剣と魔法と邪道プレイ 第151話


32◆iWAc./ZK.62015/04/15(水) 20:59:31 ID:bYLuVcKo

          ○

          ○

          ○


┌────┐
│翌日。   │
└────┘

: . . . : : : : : : : : : . . . . . . . . . . : : : : : : : : : : : : : : : : . . . . .
⌒Y⌒ r ‐、. . . . : : : : : . . . . . . . . . . . : : : : : : . . . . . . . .
        r -., _ _. . . : : : : : : : : : : : . . . : : : :
_ __ _ . . ‐ ¨  ̄. . . : : : : : : : : : : ,..(⌒ . .
. . :  :  :  : . . . . :  : __,. .r '_ ̄`⌒ '⌒  :  :
:  :  . . ,j!⌒i               .  .  :  :  :  :
     ,....i ,i! |`i,,____,,.....,_____,..,____,....,___,.._,、
_________/` ,.l,;il,.i'ノ;;;;;;Yiilli;; ,,;;lll!  `y'iir' llllll\,,__________       ┏━━━━━━━━━━┓
 ̄ ̄ ̄ ̄ r' ,i ! l_ ̄ ̄j⌒il,_ ̄ ̄ ̄ ̄,i,l、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ┃▼ハインラト地方南部 .┃
; ; ; , ,   _l| | | ji   ,j i! ll i     , , ;イi!、- -            ┗━━━━━━━━━━┛
 ; ; ;. , , _i!,;ii| j!   ,i! ,! ;i!,ト   , , ; ; i从; ,    . . :
絲絲絲  ,/' ,! !l  /;ソ ,/  , , , , ; ; ; ;从从; ; , ,  . . : :
⌒i!絲絲 l! ,;| !.ト,.r';j!r'ノ'  , , , , ; ; ; ;从从 ; ; ; , ,  . . . . : : : :
i ;l l!,.ソ  ,ィ',;;ll| i!i /ソ",.,.,.;.;.;.;从从从i,;. ;. ;.;.,.,.,.  ,. ,. ,. ,. ,: ,: ,: ,



33◆iWAc./ZK.62015/04/15(水) 20:59:43 ID:bYLuVcKo
  "'' ':,  ,,   ''  ,,
',    ':,  "''  ,,  ''  ,,
' ,    ':,       "''  ,, ''  ,,
 ',' ,    ':,           "''  ,,''  ,,                      人
  ', ' ,    ':,              "''  '' ,,                ,, -''´ ::`''- ,,
  ',   ' ,   ':,                            /      ::::::\
   ',    ' ,   ':,                             /          ::::::ヽ
':,.   ',     ' ,  ':,                   人          l            :::::::l           人
 ':,.  ',       ' , ':,              (__;;)       ヽ          ..;;;;;ノ       (__;;)
  ':,. ',        ' , ':,              | :::|          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::|          | :::|
   ':,. ',        ' ';,           | :::|          |            ::::|          | :::|
    ':,.',                    | :::|          |            ::::|          | :::|
      ' ',                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                        |     ::::::::     ::::            ::::::          | ┏━━━━━━━━━━━━┓
                        |      ::::::::     ::::           ::::::       ::::::::   | ┃▼商業都市ハーツベルグ   ┃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ┗━━━━━━━━━━━━┛
       ::::::::::::::           ........              ::::::::::::::
     ::::::::::::::          ::::::::::::::                 ::::::::::::::
_,, -‐- ,,_   _,, -‐''"~~"''‐- ,,_     _,, -‐''""''‐- ,,_           ::::::::::   _,, -‐''""''‐- ,,_
  ..  _,, -‐''"    ::      "''‐- ,,_'"   ::       "''‐- _,, -‐''"~~"''‐- ,,_,, -‐''"   ::  ..
_,, -‐''"    ::      ..        "''‐- ,,_  ..  _,, -‐''"    ..      "''‐- ,,_  ..    ..
 ..    ..   ..    ::      ..  ..     _,, -‐''"     ::      ..        "''‐- ,,_
┌─────────────────────┐
│冬が近づいているが、 この地域はあいも変わらず..│
│熱射が照りつける砂漠地帯で、防寒具要らず。   │
└─────────────────────┘

34◆iWAc./ZK.62015/04/15(水) 21:00:25 ID:bYLuVcKo

┌─────────────────────────┐
│この時期過ごしやすい場所だが、避寒に来たわけではない。. |
│先日の女ドレイクから聞いた話を受け、 唯一 防備が心配な..│
│この都市の様子を伺いに来たのだ。                │
└─────────────────────────┘
                          }二ニ士ニ二{]
                              |j|
                            __|j|__
                      r‐‐、囗凵 凵囗 r‐‐、
                    {{ }不ニ=ニ不{ }}
                  n    ー-ヘ V ´ ̄` V /千'′
               iTk        | k七こデi | {{}}     爪
                「 「¨l  Å   | i `く_ぅ i |  }}       8       _
--_-‐─┐           | ! l / ヘ  | i 廴丿 i | {{}}ヘ rュ-く > ニ 二, ̄  └──
ニ|口|ニニニl      ____    ' | i / rーvi |ニニニニ才¬─‐---イ 「 ̄ ̄ | ̄ ̄
-‐¬  ̄ ̄込爻k爻|lニニニニi爻t爻┌| i { └ソi | ̄ ̄ ̄ ̄!       │|ー- ⊥_
         L上幺爻.!仁ニニ三込 二ニ | i rぅ丁 ri |ニ _‐-  ⊥ ,___    |/ニ¬「¨ ー- ¨
 _, -‐   ̄ > ' ´> ´ ̄, ニ -- ─ | i ゝィ   i | ─ 、‐ 、`ヽ、‐ー┴- ⊥ニ¬|
'´     ,. '´   /  //  / / ̄| i / rーvi | ̄ヽ ヽ ヽ  \  `ヽ     ¨ ー- 、
.   /    /     { {   〈   ヽ    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ノ  ノ  ノ   }    ',
   /       {    ', ヽ、  \   `  ̄ ̄ ̄ ̄ ´  / /   /    j
  .,'        ヽ     \  ヽ、 _` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_´,   '´   /    /
  j        \    丶、 _   ` ̄ ̄ ̄ ̄´ _  -‐  '´    /
  |         \        ` ̄ ̄ ̄ ̄´            /
┌───────────────────────────────┐
│情報によると、やがてこの都市には魔神の襲撃が訪れるという話。    ...│
│最大15レベル、ひょっとすると15レベル超の魔物が現れた場合に     .│
│“砂獣騎士団”で対処しきれるかが謎。私も全てを見たわけではないが、.   |
│フォルミカ討伐に苦労する程度で、襲撃を退けれるかというと疑問に思う。 │
└───────────────────────────────┘

