剣と魔法と邪道プレイ 第147話


77◆iWAc./ZK.62015/03/16(月) 04:21:32 ID:76DEj9/Q

┌─────────────────────────┐
│【テレポート】で追っかけたり【スリープ】したり            .│
│アームフッカーを持って《マルチアクション》で武器落としたり..|
│そんなこんなで武器を取り上げ無力化した。            │
└─────────────────────────┘

                ____
                   〈二二-     ,.- =-..、
  _,, ,,_           \ 二-.,,r''../:j|...;;,,  `::、_
''"" ;;,,  `::、        :_,,.. ヽ,二- |二:j|    ;;;;,  `::、       __,,
 ;; ,, ;;;,,, ; ` ‐- --‐'''""`''::.、../二- :|二八 ; __ ,... .-‐``‐ -‐‐''''""  ;;
;;;;   ,,,;;;   ;,,,;;;        ./二-   乂二二=-- ..,,__.,,,  ;;;;
;;  ;;;;   ;;;;,,,  ,,,     /_/    . -‐: : : : : : : .<\.,,,;;
     ::::,,,::;;;;:::::::: :::::;;;;/_/_______/. : : : : : : .\ : : : . \\:::,, : :::::;;;;;:,,,
  ...:::::;;:::::::::::;;;;,::::::::::::.f´二(_∧二二`. : : : : : : : : : :\: : : : : .ニ〉‐┐;:::::::;;;
 ::::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:: :: 人 二/ニ 〉二二|: : |: : : : : : : : : |\: :∧|ニ<::;;;;;:::::::
''"''"''"''"~~~''"''"''"'."''"` | 二 |二二|: : |: : : :|\ : : j|ノ/∨: :∨二`.''"".''"
            ┌‐=ニ⌒ア^l|二二|: : |\Χ_,, \ :|厶   〈 ∨:\
             .\二,/二jl| 二 /: :八  ̄>          V:\: .    \∧∧∧∧∧∧∧∧/
             /^)二/ニ∧__∧ : : . \    f⌒ヽ    ): : :≧=一...<  くっ、ころせ!  >
               / 厶イニ,/ニ|: :乂\ : : . `:   乂__ノ   ..イ: : 「: : .   ./∨∨∨∨∨∨∨∨\
           / . : : └'゙⌒7 . : : : : \: : : :\__ .. 。o≦: :l : : |: : : .
              .: : : : |   /. : : : : : :Y^\: : : .\∨/ . : 〈ノ)ノ: :ノ : 〉
            |: : : : :|  . : : : : : : : :|〈〉/ \: : : .>: : f⌒l〈/ )/
            人∧ : |  . : : : : : :___,j|ニ{/^/⌒Y゙⌒( ̄ (⌒Y
              \ /. : : : : :〈 └'⌒´〉八__ノ、\ノ   ^i「:\
                   /. : : : : :く⌒\{三三三三三三三三三}: : : :≧=-
                  ムズ   .{三三三三三三三三三}´
                       ( (  {三三三三三三三三三}  ) )
                           {三三三三三三三三三}    ムズ



78◆iWAc./ZK.62015/03/16(月) 04:21:46 ID:76DEj9/Q


                                   ,. '" ̄`ヽ.
                      , '" ̄`ヽ _r‐<´ ̄`Y      ',
                     ./  r>'"/        ヽ┐   ノ、
                     { r/   '     }`ヽ `ヽl>-rヘ_」
                     r'7  .;' /|   ./_ ̄ハ  ハ  八\`ー─┐
                     |/   |/'´_」   / ―‐ ト  | 、  \\  ̄
                     .;' |   | ィ'f__ト  '  __  八 \ !\」
                     /{ .|  八! ___ \|    .|/,リ「  ̄`|
                   く/|八レ'  |   '       / ´  |  .人    遊んでます?
                        ヽ /、   r 、   //   /|  ,'   ヽ.
                       ε= ` 、    / /| _/_  /   ; }  すぐには殺しませんよ……
                     / /  / >-rァ'|/|:ァ'"::::::`ヽ. /レ'   今は『お腹いっぱい』なので。
                    ,:' /| /|、 ./ f斤:::/::::::::::::::::::ハ' }
                     レ'´  ∨  レ∨_」ーイ/::::::::::::::::::::::::| /
                           r'アrヽ:::/::::::::::::::::::::::::::レ'
                           /{八ンノ}:{::::_;:-===-、/
                        /`ヽ、-ァ::'::ヽ/::::::::::::::::∧\
                       /ヽ _ンノ::::::::::::/::::::::::::::::/|__|\|
┌─────────────────────────────────────┐
│巨人はその見た目通りに、脳も当然でかかった。                            │
│能力と記憶を奪うには脳を全て食べる必要はなく、右脳だか左脳だか              │
│複数箇所をある程度食べればいいのだが……そのある程度だけでも十分大きかった。. │
└─────────────────────────────────────┘

             |\
             |\|
           リ⌒|         ,
           /⌒7        /{
            /⌒(´          {⌒\
       r‐j|{ア⌒> ‐‐‐- ミ   \ノ⌒:,
     ┌┴=;〉 /. : : : : :/: :〉: : .____)/ |      (何この人間
..     |ニニ/^/. :/. : : : :/: :/. : /⌒7^Yノ      私を見て食べるとか言ってるんだけど。
     _,ア 厶.,| 〕iト : / /: :厶斗  厶ノ -‐┐    人間?)
     \ニ〈 リ⌒沙 ∨-=云 : :|i: |/ニニニ|
      |{∨〉: :|      └‐/:,八__|ニ\ニニ7
      人 /. :込、 r‐ 、u./: /⌒__,.>ア⌒):′   なら逃してくれない?
        /. :/⌒ ___,,.. /: /「 ̄: :| ∨⌒´\'    たとえ命と引き換えにしてでも
   ー=彡  ´     |: : )/: /ニ| : : 八       \  利用される気はないわ。
        (  ___,.|://(/ニ‐: : : .
┌───────────────────────────┐
│味も良くないし、【ポリモルフ】で腹に溜まった中身は戻るとはいえ.│
│食欲が失せてくるのは人間だから吐き気を催すのも当然。    │
│好きでやってることだが、好みじゃない。                    │
└───────────────────────────┘

79◆iWAc./ZK.62015/03/16(月) 04:21:59 ID:76DEj9/Q

┌────────────────────────────────────────┐
│しかしこの女ドレイク、「私」の知らない情報を持ってそうな様子。                         │
│おつきのリストリカンから全てを得られることもないでしょうから、                       │
│その記憶を頂きたいところです。しかし腹が空くまで捕えっぱなしも見張るのが大変ですが……。.│
└────────────────────────────────────────┘

                          ノ}                    丶、/
                 _,,.. -- 、  / /                      /ヽ/
               ., '´    __rヽ ;' ∠..,,__  _r; '"´ ̄`' 、      / ヘ.
               l、 -r'>''"´ ̄レ'    `"''<-、_     ',         ."´i ̄
               r' ゝ'´    /          、   ヽア、   }
           ,.'"`ア´ / / ;       ヽ、 \   \ト、_ ノ _
           {:::{/  ./ /-{-{    }    ',    ';    ∨_]'"´ ̄`ヽ
           ヽ;'   ;'  ;  」_ 、   ハ _ハ_ .;    }     |\ー-、__}::}
            { ト 、{  .|イ´「ハ ヽ / |/__ }. |    ;  |.  }    ̄\_ア
            レ'  \、 |  jhリ ∨ ァ=ァ=ti、   / 人.  、    レ'
                ヽ{""´ .     {h  リハ/イ|  ヽ. \     ニコリ
               /7          ゝ--' }   |り      `''ー- 、
             ,. '´ 人    l' ̄`ヽ   ""/  /!.      lト-  、  ':,   そこはほら、あなたが
             ;'/{  /\  、 _ノ   ∠. イ |      八 \ ;  ノ  ...一歩譲って協力してくださいませんか?
             '   '、 ,{.  ヽ、  _,,. イ   |/ ;    , '  `ヽ∨"´
                 \ 、  /{`て´ハ  '、   ト、   /}     リ
                  /´ ̄`7/「二二二メ:::ト<.,__/   /
               _,,.-'-‐'"´二ヽ、L:::::::::::/:::/:::://  ̄`' く´
             ./ | / ´ -─-、)'⌒ヽァ:::::/:::::,' ,'     \
             /\ .レ'`ヽr-、`ヽ{ r'ん } }´:::::::::::{ {       ヽ
             {  ヽ `ンr/::し'rゝ-、__ノメ:::::::::ヽ| ト、       }__  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
             |\ _,.イア::::::::(/::::::\)::::::::::、::::/り        ./ヽ,_  | は?そんなの、               |
                                               | YESと答えるわけないじゃない。  |
                                               乂______________ノ

┌─────────────────────────┐
│なんなら、一番 楽な方法で見張りを立たせればいい。   ...│
│うっかり逃してしまうような心配の少ない、信用できる手段。...│
└─────────────────────────┘

80◆iWAc./ZK.62015/03/16(月) 04:22:09 ID:76DEj9/Q



                        /i
                        /} }/!
                 ,ィfニィ_ /,ハ
                    〃´: : :r ''//
                    __,リ: : :/: }彡イ:i
             ∠/: : /: /イ {: /     勝者の余裕?
             /: : /: : :/ _ノ:{      敗者だからって馬鹿にしてんの。
          ー=彡: : : : ::>イ////≧、                            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
       <: : : : : : :>''i´/´ ̄ ̄ ̄リ }                             | まあ、言ってみただけの
        {三三≧ー ┴- r'' .' / /_ ノ                            | ところです。
         `  ̄ ̄ マ 二 へ、_ ..ィ{三≧=- <\                      ヽ___________乂_
                 乂 }////∧/ ̄ ̄\__\
                ___ノ///////≧=--------,





