剣と魔法と邪道プレイ 第134話


20◆iWAc./ZK.62014/12/23(火) 04:04:50 ID:HidkU4pQ

|         |
|         |
|         |     _____
|         |     |      |
|         |     |      |;     ___
|         |     |      ,,|;:     . |┌──
|       / ̄'\      ̄ ̄ ̄ ̄      |│;
|     /     |               ||;;::,..  ,.;;
|    /      |               |└──‐
|  /        / ̄ ̄ ̄\  .___   | ̄ ̄ ̄ ̄
| /        /      ./|./'======' ̄ ̄\
|| ̄ \   /      ./ / [:二]        \
||   |  /      ./ /l二二二二二二二二二 」
||   |/      ./ /   | |          | |
||     ̄ ̄ ̄\/ /    .| |          | |
||          |/      ̄              ̄
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´゛゛゜
┌───────────────────────────────┐
│後日、改めて盗賊ギルド幹部のルパンより                     │
│調査先の目処となる追加情報を得る。書かれた詳細は主に、        │
│今回 独立宣言――という名の革命を起こした貴族たちの所在と名前だ。..│
└───────────────────────────────┘



21◆iWAc./ZK.62014/12/23(火) 04:05:31 ID:HidkU4pQ



     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
     | ネロ……クラウディア? |
     乂__________ノ
                        _,,.   '"´  ̄ ̄ ̄ \  /  ̄ ̄ ̄ ´"''  .,,_
                       l}   -‐―‐‐‐‐‐-  Y  -――(  ) ‐- {l
                       l}   -‐―――‐‐‐-   |  -‐‐――‐‐-   {l
                       l}   -‐―――‐‐‐-   |  -――‐‐‐‐‐-   {l
                       l} ,,. -‐≦三三二ニヽ|/二三三三≧‐- .,, {l
                       l}/-‐=二三三> '`゛`⌒´"' <三三二ニ=‐-l{l
                       l}!三二> '"´            ´" ' <三二{l

┌─────────────────────────────┐
│エミニムにいた頃、依頼だかで少しだけ耳にした名も混じっていたが、. |
│直接会ったわけでもないし それほど個人的に気になることはない。.. .│
│ただ一人を除いては。                                │
└─────────────────────────────┘



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃\                _ヽヽ _  ,.r=、                    .┃
┃  \.              > ´  ヾ!   ` <⌒',_                ┃
┃            > ´              ヾ }.      /    /   ┃
┃\ \       /                  ヽ   V__            /   ......┃
┃    \..   /   /  メ、 /    /    ', / ヾ i.        /     ....┃
┃           /   /  / /ヽ  ,.ィヽ     ∨/ K.       /、      ....┃
┃        / ,  ,'  Vミ:.、!/   N  \|.    i/,  !/             ...┃
┃        | ハ i |  抃芋ミ、  | r≦手三   |/ ム             ....┃
┃        |' .〉| |, -.{了::刃 ヽ.!  {了:::刃   { /:.ヽ.           -‐‐  ....┃
┃        /´ト./ ,! ゞ赱ソ      ゞ赱ソ   .∨:.:.:.:.ヽ            ...┃
┃          i  i ,' ハ / ) r ,--- ャ   |   |:.:ヽ:./             ┃
┃        ', { } ! / /  V___.ノ,..--.<|   リ:.:.:.:.:.:!            ......┃
┃         } ` .V / >/:.:.:.:.:.:ミ:.:.://|   /:.ー- ''             ...┃
┃      (⌒ ´       '/ ノー.:.ヘ:.:.:.:.:.ヾ:.:.:| /:.:.:|.          `゙ ー- 、    .┃
┃       ⌒ヽ      イ 、:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.',:.:レ' ̄´    \            .┃
┃         `/ヽ__ノ  ):.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.}/         \            ┃
┃         (_,  ヽ  て }:.:.:./ー-- ''.          \  \          .┃
┃            {   ゞミ( }イ ノ:.:.:.:/                      ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┌───────────────────────────────────────┐
│『ネロ=クラウディア』。                                            │
│姓こそ違えど、確かこの女性の名前は聞き覚えがある。                        │
│確かハインラト王家の血を引くと名乗っていた、“白き翼”のパトロンではなかっただろうか。   .│
└───────────────────────────────────────┘

22◆iWAc./ZK.62014/12/23(火) 04:05:44 ID:HidkU4pQ
                /   `ヽ
               /       lア─- 、          ((⌒))
               <从     、_〃: : : : : : :ヽ、         〃
            < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ     o
         __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //_,∨: : : : :i :ハ /
         //: ://.:〃 Y: :|: :i/ィ伝、/: : : : 〃 : Y
        / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',
.      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY
┌───────────────────────────────────────┐
│書類に記された外見的特徴も、記憶の中の彼女と一致しているし、まず間違いないだろう。   │
│どうして彼女の名前がエミニム独立側――独立派と仮称するが、そちらに連なっているのかは. |
│分からないが、王家の血を引く彼女はむしろ革命される側に立っているべきではないのか?  │
└───────────────────────────────────────┘


: : : : : : : : : : : : : |!  |XXl  | : : `¨ヘf'¨´[ニニ二ニニ] : : : : : : :__ : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : :_:_: : : : : : |!  |XXl  | : : : : : |! : : { i -==- o゜| } : : : : : /  ¨ ‐ ,,: : : : : : : : : : : : :
: : : /゛、\ : : : |!  |XXl  | : : : : : |! : : {ニニニニニ} : : : : /  '   /     > ,, : : : : : :
: /ヘ  \ \.:/´ ̄ ̄ ̄ ̄     _|!_   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ : :/  ゛  /  ,゙  /  ,    >
ヘ ヽ \ 丶 }───‐ 、    jI斗 -= ── ≦  ̄ ̄\ '  ,  ,   /   '   /
、 \ ゙ ,   /______________)    ∨//////////////\__\   ゙  /   ゙
 ゙      /_____)     ∨///////////////\   \゙  /  ,   /
\  \  ,/________________)     ,}∨////////////////\___ヽ      /
  ヽ  ,/_______)    ⌒∨/////////////////\    \"  /

 ハァ‥
         γY⌒ヽ
          (   ノ )
      _x彡 ゝ、_ノ

┌───────────────────────────────────────┐
│しかしその独立派に与した事情、あるいは内情などはこの書類には記されていないようだ。   . |
│あくまで邸宅の位置や、せいぜい個人情報くらいだ。そこまでの情報が入ってきてないのか、.  |
│依頼するにあたって余計な情報は不要と判断され、出し渋ったのか……                │
└───────────────────────────────────────┘

23◆iWAc./ZK.62014/12/23(火) 04:06:00 ID:HidkU4pQ

   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
   | ひと通り目を通しましたが……     .|
   | 誰から手をつければいいか、なんて |
   | 良し悪しの判断つきませんね。     |
   乂_______________ノ


     ,,_________,,___________,,________
     |
     | ────────────────────────────
     |            ┃
     | | | | | | | | | |   ┃  ┌──────────────┐
     | | | | | | | | | |   ┃  │   /::::::::ハ、\、::::::::\\::::::::::::',   │ | | | |
     | ────── . ┃  │   i:::::::イ  `> :::::::::: -ミ::::::::::::::| | │ | | | |
     | | | | | | | | | |   ┃  │   {::::::::|   ::::\:::/:::: \:::リ-} │ | | | |
     | | | | | | | | | |   ┃  │   ',::r、:|  <●>  <●>   !> イ  │ | | | |
     | ────── . ┃  │   |:、`{  `> .::  、     __ノ   .│ | | | |
     | | | | | | | | | |   ┃  │   |::∧ヘ  /、__r)\   |:::::| ..│ | | | |
     | | | | | | | | | |   ┃  │   |::::::`~', 〈 ,_ィェァ 〉  l::::::》 . │ | | | |
     | ────── . ┃  │   |:::::::::::::'、  `=='´  ,,イ::ノノ从 │ | | | |
     | | | | | | | | | |   ┃  │   ノ从、:::::::::`i、,, ... ..,,/ |::::://:从│ | | | |
     | | | | | | | | | |   ┃  └──────────────┘
     | ────── . ┃
     | | | | | | | | | | | | |..┃| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
     | | | | | | | | | | | | |..┃| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |
┌──────────────────────────────────────┐
│まあ知りたいのは個人的な事情でしかないし、どちらにせよ仕事には関係ない話か。      │
│顔を知られてる恐れがあり 気配察知能力も高水準で有すため、 気をつけねばならないが  │
│“白き翼”のネギ少年でも出てこない限り、隠れるなり透明化でやり過ごせるだろう。      .|
└──────────────────────────────────────┘




       ガチャ
   .                     |                _,.. ┐  | | /  _,,,...---
   .       || ̄ ''''ー-...__       |..      _,..-‐'''"~  .|  ..| | 「 ̄   .|     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
   .       ||          ̄''''ー- ___,..-‐'''"~           .|  | | |    |     | こいつから当たりましょうか。 |
   .       ||  .ー--- ....,,,,,____  |               |  | | |    |     乂____________ノ
   ―--,,,___||  | ┌ --  ..,,,,,__  | |               |  | | |    |
   ___ .||  | |         | | |               |  | | |_,,,,--|--''''
   ====┐ .||  | |         | | |               |  | | |    |
       ||  ||  | |         | | |               |  | | |    |
       ||  ||  | |         | | |               |  | | |    |
   ――||―||  | |         | | |               |  | | |    |_,,,,
┌──────────────────────────────────┐
│それに、裏があるような人物にもそう見えなかったし、                    │
│今回の蛮族探しと彼女は関連する可能性も薄い、念を入れるまでもないだろう。  │
│とはいえ調査対象の一部であるため、疎かにすることも出来ないが         │
│見ただけで胸がドキドキしちゃう彼さえ会わなければ……。                  │
└──────────────────────────────────┘

