剣と魔法と邪道プレイ 第156話


284◆iWAc./ZK.62015/06/08(月) 02:00:01 ID:gAzJYyn2
             ̄ ̄ ̄ ̄   、
       ,イ´              ヽ      , イ ̄ ̄ヽ
       /    /                 ヽ / ___ -- `ヽ
     /    /                        ヽ
     ,′   /                     ヽ    ヽ
    ,'     i     /                 ヽ } ヽ   \
    {    |    i  /  //  / / /l     ‘,i  \    ヽ
    i    |     |   i  //  / / / |   |    il   ‘,ヽ   \_
    l    |     |  |_ii_⊥ / / |  ! || ! }    i   ̄ ̄
    |    , i|    l l ´ | | || /| 丁,'  ! 廴 /} | |    ! |
    |  ,'  |     | |,≦芋斧圷| | i  /__ //ヽ| ! !   | |
    |  {  i|    | i|《 ら:::::::::/ ! i|リ ´え 7》 / /  i}   ! !
    |   ヽ |   | |  辷zzシ   |/   ら::/ // // /.!  |/
    |    |   |ヾ、      /   ゞ-′〃/! / | 〃
    |    |   |               / / | /  i| /
    |    |   |           ´   イ /  |/  〃    大したことは話せないけど。
    |    |   | ヽ     ` ―  /| | /  /   /
    |    |   |  >            | |/  |
    |  /::::|   |.       ><    /| |   i|
   イ |:::: : |   | ヽ、  / i\    /. |    |
<´    |::::::: |   |    / ヽ ヽ/ > . |    |
┌──────────────────────────┐
│と、学園長は前置きし 私の質問に答える。            │
│一つ目、私に「一ノ瀬はじめ」と名乗った彼女の正体について。. |
└──────────────────────────┘



      `ー- 、_/   |/                | ヽ
          / /   /  i / /  l ハ l  |、  | i   | ゙}
          / /  / /  | | /| /|/ | ト, |i  | |  |゙  |
         | /  ,' { l,  |-|l‐|‐|-| {  }-|‐| |ー|、||  |  |
         リ |  | ヽ{|ヽ  |,yー-t、 ゝ / ,-tー-t、|  |  |
           } |、 ` '、 |'、弐:爿 ´   ` 弐::り, '| {   |
          ヽ| }  |  `ヽ ゞ-‐'-     ゞ‐-' /| |゙}  |
            ` |  |  |       ,        | |ノ ノ
             | |  |、     _      | | |/
             ゝ,|  | ` 、   ` -`     /| | |,′
             | |  | | `i 、     ,. イ  | | |'     はじめちゃんのこと……
             | |  | |,-´|、 ` ー ´ | |   | | |
             / |  |/ {゙  \   /|ヽ  .| | |     の、前に。華扇ちゃんが
            /,..._|  |   ヽ   ` ,、/、  } ヽ_ | | |     それに辿り着いたってことは
          _/ __|  |   \  / | ヽ |  | | |_l、_    彼女の正体を見たの?
          ,<__ / |  }    \/ヽ/ `|  | | |   `i
        /   ヽ  |  |      ヽ/ _//  | |  |  | |
        /    \|  | 、      \ /   / '、 |  | |



287◆iWAc./ZK.62015/06/08(月) 02:03:09 ID:gAzJYyn2


                /   `ヽ
               /       lア─- 、
               <从     、_〃: : : : : : :ヽ、
            < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ
         __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /
         //: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y
        / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',
.      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/        今 質問をしているのはこちらなのですけど、
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!         それに答える必要があるとは思えませんね。
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ     (正体が「ドッペルゲンガー」のことか、それとも「国広一」の方なのか。
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ     どちらかは分かりませんけど、私が喋った内容に合わせて
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ     如何様にも嘘なり誤魔化しが効くでしょうし。
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY               先に答えれば損しますね)
.        ///    / ∨:::__;ィ千r'/丁
┌──────────────────────────────────────────────────┐
│華扇は、「一ノ瀬はじめ」の正体がドッペルゲンガーだったとも、国広一だったとも明言していない。               │
│とはいえ、まるで別人な一ノ瀬はじめの姿を見た=ドッペルゲンガーの能力で化けた、だとか                     │
│急に国広一の名を出した発言の流れから両方知ってることは推測できるが、不都合があれば偶然で済む程度の発言。 │
└──────────────────────────────────────────────────┘


                      丶、  ―― __
                ̄二ニ=.、,   ´       `丶、
               /                  ー-、
               /  /                  ヽ
             /  / ,              \    |
         -=ニ-‐''/   // /   ヘ     }     \   l
             /   / .i .│ l ./  |   | i l ヽ  ヾ  |
             i   ,イ .| .| │l   l .l   |l│l | j j  Y |
             | / { |..!-l/‐レ、  l/ リ_l,.|-‐サナ|   l リ  |
             | ,'  |  |ゝ┬┴、   -=T ⌒¬ |  | |  |
             l l  .i  | ヘ !  |     l   j |  | l  |
             l  .l  ll  ゝ .ノ      ゝ _,ノ .|  | |  |   華扇ちゃんの知る彼女「一ノ瀬はじめ」は
               | ハト、             /|  | !  |   ご存知の通り、本当は違う人物で
               レ' | `ト . _.  ⊂⊃   _ ' :|  | |  |   国広一という冒険者だったの。
                 | │  i ` ┬ ‐ .<  | !   | |   |
                 | │  |  ir∧∧:::::::ゝ! !   | |  |
                 | │ /::::::〈∧〉゙:::::::::::ヘ  | |  |
┌──────────────────────────────┐
│藪をつつけば、蛇が出かねない。                        │
│人族圏に住まう大抵の「蛇」は物理的に潰せるけど、社会戦は簡便な! │
│なので、なるべく立場を危険に寄せぬよう慎重に話を進める。      ..│
└──────────────────────────────┘

288◆iWAc./ZK.62015/06/08(月) 02:03:25 ID:gAzJYyn2

       ,'          !: : : : :ヾ: : : :ヘィ  ̄ ヽ
        i             ム: : : : : : :',: : : : :ヽ     丶
     _ム        /〉 : : : : : : : l: : : : : :ト、      }
      ヽ人      ィ 、∧: : i: : : : : :|: : : : : :|: ',   /
     ィ辷リ斗イ厂てイ :/ ':,: :|: : : : :∧: : : : : |: :l  ム
   ///: : ': : : : l: : : : :/丶 ヽ|: : : : :|: !: : : : : |: :|" rx′
  /ミ//: : :/: /: : :リ: : :/ _ ヽ、j|: : : : :|: |: : : : : |: :ト<│!ヽ
/三/イ: : :イ 7 : /: :,イてアト、 ヽ : : : :|∧: : : : :∨: :|//}!|
ヾ⌒  !: /: lト|<ニイ |!:::::::::::::∧ \: : :| ヽ: : : : :\匕ィ/       国広……やはり、そうでしたか。
    !/: :从ゝ: : : :リ代辷>´ j!`  \j _⌒` ┬─<
   /: : :/: : : 〉.: : : :| ゛ー      ィ:て>r、/∧: : : : \   / }  しかし ウン十年前の人間が
 /: : :/: : : イ : : : : |        , 辷´ "//: : : 、: : : : :\/  ノ  何故 名前を伏せて、わざわざ
/: : : ://: :/: :|: : : : /            ゙ /´\:_:.\:_/⌒/   .学生として活動していたんですか?
: : : : :リ: /: : : 人: : : l 丶  <⌒,    人: : : : :\  ̄_/へ /
: : : : :ヾ{三三辷\: ト、 \ ___ <:\ \: : : : :Y   ゝ、へ>七フ
: : : : : :∧三三三≧、 \//>'弋辷⌒ヽ  \: :/ ヽ/  ) 〈  /





       _, - ̄ ヽ=.、,  ̄'´ ̄` ヽ
      ` ーー-ァ‐     `´  ヽ  \
        / / ///.ハぃ ! | ヽ 、ヽ
       / イ'/ レv/  v\i リ .l  |  それは、次の質問である村の件にも関わるけど
       | l !{ レ┼l‐l   l┼|| |、| |  もう一つは、国広一の姿ではハインラト王国から
       \!ヽ| | ●   ●|.| |ノ.| |   指名手配を受けてるってのがあるね。
           | |ヘ⊃、_,、_, ⊂⊃| | |
          | |/⌒l,、 __, イァ| | |   ちょうど少し前の華扇ちゃんみたいに。
          |./  / ∧∧彡" | | |                            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
          ||  l::::〈∧〉::::Ⅵ| | |                             | その件は無しになったので
                                                   | わざわざ突かないでくれます?
                                                    ヽ_____________乂_

289◆iWAc./ZK.62015/06/08(月) 02:06:13 ID:gAzJYyn2

                    /                    \ィ´  ̄ ` ーァ
                        /           , ´               ___ノ
                       ,′       /  /                `¨¨ヽ
                    / /        /  /      .:´                ,
                      / /        /  i.       ,′                ,
                  / /        /   ,|       /  1        ヽ  、 ',
                    / /        /   ノ,'|.      l _,' !          i | \ '
                / /        / Y⌒ヽ!      l ./ |ト、|    i|  l| |  `’
                 /        /   { i´ ト|i     |/.、__|i. |ヽ ハ  i|  l| |
                  ,' /        /  . : 廴  |i    Ⅳ  ゞミ、 |. / | i|  l| !
                 , /        / .:.:.:.:.:.:.:! `. |i    !.       |/ /レ′ 八 |
             , /        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:l  |i  l |          〈: : ::|/  リ
              〃       .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   |i  l |           >: :|
             /       ′.:.:.:.:.:.:..:.:.:.!   |i  リ   ヽ二マ x ´: : :|     まあでも、流石にもう随分と昔の話だから
                  ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  |   |、    /: : : : : : :|     当事の話を知る人物は少ないけどね。
           ,       .:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人  |   |.:.:.┬ .´: :!: : : : : : ::|
                     ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  ̄` |   |: : ::i: : : : |: : : : : : : !      手配は取り消されては無いと思うけど……
           i       ,.:.:.:.:.:.:.:__/≧ュ _|   |: : ::l: : : : |: : : : : : : |
           |        i.:.:.:.:./二二二二≧ュ|   |_::l: : : : |: : : : : : : |                   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
            |       l.:./::::::::::::::::::::::::::::\::|   |丶}-、: : ::ト,: : : : : :|                    | ちなみに、何の容疑で
            |       レ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   ヽ≧ュ\へ} : : : : : |           ノ`Y__     | 手配を受けたんですか?
            |       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  \::::::≧ュ\: : : : :|            /  ノヽ ヽ-、.  ヽ___________乂_
            |       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} i   \-―‐\: : ::)            /   {_/  八}、
             |      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::卜!    |::::::::::::::::::\;’         /       ′ 〉
             |      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::リ   |::::::::::::::::::::::::ヽ         i
             |      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::i'    /`ー―――一\   _   !         /
             |      ト::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::::,′  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::} /::}ヽ丿      /

290◆iWAc./ZK.62015/06/08(月) 02:14:20 ID:gAzJYyn2



              _, - ̄ ヽ=.、,  ̄'´ ̄` ヽ
             ` ーー-ァ‐     `´  ヽ  \
               / / ///.ハぃ ! | ヽ 、ヽ
              / イ'/ レv/  v\i リ .l  |
              | l !{ レ┼l‐l   l┼|| |、| |
              \!ヽ| | ●   ●|.| |ノ.| |    殺人。味方、仲間殺し。
                  | |ヘ⊃、_,、_, ⊂⊃| | |    あるいは国家にとって重要な人物を
                 | |/⌒l,、 __, イァ| | |    損失させた現行犯として手配を受けてます。
                 |./  / ∧∧彡" | | |
                 ||  l::::〈∧〉::::Ⅵ| | |    その殺害に関連して余罪がありますが省略。







               / ̄ __`ヽ
              -┴/´ ̄: : : : : : ̄:`:.ヽ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
    / ̄ `ヽー"、: : : : : : : : : : : : 、: : : : : : : : : : : \
    /      ヾ 〉: : : : : : : : : : : : :\ __: : :-‐ : :\: \
  /        |トヽ: : : : : : : : : :i、: : : :ヽ´: : :__: : : : ', `ヽ
  |       〃 }: : : : : : : : : :|_ヽ: : : : ヽ彳、ヽ: : : l __
  l         ノ: : : : :ヾ.: :/ :|  \.: : :| ヾ::ヽ 、: : :ヽ  ̄. .―. .、
  丶    ノフ /: : : : : : : :メ: : : :!≧= ヽ: :|  ゝ'  \: : \: : : : : : :\
    ヽ、゙テ/┌": : : l: : : : : : : : : :ん_ハ  ∨        ', : : :ヽ ̄ ― 、 ',
     7/-┘丶: : :'、: : : : : : : i:||:::::::::〉      `  l: : :/:|、     )'
    //リ: : : : : :゙、: : : : : i.: : : :l: |ゝ-"       ,ィ  /レ': :l: :ヽ     国家にとって重要な……誰を殺したんです?
   //  |: : : : : : :l: : : : : |: : : :|: : ヽ       // /: : : :/: : : l
  //   l: : : : : : :l: : : :i: :|: : : :|: : :ハ:.\     ` /: : : /: : : :/           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
 //   /: : : : : :/: : : /: :l: : : :l:/: :ヽ: :ヽ―――<.: :/: : :/              | 当時、パーティを組んでいた
//   /.: : : : : :/: : : /: :/ : : ,イ: : : : : ∧: :|    ///_:, -'‐ 、 _            | 冒険者メンバーの一人、
/   /.: :/.: : :/: : ,イ.: :/: : :/: |: : : : : :|=∨==' ´::::/     ̄  \           .| “魔動人造人間”のキル穂を殺したの。
   /.:/.: : :/:.: :/. |: /.: : ://〉.: : : :/ヽ :::::::::::::::::::( {  / ̄ ソ⌒  ヽ        .ヽ_________________乂_
   /イ: : :/イ:.: :/  |/l: :/´  l: : :/   \::::::::::::::::ヽ }   )ヽ  ヽ |
    |: :/  |: :/    l/   /|/      \::::::::::::::l ヾ ̄ ⌒/ }/...、
┌──────┐
│……ん?   │
└──────┘

291◆iWAc./ZK.62015/06/08(月) 02:16:09 ID:gAzJYyn2


                    //
               〈::〈 _ __  /´ ̄ `ヽ
             . -‐‐' ´: : : : : : :` 、    .
.      /´  ̄ `Y´. : : : : : : : : : : : : :\: \     }
      l     /. : : : : :{ : : : : : : : : : : :.\: \__ノ
      |   /. : : : : : :/:!: : : \: : : : _: : : :.\. \≦≠ ニ二フ
       ゝ.__/: /: /: :.ィ.升ト: : : : ヽ:´\: : : : : :)>:\ \ \
       ノ: ノ!: l: : :|:l:|:.|:ノ\: : : .!: ,ィ≦k: : : \: :}: :\ \/
       ///l: :!: : :!:l:|人  )\: :}´ i以リハ \ )メ、}ノ:.ヽ      ルーンフォーク
     く/〈./人:j: :从八x==彡 )ノ """.|:i: : : : \:\:ノ: :〉    .“魔動人造人間”を殺したところで、(実態はともかく)
         /:\: :.Ⅵハ""  '     リ:i: :\: : :.\ :ヌ´    記憶以外には何のデメリットもなく蘇生できますよね?
.         /: : : /)ハY入   / }  /く: : : :l\: : : )
        /: :/:.//: :.:i:|: l }≧= i |<.┐ :): : :ノ ハイ                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
          レ〈:.∧!: : :リ人!:F干| .j´ニ.|イ⊥く ⌒\                       | ええ、当然そうだけどルーンフォークにも
            )/\:.(`Y r┤厂 ∨:::::::://       ヽ                        | 人権は認められているし、当時の彼女らは
          /   ヽ) | j::ハ厂   |}`ヽ:j/        i                         | 救国の英雄ということで非常に強い国民の
         /       Ⅵ::::{〈し'⌒ リ }:〉/         .ト、                      | 支持を受けた直後の出来事だったから。
┌──────────────────────────────────┐ヽ__________________乂_
│キル穂という名前を聞いたのは ほぼ初耳(*)だったと思うが、                 │
│それ以上にフェイト学園長の話に疑問点が幾つか浮かぶ。               │
│第一に、彼女はルーンフォークに似て異なる“魔動天使(マギテック・エンジェル)”であり  |
│どうも話で勘違いしている(か、あるいは伏せている)こと。                    │
│第二に、あのキル穂が英雄だともてはやされている節があること。           .│
└──────────────────────────────────┘

(*)厳密にはいつぞや“猟犬”が出てくる直前の白昼夢で聞いた覚えがある。

.

292◆iWAc./ZK.62015/06/08(月) 02:20:01 ID:gAzJYyn2
┌─────────────────────────────────────┐
│魔動天使の件は、比較的マイナーな話なので知らなくても仕方ないだろう、と割り切れる。. |
└─────────────────────────────────────┘
            _      ______
          ⌒\ \ /    ―‐     \
             r―┴             \   \
          /    /⌒        \   \
    __ /  / ./ /     ハ   \   \      |
     \ __/  / /  | |l | |l |  | |l |l    |     |
        / / ∨  | |斗 什十¬TΤl |l  |     |
         / /   |l | 匕z‐ミ    了)苅ヽ|l  | | |
          /|   八| ,〃)刈    Vzツ |イ   | | |         それに、蘇生しようにも
          |/ l| /l  |\|  Vツ ,    ´^`` |l  「 ヽ   |           死体は見つかってないのよ。
            V|八 | |   ´^ ヽ       |l   |_ノ |  |
                ヽN 八   - ―    |l   |   |  |         国広一が彼女の死骸ごと持ち去り、
                  |   \         , |l   ト.  |  |           逃げてしまったから。
                | l   ∧〕ト    / ;   | 〉\  |        さっき付け加えた余罪はそれに関すること。
                    |l  |  |  〕冖´彡 |   |′: :|   ‐-    _
                   |l  | -‐   /|〉ヽ/ |   |: : : :| _     />
                   リ   | -- ::/: |ΧO | /7⌒\|:::::::‐- </::::::::ヽ
              /  /⌒)‐┐:./L/|〈/^\  Y::::::::::::/:::::::::::::::::|
                /  /  / )_: :|    / /^\   ノ::::::::::/::::::::::::::::::::: |
              ′ |    /  〉 __/ /^\   ノ/ ‐∧::::::::::::::::::::: |
┌───────────────────────────────────────┐
│だが彼女が、引いては「魔術師」がマッチポンプを目論んだ諸悪の元凶だということは       │
│「私」もスフィンクスの知識を得なければ知らなかったほどの事実だけど               │
│それを差し引いても違和感が拭えない。それにキル穂が解放された直後、            │
│このナイムハイラが奴の手引で襲われたのにフェイト学園長は何も調べなかったのだろうか?. |
└───────────────────────────────────────┘

293◆iWAc./ZK.62015/06/08(月) 02:22:25 ID:gAzJYyn2

           _,,..,,_ ,,,.. --- ...,,_
         ., '´    `ヾ      `'  、
         {    r/]/        \- 、
        rゝ-='" ̄, '  ./´   ハ    ヽハ
         く/    |/   /_」- /|  |    ∨、
        /'/     .;'  ./fてl!`ヽ |  / |    |/
       ,|/   r|  {弋_リ   |/ト./  |  ハ\
     / ,    .八  | `´     ァr'|  ,ハ /l」ヽ/
    /  ;'    ,   \|       , lリハ!/|イ、
     { /|   ./|  ./| l    _    ./ 八、 \    でも、学園長は
    ∨ソ 、/ 人 ,ハ レ |\     ノイ  )\ ハ   彼女の真の居場所を知っていたのに、
        }/こ ヽ|/-、 / >=ァl斤/ | イ  リレ'   今まで伝えなかったんですか?
       /─- 、r }-r‐|7〒ア´/::/7´ ̄`ヽイ                          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      ./  ‐-、ソJ:::rん)ヽrイ:::::://      \                              | 事情があるの、事情が。
     .r' -、 ,イ:::::::{ゝ_ンノ:::::::::::::|{         .}                           ヽ___________乂_
    /\--//:::::::::::::l/:::::::::::::::::::::|ト、   、__」_/
   ./ ─ヽム{::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::八∨、rヘ_/|/
   .;'-- 、 ト人:::::::::::::::l!::::::::::::::::;:イ  / ∨   ;'



