剣と魔法と邪道プレイ 第171話


152◆iWAc./ZK.62016/04/11(月) 03:26:44 ID:c67JpWso

''''"""'''"""".""""""""'''''""""""      " "'''''''''''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"'';:;,.,.,    "":::::::::. .""
    .....,,,,,;:;'''"'''"             ....,,_,,,...;:;::''""''''"     .,,,......,,,,,;:;''"''':::...,,...;:;:;;:''""'''"";:;.:;;''     ::.....;;;:.;
,.,;:;:;:;:;'''""""""         ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""   :.    ......,,_,,,...;:;::''""''''".;;;;.......,,,,...;: """''''''''"''''"'''''''''''''''':;:;:'
 .,;:,.'""""'''''''::::;:;:;;,..,,.,.,:;;:'""''''''''  . :..     ;;;;;;;;;;;'....,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""               .""''''''''':::::......"""''''''"
          . .:.  . . .   . .. ..   . "';:,.__,.,.。o===o。,::::.""'''''''::::;:;:;;,.., ''''…       .,.,;:;:;:,.,.,_
.  . :.  .. . :.:.. ..  . . .. .,.             _ム斗==ミム.,,;:;'''""''''::;;;;.          ""'"
爻...,,.,;:;:;:;;:'""''''''''''''''""""    :::::::::;;;;;;;;;;;'''''' ィ'´//.:.:∩:.'/, ,ハ`ヽ     ::::;;;;;;;;;,,,,.....  ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""
爻爻  .."''':;:,.,,.,..,.,.,.,.  __.,.,.;:'"';:,.__    ....j7'┘∥.:.:.:.:.:.:.:.}ハ:.┘:.:.マ                      ""'''''"''''':::::;;:;;
爻爻.""""""""               ハ-========--=,ハ     i!                   /
爻爻爻                       /| ̄ ̄∥⊂⊃||∩⊂⊃ハ   _ 八                  //
爻爻爻                   厂ヽzzΩzzzΩzzzΩzzzzzΩzz≧s。/∧⌒ヽ__                |
爻爻爻                 ___|/ ̄____________「T'=弍≧o。.,_ ̄∧─‐ァ,__     | [
爻爻ハ_,  __ |¨| ̄~:| |ー──|∠イ^| |‐i| ||丁| | |丁|| | |丁|| ||丁| |‐| |]|Ti=- ..,,__^^'T T_/∧__,∧     |
爻爻ソ、、、|‐|:|:::|_|_,|___|_|____|:| |_|| ,|_|‐i| ||┴| | |┴|| | |┴|| ||┴| |‐| |_||_||_||_||_||_|「汀iT─TTizzzzイ∧    .| [
爻爻;';';';';';';'|:|:⊥二⊥二⊥⊥」=|:| | ||^|Y^Y:||⌒| | |⌒|| | |⌒|| ||⌒| |^| |]||]||]||]||]||]|「衍|:|: : :|:|:|:|: : ::|:|:|「    .|
爻爻:_:_:_:_:_」」⊥二⊥二⊥⊥」_,|:|_|_||_,| | | ||  | | |  || | |  || ||  | | .| | ||_||_||_||_||_|「「「|:|:_:_:|:|:|:|:_:_::|:|:||    | [
=======三三三三三三三===Tニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ| ̄|ニニニニ「「「二ニ===-- _ .| ̄丁丁
┌──────────────────────────┐
│マルフォイ家に侵入する途中 問題は起こらなかったが、  .....│
│塀を乗り越え 敷地内に踏み入り、 館の近くまで寄ったところで..│
│窓や扉からかすかに漏れ出ている、霧がまず目についた。    |
└──────────────────────────┘



153◆iWAc./ZK.62016/04/11(月) 03:26:55 ID:c67JpWso

         ゛゛. .:::::::.  '''::::::...           …''''゛゛゛''''''゛゛゛......:::::'''''''''゛゛  ,__.,:;'゛':;.,.,.__  .,.,.,.,
                  ゛゛. .:::::::::゛゛    ,.,.,;:;''゛'';:;:゛゛''''゛゛''':;:;:''''''''''''''''゛ ゛      ゛゛゛゛゛゛'''''゛
 _..,,;;:;:;'''゛''゛ ;.:;;;.....::     '';;:.;:;゛゛'''゛゛'':;;:;:;...,,...:::'''゛'';:;,,,,,......,,,.     ゛''''゛゛''::;:;...,,,_,,....
''゛'';:;:゛゛''''゛゛''':;:;:''''''''''''''''゛''''゛''''''''゛゛゛ :;...,,,,.......;;;;.゛''''゛゛''::;:;...,,,_,,......    .:   ゛゛''::;;:;;:;.:;..,,,;:;;:;,,,...
    …''''゛゛゛''''''゛゛゛......:::::'''''''''゛゛.               ゛゛''::;;:;;:;.:;..,,,;:;;:;,,,....';;;;;;;;;;;. .__: .  ''''''''゛゛':;
    .___        _,.,.,:;:;:;,.,.       …'''' ,..,;;:;:;::::'''''''゛゛.::::'''''''''゛゛  ,__.,:;'../;;;;;;;;;;;;;;`"'<. . .
゛''::;:;./;;;;;;;;;;;;;;\           ゛'゛゛          .;;;;::''''゛゛''';:;,,...__,,,,.....    ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`"'<
  イ、、、;;;;;;;;;;シ、;;∨                         _______/;;;;;/;;;`"'<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.
,イ;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ,〈ヽ;;;〉──────i    ┌──────、  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ.{;;;;;;;;;;;;;;/´`"'<;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;∨}i________.|    .ヽヽ:.:.:.:.:.≦ニニ≧ ヽ,.}i───────`'<;;;{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>
;;;;─<;;;;;;ノ。;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}i .    |ヽヽ:.:.:.:.`"""´:.:.:.:.:.:.:ヽ,;;;;;;,。=============`'<;;;;;;;;;;{;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;ヽi{;;;;;}i;;;;;;;ゝ───────┐ ....|:::i.、ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ,`ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''<;;;;;;
ゝ、;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;}_________.ノ ̄ ̄::::i. ヽヽ_________ヽ;;;;;;ヽ,。================`''
;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ii ......|::マ ̄ゝェェィ────‐iiェェ‐┘\;;{;;`ヽ,;;;;;;;;;;,ィ==========
;;;;;;;;;;;;;ヽ,;;;;;;;;;;}i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ii ..└ .マ:::::||::::|:::::::::::::\  ii:::::|ヽ;;;;;;;;;ゞ、;;;;;;;`ヽ,ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
┌─────────────────────────────────────┐
│【シースルー】で窓の中を透視し、誰もいないことを確認してから鍵をこじ開け侵入したが、│
│まるで火事の屋内のように 霧が建物を取り巻いている。                      │
└─────────────────────────────────────┘

154◆iWAc./ZK.62016/04/11(月) 03:27:05 ID:c67JpWso

               / ̄ __`ヽ
              -┴/´ ̄: : : : : : ̄:`:.ヽ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
    / ̄ `ヽー"、: : : : : : : : : : : : 、: : : : : : : : : : : \
    /      ヾ 〉: : : : : : : : : : : : :\ __: : :-‐ : :\: \
  /        |トヽ: : : : : : : : : :i、: : : :ヽ´: : :__: : : : ', `ヽ
  |       〃 }: : : : : : : : : :|_ヽ: : : : ヽ彳、ヽ: : : l __
  l         ノ: : : : :ヾ.: :/ :|  \.: : :| ヾ::ヽ 、: : :ヽ  ̄. .―. .、     (……毒が回った感じはしませんね。
  丶    ノフ /: : : : : : : :メ: : : :!≧= ヽ: :|  ゝ'  \: : \: : : : : : :\    罠だとしても、即効性がないなら意味がありませんし……)
    ヽ、゙テ/┌": : : l: : : : : : : : : :ん_ハ  ∨        ', : : :ヽ ̄ ― 、 ',
     7/-┘丶: : :'、: : : : : : : i:||:::::::::〉      `  l: : :/:|、     )'
    //リ: : : : : :゙、: : : : : i.: : : :l: |ゝ-"       ,ィ  /レ': :l: :ヽ       (操霊術師ですから、何らかのアンデッドか
   //  |: : : : : : :l: : : : : |: : : :|: : ヽ       // /: : : :/: : : l        魔法生物を警備に当てている、その影響?)
  //   l: : : : : : :l: : : :i: :|: : : :|: : :ハ:.\     ` /: : : /: : : :/
 //   /: : : : : :/: : : /: :l: : : :l:/: :ヽ: :ヽ―――<.: :/: : :/
//   /.: : : : : :/: : : /: :/ : : ,イ: : : : : ∧: :|    ///_:, -'‐ 、 _
/   /.: :/.: : :/: : ,イ.: :/: : :/: |: : : : : :|=∨==' ´::::/     ̄  \
   /.:/.: : :/:.: :/. |: /.: : ://〉.: : : :/ヽ :::::::::::::::::::( {  / ̄ ソ⌒  ヽ
   /イ: : :/イ:.: :/  |/l: :/´  l: : :/   \::::::::::::::::ヽ }   )ヽ  ヽ |
┌─────────────────────────────────────────────┐
│身体で吸って毒性を確かめたが、異変はない。少なくとも直ちに影響のあるような毒霧ではなさそうだ。   ...│
│侵入者を排除する罠にしても、これだけ範囲が広ければ住人にも被害が及ぶだろうし その線は無さそうだ。..│
└─────────────────────────────────────────────┘


.  . :.  .. . :.:.. ..  . . .. .,.              .....,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.          ""'"
 ....,,.,;:;:;:;;:'""''''''''''''''""""    :::::::::;;;;;;;;;;;''''''"""'''""""           ::::;;;;;;;;;,,,,.....  ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""
…'"   "''':;:,.,,.,..,.,._  _,.,.;:'"';:,.__    ....  ... .  .. .
:.:..,;:'""""""""" /  /: : : : ヽr― 、                    .: ..
...;:,.,.,.,...._     .人 ' : : : : : : : :〉{  ;
       r===彡:/: : : |: : : : |: 乂 _ノ   _
       r=彡ノ:.|: : : |: : : : {: : :Y_≧=彡⌒´
       _ {:.|:.|: : :人: : : :\: : `<⌒     (霧状の魔物こそいても、
      {乂ハ人|: : : : :\: : : : : : : : : >     その中で毒性を持たない霧、特にアンデッドには
       Yニ〕ノ{Vヘ从V´ ̄ `ー、¨´ __    そういった無害な霧を放つ魔物は滅多にいませんが……)
        }}/  {:i:i:i:i:(:i:{ 、    /<=´
      _人_厶:i:i:i:\:、\_,/ <//{ト _            (魔法生物という線が濃厚かな。
      </ノ〕ノ〕 ヽ\:i:ヽ  | `⌒ヽ{{_{ { {> .,,__     __   だとすればガス状のプリズムストーカーか、
        Uヽ_ノ   }-=ミハ  |      }V/- _人_)- '≦ヽ<´   ガスト種あたりがベターですね)
         --==ミ〈:i:i:i:i:i:i:i廴_)     し'    `⌒¨¨´
            /:i:i:i:i:i:i:/ ̄ \==ミ、
         __/:i:i:i:i:i:i:/ _  >~ァ
     _ <:i:i:i:i>~~~´⌒ー彡-<
  r<_-_-_-_-_-_-_-_-/_/_-_-|_-_-_-_-``~、、_

155◆iWAc./ZK.62016/04/11(月) 03:27:15 ID:c67JpWso

           _,,..,,_ ,,,.. --- ...,,_
         ., '´    `ヾ      `'  、
         {    r/]/        \- 、
        rゝ-='" ̄, '  ./´   ハ    ヽハ
         く/    |/   /_」- /|  |    ∨、
        /'/     .;'  ./fてl!`ヽ |  / |    |/
       ,|/   r|  {弋_リ   |/ト./  |  ハ\   (アンデッドならミニングレスやゴースト系も考えられますが……)
     / ,    .八  |x`     ァr'|  ,ハ /l」ヽ/
    /  ;'    ,   \|       , lリハ!/|イ、
     { /|   ./|  ./| l    _   x/ 八、 \    (なんにせよ、人影はありませんが
    ∨ソ 、/ 人 ,ハ レ |\     ノイ  )\ ハ    目に見えない警備を警戒して、早めに透明化しますか)
        }/こ ヽ|/-、 / >=ァl斤/ | イ  リレ'    _
       /─- 、r }-r‐|7〒ア´/::/7´ ̄`ヽイ   _r/´/ヽ
      ./  ‐-、ソJ:::rん)ヽrイ:::::://      \ / `ヽ{_/r}
     .r' -、 ,イ:::::::{ゝ_ンノ:::::::::::::|{         .}/::`ヽ、__,,.ン
    /\--//:::::::::::::l/:::::::::::::::::::::|ト、   、__」_/\::::::7
   ./ ─ヽム{::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::八∨、rヘ_/|/   `/
   .;'-- 、 ト人:::::::::::::::l!::::::::::::::::;:イ  / ∨   ;'    ,'
┌───────────────────────────────────────┐
│華扇は【コンシール・セルフ】を使用し、まずは吸血鬼の捜索に望む。                   │
│基本的に足でしか逃げられないアドルフ・マルフォイと違って、最高位の真語魔法を使用出来 │
│【テレポート】で逃走可能なヴァンパイアローズこそ最優先で対処せねばならない。          .│
└───────────────────────────────────────┘

156◆iWAc./ZK.62016/04/11(月) 03:27:25 ID:c67JpWso
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,:, .:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;::::        ...,,;;;;;;;;;;;;;;;;:::   ,,,:::::::::::::
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: .:;;;;;;;;;;;;:::::::      ..,,:;;;;;;;;;;::::   ....::::::::::::::::     ..,,;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;     ..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: :;;;;;;;;;;;;::::::::     ..,,:::;:::::     ...:::::::::      ,,;;;;;;;
 :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:,,  .:..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: ;;;;;;;;;;;;::::::::::..........       ....:::::::     ..,,,,:;;;;;;;;;;;;;;:
 ::::::;;;;;;;;;;;;;;:.:;;;; ..  .:;;;;;;;;;;;;;;;;:.:;;;;;:::::::           ....:::::   ...,,,,,,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ::::::::::::::::::::::::::;;:,:;;;;;;:,,,::::. .  .,            ....:::::::,,,,,,,,::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;:,:..:...   .        ....:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::
  :.-.、、:.、:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;:,....... ... .... ..............::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::,.
.     . ! .   _,  "|` 、   .l        /   ..:::::::::::
     l, ‐ '     l   ` 、l      /   ..::::::::::::
.      l       l.     l     /  ..::::::::::::::
ヽ.    l.      l     l.      /  .:::::::::::::::
 ヽ    l.    ._i_    .l     ./   .:::::;__;;.  /
  | 、  l_  ‐   l   ‐ _l    ./ ..::::::;;.|::::::L/
  | 、 . l.     !    ./     / ..::::::/ .|::::::|
  |.  、 /.   /  /    /_.::::/ . _」|::::::|
  |  |:::|⌒○  / _...○⌒|::_「     .|::::::|
  |  |:::|  ,.=_, '┌ . ~ | |. -‐'|::|_, -‐ '" !::::::!
  |  |:::| .:ll ||  | !  | |   |:::|:  ∥ ::|::::::|
  |  |:::| .:ll ||  | !  | |  .「|:::|:  ∥ ::|::::::|
  |  |:::| ,;ll ..||  | !,.  | |   !.! :|:  ∥ ::|::::::|
  |  |;;」.  _     `└'  -.L.l、. ∥ ::|::::::|
  |/ ‐       .          ,   `  、」::::::|
  ┘                       └‐-
┌───────────────────────────────┐
│たびたび仲間を恋しく思う華扇だが、 こういった隠密行動が取りやすい点で|
│やはり一人で行動していて良かったと思う時が多い。                │
│勿論、こと戦闘になると一人では辛く感じることが多いのだが。        │
└───────────────────────────────┘

