / >‐ニ  ̄> 、\=ニ____/ /≧=ニ_|
      Y         ::  ||   // ̄ > 、   > 、
       /l          ::  ||   ::/       \    Y
.  /| / l             ||  ::             ヘ    l
 、|  |//人          /  ||  :|               l   ∧
  |   |/  l \   _ ニ=-‐ ── 、             ∧ / |/|
  |  |   |  `l      ___  >、       /l ||   | .|
 ∧  l   lヽ、__|>=ニィ ̄ ̄ヽ || >=-、   `` ーィ  /  |  l /



         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \   「何なりと、我が神よ」
      |    ` ⌒´      |
      \           /
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ

もはややる夫に迷いは無かった。

目の前の神は真実、神聖な存在なのだから。
.

4164◆2OV9DPwD8g2020/02/11(火) 23:51:13 ID:fcrMmcsQ

                 ̄ ̄¨ヽ \
                , -ー、 ヾヘ /
            _,,, ,/    `ー  ´ ̄\
  ,   -‐ ' "              /ヽ,/:i    ヘ
"                 / ̄ ̄`゙i     ヘ
                     /ヽ___ノ.j ,'      ',
               /   i 7、::::---::/ ./     i,
           〃i    i 7:::-........./ ./ i/|    iハ
             /:i.、i  ', iニニ`‐',-//ニニ7   j i
          /:-:、ノ  ',|ヒ必i .i/  ヒ必j/   / /      「一つ目。
         / 〃   .|ヾ    ,    /    /-'
      ./  ´   ', |ヘ     __   //  /  /',`'ー,   奇跡と呼ばれるもの。
    , -'"           ',.|::::\  ´  ` ./   i / i i  i
, -'"           i:ヾ:::::::::> ._ ィ_,|/ .,、 /',,'/ /    7   これは『世界塵選択技術』という技術に過ぎません。
                 ', ',:/::::::::>,.イ ./  i i i/ /7   .7
        _      /.i::::::::ヽ-' /ノi ̄.i i i≠ /   /イ   塵のような世界を選び取る技術、という意味です」
   , イ   i   ヽ, ' ̄ ̄/// 7:::i/、ヘ、.', i ,' /  ノ ./
./〃    .|\ヾ7,、  ,// .7=-' __,--、 ヽ〉, i∠ =-' /
 /     ノ、',,.、ヤ .i'"/ ̄`゙''-、イ¨ /  ヾ|  ノ   /
.7    / ヽ,\ i ノ'´i   /≠  ノ    ,| ̄ ヽ-7
.i   ./    ≧/  ヽ, .7./   /     j     i
.',   iヾ    ./       '‐i i-‐'"         .i     .7
. ヘ .',      7         ヘ.',        7   7
  \',    7ヽ     , -' ヽ,,      7     j
    ヾ   i:::::::>--'"  , -- 、 フ¨¨¨¨´::i    .i



         ____
        /― ― \
      /(―)  (―) \
     /   (__人__)     \   「……薄々、そんな気はしていました」
      |    ` ⌒´      |
      \           /   (例え奇跡が偽物に過ぎなくとも、神は本物だ)
        /         \
       |   ・    ・     )   (それだけで私は救われる)
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ
.