35◆iWAc./ZK.62015/04/15(水) 21:00:40 ID:bYLuVcKo
                        .   i  /
                         、
                     ‐ ─  ◯ ─‐‐
                         /  丶
   ....    "''''''""""""''''';:;:;,.,,,,.....      ,      丶    .....,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.......,,,,...;:;:;;''''"
.__,トハИ__ ,ト、ハ,ィム ,;:;:;;:;;: _ "    :::::::::;;;;;;;;;;;''''''"""'''""""                       ::;
≧   .:≦    .::≦       _.,.,.;:'"';:,.__,   ""''''''''':::::......"""''''''"""''''             ...::::::'''
.ハ   .::ト"ィ  .:.r、トw    '""""      """"''''''''''':::::::::;;;;,,,,,....._             """
 .ИtΝ   ИtΝ::.::.七        ^^       ^^    _....,,__,,,..::::;;;;;;;;;,,,,.....        .......
.   | !|    .| l|. レ!fN´. .         ^^                  ""'''''"''''':::::;;;,,..;;::..............................;;;;;;:::
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|─‐、 ______ _ _ _  _   _   . . . .   _    _   _  _ _ _ ______
 | i⌒i :i⌒i |  | ̄\\ .::: . ....:: ::...:::.. ..:::.......         ... ..::.:::. ::::. : .:::. .::::::. .:::..: :. .. . .::: :: : .....:::. . .
 |,_,|_[_|_:_|_]_|__|_|   \\ .. .:::: :: _ ,ハ ,ハ ハ.厶_...:::::.. . .. . .. .::::: :: :.  ..::. . .::::: :... . .:::: .
 __________//| .. .. . ..  >      .::< ハ.厶_ .. .. . ...      ... :. .:.: :.  : .: ... ...: :::.
 ─────┐____/  |       ,/            .:ヽ::.:< .: .... .. .. . . :. :  . .: ..  ... ..:: :. .. . . . .
   , -‐- 、.  `´`´`´:|:   | ...:::::........厶イ::.,ィ   .::r 、.::ト、!  .::ヽ::...  ...:::::.............:::::::::::::::.....  ..::::::..... ...
 γ .l⌒l ヽ .  _   |:   |\     厶イ::.,ィ   .::r 、.::ト、!  .::ヽ  . .. .          ..  . .   . .
  |__|_|_,| ; i_|_l .:;|:   || |.. .... . . :.レ'  i   .::i .:N::.:r 、.::ト、!   ,_ ,ハ,ハ ハノΚ_
  | γ⌒ヽ、. | ; i_|_l.;, |:   |\\       ИVΝi   .::i  N    >      .::< .... .. .. . . :. :
  i.[| ̄| ̄|].!  ;   |:   |  \\ . .. .. .   |、il|.:゙И7Ν       /            .:ヽ
  |X|─|─|X| ,  ;    |:   |   \\      |、l!| ..::.| .!| ... ... .:.. 厶イ::.,ィ   .::r 、.::ト、! .......::::: : :::.... .
  |__|_|_|__| .   ,   |  /\    \\ .   |、li|.::.. | .l|     .  厶イ::.,ィ   .::r 、.::ト、!
./ニニ ニニ\_____|/   \.     \゙─┴'┴‐┴┴──‐,. 、  レ'  i   .::i .:N . .: ..  ... . .
                       \    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\\.    ИVΝ
                        \   |. [囗  [囗  [囗  .|.  \\    |、il| . ..::.:::. ::::. : .:. .:::..: :. ..
                        \,|________|     \\. |、l!|
┌────────────────────────────┐
│特に、魔神は蛮族と違って“穢れ”を持たぬため守りの剣も効かず、 |
│飛べるものも多いため 城壁は意味を成さない。             |
│それが大群となって現れれば、都市内が混乱に見舞われるだろう。 |
└────────────────────────────┘

36◆iWAc./ZK.62015/04/15(水) 21:00:51 ID:bYLuVcKo

                      †
                     (⌒)
                 ´.llllllllllllllliiiiiiiiiiiiiii`'.
               ´llllllllllllllllliiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii`
              ´lllllllllllllllllllliiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii ` .、.             †
            ,.´llllllllllllllllllllliiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii .、            ||
            illllllllllllllllllllllliiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii_:|          γ ⌒ヽ
            |l⌒ll⌒ll⌒l|l⌒ll⌒ll⌒l|l⌒ll⌒ll⌒l          |llllllllliiiii|
            |i:::::li;;;;;|i:::::|||i:::::li;;;;;|i:::::||i:::::li;;;;;|i:::::|         丿;;;::i;;;......し
            TIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII了        l⌒ll⌒ll⌒l|
            l__i__i__i__i__i__i__i___†___i__i__i__i__i__i__l         li :;;|l;;;;;|l::..||
           //\\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;▲;;;;;;;;;;;;;;;;//\\       |i:::::li;;;;;|i:::::||
      ̄ ̄ ̄ ̄\ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ / ̄ ̄ ̄ ̄;;;丁 ────了
     ========..†/         __       .†===========.| i_i | i_i | i_i | |
     //\\;[]____ _/iiiIIIIiii\____[];//\\  ̄| ̄ ̄∩::: ̄| ̄
     =========____|______|_____=========================
            |      γ l⌒l ヽ      .|  l⌒l.. | .___   .___   .___. |
       ,.;i;'.、  |  l⌒l  ..|_|_.|_.|   l⌒l  |  |゙0.|  | i_i_l   i_i_l   i_i_l |     .;i;';.
     ,.;;:。;:;:;:;;:;;、 |  |.0゙|   | γ⌒ヽ . |   |゙0.|   |  |( )|  | i_i_l   i_i_l   i_i_l | ,.;i;';.,,;;`;;i`、
   ,.;。;;: :,,.;:;:;;!"', |  |( )|   i.[|   ..|].i  |( )|:::::::|                   ,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;
   、;;:ll/. ;:;;,.;..;;;;; ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|__|...::::::::| | ̄ ̄ ̄ ̄]                  ,.,;:;;`;;i`:;:i;,|i!''"
   ;:。;:;;::、;;:。;:;,,'.; ,.

┌──────────────────────────────┐
│「華扇」は全くの善人でも無いので、ヒーローのごとく軍勢を退ける……. │
│というつもりはないが、しかしここには多少ながら縁のある人物もいる。  │
│直接 手助けをするかはさておき、途中のエミニムが慌ただしい中で    │
│イシェスから街を巡って きちんと情報が届くか、危ぶまれる。        |
└──────────────────────────────┘

37◆iWAc./ZK.62015/04/15(水) 21:01:46 ID:bYLuVcKo

          |    |                      |    |、    ||     ||
          |    |                      |    | \ .:;, ||     ||
          |    |                      |    |  \ ::||     ||
          |    |          __ __  _      .|    |   ::\||   []||
          |    |          (__}} : : : `ヽ)     |    |    ::::\  `゙||
          |    |          l : /人ハヽ}      |    |     ::::::\ ::||
          |    |          〈;ハj ゚_ー_゚ノ;〉     |    |         :::::\||
          |__|──────. ,<´i:@l'>、───|__|         :::\
       __|\          (( 〈シ'_l:.:.:.:lヽj
      .__|\ \\            .`¨'T」7¨´
  .__|\ \\ \\
  _l\ \\ \\ \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  .\\ \\ \| ̄´
 ゙\ \\ \| ̄´
  \\ \| ̄´
   \| ̄´

┌────────────────────────────┐
│1、2週間前に情報が届いても既に準備が間に合わない         │
│なんてこともありうるので、暇があるうちに直接言い告げる。    ...│
│そこまで深い仲ではないから屋敷を顔パスしてもらえなかったが、. │
│前日のうちにライダーギルドを通じて手紙を送り、アポは取れている。|
└────────────────────────────┘
※『ライダーギルド』は騎獣取り扱いの他にも、郵便業を行っているところが多い。

.
       |           i'i~7ニニニニニニ }II{ ニニニニニニi~i'i
       |          |,lll::::::::::::::::::::::::::::::::| ||:::::::::://:::::::::::::||l |
       |          | l|::::::::::::::::::::::::::::::::| ||::::::::::::::::::::::::::::::::::|i l
       |           lニ|::::::::::::::::::::::::::::::::| ||::::::::::::::::::/ /::|ニl...-― ‐-
       |          |li|::::::::::::::::::::::::::::::: | ||::::::::::::::::::::::::::::::/ ____ 、` 、
       |          l. | ::::::::::::::::::::::::::::: | ||:::::::::::::::::::::::::., /三三三三三三,   ヽ
       | ______|,l|l ::::::::::::::::::::::::::::: |_||://:::::::::::/ i≫ィ^^^^\^^^ヾハ    :‘,
                    ^ー'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..., . :!/ ‘,   ヽ、 ヽi   : :i'.
.     /´`l                            i . :i!―-\    i-\. i!    : :!i   そちらから来るとは、
   //  .l__ ,. ── / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. ! : : 芹拆 ヽ /芹拆j!   : : !i   意外だな。
  l`ヽ  /  /l.   /                   //」 : : i 沙   }/   沙/  . : : / !
  |  |/  / /  /                      //. ‘, 人   ' .    / . : : : ':     仕事のついでか?
  |   ̄ ゙̄l/    l二二二二二二二二二二二二l/     .}、/¨ヲ≧r―=≦ . : : /:  ‘,
    ̄ ̄ ̄      |_|,l              |_|,l        .;/ ノ rz=’⌒¨7 . :./: : :     \ ) )
    /                                   /'  ! ,/     ;  : /Y: : : : .      `
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./ i  |/'ュ。.___i  / | : : : : .
                                ,.   |  i j/ア三ト、イjィiゝ !: : : : : : .
                                /   圦__ ィ! ¨∨ヾ!  :!   !: : : : : : : : .
┌──────────────────────────┐
│というわけで、約半年ぶりに旧友きあらと再会。            │
│返事を貰い丁度 暇があるとのことなので、即日中の訪問だ。 │
└──────────────────────────┘
.