157◆iWAc./ZK.62016/04/11(月) 03:27:36 ID:c67JpWso
┌─────────────────────────────────┐
│特に魔法使いを相手にすると、単純な力押しでは解決出来ないのが普通。   │
│華扇は、レベルの暴力だとか、更なるごり押し――相手に魔法を使わせない、 │
│使われる前に倒すといった非常に力押しで無理やりなんとかしているものの。  │
└─────────────────────────────────┘

_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|
_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|__
_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|
_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|__
_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|
_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|__
_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|
_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,_,|_,|_,|_,|_,|_,|_,|__
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /|__                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ // /|__            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::/ // // /|__           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::/ // // // /|__     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::: / // // // // /|_ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::/ // // // // //  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
┌──────────────────────────────────────┐
│だが非常に残念なことに、今回の相手に限ってはそれは通用しない。              │
│サイクロプスと同じで、レベルが高過ぎるのだ。薔薇の吸血鬼は能力こそ              │
│以前に倒した百合の吸血鬼と殆ど同じだが、レベルはこちらが上。                    │
│それに伴い抵抗力が上昇しているため、特にリャナンシーアサシンに変身して魅了させる、. │
│といった手段が博打でしか通じないのが厳しい点である。                       │
└──────────────────────────────────────┘

158◆iWAc./ZK.62016/04/11(月) 03:27:46 ID:c67JpWso

      __ __  _
      (__}} : : : `ヽ)
      l : /人ハヽ}
      〈;ハj ゚_ー_゚ノ;〉   (やはり、吸血鬼がいるとするなら地下ですね)
       ,<´i:@l'>、
        〈シ'_l:.:.:.:lヽj    (鍵開けで透明化が切れるため、
_____`¨'T」7¨´_   頻繁に透明化のかけ直しでMPを消耗してますが
_________|_  これくらいならまだ戦闘には大事ない……)
 |__________|_
   |___________|_
     |__________|_
       |___________|_
         |____________|_
           |___________|_
             |____________|_
             |                     |
┌──────────────────────────────────────┐
│言わずもがな、吸血鬼は不死人と呼ばれるだけあって簡単に死ぬ魔物ではない。        .│
│体質的に 残った灰を適切に聖別し、清水に流す といった手段を取らねば復活する上に、.│
│奴らが信仰する神から、死んでも別の地点で復活する能力を得ている。              .│
└──────────────────────────────────────┘

     |  |     ヽ ______/       .|
     |  |        丶           |      .|
     |  |       ヽ_       |.      |
     |  |           |         ||      |
     |  |           |_______________||      |
     |  |          ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、        |
     |  |          ;≡≡≡≡≡≡_      |
     |  |        ,;三三三三三三三、     |
     |  i : :     ;三三三三三三三三;_゙     |
      | ̄|´:      ,ニニニニニニニニニニニニニニニ、゙  ..|
      |  |::     ,ニニニニニニニニニニニ、゙   .!
      |  |:   ,─‐─────────‐‐、゙ :.|
      |  |   , 二二二二二二二二二二二二二L |
      |  | .|                         | .|
 ̄ ̄ ̄|_|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄、|______________
┌─────────────────────────────────┐
│以前は魅了してそのへんを自害させる形で無理やり解決する手段を取ったが、.│
│今回ばかりは自力で対処せねばならないだろう。                   │
└─────────────────────────────────┘

159◆iWAc./ZK.62016/04/11(月) 03:27:59 ID:c67JpWso

. . .. .. .. ..‐ : : _: : : : : : : : : : : : : : _ _ |. . .. .. .. __|:::::::::::::
_. . . . . . . . . . . . . . .- : :_: : : : : : - _|: : : : : :.||  |:::::::::::::
幵|  「||li;, ‐ l:=‐-x、. . . . . . . .:.:.:‐-≧三三||  |:::::::::::::
幵|  ||幵l|  |:|幵|ll|  {卞l:j lx:., ¨, ≧_ll__|| ̄|:::::::::::::
幵|  ||幵l|  |:|幵|ll|  |幵ll| |lll| |l|:|ii|_l|__||  |:::::::::::::
幵|  ||幵l|  |:|幵|ll|  |幵ll| |lll| |l|:|ii|iニニニ||  |:::::::::::::   (……血のような、強い腐臭がする。
幵|  ||幵l|  |:|幵|ll|  |幵ll| |≫. "        |:::::::::::::    敵は近そうだ)
幵|  ||幵l|  |:|幵|ll|  |幵lll       ;     |:::::::::::::
幵|  ||幵l|  |:|幵|ll|   ¨ ´        `    |:::::::::::::
幵|  ||幵l|  |:l≫ ´     〟            !:::::::::::::
幵|  |ll彡'                ,     |:::::::::::::
ll斗 ,´       、                  |:::::::::::::
´                        ′     |:::::::::::::
       ;,,   ,   ゚              |:::::::::::::
                            ;    |:::::::::::::
                     ′      |:::::::::::::
                             |:::::::::::::
┌───────────────────────────────────┐
│まあ、多少荒っぽい手段になっても吸血鬼さえいなくなれば、                │
│リャナンシーを押し付けて籠絡するといった手段をマルフォイ家が取れなくなるため、.│
│マルフォイ家との問題も解決するんじゃないか……と思っている。                │
│要するに、今夜はひとまず全力で吸血鬼を駆除することだけ考えてればいいのだ。 │
└───────────────────────────────────┘


                      -─-
                /      ヽ
                  / _ ノ(.   /
              /  =   ミ ./
            / {  ( ノ ) /
           /  ∧  ̄ ヾ /
          /   {  ー- _/
         /     八  /              (っと、人影。
        /       ⌒ヽ
     //           V                   ヴァンパイア……いえ、レッサーヴァンパイアですね。
     /    ..{      }               奴の手下か、本命ではないので無視しますが……)
    | |     八     . イ
    | |      ∨ \   |
     、     |      |
     ll     小
     ||     八    /
     ||     ./     {
     ||    /  |    ハ
     リ       Y     }
    ./        |    |

160◆iWAc./ZK.62016/04/11(月) 03:28:15 ID:c67JpWso

┌────────────────────────────────┐
│そうこうしてるうちに、本命らしき警備の厳重な部屋を見つける。          .│
│しかし、その手前には手下らしきレッサーヴァンパイアが見張っており、   ...│
│透明化しているとはいえ入ろうと扉を開けば、すぐに気づかれてしまうだろう。.│
└────────────────────────────────┘


       (……警備が分厚い。
        どうやらこの奥のようですが、
        彼らを無視して入るのは難しい)

        __                       ______
         :||                        ||┌────┐|| .φ
         :||           θ           ||│ ____,,│||::ミ
         :||                        ||│[∥∥∥]│|| ∞
         :||::   :;  ; ,,       ::     :||│.  ̄ ̄ ̄ ;│||  ::
         :||::   :;           :    ..;||◎ニニニニニ ||
         :||;::: #  _,..:            ,, ;;....;:||│        │||;;:..::                   _,
         :||;:::  /  O\  ..:   . ,,, ;;#....;:||│        │||;;;k、,,,               /  O\
       ̄ ̄ ̄ ̄.ヽ .O ::....:::ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:                    ヽ .O ::....:::ヽ
              ヽ  ー'‐’ \                                       ヽ  ー'‐’ \
               \     _,;:}                                      \     _,;:}
                 ヾ=ィ'´ ̄:|                                        ヾ=ィ'´ ̄:|
                 i:::/:::::Y:::|                                          i:::/:::::Y:::|
             ,r/<´ ̄ニ-ヽ  |__iヽ__                                    ,r/<´ ̄ニ-ヽ  |__iヽ__
            ./   ,           `ヽ、                               /   ,           `ヽ、
          /-‐ /,      ̄`} ´ ̄  ', ,)}                                /-‐ /,      ̄`} ´ ̄  ', ,)}
   ,-r-、_/   /:         !      Y |                        ,-r-、_/   /:         !      Y |
  /_ _, }ヽ、 / .`|  `ー'''''  个 、  / |                        /_ _, }ヽ、 / .`|  `ー'''''  个 、  / |
  Y--,っ //_/   }   /´   ;. 、`ー /  .|                     Y--,っ //_/   }   /´   ;. 、`ー /  .|
  ¨tニノー'´     /-‐'''' ̄   /   ` /   |.                        ¨tニノー'´     /-‐'''' ̄   /   ` /   |.
┌─────────────────────────────────────┐
│倒すことは簡単だが、その間に本命のヴァンパイアが逃げないと限らない。           .│
│戦闘をしかけるならファーストコンタクトで、まずヴァンパイアの魔法を封じたいところだ。  │
└─────────────────────────────────────┘

161◆iWAc./ZK.62016/04/11(月) 03:28:27 ID:c67JpWso

                   ,. '" ̄`ヽ.
      , '" ̄`ヽ _r‐<´ ̄`Y      ',
     ./  r>'"/        ヽ┐   ノ、
     { r/   '     }`ヽ `ヽl>-rヘ_」
     r'7  .;' /|   ./_ ̄ハ  ハ  八\`ー─┐
     |/   |/'´_」   /ァfてハト  | 、  \\  ̄
     .;' |   | ィ'f'ハ、  '  j__,ン  八 \ !\」
     /{ .|  八| j_り \|     |/,リ「  ̄`|
   く/|八レ'  |    '       / ´  |  .人    (隣の部屋も、警備から見える位置にあって潜り込めそうにない)
        ヽ /、   __   //   /|  ,'   ヽ.
       /イ へ、    / /| _/_  /   ; }   (横から侵入、という手は使えそうにありませんね……
     / /  / >-rァ'|/|:ァ'"::::::`ヽ. /レ'    となると、上の部屋からか)
    ,:' /| /|、 ./ f斤:::/::::::::::::::::::ハ' }
     レ'´  ∨  レ∨_」ーイ/::::::::::::::::::::::::| /
           r'アrヽ:::/::::::::::::::::::::::::::レ'
           /{八ンノ}:{::::_;:-===-、/
        /`ヽ、-ァ::'::ヽ/::::::::::::::::∧\
       /ヽ _ンノ::::::::::::/::::::::::::::::/|__|\|
┌─────────────────────────────┐
│正面突破は無理と判断した華扇は、【テレポート】での奇襲に挑む。.   |
│館の構造的に、この部屋の真上から透視を行えば、部屋内を見通し │
│そこから転移して奇襲を仕掛けることが出来るだろう。          │
└─────────────────────────────┘

162◆iWAc./ZK.62016/04/11(月) 03:28:37 ID:c67JpWso
.       |                 `'<ニニニニニ>''"              -‐ \   _
.      |             ○  ○   ≧=≦           __ -=  ̄     ̄ ̄
 ◯     |              ○  ○            __ -=ニ二二二二ニ:|
_     |─-  __                    _ -=ニ二二二二ニ=-=≦:: : |
 | ̄ ̄ ̄       ̄  =-   ..,,_    _,. -=ニ二二二ニ=- ''   |:|::::::::::::::: :: |
 |爻爻爻x                 ̄二l二ニ=- '' "        |:|::□ ロ: rュ:|
`Y爻爻爻爻x.....,,,,,,_             |i:i:i:i:|      , -──- .,   |:|::□ ロ: rュ:|
 ミハ爻爻爻爻 : : : : : ::::| ̄ || ̄ ̄¨¨|  TTi:i:i:i|     Y⌒Y⌒Y⌒Y   |:|::□ ロ: rュ:|
 ソ爻爻爻爻ぅ:::: : : : : ::|   ||      | : ::| |i:i:i:i:|    人__人__人__人  |:|::□ ロ: rュ:|
__乂爻爻爻ソリ::: : : : : ::::|   ||      | : ::| |i:i:i:i:|              |:|::□ ロ: rュ:|
'''l|i:|彡{i:{爻ソ : : : : : : : :|   ||      | : ::| |i:i:i:i:廴....,,,,,_         |:|::□ ロ: rュ:|
:::l|i:|从}i:}メ'^ : : : : : : : :::|   ||      | : ::|‐‐ァ{ / ̄7ーr/^ヽ_      |:|::□ ロ: rュ:|
:::l|i:|弋ニニフ_ 「|  「|_,,| _ ||      |_,||/_ゝ_/ r<>''" ̄|   :|:|::□ ロ: rュ:|  __
:::l|i:| {   }YYf⌒Y´ `YY__ヽ__,.二ニ=ミ ||トミs。.,    ̄| :|:::::::::::::: |   :|:|::□ ロ: rュ:|/i:i|i,     __
/l|i:| ',  Y´  `Y_フ─(__)|\::\   `ヽ≧s。;';';';';` ーL_,|,.。s≦「:|≧s。.,|:|:::::::::::::::: : |マi:i:i:|i,   /:_:_:_
:::l|i:|¨ゝ‐‐ゝ--イ-=ニ''¨ ̄|::::::\_\-''"_}__}:::|;';';';';';';';';';';';'|_|s。: : : :┘:    ⌒><i:i:ムマi:i:|i /::::/_
/l|l|l      |i;';';';';';';';';';';';'\  |:::::|ニフフノ _」;';';';';';';';';';';';';';';';';'>        〈-〈i:i:i:i:i:ムマi:/::::::, ---
i:il|l       |i;';';';';';';';';';';';';';'\|_,.。o≦⌒;';';';';';';';';';';';';';';'>''"           Vムi:i:i:i:i:У:::::::::く乂_
l|l        |i;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'>''"              Vムi:i:/::::::::/ ≧s。.,
|         |i;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'>''"                  Vア::::::::::::::``丶、
.          |i,;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'>''"                     У::::::::::::::::::::::::::::::``''
┌─────────────────────────────────────┐
│幸いなことに、真上の部屋に人はいなかった。                           │
│見張りの魔法生物やアンデッドの気配もなく、ついでに一休みするにもうってつけである。 │
│……相変わらず、毒ともなんとも言えない霧は漂ってはいるが。                     │
└─────────────────────────────────────┘