        ___  ヾ 、       '  ̄ ̄  > 、
      /      >、ヽ, <           \ \
     ,ム-―‐‐ァ''" ̄`  ´           、   ヽ  ヽ
         /   /             ヽヽ   ',   ヽ
        /   /  /  i   、 、   .| i ',..',    i.   ',
      /   / {  ,' i .| i  | |ヽ ',   ,|__|_ト_',  .l i  i
  -=ニ二.  _/ ./  ',  | .| LL__|_|  ', ヒフ L||__l .l l`  l . |  l
       ̄ /../   ヽ | レK|ヾユ、ト',.  !'| ツ=丁;;`心、  レ、|.   |
        ,' /   / 'レ| .|ゝャ壬ヾ` / レ  l;;;;;;;ン/  レ1',   |
         | .|   ,'   '! i 〉/ {;;;;;;;',      己:ソ|   | ノ,'   |
         ! i|   ト,  !`ヽ、 て:ス      `"",イ   レイ   |
        || |   | ', i .',. ヽ` `"  、      / |   | . i|  |
          '; ',  .| .i ト, |  ',      _ _     ./   ,'. .,'|   |        彼女の行動が必ずしも
         ` \ .| l' ヽ|   ト          ,イ   / ,','  ,'         .悪とは言い切れないことと、
           ヾ、   .|  .| |>     /イ  / //  ,イ           .してもらわなきゃならなかっ「た」こととか……
                     | i | | i.  | i ` /' /  /フ`、/ / |
                    | l | レ  ,'/ト‐/'水  //;;;;;;|‐- 、_ |
                   | | レ, < レヘ/ / /;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;; ̄`''‐- 、
                ,| / |;;;/;;,レ〉o /, ヘ/;;;;;;;;;;;ト、- 、;;;;;;;;;;;;;;;;/ ヽ
            ,,,,<;;;ノ  ソ';;;;;;//〈,ヘ //;;;;;;;;;;;;;;;;;|  `,,,,、 、;;;;/;;;;;;;;;;;;|
             r";;;;;;;;;/ /;;;;;;;/ム- //へ、_,> " ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`i |;;;;;;;;;;;;;;;|

294◆iWAc./ZK.62015/06/08(月) 02:38:51 ID:gAzJYyn2



   / ̄ヾス-―‐-、r' ⌒ヽ
  {   ,/´:::::::::::::::::::`ヽ、 l
  ヾ_ィr'::::/::::,:iヽ/i::::,::::::、:ス
    //::::l::l::,ハl  l/l/i l .|
  /∧::::|::レ -‐‐  ‐- l .ハ/
  〈/l::::トi::::{"   r┐  }/\>   してもらわなければ、というと……
   ∨iイヘ|ゝ、__ _.,イレ
       /`,:`ir‐':.`ヽ、    (死体の持ち去り……村の封印……)
     〈ヘ/ 〉/::@:::)、〉
      辷|〉}::{|:::_ム__|
     ムミ|/辷::::::::::.} |ゝ






      `ー- 、_/   |/                | ヽ
          / /   /  i / /  l ハ l  |、  | i   | ゙}
          / /  / /  | | /| /|/ | ト, |i  | |  |゙  |
         | /  ,' { l,  |-|l‐|‐|-| {  }-|‐| |ー|、||  |  |
         リ |  | ヽ{|ヽ  |,yー-t、 ゝ / ,-tー-t、|  |  |
           } |、 ` '、 |'、弐:爿 ´   ` 弐::り, '| {   |
          ヽ| }  |  `ヽ ゞ-‐'-     ゞ‐-' /| |゙}  |
            ` |  |  |       ,        | |ノ ノ
             | |  |、     _      | | |/
             ゝ,|  | ` 、   ` -`     /| | |,′
             | |  | | `i 、     ,. イ  | | |'    次の質問にも関わるけど、
             | |  | |,-´|、 ` ー ´ | |   | | |    はじめちゃん……一さんがあの村に
             / |  |/ {゙  \   /|ヽ  .| | |    しきりに拘ったのは、その殺した“キル穂”という
            /,..._|  |   ヽ   ` ,、/、  } ヽ_ | | |    彼女を封印するためだったの。
          _/ __|  |   \  / | ヽ |  | | |_l、_
          ,<__ / |  }    \/ヽ/ `|  | | |   `i
        /   ヽ  |  |      ヽ/ _//  | |  |  | |
        /    \|  | 、      \ /   / '、 |  | |

295◆iWAc./ZK.62015/06/08(月) 02:43:37 ID:gAzJYyn2


          \゙ッ
          ⌒    /   `ヽ
               /       lア─- 、
               <从     、_〃: : : : : : :ヽ、
            < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ
         __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /
         //: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y
        / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',
.      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/       封印?
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!       何のために。
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ    殺してわざわざ死体を埋めたのですか?
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ







          ,――――             / \       ヽ
        /       /\               ヽ        ‘,
         /   /   /              \    \     i
.       /  / / ,' /            ヽ  ヽ     i      l
     /  /  /   / /    / /ヽ ヽ !  ヽ  ヽ  i     i|     |
  ―ニニ --/  /   i / /  l i i ', i  l  i | }  l   il   |   |
         ,'  ,'    !i i ! |  | !  l |  |l   l l | i|   |   |    |
       / /   |  リ | 廴_⊥_  -┼┼‐┼┼‐┼   |  |   i|
       i / {   | | | l l l 廴__ リ | / ,====≧、.| |   i|⌒i !   i|
       | i !  ! !  ! ! ヽ〃いハ   〃. ヘう:::ハ 》.|   i|  }|   |
       | | |  ,'| |  |', ', {ヽ`辷シ /    ゞ===′/|   i|/ !   !
.       リ  ! . i ! !', !ヾヽ ヘ    ,        / i|   i|  |   |
            ∨ { ', l ヽ|   ヽヘ   、           |   i|  l    il    必要があったの。
          ∨i ヾ、 |    | 人   -=-      イ    |、  |   |    .そもそもが、ドラゴンの襲撃と
             Ⅵ   i|    |  ヘ、       ,イ |   i| ヽ |   |    .彼女の存在は無関係ではなかったから……
               |    |   | ヘ、_  <    i|     | ∨\   |
               |    |   |   | /\ , - ´ i|    | /: : : :/ |    それを防ぐためにも、
               |    |   |.</ | / ヽ  |    |,': : : :/  `ヽ
               |    |.<´  /: : / /ヽ/ ヽ |    |: : : :/
                 r-|    | .> /: : / / / /ヽi|    |: : :/

296◆iWAc./ZK.62015/06/08(月) 02:45:12 ID:gAzJYyn2
          _  _,,-‐''": : : : : : : : <⌒ヾー 、
           / `ヾ、 /: :/: :〃:.i: : : :.\    ヽ
          /     V: : : : : : : : : : : : : : : ∨   |
       rl      |!: : : :/: : : : :|: : : : : : :丶  r"
     r┴|      〃: : // ‐-: /! : : -/: : : :',_人
      ヽ人  _ /: :!: :/: :/:/: |: : :,イ: :i: : : ト \\
      <_ ム二ムイ :/:|: : :ィテ示ミ !: :/ィ示ト: : :!:.l  \\
        〃: : : :|/l从: : :lV:::リ  !/ Vリ l : : |: !    ヽ
       // /j: : : : リ: :ヽ∧""    '  "l : : lり     )
   _ //厶/: : : : : :i: : : : :ヽ       イ: : 人   /
.   / //_/イヽ: : :从: :ヽ: ヽ >_-_ イ: :!: :リ    /       マッチポンプということですか?
  / //:::::::::::::::: >‐ヾ|⌒ヽ: \\ /: :从: ト、/
/ /:::::::::::::::::::/::::::::`ヽ:::::::\ヽ-、イ |/: :.∨
 /:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::丶:::/ _ニ、フ|!:::::\::\                            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
./:::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::〉 ┐リ ||:::::::::::ヽ:::: ー´                              | ……!
_____::/:::/::::::::::::::::::::__::/<ニ!/! ||:::::::::::::从::::::::::                             ヽ____乂_
:::::::::::::::::::/:::/::::::/::/ムイ \__イ .||:::::::::::/::::::::::::::
::::::::::::::::::::::/::::::/::::/:::/ | !\  イ| ||__;;/ヽ\::::::::






                                ,..... 、      _,............_
                              ´ ー-_、_ヽ, -'"´      ` ヽ、
                                /´ _,.. ,.-           、ヽ
                              //, / /         、  l ',
                           ーニ´_/ 〃 | ,'  l , ,、     l  | .l
                              // / ./| | l | l ハ l | |  | .| l
                               !l l l | !-|‐ト-レ' リ-/‐!-/! | .|
                               l'! ! l. | |.  ○     ○ ヽ | .|
                                ヽ| l、 | | ""      """Y| | .|
                                ヽ!.ヽ| ト 、   r―‐、   イ| | | |   その反応……
                                     | l .| |>、 ̄ ̄_ イ  | | | |
                                    ,'| | .| | _,rト三 トハ、  | | | |   華扇ちゃん、知ってたの?
                                    / | |‐'´ヽ∧_^_∧/ `ヽ| | | |
                                   /  | |::::/ゝ':,.从./ /\:::| |、|
                                    |  ,| レ': : : :ヽ∨/`: : : :ヽ| |ヘ.
                                     | /| | ./ : : : : : |: : : : : : : i | | ';
┌────────────────────────────┐
│しまった。幾らなんでも反応が早すぎたか。                 │
│あまりの対応のそっけなさに、そこから勘ぐられてしまったようだ。. │
└────────────────────────────┘

297◆iWAc./ZK.62015/06/08(月) 02:50:58 ID:gAzJYyn2

   / ̄ヾス-―‐-、r' ⌒ヽ
  {   ,/´:::::::::::::::::::`ヽ、 l
  ヾ_ィr'::::/::::,:iヽ/i::::,::::::、:ス
    //::::l::l::,ハl  l/l/i l .|
  /∧::::|::レ -‐‐  ‐- l .ハ/
  〈/l::::トi::::{u   r┐  }/\>   いえ別に……
   ∨iイヘ|ゝ、__ _.,イレ
       /`,:`ir‐':.`ヽ、
     〈ヘ/ 〉/::@:::)、〉
      辷|〉}::{|:::_ム__|
     ムミ|/辷::::::::::.} |ゝ
┌─────────────────────────────┐
│慌てて隠そうとして取り繕うも、むしろ逆効果で                 │
│むしろそれを確信させてしまえるようなボロを学園長に見せる。    .│
│表情の偽装は、戦闘技能ほどに極まってもいないから仕方ないけど。 .│
└─────────────────────────────┘
 ※交渉ごとなど、真偽判定に対抗する判定は だいたいスカウト技能に依存する。




                     ,--‐ァ
               -――-、/ -='―-、__
            /       -‐┐ -r__/
           / / ̄           ヽ  \
           | l i  / /    i  iヽ \\
           | | .| / / //ヽ l  | .l l |ヽ l
             | rl l |/|∧|リ  lr、 ノ ,イ l } V
              | l^| |/ィT.Tヽ  fTjノノ | lV
           ,' ヽ| | ゝl_ノノ  └' l/l/ ノ
           ,' // | |    __ ' ノl レ´     どこでそれを知ったのか、
          ,' // ', ',. ヽ、_`.イ/ ', {       非常に、非常に気になるところだけど
         ,' .// /ヽヽ=/^,\/__', ヽ     今は控えておくわ。
         / / / l: :: :l V>  L',:::ヽ::l\\
        / /: :/l_|', ',__∧__l: : |::l_ \\     それに、知ってるのなら話は早い。
        / l: : /: : : : L| l: \:::l: : l::ヽ〉  \\    その通り、英雄たちがハインラト王国を救ったのは
       /  |: :l|: : : : : : | .ト、: :ヽl: :|:: ::',    ヽヽ   事実だけど、同時にドラゴンを仕向けたのも彼女たちだったの。
       / ノ⌒jl: : : : /: :|  |: :\:::V : : :l      ) )

298◆iWAc./ZK.62015/06/08(月) 02:54:22 ID:gAzJYyn2

    |      |┃ /┘兄 丿;;;;;;;;;;└‐ l. ./               /    /     、 ヽ
    |      |┃/ ( Y。。) ヽ   r─/l., イ /               /     /     ーへ、ヽ 、 ,
    |      |┃ / 川 ) ⌒ フ 〉./ / /            '     /     /    | | |
    |      |┃ ノ丿器 ノ;;)., <   /             || ./ /  /  .// } | | | |
    |      |┃○─毛.<      /   / /  /        ,イ| / // ,イ ,イ/ ./|| | |
    |      |┃.., <        /   / /      /   /| | | /斗七二イ/ / ./| / ハ}
    |    ..<             /   /       /   /,.-t l レ,.仏也=‐ /イ ./ }/| ' .j
   , <                 /    /     /   / 〈. | | |ハ|ヘ云_ 〈  レ' ,イ' }/
  /              /  /   /  /// ヘ_| | { |     〉// /'
/    /        /     / , -一' -一' // / | |. ハ   _ _ r' /'    ある理由から、国広一は
──|./         /         /    ,-一' / ,<__,くl |  ヘ  r ’       それを知り、そして……
  / /    ./      , -一'    /  / /    |'ハ ヽ、 ヾ、
./ /     /      /      /  / /ー=――へ、ヘ ヾ  \       二度と彼女らの身勝手に
 /    /     /       /  / /  -――   ヽ ヽ `    \     この地の人々が振り回される無いようにと、
/    /     /      /  / /   '         \\     \   自分の身を犠牲に防ごうとしたのよ。
     /     /       ./  / /               `ー-、      \
   /       /       /   /  / |               , -‐''  ヽ、    ヽ
  /       ./       /   /  /. |             /      |ヘ     i ヘ
 /       /       /   /  /  |      l     /       | ヘ  l   |ハ.}
/  /    /       /   /  /   .|      レ'   /           l   ハ|| | j
  /    /      /   /  .ハ   |     V  /            /    l.| | |

299◆iWAc./ZK.62015/06/08(月) 02:59:39 ID:gAzJYyn2
                         -、、
                          _ ヽ\
                  、   _ -‐´ `'  `´ ̄ `  、
                  .\ ̄    r ,          \
                    ー// レ     A     ヽ lヽ
               ∩ _  ∠イ  /   /_i__l l _」_l__i  ヽ .i
               l .l //〉   // l  r 7l/l / l, イ/ヽl` i l |
              . l レ.//  ./'l  l  l,ィ⌒iヽ  ,イ⌒iヽl l |
               .{  '/. .っ |/l ヘ ト、l 辷ノ    辷ノ/ /リ.l
               l   <´     ヘ| l` l`   '   /イ l |      そして、彼女の身体を
               ヽ  ヽ     l .l  l゙\  -   , イ  .| |      あの“神の村”と呼ばれる地下に封印し、
                r、〉  }      l .l  l   r≧‐__´l,、.l   l |      彼女自身は名を偽ってその封印を守り続けることにした……
              /::::::`::ー'ォ   r-⊥/ /-ァ,l  r‐i   l/  / |
             r'、:::::::::::::::/__ ∧=./  /:::::l_ , <Yゝ、 /  /、_ .l      つい昨年までは、ね。
             /`:..、 、:::_/ ムノ//:/  />:´| <,介、>/   /:l、:`::ヽ、
           . /:::::::::::`>‐≦= ":/  '/:::::::|/`\,/   /‐´:::゙ヲ:´{
           /::::::::::::::::}::::::::::::/ /:ヽ::::::::l:::::::/::/   /」ヽ::/::{{r=.、
           {:::::::::::::::/::::::::::/  /:::::::::::ヘ::::::l:::/::/  /=ュ:::Y::::::::ゞゝイ
           ヘ:::::::::::::::_ -‐/  {::::::::::::::::ヘ:::レ::;/ /::::::::::::l、::::::::::|L_{







                /   `ヽ
               /       lア─- 、
               <从     、_〃: : : : : : :ヽ、
            < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ
         __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /
         //: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y                     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
        / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i                         | 封印の開放の瞬間を見届けたのは、
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',                       | 華扇ちゃんだったわよね。
.      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ                      ヽ________________乂_
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!     はい。確かに、
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ     そのキル穂という人造人間が
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ   あの村の地下から抜け出したところを見ました。
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY         ……ならば、仕方ありませんね。
.        ///    / ∨:::__;ィ千r'/丁           ですが封印したのは彼女だけだったので?
.     〈//    ∧   ̄l / /::三/  !
        ,'     /〉 ',   ∨ / :/:八   ',
       ヽ    /ヽ、!.   ∨ / / /:\__\
          \      \   \/ /ミ/ `ヽ/

300◆iWAc./ZK.62015/06/08(月) 03:04:46 ID:gAzJYyn2
                                ,..... 、      _,............_
                              ´ ー-_、_ヽ, -'"´      ` ヽ、
                                /´ _,.. ,.-           、ヽ
                              //, / /         、  l ',
                           ーニ´_/ 〃 | ,'  l , ,、     l  | .l
                              // / ./| | l | l ハ l | |  | .| l
                               !l l l | !-|‐ト-レ' リ-/‐!-/! | .|
                               l'! ! l. | |.  ○     ○ ヽ | .|
                                ヽ| l、 | | ""      """Y| | .|
                                ヽ!.ヽ| ト 、   r―‐、   イ| | | |    は?
                                     | l .| |>、 ̄ ̄_ イ  | | | |
    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ              ,'| | .| | _,rト三 トハ、  | | | |
    | あ、いいです。      |                 / | |‐'´ヽ∧_^_∧/ `ヽ| | | |
    | 今の話はまたあとで。 |                /  | |::::/ゝ':,.从./ /\:::| |、|
    乂_________ノ              .|  ,| レ': : : :ヽ∨/`: : : :ヽ| |ヘ.
                                     | /| | ./ : : : : : |: : : : : : : i | | ';
┌────────────────────────────┐
│つい漏らした華扇の発言に、学園長から微妙な反応が返ってくる。. │
└────────────────────────────┘



                    //
               〈::〈 _ __  /´ ̄ `ヽ
             . -‐‐' ´: : : : : : :` 、    .
.      /´  ̄ `Y´. : : : : : : : : : : : : :\: \     }
      l     /. : : : : :{ : : : : : : : : : : :.\: \__ノ
      |   /. : : : : : :/:!: : : \: : : : _: : : :.\. \≦≠ ニ二フ
       ゝ.__/: /: /: :.ィ.升ト: : : : ヽ:´\: : : : : :)>:\ \ \    話を続けてください。
       ノ: ノ!: l: : :|:l:|:.|:ノ\: : : .!: ,ィ≦k: : : \: :}: :\ \/
       ///l: :!: : :!:l:|人  )\: :}´ i以リハ \ )メ、}ノ:.ヽ     (あれ、もしかしてマッチポンプしたのが
     く/〈./人:j: :从八x==彡 )ノ """.|:i: : : : \:\:ノ: :〉      .あの魔動天使、「キル穂」だと思っている?)
         /:\: :.Ⅵハ""  '     リ:i: :\: : :.\ :ヌ´
.         /: : : /)ハY入   / }  /く: : : :l\: : : )       (スフィンクスの記憶だとマッチポンプしたのは
        /: :/:.//: :.:i:|: l }≧= i |<.┐ :): : :ノ ハイ         .魔術師の方のはず……それに「キル穂」が関わっていたかは
          レ〈:.∧!: : :リ人!:F干| .j´ニ.|イ⊥く ⌒\          .定かじゃないけど、主犯は彼女のはずだけど。)
            )/\:.(`Y r┤厂 ∨:::::::://       ヽ
          /   ヽ) | j::ハ厂   |}`ヽ:j/        i
         /       Ⅵ::::{〈し'⌒ リ }:〉/         .ト、
┌─────────────────────────────┐
│どうやら、自前で情報を補完する必要がありそうだ。             │
│あるいはひょっとすると、学園長にこちらの持つ情報を渡さなければ   |
│より正確な当時の状況を聞くことが出来ないかもしれない。       .│
└─────────────────────────────┘

4◆iWAc./ZK.62015/06/08(月) 03:06:36 ID:1E7K4JVU

┌───────────────────────────────┐
│……話が終わった後で、こちらの持つ情報を                  │
│正直に全暴露した方が良いのかな、と考慮に入れつつ次の話題に入る。.  |
└───────────────────────────────┘

                _,,.. -─- ..,,_
        .,. '"´`ヽァ '"  ./        `'< ̄`ヽ、
       /  r/    ,|    、     \ヽ ',
       '、 r/   / ,' !     ',   | 、 ∨ノ
        r7   /  / {   ト.、 !  ハ  ',  ',}
        r‐ァ,'   .,'  |/メ、 '、  .| \_メ   |  |  ト、.,_
        /,|   | .X´7´心 \|. ァ7´心`'x. !  !\_/
      く/ | /\ヽ!、 j___rリ    j_rリ ハ  |  |\」
         .∨} (|ヽ|              .,'!  |   、       それで、キル穂が開放されたからには
         / / ./| ,ハ    ,.== 、    ,ハ|  |   ヽ        そのウン十年前と同じ出来事が起きるのですか?
      ,.'  ,{/ ./ 人    {     }  ,.イ   , !   ,ハ
       {r、/   /   _| ,> 、..,,__,,.. イ  |  / ハ イ  }     そもそも何のために、そんなマッチポンプを?
      (r'7`ヽ{.|, '´ヽ}´ ̄|ト、.,_,. イ| ̄ノイ ̄`ヽ ノ  ノ
        レ ´/   |}::::::::::{|ァ‐ァ-、|}::::::/{|    \イ
         /   、/:::::::::::}7(rン)}::::::::::::',     \
       rァ{    ,イ:::::::::://ゝ--‐':::::::::::::::∨      }‐ァ
       ,く >、  八::::::::{ {:::::::::::::::::::::::::::::::八   _,. イ_,>
     /ヽ|/、 ,>-イ|`:::::::ァ‐===-::、::::::::;イ/ |ヽr-ヘ/ \.
   . /Y´ア7ァーr-.、/|}::::::(r':::::::::::::::::::::::::{|,' | ∨、_,,.. -‐   ':,
   〈 { / |/   |  ヽ=:::::::::::::::::::::::::::=ァ'"´ ̄        〉

5◆iWAc./ZK.62015/06/08(月) 03:11:20 ID:1E7K4JVU


       _, - ̄ ヽ=.、,  ̄'´ ̄` ヽ
     ` ーー-ァ‐ /    .     ヽ
        / / | // |∧ / リ/リ.  ヽ
       / l !{ レ┼l‐l   l┼| |、|  |
       \!ヽ| | ●   ● | |ノ.|  |      それは、分からない。
          ヽ| l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ | │
          | ヘ       | | .|  |      けど大義を掲げたものではなくて、
          | /⌒l,、 __, .イァト|/ |     有名になりたいだとか、そういう
.          | /ミミ/ヾ∧"::::/  ヽ |      私欲みたいのが混ざっているのは間違いないようだったの。
          | |::::::::l::::〈∧〉/ ヒ::::彡, |




       _, - ̄ ヽ=.、,  ̄'´ ̄` ヽ
     ` ーー-ァ‐ /    .     ヽ
        / / | // |∧ / リ/リ.  ヽ
       / l !{ レ┼l‐l   l┼| |、|  |
       \!ヽ| | ●   ● | |ノ.|  |    だから(国広)一さんは
          ヽ| l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ | │    彼女、キル穂が姿を消す前に
        /⌒ヽ__| ヘ  ゝ._)  | |/⌒i |    迅速にアンブッシュし、封印したのが理由。
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| |::ヾ∧∧"::{ヘ、__∧ |    尤も、封印したにもかかわらず
       `ヽ<::| |::::::〈∧〉-:/ヾ::彡' |    あの村の周辺では何やら妙な現象が起こっていたようなのだけど……

.

