剣と魔法と邪道プレイ 第128話


239◆iWAc./ZK.62014/11/08(土) 20:55:48 ID:9TcIQ8Dk

|  |  | |   _√      #  '   メ : .     .':
|  |  | |  ';'    .,   ;,'      ":
|  |  | |    ._______          .':          .',';:
|  |  | |    |    ___    ||  i'`'i
|  |  | |    |    |ゝ::::::ζ\ ;||   |;`;| # _ '   ;'; : .   ',          '.;.
|  |  | |    |    |\;;;; \';、\.|  :|':i;;|           ',      #;.
|  |  | |    |     ̄ ̄ ̄ \';、.\|;';;;|:. ゚ ;゙ ゚v-=-    :::
|  |  | |    |             .\';、\;|    「;.':"            ";ゝ]
|  |  | |    |          ,/ ̄. ̄'\';、\、_,_,_,_,_,_,_;.',;: >
|  |  | |    |          |\___\';、\..:::::::./|  <  '  .':"" : . #;.
|  |  | .ヽ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|__;_;_;_;_;!─\';、\,_;l/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  |_|/ ゞ;;:_ノ ;;:゙´    ゝヾ       "~''ヽ/           _
  _,,    "" ;;  /ヽ                    ∂    :l;;;;;;ニii :: ⊂∵⊃
  ヽ/  _       ̄';;;          ;;:    "`
     //                    lゝ
                    ::'' ;,            :' ;
┌──────────────────────┐
│目当ての魔剣を手に入れ、その副産物である財宝や│
│機械からの剥ぎ取り品で十分な収入を得た私達は  │
│廃墟から市街地への帰路につく。               │
└──────────────────────┘



240◆iWAc./ZK.62014/11/08(土) 21:06:40 ID:9TcIQ8Dk
   ,;r────ーュ  ; |l| \`l::.  |  ;γ´     'ヽ     γ´       'ヽ        :,
  ,, || ̄ ̄|| ̄ ̄||   :|l|,、 .:i |::.   | :; || ̄ ̄|| ̄ ̄||    || ̄ ̄|| ̄ ̄||     ;,.:'
,;:.: " ||;;;;;;;;/||ヘ ;;;;|| ~;:|l| \i |::.   |  ||;; ;;;;;;;||从_,_.||  ,";; ||;;;;;;;; ;||;;;;;;;;/|| ,'  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
;   .,;||==||==||  . |ヽ,//'i |::.   | ;: ||;;;;; ;; ;;;==|| .;:,   ||==||==||    /.lニニ;.,;X,lニニニl.ヘ
   ;;||;; ;;;;;;;||;;;;;;;; ;|| ;  | :_ \i |::.   | '' ||\; ;;;;;;;;;;;;;;;;||    ||;;;;;;;._____  .;:' ,||#;  ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ;:,.
 ,  '{ニニニニニニ} ";; |´ヽ\レ::...  |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'| ;.  |. /////////|、_  :||___||___|| ;:
    : ::::::::::::::::::::::::::::   |\,/´i:\ ::: |:   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ;:.  ////r  ̄ ̄ ̄  `ヽ、.  ̄ ̄||!i!i!i!i!i!i;.||
____________________________|  | ̄| :::::\|______ ,、_//|l>/         |  \ √||i!i!i!i!''',._||__
_,|__|__|__|____|\|_|::::::::::::|::::::::::::::   ,.r ´ ̄  {l、 ll,/    i / ,   ,ィi、  トゝ..||i!i!i!"' ̄||::::
,__|__|__|__|___|::::::::  \ :..i>::::::::::::  レ´`>' r,‐ >|    // / ,.ノ/ } | | `. ||!i!___||::::
_,|__|__|__|____|::::::::::::::::::::\|____ /  ゝ-<|  .| l/ .| ./ ,/ /,--l/l | _____,||::::
ニ  - ≡                       /  ,.イ / ,}  | {. ,rV´    ,.--、レl|
                   Λ二\     .レ´__|_/ノ__A ヽ l{  ,--      }   ..=
                   ∨_,,,;;;;/,,.、.,.,,.、.  |     `ヽ l|ヽ  ,,,   `  ,{    華扇さん、上等な槍を
― ー二                  ニ   ≡ ヾニ>、ヽ >,<,} ヽ、 _  ‐' /ヽ    手に入れて良かったわね!
,==f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ ====''''…=========..r――--<} / ヽー―- -/ ヾ_,.//.…==============
.  | いえ、売り払って   |                  {ニニ-、  Y  / `ー―‐'ヽ、>-{--,-
.  | 皆と分配しますよ。  |                      } /  | , .---、    ヽ }-'_____,r--、
.  乂________ノ                   / {   レ'   ヽ    Y {::} l{:::::::}}、
                                     (__ ヽ、_ l      `ヽ、  ,} >-ゝ=='ノ
                                       ̄   ヽ   /   ゝノ-'/´\\:>
┌───────────────────────┐
│その途中で今回手に入れた魔剣の使い道を考えるが、 │
│やはり既にある白詰草の槍で十分だろうと思い至る。. │
└───────────────────────┘