24◆iWAc./ZK.62014/12/23(火) 04:07:41 ID:HidkU4pQ

               ______________ __
                        ___    __   ./_/)
                      /    | ̄ ̄ \  ΞΞ)/
                      ,|三三三ヽ|/三三三|、  ̄ ̄
                       ̄ ̄ ̄ ゛ー'  ̄ ̄ ̄

┌────────────────────────────────────────┐
│というフラグ立てである。                                             │
│それはさておき、盗賊ギルドからは無駄に情報が漏れぬよう返却・処分を伝えられているため、 .|
│情報を頭に叩き込んだら最低限の書類以外をギルドに返却して、エミニムへと単身向かった。  .│
└────────────────────────────────────────┘


,.:,; ' ''.. .,;.'..:⌒`;,: .  ..;;.,                              ` 、  '
 ,,.;. ; :.,   .. .''... .. '   ..;,):.,,                         ‐―  ○ - ‐
        ''  '.': ;,::. .  ..., ;)                         , ' ヽ
 .''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . ,;                             ,/      _,.  -‐ ''"´
.''':. .,'''.:;. .:: .'. ,.:,;  ...,; ''                        }`丶、  /     ,  ´
-'' ' '   ー'' ー  ''' ''                      ヘ ̄ ̄`丶 \´   ,  ´
                    ,  -―= 、 _     /∧      \\ /.  : .: ..,,;.,
                      /: : : : : : : : :>、:ヽ /  l|    \   /´ ̄了¨"冖=- 、.':. .,.; ,..
                      フニ=‐-=ニ´     /     l|     ヽ l    〈:::::::::::::::::::::::::\..:.:.
                     ∠ -‐ "~´ ̄ ̄ ̄ ̄`    ‘,         { __ヽ ____::::::::}.. .
              .,  '´__     ,  -‐  T"´ ̄  ‘,      \__ノ:::::::::::/`ヽノ....::
             ./: : : : : : : : : :ヽ /         >、     \     /. '''  ̄ ̄. ''' '' ‐-''
          /: : : : : : : : : : : :/          {_,ノ`丶  __,≧=ニ^ヽ
       ;./  ̄ ̄ ̄`丶: :/.   ;:;:.;:ヾ     ノ ;ヾ    /.: .: .: .: .:.ハ
  ;"ヾ  ;/  /      / ヾ ;" "  ;ヾ " ;  ヾ ;ヾ    ;;;.{:. :. :. :. :. :.ノ
    ;.../  /!    /ヾ ;  r""ヾ ;))ヾ ;":;:.;:ヾ ; ;ヾ      .\.: .: :./
  ;"ヾ {_/  !   /..;:;ヾ ;ヾ ;"ヾ ;:;:.:;:))      ";ヾ   ":(^);r..`¨´..;   ";:""; ";
:;:.;: ; " ;;" ヾ((...{_,/.;"  ;ノヾ" ; ;:(^) ヾ ;";ヾ ;ヾ   "〃;ヾ ;ヾ":;:.;: ; ;ヾr ;;"  ..,,
┌────────────────────────────────────────┐
│あいにく【テレポート】するに良い地点は記憶してないため、 物理的に向かわねばならないのだが.│
│それでも馬車に乗るより飛んだ方がずっと早いのだ。音速ツバメさんマジ素敵            │
└────────────────────────────────────────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄

25◆iWAc./ZK.62014/12/23(火) 04:11:32 ID:HidkU4pQ
        ||    |iiiii|iiiii|iiiii|iiiii|iiiii|iiiii|iiiii|iiiii|iiiii|iiiii|iiiii|iiiii||    .|======
      /'i,ヽ   |";" ';" ' ";;" ' ";" ' ";";" ';" ' ";;" ' "|    |  _,__.___.
 __ / ..;;;i::: . \ |       ,,.''ヽ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;::;;;;ゞゞ:;ゞ .:;.;.|  |≡|  |≡|
.:.|≡≡|| ̄ ̄| ̄ ̄| | |[][]|  |[][ゞ:;ヾソ   ゞ:; :;ヾ ゞゞ:; ゞゞ:; :|  |≡|,,_.._|≡|
.:.|≡≡|| l⌒l | l⌒l | | |[][]|  |[][]|ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ヾ ソゞ   :::ゞ:;ヾ.;;.; ヽ.|γ,,|≡|
iiiiIIiiiI IiI| |...::l | |;;;;;l |;;:ヽミゞ;;    ゞ;:;:ヽ:;ヾ :::ソゞ :ゞゞ:;;:;ヾ ゞ ゞ:;.: |≡|iニi;;|≡|
  ミゞ;;;|  ̄ |  ̄ |;:;ミ__ヽミゞ,,_;;:ヽ_;:ゞ;;_ゞゞ:;ヾ ソ_._ゞゞ:; ミゞ;;ミゞ;;  ̄
ヾ;:;:ヽミ;;| l⌒l | l⌒l |;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;; ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;:
  ミゞ;;;| |....:l | |;;;;;l |;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;
 ヾ;:;ゝ | |;;;;;l | |;;;;;l |;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;;:
 ヾゝソ | __ | __ |;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;;;;;;i;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;
  ミゞ;;;| LLl | LL;;;|    __    .__    __    .__    .__  |ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;: _____
   |i| | LLl | LL;;;|   i_i_l   i_i_l   i_i_l   i_i_l   i_i_l | |iソ ヾ;:;;:i;i ';" ' ";;"
   |i| | LLl | LL;;;|   i_i_l   i_i_l   i_i_l   i_i_l   i_i_l | i;i;:.:.:.ヽ.:i;i ====
iliiliiliiliililiiliiiiliiliiliiliililiilii|         |iliiliiliiliililiiliiiliiliiliiliililiiliiiliiliiliiliiliiliiliili|;:.: 、
iliiliiliiliililiiliiiiliiliiliiliililiilii|         |iliiliiliiliililiiliiiliiliiliiliililiiliiiliiliiliiililililiilili|;:''.:.:_
' ";" ';" ' ";;" ' ";" ' ";" ';" ' ";;" ' ";" ' ";" ';" ' ";;" ' ";".__ __  _ ;;" ' ";.:..i
;" ' ";" ' ";" ';" ' ";;" ' ";" ' ";"' ";; ' ";" ' ";" ';" '" ' ' ";.(__}} : : : `ヽ)" '" ' /
===========================.l : /人ハヽ} ==''"
                                     〈;ハj ゚_ー_゚ノ;〉
                                  (( ,<´i:@l'>、
                                 〈シ'_l:.:.:.:lヽj
                                 `¨'T」7¨´
┌─────────────────────────────────────────┐
│その日の午後。                                                  │
│流石に数時間飛びっぱなしは肉体的にはさておき、気疲れするものもある。                   │
│これで他の飛行する魔物に襲われるようであれば、足が遅くても馬車同伴を選んでたところだ……..│
│幸い、ソニックスワローの速度に追いつける魔物などまずいないのでその点は安心だが。        │
└─────────────────────────────────────────┘

26◆iWAc./ZK.62014/12/23(火) 04:16:38 ID:HidkU4pQ
       | |
       | |
ニニニニニニニ{
        | |!
____|_|ト、
三三三i = }|                        ____
rfzrfzrく=くj::{                         }/////{
ルルル{リイ!|                     _///////\
 ̄ ̄ ̄ ̄| | {_______________}K}三三三三く
        | | {三三三三三三三三三三三三三三{乂,イ|      |!  : : :.
        | | {玄!                    }文{イ  !       |!  : : : :.
        | | {rfi{                       }fマ{  |      |!  : : : : :.
        | | {セi_____________忙リ   ゞ===彡  . : : : :
====<| | {り>≦i{     __ ノノ    : : : : . . .       . . : : : : : .
        | | {爿辷之}    .// ̄ ̄      : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
        | | {k八K{   //            . . . . . . . . . . . . . .
        | | {=彡ゞ=彡゙
        | | |i
====<| | |i
┌─────────────────────────────────────────┐
│街に着いたら、お次は宿を取ろう。                                          │
│しかし冒険者の宿と普通の宿、どちらを取ったものか。                              │
│冒険者の立場で普通の宿に泊まれば、スパイとして悪目立ちするんじゃないかと心配するが……  │
└─────────────────────────────────────────┘


 .. ..... .. ..:.:.:.. ..:.:.:.:.:.:... ......  .. ...../ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄≧';;'゙;;:';;;'';; ソ;';';;;';';';;;'〃;;;';;';;;
                      / ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄,xzミ';;;';';;;';'彳;;';';;;'彡;';;;';;';';;'ゞ;;;'
ヽ.:. .:.:.... .... .     . ......  .. . / ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄,xテ';;;';';;;';';;;';';;;';'/{;;;';';;;';';;;ノノ;;;';
  Y⌒ ヽ    .. .... . ... :. .:.:. .. / ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「'⌒X';;;'ソ=ニ二ヾ;';';;;;';'ミ';';;;';
              . :. .:.:...   / ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`| ̄冫シ;';;;';';;;';';;'爻;';;;';'彡;;;;;';;';
: . :  .. ..... .. ..:.:.:..  .       /──/──────|─,x'ミ;;;';';;;';;;ノ;';';;;;';;;;'ヽ\';';;
                  /    /          |    |x㍉;';';';;;';';'〃;'';';';;'\ ̄
──────────/ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄| ""`ー '⌒ー- 、;;'ヽ
7777777777777777777/    /            |    |  |「「「「「「「「「「「「ヾ;;ハ
7777777777777/ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|ΓΓΓΓΓΓ,,-';;'
                /    /             |    |  |:.:.    __x彡;;'ヾ;
7 / ̄/ ̄/7     / ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|:.:.    |   | ㍉;;';;;
 /_/_//     /    /                |    |  |:.:.    |   |  '⌒
   ̄ ̄ ̄´     / ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|:.:.   二二二二
/ ̄/ ̄/7     /   , -────────-、  |    |  |:.:.   |   |   |
_/_//  / ̄ ̄ ̄ / / HOTEL INSPIRE |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「|   |   |   |    (※AAは高級そうな宿に見せかけるためのイメージです)
 ̄ ̄ ̄  /____/,. -────────- 、|_____|」    ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::: / / ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄`| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::/ /  ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
┌─────────────────────────────────────┐
│だがこの街には顔見知りが幾人滞在してるわけだし、                      │
│むしろ冒険者界隈に近づいて厄介事を招く方が危険だろう。                       │
│華扇は比較的 一般向けの宿をとることにした。                            │
│とはいえ安宿で武装すると部屋が汚れるなど文句をつけられかねないため、高級宿だ。  │
└─────────────────────────────────────┘