38◆iWAc./ZK.62015/04/15(水) 21:02:01 ID:bYLuVcKo

     -―- マ―- )ノ―  ( ̄ ̄ ヽ
  /      .}〉 //      \
.  ′      }〉           \ )
  {      ,イ}.  .;   \ .    \
 ム     ィノ ハ  .\   \ヽ    .\
/ノ芥艾升ノ ; 八 .\ \    \    ヽ
/ノ  ./.    | \く\.. ミ二二=― !   .}
/ ./ /    |ヤ厂\    ,ィ≠ミ .\ノ}  ノ          今は仕事を入れてませんよ。
.| / 乂  !  |,ィハ亦ミ.   〈力 ノ/\\乂__
八  .八\  ハ戈刀     `¨ 厶イ )人―――ミ      冬の到来までに、自発的に
 乂/   \  \     '   人    \    )\) .イ 魔物を討伐しては日銭を稼いでるところです。
  /     -=-ミx  ` ‐' /  \-―-、 \>'≠ 7
  /ハ  ,x<    >-=≧―彡    .\  )ノ   (  ヽ
 (  >{          `―<>―<7  (    ヽ /
    ハ       〃-<厂 フ / /   〈   ヽ  ,,<
     ハ  ノ}__≠{{   \《 { {    \  ,,<
.      >≪  ノノ大ニ≠<三三ニ=ミ<
    /   Vハ/    ̄  } }《 ( りノム )





    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
    | そうそう、以前頂いた鎧の方は   |                       __
    | あれからずっと重宝しています。  |                      ,  ' ´      ` ' 、
    乂______________ノ                      /、     `' 、      ヽ
 今も小奇麗な普段着に似せたまま                          /i;,;i;ili;,、     '、       '
 着ている最中です。                              ,il||l!l!''´゙´'.、    .',
                                             l'´゙´ l>´、. ',     .l
                                             ',  ,l ィ令; `i    .l
                                           ' 、 ',ヽ弋! .|   .l
                     それだけ使ってもらえれば         ヾ,!   l  /
                     こちらもやった甲斐があるというもの。  ゝ、-_ ノ /|
                                                 , ´  `ー|
                     しかし、先々月くらいか、              '   ,  ハ
                     一時期 手配が回ってきた時は       .l   イ  / ',
                     何をしでかしたのかと驚いたぞ。     ,il,  .l     ∧
                                              illl;   l    l  '、
                                               ''i',  .|   |   i 、

39◆iWAc./ZK.62015/04/15(水) 21:02:16 ID:bYLuVcKo

                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                  | もし何事かあれば、鎧を与えて
                  | 間接的に悪事へ手を貸した……などが
                  | あったなら、流石に縁を切るとこであった。
                  ヽ__________________乂_

   / ̄ヾス-―‐-、r' ⌒ヽ             .f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
  {   ,/´:::::::::::::::::::`ヽ、 l            .| まあ一月もすると すぐに
  ヾ_ィr'::::/::::,:iヽ/i::::,::::::、:ス            .| 手配取り消しも回ってきたが。
    //::::l::l::,ハl  l/l/i l .|             ヽ_____________乂_
  /∧::::|::レ -‐‐  ‐- l .ハ/
  〈/l::::トi::::{u   r┐  }/\>  はは、それはご迷惑と心配をお掛けしました。
   ∨iイヘ|ゝ、__ _.,イレ
       /`,:`ir‐':.`ヽ、    そのお詫びというわけではありませんが、
     〈ヘ/ 〉/::@:::)、〉    .こちらをどうぞ。
      辷|〉}::{|:::_ム__|
     ムミ|/辷::::::::::.} |ゝ
┌────────────────────────────┐
│あの時の手配は、南端のここまで回ってきたようだ。          .│
│下手に遠い方面へ逃げなくてよかったとも思う。いまさらな話だが。..│
└────────────────────────────┘



                                  _ -―─  、
                                   /,,,,wwwww,,,, \
 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ      ./ ,lWWWWWWWl,   ヽ 、
 | この前、探索中に拾ったものです。  |     ./ ├∧  \  \)   ||
 乂_______________ノ      .|. ∨__ヽ   |\___|   l゙、    これは……
                               |.  |T:;;:T\ |ナ!::;;:リ.   l l        アインハンダー
 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ          l  |.'ー'  .)/  'ーイ   l. ゙、    <ザイア神の魔剣>か?
 | 私には使えませんが、        .|          .丶 〉、   '__   イ    /  l
 | この街の騎士団になら       |            .〉/ √≧=≦´  /   ヽ
 | お使いになれる方もいるかと。. |          // Y ∥  ̄./  /     \
 乂_____________ノ         ノ |  |∥___l___| / ヽ         - _
                             /  .|  ||WWWW∨、 |           `丶、
                           /     | ./|<W>  | ` |               ヽ
┌─────────────────────────────────┐
│しかし丁度いいとも思ったので、暫く前から手荷物で腐らせている            │
│ザイア神の魔剣をお詫びと称する形で譲り渡す。私には使えないし要らないが、 |
│騎士団ならザイアを信仰する兵も間違いなく一人二人はいるだろう。        │
└─────────────────────────────────┘

40◆iWAc./ZK.62015/04/15(水) 21:02:51 ID:bYLuVcKo

       ,'          !: : : : :ヾ: : : :ヘィ  ̄ ヽ
        i             ム: : : : : : :',: : : : :ヽ     丶
     _ム        /〉 : : : : : : : l: : : : : :ト、      }                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
      ヽ人      ィ 、∧: : i: : : : : :|: : : : : :|: ',   /                      | そういうのであれば是非
     ィ辷リ斗イ厂てイ :/ ':,: :|: : : : :∧: : : : : |: :l  ム                       | 騎士団の方で使わせてもらおう。
   ///: : ': : : : l: : : : :/丶 ヽ|: : : : :|: !: : : : : |: :|" rx′                     ヽ______________乂_
  /ミ//: : :/: /: : :リ: : :/ _ ヽ、j|: : : : :|: |: : : : : |: :ト<│!ヽ
/三/イ: : :イ 7 : /: :,イてアト、 ヽ : : : :|∧: : : : :∨: :|//}!|      ええ。以前の件は
ヾ⌒  !: /: lト|<ニイ |!:::::::::::::∧ \: : :| ヽ: : : : :\匕ィ/     これで大目に見ていただければ。
    !/: :从ゝ: : : :リ代辷>´ j!`  \j _⌒` ┬─<
   /: : :/: : : 〉.: : : :| ゛ー      ィ:て>r、/∧: : : : \   / }
 /: : :/: : : イ : : : : |        , 辷´ "//: : : 、: : : : :\/  ノ
/: : : ://: :/: :|: : : : /            ゙ /´\:_:.\:_/⌒/
: : : : :リ: /: : : 人: : : l 丶  <⌒,    人: : : : :\  ̄_/へ /
: : : : :ヾ{三三辷\: ト、 \ ___ <:\ \: : : : :Y   ゝ、へ>七フ
: : : : : :∧三三三≧、 \//>'弋辷⌒ヽ  \: :/ ヽ/  ) 〈  /
┌───────────────────────┐
│先の件の話を済ませたところで、今日の本題に入る。  .|
└───────────────────────┘