                                       .{: : : : : :>、 t―--イ./: : : :fレ-'⌒ヽ
                             ワキ           }ハ: : /´i|::弋> ̄ィ´{ハ: : : /ff
                                   ワキ  .>ヘf  }|:::::::`ヾV 厂:::::\///
                                 rァy'ミx r'´    ii::::::::::::zxt、::::::::::::::::i i         それに、いえ、きっと
                             (( ,チ{ミハミハミヤ}     .i!:___i!_キ薔ミy=i=、ィ//           答えてくれるでしょう。
                                刈ミ}:レ':::〉刈Y=ァ   ii::`'^^~::77''":::~^`^{,/Y⌒Y
                                 ゞ'ー''じイ∧_,ィ tァ.{{::::::::::::十:::::::::::::::とf /} /i  ))
                                    .V//ハ弋_人ハ:::::::::::十::::::::::::::::::::レ、{ノ:::V
                                     .}///∧//f ヾ、::::::::メ、::::::、;;;;__;;;;::マー、
                                     .|////ハ/|  `ゝ'''"::十:::::::::::::::::::::ト三
                                     .V//////f    ||:::::::十::::::::::::::::::;弋
┌────────────────────────────┐
│方法は2つほどあるが……片方は今日すでに用いているが、   ...│
│それでなくとも「華扇」にはもう一つ、取っておいているものがある。...│
│久しぶりに引っ張りだして使ってみるようだ。                   │
└────────────────────────────┘

81◆iWAc./ZK.62015/03/16(月) 04:22:25 ID:76DEj9/Q


          ○

          ○

          ○


┌────────────┐
│というやりとりから10分弱。. │
└────────────┘

:::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::...
.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. .::. ..
  .. . .. .:::::      :: :.         ... :.
... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. . .. ..
 . .. . .. ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. ...
. .:: : :.. . ... ::: :::..      ..::   .
 . .. . .. .. .. ..   . . . .. .  . ... ... .. .. .. ..   . . . .. .
 .. . .. .:::: ::      . ... ...     . ... ...
  ..::   . .. . .. .. .. .. ..   . . . .. .  . ...  .. .. .. ..               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
 :::....::::::........ . .::::::... .... ..:::::::....::::::........ . .::::::... ....::::::                | 侵略なんてとんでもない! |
゙''、,,_,,,,-‐'゛``''、,.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... :::....::                 乂___________ノ
;'' ;~'',;'''',;'';'' ;~'',;''゚ ;~'',;;.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. .. .::::
,;'',;''゚ ;~,;":;;;: : ;: ;: ;::::::``゙''::;.-‐'゛~゙`゙''-、.,,,::    . ... ...
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:"゙''、,;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:`;'' ;``'‐.、;;;;;;;.,.,.,.,..,.,.,.,.
:;,':,:;.,:;'' ;~'',;''゚ ;~'',;;~'',;';~.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙ :: :;":;; ~゙"'ー-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; '' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' v'゚ ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;'',;'~,;゙''、,. ..   . ...
::;...;;.;;ii:i;;:;i,'' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' '゚ ;~,;''゚ ;..;;.;;ii:i;;:;i'',;'',;''゚ ;~,;::;.:".:;.:'::;...;;.;;ii:i;;:;i|゙:.:゙,:;、,"
゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:;,`゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;"i|:;.::;,,;''゚ ;~゚''゚ ;":;.::;,゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:
:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,::.ミ,,;'',;' ;~,;:.ミ,,ii;'',;' ;~,;''゚ :.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:;,`゙ゞ:.ミ,;'',;' ;~゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;,:.:.、;:...:,:.:.、
.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙

82◆iWAc./ZK.62015/03/16(月) 04:22:55 ID:76DEj9/Q


             __|__|__
   \\_        !   !        _//
 \/ヽヽ                    // \/
 /\                       /\

    i::::::::::乂 ___         -‐ =ァ====ァ、   }::::::}
    L::::::::/ニニ〉 ´:::::::::::::::::::::::::L,ニニ7ニ廴,ノ::::/   ____
     }:::/ニニ‐':::::::::::/:::::::::::::::::::::(ニニヽ__,,. 斗*≦.# # /
.    Уニニ7:::::::::::::':::::::::::: !::::::::::`マニニ廴# # # # # # 〉     /}
     ヽニニ‐::::::::i:::::{:::::::{::::::i、,,斗::::::マニニー 、# # # # '___,,. 斗匕::::/
   r===i}ニ‐i::i::__j、__:.、::::{:≦! \::::::i:::マニニニ\ # #__}:::::::::::::::::::彡7       貴方が嫌というのなら
   i.# #人ニ‐!:i::::::i \「`^⌒ ___\i:::::iー<≫''⌒\ノー―‐‐=≦⌒゛>''“    .そんなのすぐに止めてみせるわ!
   i # # # ヾ从::::j,ァ=ミ    '´⌒`^ i:::::iフ¨¨¨¨`フ          ´
.  乂# # #/⌒>´:::::   '     ::::: ;:::::i_,,. 斗匕   .r‐ 、  __/             時間稼ぎにしかならないかもだけど、
 ´>''`ー ' /≪,ハ   r      } ./:::::;::i:::::::|     i ''“´              進行を中止させるくらいなら
        ´⌒ 7::込、 .乂   ,ノ ./::::::/::i:::::::|. _j{⌒´       __,,.. 斗*      私の権限で出来るはずよ!
.     r 、,r‐.v '⌒ヽ个s。.` ´.イ/:::::,イ´⌒¨¨´  .〉   乂 __,.ィ´
    _」 」::、:::ム _,ノ }⌒7ー'7 /::/        {   ., 、  r'
  r'⌒ (:::\\}´フ__,ノ乂辷彡'7´.、        乂/ /\」}
  廴__」{>‐'⌒´  i} / // 7‘,. マム  、 ___,,. <⌒ー'
   } ./ニ∠ 厂`7´/ // ,. ‘,. マム  /⌒ 7
.  / 〈/⌒´ 」}' / / ′ {   ,  マム   ./:i     ___
  `i⌒ー‐r '⌒7´ ' , {L_ {   }  }.マム ./、::i,   ´   __ `> '⌒ 、
┌───────────────────────────────────┐
│眠りに陥らせ、目覚めた時に恋の呪いに陥る<ラヴエンジェルリング>により      .│
│先ほどの強気な態度から一転して、ぺらぺらと喋ってくれる女ドレイクの姿があった。 │
└───────────────────────────────────┘

83◆iWAc./ZK.62015/03/16(月) 04:23:10 ID:76DEj9/Q
┌─────────────────────────────────────────┐
│ここしばらく情報を聞き出す時にはリャナンシーに変身してばかりいたので、                   │
│これを使うのは、マルフォイ家の別荘以来。時間制限はあるが、そう長期的に使うわけでもないし、 │
│性能的に劣ることはないが、咄嗟の戦闘中に使えるものではないところが難点か。           │
└─────────────────────────────────────────┘
                                          /   r>'7´       `' く ヽ.   ',
                                       {  ,r/   ,|     、    \}  ノ
                                       ,.{ア  // |     / ハ.  |  、ヾイ 、
                                       く_/  ./ ./  |   , | __-|‐ |   ',  \\
                                       /   ,'  |.--_'、  | |ァ'7てヽ|   !   |\>
                                      ,'   |  ,|ァ'7'ヽ\|  j_r八  /  八\
  いえ、それは結構です。                     !   /| ハ! j_り        /)イリ  ,  ヽ、
  (……生かして帰したところで、                  八 /| ∨ |          ,'   |  /|    ':,
   呪いを解かれるのが目に見えてますから)       く_/  /  八    rー_、  |  .|/./   |  }
                                      / ,.イ />,、  `    イ 、  |イ  ト、ノ ノ
  それより貴方の持つ情報を教えてくれませんか?   ../ /∨ ト 、/ >-rァ''" /7:::\|」__/ /
  あの、確か……“ラーリスの使徒”とか呼ばれてた     ∨.  \|\   _rト‐''"´/::::::://   `ヽ,
  魔動天使、いえ人族もどきの奴がいたでしょう?              ,>/r}(r⌒ヽ)::::://       ハ
                                    ,./)     ./ ||:::人ヽンノ)::::::| |       |
                                   //ヽ/ ´!   ,{  .//::::::'~ム)::::::::|/     __」_ `ヽ
                                   |{‐-|/ヽ|  /  {7::::::::::ノノ:::::::::::::::{  `'ァ'"´ ̄`ヽノ


                       } _|ニヽ
                     ハ=|ニニ=_
                    /::::::} Ⅵニニ!
                    /::::::::ノ Ⅵニ.|_    ハ
                    /::::::::::ィ   ⅵニニ}.  {:::{
                  /::::::::/{=! _. Y彡ゝ.  |::::ヽ
              /:::::イヽ,斗*≦:i:i:≧=┴、 ゞ:::::ハ
               {:::/:::}:::::}:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ_.)::::::}
           ____ 入::ノ::::,/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ⅥV:,
          {rニ /ニ{_::::::/:i:i:≧xィ:i:i/:i:i:i:i/:i:i:i:i:Ⅵ〈
           Yニニ.∧ ヾ:i:i=ミメx }メ{:i:i:i:/,斗-:i:ilニニ\
              人ニニニ N:i:i:i:i{.示心. !:iィ/´ノ'从:i:i八ニ_/
          /:i:i:iア'√:i:{:i:i:i:{ 辷ソ` ´ r示ぅ7イ:/ニニミx
          /:i:彡'゚´ /:i:i:i:i|:i:i:i:⊂⊃   ゞ.ソ/===ミ:i:i:\\    貴方、あいつのことを知ってるの?
       (:(´   /:i小:i:i|:i:i:i:|\ ゝ ァ⊂イ:i:/三/ ヽ:i:i:.i=i
         .ヾ  /:iイ:i:i|:i:i:从:i从 .≧≦=-{ |:i:{:/.八.  Ⅵ.}=|    大したことは知らないけど、いいわよ。
            ('' .r-v-/ニ=ハ{ミ二人ノへ¨ヾ-=:|ニニゝ__ .)/ニ'_\
            /ゝ-〈ニ / _ /≦Y{=≧x _Y_.ノ =彡} l ./ニ//