6◆iWAc./ZK.62015/06/08(月) 03:18:02 ID:1E7K4JVU


                                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                | ひょっとすると、封印では彼女を完全に封じきることは出来ず、.
           _,,..,,_ ,,,.. --- ...,,_               | 次のマッチポンプのために下ごしらえをしていたのではないか。
         ., '´    `ヾ      `'  、         | と、私はあの現象を解釈している。
         {    r/]/        \- 、    ..ヽ___________________________乂_
        rゝ-='" ̄, '  ./´   ハ    ヽハ
         く/    |/   /_」- /|  |    ∨、
        /'/     .;'  ./fてl!`ヽ |  / |    |/
       ,|/   r|  {弋_リ   |/ト./  |  ハ\
     / ,    .八  |. `´     .ァr'|  ,ハ /l」ヽ/
    /  ;'    ,   \|       , lリハ!/|イ、
     { /|   ./|  ./| l    _    ./ 八、 \
    ∨ソ 、/ 人 ,ハ レ |\     ノイ  )\ ハ   現象って、妙な能力を
        }/こ ヽ|/-、 / >=ァl斤/ | イ  リレ'   .発現する人族が多かったって奴ですか?
       /─- 、r }-r‐|7〒ア´/::/7´ ̄`ヽイ
      ./  ‐-、ソJ:::rん)ヽrイ:::::://      \
     .r' -、 ,イ:::::::{ゝ_ンノ:::::::::::::|{         .}
    /\--//:::::::::::::l/:::::::::::::::::::::|ト、   、__」_/
   ./ ─ヽム{::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::八∨、rヘ_/|




                                     ,--‐ァ
                               -――-、/ -='―-、__
                            /       -‐┐ -r__/
                           / / ̄           ヽ  \
                           | l i  / /    i  iヽ \\
                           | | .| / / //ヽ l  | .l l |ヽ l
                             | rl l |/|∧|リ  lr、 ノ ,イ l } V
                              | l^| |/ィT.Tヽ  fTjノノ | lV
                           ,' ヽ| | ゝl_ノノ  └' l/l/ ノ
                           ,' // | |    __ ' ノl レ´     ええ、そう。
                          ,' // ', ',. ヽ、_ イ/ ', {
                         ,' .// /ヽヽ=/^,\/__', ヽ     だからひょっとしなくても、また何か起こる時があれば
                         / / / l: :: :l V>  L',:::ヽ::l\\    その能力を手に入れた子が関わるんじゃないかって、
                        / /: :/l_|', ',__∧__l: : |::l_ \\  リースの時のように危惧してたの。
                        / l: : /: : : : L| l: \:::l: : l::ヽ〉  \\
                       /  |: :l|: : : : : : | .ト、: :ヽl: :|:: ::',    ヽヽ
                       / ノ⌒jl: : : : /: :|  |: :\:::V : : :l      ) )

7◆iWAc./ZK.62015/06/08(月) 03:23:23 ID:1E7K4JVU

                __ _
                ̄ ̄ ` ミ.、
                >    ̄ ̄   、
            ___ /           >ー-.、
         /   .}_    /    |   _」     ヽ
        /   /.〉」   /'    i i  ヘ_!     i
.         {    ,.'._l   ./i     ', .',  ハ_、_  .,.-ト
        〉.__ ./    .' .|     ゝ.、  `!_|、._/!ノ
        /,/!   /! ! .!    .、   `    ヾト、..、
      /"// |   .| ',ヘ、.ヽ、 .|',!ヘ >、‐    トヽヾ
     《  i .' |   i i ニ式.=`.-.', | 三=-i-ゞ    !.|:| ゛
      ` k.! {   |!|! .弋:リ゛   }.! 代仂 | .! |   }"     リース?それはひょっとすると
        >人  |i ,,,           ,,,  j./ i   ハ      リース・クローディアですか?
       /  へ !.!      '     u;/  '|     \
      / .i       >\   _    /'   ヽ  ,   ヽ   例の冒険者4人の一人だっていう。
     .' /i         \> . _ `. , .´ /     .}  i.    }
      !/ .|             ', ,!、 .,ハ. i     i  |   !/                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
     '  ゝ. __ヽ     }/: : :V: : :ヘ!-{    / 人 ./                    | ええ、その通り。そして前回のマッチポンプで
         i´ `' \ .. /: : : : : : : : : }::ヘ__  /  |                           | 尤も『ポンプ』にされた人物でもある。
         |       i.ン:  >-, ― 、: : :i    / !                      ヽ__________________乂_
         |    ./',: : / , .´ ̄_`  'ヽ:'   /  l




                                          __
                                     ィニニ      ミメ
                              、__ イ              \
                              `=──/           ヽ  ハ
                                  / //   /  ハ   ハ   ハ
                                    / / ,'  i :i! !| |ハ  }   ',  :.
                                / /  :   |斗卅!  }‐-ミ',   } .:l
                               =彡イ  ,'{ i  :|ルN从  ノノ从_}: ノ ::|
                                     |   N弋 《{c;;}ヽ   イ{c;;}》イ  l :|    それから、リース・クローディアの苗字は
                                     | ハ |  ゝ    l    イ   /l::|    正しくはクラウディアと呼ぶわ。
                                    N  》{ 人        ィ 〃:l::|    地方語での発音の訛りね。
                                   //|  |::\   `   イ::|  { ::|::|
                                     ///|  |≪lト> -‐' ∧メ l| ::|::|     それは置いといて、
                               r= ニニ二|  |  | \___/ メ :l|==-<    だからその村で発現した能力を持つ子がいれば、
                               /ム斗.===|  |  |   ∧  //  l|     ≫x 特に監視しなきゃいけなかったの。
                                  〃::::::::::::::::::::|  |  | \/ ヽイイ   l|>=====ム
                             {:ヽ:::::::::::::::::∧ |  ',  __   /| l l |l::::::::::::::::::::::}

8◆iWAc./ZK.62015/06/08(月) 03:25:58 ID:1E7K4JVU
.  /     |   / /   / /  /   /  ,イ       .l    | |.   |  |
 /      .| / /   / ./   /  /  / |      .j    l l    |   |l
/    /  |/ /    '  /   /  /  / .j     /   ./ j    |   |ハ
|     '  / /   _|  |  j   .j /  /ィ'    , イ   ,イ /  | |   | ハ
|.     |  / /     /|>ト、イ   / ./  //|   / /  / ム斗七卞 j   | ヘ
l.     j .l |    ./ j ,イ | > 、ハ /  /' j . / / , ィ</ // j ./   .|、――
| .   ,イ  l |   / ,ィ云示二二ミム / // 斗也ム三二代、 /イ    | ヽ
|  / | λ |   K/ l、ノ::::::::::::::|ヾ ` /'   //イ_ノ::::::::::::::|`㍉,|   |  |
|  / ヘ/ ヾ、  .l ヾ l:::::::::, --、j            |:::::::::::, -、j /' j   | /
| ./  /   ヘ  .|   ヽ:;;;;;;;ツァ           、:;;;;;;;;ンァ  /    j/
レ   /     ヽ ヘ、  `ー‐一'           `ー‐一"  /   /          物分かりの良い華扇ちゃんなら
l   /      `ー`                       /   /――――     察してると思うけど、       ヴァルキリー
ヘ /       /:.:.ヘ           i           /    /::.::.::.::.::.::.::.      神の恩寵を受けたとも言われる“戦乙女”。
. У         /|:.:.:.:.ヘ              `            /    ∧::.::.::.::.::.::.::.
./        ./::.|:.:.:.:.:.:.ヽ、      ‐‐ - 、       /    /:.:.ハ::.::.::.::.::.::.::.
         /::.::.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.\              , イ   ./:.:.:.:.:ハ::.::.::.::.::.::.::.     それと同じく、妙な能力を持つ、     ギフテッド
.         /::.::.::.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ >           <`/   /:.:.:.:.:.:.:ハ::.::.::.::.::.::.::.    言い換えれば神に愛されたかのような“異能”を持つ
      /::.::.::.::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ ヽ >        <  ./   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ::.::.::.::.::.::.::.    少年少女たち。
     /::.::.::.::.::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ `ー'  ><   /\/   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ::.::.::.::.::.::.:
.   /::.::.::.::.::.: . |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ  / \   / ./   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ::.::.::.::.::.::.   どちらも、英雄になる素質がありそうなくらいに
 /::.::.::.::.::.::.::.::.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ/\   \ / /   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ::.::.::.::.::.:   耳響きが良い話とは思わない?

9◆iWAc./ZK.62015/06/08(月) 03:30:32 ID:1E7K4JVU

              /´ ̄"`ヽ-,
             r'      !ζ‐-_.、_,, -.、
          ,i       /、}"´.:.`"=- 、_ヽ,
          ゙、ゝ,,--‐´、_r"/:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ, i
          !´,'i:i`.‐゙´:.:.:/:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.ヾ,
            |/i:i:::!.:.:.:.:.:i/‐‐-、 .',:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.!    r、=、
         /:./:|.:.i.   |茨テ'、 ヾ,:.:.:__:.i.:.|    ,, ゙i//゙,`ヽ,
      , -‐´,:.:.:.`ヽ-'.:.:.:.:.:i弋'ノ   ,_=、,'`',:|/ , -", -´i゙/∧. ',
    /γ´_,-,":.:|.:.:.i,:.:、:.:.、""  , .リj゙/:.:/, -´, -"   !`i_',  i
    ´(/ ̄_./.:.:.:.!.:.:.|ヽ,:i.:.:.ヽ, -  "/, ‐", ‐´._  _  | iゝ、_|    ……納得しました。
       ´i, ‐'"i.:.:.:∧:|ヽ,:.:.:.:ヽ-=, ‐´, ‐",、`ヽ:. ̄.:く, ! i'::::::::::,'
           |_;,/-、‐‐.ヽ;; -"´,‐"´}-゙r,、ヽ-=,´ ̄`/./\__/     つまり昔あったドラゴン襲撃という
    __       /    .ヽ,‐´, -"<ゝ(_(rソY、.:.ヽ'i    v、!  ,'        マッチポンプの弊害による、
  ,r/´/       ', , -", -",:.:.:.:.:.:.:~ミ彡イ.:.:.:.:.|, --.、 ./   /       国々や都市への被害を防ぐために
 // i゙r,`-、.   , -´, -"/  ヾ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.;'.:'.;:.:.:.:.:/   `ヽ、 ,'       「国広一」は人造「キル穂」の殺害、封印を試みた。
 ヾ, i゙ !、, ‐‐ヽ´, -,´   ___《.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.:.:.:.:'.:.:.:.i     ヽヽ,
  ヾ、___i_ 彡ヽ,`ヽ,r‐"  ヾ,:/.:.:.:.´.:.:.:.:.リ.:.:.:.i        ヽ,ヽ、       そういう経緯ですね。
       ヽ-"´/i ヽ,/r.、_,/`´、.:.",:.:.:.:=:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ      `, i`"‐、_
           ヾノ / | \ ==、|ヽ,.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ミ:.:.:.゙i、      ヽヽ,゙ヽ ヽ、_





                     _, - ̄ ヽ=.、,  ̄'´ ̄` ヽ
                    ` ーー-ァ‐     `´  ヽ  \
                      / / ///.ハぃ ! | ヽ 、ヽ
                     / イ'/ レv/  v\i リ .l  |     ご理解いただけたようで何より。
                     | l !{ レ┼l‐l   l┼|| |、| |     そういう意味では、華扇ちゃんが
                     \!ヽ| | ●   ●|.| |ノ.| |     かなり怪しい候補なんだけど……
                         | |ヘ⊃、_,、_, ⊂⊃| | |
                        | |/⌒l,、 __, イァ| | |     特に、以前より実力をつけてるようだし、
                        |./  / ∧∧彡" | | |     英雄になる素質を十分 身につけた格好の標的だから。
                        ||  l::::〈∧〉::::Ⅵ| | |

10◆iWAc./ZK.62015/06/08(月) 03:33:35 ID:1E7K4JVU


      `ー- 、_/   |/                | ヽ
          / /   /  i / /  l ハ l  |、  | i   | ゙}
          / /  / /  | | /| /|/ | ト, |i  | |  |゙  |
         | /  ,' { l,  |-|l‐|‐|-| {  }-|‐| |ー|、||  |  |
         リ |  | ヽ{|ヽ  |,yー-t、 ゝ / ,-tー-t、|  |  |
           } |、 ` '、 |'、{c   | ´   ` |c  }, '| {   |
          ヽ| }  |  `ヽ ゞ--'-     ゞ‐-' /| |゙}  |
            ` |  |  |       ,        | |ノ ノ     ただ、あの村で『恩寵』を受けた子は
             | |  |、     _      | | |/      どれもこれも見た目 奇妙な能力を発揮する、
             ゝ,|  | ` 、   ` -`     /| | |,′     ということで それが見受けられない華扇ちゃんは
             | |  | | `i 、     ,. イ  | | |'       いまいちパッとしないのよね。
             | |  | |,-´|、 ` ー ´ | |   | | |
             / |  |/ {゙  \   /|ヽ  .| | |      成長こそかなり早く、天才的だけど、
            /,..._|  |   ヽ   ` ,、/、  } ヽ_ | | |       出来ることは良くも悪くも、いまいち普通なようだし。
          _/ __|  |   \  / | ヽ |  | | |_l、_     だから半年前くらいに問いかけてみたんだけど。
          ,<__ / |  }    \/ヽ/ `|  | | |   `i
        /   ヽ  |  |      ヽ/ _//  | |  |  | |
        /    \|  | 、      \ /   / '、 |  | |








                    //
               〈::〈 _ __  /´ ̄ `ヽ
             . -‐‐' ´: : : : : : :` 、    .
.      /´  ̄ `Y´. : : : : : : : : : : : : :\: \     }
      l     /. : : : : :{ : : : : : : : : : : :.\: \__ノ
      |   /. : : : : : :/:!: : : \: : : : _: : : :.\. \≦≠ ニ二フ
       ゝ.__/: /: /: :.ィ.升ト: : : : ヽ:´\: : : : : :)>:\ \ \
       ノ: ノ!: l: : :|:l:|:.|:ノ\: : : .!: ,ィ≦k: : : \: :}: :\ \/
       ///l: :!: : :!:l:|人  )\: :}´ i以リハ \ )メ、}ノ:.ヽ
     く/〈./人:j: :从八x==彡 )ノ """.|:i: : : : \:\:ノ: :〉
         /:\: :.Ⅵハ""  '     リ:i: :\: : :.\ :ヌ´    …………
.         /: : : /)ハY入   / }  /く: : : :l\: : : )
        /: :/:.//: :.:i:|: l }≧= i |<.┐ :): : :ノ ハイ
          レ〈:.∧!: : :リ人!:F干| .j´ニ.|イ⊥く ⌒\
            )/\:.(`Y r┤厂 ∨:::::::://       ヽ
          /   ヽ) | j::ハ厂   |}`ヽ:j/        i
         /       Ⅵ::::{〈し'⌒ リ }:〉/         .ト、
       i         /::::::入\___メ.メ∧ 「j_     ノ 〉

11◆iWAc./ZK.62015/06/08(月) 03:45:24 ID:1E7K4JVU


                    //
               〈::〈 _ __  /´ ̄ `ヽ
             . -‐‐' ´: : : : : : :` 、    .
.      /´  ̄ `Y´. : : : : : : : : : : : : :\: \     }
      l     /. : : : : :{ : : : : : : : : : : :.\: \__ノ
      |   /. : : : : : :/:!: : : \: : : : _: : : :.\. \≦≠ ニ二フ
       ゝ.__/: /: /: :.ィ.升ト: : : : ヽ:´\: : : : : :)>:\ \ \
       ノ: ノ!: l: : :|:l:|:.|:ノ\: : : .!: ,ィ≦k: : : \: :}: :\ \/
       ///l: :!: : :!:l:|人  )\: :}´ == .ハ \ )メ、}ノ:.ヽ
     く/〈./人:j: :从八x==彡 )ノ """.|:i: : : : \:\:ノ: :〉
         /:\: :.Ⅵハ""  '     リ:i: :\: : :.\ :ヌ´
.         /: : : /)ハY入   / }  /く: : : :l\: : : )
        /: :/:.//: :.:i:|: l }≧= i |<.┐ :): : :ノ ハイ     ……、よし決めた。
          レ〈:.∧!: : :リ人!:F干| .j´ニ.|イ⊥く ⌒\
            )/\:.(`Y r┤厂 ∨:::::::://       ヽ
          /   ヽ) | j::ハ厂   |}`ヽ:j/        i
         /       Ⅵ::::{〈し'⌒ リ }:〉/         .ト、
       i         /::::::入\___メ.メ∧ 「j_     ノ 〉
┌──────────────────────────────────────────┐
│返答に迷い、少し考えこむ。                                                 │
│確かに「華扇」の能力はパッとしないが、それはこの世界にリアルに生きる側にとって仕方ない話。   │
│ゲーム的な感覚でこの世界に生きているなど、鼻で笑われるか狂人と受け取られかねない事実だ。   |
└──────────────────────────────────────────┘

           _,,..,,_ ,,,.. --- ...,,_
         ., '´    `ヾ      `'  、
         {    r/]/        \- 、
        rゝ-='" ̄, '  ./´   ハ    ヽハ
         く/    |/   /_」- /|  |    ∨、
        /'/     .;'  ./fてl!`ヽ |  / |    |/
       ,|/   r|  {弋_リ   |/ト./  |  ハ\
     / ,    .八  |x`     ァr'|  ,ハ /l」ヽ/
    /  ;'    ,   \|       , lリハ!/|イ、
     { /|   ./|  ./| l    _   x/ 八、 \
    ∨ソ 、/ 人 ,ハ レ |\     ノイ  )\ ハ    学園長。
        }/こ ヽ|/-、 / >=ァl斤/ | イ  リレ'
       /─- 、r }-r‐|7〒ア´/::/7´ ̄`ヽイ      その日の件では曖昧に、
      ./  ‐-、ソJ:::rん)ヽrイ:::::://      \      いえ率直に言えばウソを申し上げました。
     .r' -、 ,イ:::::::{ゝ_ンノ:::::::::::::|{         .}
    /\--//:::::::::::::l/:::::::::::::::::::::|ト、   、__」_/     本当のところ、私は
   ./ ─ヽム{::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::八∨、rヘ_/|/      その言うところ『能力』を持ってると思います。
   .;'-- 、 ト人:::::::::::::::l!::::::::::::::::;:イ  / ∨   ;'
┌──────────────────────────────────────┐
│だが、フェイト学園長は配慮にかけたり、職務をほっぽって逃げ出す馬鹿なとこはあるけど、 |
│物分かりが悪い阿呆ではない。そして先ほどの話も、気になる点はあったが           .│
│明らかな嘘を話したことはなかった、それだけでも信用はおける。                 │
└──────────────────────────────────────┘

12◆iWAc./ZK.62015/06/08(月) 03:49:37 ID:1E7K4JVU

┌──────────────────────┐
│まあ、とりあえず能力の有無についてだけでも    .│
│話す価値があるだろう、と華扇は判断した。      .│
│万が一があっても悪いようにはされないだろう、とも。. |
└──────────────────────┘