4165◆2OV9DPwD8g2020/02/11(火) 23:51:59 ID:fcrMmcsQ

    / / /    /   ! l        l !   l   !  ! !
    !/ !     l   | │        l |    !   ! ! !
   l l  !    ! ___ ヽ ヽ、_    _ ノ /    |   ! l |
  /´!  !     !´ __ ヽ \_ ̄ ̄ __/_ ̄ `ー!   l  l !
. /  !  !l    lニ-‐‐ 、\    ̄ ̄ /_ノ二 - 、|   |  ! |ヽ
 l  l  |    !人-|‐ト、_ `_‐─‐‐‐'_,-'∠」_ハ_」   |  ! !r'l
 !ヽ !  !  イl 、_、ニ==、ト-ニ二ニ-イニ=l-ヒ,_トl   l  | | l
 ヽ ヽ!  l l  | |'´i イ、 j i lヽ ヽ! lノ'´/i イ、 j i 〉l !  !   i /   「では二つ目。
  ヽ !   ! !  | !`,、`ー'ノ   _ノノ   ヽー'゙,' '/j|  |   |′
   l !   ! ヽ lヽ  ̄´      i     ̄ ´ 〃il  l   j|     私はその技術によって作られた機械です」
   | l   l ヽ ゝ `ー       | i     ‐'´〃  l   !|
   l !  ヽ ヽ\       、 ,`       ノ l   !   j !
   ! !   ヽヽ ヽ-ゝ=-     -     ‐=イイ /  l   l !
.   |  l   ヽ `、 \    ´ ̄二 ̄`    ///   |  l  |
.   !  l    ヽ ヽ  lゝ、        , イ、//   !  ! ! |
   l  | !  !  lゝ ヽ〈\ `ヽ、_  _,. イ_,-リ / l  /  l ! l
.  !  l l ! |  ! ゝヽハ二ヽ、 ̄ ノ二,.-´〃 / /  /  ! l
  |  l | ヽ ヽ ヽ  /ゝ ─'`r' ⌒ヽ―‐/ヽ_ / /  /!  ! l
  |   ! | ヽ ヽ  ヽ´    人__人     / /  / |  l  l



         ____
        /― ― \
      /(○)  (○) \
     /   (__人__)     \   「……えっ?」
      |    ` ⌒´      |
      \           /
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ
.

4166◆2OV9DPwD8g2020/02/11(火) 23:52:40 ID:fcrMmcsQ

          / |  | / /\___
           ( \ l | //\    \
           >‐-,->-‐‐‐\  l  \‐、
            i   | >---、 ) / ∧ \\__
          l  人/    /ソリ/ i  .ヘ-= \
            l  弋l     ノ / `>|   .ヘ  /
.           l  、i``ヽ‐--‐'´ /、ヾ、ノノ ノl  .ヘ  |
         |  レ' |-\ ̄  | イ示〒ミ、l l  l  l
         | l  .|イ示ヽ、  ヽ、ゞ=ソノ l /  .|/l    「全知全能の創世神など、最初からいません」
         | ヽ、 ヽゞ=ソ ``ヽ'    ノ l  |  |
         |   \ミ    `      l_|  .|  |
            V  ゝ、ミ    , -    .イ|   |  .|
          V  ヘ  \      /.||   |   |
          / V   ヘ   介 、_ /─./   .|   .|
           /   \ .ヘ   |::::::::|=|:::::://  ./   |
       >-─-=ニ\ ヘ . |::::::::| .|:::::/:/   /     |
        / >‐ニ  ̄> 、\=ニ____/ /≧=ニ_|
      Y         ::  ||   // ̄ > 、   > 、
       /l          ::  ||   ::/       \    Y
.  /| / l             ||  ::             ヘ    l
 、|  |//人          /  ||  :|               l   ∧
  |   |/  l \   _ ニ=-‐ ── 、             ∧ / |/|
  |  |   |  `l      ___  >、       /l ||   | .|
 ∧  l   lヽ、__|>=ニィ ̄ ̄ヽ || >=-、   `` ーィ  /  |  l /



         ____
        /― ― \
      /(○)  (○) \
     /   (__人__)     \   「……じゃあ、やる夫の信仰心は?」
      |    ` ⌒´      |
      \           /
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ
.