27◆iWAc./ZK.62014/12/23(火) 04:19:49 ID:HidkU4pQ

      | |    |:         |   |   ;:     :;     i      ;:     ::;       ||    :|   ::/
      | |    |:         |   |   ;:     :;      !      ;:     ::;      ||    :|  ::/
,___, |_|__|:         |   |   ;:     :;     i      ;:     ;   i"`i || 0  | /
    ヽ.  ,, -‐=‐ 、,    |   |   ;:     :;       !       ;:     :; __,||_||    :|  ̄ ̄ ̄〒~〒
     ∧/      ヽ..  |   |   ;:     :;;      .i       ;;:     :;;i\__||    :|     {-=ニ
====ゝ   ,/``ヽ∨_____ _;;:____:;;_   ;!     ;;;    :;; |  l─‐ ||,,,_   |     {ニ=-
  }: :: :{l | | ,/、′ノ( : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ i     ;;;    :;;;;|  |  .:::|| `ヽ_|     {-=ニ
  {: :: :}l |/,(⌒ヽ/ ノ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 〃: : `} !_ __ _ ; ;;; __ _ _:;|  |  .:::|ト、 _ :|     {ニ=-
  }:.:.:.:{| |ニニニニ { : : : : : : : : : : ──────"、: :(              |  |  .:::|| \ :|     {-=ニ
匕___,,ゝ ̄/|   ,,): : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ _ノ                 \|__.!||\  :|     {ニ=-
≧、=‐、_/ |  { : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;ゝ                  ||\.\|     {-=ニ
  ヽ、ヽ-= ≦ ̄ ̄ ̄i゙i、⌒ ⌒ ⌒ ⌒⌒ ⌒  ⌒ "                        ゙|_| ̄ ̄ ̄i!{ニ=-
    ヾ      __!.! }                                                {-=ニ
\_ _,.゙=-=ニ二´   i゙i }                                                {ニ=-
  `-=ニニ二"´     ,,,|.|,!                                               {-=ニ
                ,|.|                                              {ニ=-
                ,|.|                                           ノ-=ニ
                ,|.|                                         , ≦´──
             ,,|.|                                        {_> 、--
 _. --‐‐……‐‐‐ '´ ̄                                             ` ̄ ̄"
┌──────────────────────────────────────┐
│1日100Gのスイートルーム。                                       │
│さしもの私でも贅沢すぎる支払いだが、最長一ヶ月くらいなら泊まり続けられる蓄えがある。..│
│まあ足りなくなれば、いざ蛮族領で適当な魔物でも狩ってくれば良いことでしょう。         │
└──────────────────────────────────────┘

28◆iWAc./ZK.62014/12/23(火) 04:23:06 ID:HidkU4pQ

_/´ イ: : :/: :/: : :│ : : | : i: : : : : : : : : \ : i: : : ヘ`√l`ヾ、  ..::::/斗<
 ̄ /: /: : /: :/: : : :/!: : :i:| : |: : : : : :i: : : : : : : ! : : : l|: : :つ 7⌒l ̄ト、__ム____ノ!
 イ: :/i: : :l: : | `ヽ/,_|: : :l:| : |: : : : : :|: : : : : :./|: : : /:i: |: :ヽ_ム_ト、__ゞ\ー────'
 ̄ ̄l: :/: : :|: : !: : /、__ヽ、:|:!: :ヘ.: : : : :|ヽ: : : :/ .l: : / /: :l: : : : : : |: : : : : \\
    l ハ: : : ! 从 : |rfて心从ヽ : \: :_|x‐\7 ̄l :/:./: : :!.: : : : : :l: : : : : : : :\\     i!
    |:| !: : ハ: : ヽ|! {!/:::ハ  \: :\!,rfてうミX: :/: : :∧: : : : : :!: : : : : : : : : :\〉   /j
    |:l ヽ: : : ヽ: :ハ ヽ::::ン     ̄7∨、:::::::/;;;;》|! : /: :ヽ.: : : : |ヽ: : : : : : : : : : :><<
  ノイ  \: : :\:l `          ゞ.  ン",イ: :/ヽ: : : \ :?礒: \──‐<⌒ヽ  ヽ
  ____  ヽ: : ハ ""   ,            //i  )、: : : ヽ:!: : : : >─ 、   ソ   !
 ̄`ヽ   \ ';、 ハ           """  リ: :l斗.' : :\: : : \ ̄ヽ: : : : :ヽ    ノ
    ',    lヽム:\::\   ァ ‐,、         ,イ| : |: :ヾ: : : : \ : : ヘ : : '; : : : : :',    これを脱ぐのも久々ですね。
    ヽ   |/ ハ: :lヽ::::>′/ヽ\ _,,. < l八ヽ: \: :`ヽ: : < ̄ノイヽノ`ヽ: : /
   \ i  //:三|! |三ミ/ / 丁\\__   |三/:;イ⌒ヽ ̄ ¨⌒゙ヽ       !:/
_,、   ∨ //:三エj;人_ ./ /ィ/   ⌒ ̄`ヾx彡r=ニ二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ j'
 / ̄7ー‐'-'、三彡イ\/ /二二二二二ニィ'三ミノ三}     ̄ ̄ ̄ ̄⌒ヾ  _           m    _           m
,/ // / /  ̄ 7‐<./ヽ三三三三三/三少´三ミ:、          ノ  辷l /7  __   _川_,n  辷l /7  __   _川_,n  ○ ○ ○
l! ?礒i // _,. イ′ /⌒゙<ヽ三三三/三<ミ__三三ミ>-、 ))           .くノ  コ L  └''^ー‐''   くノ  コ L  └''^ー‐''
ム_ り、イ! /  /   イ /  / ̄又 ̄l ̄l ̄l! ̄ ノ 三//⌒ヽ                  ̄ ̄                 ̄ ̄
┌─────────────────────────────────┐
│衣服モードにした魔導甲冑を脱ぎ、適当な〈アラミドコート〉など              │
│行動を阻害しない装備に整えてから出立する。                       │
│今回は隠密行動が何よりも優先される仕事のため、                 │
│見た目 服でも鎧なみに動きを阻害する〈イスカイアの魔動甲冑〉は邪魔なのだ。│
└─────────────────────────────────┘

29◆iWAc./ZK.62014/12/23(火) 04:29:53 ID:HidkU4pQ



    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
    | 防御が心許ないのが非常に心配ですが……  |
    | 良い刺激にはなりますね。              |
    乂___________________ノ


       -_-. 、
         `i 丶
       _ ,ノ ) )
     - ---´, ´
  --==''''' "´

┌────────────────────────────────────────┐
│更に言えば、隠密行動の際は透明化するつもりであるが、                       │
│ずっとそうしていられるわけでもないために見た目にも気を払わねばならない。            │
│〈イスカイアの魔動甲冑〉はある程度の衣服やドレスに偽装できるが、                 │
│偽装先はどれも小奇麗な衣装であり、ようするに庶民には見えない服にしか化けられないのだ。..│
└────────────────────────────────────────┘




                   _____
                , ´       イ
              /        //
                  /         イ ,'    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
        __ ィ_’___ , イ ’ ̄.:.:.:.:{     | ここ最近は格下ばかりで、           |
__ ィ ´  ̄/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ     .| 歯ごたえのない相手が続いてましたから。.  |
      ノ.:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)   乂__________________ノ
    ,´.:::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__ノ´`Y              身の危険がありうることで、
 ̄ .:::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ ,イ.:.:.:.:.:r´ヽj               経験点が得られればいいですね。
::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:- ‐ '' ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ´
::::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::.:..:.:.:.:.:.:.:\       __  [][]  _n_n__
::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ      | | r、   └i_n┌''  [][]「l
:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ _::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)      .|_| \>     く丿    .くノ
::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ _ ._::::::::::.:.:.:.:..:.:.:.:/
::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,イ    ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
:::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y  ̄`ゝ.j.:.:.:.:.::.:.:ノ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:..:.:.:ゝ、    `ゝ- ‐'
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j