241小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/08(土) 21:18:32 ID:gLY6rX5o
マミ天使

242◆iWAc./ZK.62014/11/08(土) 21:20:18 ID:9TcIQ8Dk

                   ,. '" ̄`ヽ.
      , '" ̄`ヽ _r‐<´ ̄`Y      ',
     ./  r>'"/        ヽ┐   ノ、
     { r/   '     }`ヽ `ヽl>-rヘ_」
     r'7  .;' /|   ./_ ̄ハ  ハ  八\`ー─┐
     |/   |/'´_」   /ァfてハト  | 、  \\  ̄
     .;' |   | ィ'f'ハ、  '  j__,ン  八 \ !\」
     /{ .|  八| j_り \|     |/,リ「  ̄`|                                  えー、なんでー >
   く/|八レ'  |    '       / ´  |  .人
        ヽ /、   r 、   //   /|  ,'   ヽ.
       /イ へ、    / /| _/_  /   ; }    武器の質はよろしいのですが、
     / /  / >-rァ'|/|:ァ'"::::::`ヽ. /レ'     魔剣の性質が私のスタイルに合いませんので。
    ,:' /| /|、 ./ f斤:::/::::::::::::::::::ハ' }
     レ'´  ∨  レ∨_」ーイ/::::::::::::::::::::::::| ./      それに、少々 軽すぎて威力が弱いのもありますかね。
           r'アrヽ:::/::::::::::::::::::::::::::レ'
           /{八ンノ}:{::::_;:-===-、/
        /`ヽ、-ァ::'::ヽ/::::::::::::::::∧\
       /ヽ _ンノ::::::::::::/::::::::::::::::/|__|\|
┌───────────────────────────────────┐
│投げれば魔法ダメージ―――防御力の影響を受けない投げ槍は確かに便利だが、 │
│私ならば魔法を撃てばいいだけのことである。それにこのレベル帯にもなると、   ..│
│魔法ダメージを軽減したり耐性を持つ魔物も増えるので                   │
│むしろ物理攻撃の方が通りやすい敵もしばしば見受けられる。                │
└───────────────────────────────────┘
                    //
               〈::〈 _ __  /´ ̄ `ヽ
             . -‐‐' ´: : : : : : :` 、    .
.      /´  ̄ `Y´. : : : : : : : : : : : : :\: \     }
      l     /. : : : : :{ : : : : : : : : : : :.\: \__ノ
      |   /. : : : : : :/:!: : : \: : : : _: : : :.\. \≦≠ ニ二フ
       ゝ.__/: /: /: :.ィ.升ト: : : : ヽ:´\: : : : : :)>:\ \ \
       ノ: ノ!: l: : :|:l:|:.|:ノ\: : : .!: ,ィ≦k: : : \: :}: :\ \/
       ///l: :!: : :!:l:|人  )\: :}´ i以リハ \ )メ、}ノ:.ヽ
     く/〈./人:j: :从八x==彡 )ノ """.|:i: : : : \:\:ノ: :〉
         /:\: :.Ⅵハ""  '     リ:i: :\: : :.\ :ヌ´    それに今回の探索で得た財宝全てと
  (´ (..,,___.  /: : : /)ハY入   / }  /く: : : :l\: : : )      引き換えにしても、まだ余るほど値がついてしまいますから。
  ` ー--  /: :/:.//: :.:i:|: l }≧= i |<.┐ :): : :ノ ハイ
          レ〈:.∧!: : :リ人!:F干| .j´ニ.|イ⊥く ⌒\    ……といっても、別に値段を気にしてるわけでもないのですが。
            )/\:.(`Y r┤厂 ∨:::::::://       ヽ
          /   ヽ) | j::ハ厂   |}`ヽ:j/        i
         /       Ⅵ::::{〈し'⌒ リ }:〉/         .ト、