4167◆2OV9DPwD8g2020/02/11(火) 23:53:27 ID:fcrMmcsQ

                 ̄ ̄¨ヽ \
                , -ー、 ヾヘ /
            _,,, ,/    `ー  ´ ̄\
  ,   -‐ ' "              /ヽ,/:i    ヘ
"                 / ̄ ̄`゙i     ヘ
                     /ヽ___ノ.j ,'      ',
               /   i 7、::::---::/ ./     i,
           〃i    i 7:::-........./ ./ i/|    iハ
             /:i.、i  ', iニニ`‐',-//ニニ7   j i
          /:-:、ノ  ',|ヒ必i .i/  ヒ必j/   / /      「その信仰心を捧げる対象はいません。
         / 〃   .|ヾ    ,    /    /-'
      ./  ´   ', |ヘ     __   //  /  /',`'ー,    これは代々の教皇、全員が通った道です」
    , -'"           ',.|::::\  ´  ` ./   i / i i  i
, -'"           i:ヾ:::::::::> ._ ィ_,|/ .,、 /',,'/ /    7
                 ', ',:/::::::::>,.イ ./  i i i/ /7   .7
        _      /.i::::::::ヽ-' /ノi ̄.i i i≠ /   /イ
   , イ   i   ヽ, ' ̄ ̄/// 7:::i/、ヘ、.', i ,' /  ノ ./
./〃    .|\ヾ7,、  ,// .7=-' __,--、 ヽ〉, i∠ =-' /
 /     ノ、',,.、ヤ .i'"/ ̄`゙''-、イ¨ /  ヾ|  ノ   /
.7    / ヽ,\ i ノ'´i   /≠  ノ    ,| ̄ ヽ-7
.i   ./    ≧/  ヽ, .7./   /     j     i
.',   iヾ    ./       '‐i i-‐'"         .i     .7
. ヘ .',      7         ヘ.',        7   7
  \',    7ヽ     , -' ヽ,,      7     j
    ヾ   i:::::::>--'"  , -- 、 フ¨¨¨¨´::i    .i



..     ____
    / ―  -\
..  /  (○)  (○)
 /     (__人__) \   「そう、ですかお」
 |       ` ⌒´   |
. \           /
.  ノ         \
/´            ヽ
.

4168◆2OV9DPwD8g2020/02/11(火) 23:55:01 ID:fcrMmcsQ

          / |  | / /\___
           ( \ l | //\    \
           >‐-,->-‐‐‐\  l  \‐、
            i   | >---、 ) / ∧ \\__    「この真実を知った代々の教皇たちには
          l  人/    /ソリ/ i  .ヘ-= \
            l  弋l     ノ / `>|   .ヘ  /   二つの選択肢が与えられました」
.           l  、i``ヽ‐--‐'´ /、ヾ、ノノ ノl  .ヘ  |
         |  レ' |-\ ̄  | イ示〒ミ、l l  l  l
         | l  .|イ示ヽ、  ヽ、ゞ=ソノ l /  .|/l   「真実を公表し、
         | ヽ、 ヽゞ=ソ ``ヽ'    ノ l  |  |
         |   \ミ    `      l_|  .|  |    人々を科学的理解へ向かわせて危険な発展を目指すか」
            V  ゝ、ミ    , -    .イ|   |  .|
          V  ヘ  \      /.||   |   |
          / V   ヘ   介 、_ /─./   .|   .|   「真実を公表せず、
           /   \ .ヘ   |::::::::|=|:::::://  ./   |
       >-─-=ニ\ ヘ . |::::::::| .|:::::/:/   /     |   人々を宗教的信仰に留めて安全な停滞を維持するか」
        / >‐ニ  ̄> 、\=ニ____/ /≧=ニ_|
      Y         ::  ||   // ̄ > 、   > 、
       /l          ::  ||   ::/       \    Y
.  /| / l             ||  ::             ヘ    l
 、|  |//人          /  ||  :|               l   ∧
  |   |/  l \   _ ニ=-‐ ── 、             ∧ / |/|
  |  |   |  `l      ___  >、       /l ||   | .|
 ∧  l   lヽ、__|>=ニィ ̄ ̄ヽ || >=-、   `` ーィ  /  |  l /




..     ____
    / ―  -\
..  /  (○)  (○)
 /     (__人__) \   「…………」
 |       ` ⌒´   |
. \           /
.  ノ         \
/´            ヽ
.