                __ _
                ̄ ̄ ` ミ.、
                >    ̄ ̄   、
            ___ /           >ー-.、
         /   .}_    /    |   _」     ヽ
        /   /.〉」   /'    i i  ヘ_!     i
.         {    ,.'._l   ./i     ', .',  ハ_、_  .,.-ト
        〉.__ ./    .' .|     ゝ.、  `!_|、._/!ノ
        /,/!   /! ! .!    .、   `    ヾト、..、
      /"// |   .| ',ヘ、.ヽ、 .|',!ヘ >、‐    トヽヾ
     《  i .' |   i i ニ式.=`.-.', | 三=-i-ゞ    !.|:| ゛
      ` k.! {   |!|! .弋:リ゛   }.! 代仂 | .! |   }"
        >人  |i ,,,           ,,,  j./ i   ハ     ただ、能力と一概に言うにも
       /  へ !.!      '     u;/  '|     \    変なところがありまして。
      / .i       >\   _    /'   ヽ  ,   ヽ
     .' /i         \> . _ `. , .´ /     .}  i.    }  何の能力だ、と具体的には自覚出来てないんですけど、
      !/ .|             ', ,!、 .,ハ. i     i  |   !/  そのおかげで成長が早くなったのは確かです。
     '  ゝ. __ヽ     }/: : :V: : :ヘ!-{    / 人 ./
         i´ `' \ .. /: : : : : : : : : }::ヘ__  /  |    (『自分をプレイヤーキャラクターに見立てる能力』、
         |       i.ン:  >-, ― 、: : :i    / !     なんて、天龍さんやらと比べればパッとしない能力ですし)
         |    ./',: : / , .´ ̄_`  'ヽ:'   /  l
         |    / ヘ: -/´` ´  ヽ !|   /  ヘ

13◆iWAc./ZK.62015/06/08(月) 03:52:48 ID:1E7K4JVU

.                -‐…‐
          /         `ー‐…- 、
.          / / ./         ヽ ̄` 、㌦
         / ./ //   ,、 i  ',  ::. ` ヽ`.
         ’i __LムL_/ / ', .| | j i ヽ|  ヽ ヘ
          :| .lイL从L.i  |丁尤卞、|!  ヽ}ー-
         ir ! .任 らハ!  ij芯心x| イ.| }.l
         |{ |  迅__リ     ら j灯イ.| ,'| /リ.
         |.`!  ト' ' '     `゚¨ツj  レ j/
         l !  ト、   、 _  ' 'イ|  |.|        やっぱり、そうだったのね。
         | λ.|::.,      ィi j ノ!l
         | j i .l.,ィト、` -  i、 .l.| ノ ハ.|        口には出さなかったけど、
         |ム! |ヘ `>< }込、i  {. i|        一さんの見立ては間違っていなかった、
.     ,ィチ三ニl. 迅, /、У入!ヘニ.!  |>..、_      というところかしら。
.....  iヘ三三三j  }ニ∧くノ_」∧ニ>|  |三三.ハ
.....  |ニヘ三三ノ ノ>'ニヘ-‐-jニ`< ヽ ヽ三ノニ}
.....  |ニ 〉'´/{ (く三三ヘ三j三ニソ三}  マ{iニ.!
   ,ィ|三jハ.ハト、_ゝァ<三ヘノニ/==ヲ'} ノリ.|iニト、
  { l.|三l| {三三三三三`ヽ{く三ー'‐'ム'ニ.} |iニl.| }
.....八l.|ヲノニ!三三三三三三 }三三三三ニj. li_ l.|ノ
  |.`|」iニハ三三三三三ニoi三三三三 ヲニヾ」'
  l {'三三 }三三三三三ニj三三三三イ三三.〉
  l |三三ニ!三三三三三 {三三ニ_/ {三三ハ
  | }三三 {三三三三三ニi三三三三 !三ノニ}
.... |.ノ三__込三三三三ニo}三三三三.}/三ニ:.
.   |ヽ三三`ヽ}`ーrt--===i===rt‐.テ"三三ソ
.  | 入三三三\ー----L_」--一/三三ニイ
┌───────────────────────────┐
│学園長先生も、少なからず                       │
│私が心を開いてくれたのを感じ取ったようだ。            │
│先生が喜ばしいような表情で微笑み、僅かな赤みを頬に帯びる。. |
└───────────────────────────┘

45◆iWAc./ZK.62015/06/21(日) 23:16:02 ID:sjK3Kqn6

               / ̄ __`ヽ
              -┴/´ ̄: : : : : : ̄:`:.ヽ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
    / ̄ `ヽー"、: : : : : : : : : : : : 、: : : : : : : : : : : \
    /      ヾ 〉: : : : : : : : : : : : :\ __: : :-‐ : :\: \
  /        |トヽ: : : : : : : : : :i、: : : :ヽ´: : :__: : : : ', `ヽ
  |       〃 }: : : : : : : : : :|_ヽ: : : : ヽ彳、ヽ: : : l __
  l         ノ: : : : :ヾ.: :/ :|  \.: : :| ヾ::ヽ 、: : :ヽ  ̄. .―. .、
  丶    ノフ /: : : : : : : :メ: : : :!≧= ヽ: :|  ゝ'  \: : \: : : : : : :\
    ヽ、゙テ/┌": : : l: : : : : : : : : :ん_ハ  ∨        ', : : :ヽ ̄ ― 、 ',
     7/-┘丶: : :'、: : : : : : : i:||:::::::::〉      `  l: : :/:|、     )'
    //リ: : : : : :゙、: : : : : i.: : : :l: |ゝ-"       ,ィ  /レ': :l: :ヽ         良いことばかりではありませんでしたよ。
   //  |: : : : : : :l: : : : : |: : : :|: : ヽ       // /: : : :/: : : l        能力頼りに成長したものですから、
  //   l: : : : : : :l: : : :i: :|: : : :|: : :ハ:.\     ` /: : : /: : : :/        他人に教えられるほど理解してませんから。
 //   /: : : : : :/: : : /: :l: : : :l:/: :ヽ: :ヽ―――<.: :/: : :/
//   /.: : : : : :/: : : /: :/ : : ,イ: : : : : ∧: :|    ///_:, -'‐ 、 _
/   /.: :/.: : :/: : ,イ.: :/: : :/: |: : : : : :|=∨==' ´::::/     ̄  \
   /.:/.: : :/:.: :/. |: /.: : ://〉.: : : :/ヽ :::::::::::::::::::( {  / ̄ ソ⌒  ヽ
   /イ: : :/イ:.: :/  |/l: :/´  l: : :/   \::::::::::::::::ヽ }   )ヽ  ヽ |
    |: :/  |: :/    l/   /|/      \::::::::::::::l ヾ ̄ ⌒/ }/...、
    |/   ∨         /           \::::::::ヽ_ ⌒ 、 /:::::::ヽ
┌─────────────────────────┐
│それはさておき。                               │
│この話をしたのは、学園長が話へ乗り気にするためであって│
│特に話題には関係ないので話はそこそこに置いておく。    │
└─────────────────────────┘

46◆iWAc./ZK.62015/06/21(日) 23:18:01 ID:sjK3Kqn6
                   __∠二_   \
               . ..-‐..: : : : : : : : : : : `: ...、〉
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、
        _ニ∠: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、
      , -┴┴ イ ゝ、: : : : : : : : : : : : : : : i: : : : : : : : : :ヽ
    /       Y 〈: : : : : : : : : : : : : : : :l : : : i : : : : : : ',
   /        リ⌒: /.: : : : : : :i: : : : : : : }: : : ,' : : : : : : : ,
   !        /: : :/: : : : : : : : l: : : : : : /:i_:_/: : : : : : : : :i
   '        />: :/: :': : : : :/l:_:|: : : : : /:7∨l`ヽ : : : : : : l
    \     イ ノ: ,'.:/: : :ゝ:7´|: 人`: /リイ ,≧ミ、: : : : : : : :|
     >/T  ̄〆: :.|从: ´ : ム≧ミ、 )'   イr':::| }リ: : : : ,イ:l
   ,r ',ィ/ーL__/: : : : : :リ|: : :イr':::::ハ      ∨:ノ ハ : : /| !/      学園長先生。
 / ///  ノ: : : : : : :i: :∧: :∧:::::::リ    、  `´ |: |: :/: ',
/  / /./  /: : : : : : : :|: : : :ヽ|ハ `´          /: :レ': : ::∨       次は、当時のそのパーティ4人について
゙ー' L」  /: : : : : : : : :|: : : : :': ∧    __r 、,  /: : : : : : : : ヽ       話を伺いたいのですが。
      /:イ: : : : : : : ∧: : : : : : ∧、    ト、}/: : :i: : : : : : } : :',     全員、今はもう生きていないことに
      |/ |: : :ト、 : : : : ゝ: : : : : : :l‐-、 T|/、|: : : : :|: : : :,イ/ ヽ: !     表向きなっているようですが、この様子だと
       ヽ: :i ヽ: : / ヽヘ : : : : |:::::「ヽ、ト<へヘヘイヽ//'  |/      怪しいものですね。
         )´  ∨  /:)´ヽ : |:::::ゞ´_|\! l 「/:|ヽ、
              ∧::::::::::::::ヽ:<〈 ト∨、///:、i|.  \         残りの二人は亡くなったんですか?
             / ゝ、:::::::::::::〈 Y |/ /__}:::::ヽ    \
              /    \::::::::::`‐-|<_ l:::::::::::\   ' ,
┌────────────────────────────────┐
│あの魔動天使、キル穂が地方規模で事件を起こし続ける気なら、        .│
│パワーレベル的に彼女を抑えられる人間はそういない。              │
│国のトップや重役に就く人族なら、フェイト学園長のように                │
│実力の高い人物も少なくないが、そういった人物は決まって足腰が重くなる。 │
└────────────────────────────────┘





       _, - ̄ ヽ=.、,  ̄'´ ̄` ヽ
      ` ーー-ァ‐     `´  ヽ  \
        / / ///.ハぃ ! | ヽ 、ヽ
       / イ'/ レv/  v\i リ .l  |
       | l !{ レ┼l‐l   l┼|| |、| |   リースについては、確実に
       \!ヽ| | ●   ●|.| |ノ.| |   亡くなったことを確認したよ。
           | |ヘ⊃、_,、_, ⊂⊃| | |
          | |/⌒l,、 __, イァ| | |   魔術師の……七実、さんは
          |./  / ∧∧彡" | | |   私も全く行方を知らないかな。
          ||  l::::〈∧〉::::Ⅵ| | |   一方的な伝言と荷物を残して、立ち去ってしまったから。
┌─────────────────────────────────┐
│比較的フットワークの軽い冒険者ならば、災乱の中でキル穂を探しだし       │
│相手することも出来るだろうけど、.華扇自身が地方を回った中で           .│
│10レベルを超えるパーティを見かけることは無かった。幾らなんでも、       │
│その程度の実力で15レベル超のキャラクターを相手することは叶わないだろう。 |
└─────────────────────────────────┘

47◆iWAc./ZK.62015/06/21(日) 23:22:41 ID:sjK3Kqn6



   / ̄ヾス-―‐-、r' ⌒ヽ
  {   ,/´:::::::::::::::::::`ヽ、 l
  ヾ_ィr'::::/::::,:iヽ/i::::,::::::、:ス
    //::::l::l::,ハl  l/l/i l .|
  /∧::::|::レ -‐‐  ‐- l .ハ/
  〈/l::::トi::::{"   r┐  }/\>  ちなみにリースさんの死因は?
   ∨iイヘ|ゝ、__ _.,イレ
       /`,:`ir‐':.`ヽ、
     〈ヘ/ 〉/::@:::)、〉
      辷|〉}::{|:::_ム__|
     ムミ|/辷::::::::::.} |ゝ


                                     _, - ̄ ヽ=.、,  ̄'´ ̄` ヽ
                                    ` ーー-ァ‐     `´  ヽ  \
                                      / / ///.ハぃ ! | ヽ 、ヽ
                                     / イ'/ レv/  v\i リ .l  |   毒殺。
                                     | l !{ レ┼l‐l   l┼|| |、| |
                                     \!ヽ| | ●   ●|.| |ノ.| |   政治的な、なんかこう手を出したくない、
                                         | |ヘ⊃、_,、_, ⊂⊃| | |   出せない話だから詳しくは聞いてないけれど
                                        | |/⌒l,、 __, イァ| | |   当時の事情が聞きたければまた別の人に聞いてね。
                                        |./  / ∧∧彡" | | |
                                        ||  l::::〈∧〉::::Ⅵ| | |



   r''⌒ヾォ-‐‐- 、,
   '、  ノ ,!: : : : : : ヾ⌒ヽ
   〈メ二r'": : : : : : : : : ト、 ノ
  〈j´: ::イ:/O'; :i :l: :lレ: :イ_〉
   i : : : l u.   __ O'i: :i|
  (リ:、: .ゝ  / _| "l: :y    あ、はい。
  ( (从ト`' r-..,,, ,. イレ从   (私も苦手なタイプの内容でした)
   ` く"  / (二ロ「 ̄ヽ
    /=`,'::(rヾ)::ヽ、_ノ    ……質問を変えます。
    (=/:::::;'ー‐':::::::::|
     ./:::::〈 ::::::::::::::::|

48◆iWAc./ZK.62015/06/21(日) 23:23:02 ID:sjK3Kqn6



                /   `ヽ
               /       lア─- 、
               <从     、_〃: : : : : : :ヽ、
            < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ
         __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /
         //: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y
        / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',
.      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/     荷物といえば、あの倉庫に積んであった
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!      山盛りのマジックアイテムはその繋がりで手に入れたものですか。
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ      神器が霞むほど、色々置いてありましたからね。
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ    その中には人探しの出来るマジックアイテム等は
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、           置いてなかったのですか?
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY
.        ///    / ∨:::__;ィ千r'/丁
.     〈//    ∧   ̄l / /::三/  !
┌────────────────────────────┐
│奴を残せば、またそのうち戦力をかき集め 三度目の都市襲撃を.  |
│企てるだろうと思えば、華扇にも少なくない迷惑がかかる。       .│
└────────────────────────────┘




       _, - ̄ ヽ=.、,  ̄'´ ̄` ヽ
     ` ーー-ァ‐ /    .     ヽ
        / / | // |∧ / リ/リ.  ヽ
       / l !{ レ┼l‐l   l┼| |、|  |
       \!ヽ| | ●    ●| |ノ.|  |   そういう便利なものには、心当たりがないね、
          ヽ| l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ | │
          | ヘ       | | .|  |   それに、あまりにも物が多すぎて、
      /   | /⌒l,、 __, .イァト|/ |    置いてる物全ての特性を把握してるわけでもないから。
      //_/. | /ミミ/ヾ∧"::::/  ヽ |  ドロボウタイサクハ シテルケド
    ゝ-‐ '´  | |::::::::l::::〈∧〉/ ヒ::::彡, |
┌─────────────────────────────────┐
│サイクロプスが相手に出来そうな人物など、私には早々思い当たらない。    │
│幸い 外界に興味を持った単眼の巨人はあの取引した個体だけのようだったし、│
│次 新たに出てくる前に それを引っ張り出した元を断ってしまうべきだ。     │
└─────────────────────────────────┘

49◆iWAc./ZK.62015/06/21(日) 23:24:28 ID:sjK3Kqn6


                    //
               〈::〈 _ __  /´ ̄ `ヽ
             . -‐‐' ´: : : : : : :` 、    .
.      /´  ̄ `Y´. : : : : : : : : : : : : :\: \     }
      l     /. : : : : :{ : : : : : : : : : : :.\: \__ノ
      |   /. : : : : : :/:!: : : \: : : : _: : : :.\. \≦≠ ニ二フ
       ゝ.__/: /: /: :.ィ.升ト: : : : ヽ:´\: : : : : :)>:\ \ \
       ノ: ノ!: l: : :|:l:|:.|:ノ\: : : .!: ,ィ≦k: : : \: :}: :\ \/
       ///l: :!: : :!:l:|人  )\: :}´ i以リハ \ )メ、}ノ:.ヽ
     く/〈./人:j: :从八x==彡 )ノ    |:i: : : : \:\:ノ: :〉   学園の先生方で
         /:\: :.Ⅵハ    '     リ:i: :\: : :.\ :ヌ´   手分けして調査すればよいのでは?
.         /: : : /)ハY入   / }  /く: : : :l\: : : )
        /: :/:.//: :.:i:|: l }≧= i |<.┐ :): : :ノ ハイ     (あの魔動天使は         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
          レ〈:.∧!: : :リ人!:F干| .j´ニ.|イ⊥く ⌒\       自力で探すしかないですね) ...| 学園の所蔵じゃなく、私個人が保有してるものなのでね。
            )/\:.(`Y r┤厂 ∨:::::::://       ヽ                             | 当時の名残の品だから、なるべく触らせたくもないのさ。
          /   ヽ) | j::ハ厂   |}`ヽ:j/        i     (適当に捕らえて、          ヽ_______________________乂_
         /       Ⅵ::::{〈し'⌒ リ }:〉/         .ト、    居場所を吐かせるか)
       i         /::::::入\___メ.メ∧ 「j_     ノ 〉
       人      {:::::::::::::::fー‐1::/><  `ヽ  /    まあ、その手が使え    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
.         \ jメ≦ヘ ::::::::::/〉__!< <> /〉  i ∨、     なければ、他の手段で  | それに、触るだけで呪われる品もあるし、
.       x≠/´/  i∧::::::〈X厂 ∨/ /人〈〉j\} \    .探すだけですが。      | 並みの先生方でも見抜けない危険物も紛れてるから。
                                                   ヽ_______________________乂_




           _,,..,,_ ,,,.. --- ...,,_
         ., '´    `ヾ      `'  、
         {    r/]/        \- 、
        rゝ-='" ̄, '  ./´   ハ    ヽハ
         く/    |/   /_」- /|  |    ∨、
        /'/     .;'  ./fてl!`ヽ |  / |    |/
       ,|/   r|  {弋_リ   |/ト./  |  ハ\
     / ,    .八  | `      ァr'|  ,ハ /l」ヽ/
    /  ;'    ,   \|       , lリハ!/|イ、
     { /|   ./|  ./| l    _    ./ 八、 \       では30年前の当時、
    ∨ソ 、/ 人 ,ハ レ |\  ´   ノイ  )\ ハ      竜が根城とした場所のような
        }/こ ヽ|/-、 / >=ァl斤/ | イ  リレ'    _  拠点は知りませんか?
       /─- 、r }-r‐|7〒ア´/::/7´ ̄`ヽイ   _r/´/ヽ
      ./  ‐-、ソJ:::rん)ヽrイ:::::://      \ / `ヽ{_/r}   .様々な種族を織り交ぜた大規模な侵攻を
     .r' -、 ,イ:::::::{ゝ_ンノ:::::::::::::|{         .}/::`ヽ、__,,.ン    企てているようですから、大軍を潜ませておけるような場所があれば
    /\--//:::::::::::::l/:::::::::::::::::::::|ト、   、__」_/\::::::7       まさにそういうところだと思うのですけれど。
   ./ ─ヽム{::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::八∨、rヘ_/|/   `/
   .;'-- 、 ト人:::::::::::::::l!::::::::::::::::;:イ  / ∨   ;'    ,'
   {    ヽ} /}`:::::::::::'、/):::ー-::|| /  ', ;'     ,'

50◆iWAc./ZK.62015/06/21(日) 23:25:22 ID:sjK3Kqn6




       _, - ̄ ヽ=.、,  ̄'´ ̄` ヽ
     ` ーー-ァ‐ /    .     ヽ
        / / | // |∧ / リ/リ.  ヽ
       / l !{ レ┼l‐l   l┼| |、|  |
       \!ヽ| | ●   ● | |ノ.|  |    それなら数十年前のことだけど、
          ヽ| l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ | │   ここから西、ハインラト王国とジンルーの間にある
        /⌒ヽ__| ヘ  ゝ._)  | |/⌒i |    蛮族領の南側に 竜の居城があったよ。
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| |::ヾ∧∧"::{ヘ、__∧ |
       `ヽ<::| |::::::〈∧〉-:/ヾ::彡' |








┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃__ 森森森森森森   森森森森  森森    ∧∧∧∧∧∧        ......┃
┃ ヘ 森森森森   凸                 ∧∧∧          ..┃
┃  | 森森森森 【ハインラト王国】                  ∧∧∧        ..┃   ☆……魔城ガッデム
┃  |  森森                    凸     ∧∧         ┃      (華扇が訪れたバジリスク他 三部族から成る蛮族の城)
┃  |                              ∧∧∧       .....┃
┃  \__                            ∧∧        .....┃   ★……竜骨の居城 (new!)
┃      \     ☆    ___             ∧∧∧        ....┃
┃       Y        /´.;.;.;.;.;.\             ∧∧        ..┃
┃         }         /;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.\        凸   ∧∧       ....┃   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
┃       ノ  ↓   /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ 凸          ∧∧∧      ┃   | 今では、北と南で対立する蛮族勢力の、
┃         {→ ★ ← {.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.}                 ∧∧∧      ┃   | 片一方の居城になってるけど。
┃        \ ↑    \;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./                ∧ ∧      ┃   | ひょっとせずとも、都市を襲撃するにあたって
┃          }       ̄\.;.;.;.;.;.;/                   ∧∧∧     ┃   | 蛮族と手を組んだ可能性はありうるね。
┃           {       凸    ̄ ̄                ∧      .┃   ヽ___________________乂_
┃            ', 【ジンルーの街】                      ∧ ∧     ┃
┃            ',                                ∧∧  ....┃
┃           }                凸                ...┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