                /   `ヽ
               /       lア─- 、
               <从     、_〃: : : : : : :ヽ、
            < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ
         __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /
         //: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y
        / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',
.      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/      それで、話はうって変わりまして、
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!       私が今日ここに来た用なのですが……
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ    この近辺で魔神の集団、
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ    もしくは軍勢を見かけたという情報は
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、          入っていませんか?
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY
.        ///    / ∨:::__;ィ千r'/丁
.     〈//    ∧   ̄l / /::三/  !
┌───────────────────────┐
│この街の防備を担う「砂獣騎士団」団長の娘であれば、. |
│近辺に魔物の軍勢が現れた噂は耳にするだろうと    . |
│話を請いに来たのだ。                     │
└───────────────────────┘

41◆iWAc./ZK.62015/04/15(水) 21:03:06 ID:bYLuVcKo

                       /;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';;;;;;;;;;iiii`;、
                    /;';';';';';';';';';';';;;iiiiilllll|||||||*lll!三二ニ>'"´'ー-,__
                      |;';';';';';;;iiiilll|||||||||ll!彡'"´/l  ̄ ', \';';';';';';';';';';';';';';"i、_
                       |';';;iil|||||||||l!'"´彡゙´,_/ ヽ  ',  ヾ;';';';';';';';';';';';';';';';'く
                       |l||||||l!'"´;';';コ´    /  ̄ \ l |\ ∨;';';';';';';';';';';';';';';}
                       ||l!'";';';';';_r' |   | zニ==ュ ヽ ll|  |;l|;';';';';';';';';';';';';z'
                  /;';';';';';_>´ ,r'|  | /  弋ソ  |/リ /;'l/;';';';';';';';';';';';_,ノ
                 /;';';';';';_/  .{ l | |/          `l/;';/;';';';';';';';';';_r'´  そのような話は聞いてない。
                 /;';';';';_r'´;';| l   ヽ'_| .|           /;';';';';';';'r‐' ̄      .蛮族の動きなら こまめに聞くが、
             /;';_,-r'´;';';';';';||    | |ヽ      ´ ノl\‐'゙´         魔神が表立った話は無いな。
          -=彡二r-i;';';';';r―| l.     ||z |zzzz‐-‐<ヽ| .\
                    ̄  | \ ,. -|Zl |ZZ{       ヽ|   \        問いに問いで返すが、
                     l   /    ||.   `||- 、   l|.     `' 、      何か知ったのか?
                         l   .|    l. ||    || ∨  l}      `' 、
                     ',  .|    | ||    || l ∨ /        ヽ、

 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
 | ええ、イシェスの方で捕まえた蛮族から |
 | つい先日取れたての情報ですが……   |
 乂________________ノ

┌───────────────────────┐
│しかしながら、きあらは存じない様子。            |
│あの蛮族の誇張か、デマだったのだろうか?        │
│と 疑念が生じつつも、向こうで聞いたことを話す。    │
└───────────────────────┘


                         -――-
                      ,  ´             ヽ
                      /                ’,
                    ,                      ゚。
                /                 ,.rf¨ ̄¨ ー- 、
                  イ                _,。≪≫’       f′
              _r- '八           _  -=≦≫’´ __,、__, - ‘¨
           _ ノ    ≧=――=≦三ニ-‐ ´ _rー’ヘ  l |
         _r ’       ̄¨ ―一 ´  、_r‐’ i ィ坏 '.  ,
        _r'         //√    _厶孑ヽ   i::c lイ/
       て         , ‐っ   _r-ーf´!       '  ゞ' i '     ……多種多様な魔物を交えた、同時侵攻か。
        `ー-z_,__//―っ¨´!  ヘ{  __, j/ '   人
                i ; /´― ァ゚。   人  ̄     , / ∧    .大破局の終わった今の時世で、
              _,r‐l   /// ヽ    ヽzzz---≪i  /      そのような大規模な計画を立てられるものかと
         _r‘  │   / ,/    \   ! ̄   〃 ! /    !   疑いたくもなるが……
          f'´    |   ,/ ,/      ヽ l  _ ≪/ .j/     '    証拠に欠けるな。
          .{     |   {.,/        _, ≦三三!     /
┌────────────────────────────┐
│私一人から聞いただけではイマイチ信用出来ない与太話だろうが、. |
│きあらはそれなりに話を呑んでくれるそうだ。                │
└────────────────────────────┘

42◆iWAc./ZK.62015/04/15(水) 21:03:38 ID:bYLuVcKo


                                  (報告を受けるのに一週間、
      /                /               事実の調査にも一週間、
      /                / \                  連絡するまで往復で二週間か)
.   /                /    ` ≪
                  / , 心     ` 、        イシェスから実際に報告が届くのは
                  / /乂/ノ        ヽ        .早くても1、2週間後だろう。
            /  ヽ.,_
            /iヽ \    ̄¨ -―- 、   八       北部と連絡を取り合えば、あっという間に
             '.  \`ー一 ´        /         一ヶ月かかってしまうが、それ以前に調査を始められれば
   ー  ´            ヽ    。     '    ,     .時間の短縮もつこう。
               ゚。   人       / `ヽ  /
                  ゚。      ー‐一 ´     ∨
                   ヽ                 /







                                                       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
         ___________                      : . : : . : :.| 報告ありがとう。それと、責任……
        |i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;||i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;|                         : . : : . : :.| というのは聞こえが悪いな。
        |i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;||i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;| ,-、                        ヽ_______________乂_
        |゙==========||===== ⌒Y⌒| ii )                            : . : : . : : . :| i |  iヽ
        |i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;||i;i;i;i;i;i;i;i;i;i || ;i; `-'                     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
        |i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;||i;i;i;i;i;i;i;i;i;i || ;i;|                    | 情報をくれた当人として協力してくれないか?
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .|| ̄                        | 信頼出来る筋を通さない、確証も無い情報には
                        ||                          | 軍を動かすのは難しいのだ。
   _____________ ||___,___,________.ヽ____________________乂_
                       /|\                       :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: `- !、    | i;;;;;;;
                   ,-;,------、                         :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: \  .| i;;;;;;
 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ      ..i;; ヽ,,.. ........ヽ.、                         :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: \| i;;;;;;;
 | 構いませんよ。 |        .! '';,)::).............)::)                               :'. .,: :'. .,: :'. .,: \
 乂______ノ       :'. .,:\'i--------i:              ,--- 、               :'. .,: :'. .,: :'. .,: \

┌────────────────────────────────────┐
│とこのように、知人を通じて都市の上層部を動かすことは出来そうなのだが、       .│
│協力を求められたのも予想していたといえ、軍の協力で人海戦術が取れないとなると .│
│魔神の軍勢を独力で見つけるのは流石に苦労するだろう。                   │
└────────────────────────────────────┘

43◆iWAc./ZK.62015/04/15(水) 21:04:24 ID:bYLuVcKo

                          ト.、
          _  _,,.. --──- 、,_ノ }
       ., '´   `Y´           `' 、_
      .,.'       |‐ァ   /       \}- 、
        .|      ,ハ_} //     |      ヽ  ';
      ,ゝ、.,_,,. イ ┘ ' ‐|-    /|   | ';   '; |
   r‐''"´/, イ__r'  |  /  ,ム、_./ ;   ,ハ |   レ'}
     ̄く/Y   _|  |! ,イhノ 「lヽ / / /ト |   |/
       /    { r |  lレ' ゝ--'  |/ ァlト、 ,ハ   ;|
     ./     /ヽ._| 八 wxv      {h! }/ | /;|    しかし、当ても無しに
     ;    /   レ' | ヽ、       ' `xv|/レ' ∧    捜索はできませんよ?
     | /  '    、|   ;     _     ,ム、く/\]
     /  '   、  ;'  /、     ´,、 , イ ハ
    /  _,.イ   /\/ /、 > 、.,,/ ,ハ/)/ ノ
    {r'"| ,、   |>ー<\::::\.   / /、/、/)ハ
      ∨  /     `' \::::`r/ ´ -く/' ;
        /        \ }:::/ ̄` 、//  {、
        | /      \`∨ ̄`ヽ / {   ヽ}