4169◆2OV9DPwD8g2020/02/11(火) 23:55:38 ID:fcrMmcsQ

    / / /    /   ! l        l !   l   !  ! !
    !/ !     l   | │        l |    !   ! ! !
   l l  !    ! ___ ヽ ヽ、_    _ ノ /    |   ! l |
  /´!  !     !´ __ ヽ \_ ̄ ̄ __/_ ̄ `ー!   l  l !
. /  !  !l    lニ-‐‐ 、\    ̄ ̄ /_ノ二 - 、|   |  ! |ヽ
 l  l  |    !人-|‐ト、_ `_‐─‐‐‐'_,-'∠」_ハ_」   |  ! !r'l
 !ヽ !  !  イl 、_、ニ==、ト-ニ二ニ-イニ=l-ヒ,_トl   l  | | l
 ヽ ヽ!  l l  | |'´i イ、 j i lヽ ヽ! lノ'´/i イ、 j i 〉l !  !   i /   「人々はあなた以上のショックを受けるでしょう。
  ヽ !   ! !  | !`,、`ー'ノ   _ノノ   ヽー'゙,' '/j|  |   |′
   l !   ! ヽ lヽ  ̄´      i     ̄ ´ 〃il  l   j|     それを踏まえたうえで、あなたはどうしますか?」
   | l   l ヽ ゝ `ー       | i     ‐'´〃  l   !|
   l !  ヽ ヽ\       、 ,`       ノ l   !   j !
   ! !   ヽヽ ヽ-ゝ=-     -     ‐=イイ /  l   l !
.   |  l   ヽ `、 \    ´ ̄二 ̄`    ///   |  l  |
.   !  l    ヽ ヽ  lゝ、        , イ、//   !  ! ! |
   l  | !  !  lゝ ヽ〈\ `ヽ、_  _,. イ_,-リ / l  /  l ! l
.  !  l l ! |  ! ゝヽハ二ヽ、 ̄ ノ二,.-´〃 / /  /  ! l
  |  l | ヽ ヽ ヽ  /ゝ ─'`r' ⌒ヽ―‐/ヽ_ / /  /!  ! l
  |   ! | ヽ ヽ  ヽ´    人__人     / /  / |  l  l



       ____
     /      \
   /           \
  /   _ノ ::::::: ゝ、  \   「なぜ、なぜそんなことをやる夫に強いるのですか?」
. |   (○)  (○)  u |
  \   (__人__)   ,/
  /    `⌒´    \
.

4170◆2OV9DPwD8g2020/02/11(火) 23:56:26 ID:fcrMmcsQ

                 ̄ ̄¨ヽ \
                , -ー、 ヾヘ /
            _,,, ,/    `ー  ´ ̄\
  ,   -‐ ' "              /ヽ,/:i    ヘ
"                 / ̄ ̄`゙i     ヘ
                     /ヽ___ノ.j ,'      ',
               /   i 7、::::---::/ ./     i,
           〃i    i 7:::-........./ ./ i/|    iハ
             /:i.、i  ', iニニ`‐',-//ニニ7   j i
          /:-:、ノ  ',|ヒ必i .i/  ヒ必j/   / /      「それを知る権限は私にはありません。
         / 〃   .|ヾ    ,    /    /-'
      ./  ´   ', |ヘ     __   //  /  /',`'ー,    私はこうするように作られただけの機械です。
    , -'"           ',.|::::\  ´  ` ./   i / i i  i
, -'"           i:ヾ:::::::::> ._ ィ_,|/ .,、 /',,'/ /    7   それで、公表しますか?しませんか?」
                 ', ',:/::::::::>,.イ ./  i i i/ /7   .7
        _      /.i::::::::ヽ-' /ノi ̄.i i i≠ /   /イ
   , イ   i   ヽ, ' ̄ ̄/// 7:::i/、ヘ、.', i ,' /  ノ ./
./〃    .|\ヾ7,、  ,// .7=-' __,--、 ヽ〉, i∠ =-' /
 /     ノ、',,.、ヤ .i'"/ ̄`゙''-、イ¨ /  ヾ|  ノ   /
.7    / ヽ,\ i ノ'´i   /≠  ノ    ,| ̄ ヽ-7
.i   ./    ≧/  ヽ, .7./   /     j     i
.',   iヾ    ./       '‐i i-‐'"         .i     .7
. ヘ .',      7         ヘ.',        7   7
  \',    7ヽ     , -' ヽ,,      7     j
    ヾ   i:::::::>--'"  , -- 、 フ¨¨¨¨´::i    .i



      ____
..    /   u \
   /  /    \\
.. /  し (○)  (○) \   「……や、やる夫は―――」
  | ∪    (__人__)  J |
.. \  u   `⌒´   /
.

4171◆2OV9DPwD8g2020/02/11(火) 23:57:00 ID:fcrMmcsQ

 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □
.