84◆iWAc./ZK.62015/03/16(月) 04:23:36 ID:76DEj9/Q
                 /二-_ /二-  |{ ̄ 厶{
             |二二二-_二-_ ,〉斗匕⌒\            / ̄〉
             |二二二二\/ )/ 二二〕___          // /
             L 二二.,,__/  //. : : : : : : : : `. .     / ∨
            /|二二二,⌒7 . : : / : : : : : : : : : : : .V⌒ヽ|/ ハ
             /:/|二 ,///V´/. : :/. :Χ:/. : :/ : : : : : ∨/ |,〉'}__,}
            /:/  乂./\|¦.∨. : ∧: トミ\ / . : : /. : : :〈 ∧.ノア′
         . :/        ∧| (,| : /. :Ν /斥:`:/: :/|: / : : ∨ |/
        |: ′      /: 八 ,リ: : : |/  └'' |∧:/_//| : : |\リ
        |: :       /. ⌒゙个|: : : |  '''     (x=ミリ : : し'゙二二‐ __
        ∨       . : /|: :¦|: : 八       仏ジ : ∧|ニ,\二二ア    あいつとの関係は、
                //  : : : : | i : 「`   ‐┐   '''ノ )/,>ニ|二\/ニ〉    魔剣や配下をもらう代わりに
               //  /. :/ : :| i : :|\     イ∩:|--二.人 二 〉/     命令を聞いてやってたの。
       ー=彡 ´    /. :/. : : | i : :|ニ{ 「 ̄: i 「| | | l |i⌒゙'┘ \:\
                 __厶斗‐ァ'八: :.!,VL : : i :| ¦; |八       `、: .    ラーリスか何かは知らないけど
                /二二,/ /\ ‘((__{,(\l  ノ!: .\      : :|    こっちに得があるから
               二.//⌒゙ /〈〉/:\〉⌒ ∧ ゙Y´ ノ:jI斗‐┐     |: ;    .協力してやっただけよ。
            |二|{  }/二/|{〈〉}|∨二八,{/二∧ニニ| 、   |/
            |二|{ :/〈〉ア^  :|{二}|: ∨二‐〈二二.∨ニニ|  \,丿
         .-‐…━|〈〉|{ |二/    :|{〈〉}|  ∨〈〉‐∨/二‐  ̄__)‐┐` ‐-




            ____
            .〈二二-     ,
            \ 二-   /:j|            丶、/
                  ヽ,二- |二:j|              /ヽ/
              /二- :|二八              ./ ヘ.
                /二-   乂二二=-- ..,,__        ."´i ̄
              /_/    . -‐: : : : : : : .<\
             /_/_______/. : : : : : : .\ : : : . \\
         f´二(_∧二二`. : : : : : : : : : :\: : : : : .ニ〉‐┐
        人 二/ニ 〉二二|: : |: : : : : : : : : |\: :∧|ニ<
           ` | 二 |二二|: : |: : : :|\ : : j|ノ/∨: :∨二`     正直 上から目線で
        ┌‐=ニ⌒ア^l|二二|: : |\Χ_,, \ :|厶   〈 ∨:\      嫌いな奴だし、利益が無ければ
.         \二,/二jl| 二 /: :八  ̄>       .V:\: .     切ってやったわ!
         /^)二/ニ∧__∧ : : . \    f⌒^    ): : :≧=一
        ./ 厶イニ,/ニ|: :乂\ : : . `:   乂__ノ   ..イ: : 「: : .    でも今は貴方のことが
       / . : : └'゙⌒7 . : : : : \: : : :\__ .. 。o≦: :l : : |: : : .    気に入って気に入って仕方ないし、
.          : : : : |   /. : : : : : :Y^\: : : .\∨/ . : 〈ノ)ノ: :ノ : 〉   望むならぶっ刺してやるのも辞さないわ!
        |: : : : :|  . : : : : : : : :|〈〉/ \: : : .>: : f⌒l〈/ )/   スカッとするしね!
        人∧ : |  . : : : : : :___,j|ニ{/^/⌒Y゙⌒( ̄ (⌒Y
          \ /. : : : : :〈 └'⌒´〉八__ノ、\ノ   ^i「:\
┌──────────────────────────────────┐
│たびたび話題が逸れる蛮族だ。                                  │
│ドレイクといえば比較的頭の良い蛮族で知られるが、個体差もあるということか。.  |
│あるいは元から こういったはしゃぐ性格なのだろう、それが魅了した分       │
│気持ちが高ぶって落ち着いていられないのは、まあ仕方ないことか。         .│
└──────────────────────────────────┘

85◆iWAc./ZK.62015/03/16(月) 04:23:46 ID:76DEj9/Q

                          //
                     〈::〈 _ __  /´ ̄ `ヽ
                   . -‐‐' ´: : : : : : :` 、    .
      .      /´  ̄ `Y´. : : : : : : : : : : : : :\: \     }
            l     /. : : : : :{ : : : : : : : : : : :.\: \__ノ
            |   /. : : : : : :/:!: : : \: : : : _: : : :.\. \≦≠ ニ二フ
             ゝ.__/: /: /: :.ィ.升ト: : : : ヽ:´\: : : : : :)>:\ \ \
             ノ: ノ!: l: : :|:l:|:.|:ノ\: : : .!: ,ィ≦k: : : \: :}: :\ \/
             ///l: :!: : :!:l:|人  )\: :}´ i以リハ \ )メ、}ノ:.ヽ  それはどうでもいいです。
           く/〈./人:j: :从八x==彡 )ノ """.|:i: : : : \:\:ノ: :〉  (第一、無理でしょうし。最後に会ったのは随分前ですが、
               /:\: :.Ⅵハ""  '     リ:i: :\: : :.\ :ヌ´   バロンやリストリカンを下に置くのだから
      .         /: : : /)ハY入   / }  /く: : : :l\: : : )     15レベルはあってもおかしくない……と思いますし)
              /: :/:.//: :.:i:|: l }≧= i |<.┐ :): : :ノ ハイ
                レ〈:.∧!: : :リ人!:F干| .j´ニ.|イ⊥く ⌒\    関係は分かりましたが、
                  )/\:.(`Y r┤厂 ∨:::::::://       ヽ.   いつぞや私を見張っていたことといい
                /   ヽ) | j::ハ厂   |}`ヽ:j/       i   彼の目的は何か分かりますか?





                        iヽ
                         i  ',              ,.
                       }  }          //
                  __ノ / > - ― -<  ./ ,
                      /  イ/ : : : : : : : : : :\{ 人
                    /  {r=/: : : : : : : : : : : : : : ',--、 ヽ
                {  ノ{ /: : : : { : : : : : : : : : : {  } ノ
               r-=≧{ {i: : i: : : ', : : : j : : : :i: :.V__ノ::::`:.<
                 }:::::ノ:Ⅵ: : :|ハ \: : :/j//:ハ: :|/i:::::_;;;:ノ
               ノ::::::::::::|:ハ: :j,ィfミ、  ,ィfハミj:/:.:! 八::::::{: : :.、
             /:ヽーヘ:::j: :}ヽハ.迩リ , 迩リ.八: |': :iー' \: : \   さあ、大事なことは話さないから
           /: : :/  7: :|: :.込.、  , 、  .イ: : : |: : ',    ',: : : :,  聞いたこともないわ。
          /: : : :/     ,: :.:|: : :{: :.≧=-=≦:.|: : : | : : ',    ', : : :',
          ,: : : : /    ./: : :jハ: :!__.}//Y//{: j/!: /_ : : :ヽ   }ハ: :,  ただ あいつが言うには、
          i: :/j/   /: :/ :, -',:{  ア,'人/マ  .j/Vミ、: : :\    j/  人族に与するつもりは無い、
          j/  __,.-∠.. イ:/  j./,.イ//ト/\.  Y/i: : :ト \     しかし手ずから滅ぼす気は無い……とか。
         /   マ~乙~Y/   ///  |//| ヽ//ヽ }/i: : : ',
             ', {乂ヘ  ,. へ//  .|//| . \/ |/.!__ : :',

.

86◆iWAc./ZK.62015/03/16(月) 04:24:45 ID:76DEj9/Q


                 .  -―: .  .
              , -‐くス´ . . . .: .: .: .: .: .`: .、
           /     Y〉.:.:.:.:/.:.:.:.:.:._;.:.:.:.:.:.:.ヽ
           _|    /〉.:.:.:./. :.:.:/.'.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.
.           〈入_rくソ.:.:.:./\>' //.:.:.:l、.:.:.:.:ト、
           く/// ハ_〉_:_;':/`ヽ |:l:.:.:.:.ハ/|.:.:| l
        ,く// /.:/|ハ/ \、  Wlル'‐〈/l.:.i| |
.         /.:/.:〈_/.:人|.:l:i^ー′    __∧;'.:.|レ′
         ̄///.:.:.:.:.:.|.:|:|'''     〈__/ノ.://.:廴〉    人族に与しない……ということは、
.          ´ /.:/.:.:.:.:.|.:|:|      ' ,,, /.://.:/lヽ>    “名誉蛮族”として生きているのですか?
          '/7.:r,=|.:N\__´’  イ.://.:/l |
         , -‐くr‐|l.:ヘ:|/,三三]__,⊥!//.:/八|              f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
.        /  /:::::Y乏)リ:::::::::::/ ∠ 'イi/                | そこまで割り切った奴じゃないわ。
       i /::::::::::::ヘニノ:::::::::::|    ヽ                      ヽ______________乂_
       /::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::|     |
┌──────────────────────────────────────────────┐
│人族の中には、特にナイトメア(のような穢れ持ち)や第二の剣信仰に目覚めた、                     │
│犯罪等を犯して人族の街にいられなくなった者が蛮族社会の中で身を立てることがある。               │
│そうして蛮族として相応しい振る舞いを行い、多くの蛮族に認められた者を“名誉蛮族”と呼ぶが、         │
│そう呼ばれるには単純に強い力を持つだけでなく(人族を攻める等して)功績や首級をあげることも必要となる。 │
└──────────────────────────────────────────────┘



                        /i
                        /} }/!
                 ,ィfニィ_ /,ハ
                    〃´: : :r ''//
                    __,リ: : :/: }彡イ:i
             ∠/: : /: /イ {: /
             /: : /: : :/ _ノ:{      力も魔剣もくれるし
          ー=彡: : : : ::>イ////≧、     今回の同時侵攻だって
       <: : : : : : :>''i´/´ ̄ ̄ ̄リ }    手引きはしてくれるんだけど、
        {三三≧ー ┴- r'' .' / /_ ノ       それ以上の直接手を下すことは
         `  ̄ ̄ マ 二 へ、_ ..ィ{三≧=- <\  絶対しない、なんて言ってるのよ。
                 乂 }////∧/ ̄ ̄\__\
                ___ノ///////≧=--------,   同族に手を下さない、
          マ三三三ア三/三三三三>、三三三/.  バルバロス
           }三> ´ ⌒/三三三三 彡へ __ `ヽ  『蛮族』として生きる意志を示さないチキンを
          ∠j//   ,.ィ''"~ 7ーtttt. /         名誉蛮族なんて呼べない……いや呼ばないわ。
               ノ_/ ./   /  }//| く
┌───────────────────────────────────────┐
│少し前の「華扇」も、蛮族領にいた時は力を持っており蛮族に与してはいたが、            .│
│(最終的に裏切ったのは置いといて)人族と敵対するような行いや、                   │
│蛮族と認められるような行動は取らなかったため“名誉蛮族”と呼ばれるには値しない。    .│
│まさに『蛮族である』との名誉を授かるには、同じ人族との決別の意を示すことも必要なのだ。 │
└───────────────────────────────────────┘