                                   _  -=r、―_-
                                ィ≦///////≧   \
                              / ./   .|`^`^´マ//!
                             // / | .   |\    〃|    |.∧
                            .〃/./ 斗.、 |____≧≠= !.  ..| ∧
                            i' /,├气.V ..|┌抃=ミ . |    |.  ∧
                            |/  ! {::リ ヽ } .r'zり 'Y..|    |   ∧   .一ヶ月前から準備しているなら、
                            V .v.⊃' ,  リ  ゞ '   ! }  . ! |     !:..  目撃情報や不自然な一帯があるはず。
                            ト {         ⊂⊃|/   .j .!     !.!  そこから当たりをつけられるかもしれない。
                            { ヽ  ヽ_、      ./   /...|.ミ、x.' .j.
                                     \      イ'   ./ヾ | /V./.|  私は騎士団の報告書をまとめてこよう、
                               v  !`¨¨_}_____ /  /  . |'  // |  その間 華扇は冒険者の宿へ
                              Y_ .Lィ/_¨ニニ./ /⌒ヽ...::| //  .|  魔神の噂がないか足を運んでくれないか?
   .::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .     .〃 Y!'/ ` ´,./      V:|.//   |
.  : :……                   : : ..   ノ,   |{:!.    {'       v//   |
.  : :(人づてに聞き込むよりも      : : ..- ' ,. ‐ - {:|_      _.{________!{.!    |
.  : : 文献を探す方が得意なのですが): : .
  : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :
┌───────────────────────────────────────┐
│セージ技能で出来ることの範疇に、 「必要とする文献、書物の情報を探し求める/解読する」 |
│というものがある。「華扇」の思ってることはそれだが、場所を交代することも出来ないし      │
│黙って冒険者の宿に向かうのが、情報源を増やす意味でもこの場は正しい選択だろう。     │
└───────────────────────────────────────┘

44◆iWAc./ZK.62015/04/15(水) 21:04:48 ID:bYLuVcKo

┌─────────────────────────────────────┐
│そもそも、魔神は蛮族と違い 人族に害意は見せても                           │
│表立って敵対活動をすることは滅多にない。人間を狂気の思想に取り込んだり、      │
│欲望に溺れさせたりと人を嵌め貶めたり、自爆して陥ったりする姿を見る等          .│
│何かといたぶるのが好きだってサディズムな理由で計略を仕掛けるのを好むのである。.  |
└─────────────────────────────────────┘

      ________________________
      | ∧ ∧              年中無休              |\
      | (,,゚Д゚)GIKOSTOP===============================|  |          ______
      | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄~..|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|\.   |  ∧ ∧   |
      |  ||       || / / / ||                    ||____|  |    |  (,,゚Д゚)  . |
      |  ||l ̄ ̄| ̄ ̄l.||          ||                    ||     |.\|    |冒険者の宿|
      |  |||   !|    l.||       [] ||~|~|~~~~|~|~|~~|~|~|~|~|~|. .||     |  |     ̄ ̄| ̄| ̄ ̄
      |  |||   !|    l.||          || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||. ||     |  |       [| ̄|]
      |  |||   !|    l.|| / / / ||~|~~|~||~~~|~~|~~|~|~~~|~|. ||     |  |        |  |      ./\
      |  |||   !|    l.||          || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||. ||     |  |        |  |    ./┴┬\
      |  |||   !|    l| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   _|  |     .,,,,,,......|  |,,,,,,,,/┴┬┴┬\ ../\
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.  .::::::;;;:[|  |]::. :::::;;;;;;;; ::::::::::;;;;;;;;;; :::;;; :::
   |                                             |    | ̄ ̄ ̄|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

45◆iWAc./ZK.62015/04/15(水) 21:05:01 ID:bYLuVcKo


┌──────────────────────────────────┐
│とまれ。ともあれ、この商業都市ハーツベルグ内にある冒険者の宿へ訪れるのは..│
│初めてだが、よく世話になっている“緑亀の甲羅亭”のエンブレムを見せることで. .│
│自らの身分を証明しつつ、聞き込みを開始する。                    │
└──────────────────────────────────┘

      ,ィ=´ ヽ__  x <: : : : : : : : : :> 、ー -- 、
    - == 、 l .∧´: : : : : : : : : : : : :\: : : :\    ヽ
 /      ヽ./ X : : : /: : : : : : : : : ヽ: : : ::\   }.l
./        },ィ=,./: :/: : : : : : : : : : : : :|: : : : :: :丶 ノァ
{        l,ィ= ァ /: : / : : : : : : :!: : : : ト.、: : : : : : :\}、
|          l { /:/: : /: :/: : : : : :|: : : :/ ∨: : : : .\ :\≧x _
{          ∧.ノ:/: : /: :/ィヤT / | : : /  -.ュ_: : : :l: ::\ .ゝ--三≧=x、
ヽ         ノ 〈 ./: : / ,イ : : : // .| : /   ,- !: : : :l: : : : ヽ ヽヽ
 ` ー― ´__.〈 : : :/ /: ∨::x≦三メ /   .,ニメ} ∨/`ヽ、: } \ヽヽ
  ,ィ´/ l: {´l: : : : ::/ ´ : : l  込韮ソ      瓧ノ:: l/: :ヽ .ヽ:!   ヽ}
 /;/ `: `: |;;|::: : :r.l : : : : ::ヽ :::::::::::::    } :::::::∨ヘ: : :レヘ
./;/|: : : : :|;;|: : : ヽ! : : : : : ::\           }: :ヽ:∧ ヽ     突然すいません、
.;/ .|: : : : :::|;;|: : : : :ヽ: : : : : :\`ー          /: : : :}: : !        ここ一、二ヶ月に魔神と遭遇したような話を
  |: : : : :|;;|: i : : : : \: : : : : :\    .f´リ  /: ||: : :ト.、_       .ご存知ありませんか?
  |: : : : :::|;;|:∧: : : : : ::\: : : : : :\   ´ / : ノ|: : :l .Y
  {: : : : :::|;;|: ::ヘ : : : : : : : }`ー 、::∧-- ‐ ´ヽ、..|: :/   !
  ∨ : : : |;;|: : : ヽ、: : : :l: |   \: : }...}.}......ヽ.l .!:/  .{
    ヽ: : : レヽ: : : :}ヽ : : l----  ヽ.ヽノ.//.........l l、  __.ヘ
     ヽ: :|  \: l....l/l/-=< ̄ ヽヽ./.,ィ=<ヽ¨ .ィ≦ニメヽ

46◆iWAc./ZK.62015/04/15(水) 21:05:53 ID:bYLuVcKo



                                       /ヽ
              「\   「\                      /   ヽ
              |  >―|   \               /    ヽ
              |/          \       ____,;'  '""  ` ヽ
              /             |       .\            ヽ
              〉_      __ |         .\/      O
                (´             ゙゙゙|          .i  O /ヽ   i'";:,.,..,.
          r‐ぅ__  \/〉l7フ     /            .l    |   ゝ (    ;:;
        (⌒ 厂   / ⌒)     ⌒\            .ヽ    Y/    !;:  ;:
        ` ´    〈 _ノ        \         >
┌──────────────────────────────┐
│相変わらず、他所では見た目で舐められていたが、情報は得られた。  │
│収穫はないが、ぼちぼちと遺跡で遭遇したり置物に封印された事柄など │
│魔神に関する出来事が幾つか手に入る。                       │
└──────────────────────────────┘