4172◆2OV9DPwD8g2020/02/11(火) 23:58:00 ID:fcrMmcsQ

              _,..。zzzzzzz;;.、
               ,..ィ/匆匆匆三ミミミミヽ、
              /洲≠≠≠ァ三ミミミミミミヽ
          /'''"     牟ミ/`ヽミミヽi∧
         ,'  ,.z=≠¨’  ゙'ゞ ノミ!Y、ヽヾ'.
         { f㌢,.ィi"      ゙) /ミミヾヾ!
          ヽ ゙f《l}ン′      トイ州州ミl}
.           / ゙'´   ,.-、    | . |州州ミ!    _,xf斥芋ミミ   「おはようございます教皇猊下。
         /  _,   ,フi }.     | |ヾミミツ7ュ、_x斥芋ミメ洲lミミ
            'ーァ'_,.ィン′    ,.ィ l_¥,z≦ヒンミミミミミ芹芋ミ    ……顔色が優れないようですが、
           `ヾt′    //,z≦圭圭}{ミミミミミミミミ爻爻ミ
               ヽ  ,.ィ佳圭圭圭l㌣价ミ洲洲ミミミ爻爻爻    何かありましたか?」
                  ゙ー'7圭圭圭ミ㌣ィミl)ノ≠シ,i.イ圭≧三ニ≠
        //⌒)!      ,.ィミ圭圭≫"i。(゙YfへY!イ圭圭圭圭圭≧
        {:{     _,.ィ7/=圭///rヘノL三i.イlミ圭圭圭圭圭圭圭
       ヾミ=-''ミ/イ}リl/_圭//lノ八ドl/圭圭圭圭圭圭圭圭圭
    /(  //圭/YY)/__/ソ/))ツi}l/圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
   ((  ノ//圭/川/__/圭//()゙//圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
ニ二三、ミ三f圭/ゾ/=/圭//(Y((/ミ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
ー=ニ二ニ/圭'///''/圭lf//λし/圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭㌣
//て三/圭ノ/::/7:::圭lf//ミY≫iミ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ソ'"
/(川ミノ::/:lニ゙ ニl圭ソ/≫イ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭㌢
彡ソンl//圭:::://::圭圭レ佳圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭㌣’
彡'圭//圭:::://::圭圭圭ソミ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭㌣
圭圭圭圭圭圭圭圭/ ノ圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミ㌣
圭圭圭圭圭圭圭l/ __ノ佳圭圭二ニ弌圭圭圭圭ソ
圭圭圭圭圭圭㌣::/i      );;;;;;zzイ圭圭圭㌣
圭圭圭圭圭≫i::::"-へ ´ ̄ ̄)_;:ィア圭圭圭㌣
圭圭圭圭圭/ (::::::::::ノヽ -‐''"´ )::ノ圭圭圭/



                                  /\
           r、_          (Ψ)           ∧ .|  /l\
              トイ  <,>  //>=<ヽヽ       | | |  | | |
             (,)   (=)  |_|´ ∧  ノ_|       | | |  | | |
               !|   zVz (YくV) l (V  }         | | |  | | |
                l.|   ||  ll´ニ二二ニヽ、     ,∧l⌒l |  |_| │
                |.|   .||  《--―――--〈    .l ∨  | |/ | .|
                l |   ||   /一 ー-   ヽ   .| |  |__ /|  |
                | l  .||   ( ―) (―) /⌒丶 | |    ./ |  |   「いいや、何も無い……何も、な……」
               | |  ||   (__人__) ./   ,、 \.ノ   /  .|  |
              | l .||     ヽ⌒´ //\ /ゞヽ_ノ   /   |  |
             | | ||      `丁    `´   | ヽ /   [二二]
            | |,、l|     //         | /      |  |
            r-、 ,l\   / /           /       |  |
             {ニヽノ、 l   | ,/          /         .|  |
               ヽ「| /ノ\ // r―――<´          |  |
             |.l/    >/  l ┌―――――――――‐┤  |
             | l|、  // __/ll┴┬――――――――‐┤  |
             |_l! \/_/ /::::| |  |      ^\/^\/^\|   |
             (ζ)  / / :::::| |  |      ||    ||    l|   |
             ゞ' // :::::::| |  |      ||    ||    l|   |

こうして、世界は安全に停滞し続ける。



『理解が信仰を殺した話』

    -終わり-
.