51◆iWAc./ZK.62015/06/21(日) 23:26:42 ID:sjK3Kqn6
.        ´! /|      ̄ アニ三><ム          丶    _
       { ∨  l        /    /   / `≧=r‐‐─ァ辷 フヽ/   `丶
.        { !  \     l   |  /      / 、 / 〈 <   ∨
        l  ̄=ァ r─ーァ一─┴‐ァ===ミ l!   /   { \〉  ∨    ',
.         l   /   l /     /    // ヘ / ヽ / \ _〉    ∨    l
          l/    ⅳ//  /  /   ‐,イ--   `ヽ/ヾ< Y !     .l    /
         {       Ⅵ!     l   / l!  / |   \/ヽハノ    l> /
         ∨  / ∨ イ   !   !  /  !/  |    / ヘ j‐l-    イ K二ニ≡ 、
          ∧ ./  { ト、|   |     ィてうミx、 l  /| /   .l     l ト、ヽ   ソ
       __ ム V >>行   !  /  l!∨::::::::リ ノイ  ノ'    | /  /   〉 l
     \    //  ノ!   l ハ   l ヽ ン      ィてうx'イ  /  イ ヽj
         >イ/    ∧  ∧!     ! ,,,,,          ん:::::リ 行 /lヽ l
        〃 〈      ハ |!人   l         ,  ヽ ン∧/ / | }/
        |!   丶      ∨  ハ   |       _    ,,,,, / |!   l (    二分?
      ヾ     ヽ     ヽ乂 l   /\   `´     / /!  /             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
            ∨       リ j / _>  _    <  /川 /                 | 北はドレイク、バジリスク、トロールの
              ∨     ムうY`ヽ ̄ ̄ ̄ト、/!  〉////                   | ダルクレムに連なる三種族が占めているけれど、
                ∨  〃 んり>-<::::::::::ノ::::::::::>─‐- 、                | 南は逆にヴァンパイアのような、アンデッド寄りで
               l /〈<乙て)Y>'⌒:::::::::::::/ /                       | メティシエ、ブラグザバス系列の蛮族が多いの。
             /:::::::弋辷ン>そン::::::::::// //     l                 ヽ_____________________乂_
            /::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::/ イ        ∧







  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
  | ヴァンパイアか……   |
  乂_________ノ

                                _, - ̄ ヽ=.、,  ̄'´ ̄` ヽ
                               ` ーー-ァ‐     `´  ヽ  \
                                 / / ///.ハぃ ! | ヽ 、ヽ
                                / イ'/ レv/  v\i リ .l  |
                                | l !{ レ┼l‐l   l┼|| |、| |    ヴァンパイアの気質上、南側の彼らが
                                \!ヽ| | ●   ●|.| |ノ.| |    人族圏に侵略することは滅多にないそうだけどね。
                                    | |ヘ⊃、_,、_, ⊂⊃| | |
                                   | |/⌒l,、 __, イァ| | |    もっぱらハインラト王国と交戦するのは
                                   |./  / ∧∧彡" | | |    北側のトロールたちで、南側はアンデッドを輩出するだけで
                                   ||  l::::〈∧〉::::Ⅵ| | |    良くも悪くも、蛮族からの侵略は無いらしい。

.

52◆iWAc./ZK.62015/06/21(日) 23:28:09 ID:sjK3Kqn6


               _, - ̄ ヽ=.、,  ̄'´ ̄` ヽ
             ` ーー-ァ‐ /    .     ヽ
                / / | // |∧ / リ/リ.  ヽ
               / l !{ レ┼l‐l   l┼| |、|  |
               \!ヽ| | ●   ● | |ノ.|  |    内部抗争の強い種族だから
                  ヽ| l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ | │   ノスフェラトゥ同士の闘争に明け暮れて
                /⌒ヽ__| ヘ  ゝ._)  | | /⌒i |    外に手を出す余裕が無いのよ。
              \ /::::::| l>,、 __, イァ/  /│
        .        从 l||l| |::ヾ∧∧ :|||l人. ∧ |    アンデッドの巣窟だから、潜入という話になってるね。
               ( ⌒ ):| |:::::〈∧〉-:/( ⌒ ) |






                   ,. '" ̄`ヽ.
      , '" ̄`ヽ _r‐<´ ̄`Y      ',
     ./  r>'"/        ヽ┐   ノ、
     { r/   '     }`ヽ `ヽl>-rヘ_」
     r'7  .;' /|   ./_ ̄ハ  ハ  八\`ー─┐
     |/   |/'´_」   /ァfてハト  | 、  \\  ̄
     .;' |   | ィ'f'ハ、  '  j__,ン  八 \ !\」   (蛮族領の南側か。私が逃げ込んだのは専ら北側でしたから
     /{ .|  八| j_り \|     |/,リ「  ̄`|      あの辺りを訪れたことはありませんでしたね)
   く/|八レ'  |    '       / ´  |  .人
        ヽ /、   r 、   //   /|  ,'   ヽ.    種族の偏った住処なのが気になりますけど、
       /イ へ、    / /| _/_  /   ; }   他に無ければ、調査先の候補の一つに入れましょうか。
     / /  / >-rァ'|/|:ァ'"::::::`ヽ. /レ'
    ,:' /| /|、 ./ f斤:::/::::::::::::::::::ハ' }    でも、そこには いないと思います。
     レ'´  ∨  レ∨_」ーイ/::::::::::::::::::::::::| /     幻獣は“穢れ”に反応する物が多いので、
           r'アrヽ:::/::::::::::::::::::::::::::レ'       ヴァンパイアの巣窟に連れ込むことは無いかと。
           /{八ンノ}:{::::_;:-===-、/
        /`ヽ、-ァ::'::ヽ/::::::::::::::::∧\

53◆iWAc./ZK.62015/06/21(日) 23:29:56 ID:sjK3Kqn6
                  ・´              `ヽ. |┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓|      |
                                   \.`) ((__))  < @ > ┌──;;;;;;;;;;;llll;;;;;;;:;口;:;:; ┃|      |
  \                          ヽ    ・.「 ゚ 。|    匚\。。|_|二二 r。。ー 丿 手n,、 > ┃|      |
   `  ..=彡. ´  ./              ヽ    ハ    ',. 兄 丿;;;;;;;;;;└‐ l ヽ | ヽ; ; ;E ノ || r lト、_,;-;;┃|      |
     /   ../  '    '          .‘,.    ',     .i Y。。) ヽ   r─/l┌ ヽ| ヽ\ヽ:::;;;;;;||ヽ__|;; ┃|      |
     /   ./ /  ,′ /  /      !    i}    .ト   :| 川 ) ⌒ フ 〉 !  /i 丿   \  V | l::::::::::::ヽ┃|      |
    .'  ./,'   ′/ .|   /  ,'.  |     ム    ;    ‘,    !...器 ノ;;)_>>iーi L_   > r \ヽヽ:::::: ノゝ ┃|      |
    | . /   | . | . {. ̄i..`ヽ .   ! ,'  ,'  / {..    | .i.   i. 毛 ;;r、__;;;;l L ( <;;;|  / ノ ノゝ ソ ー r ─ -フ┃|      |
    | | . |  | .{: ', .{ ', |   ./ ./ ̄/.ト ./ . !     !. |   .| 二(´`ノ‐─/ヽヒ==〆::〔〕─┌ ヽ/ム√レ┃|      |
    人 | .人  ', . ',   ,ィ≠、 ,'/,'./ ノ/.}ヽ|    ハ. ;   .{. ━━━━━━━━━━━━━━━━━┛|      |
      `  ヽ  ヽ.|.\{        ' z≠ミx ..! |   ハ ;.i    i                                 |      |
         \ |              `/.ノ|   .i_ノ |   .|                                 |      |
              `.', 人  ′         ′ !   ハ  |   .|                                |      |
              ハ  \  r ヽ      イ   ! .! |   .|───────────────────|___|──
            |   i`  ._  .... ・´ ,'   | ! |   .|
              ,'. | .,  |.,x≦ .!      i   ! | . i   .i    そうですか。でも、それだと
           ノ ィ:::i  |.:.:.{   \   /|    |≧ュ.‘,  .i    地方全体にアクセスできる場所というのは
            , イ. !:::{   |:.:.ム..  / Y \.|    ト    .≧ュ。   滅多に思い当たらないかな。
        ィ≦._.≧ ' ', . !.:.:.:ム../ \V/,.|  . 八::::::≧ュ.   ≧ュ。
      〃:::::::::::::::\{   ',. ハ.:.:.:.:ム  ./∧\.! ..,' ヽ::::::::::,'::::≧. ,...::':.ヽ   他には……そうだね、
     {:::::::::::::::::::::: |   .,.|::!:.:.:.:.:ム.く_./ ヽ._',    ヘ::::::/::::::/::::::::::::::i   リドリア湖周辺は どうでしょう。
      {::::::::::::::::::::::::|   八:\:.:.:.:ム -= 个=-',  i   .',:/:::/.:::::::::::::::::::}

54◆iWAc./ZK.62015/06/21(日) 23:31:14 ID:sjK3Kqn6
                          ト.、
          _  _,,.. --──- 、,_ノ }
       ., '´   `Y´           `' 、_
      .,.'       |‐ァ   /       \}- 、
        .|      ,ハ_} //     |      ヽ  ';
      ,ゝ、.,_,,. イ ┘ ' ‐|-    /|   | ';   '; |
   r‐''"´/, イ__r'  |  /  ,ム、_./ ;   ,ハ |   レ'}
     ̄く/Y   _|  |! ,イhノ 「lヽ / / /ト |   |/
       /    { r |  lレ' ゝ--'  |/ ァlト、 ,ハ   ;|
     ./     /ヽ._| 八         {h! }/ | /;|
     ;    /   レ' | ヽ、       ' ` ´ |/レ' ∧    リドリア湖ですか。
     | /  '    、|   ;     _     ,ム、く/\]    あのあたりにも足を運びましたが、
     /  '   、  ;'  /、     ,、 , イ ハ        すぐ近くに村がありますから
    /  _,.イ   /\/ /、 > 、.,,/ ,ハ/)/ ノ        ひと目に付かないのは難しいのでは?
    {r'"| ,、   |>ー<\::::\.   / /、/、/)ハ
      ∨  /     `' \::::`r/ ´ -く/' ;
        /        \ }:::/ ̄` 、//  {、
        | /      \`∨ ̄`ヽ / {   ヽ}
         '/          `'|\  イアゝ、__';
       ;           |  ヽ |/´り}{:::::::::::_|
         {      、_./-─| -‐=ニ|ゝrン|' ̄ ̄|



                          _, - ̄ ヽ=.、,  ̄'´ ̄` ヽ
                        ` ーー-ァ‐ /    .     ヽ
                           / / | // |∧ / リ/リ.  ヽ
                          / l !{ レ┼l‐l   l┼| |、|  |
                          \!ヽ| | ●   ● | |ノ.|  |    そうだけど、聞いたことない?
                             ヽ| l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ | │
                           /⌒ヽ__| ヘ  ゝ._)  | | /⌒i |   あの湖は三十年ほど前に突然出来たけど
                         \ /::::::| l>,、 __, イァ/  /│   その由来は一切不明だって。
                              从 l||l| |::ヾ∧∧ :|||l人. ∧ |   つまりひょっとするとあの湖の中に
                          ( ⌒ ):| |:::::〈∧〉-:/( ⌒ ) |    彼らの拠点があることだって……

.

55◆iWAc./ZK.62015/06/21(日) 23:33:32 ID:sjK3Kqn6

                    //
               〈::〈 _ __  /´ ̄ `ヽ
             . -‐‐' ´: : : : : : :` 、    .
.      /´  ̄ `Y´. : : : : : : : : : : : : :\: \     }
      l     /. : : : : :{ : : : : : : : : : : :.\: \__ノ
      |   /. : : : : : :/:!: : : \: : : : _: : : :.\. \≦≠ ニ二フ
       ゝ.__/: /: /: :.ィ.升ト: : : : ヽ:´\: : : : : :)>:\ \ \
       ノ: ノ!: l: : :|:l:|:.|:ノ\: : : .!: ,ィ≦k: : : \: :}: :\ \/
       ///l: :!: : :!:l:|人  )\: :}´ i以リハ \ )メ、}ノ:.ヽ
     く/〈./人:j: :从八x==彡 )ノ    |:i: : : : \:\:ノ: :〉
         /:\: :.Ⅵハ    '     リ:i: :\: : :.\ :ヌ´    それ、可能性を口実にして
.         /: : : /)ハY入   / }  /く: : : :l\: : : )      体よく私に湖を調査させようとしてませんか?
        /: :/:.//: :.:i:|: l }≧= i |<.┐ :): : :ノ ハイ
          レ〈:.∧!: : :リ人!:F干| .j´ニ.|イ⊥く ⌒\       聞いてますよ、学校が例年行う遠足では
            )/\:.(`Y r┤厂 ∨:::::::://       ヽ      一部の教師たちが湖の調査をしてるってのは。
          /   ヽ) | j::ハ厂   |}`ヽ:j/        i
         /       Ⅵ::::{〈し'⌒ リ }:〉/         .ト、
       i         /::::::入\___メ.メ∧ 「j_     ノ 〉
       人      {:::::::::::::::fー‐1::/><  `ヽ  /






                                 _, - ̄ ヽ=.、,  ̄'´ ̄` ヽ
                               ` ーー-ァ‐ /    .     ヽ
                                  / / | // |∧ / リ/リ.  ヽ
                                 / l !{ レ┼l‐l   l┼| |、|  |
                                 \!ヽ| | ─   ─ | |ノ.|  |
                                    ヽ| l// 、_,、_,///| | |  | ミ☆
                                  /⌒ヽ__| ヘ  ゝ._)  | |/⌒i |
                                \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
                                     /:::::/| |::ヾ∧∧"::{ヘ、__∧ |
                                 `ヽ<::| |::::::〈∧〉-:/ヾ::彡' |

57◆iWAc./ZK.62015/06/21(日) 23:39:37 ID:sjK3Kqn6

               / ̄ __`ヽ
              -┴/´ ̄: : : : : : ̄:`:.ヽ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
    / ̄ `ヽー"、: : : : : : : : : : : : 、: : : : : : : : : : : \
    /      ヾ 〉: : : : : : : : : : : : :\ __: : :-‐ : :\: \
  /        |トヽ: : : : : : : : : :i、: : : :ヽ´: : :__: : : : ', `ヽ
  |       〃 }: : : : : : : : : :|_ヽ: : : : ヽ彳、ヽ: : : l __
  l         ノ: : : : :ヾ.: :/ :|  \.: : :| ヾ::ヽ 、: : :ヽ  ̄. .―. .、
  丶    ノフ /: : : : : : : :メ: : : :!≧= ヽ: :|  ゝ'  \: : \: : : : : : :\
    ヽ、゙テ/┌": : : l: : : : : : : : : :ん_ハ  ∨        ', : : :ヽ ̄ ― 、 ',  聞きたいことは聞かせてもらいましたし、
     7/-┘丶: : :'、: : : : : : : i:||:::::::::〉      `  l: : :/:|、     )'  .お礼代わりに今度 調べるくらいは
    //リ: : : : : :゙、: : : : : i.: : : :l: |ゝ-"       ,ィ  /レ': :l: :ヽ      .しても構いませんけど。
   //  |: : : : : : :l: : : : : |: : : :|: : ヽ       // /: : : :/: : : l
  //   l: : : : : : :l: : : :i: :|: : : :|: : :ハ:.\     ` /: : : /: : : :/    本当にそれだけですか?
 //   /: : : : : :/: : : /: :l: : : :l:/: :ヽ: :ヽ―――<.: :/: : :/     .なら後は……
//   /.: : : : : :/: : : /: :/ : : ,イ: : : : : ∧: :|    ///_:, -'‐ 、 _
/   /.: :/.: : :/: : ,イ.: :/: : :/: |: : : : : :|=∨==' ´::::/     ̄  \
   /.:/.: : :/:.: :/. |: /.: : ://〉.: : : :/ヽ :::::::::::::::::::( {  / ̄ ソ⌒  ヽ
   /イ: : :/イ:.: :/  |/l: :/´  l: : :/   \::::::::::::::::ヽ }   )ヽ  ヽ |
    |: :/  |: :/    l/   /|/      \::::::::::::::l ヾ ̄ ⌒/ }/...、




       ,'          !: : : : :ヾ: : : :ヘィ  ̄ ヽ
        i             ム: : : : : : :',: : : : :ヽ     丶
     _ム        /〉 : : : : : : : l: : : : : :ト、      }
      ヽ人      ィ 、∧: : i: : : : : :|: : : : : :|: ',   /
     ィ辷リ斗イ厂てイ :/ ':,: :|: : : : :∧: : : : : |: :l  ム
   ///: : ': : : : l: : : : :/丶 ヽ|: : : : :|: !: : : : : |: :|" rx′
  /ミ//: : :/: /: : :リ: : :/ _ ヽ、j|: : : : :|: |: : : : : |: :ト<│!ヽ
/三/イ: : :イ 7 : /: :,イてアト、 ヽ : : : :|∧: : : : :∨: :|//}!|
ヾ⌒  !: /: lト|<ニイ |!:::::::::::::∧ \: : :| ヽ: : : : :\匕ィ/
    !/: :从ゝ: : : :リ代辷>´ j!`  \j _⌒` ┬─<          ……そうですね。
   /: : :/: : : 〉.: : : :| ゛ー      ィ:て>r、/∧: : : : \   / }   (もう話していい頃合いか)
 /: : :/: : : イ : : : : |        , 辷´ "//: : : 、: : : : :\/  ノ
/: : : ://: :/: :|: : : : /            ゙ /´\:_:.\:_/⌒/     学園長、そもそも私がこれらの情報を手に入れたのは
: : : : :リ: /: : : 人: : : l 丶  <⌒,    人: : : : :\  ̄_/へ /      古くから生きるあるスフィンクスと、智の化身と呼ばれる幻獣たちから
: : : : :ヾ{三三辷\: ト、 \ ___ <:\ \: : : : :Y   ゝ、へ>七フ   教えていただいたものなのですが。
: : : : : :∧三三三≧、 \//>'弋辷⌒ヽ  \: :/ ヽ/  ) 〈  /

58小さな名無しさん@この板は300レスまで2015/06/21(日) 23:40:23 ID:8dweBTtE
そういえば湖の中でそれなりの敵出てきたよね

59小さな名無しさん@この板は300レスまで2015/06/21(日) 23:40:37 ID:rUqQqSMs
流石に脳味噌食べる部分はぼかすかw

60小さな名無しさん@この板は300レスまで2015/06/21(日) 23:45:18 ID:bsHMbsWY
教えていただく(捕食)

61◆iWAc./ZK.62015/06/21(日) 23:47:52 ID:sjK3Kqn6

                          \ ゙ッ     / /   |   l    l |  |  | | |     | |   ヽ
                          ⌒     / /  /  |/ .| | .| |ヽ | |  |  | ,.|斗     | |     i
                               /  /  /   i  | | .| | i | | |斗 ´ || | ||     | |    |
                              イ   /   i   | l | | | |  |才 l≧=ス≠, |       |-、|    |
                         __ イ__>´i   /  / .|_|_|- l廾||  | | /レ:::::::::::} .//|    / |´ ヽ|    |
                         .        |  /|  /  | | |〃下 ヽ /.  う:::::::ノ //|   | |  i |    .|
                         .         |  / .|  |   | |ヽレ::キ      ゝ‐‐´ /  |   |  | / |    |
                         .         |  i |  |   |ヽヽ 辷メ              |   |  |´  |    ヘ
                         .        | .| .| ||   | ヽヽ  ,            |.  ハ |    |    ヘ
                                 | .|  | | 、 .|  .∧  `  __       |  |   |    |    ヘ
                                 | |.   | | マヘ|   人   ヽ-`      |   |  |      |    ヘ
                                 レ′  l | .マ |   .|\          |  ,′ !ゝ     |    .ヘ
                                         |   ゝ l  .|  ト 、    /  |  ,′ .| ヽ、    |    ヘ
 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ   .| ,'  |  |  > -イ    | ,'  | /:.:.:./――-z_  ヘ
 | 彼らによると、三十年前のドラゴンの襲来、         .|    | ,′ .|  .|     /| _/| ,'  |/:.:.:./--≠_   ̄―‐
 | 本当に企んだのはまど……ルーンフォークの方ではなく .|  ..| /   |   |   ///ヽ  | /   |:.:.:./::::::::::::::::::::`>---
 | 魔術師が本元、彼はそのお供だったそうですよ?    .|  ..|/   .|  .┼r´:.:// >´ヽ |/    |:.:.:/::::::::::::::::::::::::::::::/
 乂_______________________ノ   |    |,r::´::::/:.:.:/∠ /ヽ |    |:.:/::::::::::::::::::::::::::/
                                       _|    |:::::::/:.:.:./≠/ヽ/ >||    |:/::::::::::::::::::::::/
                                     r´/   /::/:.:.:.:.:/  /   /:.||    |/::::::::::::::::::/
┌───────────────────────────────────┐
│聞くもの聞いたからには、あとは学園長がどんな反応をしようが                │
│構わないので、どうも認識がズレているらしい先生にきっかけの言葉をかけておく。.  |
└───────────────────────────────────┘