163◆iWAc./ZK.62016/04/11(月) 03:28:49 ID:c67JpWso
    .....,,,,,;:;'''"'''"    .../   `ヽ   ....,,_,,,...;:;::''""''''"     .,,,......,,,,,;:;''"''':::...,,...;:;:;;:''""'''"";:;.:;;''     ::.....;;;:.; "''"''';:;:;;,,.._
,.,;:;:;:;:;'''""""""      /       lア─- 、.."   :.    ......,,_,,,...;:;::''""''''".;;;;.......,,,,...;: """''''''''"''''"'''''''''''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"''
 .,;:,.'""""'''''''::::;:;:;;,..,,.,..<从     、_〃: : : : : : :ヽ、;;'....,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""               .""''''''''':::::......"""''''''"""''''…
          . .:.< __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ.'''''''''::::.""'''''''::::;:;:;;,.., ''''…       .,.,;:;:;:,.,.,_
.  . :.  .. . :.:..__/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i..,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.          ""'"             ....,,_,,,...;:;::''"
 ....,,.,;:;:;:;;:'.∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /             ::::;;;;;;;;;,,,,.....  ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""
…'"   "''':;:,.,,.//: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y. .                           ""'''''"''''':::::;;:;;,..,,.,.,:;;:'""''''''''
:.:..,;:'""""""../ ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i        .: ..
...;:,.,.,.,...._.  /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',
      ./: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄    (ついぞ、発生源らしき魔物は
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/         見かけませんでしたね)
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ        (また別の場所を見張っているのか……
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ        不安にはなりますが、心配することではありませんね)
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY
        .///    / ∨:::__;ィ千r'/丁
     .〈//    ∧   ̄l / /::三/  !
┌──────────────────────────────────────┐
│そこでひとまずMPの回復を行い、幾つかの軽いバフをかけた後に、真下の透視を行う。    |
│真下の空間では優雅にくつろぐ薔薇の吸血鬼と、それに傅くリャナンシーらの姿が見える。 |
|リリィもそうだったが、どこの吸血鬼も同じようなことをしているものだ。                 |
└──────────────────────────────────────┘

164◆iWAc./ZK.62016/04/11(月) 03:29:00 ID:c67JpWso

┌────────────────────┐
│なんにせよ。                       │
│短いバフが切れる前に、さっさと乗り込まねば。..│
└────────────────────┘

                              ,へ、     _,,,..--、__
                             /::::i i::ヽ ,斗'"        `ヽ、_           ,ィ'ア三=-y-、
                            f:::::::| i::::::ヽ、              ヽ、       /r' .、ア''"´ ,、く
                      r=-r-―、__i:::::::| i::::::::::::ヽ、         ;i ’   .}      ん'(_ノ    / .i
                       ';::::::', ',:::::::弋_::|f::::::::::::::::ノ  、、  _人__ノー-<⌒ヽ、_   f ゝ-イ≦ナ ,イ  (
                       丶;:::::', ',::::::::f::::i i::::::::::::::::)  ,ィ'7r--、_,r=、__f弋:`t___,  }  、__>  、x.)じ'  tア .)ゝ
                        `ヘ::::i i:::::弋::::ii:::::::::::::/`" /´    i   ヽ、Y__::::/   ..弋 .{y}.  __ 人)
                          {::__:ii:::::::::`;:::ヾ;:::::/ 人ノ  ;  i 十マ   ',  Y     z弋=マヘ r.< yノ
.. .\  ゚  o 。| 。   /  。  /   `、::::::::`、:::::ヽ、__ノ `ァ、__ノ  ノ≦_ } ; _ノ _,.ィ´     /:::(_ V)) rvヘ弋Yア
   .○  。 ゚  |゜ O / o  / 。゜  ..`ヽ、:;:::__ノ__Z''"    i て_, ̄´ '´( r'ヽ(      {:::::::::::',`" Vトノ アノ
..   。 \   o ゚ O ゚ 。 /゚  。   O       弋_  ,、     `ァ¨´  __ ./.ノ         ./:!:::::::::::`ヽ `'" ノ::t、
.. .゚  。  \     |   ゚ o /  ゚  。 ゜          .ノノ寸ノ、__ノ< 、_,, -―=ニユ、       };;::::__>- /   i-r"
...。 ゜  。   。 。 ゚      。o   ゜         ./: : : ::弋: : : : /     弋ー'ー、       ヽ、_ -ヘ =-, .} |
. 。___   ゚ 。   ゜  ―O――――       ./: : : : : : 7ヽ、./  .r=―<__    `、     /´ヽ  `、 f .i
.. o 。    o   ゚   。  ゚  。 ゚           i': : : : : : : 弋: /  .i :r=ミ、、: `¨ヘ  ',   .∠   .'、  .', .i  ト、
. 。 O  /  。 |゜ 。゚ \゜  O  ゜         ノ:>: : : : : : : /   i: { {_人_:}: : : :i   ',ィ''"´     .`、 i .} i ヽ、
.. 。   / 。 /  ○゚   O \ 。 ゜        ,イ: ::ノ: : : : : : :::/    i: : `T: : ;': : : ::|   ',         } 'V f   .\
  ...O ゜。 / ゚ | 。゜  ゚ 。 o            {: : : : : :`ー-ア/    iイ": :`;: : i : : ::i    .',         { ., i V´    '、
. /   o  。゜ |   o ゜    \        .`Y: : : : : : : /     .!: : : : : :`: : `: :|    i         リ ノ´
┌───────────┐
│突撃!隣のヴァンパイア。 │
└───────────┘

177◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 04:28:38 ID:AmPANP4c

         〕 \\                                   ////
          .l!  \\                               _,ィ㌢´/´
           }    }/:|                               ,ィ㌢   {
         ./    .}/:|                                  //    / ト、 r-=-=ニー―-、_
       ./     |/:|                             } }:   .t  j ヽr' i | /``、_  `ヽ
    ../      ∨|        _)ヽ                   //    '.,ゝヾ、 _>ーvvヘ, / ヽ、  `、
  __/____     〝}i,     ///ハ∧,━…ー 、             //  ,r'´_, ,/´ /   i `y-、/)   ';
. ´ ̄\ ̄ ̄`¨¨ ㍉、 〝}i,     ////∧/|         ‘,_           //.rtそ,クニ∠ノ / ; i  i i ヽ ヽ、ゝ  }
     \       \ V\    )//j⌒ヾ|         }入        / ,/Y/ん7 / / ,ィ i i /i }、 i i \ー-i
       / ̄   ―= `气込,__  ̄{>、-ヽx__ ....::: /二{     ,ィ/ /`'    レレy}/Yリi i ミ≧= i ヽ、\=十
      \_     .x:㌘`Ⅵ>/// )_(__)¨¨´__)、/.  + /./     r、{y} ソ { <   ヒ_ソ,レ人ト、\ メ、__
       )     x㌘/ :∧{  レ;// 八文从j殳厂ハく < ))://      >ヘr' リ `、ヽ    ノ{y} ` \ `ー二=-
       )   x㌘ /  :|:l∧   乂人〉ゝ、 _ 彡 /:! |:ハ  ∠-'´       {,r'´   //`ー-t-彡/y}/ ト、 ヽ <`ー
        \...:〃  /    }八 \ ___ ヾ,|` ーァ' ⌒ヾレ ノ  〃' :   : \. <二二ニ==v'/ :: :/~):`´{yソ/∧ ヽ ヽ、ゝ`_,-'´
           |:〃   __,/ ̄ ヽ Уxx)'´/乂_ノ´  {=zz=彳/_:  :  :‘,  _._/<`=-ァンt/ソ´ ':/<レリレ'_,-'´ _,-'´
           |:/ / ̄     └)〈/ハ∨ §〔_∧,  {'´ ̄ヽ/´   \   : l.r'´_rァー-ゞ、='-,__ィ_>:: :: :/:_yー'´ _,-'´
           |' /            / V仄ヽ ( ̄ーO、_j            \ :. レ"r'    `ー=、_y="_,- '´  _ィ-'´
           |/           .厂}》入、 ヽ⌒フ)レ'            \ |'...t       _,-'-'´ _, -'´:: ::i
          ′         ___∨厶⌒i\_/ヾ'厶)__. rt、   _,、   ヽ、  _, -'´ _, - '´:: :: :: :: :: :>
                |三三 `|  ´ ̄ ) ̄}爿 )://..(´`r'´``>'_ニ--t、   _,> '´ _, -'´(:: :: :: :: :: :: : :: :{
      _,z┬┬── _   |三三ニ=‐ァ…≦.ヾ{⌒} _,r'`>´:: :: ::{ {    _.> '´  _, - ヘ    人:: :: :: :: :: :: :ノ
     /_/_,/三三三ニ辷冖z――‐=.,r ― '"¨>//=、 i :: :: :: r'=y _, - '´  _, -'´y`ー、:: `ー-':: :: >ニニ=r'´
     .{///) ̄7\ニ、)´: : : : ㍉、..:::./    </>/ ./:: :r、('_, -'´  _, -'´   ヽ  `ヽ:: :: :: :: ::/,     \
     ー/ニ//ニニΥ): : : :/:に)::::.i     ノii Z{´ /:_, - '´  _, -'´  /   { ヾ  `ヽ、_;;;_'ク V~'Y´ー'、
        .{ニ| |三三}コ: : /: : : に)::::::t  __  そi_, - '´ _, - '´    /       ``ー、_  __{,i   i`ーイ
┌────────────────────────┐
│奇襲であったにも関わらず、私が転移した直後に      .│
│彼女らはこちらを振り向き、迎撃しようと行動開始する。   |
│まさか読まれていた?                      │
└────────────────────────┘

178◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 04:28:55 ID:AmPANP4c
                          A
                        , -― //ハ.   A
                      /  _yァ=:v─//ハ-─- 、
                     __{/:::::/::::::::|::ヽ:::::/     :.
                      /:::::::/::::/l:::::::::::::|:::::|::ム      }
                     /::::::::::::{;:ィ′ l:::::::::::::|:::::|:::Y 、      ノ
                 {:::/⌒7:::{ \_V´\人:::|::人_y─ァ'′
                  ヽ{  ,/::::::〉ゝ--:::::、_V:::!:::::::::::::丁´
                     八:::八   '  ィモテ〉ノノ::::::::::ハ           (【デストラクション】……いえ、敵数も多いし
                  ,. -‐ァ':人::::::::\fヽ,  r'´::::___ィ ―― 、_        これだけ狭い部屋に密集してるならむしろ
              /::/{::/  \::__::::`r - ノ:_/::::/7     / <ー-- __    こっちが効く!)
                {/  >.   ///ィ}(r^ヾ):::::::::://      { <      ̄ ‐- 、
                         {/::::人ヾンノ)::::::::::\      l <           }
                   /::::::::::::'~ムソ:::::::::::::::ヘ      ヽ. ヾ-― --/    /
                     {::::::::::::::::ノノ:::::::::::::::::::::::} 、_   _/ ̄    '    ′
                        ゝ::::::::::/´::::::::::::::::::::::ノ  / ̄      , -、ー'  、 /
                    `}::::::レ:::::::::::::::::::::i´{  i     ,-' ! |     }
┌────────────────────────────┐
│しかし奇襲は失敗したところで、先手を取った事実は変わらない。. │
│その先んじての一撃で相手を蹴散らせばいい。                │
└────────────────────────────┘

 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 | 時間3倍、確実化2倍     . |
 | 【ショッキングウェイブ】!!  .|
 \_  __________/        ,.ィ ーrーr 、
     ∨                        y' "´ ̄`'ヽ
                           Σ  く((リ人iヽ>ヽ
    __    __                        §!、゚д ゚§ルゝ
   (_ ;γ ⌒ヾ,)                  <三|]⊂) `ム'i;_') ;   _
    ヌ ( ノヽ ) ))    ビッ              ; く_/___i,kJゝ   /\|‐-‐‐ 、
    (ヘリ!゚ ヮ゚ノi  て                   ~'、j"、j'    .ソ`~~~<》
      (,_) i@i )つ そ                           Σ 〈(ノリlノ人(ヽ〉
      (ヲ .ト_`|ヽ,                    ,.ィ ーrーr 、    __.リ、゚- ゚ i从 __
     `~i_フi_フ~                      y' "´ ̄`'ヽ    ヽ⊂i.个.iつハ\/
                           Σ  く((     ヽ   ; 〈|_ヽ >⌒´ ;
                               §リ、,,   ,,ゝ     .し.フ
                           <三|]⊂) ){l X}")
                            ; く_/___i,__ゝ ;
                                ~'、j"、j'"
┌────────────────────────────────┐
│二度目になるが、ヴァンパイアはアンデッドではなく、あくまで蛮族。      .│
│そのため精神的な魔法や効果の影響を受けるため……【スリープ】といった |
│このような多くの無力化系の呪文が通用する。                   │
└────────────────────────────────┘

※【ショッキングウェイブ】
 ……闇の妖精魔法。術者を中心とした範囲内のキャラは主動作・補助動作を行えなくなる (移動は可能)
    効果こそ強力だが、消費MP 22点と精神効果(弱)属性がネック (ダメージを受けると即座に解除される)

179◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 04:30:49 ID:AmPANP4c

     |┃                  / ̄ ̄\
 ガラッ. |┃                 / _ノ  ヽ、_ \
     |┃                   | ( ●)(● ) |
     |┃三                 |  (__人__)  │
     |┃                |   `⌒ ´   |   襲撃と聞いてやって来ますた
     |┃                   |           |
     |┃三                 ヽ       /
     |┃三                iヽ      / i
     |┃                 |  ー-―'  _|
     |┃        ,,,,,,,....  _,,. -‐''"´  ゞ   `゛''‐- .,,_ __....,,,,,,,
     |┃三    ../   /""  ー‐---、  /ー‐---  "''ヽ   ~ヽ、
     |┃三   .../ ヘ /  ソゞ       Y        ゝヘ  ヾ  ii
     |┃     i ミ Y   〆ミ       ミ|彡       三ヽ  ソ /i
     |┃     ヽ  人   入___      水         》  ノヽ/
┌────────────────────────────────────────┐
│しかし、高レベルなだけあって高い精神抵抗を持つ相手にこれが通るのは、5割。         │
│確実化によって2回試みることが出来るとはいえ、単純計算25%の確率で通らない博打である。│
│また消費MPの問題で、二度もかける余裕は当然無い。                            |
└────────────────────────────────────────┘



           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
           | 【ストーンウォール】!
           ヽ__________乂_


 _,,..-―'"⌒"~~""~"" ~゛ ゛~  ゛゛~゛⌒゛'―-..,,_
゙~,,,....-=-‐√"゙゙T"~ ̄Y"゙=゙゛Y ̄~゛T゙゙゛√‐-=-....,,,~゙
T  |   l,_,,/\  /ヽ,,_,, /ヽ,,_,l   |  T
,.-r '"l\,,j  /  |/ヽ|  ヽ   ヽ|  ヽ  j,,/l゛' r-.,
,,/|,/\,/ _,|\_,i_,,,,_i,_/|,_ ヽ,,,_i,_/|,_ ヽ,/\,|ヽ,,     ゴゴゴゴゴ・・・
_V\ ,,/\,|  ,,∧,,|,∧,,  |,/_|,,∧,,  |,/ヽ,, /V_
_V  \/\,|  ∧,,|_|,,∧  |,/,,_|,,∧  |,/ヽ/  V_

180◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 04:32:21 ID:AmPANP4c

         /  /  i \ \ r!     ├ー-、
       /  / !   |\/ヽ ヽ 〉、ト、_/ム-─
        !  ,イ ∧  l_,>、   辷⌒7√ ̄≧、
    イエ==ソ  .ト、\ ∨rし`バヽ. _ `二__ノiヽ、
        /  ハl斗r、::ヽ!弋ソ    \___/\ >        (【ショッキングウェイブ】は精神効果(弱)属性。
      /    イ 弋ソ ,            /_>‐辷                              ~~~~
.     i   /│   l  / ヽ     イ ̄  ___            少しでもダメージを受ければ、解除される……
     ヽ  ヽ从 人  ヽ /   /j、|\__\            だからレッサーヴァンパイア相手も油断は出来ない)
       ⌒ >、ー>、_   イ /::::::>-rュ'^ 、
            ヽ  ー<三トー-イ::::::r'::::://  ト、     (そして、あまり時間をかければ
             >‐、_ノ:;r‐<ソヽ:::l l    リ      “作戦”をやり遂げる前に相手に行動を許してしまう。
            {、 "⌒}、::::ム-、 ヽ ∧从          だからここはリソースの切りどころ!)
           ,〈 ヾ、 ィ!´ /てノ  ソ 〉ヾ、  /
          / ヘ   リ .ト斗 イ /:::::::::l∨
            l  /iヾー/::ヽ辷二斗:::::::::::::::/八
             X  ヽイ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l∧ !
        //! \ /!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ∨
       /  i! 、_/ ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ i




                 {   / /      ! /   ヽ    ヽ
               ヽ_ム イ /      ∨   /  \   !
      ィェ=====彳>辷 /   /   / /   /|    \/
                 /イ   /   ̄7ヽ / /   / |ヽ  ヽ ヽ
         __ _/ / !  |  ///人/  /  / i  !  ∨         \∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/
           ムイ ̄⌒´/ '   | イ行示ミ、/_/斗七て丁  '    |==ニ>、     .<  <エターナルクロノグラス>  >
            /__/   ∨代ト-イリ ヽ:::::::::ィ示芹ミ.} / / ! |==、        ./∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
            ∨  / /|!  `¨´      弋トヘリ / / / ∧|   》
             / X´  /  八 """      '  `¨ /イ /|/    ヾ
             |∧ !  '  | 丶   /⌒ヽ  "" ,イ∧  \         追加行動で【ペトロ・クラウド】!
   _____     i' ノ_|   |__| ├\  ヽ  ノ   / !  ヽ  〉        そのままじわじわ石化してしまえ!
    `ヽ:::::::::::::\ /´ムイ三三ミ、」ミミ>― rr―<  l   \/
       ̄ ̄\\ /三三三三三ト、:::::::::`Yイ==、ヽ/    /ヽ
           ヾ〈三三三三三三ヽ三ヽ:::::ノ)⌒`ヽ三三ミ! ノ!ヽ 〉
 パァァ. __ ィ⌒ヽ 〉}/⌒ヽミミヽ三三l三/´ ん⌒)  〉三i三}ノ  |/
    / ̄.ο..   O.{!\  l./.ミ.。./三〈 `! し´ヽ ヽミ|ミム、    ____
  r‐〈ヽ、.ヽ。.. O. ノ人. /.、三∨三. ο. ヾ、二  ノ ノ`ヾ.三三〉 /:::::::::::::/´
   ο ― ヽ  。.... //⌒..O_,.三.。.三三ゝ―r‐ '三三ミヽ∨// ̄ ̄
┌──────────────────────────────────────────┐
│さて、華扇のヴァンパイア相手の作戦とは単に【ショッキングウェイブ】をかけるだけではない。     │
│それだけではダメージを与えれば解けてしまうし、 仮にそのまま倒せても恐らくメティシエの加護により.│
│復活を許してしまう。……だが、その復活にも弱点がある。「呪い」属性の効果は残るのだ。      ..│
└──────────────────────────────────────────┘

181◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 04:34:05 ID:AmPANP4c
                  _. -―‐ .
                .  ´       \
            __/               ヽ   て
          ノ }                \  そ
     Σ   r┴::.( ハ  ヽ ,ヘ   _ ヽ
        ; }::::::__ノ::::::ヽ ('′ ヾ´  _rへ    }  つ
         {__(__:::ヾ:::', }  /:   ヾ.  l ∨_  っ
     ___ _ノ  \ `ゝ、::} ,′l i   ハ  l ノ 〉
  _ : '´: : : /:\ア´ .ヘ、 `/  l___!、____ ! l´ _)′ ;      うー……(動けない)
 '⌒丶: : / : : : } /イ   ゝ′ !、___,ゝ,_,′ !´}: :`ヽ
    ;.}:/: : : : :!: : : {   { !  ノ"__"ノ{  ノ}リ: : : : :\ ;
     ´ ̄ ̄ヽ'r三、`ー^ゝ彡-く{、iハノ{ヽ`¨ソi:, '´ ̄`ヾ
        / / ̄フ/ /  ハY⌒ヽ ヽ`´   }
     ; ./    __f ヾ/   /トハ   マ、 \  ;
        /    V  ノ /  /vヘミハ   V}   :,
      {    、( .イ /  /ノ{    ',  lノヽ }
   { rヘ    /`ヾ. /ー /      ハ__! 〈 ノ、  }
┌───────────────────────────────────────┐
│石化の効果は呪い属性。そしてヴァンパイアに呪い属性は有効。                  │
│なので予めこれをかけた上で殺せば、復活した先の棺桶でこいつは石化するって寸法である。│
│尤も、それだけでは仲間のヴァンパイアに解呪されかねないので更に幾つか策を練るが。   .│
└───────────────────────────────────────┘


              /´ ̄"`ヽ A
             r'      !ζ‐-_.、_,A -.、
          ,i       /、}"´.:.`"=- 、_ヽ,
          ゙、ゝ,,--‐´、_r"/:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ, i
          !´,'i:i`.‐゙´:.:.:/:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.ヾ,
            |/i:i:::!.:.:.:.:.:i/‐‐-、 .',:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.!    r、=、
         /:./:|.:.i.   |茨テ'、:::::ヾ,:.:.:__:.i.:.|    ,, ゙i//゙,`ヽ,
      , -‐´,:.:.:.`ヽ-'.:.:.:.:.:i弋'ノ::::::::,_=、,'`',:|/ , -", -´i゙/∧. ',
    /γ´_,-,":.:|.:.:.i,:.:、:.:.、""  , .リj゙/:.:/, -´, -"   !`i_',  i    これで1工程が終了。
    ´(/ ̄_./.:.:.:.!.:.:.|ヽ,:i.:.:.ヽ, r- 、 "/, ‐", ‐´._  _  | iゝ、_|
       ´i, ‐'"i.:.:.:∧:|ヽ,:.:.:.:ヽ-=, ‐´, ‐",、`ヽ:. ̄.:く, ! i'::::::::::,'    次は、棺桶蘇生後の対策ですね。
           |_;,/-、‐‐.ヽ;; -"´,‐"´}-゙r,、ヽ-=,´ ̄`/./\__/
    __       /    .ヽ,‐´, -"<ゝ(_(rソY、.:.ヽ'i    v、!  ,'      幾ら呪いをかけても
  ,r/´/       ', , -", -",:.:.:.:.:.:.:~ミ彡イ.:.:.:.:.|, --.、 ./   /      【レストレーション】の一言で
 // i゙r,`-、.   , -´, -"/  ヾ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.;'.:'.;:.:.:.:.:/   `ヽ、 ,'       .全て台無しになってしまいますから……
 ヾ, i゙ !、, ‐‐ヽ´, -,´   ___《.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.:.:.:.:'.:.:.:.i     ヽヽ,
  ヾ、___i_ 彡ヽ,`ヽ,r‐"  ヾ,:/.:.:.:.´.:.:.:.:.リ.:.:.:.i        ヽ,ヽ、
       ヽ-"´/i ヽ,/r.、_,/`´、.:.",:.:.:.:=:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ      `, i`"‐、_
           ヾノ / | \ ==、|ヽ,.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ミ:.:.:.゙i、      ヽヽ,゙ヽ ヽ、_

182◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 04:36:29 ID:AmPANP4c
                /   `VA
               /       lア─- 、
               <从     、_〃: : : : : : :ヽA
            < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ
         __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /
         //: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y
        / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ ..:::ヽ/ |人: : : ',
.      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/        【ブラッドマーカー】、
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!           .そして時間4倍確実化【ディストラクション】。
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ      これで蘇生対策は十分ですね、
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ       では後は死んでそのまま石化してください。
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY
.        ///    / ∨:::__;ィ千r'/丁
.     〈//    ∧   ̄l / /::三/  !
┌───────────────────────────────────────────┐
│【ブラッドマーカー】は、棺桶での復活後の位置特定用の魔法。                           │
│【ディストラクション】はこれから倒す上で魔法を使われない用、兼 蘇生後の石化解除を防ぐ用の魔法。 │
│倒した後に【ブラッドマーカー】を頼りに位置を特定し、そのままとどめを刺す寸法である。          .│
└───────────────────────────────────────────┘

183◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 04:37:25 ID:AmPANP4c

 |l                            _                /|                _
 ヾメ、                         ////ハ               //j          ,. -=ニ=´ ̄
  `マi>、_            i         /  ⌒ヽノ              ///       ,. -=ニ=-'´
    マ////77777ニ=- 、     ヽ       ./__  (             ///j        //////
     寸////////////\    }、 厂 ̄7 {// `                ////     //////
.       `マ////..'i、./////\_ /∧j: ::::::/::: |/                ///    ///////  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
         `マ//..lヽ.//////////r':厂 ̄::::: | ,. -‐-――- 、       i//    .////////′. .| こうまで封殺するとは見事、      |
           `マ/.lヽ..//////r'⌒:{:::::::::{::::: !'           ヽ    |/  ./////////|    | 私の「敗北」は免れないが しかし. |
             `.゙Lヽ./////{f⌒ヽ::::::::ゝ::::.、                _  |  .///////////|    | 見通しが甘すぎるな!           |
       ザクッ   .}.l ヽ.///////ハ:::::::::::\ヽ :.      .:.  ト- .、   〈//////////八   乂______________ノ
   \ _       ゝ. 〟 .l. ..ヽ..=ァr==ミ/{` ー--=ミぅx     ..::_, r' `ヽ  j   }////////////ニ=---=ニ///}
     ヽ//>、      ゙ぐ、|. .ヽ.{:::{/| .l  fヽ   / ` ー―ヘ  \ /し   /////::::::{///////////////j
       \////>- /.ヽ   .ヽ.   /..l.l..Y  \__fテ==----=ぅ_ /lハ  /¨ヽ_ ノ -==ミ//////////⌒ヽ/
   辷ーr――-、  /:::::::::ヽ    ヽ i. .!.l /  | / ゝ |l  リ |l | l  八 _/:/{ { ̄ ̄ ̄}){{ ̄}} ̄} ̄`つー- 、_
   r―― ゝ ノ  ̄ ̄ ̄ ゙i、   .ヽ  !..l,.{\ 八`赱ァヽ/ 赱j j | 从/ }-〈_〉_ ,... r┴‐┴‐' ニニ=ァヽ\r‐-'
    / | 厂´ ̄} ̄ ̄`ァー `-、  ヽ | . l. `ヽ ト、 、  , ィ /〃/    { ノ  〉.            { | \)`
     `   レ   /::::::::::::ハ  ......゙'-、 ゙'│ ...l,  、. ノ> .こ <ィ 八:{ _彡ヘ_/ヽ/.:∴: :;. ;. .: :`:: ∵:゛ `'
          {\/⌒ヽ:::}   |: : :.`'-    ヽ |.l V 〃nヾ 〃/_}////j. :゛;∴゛` ;`: :゛;:`´..;.∴;.`:':
          V: :\ _ :ノ    V: : : : '|,    .`'゙ ヽ.V/ u V/イ _厂.゛;.゛;. ; :″:: :゛;. :∵゛ ;. :'-、
              V: : :.\     \: : : :ヽ      ヽ. /  i  \.;`∵: ;`;.:`´..; ` ;.゛;.: ::゛;.゛;.
            }: : : : :  ̄ ̄ ̄: {: : =ミ..l..i-、   .ヽ   :|.. .;.・:゛∴;.゛;.: ::゛;.″:: :゛;∵゛ ;./
               i: : :: : : =----<:>: : --..゙!! \   .ヽ :人. ∵∴゛;.゛;.:: `;  :; `,  ・.
.              八: : : :ー---=彡 ,. -‐ ´ ̄`Z \   ヽ  . 〉 〃ハ::\: : : : : : : : : : : : : : : く
            \: : : : : :r'´ ̄        /`7.\  ヽ  ト- '  V: :\:::: : : : : : : : : : : : /
                 ` ̄`7    /   /   /  .\ ヽ.     V: : :.\:::..: : : :\: : :{{
┌──────────────────────────────┐
│しかしこれから一旦蘇生させるために倒すので、残りはガチ勝負である。. |
│相手は能力の大半が腐れても、19レベルモンスター。             │
│肉体能力は中々のものである……が、やはりさほど怖い相手ではない。. |
└──────────────────────────────┘

184◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 04:37:58 ID:AmPANP4c
                      /       /
                     /     <_
二二二二二二二二二二二二二二二二ニ7    /
                 / _____ \   /
          \      {´  /    \/  /
\__r──、___>──、__>´       ̄ヽ
.   /   /     :::,イ:::::  /   |        .|
  /  ,イ  /|  /:::|:::::::/    !   /  .|
  / / / />、/:::::::::|:/::\  ./|   /    |
. //  //     :::: /::::::ー- |斗´l/ /   /
〈´   三三三三  ::  ::::::::三三三 //   /
 \   ヽ ヽ ヽ      :::::::::ヽ ヽ ヽ/´   .イ
ト、_≧            :: :::::     l      .|    (体力が3分の1削れた)
ト、\ U           ::::   /       |
. \_>             / /|  /   l    我が下僕たちよ、呆けておらずに
\  ー-    r──‐、 ....-‐´ / .|  /|  /    侵入者を黙らせなさい!
  `  ‐-、 ̄ T  ̄  ハ、  |/  !/ j/
        / ̄ 77    _ハ\_
     /  / 〈  ./,、 ヾ L_ `ー─、
    /  /|  〉// \\ _L_    \
  /  //,二、/    \\ L_    \
. /  / / /: : : }}       `ヽ  }       \
┌──────────────────────────┐
│ヴァンパイア1体だけなら余裕で対処できる。            .│
│そう思っていた華扇は、相手の行動に少々意表を突かれる。 │
└──────────────────────────┘