30◆iWAc./ZK.62014/12/23(火) 04:32:14 ID:HidkU4pQ

ゞt;ゞヾ〃ゞYゞヘゞヾメt' rソ';tゞ;ッ';'ゞ;ヾゞ、                                |.HHH|! |  | =
ヾゞtゞkゞゞ;l!_kメ'ヌヘゞ;k",t'ッ';;'メ;y;ゞ; ヾゞ゙ゞ""ヾ、エl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |_| =
;;、;;;;;::;;;"ゞ,〃^ゞヾヘメ' :,`;.;;:,”:"゙:.:゙;':,:.:゙;゙':,”:"゙:.;'ミ、                         |.HHH|!  |  |
ゞ、,....ヾ;;;;;;;;;;;'''';;;;;;;;;;;;;;;;,;;;:,”:"゙:.:゙;:,” "゙.:゙;' :, ミヾゞ,l lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |  |
kメ'ヌヘゞ;k" f;';:': r';.';:;'.',';';、;;;;;;;:;:; :、,、 、`^;;;:;:;"::ミ'、                           |.HHH|! |ヾ";;''
.';.,':';:.';,:;'j:;`}.ゞ;':,f.';:;';.:';',.;';;ミ;.:".;; ;; ;:ll ,;.:" .:;.:'゙: ゙,ヾヾl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |ミ;;ゞヾ
':';.;';:;'.:,.';:゙、r';:`Y;':';.,';':';.;' ..;;`;.'!;;;;ヾ;.:".:゙,:,/;、,;;:;;;:;:;, l二二二二二二l_                  |    |  |ミ;;;ヾヾ   (※高級宿のイメージです)
;';':';. .';:;'.;';':'};; ゞi;.;':';'.';',;:'.':' .;,l';;; ;,:|l;;; ;,i.i.;; ;;;:":ゞ/|__|__|_|l l='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='==,.|;; |
;':';'.';:,';.;.:';;'f;、;.';;i、;:;',':';.,' ,.,:':';";;;;;;;.l;; :l!; ;|;;;.:"' //======l l;"';;"';;"';;"';;"';;"';;"';;";"';';;"';;"';;"';;"';;"';"';;;;;
;';.;';':':.;;.;';i;'l;:;`i;.;iiゞ:;:;';;.';:;';';;;;;;;;;;;;;;l;; :l!; ;|  //=======l l , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , .
""' ''"" """" ""'' '" """ ""' ' '' "" "" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┌──────────────────────────────┐
│準備を整えた華扇は、邪魔にならない程度の荷物を携えて          .│
│最初の潜伏先、アグネス=チャンの屋敷へと向かう。              .│
│捜索は透明化や魔法の力で無理やり書類を盗み見て行うつもりである。 │
└──────────────────────────────┘


          ○

          ○

          ○

.

31◆iWAc./ZK.62014/12/23(火) 04:34:50 ID:HidkU4pQ

        |            |         |         |
      A    /\   A          A         A
     エニユ_//i\\エニユ_____エニユ_____エニユ_
       |固|. ===舎=== |固|========== |固|========== |固|===
.      }ニニ{ ニニニニニニ}ニニ{ニニニニニニニ}ニニ{ニニニニニニニ}ニニ{ニニ
     |  |      |  │       |  |          |  |
.      iニニニi===エエ===iニニニi.===エエ===iニニニi ===エエ===iニニニi==
     | 「l| /l⌒lヽ  | 「l| 冂 冂  | 「l|  冂 冂 │「l|
     | |.| |  |_|_|_|  | |.|| 凵 凵  | |.||  凵 凵  | |.||
     | |.| |  |_|_|_|  | |.|| 冂 冂  | |.||  冂 冂  | |.||
     | |.| |  | |  | |  | |.|| 凵 凵  | |.||  凵 凵  | |.||
     | |.| |  |┼:┼|  | |.| l.  冂 冂  | |.| |   冂 冂 ||.| |
     {ニニニ}. ̄ ̄ ̄ ̄{ニニニ}. ̄ ̄ ̄ ̄{ニニニ}~ ̄ ̄ ̄ ̄ {ニニニ} ̄
     |エエ「 ̄| ̄ ̄| ̄|エエ「 ̄| ̄ ̄| ̄ |エエ「 ̄| ̄ ̄| ̄~|エエ「 ̄
     |,,エ,|   l    |  |,,エ,|   l    |  |,,エ,|   l   |  |,,エ,|
     |,エ,,|   l    |  |,エ,,|   l    |  |,エ,,|   l   |  |,エ,,|
  /   ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┌─────────────────────────────────────────────┐
│最初の貴族は、独立派幹部の中でもあまり偉くない立場なのか                             │
│屋敷はそこまで大きくない、せいぜいうちの実家と同じくらいの大きさだった。                     │
│まあ貰った書類に書いてあったのかもしれないが、そこから貴族身分の高低を判断する知識は私にはない。 .│
└─────────────────────────────────────────────┘

32◆iWAc./ZK.62014/12/23(火) 04:41:40 ID:HidkU4pQ

                   |                 i │   |
                   |_________i │   |
              /              i │   |
             /               i │   |
             /               i |:::::::::|
            /                  \|,,,,_ |
            /                         |
           /                    |
           /                        \
          /                         \
          /                          \
         /                            \
┌────────────────────────────────────────┐
│そういった判断は、冒険者技能というより一般技能の範疇だろうか。                     │
│セージ技能で対応できなくもなさそうだが、アレの本領は冒険的知識だ。                  │
│応用するにしても文献を見て覚えるような、実際に私の努力とか そのへんが必要になると思う。. │
└────────────────────────────────────────┘正直 面倒臭い。





     _________________
     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
     |.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l________||.:.:.:.: :. :|
     |.:.:.:.:.:.:.:.: ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄.:.:.:.:.::.:.:|
     |.:.:(○).:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.::..:.:.:.|
     |.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
┌──────────────────────────────────────────┐
│ゲーム的なものとはいえ、知力の能力値は一般人よりとても高くなっているのだから             │
│自然と下地は備わってると思うのだけど…… まだまだ冒険者としてやりたいことが残っているのに、. │
│そちらに時間を割くつもりは、まだ無い。                                      │
└──────────────────────────────────────────┘

33◆iWAc./ZK.62014/12/23(火) 04:46:14 ID:HidkU4pQ

\._ __/
  | ̄|  | .| | ̄ ̄|       | ̄ ̄ ̄|
  |  |  |:| |    |       |      |
  |_|_|_.| |。.  |       |      |
/      .\|    |       |      |              __/   \___
         \  |       |      |              「   _, -―――-、 |
           \|       |o    |                 \/:::::::::/:::::::::}::::::::::`ヽ
              \      |      |                /:::l: ┼::|::::::::/ート:::/:::::ノ
                 \   |      |                  |:::::LL比トーイzトL/::イ
                  \  |      |                  |::::::::| ヒリ   ヒリ│::::/
                    \|      |                 `、:::|   r一ァ  j ::/
                 \     |             /⌒ヘ:::>, ニ. rイ:::/ヽ
  ノ⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー 、  \   |            く /⌒}ヾノ ̄爪l-くV  }
 (  ……行きましたか。 )    \ |            「∨::::::::ゝヘ__j、レヘ/⌒⌒⌒Y⌒ヽ__
  ヽ~~~o~~~~~ ’     .\             Lノ:::::::::::::::::>'⌒⌒`く⌒⌒⌒ヽ  `ヽ
      。                               /:::::::::::::::::|三三王三三王三三王三王|
                                 ((   ゞ、::::::::-=く|三三王三三王三三王三王|
                              __, -─ヘ:::::::::::ト、_三王三三王三三王三王|
                                  く.       `く/  入王三三王三三王三王|
                                   \     /L。 /__)======圦「)^))==== '
                                     |   /|│`゚ー'         ヾ'´
                               スタスタ  |  / ::::|│               \

┌─────────────────────────────────┐
│目先の予定としては、ひとまず魔物から獲得することが出来ない、           │
│サブ技能を高レベル魔物相手に通用する程度に経験点を用いて高めること。   |
│それから実際に所在のわかっている高レベル魔物を相手にすること。      │
│風のうわさで、“雪の巨神山脈”にサイクロプスがいるのはわかっている。   ....│
└─────────────────────────────────┘

34◆iWAc./ZK.62014/12/23(火) 04:49:17 ID:HidkU4pQ


   (では、人の見ていない隙に
    異貌化からの無詠唱魔術で……)

      (わざわざ技能を用いての鍵開けなんてやってられません、
       【アンロック】。)



   .                     |                _,.. ┐  | | /  _,,,...---
   .       || ̄ ''''ー-...__       |..      _,..-‐'''"~  .|  ..| | 「 ̄   .|
   .       ||          ̄''''ー- ___,..-‐'''"~           .|  | | |    |
   .       ||  .ー--- ....,,,,,____  |               |  | | |    |
   ―--,,,___||  | ┌ --  ..,,,,,__  | |               |  | | |    |
   ___ .||  | |         | | |               |  | | |_,,,,--|--''''
   ====┐ .||  | |         | | |               |  | | |    |
       ||  ||  | |         | | |               |  | | |    |
       ||  ||  | |         | | |               |  | | |    |
   ――||―||  | |         | | |               |  | | |    |_,,,,
       ||  ||  | |         | | |               |  | | |--'''' ̄|
       ||  ||  | |         | | |               |  | | |    |        キィィ‥
       ||  ロ(()==|       .| | |               |  | | |    |
       ||  ||  | |         | | |               |  | | |    |
       ||  ||  | |         | | |               |  | |,,,,....--- |----
       ||  ||  | |         | | |               |  |  ...___|,,,,,,,,,

┌───────────────────────────┐
│それから先は、まだ予定にはないけど                   │
│もっと強い魔物を探して、相手する予定だ。                 │
│いずれは最強の竜種、エルダードラゴンも倒してみたいものだ。  |
└───────────────────────────┘