62◆iWAc./ZK.62015/06/21(日) 23:57:53 ID:sjK3Kqn6

┌────────────────────────────────────────┐
│ただし言葉はかけるだけ。                                              │
│幻獣から奪った知識しか知らない私には論拠も出せないけど、問われる前に部屋を退出する。. │
│というか私なんかが調べるよりも、当時を生きた学園長の方がよっぽど詳しいから           │
│手を出し口を出す必要はないだろう。                                       │
└────────────────────────────────────────┘


                   ,. '" ̄`ヽ.
      , '" ̄`ヽ _r‐<´ ̄`Y      ',
     ./  r>'"/        ヽ┐   ノ、
     { r/   '     }`ヽ `ヽl>-rヘ_」
     r'7  .;' /|   ./_ ̄ハ  ハ  八\`ー─┐
     |/   |/'´_」   /ァfてハト  | 、  \\  ̄
     .;' |   | ィ'f'ハ、  '  j__,ン  八 \ !\」
     /{ .|  八| j_り \|     |/,リ「  ̄`|
   く/|八レ'  |    '       / ´  |  .人       証拠はありませんけど、
        ヽ /、   r 、   //   /|  ,'   ヽ       私の知る話と食い違ってますから
       /イ へ、    / /| _/_  /   ; }      先生の方でも記憶を見なおしてはどうですか?
     / /  / >-rァ'|/|:ァ'"::::::`ヽ. /レ'      .\
    ,:' /| /|、 ./ f斤:::/::::::::::::::::::ハ' }           ヾ    それでは、失礼します。
     レ'´  ∨  レ∨_」ーイ/::::::::::::::::::::::::| /         .)  }
           r'アrヽ:::/::::::::::::::::::::::::::.____ _ _, '   /
           /{...--- -―==ニニニ二二 ニニ ___
        /`ヽ、-ァ::'::ヽ/::::::::::::::::∧\

63◆iWAc./ZK.62015/06/22(月) 00:03:39 ID:8Zu.QoWs

      バタン!
   .______________
.   |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::::::::::::: |
.   |:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::||:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::!:::::::::::::::::::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|::[||||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::!:::::::::::::::::::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::::|
.   |:::::|______|:::::||:::::|______|:::::|
.   |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::::::::::::: |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                        / ̄ヾス-―‐-、r' ⌒ヽ
                       {   ,/´:::::::::::::::::::`ヽ、 l
                       ヾ_ィr'::::/::::,:iヽ/i::::,::::::、:ス
                         //::::l::l::,ハl  l/l/i l .|
                       /∧::::|::レ -‐‐  ‐- l .ハ/
                       〈/l::::トi::::{"   r┐  }/\>   さて。
                        ∨iイヘ|ゝ、__ _.,イレ
                           /`,:`ir‐':.`ヽ、     あとは今回の件で
                        ((( 〈ヘ/ 〉/::@:::)、〉     出来上がった二人をなんとかしませんとね。
                           辷|〉}::{|:::_ム__|
                          ムミ|/辷::::::::::.} |ゝ

64◆iWAc./ZK.62015/06/22(月) 00:09:03 ID:8Zu.QoWs

..::| ._____ _____  _____| ______  _____ |______.|          | .
..::|_||__||__||_||__||__||_||__||__||_||__||__||_||__||__||_||__||__|」          |_|
.:::|______|___________|____________|          |         |
::::|                              ||  |          ||       |.〕      |         |
.:├─‐┬─‐┬─‐┬─‐┬─‐┬─‐┬─‐┤| 「 ̄| 「 ̄ ̄ ̄ | ||       |       |         ├
.:::|!  ≠|!  ≠|!  ≠|!  ≠|!  ≠|!  ≠|!  ≠|| |_,| | ___」 ||       |       |         |!
::::|!≡≡|!≡≡|!≡≡|!≡≡|!≡≡|!≡≡|!≡≡||   |         ||       |       |         |!
.:├─‐┼─‐┼─‐┼─‐┼─‐┼─‐┼─‐┤|Ⅱ |       Ⅱ||       |       |         ├
.:::|!  ≠|!  ≠|!.  /´ ̄"`ヽ-,  |!  ≠|!  ≠||   |          ||      |       |         |!
::::|!≡≡|!≡≡|!..r'      !ζ‐-_.、_,, -.、...≡|..|____.|_____」| \\ |       |         |!
..└―――――.,i       /、}"´.:.`"=- 、_ヽ,. .  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└────┴────┴
          ゙、ゝ,,--‐´、_r"/:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ, i
          !´,'i:i`.‐゙´:.:.:/:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.ヾ,
            |/i:i:::!.:.:.:.:.:i/‐‐-、 .',:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.!    r、=、
         /:./:|.:.i.   |茨テ'、 ヾ,:.:.:__:.i.:.|    ,, ゙i//゙,`ヽ,
      , -‐´,:.:.:.`ヽ-'.:.:.:.:.:i弋'ノ   ,_=、,'`',:|/ , -", -´i゙/∧. ',
    /γ´_,-,":.:|.:.:.i,:.:、:.:.、""  , .リj゙/:.:/, -´, -"   !`i_',  i    一方は種で呪われ、
    ´(/ ̄_./.:.:.:.!.:.:.|ヽ,:i.:.:.ヽ, r- 、 ./, ‐", ‐´._  _  | iゝ、_|    一方は死体と化しており……
       ´i, ‐'"i.:.:.:∧:|ヽ,:.:.:.:ヽ-=, ‐´, ‐",、`ヽ:. ̄.:く, ! i'::::::::::,'
           |_;,/-、‐‐.ヽ;; -"´,‐"´}-゙r,、ヽ-=,´ ̄`/./\__/     どちらから片付けたものですかね。
    __       /    .ヽ,‐´, -"<ゝ(_(rソY、.:.ヽ'i    v、!  ,'      急ぎの用は後者なんですが。
  ,r/´/       ', , -", -",:.:.:.:.:.:.:~ミ彡イ.:.:.:.:.|, --.、 ./   /
 // i゙r,`-、.   , -´, -"/  ヾ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.;'.:'.;:.:.:.:.:/   `ヽ、 ,'
 ヾ, i゙ !、, ‐‐ヽ´, -,´   ___《.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.:.:.:.:'.:.:.:.i     ヽヽ,
  ヾ、___i_ 彡ヽ,`ヽ,r‐"  ヾ,:/.:.:.:.´.:.:.:.:.リ.:.:.:.i        ヽ,ヽ、
       ヽ-"´/i ヽ,/r.、_,/`´、.:.",:.:.:.:=:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ      `, i`"‐、_
           ヾノ / | \ ==、|ヽ,.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ミ:.:.:.゙i、      ヽヽ,゙ヽ ヽ、_
┌────────────────────────────┐
│学園長に話を聞いた。次は、残り二人に話を聞かねばならないが .│
│どうも込み入った事情がありそうで、場合によっては時間を費やして│
│面倒な手間暇をかけねばならないだろう。                │
└────────────────────────────┘

65◆iWAc./ZK.62015/06/22(月) 00:10:38 ID:8Zu.QoWs
,:',:',;'';;';'ミ                          / ,/||/レ'彡',:',:',:',:',:'彡',:',:'彡メ,:',:',:',:',:',:',:',:;;彡'ム
.ヘ从彡^                           / |∠/|l/,:'彡',:',:',:'ミゞ',:',:',:',:',:'ィ'爻'从,:',:',;'',';';;;;',;'''
゙\ |                           / ,/|/|  彡,:',:',:'彡,:',:',:',:'_ノ,:',:',:',:',:',:',;'',;'''川ゞミ=ィ刈
\| |                           / |∠/レ ノ_ノリ彡',,;'',;'',;''ノ从从乂从 人ノ,:',:',:',:',:',:'爻'从
\| |                     / /| |/  z=:'彡',:',:',:'ミゞ',:',:',:',:',:'ィ'爻'从,:',:',;'',';':',:',:',:',:',:',:',:,:,;
゙\ |                     / /| | | z=彡,:',:''ミ三彡,:',:',:',:'ノノ_ノリ彡',,;'',;'',;''ノ从从乂从 人
\| |                     / /|__,|ミメソ,:',:',,ィ三彡,:',:',:',:',:',:',:',:',;'',;''',;'',;''乂彡''' "_ ,:;;;:.ィ''「||!|亥
____|____________l∠≦z=彡爻,:',:'彡,:',:'彡',:',:',,;'',;'',;'',;'',;''彡从.'''"::;_,.,,:x彡災炎メ|l||l|乂
|                      彡ミ三彡,:',:'彡,,;'',仆ミ彡彡从レ''"_,: ;. -''"≦爻爻炎爻メ|!|||爻
| ┌―‐┬‐―┐ ┌―‐┬‐―┐ ┌ミ三彡ノ,:',:'彳,:',:',:'ミ L. -''';;:::_,..:-'''.ニニニニニニニニニニニニニニ|}|||ニ
| |_____|_____|,  ゙|_____|_____|  |__ミニ彡州く彡介ミ_,.-'汀ノ乂爻乂爻乂丈苅:艾艾艾艾|l|l|チ
|_______________ __.ミ三彡ル行个ーWyv;|;||==============|l!ニ='lV"‐十|j|!||
 ____  冂―――――‐冂 __ ___  | ||| | __ |l||.__. |:::| | |__lL.|l|  | |.-‐十||||| |
 |___||___| | ||ノ从、    ノ|| | |___||___| | ||| | |___l.|l||_||__| |:::| | |__|L.|i|  | |.-‐十|l|{lレ'
 |___||___| | ||ミ从ミ    ,从|| | |___||___| |_ |ll!...| |___l.|lll_||__| |:::| | |__|L.|!|  〔[[[[[[[「|!||l|L
(;:: ));; .)::..|(:; )ゞ.||^ll~゙‐ --‐'~'゛'|| |,,(;;:((;;: ;:                  |:::|..~ ̄ ̄|l|, ,:仼王仁|l|l |゙
.;.: : Xx+ (: ヾ)|,,」l─‐ ‐-- ― .!! l ((;: ,::(;::. f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ  )ゞ_ロ」(ヾ)ゞ);.|l|;) (;;((ソ;; (:(:|l!l||;)
,.,..(;; );;);;) ll/            .\\.エエ((; | 【テレポート】!   .|  ::))三(::(:;:.:);:.;|l|::(:;::;:;((;::;( |;l|!|::)
;;);)));llレl/                 \\{工. 乂_______ノ  ]}___iエエエエエ|l|r┬┬┬┬|l||l|‐
:::)::ゞl/     .ο         / バシュッ                    ¨¬ニ二l===゙┴┴┴┴┴|j||l|‐
王lレ'        O     /      ο   ."^ : : : : : : : |l||: : : . . . ...||__| ̄| ̄丁ミlニニニ|}|{}|
/  .....ο         //  O   .\ \           |il:l: : : : : : : : : : : : : ̄~ ::| |   |: |:i|l;|
              ,;:''"゙゙'':.,/           .\ \      "^"  : : : : : : : : : : : : : :. `└‐‐┘|jl|;i|
.. .-―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐   \ \     . : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::|||:}:|
          O   :、,. ..,::'、‐-  _  ,、. . : ::. .:.: :.:: .\  ヽ      . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.j川l|、
        O   //`v:: 、
           //   |   ヽ
          /    ο    O
      ./
┌───────────────────────────────┐
│片やウン十年前の英雄の死体、片や(恐らく、ずっと)監禁されてた少女。 │
│あの女ドレイクへかかった呪いもやがて1~2週間で切れるなど       .│
│時間制限の迫る要件もあるし、どちらから片付けるのが楽か。          .│
└───────────────────────────────┘


          ○

          ○

          ○
.

66◆iWAc./ZK.62015/06/22(月) 00:18:38 ID:8Zu.QoWs
                                    ___,,,, x<三>-''''''':::::::|..    |
      ,,, -´                      ,,,,x< |;;;;;;;;;;;;  γ   ;;;;ヽ::: |..    |
ー'''´"'''ー"                     ,,,,x<三>|   |;;;;;;;;|:::::::::i,,, -‐- ;;;;l:::::. !     |
                       ,,,,,,x<三>ィ:::::::::::::::!... |;;;;;;;;|:::.. i_㍉  }ヽ;;;;|..    |
                     <三;; ''''' |;;;:::::| ⅸ.>|   |;;;;;;;;|::: イ = =ヽ. i三,;;|..    |
               .,,,,,,<  ;;;|::::㌘¨.|;>!<´   |   |;;;;;;;;|::: ノ { 幸 ::::/三::};|     |
           ,,,,,,<     : ;;;|::::> ´   ,,, -‐ '''.. |   |;;;;;;;;|:::::ヽ} } T :::/ニ= ´ |     |
       ,,,;;;;;; -‐‐   |   ::> `  <´..  ,,,,,┐ |   |;;;;;;;;|>''{. t_厂 L::ノ;;;;; |     |
..  ,,;;;i... |;;;''''''..i      |  |\ <ヽ_ _=ニ三三|.. |   |;;;;;;;{ `¨       ;;;; |     |
,,,,<三!.  !;;   ㍉´::::`ヽ;;;;|  |;;;;| |三三三三三三l|......|   |;;;;;;;i      __;;;;;; |     |
;;;;;;;;;; ; |.  |;;  {-串‐-:::/{;;;|  |;;;;| |三三三三三三||.. |   |;;;;;;;i;;;;=- ´    三;;;....|     |r
     |.  |;; . ノ{ '= {::ノ::::ゝ!   |;;;;| |三三三三三三.i!.....|   |;;;;;;;}∨       ;;; . |    イ
     |.  |;;.....}∥:::{:::┌::::i!... |;;;;| |三三三三三三.i.  |   |;;;;L;;;;∨r‐゚ ゚¨―--.   |.    {
     |.  |「 . }ノ:::::::レ'::::::::i!... |;;;;| |ニニ三三三三三|.. |   |´ . r":::::i!  {::::-‐┐;;;;|.     ハ
     |.  |ト{.     :::::::::::{.|   |;;;;| |ニニ三三三三三|.. |   |= . }::::::r|   i:::;;;;;;;..|;;;;;;|.   ト、
     |.  |i::`ー ' 'ー:::::::::i.|   |;;;;| |ニニ三三三三三|.. |   |ニ iE∪|三 l:::;;;;;;;..|;;;;;;|   { ┼
     |>'/:::) 。。。── |   |;;;;| |ニニ三三三三三|.. |   |= . } ∽.|=.  {:::;;;;;;;..|;;;;;;|  ,,,,,x≦´
   r¨゚゙{:::::../= ::::::::r‐┌ |  |;;;;| |ニニ三三三三三|.. |   |   i 中」≡=:}:::;;;;;;;..|;;;;;;|≦´:::::::::::::
   |ニ }::::::{三 ::::::/. | |  |;;;;| |ニニ三三三三三|.. nmニ二_  nm... ニ;;;;;;;;;;;;;| |
   |  i∪}.  :::::{.  | |  |;;;;| |ニニ三三三┌'''''―;;;; ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''''''''''''| |
   |  /)⊂}  ::::l  | |  |;;;;| '''''´|=ニ三三i! {;;;''''''''' ㌔ . |㍊㍗㍉|i㍍. {;;;;;;;;;;|....|
  mn /:::{=}nm:::::} _| |  |;;;;|.    !=ニ三三i. }㌫i㍑ | ㌃ |㌶㌧㌘|i㌘ };;;;;;;;;;.|...|
---―     ̄  ̄         |.    !=ニ三三i. {.- i  {.    ㌍. ㍗  ㍑ };;;;;;;;;;| |
┌─────────────────────────────────────┐
│場所は変わってスフィンクスのいた遺跡。                              │
│ひと気のなく、足を運べる場所は 人聞きのよくない行為をするのにうってつけの場所だ。. |
└─────────────────────────────────────┘

67◆iWAc./ZK.62015/06/22(月) 00:27:11 ID:8Zu.QoWs


  /           /i:::::::::::i!,'._ ヽ  f;ー 、 ..::::::::::.../|イjヽ`::i|:;ノ !i ';:::::l
              i |ハ::::::{/ ヽ `┰、_ノ  ☆ _, -うj|、:::ヽ:↓!  リ ',::j
|            ! ゝ‐-≧-ミク―‐-=ニ三〒´‐…1|::::::::::::}’|    リ
|             __,,..;::ヾj-v_´ハ `゙ /_」     ハ:::::::::j|::}
 ',            f    / / ¬、_ノ   , -‐,7ヽ 〃 :;:::::/,':,':i
  ',           ',   ,'=- ',   iノ  〉 /ィ<_ヽヽ} リ ,'::::/ ,::' l|
  ',         ゝ、/´   ',  `´ ∨, ´`ー  _,j ´ // ’  !
   ゝ             /      ',   jf    _,. '´/  ′
     ‐-        /       ゝ_ λ`ーi'1’〉ノ
        ‐   /         / ゝ、 ー/ノ
          _,ゞ{        ,./ ':,  ,イ/
                  '/    /′
                 イゝ __. ノ′
┌───────────────────────────────────────┐
│生き物の蘇生は、魂に“穢れ”を伴うため アンデッド化する恐れがある他、            │
│<守りの剣>圏から弾かれるため多くの人族の領域に踏み込めなくなる等のデメリットもあって、│
│禁忌、敬遠されていることが大半である。                                 │
└───────────────────────────────────────┘




   / ̄ヾス-―‐-、r' ⌒ヽ
  {   ,/´:::::::::::::::::::`ヽ、 l
  ヾ_ィr'::::/::::,:iヽ/i::::,::::::、:ス
    //::::l::l::,ハl  l/l/i l .|
  /∧::::|::レ -‐‐  ‐- l .ハ/
  〈/l::::トi::::{"   r┐  }/\>   まあ、実を言えば
   ∨iイヘ|ゝ、__ _.,イレ      魂がピュアな状態からならば、蘇生を受けても
       /`,:`ir‐':.`ヽ、     決してアンデッド化しないはずなのですがね。
     〈ヘ/ 〉/::@:::)、〉
      辷|〉}::{|:::_ム__|
     ムミ|/辷::::::::::.} |ゝ
┌────────────────────────────────────────┐
│例外はヴァンパイアや、一部の蛮族くらいだろうか。                           │
│蛮族ですら(そもそも蛮族は最初から穢れが多くて、蘇生すると即アンデッドになりかねないが)、.│
│アンデッドは共通の敵なので死体はきちんと処理するほどのものだ。                   │
└────────────────────────────────────────┘

68◆iWAc./ZK.62015/06/22(月) 00:36:11 ID:8Zu.QoWs

 /       ∨: /: |: :\: :`ヽ: : :`:ヽ: : \
/           |ヽ!: :.|: : : :\.: : :\: : : \: :ヽ |ヽ
          l ノl: : :|ヽ : : : \ : : |ヽ: : : :\:∨:ノ
          / } |: : :|! \: : : : : : ! >‐┬≦:`.────- 、
ヽ        _イ: |: : :.|ヽ、 \: : : :.∨ィ行│: : : : _: <二ニ二_`ヽ
<辷 、 _//_/: : l: : : |i  >-`丶、: :',{!:リ !: :/:ヽ: : : : : : : : : : : `ヽ
  ゝ─仏⌒!|:|: : : ノ : : 下てうミヾ   ̄,`‐' Y: :>─--イ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   ,イ/: : :/l|:l: : : : : : : 代r'::::::リ          lヾ: : : : : : /
  /,.イ: : :/ /: |: : : : : : :イ、ゝ-‐'"         ハ : : : : : : :'、      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
///l: :./ /l : :l: : : : ヽ/: :.`ヽ    r⌒  /ヽ、_: : :/⌒ヽ     .| ザス・セヴティ・ユ・ヤム。      |
/ ./: |:/ /.: | : :|: : : :/:\: : ハ    ー' /: : : :__/           |                           |
  /: / /: : :ト、: !: :/三三≧ミ、: l三ミ¬<: : : : : :`:ヽ.            | ラーファト・ソウル・バイデン…….  |
 ,: ハ⌒|ヽ: : :\`ヾ __三三三ヽ三}ミー"三ヽ、_>─ 丶        .乂______________ノ
 !: ! ヽ:.l \: : : Y´ ∧三三三ヽ/三ハミ/ヽ三三三ミヽ
 l: |  \  ⌒゙∧/  ∨三三三ミl三/  /弋!ミ/   ∧
 l: |        /三ヽ_リ∨三三ミ/:; 'ヽ_/ ゝ >ヽ〉 / 丶
 ヽ|      l三三ハ  _∧三三/:/\_/て_/i /l//   \
   i⌒丶、 _>r'三∨  .∨ヽ/  /、 イ /ミ<三二   ',
┌─────────────────────────────────────────────────┐
│事前に一時間の準備をかけて、蘇生の呪文に必要な魔力を集中し、詠唱を完成させる。                  │
│死亡してから日数が経過している場合、蘇生の難易度も上がるのだが私のレベルからして失敗の心配は無い。    .│
│それに【プリザーベイション】の呪文で死体を腐敗から守っていれば、日数経過で難易度が上がることも無くなるのだ。. │
└─────────────────────────────────────────────────┘