        ::::::∧         ::::::∧
       ::::::/ ヽ      :::::::/ ヽ
        ::::::/   丶____ /   丶
     ::::::/              \     魔神?そんなことより君、
    ::::::/ ●       ●       ;,    .僕の腰の魔剣を見てくれ、どう思う?
   :::::::,;'    l     l           l
     i     l ̄ ̄ l         /
     ::::::ヽ    \__/         /       ∧∧
     ::::::ヽ_            ./        (゚Д゚;)
      ::::::/           \
┌──────────────────────────────────┐
│しかし都市近辺の野外で魔神の集団と遭遇した情報は一つも入ってこなかった。  |
│そんな話があったなら 既にこの街の騎士団にも伝わっているだろうし、       .│
│つまりまだ全く表面化していないか、潜伏し続けているのだろう。             │
└──────────────────────────────────┘






   / ̄ヾス-―‐-、r' ⌒ヽ
  {   ,/´:::::::::::::::::::`ヽ、 l
  ヾ_ィr'::::/::::,:iヽ/i::::,::::::、:ス
    //::::l::l::,ハl  l/l/i l .|
  /∧::::|::レ -‐‐  ‐- l .ハ/
  〈/l::::トi::::{u   r┐  }/\>     出なおして そのショートソードを
   ∨iイヘ|ゝ、__ _.,イレ        .ロングソードに替えてこい。
       /`,:`ir‐':.`ヽ、
     〈ヘ/ 〉/::@:::)、〉
      辷|〉}::{|:::_ム__|
     ムミ|/辷::::::::::.} |ゝ
┌───────────────────────────────┐
│巨人の時みたく私が出張って瞬殺することは叶わないようだ。         │
│仕方ない、と入った情報を携えて「華扇」は砂獣騎士団の屋敷へと戻った。.│
└───────────────────────────────┘

       ○

       ○

       ○

.

88◆iWAc./ZK.62015/04/28(火) 19:18:31 ID:q1ZB86W2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄




                                               __
    .___                                      ./;;;;;;;;;;;;;;`"'<
   ./;;;;;;;;;;;;;;\                                   ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`"'<
  イ、、、;;;;;;;;;;シ、;;∨                         _______/;;;;;/;;;`"'<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
,イ;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ,〈ヽ;;;〉──────i    ┌──────、  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ.{;;;;;;;;;;;;;;/´`"'<;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;∨}i________.|    .ヽヽ:.:.:.:.:.≦ニニ≧ ヽ,.}i───────`'<;;;{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>
;;;;─<;;;;;;ノ。;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}i .    |ヽヽ:.:.:.:.`"""´:.:.:.:.:.:.:ヽ,;;;;;;,。=============`'<;;;;;;;;;;{;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;ヽi{;;;;;}i;;;;;;;ゝ───────┐ ....|:::i.、ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ,`ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''<;;;;;;
ゝ、;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;}_________.ノ ̄ ̄::::i. ヽヽ_________ヽ;;;;;;ヽ,。================`''
;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ii ......|::マ ̄ゝェェィ────‐iiェェ‐┘\;;{;;`ヽ,;;;;;;;;;;,ィ==========
;;;;;;;;;;;;;ヽ,;;;;;;;;;;}i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ii ..└ .マ:::::||::::|:::::::::::::\  ii:::::|ヽ;;;;;;;;;ゞ、;;;;;;;`ヽ,ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
┌────────────────────────────┐
│冒険者から聞き取った事を紙に書き写し、屋敷へ持ち帰る頃には │
│きあらもここ数日の調査書をまとめたところであった。         │
└────────────────────────────┘

89◆iWAc./ZK.62015/04/28(火) 19:20:38 ID:q1ZB86W2


      /                /
      /                / \
.   /                /    ` ≪
                  / , 心     ` 、          決定的な情報もなければ、
                  / /乂/ノ        ヽ          .魔神と遭遇した報告もなかったが。
            /  ヽ.,_
            /iヽ \    ̄¨ -―- 、   八         せいぜい、魔神使いを捕らえた事件があったが、
             '.  \`ー一 ´        /           場所からして街中だし、今回とは無縁そうだな。
   ー  ´            ヽ    。     '    ,
               ゚。   人       / `ヽ  /
                  ゚。      ー‐一 ´     ∨
                   ヽ                 /

┌───────────────────────────┐
│私も今ひとつ決定打なことは聞けなかったが、 彼女も同様に   │
│騎士団が魔神と出会った話は聞かなかったそうである。       .│
│消息不明だとか、怪しい話すら無いというのだから困ったものよ。│
└───────────────────────────┘


                           ¨ ̄ ̄   、
          .              /            \
                         /          --―━ヽ_
                       ′      <ニニ>_≦三三≦⌒  ̄\_
                     i   <ニニ>  ノ「 ハ  \\        乂_
                     |/ニニ>  r ´ Τ/ヽ     iヽ Y         〕
          .            V  ´  /   i 伝斥  ヽ /  !        〉
                       /    /  」  l ハ辻リ    jイ  人         /
          .          /     ィ   /r|  l′      Y      _/
                 /  r ⌒/i  人 |           ハ  _r ⌒      消去法で行くか。
                _/ r ⌒′ i│     ! '       ‘’/|ヾ¨ ̄
             ⌒ ー ━…―┤ 、  _」/】≧o。一 ´ヽ│ \             魔神の目撃例が無かった場所を
                          │ \/⌒ヾ「 ̄¨〔    i|                しらみ潰しに……
                          l    l     i:    ト  |!
                           |    ||i     li  V′
                           |    |三≧o。」l           \
                        \ |    |_ニニ三三\ i           \

90◆iWAc./ZK.62015/04/28(火) 19:23:05 ID:q1ZB86W2



   / ̄ヾス-―‐-、r' ⌒ヽ
  {   ,/´:::::::::::::::::::`ヽ、 l
  ヾ_ィr'::::/::::,:iヽ/i::::,::::::、:ス   その場所だけで一体幾つあるんです。
    //::::l::l::,ハl  l/l/i l .|   一週間あっても時間が足りませんよ。
  /∧::::|::レ -‐‐  ‐- l .ハ/
  〈/l::::トi::::{"   r┐  }/\>   都市周辺の半分は砂漠で、
   ∨iイヘ|ゝ、__ _.,イレ     そうそう人が立ち入らない場所に目撃例もありませんよ。
       /`,:`ir‐':.`ヽ、    冒険者でも滅多に行かないのですから。
     〈ヘ/ 〉/::@:::)、〉
      辷|〉}::{|:::_ム__|    (それはそうと《不屈》取りに行きたい)
     ムミ|/辷::::::::::.} |ゝ
┌────────────────────────────────────────┐
│書面から情報が入らないのだから、とにかく力押しで                                │
│魔神を見つけようと述べるきあらを窘める。                                │
│このあたりの魔物は探索の支障にならないが、その場所を全て回るには時間がかかりすぎる。.  |
└────────────────────────────────────────┘


  ノ⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー 、
 (  (砂漠も目的地に被ってますけど、街近辺には. )
 (   デカブツって現れないんですよねぇ)      )
。o ヽ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~'
                              -―‐-
                               /  x≦三≧x、\
                           ,     /> ⌒⌒ Tヘ. ヽ
                        /     '/ヽ _    :!  ヽ
                         ,      !ーt=vヽ /、‐ ; i
                          i:!    :l   以  j/ 以Y  :|
                       八    i      ,   |   ;
                          /   ヽ  圦    __  人      やはりダメか。
                         ./       ≫。.__¨.。≪ イ
                      ,      \ ;ノ¨¨¨┗i  / l
                     /       γ j/ー  一l. /ヽ 、
                     /         i  /{.___i/{ :!  \
       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ            .|  !MMMMMMi |     ヽ
       | ダメです。   |           ! :l⌒⌒WW⌒  |
       乂_____ノ             .、|     i i   l丿
                  ,                i    | |   !_         i
             i              r ィ_〉   | |   〈ハ〉       !