35◆iWAc./ZK.62014/12/23(火) 04:53:51 ID:HidkU4pQ

                                               ,~'⌒~'⌒~'⌒~'⌒~'⌒~'⌒~'⌒~'⌒ヽ.
                                              (  ここが仕事部屋ですね。            )
  |                                         |  .(  都合よく不在なのは助かりました、       )
  |  <`==================">                     ____|  .(  今のうちにそれらしい書類を探しましょう。 )
  |  |i|     _,,..         |i|                  |\    \  ` ~ー ~ー ~ー ~ー ~ー ~ー ~ー ~ー’
  |  |i|   /,' 3~~\ ⊂.⊃.|i|                  |三:\    \
  |  |i|.,,,,傘傘傘::::::::傘傘傘|i|.            llヽ.      |\[_] \    \
  |  <_,=================、_>            llヾi      |//|\[iiii|| ̄ ̄ ̄|
  |                            l| ∫       |\|iii. \||      |
  |                             || (        |,ヘ \llllll||      |   |\
  |                             || ,i.      |\|iii|l\||      |   |三|
  |_________              l|| ,' _____||l|l.\l凸||      |   |三|
/            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      \l三\.||      |     \|
             /   (")       冂三i   ヽ三ヽ\     \iロ: ||      |
                [二二二二二二二二二二二二二二]        \||___|
             |           |||||||||||||           |               \
             |           |||||||||||||           |               \
             |______|||||||||||||______|                    \

┌─────────────────────────────────────┐
│とはいえ、純粋なレベルだけでは太刀打ち出来るわけでもない相手だから、           │
│防御面はともかく、成長による能力値を積み重ねなければ攻撃が全く通りゃしない。    │
│レベル25相応の総合的な防御力は、多少のいんちきブーストだけでは突破出来ないし。 │
└─────────────────────────────────────┘

36◆iWAc./ZK.62014/12/23(火) 04:56:37 ID:HidkU4pQ



          さて、肝心の証拠ですけど……
          証拠がない証拠、なんて悪魔の証明ですし
          とにかく身辺を洗ったという証が提出できれば十分ですよね。

                              , ヘ、
                             /   .\
              ,,, .. ** ''' ゙゙゙i    /      \
          i ` ゙ .            i.  /.           \            ,,,
             i              i/                \,,, .. ** ''' .゙゙  ',
           i             /                \           ',
              i          /                      \           ',
            i         \                          \           ',
               i.          \                     \         ',
             i                \                   /          ',
                i               i\                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
              i           ,,, .!  \/゙゙ ''・ 。         /|                 |
            i,,, .. ** ''' ゙゙゙      /       ゙ '・ 。   ./  .|                 |
                               /           ゙ '・゙。.   |                 |
                           /              ゙ '・ 。               |
                             /                 /.               |
                         /                 /                |
                           /                 /|                  |
                       /                 / .|                  |
                         /                 /  |                  |
                        ./                 /.   |                  |
                      ゙ '・ .                /    |                  |
                           ゙ '・ .          ./      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┌─────────────────────┐
│と、話が逸れたので余談はさておき。         .│
│最初の仕事先で早くも目的地を見つけたので、  . │
│その働きの証となるために情報を漁り出した。   . │
└─────────────────────┘

37◆iWAc./ZK.62014/12/23(火) 04:59:23 ID:HidkU4pQ



                             __
                       /\〉
                       /  /〉          えーと……ひとまず先に、
                    ,斗./  //           内部事情からメモっておきましょう。
                 > ´./,ヽ∠/             めんどくさいですけど、
.             r‐、/ ///. .\              書き写しますか……
    _______| |\.///    ...\
  rく         `.///.__       \
  Vヘ          /ヽ /..`ー―┘      _,\
  Vヘ      ../ヽ/.V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ       //   .V〉,    , <>'
   Vヘ      ^      .V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂

┌──────────────────────────────────┐
│書類らは棚にしかと挟まっており、                               │
│ものによっては装丁され 立派な本となっているものもある。                │
│ちなみに、これらの多くは羊皮紙だが、中には植物紙も混じっているものがある。. │
└──────────────────────────────────┘

38◆iWAc./ZK.62014/12/23(火) 05:07:24 ID:HidkU4pQ





┌────────────────────────────────────────┐
│華扇が書き留めている間に これまた少々、メタフィクションを含む余談をする。            │
│ソード・ワールド2.0世界、ラクシアは基本的に西洋的なファンタジー世界であり、           │
│過去に 現代でいう19世紀頃まで進んだ魔動機文明を経ていても、                     │
│その遺物の大半は失われて退化したため、今でも紙といえば羊皮紙を用いるのが普通である。...│
└────────────────────────────────────────┘
    | |        /    /  '.       |  |                    |  |
    | |     /|    /   /         |  |                    |  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ‐-   _ /          |  |                    |  |
______|____|            |  |                    |  |
二二二二二二二二二二二二二).      |  |                    |  |
三三三三三三三三三三三三「____|  |__________|  |____
三三三三三三三三三三三三l____
三三三三三三三三三三三三 、       |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  | ̄ ̄ ̄
二二二二二二二二二二二二二)..    |  |                    |  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|         |  |                    |  |
__________|         |  |                    |  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.    |  |                    |  |
三三三三三三三三三三三三「 ̄.    |  |                    |  |
三三三三三三三三三三三三]      |  |                    |  |
三三三三三三三三三三三三ム_    |  |                    |  |
______________」 ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    サラサラ……
               / |
─────────      |

┌─────────────────────────────────────────────────┐
│普通であるが、日本人の感覚としては生き物の皮から作成する羊皮紙よりも、                            │
│木屑や繊維などを水や薬品に浸けてさらして作る植物紙の方が一般的である。                             │
│で、おそらくだが その感覚は なにげにこのシステムを作った製作者も有しており……                    │
│正直、紙といえば羊皮紙であるということを忘れて 設定・演出しているところが節節見られる。               │
│サプリメントのカバー口絵や、リプレイの挿入画などでは、羊皮紙にしては薄く、角が鋭く整った紙が描かれたりして。  │
└─────────────────────────────────────────────────┘

39◆iWAc./ZK.62014/12/23(火) 05:17:54 ID:HidkU4pQ


┌─────────────────────────────────────────────┐
│特にこのハインラト地方を舞台とする作品、ソード・ワールド2.0漫画版。                          │
│よくみると鉛筆が出てきたり、やたら装丁の整った本とかが出てきており、                         │
│細かな点で現代的な、ラクシア風に言えば魔動機文明の遺産としか思えぬものがところどころ見かけられる。│
└─────────────────────────────────────────────┘


                       _..-へrァ'" ̄ ̄ ̄` 、_        /\
                  _ -''"´,.へ/         ヽ \      /  /
                 '´    )、 /            ヽ(__    .\/ />
              /        (\'               Y ヽ      .</
              '        )`|               |--ハ.     ┌─┐
             /         { ̄|                j ノハ    └─┘
            '    !  ゙.    >‐、            ノ⌒): : :..
             /    |l   :.、 : . ゝ、,>、        ,.ィ、__/: : : : :.
          / !    !:! l  :.:、: : : : (  ノ/'7ハ-r‐、__ノ   }: : ヽ: : : :}                       ‥ツ、コツ‥>
           |   !: |:|ヽ ゙.__..-: : : : :゙⌒ヽ/::|_|::|  | Yヽ-''’: : : l:.: : ト、、
         ,′:.:|:.: |,r|:r‐≦ヽ: : : : : : : :| : : | ::| |::|`"⌒’.:|: : : : : :|:.  |ヾ:、
           ハ: :.|: :.|:. :!  _ゝ|-、ヽ.    |   | ::| !::!:  : : : :        |  ゙.:l
        | |!: : |   !:| |r''_、ィxXア、    !l  | :,' |::|:.   | |        l  |.l
        | | 、:::l   !:| |彡<ハc リ' l  ,'! l |::l |::|:.   | |      |  ト、  l.!  (ん、人の気配……)
        | | ゙.、 |::|ハ  \!/  |  :!:| l |::| |::|:.   | |      |: |ヾ..||
        ヽ!  ヽ| ハ:::::,'   ‘  |:.:.:.|:.! |l:::| |::|:.   | |      |: ! *:. ||
          `ー‐Y |∨       l:.:.:,':.:|  !:::! l::l:   ,イ ハ.       |:. |   ゙ :||   (途中ですが仕方ない、
             |:ハ`ヽ     ,' :.:|!:.:| ,'::,'  !::!: :,',' ハ |     ヽヽ   :|l    隠れます)
               | :|:ヽ、__  | :.ハ:.| ,'::,'   |::|:. ///:.:| ゙.     l ゙. ゙. |!
               | :||: : : lヽ. ,':.,' |!:|,'::,'   !::!:///゙.:! 、     !゙.!\、/|
               | :|゙.: : | リ,':!/!リ:::l    |::|://:ヽヽ:ヽ.ヽ  || |  /、!
               |:リ ヽ.l: :.Vハ|:.:「/j:::j  ,イ :!∧ヽ::\\:、   |::| |/ / `ー‐
┌──────────────────────────────────────────────┐
│そういった点がこの世界にも反映(?)されているのか、ハインラト地方では植物紙や鉛筆などが流通している。. |
│破れやすく耐久性の面では羊皮紙に一歩及ばないため、冒険者には中々用いられないが、               │
│その軽さ・薄さから携帯性では勝っているため、場所によっては植物紙が用いられる。                   │
│ちなみに羊皮紙、植物紙ともに北のハインラト王国が公共事業として独占しているそうな。               .│
└──────────────────────────────────────────────┘