69◆iWAc./ZK.62015/06/22(月) 00:38:38 ID:8Zu.QoWs

         __  ◎  ___  ___  ___
         | | r、  └ マノ └ マノ └ マノ  ○ ○ ○
         |_| \>  くノ   くノ   くノ
                         .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....              f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                       . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .              .|  レッスレークティオ   |
                     ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.              | 【リザレクション】.|
                  .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.          乂_______ノ
                  .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
                , .;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
          ,. ; ,+X'∴゙.':;:;::;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.x ;、 、
         +:'、+     .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.   +、', 、
        ゙,∵,、      .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.   , +,∵
         ` ∴',+:; . , .:;:;:;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.    , +: ∵
            `'∵',+'∴; ,:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:, . , ;  + ;∵ '゙
               ` ' ∵',"+',x' ;,'∵,'∴,'+,ヽ;'∴,'+,ヽ;','+';,'∵,'∴, ∵ "
                  .:;:;:;:;:;:;:.`^ ゙..゙  ^ ".:.: ^ ".:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
                     ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
                       . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
                         .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....
┌───────────────────────────────────┐
│それでも失敗の可能性があるとすれば、【リザレクション】の蘇生は              │
│相手の魂が蘇生を拒否した場合、その人物を蘇生させることは出来ないことだが。  │
│まあ、その場合は別の手段で無理やり蘇生させることも厭わない気である。      │
└───────────────────────────────────┘

70◆iWAc./ZK.62015/06/22(月) 00:47:57 ID:8Zu.QoWs
┌────────────────────────┐
│しかし魔法は抵抗されることなくすんなり通った感触から、. |
│彼女は蘇生を受け入れたようだ。                   │
└────────────────────────┘


                         ___
                 ,ィ⌒\___, ´    }
                  /__`{ {,----- 、 〈_
                ,:乂_,.イ⌒`:::<_   ノ::\
       _人    /::,:/::/:::/!::::::: |:|::::|:: `「:|::、:::::ヽ
       )     ../:://::|:/::/、{:::::::::从:::}、::::|::}:::}:::ハ::::、_
       ⌒Y    .'::: |:|:::从::{ 从:::::{ }/ 从}/::/::::::|::::::ヽ:::\
             {::|:|:{:::|ィ斧ミ、 \〉イ斧ミ、イ::::::: |::::::::ト::.、`\
             ,:从{::Ⅵ _)::刈     _):::刈 }|:::::::::|::::::::}:::、::\
             /:::/::::::::}弋zソ    弋こソ ,::::::::::|::::::∧:::ヽヽ}
            ,::::/::::::::::,     ´    _∧_/:::::::::∧::/::::}::::::}
             {:/:::::::::::人    っ   `,::、〈:::::::::/.イ/:::::::|::::::|
             |{::::::::::::{    、      u ,:/::::::::/::イ:::::::: |::::::|    ミ
           八:::::::::::|    ` r- =≦ /::::::::/´:::::::::/:::/:::::,      ミ
              \:::从   __|     {:::::イ /:::::::イ:::/:::/     ミ
                 ∨ ,.ィ:./--' r-/´∨:.:.≧=ミ、{イ/      ミ
               「:.{:/  __/イ: ̄/    ヽ\
             ,イ>、: :<:_:_:__〉: : : :, 、     }:.:.}     ┼┐``  l l  ``
             {///\: :\ {(__): : : , }      :.:.:|     ||  ./ ヽ、 .ツ
             |〈/ l:  \:_:〉: : : : : :| :     ':.:.:.|
               /7   :.    乂、 : : : : | l     .:.:.:./
┌────────────────────────────────┐
│蘇生した直後で体調も不安定だろうに、勢い良く体を飛び上がらせて    ....│
│周囲を伺うのは、身体に染み付いた習性だろうか。                    │
│その無意識の素振りから彼女が高レベルの冒険者であったことを伺わせる。. |
└────────────────────────────────┘

71◆iWAc./ZK.62015/06/22(月) 00:51:14 ID:8Zu.QoWs

           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
    / ̄ `ヽー"、: : : : : : : : : : : : 、: : : : : : : : : : : \
    /      ヾ 〉: : : : : : : : : : : : :\ __: : :-‐ : :\: \
  /        |トヽ: : : : : : : : : :i、: : : :ヽ´: : :__: : : : ', `ヽ
  |       〃 }: : : : : : : : : :|_ヽ: : : : ヽ彳、ヽ: : : l __           (今の一瞬で、技能は「見えた」。
  l         ノ: : : : :ヾ.: :/ :|  \.: : :| ヾ::ヽ 、: : :ヽ  ̄. .―. .、      デーモンルーラー15、スカウト15、プリースト15……
  丶    ノフ /: : : : : : : :メ: : : :!≧= ヽ: :|  ゝ'  \: : \: : : : : : :\     あとはセージとレンジャーがそこそこですね)
    ヽ、゙テ/┌": : : l: : : : : : : : : :ん_ハ  ∨        ', : : :ヽ ̄ ― 、 ',
     7/-┘丶: : :'、: : : : : : : i:||:::::::::〉      `  l: : :/:|、     )'
    //リ: : : : : :゙、: : : : : i.: : : :l: |ゝ-"       ,ィ  /レ': :l: :ヽ
   //  |: : : : : : :l: : : : : |: : : :|: : ヽ       // /: : : :/: : : l     ご機嫌いかが?
  //   l: : : : : : :l: : : :i: :|: : : :|: : :ハ:.\     ` /: : : /: : : :/
 //   /: : : : : :/: : : /: :l: : : :l:/: :ヽ: :ヽ―――<.: :/: : :/
//   /.: : : : : :/: : : /: :/ : : ,イ: : : : : ∧: :|    ///_:, -'‐ 、 _
/   /.: :/.: : :/: : ,イ.: :/: : :/: |: : : : : :|=∨==' ´::::/     ̄  \
   /.:/.: : :/:.: :/. |: /.: : ://〉.: : : :/ヽ :::::::::::::::::::( {  / ̄ ソ⌒  ヽ
   /イ: : :/イ:.: :/  |/l: :/´  l: : :/   \::::::::::::::::ヽ }   )ヽ  ヽ |
    |: :/  |: :/    l/   /|/      \::::::::::::::l ヾ ̄ ⌒/ }/...、
┌───────────────────┐
│そこに華扇から声をかけると、            │
│ハッとしたように振り向いて微妙な顔をする。. │
└───────────────────┘

72◆iWAc./ZK.62015/06/22(月) 00:54:30 ID:8Zu.QoWs

                                    /
                                      /:},./  _____
                                 /:/:/,...::´:::::/ ̄ ̄`
                                  {::{/::::::::/__
                            ,...::::¨/ ̄::¨::::<:::::::::: ̄ ̄`ヽ、
                            ,..:::´:::::::::/::::::::::___:::ヽ、:::::_:::::_::::::\
                       /⌒ ¨ ヽ、::::::::::/     }:::::::\:::::`ヽ、\::::ヽ
                      ,{      〉_r'       〈:::::::::::::ヽ::::_:::::\\::::.
                       /::〉  ヽ´`{__L ` ̄     }::::::::、::::::'::::::\::::ヽ ヽ}
                         /::::{      イ::::::\_    ∧:::::: ∨:::'::::::、::::、::::. '
                    /::::/`T7:::´:::::|:::::::|:::lヽ:`::T´:::::|::::::::::∨::|:::::}:::: |::::|
                       '::::イ:::':::'::_/{:::: |:::::::|:::l  Ⅵ|::|:::::|::::::::::::|::::}::::ハ:::::}Ⅵ
                    {:::' |:::|:::|Ⅵ_ー从::::::|从¨´}'_}::/|::::::::::::|::,:::/ :::/ }'
                    乂 {::从{l「¨斧ミ、\{  ´ 笊斧、|::::::::::::|/:/  }/
                     Ⅵ:::::::ム   Vソ        Vzリ |::::::::::::|イ  /
                      |:::::::::∧     ,       、:^ァ|::::::::::::|        何のつもり、っすか?
                      |:::::::::|:込、    _ _  u.´ ィ|::::::::::::|_
                      |:::::::::|::|_≧ ,._,ィ⌒ヽ <´ 从::,::::∧:.:.`ヽ     話しはもう、
                      |∧::::从:.:l:.:./ ー'⌒ー ∨  /:::イ}:/:.:.:/:./ヽ    聞いてくれないんじゃなかったんすか。
                      |' ∨、:.:.{:.:{ {/⌒¨ {  /:´:.:./':.:.:.:イ    .
                        /  ∨':.:.| Ⅵ`r ノ  {:.:./:./: : |     }
                          {     、:.:|  ∨ {  j:.':.:/: : : :/     ,
┌──────────────────────────────┐
│まあ容赦なく殺しておいて                                │
│後になって自ら蘇生させるなんて、傍目からチグハグな行動に見える。.  |
│とはいえこちらも事実を知らなかったのだ、仕方ないだろう。          .│
└──────────────────────────────┘

73小さな名無しさん@この板は300レスまで2015/06/22(月) 01:01:50 ID:BFgEHwXU
殺してからでも話は聞ける世界

74◆iWAc./ZK.62015/06/22(月) 01:02:41 ID:8Zu.QoWs


          _  _,,-‐''": : : : : : : : <⌒ヾー 、
           / `ヾ、 /: :/: :〃:.i: : : :.\    ヽ
          /     V: : : : : : : : : : : : : : : ∨   |
       rl      |!: : : :/: : : : :|: : : : : : :丶  r"
     r┴|      〃: : // ‐-: /! : : -/: : : :',_人
      ヽ人  _ /: :!: :/: :/:/: |: : :,イ: :i: : : ト \\
      <_ ム二ムイ :/:|: : :ィテ示ミ !: :/ィ示ト: : :!:.l  \\
        〃: : : :|/l从: : :lV:::リ  !/ Vリ l : : |: !    ヽ
       // /j: : : : リ: :ヽ∧      '  .l : : lり     )
   _ //厶/: : : : : :i: : : : :ヽ       イ: : 人   /  ああ、その喋り方、
.   / //_/イヽ: : :从: :ヽ: ヽ > r_、イ: :!: :リ    /    単に「真似」ていたものではなかったんですね。
  / //:::::::::::::::: >‐ヾ|⌒ヽ: \\ /: :从: ト、/
/ /:::::::::::::::::::/::::::::`ヽ:::::::\ヽ-、イ |/: :.∨         当初 耳を貸すつもりはありませんでしたが、
 /:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::丶:::/ _ニ、フ|!:::::\::\        魔神相手に慎重を期しても
./:::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::〉 ┐リ ||:::::::::::ヽ:::\      オーバーリアクションではないと思いますけどね。
_____::/:::/::::::::::::::::::::__::/<ニ!/! ||:::::::::::::从::::::\
:::::::::::::::::::/:::/::::::/::/ムイ \__イ .||:::::::::::/::::::::::::::
::::::::::::::::::::::/::::::/::::/:::/ | !\  イ| ||__;;/ヽ\::::::::
:::::::::::::::::::::l::::::〃:::::::/\_>イ二二 ̄ イ}フ::::::\\::
:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::! ̄   /  ̄ ̄ .〈 ※>::::::::::::\





                                     ,...:::―-/ ̄ ̄ ̄}     ____
                                 / ̄ ̄ ̄`「¨〈--、__  |`:::.、/:::::::::::_\
                                ,ィ:{,.-----イ::⌒{\___ } 」:::::::::\-=<_  `\
                               / /乂_,イ∧::::::||:::|、::::::|::「::ハ:::、:::::::::ヽ::::::::\
                                 / 〃::/:/_/:/ {::::::|{:::{ム斗七::{:::::ヽ:::::::::∨--、::.、
                             / /:{::イ:/{/|:{`ヽ从::{ ィ,ィ===ミ、∧::::::∨::::::'::、  `\
                              /:::::::从ィ ィ=ミ、  \ ´_):::刈  } |::::::::∨::,::|:::\
                               ':::::::::::| {l _)::刈     弋こル' ノ |::::::::::∨:::ト、:::::.
                             /:::::::::::::} 弋zソ ,     `¨ ,、 |:::::::::::::Ⅵヽ∨:::.    どうせ生き返すなら
 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ  .../:::::::::::::::,              r' : ァ|:::::::::::::::∨::} ヽ::}    .最初から殺さなくても
 | それこそ、貴方にも              |   {::::::::::::::::{  u  _,..:::‐'⌒,   〈∧ |::::::::::::::::::}、:|  リ     よかったじゃないっすか!
 | 同じことが言えますよ。          .|   |:::::::::::::::人    ゝ--  ´       ,::|::::::::::::::::∧}|
 | 最初から人間でいてくださいって。   |   .从:::::::::::{  \           ィ:::::/::::::::::::::/::::}リ
 乂_______________ノ     .\::::::|   `  ‐ -r-=≦  |:::/:::::::::::::/ }::/
                               \{      /:|     /:イ:::::/::/ /'
                                 \   イ:.:{:.:/     /:./::イイ:.`ヽ

75小さな名無しさん@この板は300レスまで2015/06/22(月) 01:04:15 ID:kzpxN/.U
SW2.0ゆえ致し方なし<<死人に口なしが通用しない
だからこそ穢れという概念で蘇生を忌避はしてもいる
ま、基本的には冒険者にゃ一切関係ないけどね

76◆iWAc./ZK.62015/06/22(月) 01:06:05 ID:8Zu.QoWs

                    //
               〈::〈 _ __  /´ ̄ `ヽ
             . -‐‐' ´: : : : : : :` 、    .
.      /´  ̄ `Y´. : : : : : : : : : : : : :\: \     }
      l     /. : : : : :{ : : : : : : : : : : :.\: \__ノ
      |   /. : : : : : :/:!: : : \: : : : _: : : :.\. \≦≠ ニ二フ
       ゝ.__/: /: /: :.ィ.升ト: : : : ヽ:´\: : : : : :)>:\ \ \
       ノ: ノ!: l: : :|:l:|:.|:ノ\: : : .!: ,ィ≦k: : : \: :}: :\ \/
       ///l: :!: : :!:l:|人  )\: :}´ i以リハ \ )メ、}ノ:.ヽ
     く/〈./人:j: :从八x==彡 )ノ     |:i: : : : \:\:ノ: :〉
         /:\: :.Ⅵハ    '     リ:i: :\: : :.\ :ヌ´  , '⌒ヽ    ……ところで今更ですが、
.         /: : : /)ハY入   / }  /く: : : :l\: : : )   ー   l    貴方は私の知る「一ノ瀬はじめ」、
        /: :/:.//: :.:i:|: l }≧= i |<.┐ :): : :ノ ハイ     .ヽ、_ ノ    改め「国広一」さんで間違いはありませんか?
          レ〈:.∧!: : :リ人!:F干| .j´ニ.|イ⊥く ⌒\
            )/\:.(`Y r┤厂 ∨:::::::://       ヽ
          /   ヽ) | j::ハ厂   |}`ヽ:j/        i
         /       Ⅵ::::{〈し'⌒ リ }:〉/         .ト、
       i         /::::::入\___メ.メ∧ 「j_     ノ 〉
       人      {:::::::::::::::fー‐1::/><  `ヽ  /
.         \ jメ≦ヘ ::::::::::/〉__!< <> /〉  i ∨、





                                     ,..,_ ,/|  __
                                  /  〉:::!//⌒ヽ
                         ,. -‐ .,_≦/   〈:::::::::::: ̄ ̄~¨:::.....
                            {     {__{      }:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                        〉   _彡::::ー‐―‐'::::::\::::::::::::::::::::::::::::::\
                         〈  /: :/::::::::::::|\ ::!\:::::\::::::::∧ ̄ ̄ ̄
                         /\__/:::| :::::::::|  |::|  .\ :::::::::::::::::. <\
                           ::::::::::::|i::::::|\ ::::!  !/≫=ミ、::::::∨:::::::  \\
                         |i:::::::::::{ \|  \|   r'::iハ 》 ::::::::::::::::! rヘ >へ
                      八:::::::::::. ≫=ミ    V ソ |:::::::::|ヽ::::|∧ < -‐ ヽ
                            \__《 r'::iハ        .|:::::::::| }/ ∧{_/⌒  |
                            |:::::::::::,小 Vソ  '      |:::::::/    ∧ゝア´ .!
                            |:::::::::::| 込       vヽ  /:::И         :、{   |      ……そっすよ。
                           ::::::::::|  个o。., _, イ |/ ,. -‐ アヽ  .{ニニニニ}
                        \::::::!        〉   ¨~/::/ア `ヽ   |    |      華扇ちゃんと
                         \|   _,. > ´      /::,__{    ´、 .|   \      ここ数ヶ月を直接過ごした、
                             { /:/       |:::|_丿     :. |    !  \    はじめちゃんっす。
                                   〉/:/       |:::|ノ ∧        |   |
                             .′/       |::::   ∧        .   |
                              |//       八::\  }:,    '         !
                           _//}          〉、:ー彡:!\ {    .}    !

77小さな名無しさん@この板は300レスまで2015/06/22(月) 01:06:47 ID:OmZI2GyQ
命の軽い世界だw

78◆iWAc./ZK.62015/06/22(月) 01:16:57 ID:8Zu.QoWs

                              //⌒`
                                /:::// ____
                   _....::::―――::::--、_{r、/..:::´::::::::::::::::::\
                ,.:::´:::::::::::::::::::::/´::::::::::::`¨ヽ、:::-=< ̄ ̄`\
                ,.:´::::::::::::::::::::::::::´::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::`:.、
              // ̄ ̄\::::::::::::::,.::―― 、:::::::::::::::::::::,\:::::::::\
            , '::/   --、/⌒Y´_    |:::::::::::::::::::::ヽ、\:::::::::ヽ
            //:::{ __,..-r::- 、_      }::::ヽ::::,:::::::::∧::、 \:::::::.
         / '::::/乂_,...イ´::::::/:\ ̄ \ ,イ::::::::∨:::, :::::::|:::::ヽ ヽ:::}
         { |:::/:/::::_//::::|:::::::/:::/ |:\_∧}::::::::: ∨::::::::::}:、、::|   Ⅵ
            Ⅳ::{:::::/ {\:{::::::| {::l |:::' !: |::|:|:|::::::::::::|:::::::::: ':::| }:|   リ
          /::::::从{汽≧从:::| 从-}/-|:/-|:|:|::::::::::::|::::::::/:::::| /
           ,:::::::::::::}  _,刈 \  ィ==ミ://:|::::::::::::|::::::/::::::,
            {::::::::::::::  Vソ      _ノ刈ヽ:イ ::::::::: |^Y}::::::/
            |::::::::::叭     ,      Vzソ ノ |:::::::::::::|ノ/::::イ   あんな姿取ってたけど、
            |::::::::::::|   、  __      __∧,ィ|:::::::::::::| /´     別に記憶は奪ったわけじゃないから。
             、::::::::|   \ ‘ ー`    〉:,、〈,:::::::::::::,
             \:从     ` ー r-==≦ | /:::::::::/        姿は借りたけど。
               \    ,ィ⌒|      /:::::::イ⌒\
                /´:./:/     /´:./:./`ヽ:.:}
┌────────────────────────┐
│若干 観念したような諦めた口調ではじめが話すが、    │
│正直 そちらの話は今は優先度が低いのでどうでもいい。. |
└────────────────────────┘




       /      >"´           i`ヾ>─- 、
      /       /              _>/      ヽ
      !    /    /          〈`7        ',
      、   /       / /    i       >!         l
     r‐一7  /  / /|    |      ( ヽ       /
     └─/  /  / / |    |       iヽ_,゙ 、 _ _ /〉
       /l     | /ー |    /|! ー- _.| |  ! 人_/|∨_/
      /:::/!     |'    lハ   / リ、.    | |   ̄ヽ./::|::∨!
    /::::::イ:::!   i   |、_、   \|ィf´てうヽ、l /!     /:::::|::::::\
   \::/ |:::ハ  l  l´ ̄`ヽ   l  |!:::::::::::〉ゞl    / ::::::|:::::::::::|
      |_人  l ハ.   ,      弋辷ノ/ |  /:::::::::::|:::::::::::|
         / _l\|\ l   、         /.  ト、  \_/|\/、
   /\ __.ムイ .| i、  !\  -     .//  / \_/:::::| リ、::::::::/   あ、そういうのいいので。
─‐ヾ\| ′  ヽ| \|\|ヽ、___フ´  /  //:::::::|  \/
    >}i      /:::::::::::::::||::: ̄/__イ  /⌒ ̄ ̄        気にはなりますけど
_  ||_|ヾ    /::rー-r‐、/':::::::: ̄//  |/ ̄⌒ヽ、          時間がありませんからパス。    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
   ̄ 7/、_>"´_//て)ゝヽ:::::::::::://         ',                                   | ちょっとぉ!?
    ヾi/ ̄ ̄ ̄:::`辷弋ノノゞ::::::://        i  |==、                              ヽ_______乂_
     l:::::::::::::::::::::::::`ーヽ'::::::::::::// i        |/ト、/'