91◆iWAc./ZK.62015/04/28(火) 19:24:11 ID:q1ZB86W2



                                       -―‐-
                               /           Oo。.
                                 ‰三三三ハ        Oo。.
                               /三ニニニニi            Oo。.
                               ,イ Y  乂   :     i`   ___ ` 、
                                 i 八    i`ヽ !    ト、               \
                            :.   ィ斧ミ  ィ弐ミ   iノ!`..ー――-.. ..     \
     そうなると、我々は引き続き        乂i 沙 \.V沙|    乂.. .. .. ..__ .. .. .. .. .. ..\   \
     情報を集めるしか打つ手がないな。  . __/⌒Y `    i    i> ´  ` 、 . .. .. .. .ヽ   :.
     他に案はあるか?             .r' ヽ\{ 、 -   ,   /           ヽ.. .. .. .. .. i   !
                               Y´ ヽ_)' / ≧=≦. . :/            .. .. .. ..,
                              乂 `く ィ   __,/         __      ヽ. .. /  '
                            / ̄ ̄           .。o≦\  ヽ       }r ′/
                              / __/` ー――――=≦ニニ三三三≧=一    / :.  i
                                 i_/   //          ` ≪/三≧=一`   ___/  i  :..
                           /てこてこてこ  、       ` ≪≧=一         |   `

┌──────────────────────────────┐
│「華扇」一人で騎士団一小隊くらいの働きは出来るけど、            .│
│街近辺一帯ともなると流石に中隊くらいの人手がなければ無理である。. │
└──────────────────────────────┘



   r''⌒ヾォ-‐‐- 、,
   '、  ノ ,!: : : : : : ヾ⌒ヽ
   〈メ二r'": : : : : : : : : ト、 ノ
  〈j´: ::イ.:/='; :i :l: :lレ: :イ_〉   案と言われましても、私は使われる側であって
   i : : : l ""   __ ='i: :i|    ..使う側で物事を考えるのは不得手ですー。
  (リ:、: .ゝ  / _| "l: :y
  ( (从ト`' r-..,,, ,. イレ从    人海戦術を頼りにしたいのですが、
   ` く"  / (二ロ「 ̄ヽ      .肝心の騎士団が動かせないのであれば
    /=`,'::(rヾ)::ヽ、_ノ     動かせる時を待つしか無いのでは。
    (=/:::::;'ー‐':::::::::|
     ./:::::〈 ::::::::::::::::|

┌──────────────────────────────────┐
│そういう時に一番手っ取り早いのが、 それこそ騎士団の力を借りるべきなのだが │
│私のタレコミ、きあらの権限だけでは動かせないと来た。                │
└──────────────────────────────────┘

92小さな名無しさん@この板は300レスまで@4月に企画やります。よろしければご参加ください2015/04/28(火) 19:27:05 ID:8OxduXeo
とりあえず
ミスティックがほしいところやな

93◆iWAc./ZK.62015/04/28(火) 19:27:32 ID:q1ZB86W2

 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
 | あるいは無理やり強権を奮うのも良いですね。          .|
 | もしそれを批難されても、結果的にそれで街を救えたなら. |
 | 功罪相半ばでお咎め無しになるのでは。               |
 乂________________________ノ
                                      _
                                      ,. -, '   ' ,- 、
                                 l'´  lニ===ニl  `'l
                                  `ー┬――‐┬ '´
                                    l     ' 、        それは御免被りたいなぁ。
                                     /         ` ー- 、  .....私だって功名心はあるのだぞ、
                                    l            l    .常に優秀なエリートであり続けねば、
                                      |         、  ,'    団長の娘という色眼鏡もすぐ簡単に掻き消えてしまう。
                                    '、         '., .l
                                      |`' 、___    l__`ニ=-
                                      |        `'、 .l
                                    `ー;-l'Τ ̄ ̄ ',ノ
                                      | .| .|
                                      lニlニl


┌─────────────────────────────┐
│所詮、きあらも砂獣騎士団長の娘で ちみっこい魔術師でしかない。.   |
│エリート補正が掛かっていても、人を動かすには実績が足りないか。.  |
└─────────────────────────────┘


              /´ ̄"`ヽ-,
             r'      !ζ‐-_.、_,, -.、
          ,i       /、}"´.:.`"=- 、_ヽ,
          ゙、ゝ,,--‐´、_r"/:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ, i
          !´,'i:i`.‐゙´:.:.:/:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.ヾ,
            |/i:i:::!.:.:.:.:.:i/‐‐-、 .',:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.!    r、=、     仕方ありませんね。
         /:./:|.:.i.   |茨テ'、 ヾ,:.:.:__:.i.:.|    ,, ゙i//゙,`ヽ,
      , -‐´,:.:.:.`ヽ-'.:.:.:.:.:i弋'ノ   ,_=、,'`',:|/ , -", -´i゙/∧. ',   .では騎士団、それ以外で
    /γ´_,-,":.:|.:.:.i,:.:、:.:.、""  , .リj゙/:.:/, -´, -"   !`i_',  i  . 貴方が動かせる人はいませんか?  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
    ´(/ ̄_./.:.:.:.!.:.:.|ヽ,:i.:.:.ヽ, r- 、 "/, ‐", ‐´._  _  | iゝ、_|   親衛隊とかがいれば最適ですが。  ..| 私の親衛隊は父上の借りもの、
       ´i, ‐'"i.:.:.:∧:|ヽ,:.:.:.:ヽ-=, ‐´, ‐",、`ヽ:. ̄.:く, ! i'::::::::::,'                           | 自由に動かすことは出来ない。
           |_;,/-、‐‐.ヽ;; -"´,‐"´}-゙r,、ヽ-=,´ ̄`/./\__/                         ...ヽ_____________乂_
    __       /    .ヽ,‐´, -"<ゝ(_(rソY、.:.ヽ'i    v、!  ,'   そちらもダメですか。
  ,r/´/       ', , -", -",:.:.:.:.:.:.:~ミ彡イ.:.:.:.:.|, --.、 ./   /    じゃあ、金はありますか?
 // i゙r,`-、.   , -´, -"/  ヾ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.;'.:'.;:.:.:.:.:/   `ヽ、 ,'    それで冒険者を雇い 人手を増やしましょう。
 ヾ, i゙ !、, ‐‐ヽ´, -,´   ___《.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.:.:.:.:'.:.:.:.i     ヽヽ,
  ヾ、___i_ 彡ヽ,`ヽ,r‐"  ヾ,:/.:.:.:.´.:.:.:.:.リ.:.:.:.i        ヽ,ヽ