87◆iWAc./ZK.62015/03/16(月) 04:24:58 ID:76DEj9/Q


                  __ _
                  ̄ ̄ ` ミ.、
                  >    ̄ ̄   、
              ___ /           >ー-.、
           /   .}_    /    |   _」     ヽ
          /   /.〉」   /'    i i  ヘ_!     i
           .{    ,.'._l   ./i     ', .',  ハ_、_  .,.-ト
          〉.__ ./    .' .|     ゝ.、  `!_|、._/!ノ
          /,/!   /! ! .!    .、   `    ヾト、..、
        /"// |   .| ',ヘ、.ヽ、 .|',!ヘ >、‐    トヽヾ
       《  i .' |   i i ニ式.=`.-.', | 三=-i-ゞ    !.|:| ゛
        ` k.! {   |!|! .弋:リ゛   }.! 代仂 | .! |   }"
          >人  |i ,,,           ,,,  j./ i   ハ
         /  へ !.!      '     u;/  '|     \     そうですか。
        / .i       >\   _    /'   ヽ  ,   ヽ
          ' /i         \> . _ `. , .´ /     .}  i.    }   ……ん、
        !/ .|             ', ,!、 .,ハ. i     i  |   !/   同時侵攻とは?
       '  ゝ. __ヽ     }/: : :V: : :ヘ!-{    / 人 ./
           i´ `' \ .. /: : : : : : : : : }::ヘ__  /  |               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
           |       i.ン:  >-, ― 、: : :i    / !                | あれ、言ってなかったかしら?
           |    ./',: : / , .´ ̄_`  'ヽ:'   /  l                 ヽ_____________乂_
           |    / ヘ: -/´` ´  ヽ !|   /  ヘ
┌───────────────────────┐
│まあ、「私」の推測としては おそらく             │
│あの魔動天使は三十年ほど前あった出来事を再現、   |
│真似しているのではないかと思う。                │
└───────────────────────┘

88小さな名無しさん@この板は300レスまで@4月に企画やります。よろしければご参加ください2015/03/16(月) 04:25:07 ID:yiS65m5I
恋のあまり脳みそを食べてもらいたくなっちゃうんですかねふふ怖い

89◆iWAc./ZK.62015/03/16(月) 04:25:10 ID:76DEj9/Q

                   ト、            /i
                   }/}  ,.. - ― - ..、   //{
                  /,'リ /: : : : : : : : : : \_{/ハ.
                   ノ:く /': : :/ : : : : : : : : : 〈/彡/}
                (:{//{/: : : i: : : : :.i!: :.ハ: : :i/{彡'          ,  _
                ノ∨: {: :i : :ト: : : : }j/レ }: : :|////ゝ        トiヽ/i,イ/
                人//ハ!ハi从i ヽ  j.ィf= 、: : |イ!r': ',__      } 〉.} , /
              /: :/  /:マ~沁   ヒソリ !:.:.|.ソ ':r≧ >イ__ ノ、'ソノイ
             /: :/   /: ∧"" .j   "" ,: : |: :i 乂乙_ノ⌒て __ ノ_)
               /: :/   ,. -‐ァァヘ  -= " ./: : :; : :,  } / /  __ > ´  じゃ、今あらためて言うけど
            j/レ  __.,ィ''~ア/.ィ / ≧=- ≦/: : :/: : :.', }////ミi⌒´      今回 私はさっきのバルカンたちや、
              r'i⌒./ i'´ .メ/ィ==彡iミニ//レニニミ、 /´ ̄ヽ/          .巨人族と取引してイシェスを
            _Y⌒У乙-<),.ィfチ,X{ニハ   `ヽニ./   .:           攻めさせるように言われてるの。
           //ミ 、/ // /ニニ/ニ.}ニ∧ __i   ∨   ,: :、
            ヽ/////〉 }/ニニ/.ニ/ Vニ∧て八ノ′  /: : :.\    その前には、西方のジンルーに
              / `'' / Vニニ/ /ニ/  ∨ニ∧ } レ   /: : i'⌒ ー-  フォモール(※)どもの軍勢を配備する
           /    /  {ニ./  /ニ/    Vニハ _./   .ハ: : :       指示を受けてたたわ。
          ′  /  ,.-ニ/.////,ミ、   Vニハ {    ′}: :.!
            i    イ ,>}////∧///\  ∨/ : :. _ノ{  j: ;
           ー ´  /: : :|////∨/////≧ _/: : i : : : : :! .}/
┌────────────────────────────────────────┐
│スフィンクスの知識によれば、あの頃は随分と蛮族を筆頭とした                      │
│                          エルダードラゴン  デスロード                  │
│魔物と人族の争いが多かったらしい。中には 『古竜』 や 『死霊の王』 が                 │
│その他の幻獣、アンデッドを率いて街を滅ぼしにやってくることもあったりしなかったりしたそうな。 │
└────────────────────────────────────────┘

※フォモール……トロール以上に大きな5m程度の体格を持つが、巨人としては小柄な蛮族。
           緑色の肌を持つ巨体で、優れた軍師であり格闘家でもあり、
           味方を鼓舞しながら自身も前線に出張って敵をなぎ倒す能力を持つ。
           魔法技能は持たないが、部下たちを強化するため 敵の多い戦場では特に危険となる蛮族である。

.

90◆iWAc./ZK.62015/03/16(月) 04:26:08 ID:76DEj9/Q

                       //
                  〈::〈 _ __  /´ ̄ `ヽ
                . -‐‐' ´: : : : : : :` 、    .
   .      /´  ̄ `Y´. : : : : : : : : : : : : :\: \     }
         l     /. : : : : :{ : : : : : : : : : : :.\: \__ノ
         |   /. : : : : : :/:!: : : \: : : : _: : : :.\. \≦≠ ニ二フ
          ゝ.__/: /: /: :.ィ.升ト: : : : ヽ:´\: : : : : :)>:\ \ \
          ノ: ノ!: l: : :|:l:|:.|:ノ\: : : .!: ,ィ≦k: : : \: :}: :\ \/
          ///l: :!: : :!:l:|人  )\: :}´ i以リハ \ )メ、}ノ:.ヽ
        く/〈./人:j: :从八x==彡 )ノ """.|:i: : : : \:\:ノ: :〉
            /:\: :.Ⅵハ""  '     リ:i: :\: : :.\ :ヌ´
   .         /: : : /)ハY入   / }  /く: : : :l\: : : )    フォモール……
           /: :/:.//: :.:i:|: l }≧= i |<.┐ :): : :ノ ハイ.     (フォモール、ドレイクやバジリスクのような変身能力は無く
             レ〈:.∧!: : :リ人!:F干| .j´ニ.|イ⊥く ⌒\.       常に半巨人程度の大きめの体格を持つ蛮族で、
               )/\:.(`Y r┤厂 ∨:::::::://       ヽ     本人はそこまで強くも無いが、味方の強化が得意)
             /   ヽ) | j::ハ厂   |}`ヽ:j/        i
            /       Ⅵ::::{〈し'⌒ リ }:〉/         .ト、   他には?
          i         /::::::入\___メ.メ∧ 「j_     ノ 〉
          人      {:::::::::::::::fー‐1::/><  `ヽ  /



    /:i:/                 {:i:i:i:i∧
.   /:i:/。r≦:≧.、----------、  Y:i:i:i:i:i\
   Ⅵ:{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\: : : : : : : : : : <:.\:i:i:i:i:i:∧
_ ∧:i:r≦三7:i:i:i:i:iY: : : : : : : : : :\: Y:i:i:i:i:i:}
_ニニ≧Ⅵ∨ニ./:i:i:i:i:i:i:i}: : : : : : : : : : : :.ヽ:i:i:i:i:i:i{.
三辷彡Ⅵ.ゝイ:i:i:i:i:i:i:i/: : : : : : : : : : : : : : V:i:i:i:i∧
ニ/ニ/三{:i:i:i:i:i:i:i:i/: : : : : : : : : : : : : : : : V:i:i:i:i∧
ニニ/ニ.}ニ{:i:i:i:i:i:i/: : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:Ⅵ:i:i:i:i}
ゞへ彡イニ.{:i:i:i:イ: :/: \:}: : : : : : : : :/: : : : : :Ⅷ:i:i:i√三)
彡ヘ、彡}三{r' : : |:./{从: 木: {: : : : : :/: : : : : : :.}:i:i:i:/:<´
  ‘,  \l: : : :|'   ヾ{:./{: : : : :, :/斗--: : :}彡イ: : : : ≧s。 _  イ
    ‘, ヽ l: : : :{ゞx.、__ ´ ヾ'{:/ノ /:'イ: : :八ニ≧s。_: : : : : : : 彡'
     }: 、 l: : : :|.  `冖'            ノ:从'ニ入z彡'   ̄ ̄
.   /: :.:ゝl: : : :|        { ヾ=彡イ:i/ ア
   /: : : : :.l: : : :|   、       /: :{:./´     私が関わったのはそことここ、2箇所だけよ。
.  /: : : : : :.l: : : :|\    -    イ: : :{:.{
 /: : _: : :.|:l: :从⌒> __   <{: : : :.:|:.{      でも聞いている限りでは、ハインラトの方にドラゴンが、
. '/    .{从: : r<,,≧='-._) rヲ|: : :./:Ⅳ.      .エミニムにアンデッド、それとハーツベルグに魔神の軍勢を
'       {  Ⅵ{ 込_)<>つ{ : : {: | 、:、     それぞれ同時期に仕向ける予定になってるわ。
          ∧:.V丁丁丁-<∧Ⅳ: :{: l.  \:.、
         /∨  .{ { { l. 寸lⅣ {Y:.    \:.、    ナイムハイラは、以前の侵攻で駐留する
__,,        /∨.{  .{ { { }  ヾ. Ⅵ.{: :、    \:.、   軍の規模も判ってるから、攻める必要ないとのことね。
┌────────────────────────┐
│多少の差異はあるが、おおむね昔々に起きたことが…… │
│もとい、あったと聞いたことに似ている。             .│
└────────────────────────┘