40◆iWAc./ZK.62014/12/23(火) 05:24:26 ID:HidkU4pQ



                      |┃三          /::::::::ハ、\、::::::::\\::::::::::::',
                      |┃            i:::::::イ  ` ̄ー─--ミ::::::::::::|
                      |┃            {::::::::|    ::\:::/::::  \:::リ-}
                  ガラッ. |┃            ',::r、:|  <●>  <●>  !> イ
                      |┃  ノ//        |:、`{  ` ̄ .::  、      __ノ
                      |┃三          |::∧ヘ  /、__r)\   |:::::|
                      |┃            |::::::`~', 〈 ,_ィェァ 〉  l::::::》
                      |┃            |:::::::::::::'、  `=='´  ,,イ::ノノ从
                      |┃三         ノ从、:::::::::`i、,, ... ..,,/ |::::://:从
                      |┃        __,,/:::∥|:::::::::::::ト、`'' ─   ノ:::::::ノ丿|
┌───────────────────────────────────────┐
│今回の独立で、王国の傘下から逃れたエミニム……エミニム商国は                     │
│これから紙の生産を行うことが出来るようになり、より質が良く安い紙を流通させられるのなら..│
│王国の権威を奪え、十分 ワンチャンあるのかもしれない。                         │
└───────────────────────────────────────┘






                                                           「……、……!!」>


   ,~'⌒~'⌒~'⌒~'⌒~'⌒~'⌒~'⌒ヽ.
  ( (ちっ、早く行け、行ってください……   )
  (  くそ、そのまま仕事はじめましたか。) )
   ` ~ー ~ー ~ー ~ー ~ー ~ー ~ー '

┌─────────────────────────┐
│しかしこれは政治や商売の情勢に詳しくない華扇の判断だ、│
│何か間違った知識もあるだろうし、このことについてはまだ. │
│実家の父の方が詳しく知っているだろう。                │
└─────────────────────────┘

41◆iWAc./ZK.62014/12/23(火) 05:25:42 ID:HidkU4pQ



   今日はもう続けられそうにありませんね、
   一度 撤退して出直しましょう。




                      (こっそり隠れたまま【テレポート】)

  .ο         / バシュッ!
    .O     /      ο
.         //  O
     .,;:''"゙゙'':.,/
 ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐
. O   :、,. ..,::'、‐-  _  ,、.
   //`v:: 、
  .//   |   ヽ
. /    ο    O


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄

64◆iWAc./ZK.62014/12/26(金) 12:26:10 ID:Djpv36GA
  Y⌒ ヽ    .. .... . ... :. .:.:. .. / ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「'⌒X';;;'ソ=ニ二ヾ;';';;;;';'ミ';';;;';
              . :. .:.:...   / ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`| ̄冫シ;';;;';';;;';';;'爻;';;;';'彡;;;;;';;';
: . :  .. ..... .. ..:.:.:..  .       /──/──────|─,x'ミ;;;';';;;';;;ノ;';';;;;';;;;'ヽ\';';;
                  /    /          |    |x㍉;';';';;;';';'〃;'';';';;'\ ̄
──────────/ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄| ""`ー '⌒ー- 、;;'ヽ
7777777777777777777/    /            |    |  |「「「「「「「「「「「「ヾ;;ハ
7777777777777/ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|ΓΓΓΓΓΓ,,-';;'
                /    /             |    |  |:.:.    __x彡;;'ヾ;
7 / ̄/ ̄/7     / ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|:.:.    |   | ㍉;;';;;
 /_/_//     /    /                |    |  |:.:.    |   |  '⌒
   ̄ ̄ ̄´     / ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|:.:.   二二二二
/ ̄/ ̄/7     /   , -────────-、  |    |  |:.:.   |   |   |
_/_//  / ̄ ̄ ̄ / / HOTEL INSPIRE |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「|   |   |   |
 ̄ ̄ ̄  /____/,. -────────- 、|_____|」    ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::: / / ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄`| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::/ /  ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
┌────────────────────────────┐
│翌日。                                       │
│再びアグネス・チャン宅に侵入し、書類を写す仕事を続ける。    │
│写生に気を取られて、蛮族内通の疑を調べ忘れてもいけないが。. │
└────────────────────────────┘

65◆iWAc./ZK.62014/12/26(金) 12:27:30 ID:Djpv36GA

   ________________
   |`丶、                   ` 丶 、
   |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   |   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
   |   | |                      |冂
   |   | |                      |凵
   |   | |   ① ◎              | |
   |   | |                      |冂
   |   | |                      |凵
    \  | |______________| |
      \|________________|

┌─────────────────────────────────────┐
│昨日と同じく、透明化しながらの探索を進める。                            │
│ふと思いついて金庫を探してみたが、こういった数字式の複雑な鍵であっても         │
│開いてしまう【アンロック】の魔法というのは侵入する側に都合が良すぎるのではないか。. │
└─────────────────────────────────────┘



              _,,,-==ニ三二ニ==- 、
         _,,;;-=' ´l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|`"'=- 、
       ,,,;;;'´l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|`"'-、
     /l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|_,,,-==ニ三二ニ==- 、l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|\
    ./l|l|l|l|l|l|_,,;;-=ハ´      |      /.`"'=- 、l|l|l|l|l|l|\
   /l|l|l|l|l|,,;;;'´    5      0    55    `"'-、l|l|l|l|l|ハ
  ./l|l|l|l|l|/ハ           ∧           / \l|l|l|l|ハ
 /l|l|l|./  10     _,,-==ニ三二ニ==- 、   50    \l|l|ハ
 |l|l|/         _,-'´            `"'-、        ハl|l|
 |l|./ゝ      /                  \      メ ハ.|
 |/  15   /                     ハ 45    .ハ|
 i        i                       .i        |
┌────────────────────────────────────┐
│これを防ぐにはより強力な魔力でかけた魔法の錠前を用意するか、              .│
│複数の鍵で閉じられているような厳重で手間のかかる手段を用意しなければならない。 |
│少し魔法を齧っているだけで済むのだから、盗賊ギルドが様々な情報を             |
│握っているのも仕方ない話なのかもしれない。                             │
└────────────────────────────────────┘

66◆iWAc./ZK.62014/12/26(金) 12:28:10 ID:Djpv36GA

                     .|
                     A
                  | _γ ⌒ヽ_
                  A ..l.i i:I I:i iI_________∧________
                 龠./|.i_i:I I:i_il ________i龠i____/∧ ______i龠i________\
                  ./ |.ロ:IロI:ロl/::.::.:::.::.::.::..:::.../ [] `::..:::.::.::.:::.::::.:::.::.:..|
                 ===.|   ニニニニニニニニニニ    ニニニニニニニニニニ
                   .|∩| l'⌒`l | l'⌒`l l'⌒`l |γΠヽ| l'⌒`l l'⌒`l |
                   .|:! !| l.__i__i | l.__i__i l.__i__i | ゝЦノ| l.__i__i l.__i__i |
                   .|  | .____ ...| ._____  _____ | .____ | ._____  _____ |
                   .|「l | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
                   .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
                   .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
                   .|  | __∧_..|           |[::圀::]|           |
           :::::::     .|  | .I:I:i | l===l ;l===l | |   i | l===l ;l===l |
            :::::::    .|  | .I:I:i | |__|__|....|__|__l | |....:::::l | l__|__|....|__|__| |
             :::::::   .`:::;:;================ |ニニニニ]:==========i
┌──────────────────────────────┐
│二日目の潜入はその金庫の調査と、                        │
│昨日に書き写せなかった書類の続きで終了した。                 │
│ちなみに中身は目的のものでもなく、また重要そうな書類でもなかった。  |
│その翌日は一日中 アグネス・チャンに張り付き、身辺を探る。         │
└──────────────────────────────┘

67◆iWAc./ZK.62014/12/26(金) 12:28:48 ID:Djpv36GA

               /)/)/)                      _,,_
    .,. -──-、    /)/)/)/)                 ァ彡三三⌒y⌒ヽ、
   /. : : : : : : : : :\  「 ̄ ̄|                   /ミ三三シ=‐'´ `ヾミヾ、
  /.: : : : : : : : : : : : : :ヽ 〈⊃_/ノ                    〈ミ彳´        }ミミ}
. !.:: : : :┌-…-…-ミ: ::', |  |                    ヾ{   °    〈ミミリ
 {::: : : : :i '⌒'  '⌒'i: : ::}ノ  !                    }| -ー   一-、 Lムメ
 {:: : : : : | ェェ  ェェ |: : :}   /                       { ´‘   ’`     6)
. { : : : : :|   ,.   |:: :;! /                     |   ,(_ 、ヽ、   「´
. ヾ: : :: :i r‐-ニ-┐| ::ノ/                      !、 k‐ーォ'  , ト、
   ゞイ! ヽ 二゙ノイゞ                       , 个 、 ̄´ /,/ ∧
  / _ ` ー一'´ ̄/ 【ヌケドナノレド】             ./ / |\` ̄´ /   /  \_   【菅直人】
  (___)    /  独立派の貴族。         /| 〈  | /又く´   /   〃\  同じく独立派の貴族。
┌─────────────────────────┐
│結果は……「とりあえず」 白、としか。                │
│蛮族に関連する動き、素振りは全く見られなかった。     .|
│三日間、徹頭徹尾 アグネス・チャンに張り付いていたが、  .│
│結果から見れば 失敗だったかもしれない。            │
└─────────────────────────┘