243◆iWAc./ZK.62014/11/08(土) 21:24:36 ID:9TcIQ8Dk
≦二 ̄i i .:戈≧≦ ̄>、       . . ::::::|: : : : : : |:::|戈/     /        (\'               Y ヽ
戈≧イ ̄\_!_人_>' \ ̄\   ..: : ::::::::|: : : : : : |:::||/l|    '        )`|               |--ハ
 ̄\/ ̄ _!全ァ、  ̄≧==-、_∧_: : : :::::::|: : : : : : |:::|У|   /         { ̄|                j ノハ
\  \_./ // / ̄ ̄\`ヽ!≧ァ、__>、::::::|: : : : : : |:::|_|  '    !  ゙.    >‐、            ノ⌒): : :..
 ∧__/./__ノ  ! ̄\∧.人_| ̄》>< ̄∨\三二≦三\!./    |l   :.、 : . ゝ、,>、        ,.ィ、__/: : : : :.
 ̄ ̄ ̄\! \ノ ̄ ̄ ̄|!\  ∧_∧_!/ ̄>、 \.,、 / !    !:! l  :.:、: : : : (  ノ/'7ハ-r‐、__ノ   }: : ヽ: : : :}
      \ |     ./  ∨  /.> \`ヽ  ||ーく .〉:i:i:i:i.|   !: |:|ヽ ゙.__..-: : : : :゙⌒ヽ/::|_|::|  | Yヽ-''’: : : l:.: : ト、、
___      \    / \   \〈:::〈   ≧ノ  ∧| ̄. ,′:.:|:.: |,r|:r‐≦ヽ: : : : : : : :| : : | ::| |::|`"⌒’.:|: : : : : :|:.  |ヾ:、
    >、    \./   |\   \_>―イ  |/\ ハ: :.|: :.|:. :!  _ゝ|-、ヽ.    |   | ::| !::!:  : : : :        |  ゙.:l
  /   :\    /   .∧_≧、_>〈 ̄>、リ   ..| |!: : |   !:| |r''_、ィxXア、    !l  | :,' |::|:.   | |        l  |.l
_/ ̄ ̄!__ >、./     l∨\  /`ヽ,人__∧―<_,| | 、:::l   !:| |彡<ハc リ' l  ,'! l |::l |::|:.   | |      |  ト、  l.!
\___.>'´   \  ,,,,人_/ ̄〈   .|  \\ \__ | | ゙.、 |::|ハ  \!/  |  :!:| l |::| |::|:.   | |      |: |ヾ..||
/  | /     .......∨     >、 . \人   \\::::::/.ヽ!  ヽ| ハ:::::,'   ‘  |:.:.:.|:.! |l:::| |::|:.   | |      |: ! *:. ||
_   人 \_...::::::::::::.〈         >、|\\   \\|:::::....`ー‐Y |∨       l:.:.:,':.:|  !:::! l::l:   ,イ ハ.       |:. |   ゙ :||
                                    |:ハ`ヽ     ,' :.:|!:.:| ,'::,'  !::!: :,',' ハ |     ヽヽ   :|l
    今回 パーティに招かれた手前、                   | :|:ヽ、__  | :.ハ:.| ,'::,'   |::|:. ///:.:| ゙.     l ゙. ゙. |!
    魔剣の在り処もそちらが手に入れた情報なのに    ..| :||: : : lヽ. ,':.,' |!:|,'::,'   !::!:///゙.:! 、     !゙.!\、/|
    肝心のお宝を独り占めするのは              | :|゙.: : | リ,':!/!リ:::l    |::|://:ヽヽ:ヽ.ヽ  || |  /、!
    流石に甘えすぎだと感じます。                   |:リ ヽ.l: :.Vハ|:.:「/j:::j  ,イ :!∧ヽ::\\:、   |::| |/ / `ー‐
                                      |'_,r─\.|| |!:.:|'/::/ /,':/_..-ァ==-、ヽ  |::| '
                                   ,.‐ァf彡'⌒ヽ:/ノ|フ-//::,'_ィ;;//'//    ノヾ.、||'
                                    r〃{爻斥刈 ,イ{fr| r /:::,'´;;;;/ /'::/    / .'ハ.:|
                                   __Lリ人Y、ソノノ/)八/ 人 ::|;;;;;/_//    /  ,','  ゙.ヽ