91◆iWAc./ZK.62015/03/16(月) 04:26:18 ID:76DEj9/Q

       '、 r/   / ,' !     ',   | 、 ∨ノ
        r7   /  / {   ト.、 !  ハ  ',  ',}
        r‐ァ,'   .,'  |/メ、 '、  .| \_メ   |  |  ト、.,_
        /,|   | .X´7´心 \|. ァ7´心`'x. !  !\_/
      く/ | /\ヽ!、 j___rリ    j_rリ ハ  |  |\」    ドラゴン、魔神にアンデッド!?
         .∨} (|ヽ|.      .       ,'!  |   、
         / / ./| ,ハ    ,.== 、    ,ハ|  |   ヽ     規模は、いえ、軍勢を率いる魔物はどれほどかはご存知で?
      ,.'  ,{/ ./ 人.u   {     }  ,.イ   , !   ,ハ                レッサー  グレーター
       {r、/   /   _| ,> 、..,,__,,.. イ  |  / ハ イ  }   ..ドラゴンなら、 成竜 か 成熟竜 なのか、
      (r'7`ヽ{.|, '´ヽ}´ ̄|ト、.,_,. イ| ̄ノイ ̄`ヽ ノ  ノ          ノーブル               エルダー
        レ ´/   |}::::::::::{|ァ‐ァ-、|}::::::/{|    \イ     .それとも 貴種竜 か、それよりずっと上の 老竜 なのか……
         /   、/:::::::::::}7(rン)}::::::::::::',     \
       rァ{    ,イ:::::::::://ゝ--‐':::::::::::::::∨      }‐ァ                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
       ,く >、  八::::::::{ {:::::::::::::::::::::::::::::::八   _,. イ_,>                 | ご、ごめんなさい。. |
     /ヽ|/、 ,>-イ|`:::::::ァ‐===-::、::::::::;イ/ |ヽr-ヘ/ \.              ヽ________乂





      Ⅵ::::/::::::/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ:i:i:i:i.:::::::::::乂>ニニニニニニ.{、
       Ⅵ::{:::::/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iⅥ:i:i:、::::::::::::\ニニニニニニ {:i:.、
     _ ヽ::{::::':i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i}:i:i:iⅥ:i:i:i\:::::::::::/lr-==ニニ{:i:i:\
      \>={:::::i:i{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:Ⅵ:i:i:i:i:\/  ||   \`:i:i:i:i∧
     /ニニニⅥ:i:i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i斗f笊芋「:i:i:i:i:i:il ノ/:|    \:i:i:i:∧
    -====r===从:i|:i:i:i斗-十Ⅵ:i:i:i:Ⅳx斗≦气:i:i:i:i:i:| /:i:|i.      ヽ:i:i:i:i:\
.       }:i:i:i:i:iⅥ:i:i:i:iⅣ斗ミ ヾ彡' {' V 辷リ}:i:i:i:i:i|ノ:i:i:八      Y:i:i|ニ=-
.       }:i:i:i:i:i∧:i:i:i:i:i:ヾ 沁        `¨´ |:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:∧       l:Ⅳニニ=    そこまでは私も知らないのよ。
       从:i:i:/ ヾ:iⅣ:i:i:iヽゞ' 、       |:i:i:i:i:i|\:i:i:i:i∧.     }:/ニニニニ
        Y:{   ヾⅥ:i:i:{ハ     _    u |:i:i:i:i:i|ニ≧<:i:∧    .ノ' |ニニニニ    足を運ぶ機会も、この目で
         ヾ.      Ⅵ:i:{.¨ゝ .. ゝ ヽ   ィ|:i:i:i:i:i|ニニニニニ≧\     |ニニニニ    見に行くこともなかったから……
                {Ⅵ:i{    > _ ィアイ}:i:i:i:i:il=ミxニニニニ=ヽ\   .|ニニニニ
                | Ⅵ:i!  /=/__,ノ{(ニ 从:i:i:从  \ニニニ ∧:i:\..|ニニニニ
             _、 Ⅵ:i. ./ニ ./ ̄}ニ{ ゝ/' )'/'     Ⅵニニ.∧:i:i:i\ニニニ
            {、_{__.}__}:i:∨ニ/  }ニ{.  '/ニ= _     Ⅵニニ ∧¨Ⅵ:i\ニ
┌─────────────────────────────────┐
│しかし記憶によれば、『あの頃』はサイクロプスはともかく、                  │
│フォモールよりもレベルが上のドレイクカウント、或いは                │
│グレータードラゴンやデスロードのような15レベルoverの魔物が率いたと聞く。  |
└─────────────────────────────────┘

92◆iWAc./ZK.62015/03/16(月) 04:26:46 ID:76DEj9/Q

        .    -─ -     __
   /⌒ / .:::::::::::::::::::::::::厂/´   ` 、
  /  . ' .:::::::::::::::::::::::::::::::(  {      Y
  l  / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ト、     }
  |  .' .::: ::::::: l .::::::::i:::_::_\ :::: Y⌒ヽ._ メ
 人 |.::::::l:: __:l\:::´ト、 .:::::::ヽ.:: l⌒ /∧Ⅴ
  rァ从::::!´::: |  \j \_::::ハリ::: 〈/∧ハ
  〈/ 从ルハ:j _   ´「r'!:「Ⅴ:::::::::::Li」::ハ
   /::::::::::::ノx=.   j以リ/.::::::::::::::リ:::::::::}    …、そうでしたか。
    |::::/::: 入         i:::::/::::::::/:::i: :: リ
   レ'i!::::::::/ > -- 号 <!::/:::: イ::::ルイ     機会が無かったのなら知らないのも
  (\人ル( ル 厂 /⌒ヾ:/7⌒\!         仕方ありませんが、同時というからには
   EヲY}___r ュ 入苞メ::/i    }         人族の都市へ仕掛ける時も既に決まっているのですか?
    `ー┴┴1 }ヒ/ :::::::: || l|   ,ィヘ
        レ'r/ :::::::::: ||/⌒ヌ´ 卯
┌────────────────────────────────┐
│それに比べると、たかがフォモールに指揮させるのは                │
│やや陳腐ではないかな、と思わんでもない。                        │
│それに魔物を作り出せるのなら、もう少し強い魔物を出してもいいだろうに。 │
└────────────────────────────────┘


                            /::::::} Ⅵニニ!
                            /::::::::ノ Ⅵニ.|_    ハ
                            /::::::::::ィ   ⅵニニ}.  {:::{
                          /::::::::/{=! _. Y彡ゝ.  |::::ヽ
                      /:::::イヽ,斗*≦:i:i:≧=┴、 ゞ:::::ハ
                       {:::/:::}:::::}:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ_.)::::::}
                   ____ 入::ノ::::,/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ⅥV:,
                  {rニ /ニ{_::::::/:i:i:≧xィ:i:i/:i:i:i:i/:i:i:i:i:Ⅵ〈
                   Yニニ.∧ ヾ:i:i=ミメx }メ{:i:i:i:/,斗-:i:ilニニ\
                      人ニニニ N:i:i:i:i{.示心. !:iィ/´ノ'从:i:i八ニ_/
                  /:i:i:iア'√:i:{:i:i:i:{ 辷ソ` ´ r示ぅ7イ:/ニニミx
   _             /:i:彡'゚´ /:i:i:i:i|:i:i:i:⊂⊃   ゞ.ソ/===ミ:i:i:\\   ええ、それはしっかり覚えてるわ。
    \ヽ         (:(´   /:i小:i:i|:i:i:i:|\ ゝ ァ⊂イ:i:/三/ ヽ:i:i:.i=i
      Ⅵ::.         ヾ  /:iイ:i:i|:i:i:从:i从 .≧≦=-{ |:i:{:/.八.  Ⅵ.}=|   今から半月後、人族の暦でいう4月の真ん中よ。
      Ⅵハ          ('' .r-v-/ニ=ハ{ミ二人ノへ¨ヾ-=:|ニニゝ__ .)/ニ'_\ 本格的な冬場が始まる直前に、
       Ⅵ:i:,        _  /ゝ-〈ニ / _ /≦Y{=≧x _Y_.ノ =彡} l ./ニ//   一ヶ月間で軒並みを合わせるって話なの。
       }:i:i:}  ,斗*≦> ⌒./  人' __.イ /ニニ.イニニ{\_}( ̄.{Ⅵニ.| .イ=イ'
       }:i:i:| /:i:i>''     ノ   / ノ_.)ノ.Ⅵニ/ |ニニ:{_ {´ } 从=/=/ノ
       }:i:/:i:i/     (  ---r'∩:i:i:i:i}=// ニo ニ≧ / ./=/ ̄
┌─────────────────────────────────┐
│あるいは、出せない理由があるのかもしれない。                      │
│イシェスを攻めるためにサイクロプスや巨人族を山脈から『勧誘』してきたこと、 │
│あえて作り出さないのには何かしら条件がついているかもしれない。         .│
└─────────────────────────────────┘

93◆iWAc./ZK.62015/03/16(月) 04:26:56 ID:76DEj9/Q
┌─────────────────────────┐
│例えば、自分のレベルより上の魔物は生み出せないとか。  │
│リストリカンは14レベルだし、恐らく私に仕向けたのだろう、..│
│ネームドモンスターのモルスダールもたったの12レベル。.   |
└─────────────────────────┘
                   ,. '" ̄`ヽ.
      , '" ̄`ヽ _r‐<´ ̄`Y      ',
     ./  r>'"/        ヽ┐   ノ、
     { r/   '     }`ヽ `ヽl>-rヘ_」
     r'7  .;' /|   ./_ ̄ハ  ハ  八\`ー─┐
     |/   |/'´_」   /ァfてハト  | 、  \\  ̄
     .;' |   | ィ'f'ハ、  '  j__,ン  八 \ !\」
     /{ .|  八| j_り \|    .|/,リ「  ̄`|
   く/|八レ'  |    '       / ´  |  .人     4月の半ば……
        ヽ /、   r 、   //   /|  ,'   ヽ.    時間の猶予はそこそこにありますね。
       /イ へ、    / /| _/_  /   ; }
     / /  / >-rァ'|/|:ァ'"::::::`ヽ. /レ'   ..(今は3月の終わり頃だから、
    ,:' /| /|、 ./ f斤:::/::::::::::::::::::ハ' }        .2週間少し、か)
     レ'´  ∨  レ∨_」ーイ/::::::::::::::::::::::::| /
           r'アrヽ:::/::::::::::::::::::::::::::レ'
           /{八ンノ}:{::::_;:-===-、/
        /`ヽ、-ァ::'::ヽ/::::::::::::::::∧\
       /ヽ _ンノ::::::::::::/::::::::::::::::/|__|\|
        ;'ー-イァ'::::\:;r':::::::::::::::;:'/
┌──────────────────────────────────┐
│私の知る限りでは、彼が生み出した15レベル以上の魔物に心当たりはない。.    |
│このへんはこの女ドレイクから詳しく聞き出せば、奴の能力限界が判明するかも、 .│
│しないかもしれないが、そのへんは時間が余った時に尋ねよう。           │
└──────────────────────────────────┘