  =≠ュ
   ̄`マニュ、          ,:;r==≠≦ア
      `マニユュ、   , ィイ二二ニニア´                 _
       `マニセ イィマニニア´ ̄       ,イ           ̄`¨マニニユュ、
         ムニニニIンニニI         ,イ /   ,イ  .,イ,イ      `¨'マニニユュ、
         スアニニア´ ア         / /  .,イ / ./ / /        `マニニニ
           マニコ        ___,/ .ム__/ ./  レ'レ'          `マニニ
            ア         .ヽ==, ,.--―., .二7 マニアニアイニニ=ュ、
                       ./ /  ./ /   `マニニニア'´ ̄`¨''≧
                           /″  / /      マア
                          / /           ィニニュィュィュ_
zzュ、_  _                 ./'´___     ≦¨´ ̄ア¨´ ̄
ニニニニュイニニニユュ              ,:;:::<ニニニ /ュ
 マニアマアマニア          .,::-<>'"´  //ニニニニアィニニュ、
                  <>´  / 7//    マニア¨'¨¨¨≧
  =ュ、                   / ´ /      マア
   ケハ ィ                / /´      イニニュ、
    マニニイ,ィニニュ          ./ /        ̄`¨'マハ        ,ィュ   イニュ
-=ニユュ、¨マニアフイニハ        ./'´   ___     Iハ   .Iュ、 ,:ィニニニュ,イニニハ
  `マニュ、_,ィニニニニ≧=ユ    _,,..:;:<二二二,/  ,イニアマIハ  ,Iニニア'¨¨¨'マニニニニ二ハ
    `マニニニニニア¨´ ̄ ´,..::<>::‐::'::´ ,/ ,/  ,イア イアマユイニニニハ    マニアマニニコ
      `マニア´    <>'´   / 7/ ,/ マユ=イア ィア  .`マア `マュ   マア マニク
       ,::ワコィニァ        ./   ,/    `¨Iア           `ク      Iク
  _,,:ィ二ニア´        _,z/ ./´   __
┌──────────────────────────────────┐
│ヴァンパイアローズは肉体をコウモリの群れ化し、周囲の味方ごと私を傷つける。..│
│ヴァンパイアはコウモリ化することで、能力こそ落ちるが撹乱することが出来る。  │
│特に後衛術者の狙いが難しくなるのだが、単独でやって来た私には関係ない。  . │
└──────────────────────────────────┘

185◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 04:38:11 ID:AmPANP4c
   _   r'^>/^ゝ      r-、  ,、 __,r ̄Y ̄'r゙ヽ、、  _   r'^>/^ゝ  __,r ̄Y ̄'r゙ヽ
  |  `l / // /      / / く r'、y-'─'-、イヽ ヽ  |  `l / // /  r'、y-'─'-、イヽ ヽ..
  '!  Lニ_`''  「`L_  'ー-'   r',.'" ` ´ `ヽ!>, ヽ! '!  Lニ_`''  「./ /|/|ハ \ ノレゝ
   '!  ,、_7    i  ``゙''ー、  / /|/|ハ \  ノレゝ'!  ,、_7    .∠!イr^:'::::::::ミ'ルjλ
   1  |       |  l` ̄`'  ∠!イr^:'::::::::ミ'ルjλ   1  |       |..!y!ヘ::::::::::::::リイ イ
    i_」       'L_」      !y!ヘ::::::::::::::リイ イ   i_」       '..〈Yヾ::、::::/| イ/
                     〈Yヾ::、::::/| イ/                /}><:{:::::l,ヾ}><{/ヘ
          r-、  ,、      /}><:{:::::l,ヾ}><{/ヘ   _   r'^>.rt‐::|ノ./:::::::::::::|ノ     〉
         / /  / ヽ    .rt‐::|ノ./:::::::::::::|ノ     〉 |  `l / //. /:::゙''フ/:::::::::::::::::::|: :  l、
     「`L_  'ー-' く_/    /:::゙''フ/:::::::::::::::::::|: :  l、 '!  Lニ_`.,ノ:::::/ .ハ、;: -=;;:::〉   }'
      i  ``゙''ー、      ,ノ:::::/ .ハ、;: -=;;:::〉   }  .'!  ,、. _ノ_:::::/   j-‐'',. -'゙lヽ∠  ヘ
      |  l` ̄`''     _ノ_:::::/   j-‐'',. -'゙lヽ∠  ヘ 1  |   レー'::::::::  ,r'`` ''''' ゙゙,ァノ    |
     ..'L_」        .レー'::::::::  ,r'`` ''''' ゙゙,ァノ    | i_」  「 アヘ/ .``'' ‐'''(⌒(,.-、.   |
                「 アヘ/ .``'' ‐'''(⌒(,.-、.   |      ヽ r' ,rニァ  -'.ヽ <ヘヾ l、r'´
                 ヽ r' ,rニァ  -'.ヽ <ヘヾ l、r'´  ......y'" .ソ/,.へ)   ヽ___ノ- '¨¨´λ-ゝ
               y'" .ソ/,.へ)   ヽ___ノ- '¨¨´λ-ゝ. /\   `^´           , '::::::::ノ
              /\   `^´           , '::::::::..''゙::::::::ヘ             /:::::;:ィ゙
               ''゙::::::::ヘ             /:::::;:ィ゙..ヽ:::::::::`` 、    _,,,,....,,,,___,/:::::/ r'゙
               ヽ:::::::::`` 、    _,,,,....,,,,___,/:::::/ r'゙   ヽ、:::::;;;:::二ニ、::::::::::::::::::::;/j゙゙''┘
                 ヽ、:::::;;;:::二ニ、::::::::::::::::::::;/j゙゙''┘   ....i ,.ニ゙_>、,. - 、.,オ‐- 、,.ィ''T''
┌──────────────────────────┐
│だが恐らく一番の狙いは、魔法が使えない今の状況で    ....│
│リャナンシーアサシンらを行動可能にすることだろう。        |
│現にダメージを受けた彼女らは、私にその爪牙を向けてきた。 .│
└──────────────────────────┘
┌─────────────────────────────────┐
│中には誘惑の吸血で無力化しようとしてきた者もいた。               │
│まあ固定値で抵抗出来るどころか、そもそも攻撃が当たりもしなかったのだが。.│
└─────────────────────────────────┘

186◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 04:38:24 ID:AmPANP4c


             ド ッ

            . -‐ニ ̄ニ‐- .
       _/           \_
 =二 ̄ /               ',  ̄二=
     ̄7'' ―― ___ ―― 戈 ̄
――― 从,,i ;         `. 、 .尢r、――――――
      \じ'jl|此ト=メ i;_,,爻,,i| 刈ゞメ
┌───────────────────────────────┐
│だがうざいことに変わりはないので、ついでとばかりに                │
│思い出したように常時継続中の【オーバーブロウ】で吹っ飛ばす。       │
│ついでにヴァンパイアも吹き飛ばし、ダメージを与えておくのも忘れずに。. │
└───────────────────────────────┘

         ,,..-‐…―- :::
       ,, '´       :::::::::::::::::
  /"'ー--<,        __ :::::::::::::::
 _>>::::::::::::::ヽ、__,、r‐=へニ、_,ヘr:::::::::::::::
 ))::::::::::::ヽ、__,へ,ソ^l"^.}ノl:::::::::::::::::::
 ヽヽ、:::,,..、「メ--' ハ/ヽ.ノ _ノ .!:::::::::::::::
   L,,く::_」」 、  l. >     ̄ lハ‐,:::::::::::::::
    ソヽソl ヽ、l    r'" ̄'j 人ハノ.>::::::::::::::::
      ̄ノノ  .人   ー‐‐'',イ/∨<_::::::::::
      .{ハ、,ヘハノ>r - <lノーヽ  _ノ"''::::::::::::::::
      ,.-‐'" r‐‐=ハ,,、 ̄ ハ二ハ、/    :::::::::::::::
   ,,..''"   i>kj<i,'///ハ=/ l__   ',-‐-‐--、..,,:::::::::::::
  /     <____{  _.∩   __.!:::::::::::::::::::::::
∠..、-―-、_/,' ノ  _ノ    !__ ::::::::::::::
     __  l  ,,. ''" }     __!  .L、 :
     --、  `'''"_______ノ、   __!    __ハ、 :
     _ノ    l   l,ヘ_,へソ⌒弋_メ'⌒ 、ヽ、 :
     土.,    l  , '   /    }      \ :
    (_lノ)   人/                ' , :
         ヽ/                  ', :
     |    /                    ', :
┌───────────────────────────────────┐
│続く、ガチ戦闘第2ラウンド。                                     │
│【ヘイスト】の出目が回り、追加行動で残り3分の2を削り切る。瞬殺。           │
│吸血鬼の“死体”は衣服を残して土くれとなり、どうやら自らの棺桶に帰ったようだ。. │
└───────────────────────────────────┘

187◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 04:38:55 ID:AmPANP4c
                         __,.-、ィ--、
                       rヘ´ ヽ ハ  / ̄ヽ、
                     _rヽ_,.ゝ-─'='─-、イヽ、ヽ
                     'γ´          ヽン、
                     , '   ハ λ  i  、 Y .',
                   /__/ メ、!イハ,!-イレゝ、i  iへ
─二ニニ==____  _  ̄,ヘi イ !illソ   じllソ Yン  ハ  〉:::::::::::::::::::::::三三三二三二ニニ
   ==ニニ二二三三三::::::::::::「 レy7.  _' __   "iY i  〉フ::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;三三三三二三三
        ̄ ̄ ̄==≡三:::::::7_/(Yヽ、 i/ 冫  ,.イン ハ イ 7:::::::::::::::  __──__ ̄ ̄ ̄
             ──ニニ:::ヾハiンル>rーァyTyγ::::_Y,、,へ ̄ ̄
           --  ----─ニ ̄}><{γ/ヽハ/ }><{ ヘ  \::::::;゙ー---ァ二=―――-‐
               _ ___レ'   ̄7ム  ̄ Vゝ、  >;;;;:::::::::::::::::フ
                       _,.イ::∧      l i|:l:i|!il:i|:l:!:::::::::( ___ __
                    ─‐ ──<::::i:::::::>―|ト--:il::i|:l:i|!i|l:i|!;::::;;;;;;;::〉
                          L::::::::::::|:::::::i::::;i:::ヽ::i;:lll!::::|||!;;;;;;;;/!
                               ̄i::::::i::::::|;ィi|liリ::il::;ll::ii|:i:lil!""!|
                           ゙-|--イilliil/ ̄ |||:||:|:l
                                   ゙ー!´    ll:::i||:|!
                                        |:|::l:!|
┌────────────────────────────────┐
│【ブラッドマーカー】が伝える情報からするに、蘇生先はハインラト王国の郊外。|
│どうやら一足運ぶ必要がありそうだと、親の仇とばかりに追撃してくる     │
│リャナンシーアサシンを捌きながら考える。                       │
└────────────────────────────────┘

188◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 04:39:36 ID:AmPANP4c

      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ        .__
      |  お、ようやく崩れ――         /丶 ノ\
      ヽ__________乂_      |(●)(●) |"'''‐- ,.         \
                     ''''''-- ,,,,,,___ | (_人_)  .|    ..."'''‐- ,.      \
                                  | `⌒´  |.         "'''‐- ,.
                             ェ-_   .i       .|,.. .-‐ 、.,,,,,,___      "'''
                ,、 .{ 、.          k'y'-'/ヽ >    /\   _ \    .''''''--      _,n_
                 {\ 、.\.        i i ハゝイ `i i`-:イ    \   :/`                └l n |  [][]「l
               '、\   i      `!.'  ̄ ̄ ., : ´ ̄       :i /` ̄ ̄ ̄           U U   くノ
               ヽ  ..:: ¨ > , _      ,∠  /、      l/        ___,,,,,, ―
                    ヤ_     `ヽ ̄ ̄ ̄ ̄,     :  / _   ,}  .,,, ―''''         /
                 ` <    -、   ノ    _ > ' `ヽ ' !.'''               /
                     ` <  ´ > 7::::::::/ -   /           /
                       ___.` ¨   /::::: }  ' /     .,.         /
                  ,,,,, ―''''        ./:::::   i  /    , - '"     /
┌──────────────────────────────────────┐
│とりあえず、まずは周辺の雑魚を一掃してから考えようと、                       │
│扉におっ立てたウォールを崩して、その先のレッサーヴァンパイアごと魔法を放ち一蹴する。│
│戦闘省略。                                                 │
└──────────────────────────────────────┘



                ヽ、从,/           |
      \.      ,  ノγ⌒_ ,√  、从,/ |
        \       ' ,..,,,,;;iiilliii;;;,,,.,_/'⌒, . |
         \..   \,/,ilill''''"""'''llili,i..,ヘ,  `  |
              \   、 illii'' ‘.'  ,.' ''iil' ,√` |
             \  illii'',  .'    ''iill     |      \∧∧∧∧∧∧∧∧/
              \.iillil;;  ・,‘  ;;lilii.,`   |       .<  ドゴォン!!   >
                '''iill;;,’ , .',;;llii''''..,ヘ 、 .|      ./∨∨∨∨∨∨∨∨\
                  ''''llliiliillli''''.ノ(     .|
                   \  i' ⌒\   .|
                    \  `     .|
                      \     '  .|
                       \   . |
                         \` , .|
                          \ |
                            \|____
┌─────────────────────────────────────┐
│盛大に爆発音が鳴り響いたが、割りと叫び声とか響いていたので今更だろうと割り切る。 │
│マルフォイ家の住人には、とうに気づかれたはずだ。                           |
└─────────────────────────────────────┘

          ○

          ○

          ○

.

189◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 04:39:50 ID:AmPANP4c
':.,  …'"  ...,,,,__...,,;:;''..,.,.,.,../   `ヽ.,.__,  ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…           ...::::::'''
''''"""'''"""".""""""""'''''/       lア─- 、..'''''''''''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"'';:;,.,.,    "":::::::::. .""
    .....,,,,,;:;'''"'''"  . <从     、_〃: : : : : : :ヽ、.:''""''''"     .,,,......,,,,,;:;''"''':::...,,...;:;:;;:''""'''"";:;.:;;''
,.,;:;:;:;:;'''""""""   ..< __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ  ............,,_,,,...;:;::''""''''".;;;;.......,,,,...;: """''''''''"''''
 .,;:,.'""""'''''''::::.__/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""               .""''''''''':::
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /.'''''''''::::.""'''''''::::;:;:;;,.., ''''…       .,.,;:;:;:,.,.,_
.  . :.  .. . :.:..//: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y......,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.          ""'"
 ....,,.,;:;:;:;;:'""./ ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i."           ::::;;;;;;;;;,,,,.....  ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::'
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ', .
       ./: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
       i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/     ……動きがなさすぎる。
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ     警戒した上での待ち伏せか、
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ   知らない(フリをしている)のか、
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ   はたまた別の策略があるのか……
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY
        .///    / ∨:::__;ィ千r'/丁
     .〈//    ∧   ̄l / /::三/  !
┌───────────────────────────────────────┐
│戦闘を終え、残った死体等の剥ぎ取りを済ませても屋敷の人間が駆けつけてくる気配はない。.│
│怪しげな霧が出ていたが、まさかこの屋敷にはヴァンパイア専用だったりするのだろうか?  .│
│事前の情報からするに、流石にそんなことは無いようだったが……                 │
└───────────────────────────────────────┘



      ‐-ミv、,. -――― -
.    /     }__) : : |: : : : : : : : : \
   {    〃):i: : : |: : : :/: : : : : : :.\
    乂_彡Yi : |: : : :', : /_{_ : |: : :.}:. `、
    /-|{: :八: |: : : : ∨}:/ 、:.:|: : ,__: : : .
   //:.:|:.||:. :. :.、:、:. :.:.斗笊㍉ V|: /_ヽ.:. :. :.
.  Vノ:.:l八〉 :. :. \:. :.:.弋:ソ   j/f笊 :. :. : :.      剥ぎ取る暇が出来たのはありがたいですが。
   /:. /:. :.. 、 :. 人_):. :/ ''''     ゞ',,∧: : ハ!
  ,:. :/:. :.|:. : \{\{:∨      _    }__:、/____    ……部屋を漁っても何も見つからなかったあたり、
  {:. i:. :.:.|:. :. :.{::::::. :.:}    (::::::)  ノ{__7   ヽ\   この霧はヴァンパイアの仕業ではないようですが……
  人 |:. :.:.|\:.:.|:::::::}ノ=-  ..,,_  イ_、シ_ィ__ノ ノ{ >┐
   \:.:人:. \:. :./\ ̄ \ -=二ニ=-― ミ人i  V ‐┐
      ´   `⌒)7   \  V¨         } }:\ >廴、/
           {{   /  \ ',       :| |爻:``~、_/
           |::. ,     \!_      | |爻:. : : ノ/∨
          、:/      ヽ     / \\:. / // i
.

190◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 04:40:07 ID:AmPANP4c
               / ̄ __`ヽ
              -┴/´ ̄: : : : : : ̄:`:.ヽ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
    / ̄ `ヽー"、: : : : : : : : : : : : 、: : : : : : : : : : : \
    /      ヾ 〉: : : : : : : : : : : : :\ __: : :-‐ : :\: \
  /        |トヽ: : : : : : : : : :i、: : : :ヽ´: : :__: : : : ', `ヽ
  |       〃 }: : : : : : : : : :|_ヽ: : : : ヽ彳、ヽ: : : l __
  l         ノ: : : : :ヾ.: :/ :|  \.: : :| ヾ::ヽ 、: : :ヽ  ̄. .―. .、
  丶    ノフ /: : : : : : : :メ: : : :!≧= ヽ: :|  ゝ'  \: : \: : : : : : :\
    ヽ、゙テ/┌": : : l: : : : : : : : : :ん_ハ  ∨        ', : : :ヽ ̄ ― 、 ',
     7/-┘丶: : :'、: : : : : : : i:||:::::::::〉      `  l: : :/:|、     )'   戦利品は……65000G相当の剥ぎ取り品に加え、
    //リ: : : : : :゙、: : : : : i.: : : :l: |ゝ-"       ,ィ  /レ': :l: :ヽ         .<サイトクラウン>。趣味品でしょうか、後は……
   //  |: : : : : : :l: : : : : |: : : :|: : ヽ       // /: : : :/: : : l
  //   l: : : : : : :l: : : :i: :|: : : :|: : :ハ:.\     ` /: : : /: : : :/       ……これは、魔晶石?
 //   /: : : : : :/: : : /: :l: : : :l:/: :ヽ: :ヽ―――<.: :/: : :/
//   /.: : : : : :/: : : /: :/ : : ,イ: : : : : ∧: :|    ///_:, -'‐ 、 _
/   /.: :/.: : :/: : ,イ.: :/: : :/: |: : : : : :|=∨==' ´::::/     ̄  \
   /.:/.: : :/:.: :/. |: /.: : ://〉.: : : :/ヽ :::::::::::::::::::( {  / ̄ ソ⌒  ヽ
   /イ: : :/イ:.: :/  |/l: :/´  l: : :/   \::::::::::::::::ヽ }   )ヽ  ヽ |
    |: :/  |: :/    l/   /|/      \::::::::::::::l ヾ ̄ ⌒/ }/...、
    |/   ∨         /           \::::::::ヽ_ ⌒ 、 /:::::::ヽ
               /            〈:::::::::::::::::::ー^ー ' ::::::::::::::::|
                /              !ヽ;;;;::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::l
┌─────────────────────────────┐
│だが、その代わり華扇はある一つの物を発見する。           │
│ヴァンパイアの装備品だろうか、衣服の懐に魔晶石を忍ばせていた。 │
└─────────────────────────────┘


    ____
    ./ ,___,/',
   / ,∧__,∧∧
  ./ ./ ./  V∧∧
 〈‐〈-〈   .〉‐〉‐〉
  V∧∧__/ ./ ./
  V∧/___V /
.   V/______',/

┌───────────────────────────────┐
│一般に流通している魔晶石は紫色だとか、少なくとも色のついたものだが │
│これは、それらとは違って透明なものだった。手に持ってみたところ、    .│
│マナを内包していると感じるので魔晶石には違いないが……          .│
└───────────────────────────────┘

191◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 04:40:20 ID:AmPANP4c

┌──────────────────────────────┐
│だが、これが意味するところは大きい。                         │
│透明な魔晶石というのは、ある魔物の影響により生まれるものだから。 │
└──────────────────────────────┘
  (  :::ヾ      ))    (   )            ----===ニニニニ ___----
     ,,,)⌒))  :::ノ      ,. '" ̄`ヽ..---ニニニニ三三        ( ⌒)
 γ⌒ヽノ, '" ̄`ヽ _r‐<´ ̄`Y      ',            (  ⌒)  ::::) γ⌒ヾ
  (  ../  r>'"/        ヽ┐   ノ、        ---===ニニニ三三      ノ
   ) .{ r/   '     }`ヽ `ヽl>-rヘ_」                       (  ⌒)
 (   .r'7  .;' /|   ./_ ̄ハ  ハ  八\`ー─┐
     |/   |/'´_」   /ァfてハト  | 、  \\  ̄
     .;' |   | ィ'f'ハ、  '  j__,ン  八 \ !\」
     /{ .|  八| j_り \|     |/,リ「  ̄`|     透明な魔晶石……知性持つアンデッド……
   く/|八レ'  |    '     .u / ´  |  .人
        ヽ /、   r 、   //   /|  ,'   ヽ    まさか、フォールンの?
       /イ へ、    / /| _/_  /   ; }
     / /  / >-rァ'|/|:ァ'"::::::`ヽ. /レ'
    ,:' /| /|、 ./ f斤:::/::::::::::::::::::ハ' }
     レ'´  ∨  レ∨_」ーイ/::::::::::::::::::::::::| /
           r'アrヽ:::/::::::::::::::::::::::::::レ'
           /{八ンノ}:{::::_;:-===-、/
        /`ヽ、-ァ::'::ヽ/::::::::::::::::∧\
       /ヽ _ンノ::::::::::::/::::::::::::::::/|__|\|
        ;'ー-イァ'::::\:;r':::::::::::::::;:'/
┌───────────────────────────────────────┐
│フォールンと呼ばれる種族がいる。魔神と同じく、ラクシアとは異なる摂理で生まれるそれらは . |
│フォールンソウルという魂だけの形でラクシアを訪れ、主にドラゴンのものである死体に宿る。...│
└───────────────────────────────────────┘

192◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 04:41:03 ID:AmPANP4c

┌────────────────────────────────────┐
│そうやってさもアンデッドのように擬似的に蘇ったドラゴンは、フォールンドラゴンとなり.  |
│自らの配下であるダムド、竜屍兵を増やしていくのだ。その過程で、               │
│フォールンドラゴンは霧のような瘴気を発生させ、数日かけて生物をダムド化させる。   |
└────────────────────────────────────┘
                >    ̄ ̄   、
            ___ /           >ー-.、
         /   .}_    /    |   _」     ヽ
        /   /.〉」   /'    i i  ヘ_!     i
.         {    ,.'._l   ./i     ', .',  ハ_、_  .,.-ト
        〉.__ ./    .' .|     ゝ.、  `!_|、._/!ノ
        /,/!   /! ! .!    .、   `    ヾト、..、
      /"// |   .| ',ヘ、.ヽ、 .|',!ヘ >、‐    トヽヾ
     《  i .' |   i i ニ式.=`.-.', | 三=-i-ゞ    !.|:| ゛
      ` k.! {   |!|! .弋:リ゛   }.! 代仂 | .! |   }"    (知性を残した奇妙なアンデッド。透明な魔晶石。
        >人  |i ,,,           ,,,  j./ i   ハ      加えて、生き物全般を食料とするヴァンパイアが
       /  へ !.!      '     u;/  '|     \    妙に友好的である関係。
      / .i       >\   _    /'   ヽ  ,   ヽ
     .' /i         \> . _ `. , .´ /     .}  i.    }  元より、マルフォイ家がフォールンドラゴンと
      !/ .|             ', ,!、 .,ハ. i     i  |   !/  繋がっているのであれば 話は繋がる。
     '  ゝ. __ヽ     }/: : :V: : :ヘ!-{    / 人 ./   いや、ひょっとすると既に当主アドルフ=マルフォイその人が
         i´ `' \ .. /: : : : : : : : : }::ヘ__  /  |      ダムドと化している可能性が高い)
         |       i.ン:  >-, ― 、: : :i    / !
         |    ./',: : / , .´ ̄_`  'ヽ:'   /  l
┌─────────────────────────────────────────┐
│その霧は、瞬間的には影響を及ぼさないが、やがてじわじわと                           │
│HPMPを削っていき、動けなくするような……ちょうど今周囲に取り巻いているような霧そのものだ。..│
└─────────────────────────────────────────┘

193◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 04:41:57 ID:AmPANP4c

...'''"'''''''''''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"'';:;,.,.,    "":::::::::.    ....
          ,.,;:;:;:;:;'''"..,.;:.,..,;:;:;:,.,._, ...,,,...,,,,,,,
       .,;:,.'""   .,,_,,,...;:;::''""''''"                          .,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.......,,,,...;:;:;;''''
   ...........,,,;:;;:;,,,..;:._,,..,,_ ,,,.. --- ...,,_           :::::::::;;;;;;;;;;;''''''"""'''""""
     .,,.,;:;:;:;;., '´    `ヾ      `'  、;;;;;;;;''           ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…
':.,  …'"  ...,,.{    r/]/        \- 、.''''''':::::......"""''''''"""''''…           ...::::::'''  .:::::::.
''''"""'''""""."rゝ-='" ̄, '  ./´   ハ    ヽハ'''''''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"'';:;,.,.,    "":::::::::. .""
         く/    |/   /_」- /|  |    ∨、
        /'/     .;'  ./fてl!`ヽ |  / |    |/
       ,|/   r|  {弋_リ   |/ト./  |  ハ\
     / ,    .八  | `       ァr'|  ,ハ /l」ヽ/   (“穢れ”を持たないから各種 アンデッド捜査に引っかからないし、
    /  ;'    ,   \|       , lリハ!/|イ、       変装する能力が手に入る上に、操霊術者なら魔法で補うことも容易)
     { /|   ./|  ./| l    _   u/ 八、 \
    ∨ソ 、/ 人 ,ハ レ |\     ノイ  )\ ハ    (その線で考えるべきだ。
        }/こ ヽ|/-、 / >=ァl斤/ | イ  リレ'     なるほど、マルフォイ家の裏はそういうことか。
       /─- 、r }-r‐|7〒ア´/::/7´ ̄`ヽイ       行動理由はまだ分からないけど、 それはこの際 後回し)
      ./  ‐-、ソJ:::rん)ヽrイ:::::://      \
     .r' -、 ,イ:::::::{ゝ_ンノ:::::::::::::|{         .}
    /\--//:::::::::::::l/:::::::::::::::::::::|ト、   、__」_/
   ./ ─ヽム{::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::八∨、rヘ_/|/
   .;'-- 、 ト人:::::::::::::::l!::::::::::::::::;:イ  / ∨   ;'




               _. . .-―-. .y.x ⌒
            _. .-: :_:v/.:-:―: :に{     ヽ
           ⌒ヾァ'':"¨: :   ‐-: : : \     )
       /   ィン: : : : :     :.    、: : :ヾ  _xン
        { ン: : : : : : : :     ト:    \: :Yン》≧x,
       ∨ : /: : : : : :{: : :    \: :.     ; : : :、 ‘》,
       ; : /: :;': : i: 八: : :  :ト: : |: : : :    |: : : :}  ‘》,
       {i:,': : ; : : |/  ト: : : | 斗-Ⅵ: : : . |: : :人   ‘》,
       {ハ|: :i: : : ⌒ヾ{ 、: : :xぇチ刈: :リ:从): : :{     ‘》,
          |: :i: : : 不弐ハ \{ゝ Vrり. : :价ン: :i: ハ
        八: :、: {ト Vり  、    ノイ: :i|: |: : i| ; )     (恐らく、この屋敷のどこかに
         |:\: :、          .u 八: |: |: :八{       霧の発生源であるフォールンドラゴン、
  _      |: :.个:込.    r- 、  イ._ハル八(  )       またはダムドミアズマのどちらかがいるでしょう。
  ン¨ス     ,|: : i|: : : :}:≧.. __ イ /::::::>..          確証はそれで手に入る。あとは……ドラゴン、か。まさか)
 /_/,/‐ぅ  ノ{ハ乂{: :厂-…fニエィ::::/:::::::::::>…-ミ
 { ヾ_んへ,〉__  (  )ノ〃:::::::::ー}i}=‐:::::::::::::::::〃
  \{ {yノ  ム  / ,{::::::::::::rfてけa:::::::::::::,      ト、
      < ノ トY    i{::::::::::に述ぅろ:::::::::::i{         ノ )
        マ/ ∧    ゞ‐-=x込えン^:-=:::i{
         /  V ,У::::::::::::ヾ:::Y:::/:::::::::::ヽ ,/
        V / v.:;:::::::::::::::::::::v::=ー:::::::::::::::::V / _ /

194◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 04:42:11 ID:AmPANP4c
┌─────────────────────────────────────┐
│華扇は<通話のピアス>を取り出し、きあらに連絡を取る。                     │
│後々 応援に駆けつけるために使用するのは難しくなったが、それよりも急ぎの確認だ。. │
└─────────────────────────────────────┘
         ミ川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川. 彡
         三                                -――-               三
         三                             ,  ´             ヽ              三
         三                             /                ’,          .三
     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ      .,                      ゚。         .三
     | もしもし?                          /                 ,.rf¨ ̄¨ ー- 、..三
     | 華扇か、そちらは終わったのか?       イ                _,。≪≫’       f′三
     ヽ_______________乂__r- '八           _  -=≦≫’´ __,、__, - ‘¨  ...三
         三                  _ ノ    ≧=――=≦三ニ-‐ ´ _rー’ヘ  l |       .三
         三                _r ’       ̄¨ ―一 ´  、_r‐’ i ィ坏 '.  ,        三
         三               _r'         //√    _厶孑ヽ   i::c lイ/        .三
         三              て         , ‐っ   _r-ーf´!       '  ゞ' i '        三
         三               `ー-z_,__//―っ¨´!  ヘ{  __, j/ '   人         .三
         三                       i ; /´― ァ゚。   人  ̄     , / ∧       .三
         三                     _,r‐l   /// ヽ    ヽzzz---≪i  /        三
         三                _r‘  │   / ,/    \   ! ̄   〃 ! /    !     ..三
         三                 f'´    |   ,/ ,/      ヽ l  _ ≪/ .j/     '        三
         三                    {     |   {.,/        _, ≦三三!     /      .三
         彡川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川.ミ




                          ト.、
          _  _,,.. --──- 、,_ノ }
       ., '´   `Y´           `' 、_
      .,.'       |‐ァ   /       \}- 、
        .|      ,ハ_} //     |      ヽ  ';
      ,ゝ、.,_,,. イ ┘ ' ‐|-    /|   | ';   '; |
   r‐''"´/, イ__r'  |  /  ,ム、_./ ;   ,ハ |   レ'}
     ̄く/Y   _|  |! ,イhノ 「lヽ / / /ト |   |/
       /    { r |  lレ' ゝ--'  |/ ァlト、 ,ハ   ;|   ええ、半分終わりました。
     ./     /ヽ._| 八           {h! }/ | /;|   ですが至急聞きたいことがありまして……
     ;    /   レ' | ヽ、       ' `´ |/レ' ∧
     | /  '    、|   ;     _     ,ム、く/\]  そちらの方にマルフォイ家に連なる軍勢は
     /  '   、  ;'  /、     ,、 , イ ハ      参戦していませんか?
    /  _,.イ   /\/ /、 > 、.,,/ ,ハ/)/ ノ
    {r'"| ,、   |>ー<\::::\.   / /、/、/)ハ
      ∨  /     `' \::::`r/ ´ -く/' ;
        /        \ }:::/ ̄` 、//  {、
.

195◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 04:47:58 ID:AmPANP4c

                                           ミ川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川...彡
 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ              三      /                /            三
 | ……当主本人ではないが、                             三      /                / \         三
 | マルフォイと名のついた一部隊の隊長はいた。              三.   /                /    ` ≪       三
 ヽ____________________乂_           三                  / , 心     ` 、   ...三
                                           三                  / /乂/ノ        ヽ   三
 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ    三            /  ヽ.,_               三
 | 会ってはいないので顔は知らないが、騎竜兵だそうだ。        三            /iヽ \    ̄¨ -―- 、   八. 三
 | 恐らく分家だろうが、魔術師である本家とは縁が遠かろうと     .三             '.  \`ー一 ´        /.   三
 | 気にはなれど警戒程度に控えた……何かあったか?         三   ー  ´            ヽ    。     '    ,三
 ヽ_________________________乂_.   三               ゚。   人       / `ヽ  /.三
                                           三                  ゚。      ー‐一 ´     ∨ 三
                                           三                   ヽ                 /.. .三
                                           彡川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川.ミ





                         ,ィ=、'''<
                   _,,,,,_      ヽ )_
                 /´   ヽヽ< ̄`/イ、  .ヽ
     ,。-=ニニ=-、   ./'     .} }      .\ ゝ、
    .、'ゞ''"´ ̄`'<.}is。 {       ノ´ノ        \ }
     ____ `'<ヽ,     ノ´v'   i i{  .|   ヾ
   >ニニニニニニニニ≧s。、ヾゝー=イゝ'/  ノ' / ',  .|ヽ  i、ヽ
  .〈ニiゞ'´    _,,,,,。≧s。イ `"´.ノ / /イ≧{ /__i、 .|、ヾi       ……マイナーな知識故に、名前を告げてもわからないでしょうし
  .ヾ{   >'´_  `''ー-,ィ_,,。イ/// `'ー=ゝ|./、 ,'::i 从) iト      時間もないので、重要な情報だけ伝えます。
      .//´  >'´       /´ /.     i' ,`,'::::iノノ_,,。、      六つ眼、多翼の竜がいれば注意し、出来れば逃げてください。
      iゝ  //  _,,。s≦。イ  ./i 、 u.    _,,。s≦´   .|i.\   .それと霧が出たら、その範囲外に軍を逃がすように。以上。
        / ./, '´/ィ ./ _,。イ=| ゝ。  ―|i        |i  \
         .i´   /イ /:::>イ}is。ゝ-, |≧'' |i        |i   ヽ ところで今、そちらに霧は出ていますか?
         ',   i 从' i::/}´\.\:.:.:.:ヽヽ{/ア|i    _,,。s≦`'<.ト,.}',
                イ.∥.  \.\:.} -‐}ィ、乂ゞ''´     、ゝヽ}_)ノ           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                ./     \ 乂  } .)ゝ_)≧s。sv''''''´ゝイ´              .| こちらはまだ道中だが、霧は無い。.
                ./       ヾi} ´`ヽ_`}(__))ノ):.ヽ弌ニニゝ、              .| ……不味いのが出てきたのか?.
                {         )is。, ア´  _` }:.:.∧ ヾニニノ.、             ヽ_______________乂_
.

196◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 04:49:08 ID:AmPANP4c

        ./, '      /   |   ,ハ_,,.. ハ    || |:::|>
       /:::/  /   /___,  l|   |/  | / !  l  ハ./::/
      ./::::;   ,   ; /|  八  | ._,,. ='" |  ;  /く/
      ./__/!  .!    |/ |/_ \|      .| // .|
        |  .|   | -='"´   .       .レ'  |  '、    (竜の軍勢とダムド、嫌な予感しかしない)
         、 ヘ、   !             |  |    \
          \| 、_,,.ゝ、    「 `ヽ ι ;   |   ';   ':,  ええ。とにかく、霧には注意してください。
           /;   ハヘ、        ,.イ|.   ハ  l   !
          // /  /|,>- ..,,__,.. イ / !  / l| ./   /  あとは作戦開始後、倒したドラゴンが即座に蘇生したとか、
        ,'  ; /、 /_」__ _,r|___,|、 .レ'   //  /   アンデッドが出た、アンデッドになったとか、
        レ'´∨ .)´ /:::::::::{ト----‐'´/} ̄`7ー- 、 ∨     先ほど言った六ツ眼 多翼のドラゴンを見かけたら即座に逃げてください。
            / 、/::::-=rア´こ`ヽァ、::::::::::;    \


                __ _
                ̄ ̄ ` ミ.、
                >    ̄ ̄   、
            ___ /           >ー-.、
         /   .}_    /    |   _」     ヽ
        /   /.〉」   /'    i i  ヘ_!     i
.         {    ,.'._l   ./i     ', .',  ハ_、_  .,.-ト
        〉.__ ./    .' .|     ゝ.、  `!_|、._/!ノ
        /,/!   /! ! .!    .、   `    ヾト、..、
      /"// |   .| ',ヘ、.ヽ、 .|',!ヘ >、‐    トヽヾ
     《  i .' |   i i ニ式.=`.-.', | 三=-i-ゞ    !.|:| ゛
      ` k.! {   |!|! .弋:リ゛   }.! 代仂 | .! |   }"    もしそのような出来事があれば、それらはアンデッドに近いですが、
        >人  |i ,,,           ,,,  j./ i   ハ     能力的には魔神に近い、特殊な魔物です。
       /  へ !.!      '     u;/  '|     \
      / .i       >\   _    /'   ヽ  ,   ヽ  “穢れ”も持たず、神聖魔法の多くも通用しないので
     .' /i         \> . _ `. , .´ /     .}  i.    }  出現したら 真っ先に霧の範囲外に出るように。
      !/ .|             ', ,!、 .,ハ. i     i  |   !/  霧の中で数日滞在したり死んだりすると、擬似アンデッド化します。
     '  ゝ. __ヽ     }/: : :V: : :ヘ!-{    / 人 ./  擬似アンデッド化した人間は死体を焼かない限り、自然復活しますのでご注意を。
         i´ `' \ .. /: : : : : : : : : }::ヘ__  /  |                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
         |       i.ン:  >-, ― 、: : :i    / !                       | ……分かった。
         |    ./',: : / , .´ ̄_`  'ヽ:'   /  l                        | 他に伝えることはないか?
                                                          ヽ____________乂_
.

197◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 04:52:12 ID:AmPANP4c

              /´ ̄"`ヽ-,
             r'      !ζ‐-_.、_,, -.、
          ,i       /、}"´.:.`"=- 、_ヽ,
          ゙、ゝ,,--‐´、_r"/:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ, i
          !´,'i:i`.‐゙´:.:.:/:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.ヾ,
            |/i:i:::!.:.:.:.:.:i/‐‐-、 .',:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.!    r、=、
         /:./:|.:.i.   |茨テ'、 ヾ,:.:.:__:.i.:.|    ,, ゙i//゙,`ヽ,      今から用事を済ませ、無事だったら
      , -‐´,:.:.:.`ヽ-'.:.:.:.:.:i弋'ノ   ,_=、,'`',:|/ , -", -´i゙/∧. ',      .応援がてらそちらに向かいます。
    /γ´_,-,":.:|.:.:.i,:.:、:.:.、    , .リj゙/:.:/, -´, -"   !`i_',  i
    ´(/ ̄_./.:.:.:.!.:.:.|ヽ,:i.:.:.ヽ, r- 、  /, ‐", ‐´._  _  | iゝ、_|    流星を数発目印にしますから、
       ´i, ‐'"i.:.:.:∧:|ヽ,:.:.:.:ヽ-=, ‐´, ‐",、`ヽ:. ̄.:く, ! i'::::::::::,'    見かけたらそのあたりの空に注目しておいてくださいってね。
           |_;,/-、‐‐.ヽ;; -"´,‐"´}-゙r,、ヽ-=,´ ̄`/./\__/
    __       /    .ヽ,‐´, -"<ゝ(_(rソY、.:.ヽ'i    v、!  ,'      では、気をつけて。
  ,r/´/       ', , -", -",:.:.:.:.:.:.:~ミ彡イ.:.:.:.:.|, --.、 ./   /
 // i゙r,`-、.   , -´, -"/  ヾ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.;'.:'.;:.:.:.:.:/   `ヽ、 ,'
 ヾ, i゙ !、, ‐‐ヽ´, -,´   ___《.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.:.:.:.:'.:.:.:.i     ヽヽ,
  ヾ、___i_ 彡ヽ,`ヽ,r‐"  ヾ,:/.:.:.:.´.:.:.:.:.リ.:.:.:.i        ヽ,ヽ、





       .,;:,.'""   .,,_,,,...;.//                            .,,,,__...,,;:;'''""
   ...........,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''"..〈::〈 _ __  /´ ̄ `ヽ   .:::::::::;;;;;;;;;;;''''''"""'''""""
     .,,.,;:;:;:;;:'""''""''.-‐‐' ´: : : : : : :` 、    .        .""''''''''':::::......"""''''''"""''''…
':.,  …'"./´  ̄ `Y´. : : : : : : : : : : : : :\: \     }.'':::::......"""''''''"""''''…
''''"""'''"..l     /. : : : : :{ : : : : : : : : : : :.\: \__ノ.'''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"'';:;,.,.,    "":::::::::.
    ......|   /. : : : : : :/:!: : : \: : : : _: : : :.\. \≦≠ ニ二フ. .,,,......,,,,,;:;''"''':::...,,...;:;:;;:''""'
,.,;:;:;:;:;'''"..ゝ.__/: /: /: :.ィ.升ト: : : : ヽ:´\: : : : : :)>:\ \ \. ......,,_,,,...;:;::''""''''".;;;;.......,,,,...;:
 .,;:,.'""""''''.ノ: ノ!: l: : :|:l:|:.|:ノ\: : : .!: ,ィ≦k: : : \: :}: :\ \/..;:;;:;;::''""
       ///l: :!: : :!:l:|人  )\: :}´ i以リハ \ )メ、}ノ:.ヽ
      く/〈./人:j: :从八x==彡 )ノ    |:i: : : : \:\:ノ: :〉
         /:\: :.Ⅵハ    '   u. リ:i: :\: : :.\ :ヌ´   ……私の予想では、
         ./: : : /)ハY入   / }  /く: : : :l\: : : )     マルフォイ家はフォールン化した配下。
        /: :/:.//: :.:i:|: l }≧= i |<.┐ :): : :ノ ハイ
          レ〈:.∧!: : :リ人!:F干| .j´ニ.|イ⊥く ⌒\      この度のドラゴン襲来にも一枚噛んでいるか、
            )/\:.(`Y r┤厂 ∨:::::::://       ヽ     それを踏み台に配下の増員を目論んでいる可能性が高いとみた。
          /   ヽ) | j::ハ厂   |}`ヽ:j/        i
         /       Ⅵ::::{〈し'⌒ リ }:〉/         .ト、
       i         /::::::入\___メ.メ∧ 「j_     ノ 〉

198◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 04:59:30 ID:AmPANP4c

           _  _
          /  /: : : : ヽr― 、
         人 ' : : : : : : : :〉{  ;
       r===彡:/: : : |: : : : |: 乂 _ノ   _
       r=彡ノ:.|: : : |: : : : {: : :Y_≧=彡⌒´
       _ {:.|:.|: : :人: : : :\: : `<⌒     まずいですね。
      {乂ハ人|: : : : :\: : : : : : : : : >     ただでさえ強いドラゴンがフォールンドラゴン化すれば、
       Yニ〕ノ{Vヘ从V´ ̄ `ー、¨´ __    肉体系能力が1レベル分くらい強さ跳ね上がる。
        }}/  {:i:i:i:i:(:i:{ 、    /<=´
      _人_厶:i:i:i:\:、\_,/ <//{ト _              特にアンデッドの如く、死体をダムド化させることを考えると
      </ノ〕ノ〕 ヽ\:i:ヽ  | `⌒ヽ{{_{ { {> .,,__     __  対軍勢への脅威度は跳ね上がる。
        Uヽ_ノ   }-=ミハ  |      }V/- _人_)- '≦ヽ<´ 事前に対処するのは……難しい。
         --==ミ〈:i:i:i:i:i:i:i廴_)     し'    `⌒¨¨´   あれは半分、アンデッドと同じく自然発生みたいなものだから。
            /:i:i:i:i:i:i:/ ̄ \==ミ、
         __/:i:i:i:i:i:i:/ _  >~ァ
     _ <:i:i:i:i>~~~´⌒ー彡-<
┌──────────────────────────────────────────────────────┐
│ただのドラゴンでも普通の人には荷が重いのに、フォールンと来た。                                          │
│華扇的には、ちょっとした特殊能力がついてくるだけで魔法能力は劣るので絡め手で凌げば余裕、という印象だが            .│
│普通の人にとっては「ドラゴンが蘇生する」「能力が向上する」上、「やられた味方がアンデッドのようになる」という阿鼻叫喚な現象。│
│そんな大惨事がフォールンドラゴンの出現によって巻き起こる上、現れることは基本的に予防出来ないと来た。            │
└──────────────────────────────────────────────────────┘