244◆iWAc./ZK.62014/11/08(土) 21:36:34 ID:9TcIQ8Dk

    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ         F =‐_ ._
    | なにより金に困っている訳でも無ければ     |         l    "''‐"、、
    | 守銭奴じみた真似をする必要はありませんし。 .|        l          `i`ヽ、
    乂___________________ノ        _l_          ', ◎ >
                                    ,_= ニ、 ̄_,..-‐ ''"7'ヽ.      ヽ ㍉、
                                   く  ∠ァ‐ァ ァ テ、ノ  ゙、、、   〃 ',',>
 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ               ヽ_,.ィ,  i i .iλ ゙̄、ヽ‐ァ.',゙、ヽ、/ /ll
 | 武器に防具にと必要な装備は  .|              ,r' .i.,' i ト、i 、、サ、ヽナlゝ、!゙、ヽヽ<.   ll
 | もう揃えてありますから。     |              ヽ_ .l!ll ',,l.、、_\ァサテ!.K.__゙、 `<    ll
 乂_____________ノ              (l.',ト `ト 以. `) ゝ‐'リ /.l  ',>゙、   ll
                                     /',i゙、.',゙、 ` __   ./ノ_,' i ト、i   ',  ll
                                   ε- .// ,.‐`>`, 。._ ィ,'.iイ./.,'∧,'   .', .ll
                                        ,',' (i/リ,.イー<iー',リ>`_ ̄_ ,r'7    ',ll
                                    ,..‐''"//< ̄-〈 .ノ<.,_  /ヽイ   .,、'j、
 <それもそうね~                       ,..'",   /.,ィ/ 〉',' '7 ト、,r'´‐'  i i   .〉ィ ',
                               /‐'ァ,. / /_/ / ,' ' .,' ト、    l  i  〈 i  ',
                                 / ,.'./  /  /,.∠r'   i     .l` 、.、   l゙、    `'  .',
                                /   /./  ,'  .レ 〈     .,'  l  ヽ`ヽ.ト、 、      ',       i
                               /    /  ゙、,.‐ ''ヽ'  , l゙、  `ー L、 、ー- ..,,_',_,.._ノ
                              ,'   /,‐ァマ`' /l`ー ゝ-'" ,' Y、    ト、`ヽ`ー- ._,..‐'"
                                i i .l /    / l        i .,' Y.、  .l ` 、 ` 、 `ヽ._"‐ _
                               リ! レ',.. ' ,r'   l O   O .レ,ィ..〉 レ,、 ゙、 `   `ヽ、 ヽ`ヽ ヽ
┌─────────────────────────────────────────┐
│最終的に魔剣の番兵を倒し、槍を得たのは私だけど、だからってお目当ての物を独占するのは  .│
│冒険者としての流儀に反するのは言うまでもない。織莉子のような後衛は敵を倒すことは無いが、 │
│回復や補助で他人を支える存在は強敵との戦闘では必須の存在である。                  │
└─────────────────────────────────────────┘