94◆iWAc./ZK.62015/03/16(月) 04:27:11 ID:76DEj9/Q


                   `/`    _,,. ― - イ\/\
                  i/|   /:.: : : : : : .∨\\/ヘ-―、
                   |/|  /: : : : : : : : : : :∨ ヽ| /二二 >
                   |/| ,: : : : : : : : : :|: : : ’</Y二二 >\
                   |/ヘi: : : : : : : : : : ト.,: i、: : :刈二./ヽ : `.
                    ∨ /i!: : : ヽ. : : : |、|≠x ; : : : : : : : \|: : : i
                \ ヘ: : : : ト 、: :| たoノ } : :|: : : : : j{: : : .      自分の街が攻められるのが怖いの?
                  /匕ヘ : : :!斗ミ'      | : :j{ : : : :_j{ : : : |
                   <二二¨≧。:\炒、  ,-, ヽ:.:/ヽ/ニ/ : : /\    ..貴方のためなら、私が身を張って
                  `'/--イ |≧_>。_ `__/: :/ニ/ニ./ :_,,/-、 : .   ..侵攻を中止……ならずも、御魔化して
                /: :/: :| .|: : : : : : : : iヽi: :.|〃ニ/イ      '. : : \  遅延させるくらいなら出来なくもないわ。
                  /: :/: .ノ /: : : : : : : : i/ ; :/.二/         '.: : : : \
              // ̄ ̄`ヽ: : : : : : : :/  Y.二/   /'´    '.: : : :i ̄  一応、私だってこれまでに
               {/7:.7:.7 、 ´ i,. : : : : : ,.__/二/   ,ニ∧    i : : : :\  あいつの代役ってことで 色んなとこに
               ´`ト、i: :| /:. /__): : : :/    \\ ,∨ニ∧ノ   |Y ̄ ̄`` 顔出ししたこともあるんだから。
           '     \'_/  \|: ;   /  /ー\ ∨ニ∧
                  \    ∨   ′      >∨ニ∧
         /            \   ∨     /   /二≧ 二\_|
        ./i,       /\       \  /     ,- "二二二j{\.ニ.|
┌─────────────────────────┐
│今は同時侵攻というのにどう対処すべきか、           .│
│この女ドレイクをどう利用するか決めるターンだ。         │
│「あなた」としてはどう扱うか、考えは決まっているのかしら?. |
└─────────────────────────┘



           _,,..,,_ ,,,.. --- ...,,_
         ., '´    `ヾ      `'  、
         {    r/]/        \- 、
        rゝ-='" ̄, '  ./´   ハ    ヽハ
         く/    |/   /_」- /|  |    ∨、
        /'/     .;'  ./fてl!`ヽ |  / |    |/
       ,|/   r|  {弋_リ   |/ト./  |  ハ\
     / ,    .八  | `´     ァr'|  ,ハ /l」ヽ/  いえ、その必要はありませんね。
    /  ;'    ,   \|       , lリハ!/|イ、
     { /|   ./|  ./| l    _    ./ 八、 \     ……エミニムには先日備えがあることを知りましたし、
    ∨ソ 、/ 人 ,ハ レ |\     ノイ  )\ ハ    ジンルーだって それなりにレベルの高い冒険者と
        }/こ ヽ|/-、 / >=ァl斤/ | イ  リレ'   魔動機械の防衛設備が残ってるから問題ない。
       /─- 、r }-r‐|7〒ア´/::/7´ ̄`ヽイ
      ./  ‐-、ソJ:::rん)ヽrイ:::::://      \    .イシェスも、……めぼしい奴は片付いてるので
     .r' -、 ,イ:::::::{ゝ_ンノ:::::::::::::|{         .}    放っておいても早々に落ちることは無いか。
    /\--//:::::::::::::l/:::::::::::::::::::::|ト、   、__」_/

.

95◆iWAc./ZK.62015/03/16(月) 04:27:26 ID:76DEj9/Q

;';:',:'.:';';:',:'.:',:'.:'爻彡爻爻彡彡彡彡!;';:',:'l       {,:'.:'Y,:'.:',:'.:',:'.:',:'.:';';:',:'.:';';:',:'.:';';:',:',:'.:';':.爻彡爻彡彡ッ
,:'.:',爻彡,:'.';';:';';'爻爻彡彡彡'⌒´;';:';';:'lリ゛     ヾ弌_j:Y,',:',',:';爻彡'^;',:';',:';',爻彡彡;',:'爻彡彡彡'′
爻彡,:'.:';';:'xッ爻彡彡彡'´;';:':;'l:l;l爻州リ_,         (乂_j;',:';',:';Y;',:';',:';'ッ爻彡'...f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
彡;';:','x爻彡彡シ爪;';;';i:i:i:i;i;i;i;i;ッ爻彡⌒          {乂三,:'!;',:'ッ爻彡;';ミ. | ハインラトも、エルダードラゴンなら手を付けれませんが .|
,:厶辷彡゙⌒^´ ⌒ヾニ圷爻彡彡゙⌒                   (乂三.小ィi  ト.| グレーターまでなら“ハインラト十二衛師”、         |
 |il ,、           `Yl|i<^                          に、 l{_,.| ひいては“黒獣騎士団”でなんとか……            .|
li Nシ             Niレ゙                              i%)} jl:「 乂_______________________ノ
 l |            |i|li                               !l  rr|<シ⌒`'   !|!|
l _j{, 、 ィッx     ,、_ |j|l|                          }l  _川'¨,、ィッx:、」j|∟、
{ %l.':;}L_':.':'ミx'⌒ヾ,:'.:',ヾーx;_,、               ,、ィッvzx;_    ィッx:、_! i'@’j,:'.:ミ;';,:'.:'..'.'.'.ヾ⌒ヾ
f《d/シ'^`.:.:,:'.:リ:,:)',:'.:',:'.:','.:',:゙;';:',:ミ:xz、       〃.:',:':,:'.ミッ彡ッぐ,:,:'.:':r小ぐ^l_,|,:'.:',:'.`ヾ⌒ヾ!,:'jミミf´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
 l:レ′,:'.:',:'爻彡'⌒,:'.:',:'.:':x',:'.:',:'.:ヾ癶⌒ヾーx;、{,:'.:'ッ爻彡彡^:'.:',:'.:',:'.`丁イ  !{;';:',:'.:':⌒:'.:',:'.:',.'.'彡.| 分からないのがハーツベルグ、    .|
M:!,:'.:',:'ッ爻彡シ,:'.:',:'.爻彡:',:,:'.:',:'.:',リ,:'.:',:'.:','ィッリ ^¨⌒^゙^⌒゙{!,:'.:',:',:'.ィ爻j l l:N;';:',爻彡:'.:',:!.:'爻彡.| あとリドリア村かしら。         ..|
li !j_爻彡彡',:'.:',ー爻彡彡ミ.:,:'.,:'.:,:'.:',:'.:'ッ爻彡シ:': ; : ': ; :': ; : :乂:,:'.:爻彡」|l !j: l !j_爻彡,:'.:',:'.爻彡彡.| リドリア村を攻める予定は無いの? . |
ノ从Z_⌒^゙ ̄^⌒^´ ゚̄⌒^゙^¨ ̄´^⌒゙^⌒: : ; : ': ; : ': ; : ': ̄^⌒__,フリ从ノ从Z_゙^"⌒¨ ̄^⌒ 乂_______________ノ
爪jヾ{⌒ヾ: :': ; : : ; : :'; : : ; : :': ; : :'; : :': ; : :'; : : ; :' : :': : : ; : : : ; : :⌒フr爻人爪jヾ{⌒ヾ; :' : ; : :' ; : :
^7⌒T⌒ヽ/⌒YニV⌒7⌒YTア工V⌒コ⌒V二Y⌒Y^V⌒Y^ミv'⌒Z⌒ニ7⌒ン'⌒V⌒7⌒7X⌒Y^
 ゙̄^⌒ ̄ ̄^⌒^´ ̄`^ ̄⌒´ ̄` ̄^ ̄⌒´ ̄` ̄´ ̄` ̄^⌒´ ̄^⌒´ ̄’ ̄⌒ ̄^ ̄⌒^⌒¨´
┌────────────────────────────────┐
│会話に夢中で返事はないけれど、思考で動きを止める様子がないところから │
│既に方針は決まりましたか。余計な口出しをするつもりはありませんが、    .│
│この女ドレイクを素直に逃すと、解呪されたりして動きがバレてしまう。    ..│
│かといってこの場で殺すには勿体無いものもあるか。                    │
└────────────────────────────────┘

96◆iWAc./ZK.62015/03/16(月) 04:27:42 ID:76DEj9/Q
                      |iヽ
                      }= }        /{
                    ノ=,/        { |
                     /= /         、:ヽ
                  iニ人_ ――     Yハ
               {⌒ヽニ/ }ハ:./:.:.:.:.:.:\⌒Y,V
            >=- _,人  Y=/ニ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:YハY__
         /⌒ ー―=彡 人z彡イ:从i:.:.:.:.: /:.:.八V   Y
           \ -―==:.:.:.:.:.:.{ V:Y芥从:.:./イ:/彡イ{⌒
    ハ/ }ヽ /:._彡イ:.:/ Y:.:.:.:ゝ:.:.iゞ '  `㌻:{´⌒ヽ:.\_
   _/⌒Y==--――-彡 (=====イ:.:.:ゝ_っ ' ノi:.:|_   \:.⌒  リドリア?……ああ、
  二)⌒{彡ァ- -----ー__{ __、,从:{=Yハ⌒Y:.从⌒   )ノ   あの湖の傍にある小さな集落ね。
  フ乂 √彡' }:.//:.:.:.:人{ メ:./} }  ヽ十{ _  \:从   /´
  / /⌒ー´  乂イハ:{/:.:.:.:7:.: , ノ / イハVi >彡 、       あそこはどうでもいいって、対象から外れたわ。
   v       >--ヘ===ミ-=彡 ノ/ }:}=彡'\ \ へ    街ほど大きくもないし。
         / ヽニニ \/人(_ //_ノ;     7彡< )