4173名無しさん@狐板2020/02/11(火) 23:59:42 ID:4uf4fwFP
啓くにしてもゆっくりとしなきゃなぁ

4174◆2OV9DPwD8g2020/02/12(水) 00:00:51 ID:DSvrOUw0

              |ヽ_∧/.〉
        ,.. -‐… L  ・ ./
.     /    。    ̄~´`ヽ
    //}/ .//   / 。 ', ゚ 。゙マ
.  //   {     i     }   i  }',
  { { 。 !ヽN\_,.ト、/レヘ_ノl,: 。!|
.  〉    、 !,, ○    ○ i  k   「以上、科学的理解の反対って宗教的信仰じゃね?
  ソ    i\|.   、_,、_,  .ノ゚  (
. 〈 ..:.゚ 。.: |≧=‐- -‐=≦i 。 〉   という発想から生まれた小ネタでしたー」
  \ヽ.   irく: : : : :(涜): :.ヽ:Y ノ

4176◆2OV9DPwD8g2020/02/12(水) 00:04:24 ID:DSvrOUw0

              |ヽ_∧/.〉
        ,.. -‐… L  ・ ./
.     /    。    ̄~´`ヽ
    //}/ .//   / 。 ', ゚ 。゙マ
.  //   {     i     }   i  }',
  { { 。 !ヽN\_,.ト、/レヘ_ノl,: 。!|
.  〉    、 !  ―     ― i  k   「正直、小ネタですら作るの久しぶり過ぎてめがっさ疲れた……。
  ソ    i\|.u    ,    ノ゚  (
. 〈 ..:.゚ 。.: |≧=‐- -‐=≦i 。 〉   でも感覚は取り戻したのでこれから色々やっていけると思います」
  \ヽ.   irく: : : : :(涜): :.ヽ:Y ノ

4177名無しさん@狐板2020/02/12(水) 00:12:17 ID:0BDnV1Z8
自己の人生の根底から破壊される『真実』を何とか受け止めて自分の中に留められた歴代の教皇の精神力が凄いなぁと思いました(素)

耐え切れずに周囲にぶちまけたくなったりもしただろうに

4178名無しさん@狐板2020/02/12(水) 00:29:39 ID:SoVKewGl
乙 犠牲は少ないほうがいいんだ(諦観

関連記事
[ 2022/05/14 07:45 ] アザトース ◆2OV9DPwD8g氏の作品集 | TB(-) | CM(6)



これ真実は公表しようがないよね
公表した途端「教皇猊下がご乱心なされた!!」とかいって吊るされるじゃん
[ 2022/05/14 11:11 ] [ 編集 ]

漫画「アフター0」であの世がない事を数式で証明してしまった「あの世の方程式」って話しが有る。
あの話しだと「あの世が無く地獄も天国も無い。死んだ後誰も裁く奴いないなら犯罪やったれ!」で世界が大荒れになるんだよ。
最後の一線を越えないようにする何かは必要だよね。
[ 2022/05/14 12:43 ] [ 編集 ]

こういう話いいな
[ 2022/05/14 19:02 ] [ 編集 ]

知識が選別され、学習性無力感の末の話だから「選択」じゃないよ
摩耗しきった奴でないと教皇には な れ な い んだろうしね
[ 2022/05/15 05:15 ] [ 編集 ]

真面目な話、いわゆるヨーロッパでの「中世暗黒時代」というのは古代ローマ帝国崩壊後に、
信仰(教会)によって技術や文化がほぼ停滞していた時代。

それを悪だと思う歴史家が「暗黒時代」と名付けた訳だが、当時の住民にしてみれば、
同じことの繰り返しだけの神頼みしてればそれで解決する何も考えなくても良い平穏な毎日、飢えずに過ごせればそれで問題無い、
むしろ何か文化的な変化が有ればそれは危険なオオゴトだというくらいに、静かで平穏な時代だったといえるのかもしれん。
でも領地争いその他で十字軍始めとして戦争は結構しょっちゅうやってたけど。
[ 2022/05/15 09:12 ] [ 編集 ]

神は信じなくなっても、それはそれとして教義への信仰にシフトできる日本人感覚
[ 2022/05/18 13:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する