245◆iWAc./ZK.62014/11/08(土) 21:49:59 ID:9TcIQ8Dk

┌──────────────────────────────┐
│だから今回のように、冒険での貢献の度合いや撃破数とか、       │
│もしくはレベル差で推し量るべきではないだろう。最後のボスを除けば、. │
│そこまで高レベル相当の実力を発揮したわけでもないし。           .│
└──────────────────────────────┘
                         / ̄ 丶
                           / ̄ ̄\\
                       /::::::::::   ::\\
           ___        /::::::::::::  ::::::::\\
              / ̄ ̄ ヽ ̄二ニ=- <             〉 ヘ                        _
          /      \   _ `ー─ 、  :::::::::/_ ヘ                 ,...::'::´:::::::::`::丶,
           ̄ ̄`ヽ、  _>、 {\\   i :::::::::{ 〈vヘ} 〉                /:::::::::::::::::::i:::::::i:::::ハ
           /   Y´   \_  \  | ::::::::::〉 `Y く             /::::::/::::::|::::::::::|:::::::iミ;、::、
          ∠斗‐=≦!     /   ヽ    ト、:::::// ! ! 〉               /'i:::::::i:::::::八::::::::|斗_!.i:_`゙_:i '_
            { -=≦´ ll    { {     ∨ / j Y /   l l′               i|:::::i::::マ,≧,ァマ::|´芯.'|: ̄:| 、
            \/ /   |l    N    r}/  \ ` 、/ l l                 |::::i::::∧´.   ,゙'!.  ̄.|::::::::|
          / / ィ' 斗ヘ、  ヽ ‐- 、ヽ     ヽ} ヽ  l                |ヘ|:::::::|ヽ、 , .   斗:::::i^i
        / |/| / { N  ヽ  〉=- /イ ̄ 兀ア   ∧.l|                    |i::||  ≧ ≦ ソ|ヘ!リ
        \_|_ヘ{ 八 {テ示 丿/坊抃、 }  }∠     i ||                ___!|_!/ `x´ ヘ、|! ´
.          _,.斗  \ ゝ-Vソ/   Vソ //}   j   l`ヽ、 | ||                ハ  | ヘ、r-.->/ ̄7'、
_    -‐  ´       ノ /イ {       //  /   l{_ ソ}||                    i ゙v   |;;;;;|゙   v .i
      ,. ´      r一个: .   -    /} /´  八  ア  ||                | ./    .i::::i   ヘ l
     /  ´    / ,ゝ  く  ≧=ァ /ハ( _{  ヾ \/、ト、          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
-=≦/ /  /   〃 {∧ rーヘr→、/人{_, 、   >┐}   ヽ_/ \       .| 二人とも、話は分かったけど     |
. / /  /    {{   ヽ{\,人:::::厂{ ヽ、  >ァ/ノ八  〃 |.|  \    ..| 取らぬ狸の皮算用をしても      |
  /  /   /     _,. 斗/  ア{ /}ア/   厂(   V/  |」   \  <. 売れなかったら仕方ないことよ?. |
.   /   〃    /´  // / /レ′ `´   /   \ L{_j       ヽ.  ヽ ______________ノ
 /       {{     八 /   /   { 、      /       ≧=-     _,.斗‐=ァ