                               _. . .-―-. .y.x ⌒
                            _. .-: :_:v/.:-:―: :に{     ヽ
                           ⌒ヾァ'':"¨: :   ‐-: : : \     )
                       /   ィン: : : : :     :.    、: : :ヾ  _xン
                        { ン: : : : : : : :     ト:    \: :Yン》≧x,
                       ∨ : /: : : : : :{: : :    \: :.     ; : : :、 ‘》,
                       ; : /: :;': : i: 八: : :  :ト: : |: : : :    |: : : :}  ‘》,
                       {i:,': : ; : : |/  ト: : : | 斗-Ⅵ: : : . |: : :人   ‘》,
                       {ハ|: :i: : : ⌒ヾ{ 、: : :xぇチ刈: :リ:从): : :{     ‘》,
                          |: :i: : : 不弐ハ \{ゝ Vrり. : :价ン: :i: ハ
                        八: :、: {ト Vり  、    ノイ: :i|: |: : i| ; )
                         |:\: :、            八: |: |: :八{        そうですか。
                  _      |: :.个:込    ,--<  イ._ハル八(  )       なら良かった、決めました。
                  ン¨ス     ,|: : i|: : : :}:≧.. __ イ /::::::>..
                 /_/,/‐ぅ  ノ{ハ乂{: :厂-…fニエィ::::/:::::::::::>…-ミ     ドレイクさん、貴方には――
                 { ヾ_んへ,〉__  (  )ノ〃:::::::::ー}i}=‐:::::::::::::::::〃             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                  \{ {yノ  ム  / ,{::::::::::::rfてけa:::::::::::::,      ト、    | エリザベートよ!    |
                      < ノ トY    i{::::::::::に述ぅろ:::::::::::i{         ノ ).   | エリザって呼んで!  |
                        マ/ ∧    ゞ‐-=x込えン^:-=:::i{              乂_________ノ
                         /  V ,У::::::::::::ヾ:::Y:::/:::::::::::ヽ ,/
                        V / v.:;:::::::::::::::::::::v::=ー:::::::::::::::::V

97◆iWAc./ZK.62015/03/16(月) 04:27:52 ID:76DEj9/Q
 *    ┌┐      /          >: : ´: : /: : : :∧ : : : : : : : : : /
   ┌‐┘└‐┐   /       ,. :´/: : : :/ : : : <  >: : : : /: :/
   二コ  亡ニ     ′ ト、   }/: /: : : : :/: : : : : : :/:∨: : : : : /: :/
   └‐┐┌‐┘   {  ーァ一/: : : : : : : :/; : : : : : :./: : : : : :|: : :!: /
   *  ||┌─‐┐、__八 /: : : / : : : ; '   |: : : : : : ハ : : : : : !: : Ⅳ
 _人._ └┘ 二二二、7 / : : :/ : : : /    |: :|: : : : i : : : : : : \ ;′
 `Y´    └─‐ァ /./}:./ : : : !: : : :/     .|: :|: : : : |: :\ : : : : : i
     ∧     ∠/.// ′: : : |: : :/_   |: :|: : : : |: : : : : : : : : |
   <  >   /// i : : : : |: :/    `ヽ |: :|: : : : |\: : :\ : : |
     ∨    /:::/:i  /:′: : :|:/_ト 、_  从ヘ : : : :.  \: : :\.!           ではエリザさん……いえ、エリザ。
          /:::/{/ /.:i: : f⌒|:i   ̄` ミx    \: : :\ ̄\: : :\
  *   ∠:::/  /: : |: : |ハ|:ヘ       ``    \:_:_:ヽ.  i>─一         私の為に、最悪
           / :/: : :|: : lゝ l: : \         ‐ァ宀 ミx |i : : : : : :\       .死んでくれる覚悟はありますか?
    _人_  。°/ : ハ : : !: : :\{\: : \    ,         八 : : : : : : : >  人
    `Y´ ゚   i: : i: i: : ト、: ::::::ヘ `ー一           (   \: : : : : : : : :.`Y´
 _人_         |: : |: |: : | ヾ:::::ハ    rァ‐-、_         ,  ,ヽ: : : : : : ∧
 `Y´ ゚。     |: : |: | :八  |\:::\   l/     〉      ∠ イ ハ: : : :<  >
      *  八: ハ.:ト、: : \ノイ ):::::丶. \_____/    /:i: : : /: : }: : : : : ∨
     °       ゝ一 、_:_:>/:::::::::::::::> . __,.   イ:::::::|: : /: : :ノ: : : : : .
  *                  /:::::::::::::トヘ         ,イ::::::::|: / :./: : : : : : : .




                    V_/  ‘,                 |ヽ/|_
                }ヽ     }                     \   /
                   ′ \_/            / ̄ ̄ア  |__>
               /\__/               /⌒ ̄/
               /\__/__,,.   ´ ̄ ̄”“''  、 ′ー― {
              ′ / /i}/⌒       __ {、 _ /ヽ
               {/ /   }            \r‐=ミ_  ',
            \/   ./                {  ∧ ̄ }
            ___}  ./                {   ′\_,__
             /i:i:i:i\′    i{    }  }    i{  {__/\_/
             \_/i:i_{  .斗r i{    / `メx..,, / {_{/i:i:i:i:i:i:i}
           <:i:i:i∧\__{人_/\__/}/}/}/_  } ̄)i:i:i:i:i\/      しっ、死……!?
.             /{_i:i:i:i:\l抓 弋jう     弋jう厂` }/i:i:i:i:i:i:i:i:}',
         / /⌒}⌒il  '^''ー////////‐''^   |廴 _ / ',
        / /   ,  j{ 込、 rz=‐v  ,/    ,  ̄ ̄|  ',  ',         ,~'⌒~'⌒~'⌒~'⌒~'⌒~'⌒~'⌒ヽ.
      / /     /  /i{ __|介s。ー_ イ/   /}    !   ,  ',        .(  (ふむ、恋は盲目とはいうものの     )
        {  {    / /´__うニ=‐イ_))((⌒ / /} ,__j   | |    ,  \        .(   流石に命と引き換えだと躊躇うか)  )
      \/{   / / /二ぅ≦イ{‐く_ ゝ‐i{/‐} /ミi:', | |    \  \     ..` ~ー ~ー ~ー ~ー ~ー ~ー ~ー '
         /⌒7    ⌒V/ニ〃}◇{ {{◇', .}'  Ⅵ , 、    \  }

98◆iWAc./ZK.62015/03/16(月) 04:28:12 ID:76DEj9/Q


     ,~'⌒~'⌒~'⌒~'⌒~'⌒~'⌒~'⌒ヽ.
    (  (リャナンシーの魅了ほどには、     )
    (   強固な呪いじゃないからなぁ……)  )
     ` ~ー ~ー ~ー ~ー ~ー ~ー ~ー '        ノ⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ヽ
                                      (  (今ので警戒させたけど、       )
   / ̄ヾス-―‐-、r' ⌒ヽ                    ...)  まあ少し誤魔化すだけで    (
  {   ,/´:::::::::::::::::::`ヽ、 l                     (   簡単に騙されてくれるでしょ)   )
  ヾ_ィr'::::/::::,:iヽ/i::::,::::::、:ス                      `~~~~~~~~~~~~~~~'
    //::::l::l::,ハl  l/l/i l .|
  /∧::::|::レ -‐‐  ‐- l .ハ/    ごめんなさい、「死ね」とは
  〈/l::::トi::::{"   r┐  }/\>   流石に酷いことを言いました。
   ∨iイヘ|ゝ、__ _.,イレ
       /`,:`ir‐':.`ヽ、      でも、流石に証拠も無しに侵攻なんて話しても
     〈ヘ/ 〉/::@:::)、〉     .信じてもらえないのが普通ですから、
      辷|〉}::{|:::_ム__|      蛮族である貴方から伝えてくれるのが一番なんです。
     ムミ|/辷::::::::::.} |ゝ
┌─────────────────────────┐
│なるほど、そう使うか。                         │
│「華扇」は、この女ドレイクを情報源として引き渡し、      │
│ついでにそのまま助けることなく処刑させるつもりのようだ。. │
└─────────────────────────┘

            }\
            /  }               /}
        __/ /,.     ¨¨¨“''   、 i{  {
        ./ __//           \ \   、
       / /⌒ ′               /⌒ヽ \
       ',.{  /              V   /} }   }
       Ⅵ ′              ', ! {  /、
     / / { _{  | ∧  {  .∧  i{    , { Y  、⌒ 、
     (___く__ V{  |Vゝ=ミx{\/ゝ=ミx',l|  |、 \j   \/
      ./^^}廴\N_{{  }}^  {{  }}.Ⅵ  |> 7__「
     /  | | | jとつ=彡////ゝ=とつ |  |⌒ /{´|  \    そ、それならうん……
        ,  ! !(     rー ⌒ー、     ノ  |_/ .{  、  \
    {   /  j {介s。  ー ^ー' _ イ l|  | | .{  \  }   でも、ドレイクの私が
    {_/  / l{/И/うぅァ=‐t=≦{ 、  人 ! !        、/   人族の前になんて出たら、
       厶イレ}   / {/}i{\_」 V  ヽ {\}         殺されちゃうのよ?f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
         |ハ∧i{  {/{;}\_}  } i{  l\}                       | そこは私から伝えておきます、   .|
        rユ{_ ̄辷辷]j _八__}辷辷]⌒ヽ⌒\                     | このドレイクは大事な子ですから  |
       く \ / {__ ノ{⌒ {_乂__}\/}}/_]                       | 殺さないようにって。           |
                                                   乂______________ノ
┌────────────────────────────────────┐
│リャナンシーの呪いは数度重複させることで、死すら厭わない盲目の恋に陥らせるが   |
│こちらのアイテムでは単なる惚れ効果でしかない。                           │
│そのため単刀直入に「私のために死ね」なんて言っても受け入れてくれることもない。  │
└────────────────────────────────────┘
.