68◆iWAc./ZK.62014/12/26(金) 12:29:53 ID:Djpv36GA

      | |    |:         |   |   ;:     :;     i      ;:     ::;       ||    :|   ::/
      | |    |:         |   |   ;:     :;      !      ;:     ::;      ||    :|  ::/
,___, |_|__|:         |   |   ;:     :;     i      ;:     ;   i"`i || 0  | /
    ヽ.  ,, -‐=‐ 、,    |   |   ;:     :;       !       ;:     :; __,||_||    :|  ̄ ̄ ̄〒~〒
     ∧/      ヽ..  |   |   ;:     :;;      .i       ;;:     :;;i\__||    :|     {-=ニ
====ゝ   ,/``ヽ∨_____ _;;:____:;;_   ;!     ;;;    :;; |  l─‐ ||,,,_   |     {ニ=-
  }: :: :{l | | ,/、′ノ( : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ i     ;;;    :;;;;|  |  .:::|| `ヽ_|     {-=ニ
  {: :: :}l |/,(⌒ヽ/ ノ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 〃: : `} !_ __ _ ; ;;; __ _ _:;|  |  .:::|ト、 _ :|     {ニ=-
  }:.:.:.:{| |ニニニニ { : : : : : : : : : : ──────"、: :(              |  |  .:::|| \ :|     {-=ニ
匕___,,ゝ ̄/|   ,,): : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ _ノ                 \|__.!||\  :|     {ニ=-
≧、=‐、_/ |  { : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;ゝ                  ||\.\|     {-=ニ
  ヽ、ヽ-= ≦ ̄ ̄ ̄i゙i、⌒ ⌒ ⌒ ⌒⌒ ⌒  ⌒ "                        ゙|_| ̄ ̄ ̄i!{ニ=-
    ヾ      __!.! }                                                {-=ニ
\_ _,.゙=-=ニ二´   i゙i }                                                {ニ=-
  `-=ニニ二"´     ,,,|.|,!                                               {-=ニ
┌──────────────────────────────────┐
│白と分かること自体も 一つの成果であるのだが、空振りは空振り、           .│
│独立派の強行の裏付けにはならず、個人としては残念なものだ。             │
│四日目からは途中で見かけたあの二人の貴族のどちらかに付こうと思っている。...│
└──────────────────────────────────┘

69◆iWAc./ZK.62014/12/26(金) 12:30:59 ID:Djpv36GA
/     _    ミi彡    ||  |   .:.::|       ミi彡   rュュ     <::::::|| | | | ||二二二二
    //L.:.:.:::|_|::.:...   ||  |   .:.::|   .:.:.::|_|:.:n_n(゚ロ゚,,)      \|| | | | ||――――
   /∠、/」__ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   .:.::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (  ) Y´ヽ_      || | | | ||二二二二
  | ̄ ̄ / '───────┤  ミ.:.::|:─────/   V')/,イ ∥    || | | | ||――――
 .: |__| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ミキ彡| ̄ ̄ ̄ ̄ 〈|  |_/_/_| ̄||     || | | | || ̄ ̄ ̄ ̄
.:.::::└┘ |_________ rミミヾl〃彡_____(,lO l_|::|:::l|_||    厂l ̄l ̄] ̄ ̄ ̄ ̄
.:.:::::::::::::::::└┘::::::::::::::::::::::::::::::::::::|l l l ヾ|彡 l l|::::::::::::::::::::::::| | | |::|:::l| ┘      ̄ ̄ ̄´
                  .:.:::::{こ{: ̄ ̄´}こ}::::.:.      | | |(_,(_)         ,xィ从ノしzx 、
                    .:.:: ̄|:..   厂::.:.     (_(_)         x_ノ;';';';';';.ゞ;';';'; ';ミ
                        ` ̄ ̄´                   ゞ';';';';';';'ミ;';';';';';';ミ;';';てノ
                                         ー=彡';';';ヾ;';';';'人;';';';';';';≦
┌──────────────────────────────┐
│ジンルーの盗賊ギルドから唯一 携帯を許可され、持ちだした        │
│独立派の貴族の一覧を記した紙束を眺めながら、次の対象を見繕う。   |
│その最中、食事を摂ろうと部屋を出て 宿の一階に下りた時のこと、   .│
└──────────────────────────────┘





    | .::/: .  .           \
    | :/: :/ : :/: : : :/       ヽ\
__|/`メー-/-─,イ゙ :/ / :    ',ー ゝ :
 |:: |/( ○ )゙/ / :Χ /! |: i :|  i
 |:: |  ∪¨´   //,_/\__, | :|  | :,
 |:: |  ゙゙゙     ( ○ )/ /:/::  ,
 ̄ ̄|、  ,. 、__    `¨´//:/:::  / :
    |:{\(  .ソ  ゙゙゙ /./:/! / ,'
__| \>=_"__,.. . '゙.| ./ィ//
 |:: |}`ー─‐≦:/、    }/ーイ ,'
 |:: |、_....__/:::::/  ',  ′| :|!
 |:: |〉:::::::::::/  /    | :|| :,
 ̄ ̄| ヽ::/   / :    !:ノ
┌────────────────────────────────────┐
│ふと ロビーの片隅で人見知りするように震えている、                     │
│身なりの良い服装からして、恐らくそこそこの身分の娘と思われる少女が目についた。 .│
│向こうは こちらには気づいておらず、壁を背にプルプルしながら じっと固まっている。. │
└────────────────────────────────────┘

70◆iWAc./ZK.62014/12/26(金) 12:31:22 ID:Djpv36GA

                /   `ヽ
               /       lア─- 、
               <从     、_〃: : : : : : :ヽ、
            < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ
         __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /
         //: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y
        / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',
.      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY
┌────────────────────────────────────┐
│丈は短いが、フリルや 光にきらめく金銀細工の装飾が織り込まれた              │
│ミニドレスを召しておられるので、なかなか良いとこのお嬢さんではないかと思われる。..│
│まあ、十中八九 貴族出身か。金回りは良いとはいえ                        │
│下賎な商人の出である私とは 一概に比較出来ない身分の差だ。                  │
└────────────────────────────────────┘


                         -―──―-
                   /           `丶
                                   \
                    /                  \
                /                     \
                ハ                       \
                /}} /       :/ /   j    } |   } ̄
               / /{ /    / :/ /  , / :/ :| i  i   |
              / /  ∨| /   / X/://  / ∧/l /| i│| j |
            /     (| i.  /斥=≧ミ/// :/_厶≦「  j/ :/i ,′
        / /        .N /| 《. r(__,`ー//l/r(__,〃/:/ ///
          / /  (⌒(´>匕|,/八  ヒ.:ン      ヒ:ン //:/ ∧/
.         / /  /⌒´ : : : : ゙て⌒>、\\\\\\//i/ ∧,ハ
        / / ; .{ : : : : : : : : : : `:ー:(⌒ヽ cっ__... イ:/厶イ | |
.      / /    {: : : : : : : : : : : : : : :(⌒厂/   ∠∧   │ |
.       /   .; { : : : : : : : : : : : : : : :て⌒〉  /    ';   | |
     l        人 : : : : : : : : : : : : : : :{⌒}/      ';  │ |
     | |    /  >ー-   _\: :ノ: : :〉⌒〉  -―― 〉  | |
     | l  ; ./            了 ̄∨⌒レ'       /    | |
     | | ,/{             |   |_/      ,′  │ |
     | | / : : >‐-   ___|  /       /     ノ .ノ
┌────────────────────────────────────┐
│声掛けしても良かったが、今の私は 続く仕事で忙しい身である故                 │
│わざわざ手を出す気は起きない。手助けして恩義を感じさせても良いかもしれないが、 │
│彼女の親が どちらの派閥か(あるいは中立か)は不明である。                    │
└────────────────────────────────────┘

71◆iWAc./ZK.62014/12/26(金) 12:32:24 ID:Djpv36GA

┌────────────────────────────────┐
│むしろ、下手に顔が知れることが逆にデメリットになる可能性だってありえる。.│
│丁度 私の手元には某貴族宅より写させてもらった文書もあることだ、    ...│
│見つかって疑われれば 言い訳の仕様がない。                    │
└────────────────────────────────┘

                    //           │ /
               〈::〈 _ __  /´ ̄ `ヽ    ′/
             . -‐‐' ´: : : : : : :` 、    .
.      /´  ̄ `Y´. : : : : : : : : : : : : :\: \     }
      l     /. : : : : :{ : : : : : : : : : : :.\: \__ノ
      |   /. : : : : : :/:!: : : \: : : : _: : : :.\. \≦≠ ニ二フ
       ゝ.__/: /: /: :.ィ.升ト: : : : ヽ:´\: : : : : :)>:\ \ \
       ノ: ノ!: l: : :|:l:|:.|:ノ\: : : .!: ,ィ≦k: : : \: :}: :\ \/
       ///l: :!: : :!:l:|人  )\: :}´x==《ハ \ )メ、}ノ:.ヽ
     く/〈./人:j: :从八x==彡 )ノ """.|:i: : : : \:\:ノ: :〉
         /:\: :.Ⅵハ""  '     リ:i: :\: : :.\ :ヌ´
.         /: : : /)ハY入   / }  /く: : : :l\: : : )
        /: :/:.//: :.:i:|: l }≧= i |<.┐ :): : :ノ ハイ                 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
          レ〈:.∧!: : :リ人!:F干| .j´ニ.|イ⊥く ⌒\                  | ねえ、そこのおねーちゃん。
            )/\:.(`Y r┤厂 ∨:::::::://       ヽ                   ヽ____________乂_
          /   ヽ) | j::ハ厂   |}`ヽ:j/        i
         /       Ⅵ::::{〈し'⌒ リ }:〉/         .ト、
       i         /::::::入\___メ.メ∧ 「j_     ノ 〉
       人      {:::::::::::::::fー‐1::/><  `ヽ  /
┌───────────────────────────────┐
│そもそも同じくらいに肉体年齢の幼い私が言うのもなんだが―――       │
│子ども一人に声掛けするつもりはなく、声をかけられれば一考しようか、  │
│なんて気に留めず 避けて通ろうとした、がしかし思わぬ方から声がかかる。 |
└───────────────────────────────┘