94◆iWAc./ZK.62015/04/28(火) 19:28:20 ID:q1ZB86W2

                    //
               〈::〈 _ __  /´ ̄ `ヽ
             . -‐‐' ´: : : : : : :` 、    .
.      /´  ̄ `Y´. : : : : : : : : : : : : :\: \     }
      l     /. : : : : :{ : : : : : : : : : : :.\: \__ノ
      |   /. : : : : : :/:!: : : \: : : : _: : : :.\. \≦≠ ニ二フ
       ゝ.__/: /: /: :.ィ.升ト: : : : ヽ:´\: : : : : :)>:\ \ \
       ノ: ノ!: l: : :|:l:|:.|:ノ\: : : .!: ,ィ≦k: : : \: :}: :\ \/
       ///l: :!: : :!:l:|人  )\: :}´ i以リハ \ )メ、}ノ:.ヽ
     く/〈./人:j: :从八x==彡 )ノ """.|:i: : : : \:\:ノ: :〉   当たりハズレは大きいけど
         /:\: :.Ⅵハ""  '     リ:i: :\: : :.\ :ヌ´   .運が良ければ魔神とも出会わず
.         /: : : /)ハY入   / }  /く: : : :l\: : : )     .ちょっと数日歩きまわるだけで済む簡単なお仕事です。
        /: :/:.//: :.:i:|: l }≧= i |<.┐ :): : :ノ ハイ
          レ〈:.∧!: : :リ人!:F干| .j´ニ.|イ⊥く ⌒\    とでも言って一人あたり2000ガメルも出せば
            )/\:.(`Y r┤厂 ∨:::::::://       ヽ   中堅の冒険者は雇えます。
          /   ヽ) | j::ハ厂   |}`ヽ:j/        i
         /       Ⅵ::::{〈し'⌒ リ }:〉/         .ト、  最低10人、出来れば20人4~5PTもいれば十分です。
       i         /::::::入\___メ.メ∧ 「j_     ノ 〉  一週間で大方の場所は潰せるのではないでしょうか。
       人      {:::::::::::::::fー‐1::/><  `ヽ  /
┌──────────────────────────────────┐
│ならば、と人手を雇うことを提案する。                              │
│別に冒険者を雇うよりも、 傭兵団を雇った方が人数対賃金の効率は良いのだけど..|
│冒険者の「華扇」が傭兵を奨めるには滑稽になので、黙っている。            │
└──────────────────────────────────┘



                                    ,  ´ ̄ ̄`  、
                                  /ilii|lil||||ll|lil|llllliii、 ヽ、
                                 / ,il!!!|!"゙" ゞ、゙"!!ll|  ヽ
                                  / |/ー \  /―、  }   |
                                l  l ●  )ノ ● ヽ/   l、
                                |  l⊃ 、_,、_,  ⊂⊃   / ヽ、    二万……四万ガメルか。
 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ                   ゝ、 ゝ、        /   /     \
 | 出せますか? |                       >、 ` i ー― ´.|  /         ヽ
 乂______ノ                      /  ヽ |i:i:i:†:i:i:i|、| /         ヽ   払えなくはない。
                                   /      〉|ソ¨¨弋|、|/、          )
                               l    ⊂丿 || || ∨ヽ⊃         /

95小さな名無しさん@この板は300レスまで@4月に企画やります。よろしければご参加ください2015/04/28(火) 19:32:08 ID:8OxduXeo
バブリーズプレイw

96◆iWAc./ZK.62015/04/28(火) 19:32:22 ID:q1ZB86W2



   / ̄ヾス-―‐-、r' ⌒ヽ
  {   ,/´:::::::::::::::::::`ヽ、 l
  ヾ_ィr'::::/::::,:iヽ/i::::,::::::、:ス
    //::::l::l::,ハl  l/l/i l .|
  /∧::::|::レ -‐‐  ‐- l .ハ/
  〈/l::::トi::::{"   r┐  }/\>  つまり払うと支障があるわけですね。
   ∨iイヘ|ゝ、__ _.,イレ
       /`,:`ir‐':.`ヽ、    しょうがない、なら私が出します。   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
     〈ヘ/ 〉/::@:::)、〉    貸します。                 | しかし、冒険者に4万は
      辷|〉}::{|:::_ム__|                          | 大きな額ではないか。
     ムミ|/辷::::::::::.} |ゝ                           ヽ__________乂_







                /   `ヽ
               /       lア─- 、
               <从     、_〃: : : : : : :ヽ、
            < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ
         __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /
         //: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y
        / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',
.      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄  冒険者を舐めるな。
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/      4万を細かいと言えるくらいには
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!       稼げるレベルになってます。
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ   今は仕事中じゃ無いんですから、
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ   細かい出費は気にしませんよ。
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY
.        ///    / ∨:::__;ィ千r'/丁
.     〈//    ∧   ̄l / /::三/  !
        ,'     /〉 ',   ∨ / :/:八   ',
┌───────────────────────────────────┐
│細かい額と言えるほど安い買い物ではないが、それでも                     │
│タイラントレギレクス2~3体分と考えると2日程でパッと稼いでこられる金額である。  |
│換金はまた別として。                                      |
└───────────────────────────────────┘

97◆iWAc./ZK.62015/04/28(火) 19:37:39 ID:q1ZB86W2

                        -― ‐-
                     / ____ 、` 、
                       , /三三三三三三,   ヽ
                   / i≫ィ^^^^\^^^ヾハ    :‘,
                 , . :!/ ‘,   ヽ、 ヽi   : :i'.     んー……
                  i . :i!__\    i,_\. i!    : :!i
                 ! : : Yrzx ヽ / fzrzj!   : : !i
                  : : i 沙   }/   沙/  . : : / !     分かった。いつ返せるかは分からんが、
                    ‘, 人   ' .    / . : : : ':       早くても半年はかかると思ってくれ。
                  }、/¨ヲ≧r―=≦ . : : /:  ‘,
                   ;/ ノ rz=’⌒¨7 . :./: : :     \f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                      /'  ! ,/     ;  : /Y: : : : .     .| 別に返さなくても良いのですが、   .|
                 / i  |/'ュ。.___i  / | : : : : .     | どうしても気になるなら待ってます。  |
                   ,.   |  i j/ア三ト、イjィiゝ !: : : : : : ..   乂_______________ノ

┌─────────────────────────┐
│趣味付き合いだが、逆に言えば仕事でも無い以上      │
│長々と一つの事に取り掛かるには、「華扇」は短気すぎた。 │
│端金で片付く問題なら 片付けてしまうのが彼女だ。       │
└─────────────────────────┘


                                                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
     |                             ____    | 雇用は、私が名乗りでても意味ないし、.. .|
     |   ____   ____                   |;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:|    .| きあらの方でよろしく。            |
     |  (`),/|  /ヽ(゜,)                  |:.:ヽ.○ノ..:.|   乂_________________ノ
     |      'i /                      | :.: .▲.: .: .|
     |      |i                      |;:;:;:;:jヽ;;:;:; |               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
     |      ||                       ̄ ̄ ̄ ̄                     | 担当区域はどうする、
     |      ||                                             | 私の方で割り振るか?
     |      ||            _________                       ヽ__________乂_
     |___ /|ヽ __________.γ'            `, ______
   /     / .| \    __,________|           ______i、
  /              i__i,_______i________,,i__i  |     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
/                 | ┌'          .:.:.:.:| .:.:.:|    ....| あー、特に要望が無ければ. .|
     __,..、-ー=、       L..i─────────L____:j      .| 砂漠を担当します、よろしく。 |
     'i,     'i,                              乂____________ノ

┌────────────────────────────┐
│そんなこんなで内々で調査を続けると決めた「華扇」たち。        │
│どさくさに紛れて砂漠を探索するつもりでもあるあたり、         .│
│やや不誠実な面も見受けられるが……まあ、そこは黙っていよう。 . |
└────────────────────────────┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄

98◆iWAc./ZK.62015/04/28(火) 19:38:26 ID:q1ZB86W2
ここまで書き溜め
続きは飯食ってからそっきょう

101小さな名無しさん@この板は300レスまで@4月に企画やります。よろしければご参加ください2015/04/28(火) 19:46:15 ID:8OxduXeo
乙ぱい

>金で片付ける
金満プレイは最終半だとデフォルトだよな
装備に金がかからんようになるから

104小さな名無しさん@この板は300レスまで@4月に企画やります。よろしければご参加ください2015/04/28(火) 21:40:53 ID:7gGrX63A
カードを使いまくるデュエリストになると金が足りんけどな

106小さな名無しさん@この板は300レスまで@4月に企画やります。よろしければご参加ください2015/04/29(水) 00:56:32 ID:Y5K8RF3c
とりあえず乙

107小さな名無しさん@この板は300レスまで@4月に企画やります。よろしければご参加ください2015/04/29(水) 02:23:56 ID:wR1soqmo
乙です

関連記事



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する