99◆iWAc./ZK.62015/03/16(月) 04:29:06 ID:76DEj9/Q

              /´ ̄"`ヽ-,
             r'      !ζ‐-_.、_,, -.、
          ,i       /、}"´.:.`"=- 、_ヽ,
          ゙、ゝ,,--‐´、_r"/:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ, i
          !´,'i:i`.‐゙´:.:.:/:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.ヾ,
            |/i:i:::!.:.:.:.:.:i/‐‐-、 .',:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.!    r、=、
         /:./:|.:.i.   |茨テ'、 ヾ,:.:.:__:.i.:.|    ,, ゙i//゙,`ヽ,
      , -‐´,:.:.:.`ヽ-'.:.:.:.:.:i弋'ノ   ,_=、,'`',:|/ , -", -´i゙/∧. ',   ですから、貴方も誠心誠意をもって
    /γ´_,-,":.:|.:.:.i,:.:、:.:.、""  , .リj゙/:.:/, -´, -"   !`i_',  i   敵意が無いことを伝えれば、きっと大丈夫ですよ。
    ´(/ ̄_./.:.:.:.!.:.:.|ヽ,:i.:.:.ヽ, ー   "/, ‐", ‐´._  _  | iゝ、_|
       ´i, ‐'"i.:.:.:∧:|ヽ,:.:.:.:ヽ-=, ‐´, ‐",、`ヽ:. ̄.:く, ! i'::::::::::,'   私もちゃんと、そのことを
           |_;,/-、‐‐.ヽ;; -"´,‐"´}-゙r,、ヽ-=,´ ̄`/./\__/   あらかじめ強く主張しますから。
    __       /    .ヽ,‐´, -"<ゝ(_(rソY、.:.ヽ'i    v、!  ,'
  ,r/´/       ', , -", -",:.:.:.:.:.:.:~ミ彡イ.:.:.:.:.|, --.、 ./   /      (ええ、『すぐには』殺しませんよ。
 // i゙r,`-、.   , -´, -"/  ヾ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.;'.:'.;:.:.:.:.:/   `ヽ、 ,'        .ですから、嘘じゃないですよ……、ね)
 ヾ, i゙ !、, ‐‐ヽ´, -,´   ___《.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.:.:.:.:'.:.:.:.i     ヽヽ,
  ヾ、___i_ 彡ヽ,`ヽ,r‐"  ヾ,:/.:.:.:.´.:.:.:.:.リ.:.:.:.i        ヽ,ヽ、
       ヽ-"´/i ヽ,/r.、_,/`´、.:.",:.:.:.:=:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ      `, i




           __
           \\            /{
              ヽ/\          .//!
             ∨∧            {/∧
                 i//ハ         マ/ム            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                 }///!    __   ∨/\            | 私は人族を捨てられませんが、         |
             .////} /      `ソ///ハ          | エリザは私のために蛮族を捨てて、       |
             /////     ヽ  ヾ////ソ__         | 人族の仲間入りすることは出来ませんか?...|
             i/// . ,'    ', ',   ∨イ:::::::{           乂__________________ノ
             {//  | i i   } }ハ   V:::ヽ::ノ
              .V!   i | {  /j/ィ zx.   ',:::X
                .{   |从ーヽ{. " 沁う! | i/ ヽ
              ヘ  |ヾとッ      ゚~.| | }    \
                ヽ {\゚.~  _, ⌒ヽ .|/ ハ  ヽ \    それなら……ホント、
                  | \  、   ノ/| /-― ...、\ \   ホントにやってくれるのね?
                   ,  } ≧=- <ー| /-― 、::::::', ト、. ',
                / /  ノ_ノ/{:.<j/ .   }::::::} } ヽ{  貴方がそうしてほしいなら、
                  / / //::::}Y{.ヘ::::::\}   |::::::; ,  ./  私 勇気を出して死地に飛び込むわ。
              ,  / / j/:::::个:  \::::::|   ,::::/j/
              .  { { /::/|:::::|   ヽ::!   :::/
┌──────────────────────────────┐
│しかし、そこにちょっくら手を加えることで                      │
│思考を誘導してやるくらいなら、今の魅了具合でも十分可能なのだ。  ..│
│丁度 今やってる具合に、自ら人族の前に躍り出てくるよう誘えばいい。 │
└──────────────────────────────┘

100◆iWAc./ZK.62015/03/16(月) 04:29:19 ID:76DEj9/Q


┌─────────────────────────────────┐
│まあ、今はなんだかんだで人族入りするようにと誘導しているが            │
│それを黙って許す気はないようだ。何しろ魅了の呪いなんて30日もせずとも、. │
│解呪の魔法を使ってればうっかり解けてしまうものである。              │
└─────────────────────────────────┘

:;'';;;";;,`;;          .. . .::..:::..  :.:..::::::::  ::..... ..::::.:.....:
,;;";`/:;;;:゙           .  .  .....  ...:::. .......  ::: ::::.:.:
//;:;ヾ゙                   .. ......  ...::: :::..:::::::::
/::ノ''"                        ..  ::. :..  .:
/                               (;:~;;   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                                f;;:;リ;;  ...| 勿論!私のことを好きだって           |
                   ,,..、、.,          (,;'W;;V   | 言う子を裏切るなんて、心が苦しみますよ!.. .|
                ,,.-''"    "'' 、   小  (;;;:V::;;;从   乂___________________ノ
~ ""'' ー - ..,,      ,,.-''´:: ..:::       イi、ノliミ  /;W;;;V;;V
         ゙" '''' "" ....::: .::.       彡ミミ彡ミ;;;,V;;;;V;;l|l
''"~"" ー- 、.,__   :::..: ..::.       彡ミミ彡ミV从Wl|lli|l
.,.:,..:..  .,.:,..:..  ゙"'' ー- 、、,..,        ii| ,,.|ii|- 、,,ヾi::|l||l.I      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
 .,.:,..:.. :,.. ..:.. :,  ..:.. :,  ..;:. ,;゙`"'''''''''''''',,'"".,;:. .;:. ,;:,. ~"''゙l|ll|        | それより、まだ個人的に                |
..:.. :, ..:.. :,  .:,..:..  .   , -'" ..::: :.:.  ,'.;:., .,.:.,., .,.:., ,.,::..,.        | 聞きたいことが残ってるんですけど……     |
 ,.:,.. ,. :,..,.:,.. ,.:,.. ;:.,'',;' ..:..:...:....:......:.. ,;'., .,.:., ,.,::..,. ,.,::..,. ::.,:     .| イシェスに向かいながら追々聞きましょうか。  |
 .,.:,..:.. :,.. ..:....,.:,.. ,.,,-'".:...:.......:...:....:......  ,',.,::.,.,  ::..,..,. ;:,,.:: .:,       乂___________________ノ
..,.:,.. ,.:,...,.:,.. ,.:,. ,,; ': :::..::....:...:....:..:::....::.  ;'  ,.,::..,. ,.:::., ,.,::..,.
..:.. :, ...:, ..,.:,..-'" ::.:....:..:..::....:..:::....::..::...:....,; ,.,::..,.  ,.  ,.:,.. ,. ::.
;;.:,..:.. :,. .,.:,..'"::...::.::.:..:::......::....:..::..::..::...::.:.... ,'  ,.:,.. ,. :,..,.:,.. ,.:, .
 .,.:,..  -'"::...::. ::...:..::..::...:..:::..: :...:.....  ,;'.,.:,.. ,.:,.,.:,.,.:,.. ,.:,.. ,.:,
, - '"~ ::...::......... ::. ..::.  ::..:: :::...:.. ... ;'.,.:,.. ,.:, .,.:,.. ,.:, ::., 、

┌───────────────────────────────┐
│呪いが解けてしまったら、一時の恋の過ちとして、この女ドレイク……   ..│
│エリザベートが蛮族社会にすぐさまとんぼ返りするのが目に見えているし。..│
│人族入りするドレイクなんて、稀よ、稀。                        │
└───────────────────────────────┘

101◆iWAc./ZK.62015/03/16(月) 04:30:39 ID:76DEj9/Q





┌───────────────────┐
│……で、実際のところ                    │
│どういう腹づもりで喋っておられるのですか? │
└───────────────────┘




   r''⌒ヾォ-‐‐- 、,
   '、  ノ ,!: : : : : : ヾ⌒ヽ
   〈メ二r'": : : : : : : : : ト、 ノ
  〈j´: ::イ:/O'; :i :l: :lレ: :イ_〉
   i : : : l ""   __ O'i: :i|
  (リ:、: .ゝ  / _| "l: :y   処刑直前には呪いを解きます。
  ( (从ト`' r-..,,, ,. イレ从   そこで人族社会の帰化を受け入れなければ、
   ` く"  / (二ロ「 ̄ヽ   そのままZAPしますが。
    /=`,'::(rヾ)::ヽ、_ノ
    (=/:::::;'ー‐':::::::::|    呪いを解けば、私のことは好きじゃなくなりますし、
     ./:::::〈 ::::::::::::::::|    その時にぶった切る分には 先ほどの言葉はおおよそ嘘にならないでしょう?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄

102◆iWAc./ZK.62015/03/16(月) 04:32:04 ID:76DEj9/Q
今夜ここまで
もうちょい個人面談は続きそうです

なお、ドレイクから生来の魔剣を完全に取り上げると死んでしまいますので
適当に処理しています

103小さな名無しさん@この板は300レスまで@4月に企画やります。よろしければご参加ください2015/03/16(月) 04:48:20 ID:UV69FCc.
おつ
このレズこわいなーとづまりすとこ

107小さな名無しさん@この板は300レスまで@4月に企画やります。よろしければご参加ください2015/03/16(月) 12:31:19 ID:w7mYNmvI

ひえーこの子怖すぎるよお…

108小さな名無しさん@この板は300レスまで@4月に企画やります。よろしければご参加ください2015/03/16(月) 14:22:21 ID:K8YqN9QA
乙ー
エリザちゃんかわいそー
…けど淡々とあらゆるものを踏みにじって行く華扇ちゃんになぜ俺は惹きつけられてしまうのだろうか

109小さな名無しさん@この板は300レスまで@4月に企画やります。よろしければご参加ください2015/03/16(月) 18:24:48 ID:yiS65m5I
こんなに可愛いエリザちゃんの脳みそもぐもぐしちゃうだなんて興奮しちゃうぜ


関連記事



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する