79小さな名無しさん@この板は300レスまで2015/06/22(月) 01:17:39 ID:HJuJCIJs
命が軽い…良いことじゃないか

80◆iWAc./ZK.62015/06/22(月) 01:22:52 ID:8Zu.QoWs

/--|、::/    }::::/ |:::::::::::::/::|::::::::::::/|::/ ,.ィ⌒7|:::::|::::::::::::::l::::: |
   Ⅵ`゙ヽ、/: / ,ノ::::::::::/}/|:::::::::/,イ"´  |::::/,从::|::::::::::::: ,::::::|
  ____// ̄ ':::::::::/ / .'::::::/ _/__ /イ/ l:/:::!::::::::::::::::|::::|
イ´ ,.----、   /::::::/  /::::イ ,.---、 \/' /}::/:::::::::::::::::l::::|
  ん:::::::::::::ヽ /:::イ  /    ん:::::::::ヽ   ヽ /:イ:::::::::::::::::: Ⅵ
  {::::::::::::::::::ハ          {:::::::::::::: ハ  | {イ:::::::::::::::::::::: |
  比::::::::::::刈          比::::::::::刈   }  {:::::::::::::::::::::::::|       \∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/
  「Y ;::::,::と           {「Y ):::と_  ノ  ':::::::::::::::::::::::: |       <  じゃあなんで              >
  弋 ー  ノ          弋 ー ノ    {:::::::::::::::::::,::::::|       <  わざわざ生き返らせたんすか!   >
   `¨¨¨´             `¨ ´      ∨:::::::::::::::|::::::|       /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
                  `        _∧}::::::::::::::::|::::::|
 し             _   _        \:.:.八:::::::::::::|::::::|
           /  `¨´   ヽ       し  /:イ ::::::::::::::: |::::::|
、         ー ´` こ´` ー'       イ::::|:::::::::::::::::::|::::::|
..`  .                    <:::: |:::::|:::::::::::::::::::|::::/
    >r    ______   =≦:::::::::::::: /:::::|:::::::::::::::::/::/





           .r― =、 _  ______/> ´  ̄`゙ヽ、
         /     >>: : : : : : : : 〈i        ヽ
        /       ム: : : : : : : : : : ∧        }
        ! ヽ     イ: : : : : : : : : : : : :\、 i 。  / !
        ',  ‐- 〆´: : :i.: : : : : : : : : : : : :i_ヽヽ_ ' /
        〉、_ ,イ : : : : : |: : : : : :l: : : : : : : |: `⌒‐-Kゞ
        //}⌒": : : : ,イ::|:i: : : : :| |: : : :|: :.|: : : : : : :ヾ\
         // |: : : : : : : | |: |从: : : :|ムA:‐:|7.:|: : :o: : : : : ! 》
      //  〉: : : : : : :|┼|‐-ヽ: : | ィ笊f卞|: : : : : : : : :|'
      // //ト、: : : : : Kて :}ト `'  |!r'-イ |: : : : : :/: : ::.
    // //. |: ヽ: :l: : ト弋r'ノ     ー‐' .!: : : : /: : : : :l
    ⌒ ⌒  |: :〈ヽ!\|     '       イ: : : :/: : :|: ゚: :'..、    別に聞きたいことがあるんですよ。
         /: :∧ ゝ´` 、    ,- 、  /!: : /:/イ: :/|: : : : : 〉
           /.:/: :.\/  > 、-r  ´ //∨`><ヽ|イ: /∨    学園長先生に話の一部を聞きましたが、
        /イ: :/∨|\/>―〉>゛-=/彳::::::::// ` <      最初あの村の地下に閉じ込めていた
         ∨   ヽ/>―-/>⌒ヾ、::::::::://     '、     ルーンフォークもどき……もとい魔動天使、
                /‐r―‐/ (ん7ヾ) 〉::/´       ヽ    あれについて教えてください。
               / /__/ヾ7二<//::::| 〉        \
              / ̄ ̄  /::::<>/:::::::::::::K        i /   あの地下から飛び出したことは
            /―<二7:::::::::::::/::::::::::::::::|| ∨_ ==ー<     知っているでしょう?
              / ̄ ̄二,イ:::::::::/<>:::::::::::||./ ⌒     >

81◆iWAc./ZK.62015/06/22(月) 01:31:08 ID:8Zu.QoWs

       ,. -‐- 、r-、 __,,,....,,,,__ ,rァ'´ ̄`ヽ、
      ./   r>'7´       `' く ヽ.   ',
      {  ,r/   ,|     、    \}  ノ
      ,.{ア  // |     / ハ.  |  、ヾイ 、
      く_/  ./ ./  |   , | __-|‐ |   ',  \\
      /   ,'  |.--_'、  | |ァ'7てヽ|   !   |\>
     ,'   |  ,|ァ'7'ヽ\|  j_r八  /  八\
     !   /| ハ! j_り         /)イリ  ,  ヽ、    つい最近、蛮族や魔神が
    八 /| ∨ |          ,'   |  /|    ':,   ...集団で妙な動きをし出してます。
   く_/  /  八     -      |   .|/./   |  }
     / ,.イ />,、        イ 、  |イ  ト、ノ ノ     聞けば、あの閉じ込めてた魔動天使が
    / /∨ ト 、/ >-rァ''" /7:::\|」__/ /      .統率して同時侵攻を図っているそうですが、
     ∨.  \|\   _rト‐''"´/::::::://   `ヽ,      その居場所が全然つかめません。
           ,>/r}(r⌒ヽ)::::://       ハ
   ,./)     ./ ||:::人ヽンノ)::::::| |       |
  //ヽ/ ´!   ,{  .//::::::'~ム)::::::::|/     __」_ `ヽ
  |{‐-|/ヽ|  /  {7::::::::::ノノ:::::::::::::::{  `'ァ'"´ ̄`ヽノ
  ||‐-|-- | ,r〈  八::::::::/´::::::::::::::::::|ト-く__|\/ヽ、/}
  、 '、 ハレヘ_rヘ./l:::::::レ:::::::::::::::::::::||  ∧    ∨



                   ,. '" ̄`ヽ.
      , '" ̄`ヽ _r‐<´ ̄`Y      ',
     ./  r>'"/        ヽ┐   ノ、
     { r/   '     }`ヽ `ヽl>-rヘ_」
     r'7  .;' /|   ./_ ̄ハ  ハ  八\`ー─┐
     |/   |/'´_」   /ァfてハト  | 、  \\  ̄
     .;' |   | ィ'f'ハ、  '  j__,ン  八 \ !\」
     /{ .|  八| j_り \|     |/,リ「  ̄`|
   く/|八レ'  |    '       / ´  |  .人     で、その途中
        ヽ /、   r 、   //   /|  ,'   ヽ.    魔神を召喚できるラーリス神官の力を求めてか
       /イ へ、    / /| _/_  /   ; }   はじめさんの姿を模したドッペルゲンガーを見かけたことから、
     / /  / >-rァ'|/|:ァ'"::::::`ヽ. /レ'    貴女が連中に協力してるのではないかと思った末の殺害でしたけど。
    ,:' /| /|、 ./ f斤:::/::::::::::::::::::ハ' }
     レ'´  ∨  レ∨_」ーイ/::::::::::::::::::::::::| /     そのあたり、どうなんですか?
           r'アrヽ:::/::::::::::::::::::::::::::レ'     .幾らなんでも無警戒に姿を取らせるとは思えませんが。
           /{八ンノ}:{::::_;:-===-、/
        /`ヽ、-ァ::'::ヽ/::::::::::::::::∧\
       /ヽ _ンノ::::::::::::/::::::::::::::::/|__|\|
        ;'ー-イァ'::::\:;r':::::::::::::::;:'/
      ム_ノ|::::::::::/:::`:::::::://
      r| \八!`r'"::::::::::;::イ‐ァ{

82◆iWAc./ZK.62015/06/22(月) 01:36:48 ID:8Zu.QoWs


                   -――/:::::::::::::::::::〈: : .      \_/     {
           ...:::´::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::\: .     ⌒^}___}ニ⌒  . . :〉
.        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 : . ___彡ノ:\ー-    \
.        /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: / : : : /ヽ::::::\: : : : : ̄ヽ|
       .:::::::::::::/::::::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i 乂__彡イ:|  |ハ:::::::|}ト--ト、__人
      /:::::::::/.::::::::::::::′::::::::::::::i :::::::::::::::::::::::|::::/ |: /|:||  || |::::::|}| |::i|::::::: |:ト\
.     /:::::://:::::::::::::::::i:::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::::|:::′|||:||  |l |::::::|}| |::i|::::::: |:|  }|
    /:::/  ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::::l::| ̄|::l`|:ト|.、丿/:::::ノリ/:|:::::::/ノ  }|
.  〈/    ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::| ::::::::::::::::::: 八|___乂_lノ___ 厶イ匕__|/|::: /゚|   /
       | :::::::::::::::::::. :::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::|: |{ ̄「///「^    |「「/「|::/::::|
       |::::::::::::::::::::::::、::::::::::/|::::::::::::::::::::::::|八  |つ刈      |刈 /::::: |
       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::八|::::::::::::::::::::::::|    乂_ツ      ヒツ{:::::::::卜、
       | :::::/| ::::::::::::i :::\:::::|::::::::::::::::::::::::| u          '   (|::::::::::| }
       |::::/' | ::::::::::::| :::::::::ヽ|:::::::::::::::::::::::::        ___    人::::::::|      あー、そっすか……
       l /  | ::::::::::::| :::::::::::|i:::::::::::::::::::::::::.、     /_)/  /:::::::::::: |      それは、別に協力したわけじゃ
 くるっ   ./   ::::::::::::::|  \:::八:::::::::::::::::::::::::\         . イ:::::::::::::::::i::|      ないんっすけど……
  , .-─‐     \:::::::.    \:::. :::::::::::::::::::::::::: \ニ=r‐-<   |::::::::::::::::::i::|
. (゙  ( ,,__  _     .\:::.     \:\\::::::::〈\\___,{⌒ヽ/ ̄ ̄ ̄|:::: i::|
  ` '' ー- ニ ~"ニ = - ‐\   ./ ̄\{\\:::: \\\__,/        |::ノ|/
              / ̄ ̄ ̄ ̄\ : : : : :{\` ー \  }  }=ニ     〈
┌────────────────────────────────────────────┐
│改めてはじめの能力を確認したところ、高レベルスカウト技能の所持者であったことが判明した以上、  ....│
│まさかドッペルゲンガーに観察されていたことに気づかないということは早々無いと思われる。         │
│危険や視線を感知する能力においては華扇以上に極めてるのだから、よもや気づけないことはあるまい。 .│
│ところがそれを問いただすと、反応が悪い。                                         │
└────────────────────────────────────────────┘

83◆iWAc./ZK.62015/06/22(月) 01:44:44 ID:8Zu.QoWs

                /   `ヽ
               /       lア─- 、
               <从     、_〃: : : : : : :ヽ、
            < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ
         __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /
         //: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y
        / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',
.      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!     おいこら。
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ   人族圏の侵略に協力してるとなると犯罪ですよ?
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ   やっぱ殺したままの方が良かったですかね。
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY
.        ///    / ∨:::__;ィ千r'/丁
┌────────────────────┐
│隠しきれてない素振りにツッコミを入れる華扇。 │
│まさか本当に協力してたのか? と。        │
└────────────────────┘


         ___
         ⌒\::..、
       ,.::::―::--、:::::`r---、__  ,---、
      / ̄>--,...::::―|   、_ミく_,:   .
       /:::,::,.:':::::人:::{ ___,.ノ__}--  }
     ,:´:::://:::::::(__。)::,`ーr:イ}::::::`r-、_∧
     /::/'::::'::::::::/:::::!:/ー|-l'/::::::,::::l:::|::::',ハ
     |/ '::::::|::::::::|::::::|「芋斧ミ }:::/}/}从:::,|::|
     |  {::::/{:::/^|::::::| 弋zり /イ 斧Y}::/}/
       ::::{ Ⅵ、il|::::::| u       Vリ ム':〈
        |::::ハ:::l、::|::::::|     __、` r八::::}
       Ⅵ 从{从:::::|:..、  'ー'  .イ |::::::|   い、いや!
          |  、::|_≧=-= ´  :::::::|   協力はしてないんっす、
         _/:.\__/⌒ヽ:ヽ  l::::/   ただ取引をしたんすよ!
         /´:.:.:.:.:.:/:.:/     }:.:.} /イ
          {:.ー:.:.:´:.:.:./| :.    |:ヾ、      何せ再封印するにも引き止めるにしても
         ∨:.:.:.:.:.:.:,: : Ⅵ     !: :〉〉      実力は足りなかったし、あれでいて
         乂:.:.:./: : :.、|     |:/:∧、     僕より強い相手だったから……
         | `¨: : : : : : |     |: /:/∧
         | ∧: : : : : ::     |:イ、__/
         | },乂: : : : :|   |_」イ」
         | L/__`7ーrl|   |   |
         |   ,| \,イ{     :,   |
          ,   .:}     :,   ヽ {
        ,    ||       、   Ⅵ

84◆iWAc./ZK.62015/06/22(月) 01:47:19 ID:8Zu.QoWs

        __,.::´::::〈      ̄\__::::>、___
          ̄>:´:::/::、      -=マ__〉´_     \
            /:::::,:::,:'::::::::∨   _,.イ⌒\ `     /
        /:::::/::/:::::::':::::`7::::/::::/::::::::!::ハ:\    「
        /::,.イ::/:::::::::|::::::/:::/::::/::::::::: ||::::|:|:::\  }ハ
       ,:::/ ::::::::::::: |:-/:|-{--|、::::::::::|}::/ l:::::|::::YⅥ
       |/  |:::|::::: |::|:/ハ{ 从:{ {:::::::::|--/、::|:::::|::::::ヽ
       {  ,::::|::::: |::|ィ笊斧、  ∨::/}'_/:イヽ :::::|::::::|:|
          /::イ:::::::|::|:| Vzり   }/笊斧、}:/|:::::|::::/ }
           /  |:::::: |::|:|      / Vzソ /'/,':::/|:∧
           |:::::: |::|:|       '   ☆ イ/:イ:/':::::|     ここ、ナイムハイラには
           |:::::: |::|:ト、   -_,    人∧:::::::::::: |     未熟だけど将来有望な学生が多いっすから。
              八::::::::lリ∧::..、_......-=≦:.:.:.:.}ヽ::::::::∧
               \::|/:.:.}   /:.:/  `ヽ:.:、 }::::/ }     魔物の頭数揃えて質も揃えて
            _∧〉:./' _/イ/      ∨〉|:/  '     ガチで攻めてこられたら、例え学園長や
           /:.:|/ ´、 ´ /:∨:       }' /'        王国の騎士団がいても絶対に人死にが出るっす。
          ,. 〉Ⅳ__,. イ7{: : Ⅵ       ,
          { /:「:__: : : : : :<(_): :|       l
          |'(_)/:/{ ̄ ̄「ー': :l     |
          |: /: イ 人   〈^ヽ: :     |l
          |〈_」    `  〉/>l     |:ヽ

85◆iWAc./ZK.62015/06/22(月) 01:56:19 ID:8Zu.QoWs
     ,..::――-、}::∨::::}
   /⌒>::'::::::___ ̄:::`ヽ、___
    ,..::´,.:'::::::::/  _`ヽ、__/´   〈
  /イ://:::::::::∨´___}__〉, --- 、}
    /::'::|:::::{::::/乂__,ィ::::::::`:<__ノ:、
    {/{::',:::::∨:::::/,:l-/ ヽ:::::::, ヽ::,:l::::ハ
     从{::::::{:::::::{从:{  }::::/} /イ::}:::}::}
        ',::::|:::::::|,ィ斧ミ /イィ斧ミ::/:イ:/
        Ⅵ:::::::|、Vzリ    Vソ{イ::::{'
        |:::::::|、    `   八: |     だからナイムハイラだけは除外するように、
        |::::从:〉.u  r 、 イ |::::::|     その代わり僕の姿・力を提供して
       _∧::::{「  ` T_「⌒ヽ|::::/     取引したんすよ。
      /- 、:.\|:.、- 、 ´  }:.:.,:/::イ、
      Ⅳ   \:.:.、}    |:., :.:.:./ }
      {   , }\:〉    {/イ:Ⅵ ,    華扇ちゃんなrf´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
      |   { /: : :r- 、  /:〉: : | |                | ギルティ。
      |   |': : : :()}>: : <(): : }              ヽ_____乂_
      |   |: : : : (__:/\:_:〉: : | |
      |   |/ : : イ  ..::.  {\: | |
      |   |イ7,乂     乂,:∧ |
      |   |イ/         |〉_ノ |





                                  , -―- 、
                                /  _yァ=:v─- 、 ,.-─- 、
  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ                     __{/:::::/::::::::|::ヽ:::::/     :.
  | ええっ!  |                    /:::::::/::::/l:::::::::::::|:::::|::ム      }
  乂____ノ                  /::::::::::::{;:ィ′ l:::::::::::::|:::::|:::Y 、      ノ
                           {:::/⌒7:::{ \_V´\人:::|::人_y─ァ'′
ρ                          ヽ{  ,/::::::〉ゝ--  、_V:::!:::::::::::::丁´      理由はどうあれ
 ρ                            八:::八   '  ィモテ〉ノノ::::::::::ハ       .手を貸した時点でアウトですよ。
                            ,. -‐ァ':人::::::::\fヽ,  r'´::::___ィ ―― 、_
                        /::/{::/  \::__::::`r - ノ:_/::::/7     / <ー-- __      第一、魔神がポロポロと増える方が
                          {/  >.   ///ィ}(r^ヾ):::::::::://      { <      ̄ ‐- 、  よっぽど脅威ですよ。
                                   {/::::人ヾンノ)::::::::::\      l <           }  魔神の力に触れすぎてて、忘れましたか?
                             /::::::::::::'~ムソ:::::::::::::::ヘ      ヽ. ヾ-― --/    /
                               {::::::::::::::::ノノ:::::::::::::::::::::::} 、_   _/ ̄    '    ′
                                  ゝ::::::::::/´::::::::::::::::::::::ノ  / ̄      , -、ー'  、 /
                              `}::::::レ:::::::::::::::::::::i´{  i     ,-' ! |     }
                                 |i:::::::::::::::::::::::::::::l |   、    .ヘヘ .ヘ .!,,,  ノ
                               ヾ;::::::::::::::::::::::::::ヾ 、  ヽ    へ r` '!__ノ

86◆iWAc./ZK.62015/06/22(月) 01:59:34 ID:8Zu.QoWs

                   _,,.. -─- r 、.,.. -─- 、
           ,. -─ 、ァ‐'"´       ` くr, 、   ' ,
          ./   , '/             `<     }
          {  / .,'        、    、   |\  '
          rァ'    {     !   } \   \   ̄∨l、
         ,:'     八    !\ ーノイ ヽ.    ',    ト、l
        ./ /   l/___ 、   |   ァテヤてl「l    |.   ト }ヽ
        '      |   __,\ |  '  乂_ンノ}   /    | リ }}
        ! |    | ァ'ヤヽ. `        ;  / 「ハ  '/ ム
        ', 、   l八 乂ソ .        /イ   ハノ {、
         ヽ. \ ヽ、              /  l  |  '、\      魔神は<守りの剣>の結界に阻まれませんから、
          )ノヽ ム       _     |  |  |    \ヽ     下手な蛮族やアンデッドの軍勢よりも厄介です。
          ´  ∨.人     ´-    . イ、   ;      ',
             /   > 、    , イ  |\  八   ト 、  |    それに相手方が約束を守るとも限らないでしょう。
              ,   ノ  `'ァf升    /ト.、ヽ|  \|  ヽ/    するだけしてぶっちぎられてもおかしくありませんよ、
              |  /人   ,ノ   //::::::l::;:>'"´ ̄` 、     幸い 聞いた限りでは相手に破る気は無さそうでしたが。
             ∨レ'   ,>イl_,,. イ /::::///         \
              ,.-‐ァ7:::::::r'⌒Y`ヾ:::/::://          ',
               ,'   | ,':::::r' ⌒ヽ  )::::::::,'/ /        |
            /   ∨::::::;ゝ、__ン イノ::::::::;' l/          ;
           / /::::::::://:::::::\)::::::::::∨ ゝ'"´二`''<  /
           '  ,:'::::::::::::::´l/::::::::::::::::::::::::::::::}/| /´   \r く{

87◆iWAc./ZK.62015/06/22(月) 02:00:32 ID:8Zu.QoWs
いけない、深夜のノリ気で雑になってる

区切り悪いが中断、今夜ここまで

88小さな名無しさん@この板は300レスまで2015/06/22(月) 02:04:50 ID:a/Qdfq56
おつ

89小さな名無しさん@この板は300レスまで2015/06/22(月) 02:08:49 ID:fa4pnp7c

そういや作中で誰もツッコんでないけど
一ちゃん、ほぼ全裸の痴女スタイルなんだよな…

90小さな名無しさん@この板は300レスまで2015/06/22(月) 02:29:40 ID:aWS4uwGw
乙でした

91小さな名無しさん@この板は300レスまで2015/06/22(月) 02:30:27 ID:r0/kLlUU
乙ー

関連記事



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する