72◆iWAc./ZK.62014/12/26(金) 12:33:27 ID:Djpv36GA

                                   ∠_ ̄ ̄ ̄
                                    _ 二ニ=:::::
                                  /:::::::::::::::::::::::
                                 / イ:::::::::::::::::;:::::::
                                 ´ |/|ィ升v':::::::::::/ |::::::::;:::://::::
                                    _レT7<|:::::::::::::| |::::i:::!::j/::::::::::::
                                 {::/ニ{=芹ミヽ::::::::::! ナ┼ト、:::::::::::::::
                                 Ⅵ  | N V}}ヽ:::>‐<:| |ヽ::::i:::::::
                                  |  j/り 《 ̄ Vメ>=ミ、\:::|::::i
                                  |  /し' 厂V  心  ヽ\ヽ!:::/
                                  \_j     !  レ'》   〉》ヽj/
                                     |ヽ    ヽ し'   〃ノ=
           声、かけないの?              八       \___/'´
                                       r―,--- 、 ̄
           あそこの女の子に                   V    〉
           気づいてるんだよね、                `、 ヽ  /       /
           冒険者なんでしょ?                     ヽ___,.  -=≦ ̄ /
                                     _,. -=≦:.:.\:.:\___/
           困ってる子を助けようって         /:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\____/
           思わないの?               /:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
┌──────────────────────────┐
│声をかけたのは、先ほどの少女ではない。                 │
│私の真横から、おそらく同世代……いや、身長的には       |
│一回りほど年下そうに見える男の子が声をかけてきたのだ。   |
└──────────────────────────┘

73◆iWAc./ZK.62014/12/26(金) 12:33:44 ID:Djpv36GA

               _. . .-―-. .y.x ⌒
            _. .-: :_:v/.:-:―: :に{     ヽ
           ⌒ヾァ'':"¨: :   ‐-: : : \     )
       /   ィン: : : : :     :.    、: : :ヾ  _xン
        { ン: : : : : : : :     ト:    \: :Yン》≧x,
       ∨ : /: : : : : :{: : :    \: :.     ; : : :、 ‘》,
       ; : /: :;': : i: 八: : :  :ト: : |: : : :    |: : : :}  ‘》,
       {i:,': : ; : : |/  ト: : : | 斗-Ⅵ: : : . |: : :人   ‘》,
       {ハ|: :i: : : ーヾ{ 、: : :xぇチ刈: :リ:从): : :{     ‘》,
          |: :i: : : 不弐ハ \{ゝ Vrり. : :价ン: :i: ハ
        八: :、: {ト Vり  、    ノイ: :i|: |: : i| ; )
         |:\: :、  ' ' '     ' ' ' 八: |: |: :八{      えっ、あ、
  _      |: :.个:込    - 、  イ._ハル八(  )      ええ……
  ン¨ス     ,|: : i|: : : :}:≧.. __ イ /::::::>..
 /_/,/‐ぅ  ノ{ハ乂{: :厂-…fニエィ::::/:::::::::::>…-ミ
 { ヾ_んへ,〉__  (  )ノ〃:::::::::ー}i}=‐:::::::::::::::::〃
  \{ {yノ  ム  / ,{::::::::::::rfてけa:::::::::::::,      ト、
      < ノ トY    i{::::::::::に述ぅろ:::::::::::i{         ノ )
        マ/ ∧    ゞ‐-=x込えン^:-=:::i{
         /  V ,У::::::::::::ヾ:::Y:::/:::::::::::ヽ ,/
        V / v.:;:::::::::::::::::::::v::=ー:::::::::::::::::V / _ /
┌──────────────────────────┐
│これには思わず華扇も苦笑い。                       │
│本人が気づくのではなく、違うところから声をかけられたのだ。..│
│声をかけられれば一考しようかと内心思ってた矢先のことだ。 .│
└──────────────────────────┘


                  ,.:'.:i
                 、'.:.:.:i  ,.  - ─ -   、
                 ヾ、.:i/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  ゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\___
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,____.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ー、≡ゞ
                 ,r.:.:.:.:.:.:.:, =ロ/_ヽフ/.:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                , ' ,、ヽ.:.:.:i´   / 衍圦``、 ̄l/ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                i l ゝヽ´   { i弋ノ  ,〉,丿∠_.:.:.:.:.:.lヽ、.:l
                ヽ ゝ、l     ゝ `ー-- '  〉_ヘ.,、.:.:,、.:.:ゝ リ
                 ヽ,、 `i     ` ‐ - ‐ '  /刃/ゞリヽ.:.:ゝ
                  =‐l、            liノノ ===} //
                _,,-‐''"´ヽ     ー 、 〆、/  /      声かけないの?
              /  ゝ、\  ヽ    --  , ‐'` '"
           ( ( /      ヽ、ヽl\ヽ , -‐''"´            じゃあ、おねーちゃんの代わりに
             l        /_() ̄/、               ボク、行ってくるね。
   テクテク       ゝ       ゞ   ヽ'  ヽ
┌──────────────────────────────────┐
│正直 気乗りはしていなかったが、助けようかと思っていながら黙っていた件を   │
│他人に気づかれたというのは、恥ずかしく思う。別に万人に親切にしようといった. │
│義務感を抱いたわけでもないのだが、冒険者としてのポリシーに反するというか。. │
└──────────────────────────────────┘

74◆iWAc./ZK.62014/12/26(金) 12:33:56 ID:Djpv36GA
                          ,. -- 、
          ,. -- 、    __,,.. -──-<、    ヽ
         /    、>''"´         `''く   }
         、 .r、/        /`        \k'ヽ
         `y'ア         '    | `ヽ.     ∨\、
        ./, '      /   |   ,ハ_,,.. ハ    || |:::|>
       /:::/  /   /___,  l|   |/  | / !  l  ハ./::/
      ./::::;   ,   ; /|  八  | ._,,. ='" |  ;  /く/
      ./__/!  .!    |/ |/_ \|   xwx..| // .|      (行ってしまった……)
        |  .|   | -='"´   .       .レ'  |  '、
         、 ヘ、   ! xwx            |  |    \    (ここで見過ごすと、あの男の子には
          \| 、_,,.ゝ、    「 `ヽ ι ;   |   ';   ':,    助けず見捨てたってことがバレるか)
           /;   ハヘ、        ,.イ|.   ハ  l   !
          // /  /|,>- ..,,__,.. イ / !  / l| ./   /
        ,'  ; /、 /_」__ _,r|___,|、 .レ'   //  /   ……行きましょう。
        レ'´∨ .)´ /:::::::::{ト----‐'´/} ̄`7ー- 、 ∨
            / 、/::::-=rア´こ`ヽァ、::::::::::;    \
┌────────────────────────────────────┐
│声をかけられたものの、ここにきて助けるべきか助けないかと                   │
│華扇が戸惑い 迷ってる最中に 男の子は先に声をかけに行ってしまった。        │
│こうなれば今すぐ決めるほかないだろう、でなければ向こうに不人情だと蔑まれるか。  │
└────────────────────────────────────┘



   . ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..: .
  . : :(しかし、あの男の子は            .: : .
  . : : 私の何を見て『冒険者』と呼んだのか) : : .
   : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..: :


                                         _,ノ,ァ´            ヽ
                                          /              ヽ ;
                  ,. -─- 、                    ; l l | l / イ,ハヽ\  ヽヽ 、 l
              ,ヘ./:::::::::::::::::::::::::Y⌒ゝ              ; | .l l  l/lハl、 l ヽl \ ヽ l ヽl ;
              7::::::::::::::::::::::::::::::::::'⌒ヽ                   l | l .l/_l_,ィ. `ーッーくヽ l l 、,シ、
              {:::::::::::;ィz'_,.ィ,ノjハゞ!ハ)`                ヽl、l lf" ヾ  l、,_,,ノ ヽ l ハ 、ヽ、 ;
              ヽ.__.イ frテ Y-fh^/}′                  ; ヽl、l、lヽ= '     ; l l.|' ヽヽ ヽ
               〈.(ヘヽニ´ノ  tァナ′                  //`ィ、    ___ _,ノl l.|   ヽヽ ヽ
               .,.≧-へ,.、_ニィく                     ./ / / l l`"-┴ュニ_/iヽリ    ヽヽ ヽ
               |丗〈:::ヽj__;Ll⊥;ヘ                 /  / /  l | ; ,イ_ヽ/ _」  ヽ ;    ヽヽ ヽ
               ||:::| ヽ:〈仙´|」>'::ノ                  /  //   リ ; /  EO∃   l ;    ヽヽ ヽ
┌─────────────────────────────────┐
│流れのままに、華扇も声をかけ 話に混じることにした。                │
│少女の方も、ただの庶民らしき男の子に話しかけられ逆に戸惑っているようだ。.│
│異性を意識する年齢には見えないが、少なくとも同性の方が話しやすかろう。. .│
└─────────────────────────────────┘

75◆iWAc./ZK.62014/12/26(金) 12:36:19 ID:Djpv36GA
とりあえずここまで

そこそこ人見知りで良い感じの貴族令嬢キャラは三千院ナギしか思いつきませんでした
イメージに合えばそれでいいか、あとバーロー

76小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/12/26(金) 12:49:15 ID:21M/yWgw
歩く殺人事件発生器じゃないすか!やだー

78小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/12/26(金) 13:11:12 ID:/FegCRD6
乙ー

マナカメラとバーサタイルだったっけ?があれば複写も簡単なんじゃね、とは思うけど
マギテないしな華仙ちゃん。マギテなくても使えたっけあれ?

79小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/12/26(金) 13:30:31 ID:ZXir3axQ

バーロー登場は予想外でわらった

81小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/12/26(金) 18:38:12 ID:Eh5X3UuY
乙!
バーローの推理力の片鱗が……

関連記事



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する