    ´    `<´ //|ヾ: : ̄`: 丶: : :: :\/
 /       ∨: /: |: :\: :`ヽ: : :`:ヽ: : \
/           |ヽ!: :.|: : : :\.: : :\: : : \: :ヽ |ヽ
          l ノl: : :|ヽ : : : \ : : |ヽ: : : :\:∨:ノ
          / } |: : :|! \: : : : : : ! >‐┬≦:`.────- 、
ヽ        _イ: |: : :.|ヽ、 \: : : :.∨ィ行│: : : : _: <二ニ二_`ヽ
<辷 、 _//_/: : l: : : |i  >-`丶、: :',{!:リ !: :/:ヽ: : : : : : : : : : : `ヽ    クイーン
  ゝ─仏⌒!|:|: : : ノ : : 下てうミヾ   ̄,`‐' Y: :>─--イ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ   “女王”種……
   ,イ/: : :/l|:l: : : : : : : 代r'::::::リ          lヾ: : : : : : /
  /,.イ: : :/ /: |: : : : : : :イ、ゝ-‐'"         ハ : : : : : : :'、       フォールンソウルを生み出す“女王”を、
///l: :./ /l : :l: : : : ヽ/: :.`ヽ. u  r⌒  /ヽ、_: : :/⌒ヽ      .マルフォイ家が連れているというのであれば
/ ./: |:/ /.: | : :|: : : :/:\: : ハ    ー' /: : : :__/            それを撃破することで解決出来るのですが。
  /: / /: : :ト、: !: :/三三≧ミ、: l三ミ¬<: : : : : :`:ヽ.
 ,: ハ⌒|ヽ: : :\`ヾ __三三三ヽ三}ミー"三ヽ、_>─ 丶         ああ、そういう話だといいなぁ。
 !: ! ヽ:.l \: : : Y´ ∧三三三ヽ/三ハミ/ヽ三三三ミヽ        “竜刃星”は出ていたかしら。
┌─────────────────────────────────────────────────┐
│フォールンソウルは“竜刃星(ミセリア)”と呼ばれる箒星がラクシアに近づくことで、その星からやってくると言われている。|
│もしくは、“女王種(クイーン)”という特に強力なフォールンソウルが生み出すかのどちらか。                   │
│後者であれば、“女王種”を華扇が撃破出来れば 状況は解決するのだが。                          │
└─────────────────────────────────────────────────┘

199◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 05:09:29 ID:AmPANP4c

   / ̄ヾス-―‐-、r' ⌒ヽ
  {   ,/´:::::::::::::::::::`ヽ、 l
  ヾ_ィr'::::/::::,:iヽ/i::::,::::::、:ス
    //::::l::l::,ハl  l/l/i l .|
  /∧::::|::レ -‐‐  ‐- l .ハ/    .別の問題でも手一杯なのに、
  〈/l::::トi::::{.   r┐ u.}/\>   まだこんな厄介事がこの地方に眠っていたんですか……
   ∨iイヘ|ゝ、__ _.,イレ
       /`,:`ir‐':.`ヽ、     繋がっているのであればまだ楽に、
     〈ヘ/ 〉/::@:::)、〉     ああいやそれはそれでなおさら厄介ですが。
      辷|〉}::{|:::_ム__|      とにかく、片っ端から解決せねばなりませんね。
     ムミ|/辷::::::::::.} |ゝ
┌───────────────────────────────────────────┐
│というか、キル穂だけでも厄介の種だというのに ここに来てフォールンの出現か。             │
│平和を脅かす存在が増えたことで、面倒になる。                                    │
│華扇の他に解決してくれる冒険者がいれば、本当に助かるんだけど生憎そんな存在に心当たりはない。│
└───────────────────────────────────────────┘



          ,.,;:;:;:;:;'''"..,.;:.,..,;:;:;:,.,._, ...,,,...,,,,,,,
       .,;:,.'""   .,,_,,,...;/   `ヽ                       .,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;...
   ...........,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''"./       lア─- 、      .:::::::::;;;;;;;;;;;''''''"""'''""""
     .,,.,;:;:;:;;:'""''""'<从     、_〃: : : : : : :ヽ、       .""''''''''':::::......"""''''''"""''''…
':.,  …'"  ...,,,,__...,,;:;< __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ....."""''''''"""''''…           ...::::::
''''"""'''""""."".__/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i;:;:'''""''''"":;:;''"'';:;,.,.,    "":::::::::. .""
    .....,,.∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /''"     .,,,......,,,,,;:;''"''':::...,,...;:;:;;:''""'''"";:;.:;;
,.,;:;:;:;:;'''""""""..//: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y.:.    ......,,_,,,...;:;::''""''''".;;;;.......,,,,...;: """''''''
 .,;:,.'""""''''''/ ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i.,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""               .""''''
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',
.  . :..  /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
 ....,,.,;:;:;:;;.i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄
…'"   ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、   u.ノ: |: : i/      ……とにかく、フォールンが杞憂でないか
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!       確かめるために、この館を探索します。
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ     その後で、ヴァンパイアのトドメですね。
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ    ただの霧であれば、ほんとうに助かること
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、           この上ないんですけどねぇ……
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY
┌──────────────────────────────┐
│……いなくはないが、彼らは彼らで別の、私欲的な目的を持っているし、 .|
│実力もまだまだだし、何より接触しづらいので思惑から省く。          .│
│せめて13レベルは無ければ、キル穂の相手にはなりそうもない。      . |
└──────────────────────────────┘

200◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 05:15:40 ID:AmPANP4c
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
><.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
    ><.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
 .;     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     .; |
     n                             †            †       __   ♀
  .: . _.L「L「| 「|_ † _  .「|| † 「| 」^L 「「|_「L _「lL   .「「|ニl.  † _「||_   .「 「| ./ ̄ | || [ ̄ ̄ ̄]
     l l |Ti.「=#.| | | 」 Liニ .コ 「 ニl]l 「 [  ニlコl|. ¨| |「 | ̄  ̄「|=┸ ̄| i「   l |.| | l二 二lコ
     l |__l_ |」 |l.| | | .| F | ||  | ||    | | |_|||二|_||   ̄| 「i ̄     .| || [ ̄   ̄「l  | ||.  ̄| ̄|
     _ __.|_|   _| |_|_.|..l= .|_||  | ||    | | |_____   .| l |-=====- |_|| | ̄ ̄ ̄| ̄i | ||─‐┴─┘
     .| | |   |_ __|_|      L|l ==== .|_|_|、___\ | l l.         |      |  l |_|| ̄ ̄ ̄ ̄\
     .| | | ̄\ | | |                       |_l_| ̄ ̄ ̄\  .|      |  |    ̄ ̄ ̄ ̄
     .| | | ̄ ̄ | | |                         ̄ ̄ ̄   |      |  |二二二\
     .| | | __| | |____                         |      |  |____
     .|_|_| \_| | |_____\                 ./ ̄ ̄ ̄|      |/       /|
            .| | | 、─────────── 、.         i ̄ ̄ ̄ ̄'       ̄ ̄ ̄ ̄|  |
            .|_l__.! \                \    | ̄|                    |/
                  \____________\   |.   ̄ ̄ ̄ ̄|      | ̄「 ̄ ̄
                                       /|      |  .|      |  |
┌────────────────────┐
│その後、探索を再開した華扇の結論を言うと。.  |
│フォールンドラゴンが実在することが判明した。...│
└────────────────────┘

201◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 05:15:54 ID:AmPANP4c
エ エ|//l 77\ \夫l夫l夫l天l天天_天天|天|夫|夫|夫/ /77|//|エ エ
 エ .|//|'777\ \夫|天|天|_ィ≦ ≧ュ_|天|天|夫 / /7777|//| エ
エ エ|//l \7777\ \/´ヾ. マ 、  ./ ,r'`iヽ、/ /777/|//|エ エ
 エ .|//lxxx\7777\ ,`<..┌┐∨___/.┌┐..>'、../7777/Xx|//| エ
エ エ|//|'XXXx\_/´ > / |.| |´    `| |.|∨.<´ヘ__/'XXX,|//|エ エ
 エ .|//|XXXXxl工 {____ . /: :|.| |      | |.|:∧__} 工!'XXXX,|//| エ
エ エ|//|XXXXx|エエ| |::, :|.| |      | |.l:、:| |エエ|XXXXx|//|エ エ
 エ .|//|XXXXx|エエ| |::%:|.| |      | |.l::%:| |エエ|XXXXx|//| エ
エ エ|//|XXXXx|エエ| |:::`|.| |      | |.l´:::| |エエ|XXXXx|//|エ エ
 エ .|//lx 、.λィ;|エエ| |: :|.| |      | |.l: :| |エエl;、λ.ィ x|//| エ
エ エ|//|x .)νノ;|エエ| |: :|.| |      | |.l: :| |エエl; )νノ.x|//|エ エ
 エ .|//|X,マY7x|エエ| |: :|.| |      | |.l: :| |エエ|xマY7'X|//| エ
エ エ|//lXX∨ x|エエ| |::, :|.| |      | |.l:、:| |エエ|'x∨XX|//|エ エ
 エ .|//|XXXXx|エエ| |::%:|.| |      | |.l:%::| |エエ|XXXXx|//| エ
エ エ|//|XXXXx|エエ| |:::`|.| |      | |.l´:::| |エエ|XXXXx|//|エ エ
 エ .|//|XXXXx|エエ| |: :|.| |      | |.l: :| |エエ|XXXXx|//| エ
エ エ|//|XXXXx|エエ| |: :|.| |      | |.l: :| |エエ|XXXXx|//|エ エ
 エ .|//|XXXXx|エエ| |: :|.| |      | |.l: :| |エエ|XXXXx|//| エ
エ エ|//|XXXXx|エエ| |: :|.| |      | |.l: :| |エエ|XXXXx|//|エ エ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┌───────────────────────────────────┐
│マルフォイ家屋敷の、ヴァンパイアがいたあたりとはまた別の一角の地下に繋がる、.│
│カタコンベのような大広間の奥の扉に……                           │
│耳と感覚を澄ませたが何の気配も感じないと、安心して開いた先。              .│
└───────────────────────────────────┘

202◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 05:22:23 ID:AmPANP4c
             | | `゙ヽ、ヽ、    ∧´,  .l }´              ト--,、 ヽ、 ヽ、      ヽ,
         .    !`.',`丶、 `´`゙`゙/、 `'|',  ,l}.      イ        /‐-/ `ヽ、`ヽ-ヽ、     l ,,. '
              ',__.',_ _`` ‐- / ヘ、.| ',,'l {   /'/|,'        l`ヽ.| `ヽ  `ヽ、  `ヽ,. '´、
              ',__',__``'''‐-| `ヽ、 .! .,|.|∧ / //./,.       /__ .|`ヽ、``丶、 ` > ´ |   ヽ
               ', ',  ``''‐-ト、  || ',.レ-/ /´./ノ|/l       |. ``|`丶、`丶、.`/, |  |    l´
               l`´ヽ`゙' '' -ト、 `゙`|.l / / // //       !'''‐-|`ヽ、 `ヽ./', ',.|  ヽ   .|
               ヽ"´ヽ´`゙.‐ト、`゙ヽl}、 | ./__/ />'        ,'ヽ‐-ト、 ヽ、/  ヽ .',   l   |
                ヽ,ィ \ヽ|l、`゙ 〉゙}`'yゞ,'、>´>        l`゙' l ‐}、 `ヽ/\   ', ヽ  ヽ  |
                  ヽ  ヽ、、`  '{l、,/-l/ヽl.‐/´        |`゙ ノ、/ ヽ./\ `丶、ヽ .ヽ  ヽ .',
                   ヽ r‐‐ヽ` ゙ll''´'ソ、シ"〈        _,,..イ``'ヽ' `ヽ/\ `` 、  `ヽ、>-"´
                    ヽ∨ r-,-、/{l'''"{´ヾ'||',    ,,. '´|  , ヽ ヽ/\ `ヽ、 `ゝ'´ |  | |
                     ヽ ,' / Y  〉´ヽ、r-トヽ、,. '´l   y /   ',´ \ `ヽ, >´  | ゙l l lィ '
                      y/  lヽ/ヾ-`'''' "',  ノ  /   / l    ',   ヽ、/, l  ! l ノ´
                      ヽ /|/|`ヽ__'´,"ィ´ヽ、. /   l  ヽ   ヽ   / } l l  lノ´
                       ヽ//.|ヽ、 ヾ ィ-'" ノヽ、  ヽ l   ヽ   .ヽ/  l  l ',/
                       //',.| rヽ`、゙' //´ィ _  ',  ',ヽ   ヽ,. ' ´l   ヽ l/
         .              |/レ'.|´`ヽ-‐`/l /´  r l   l ヽ / |   ヽ  /
                        !ノ´ | ヾ``-‐'レ   / ',ヽ、 〉-‐"l  ヽ    l/´
                       ∨´ヽ´`ヽ`ヽ-ヽ  / lヽ !, ,、_ _ _ \ ヽ l ´r'
         .               ∨´|__゙_‐-`、,'´ゝ |  ', ヾl | | ィl` ‐-`―`―ヽ
                         ∨ヽヽ、_ヽ-‐'''" ゝ ヽ '''"´/从ノ-\´ヽ   `` - - = .. ,___,、
                         ∨'`'' ' ヽ--'  /  /  / /ノ从ヽ|ヽ   ヽ _ _ ,.  ' ´ ̄`''' .ヽ
         .                 ∨´ヽ-‐`ヽ /  ノィ '´ /ノ从ノ  lヽ\  ,    ,,.  ' ´ ̄  ̄`ヽ
       __ __  _                 ヽ_ `゙ゞl゙'/ /彡/ |ノノ  ..!     l ̄ ´
       (__}} : : : `ヽ)              ',ヽ-  〉/ ̄/`/ /\  ノ',     l_
       l : /人ハヽ}               l   /彡ミ彡ミ /  l` ´  ∨    ヽ
       〈;ハj、゚ ゚ ノ;〉                |   l  |  | ', ',.  ノ     \ ノ`ヽ |
        ,<´i:@l'>、                    j Yヽ,__}、 |、 ', .}  l       `ヽ   ヽ
         〈シ'_l:.:.:.:lヽj           ,.  ' ´  ̄.l /  }/ )´/l,'´ ̄  ̄` 丶、  |    .ヽ
         `¨'T」7¨´         .,. ' ´      '   '  '´           ``丶、__l___
┌──────────────────────┐
│まさか、最大級の大物が息を殺して潜んでいるとは、. |
│予想を超えていたとしかもはや言えない。       │
└──────────────────────┘

203◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 05:24:49 ID:AmPANP4c
ここまで

204◆iWAc./ZK.62016/04/18(月) 05:27:34 ID:AmPANP4c
ところでモンスターの対抗判定とかで数値を出す時は、魔物レベル+7にしとけとかいう話だそうですね。
……つまり25レベル魔物なら目標値32ですよね

205小さな名無しさん@この板は300レスまで2016/04/18(月) 05:38:14 ID:AA/lbYkQ
おつ

206小さな名無しさん@この板は300レスまで2016/04/18(月) 07:37:23 ID:6k30Nuj2
おつでした

207小さな名無しさん@この板は300レスまで2016/04/18(月) 08:35:41 ID:SnAJqgEk
おつでした~

関連記事



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する