246◆iWAc./ZK.62014/11/08(土) 21:54:46 ID:9TcIQ8Dk

          / ̄ ̄`ヽ    ___    _,、_ _/ ̄ `ヽ
          /    _,,..-‐: : : : : : : :.`Y⌒ヽY       \
       l   , -'": : >==-‐<::_└--)|              .f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
      |ヾ、|  /: : :/: : : :.`ヽ: : : : : : `ヽ(rヾ、_         |  ..| 価値の高い魔剣なら
      |! 〉>":/::/: : : : : : : : : \: : : : : ://: :〉 |/__      l  ..| それだけ買い手も絞られるし
.      X.,:': :/: : /: : : : : : :ト: : : : : 丶: : //: :〈_rvト、  _ _/   .| 素直に相応の値をつけてもらえることやら。
    /´/: :/ : : l: : : : : : : :l: :\: : : : :∨/: : : : : :) |!_〃三) 〉   .ヽ___________________乂_
   〃 / / !: : : :!: : : : : : : :ト、: : : : : : : l/: : : : : : 辷-{ゞ._ノ〃      |ヽ
.  /   ,' /: :l: : :.∧: : : : : : :.| ヽ: : : : : !: : : : : : : :';: : : :|: :\\__ノ: : 〉
 /   l/: : ∧: : |ー';:: : : : : :.|-─\: : :.|: : : : : : : : i: : : :|: : : :\: : : : : :/
.    !: : : : :.\|_ヽ: : : : :.l  x==゙ 、!: : : : : : : : !: : : :ヾ: : : : :>-: <
.    l: : : : :/〃丁心\: : :l〃下孑七Y: : /: : : :,': : : : : :\: : : : _: :\
.    l: :/ ∧: :|! V:::::l  \l  l::::::::::::/: :/: : : :/: : :.ト、: : : : \: :\  ̄ ̄`ヽ
      ∨: :|: : ∧ V ノ     ∨辷/: :/: : :/: : : :ハ: : : : : : :ド、: :ヽ     ノ
      \!: : : ハ"" '        ""//: :/: : ://: : l: : : : : : :! \: :':,      それは冒険者の宿の亭主に
         |: : : :人          < __ イ: : :./: : : : イ : : : : : /   ヽ:.l       .任せる他ないでしょう?
         | i/: : : :ヽ  丶       イ: : //:/: : : ハ: :./\(     ソ
         | ト、.: : : :.|: >: . .__ . r <  ,!: : :〈∧ノ!: :/ !/            マジックアイテムの売買を制限した上で
         |/ \: :人: : : : : :ト-|、  / ヽ: : :>┴f  ̄ ̄ `ヽ           仲介料取って儲けてるんですから、
           )'   ̄`ヽノ .|:::Y/::::::: ̄:::::::::/       \       それくらいは苦労して頂きますよ。
                  イ::〃::::::::::::::::::::::::;'            \
               / /::/::::::::::::::::::::::::::::|!/          \
              /  /斗示ミ、::::::::::::::::: l!|             ∧

※「冒険者の宿」の収益源は依頼の仲介料の他、
 遺跡などで得た美術品、マジックアイテムの差額や手数料で儲けている。
 宿としての機能による儲けとかは二の次。
.

247◆iWAc./ZK.62014/11/08(土) 22:25:36 ID:9TcIQ8Dk
┌─────────────────────────────────┐
│織莉子は金にこだわらない、むしろ金の話を敬遠するのは                 │
│“穢れ”持つ蛮族を嫌う、綺麗好きなライフォス神官ということもあるのだろうが、.│
│私視点から見ても 度が過ぎるところがある。                          │
└─────────────────────────────────┘
              ]_」L:___」L____」|__ |》〉                       /7_」L_:.」L____.」L
                ]「 ̄ ̄]:[ ̄ ̄ ̄]匚」[ ̄][く《                       》> ̄]匚 ̄ ̄]「 ̄ ̄]「 ̄
                  ̄|「    ||  ̄ ̄|「 ̄ ̄/7                       }「 ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄l[ ̄
               __,」L__」|____」L_ィ'〈                        |ト、 _」L____」L:._:.」「 ̄
                  _||     |L    ̄l|「  》:〉                          《〈 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄
              ,...-―ー-、.:__:.」「 ̄|_」|_<:.<                        》リ__.::|L_:__:.」L__
                /:::|::::::::::::::::::ヽ. ̄ ̄ ̄||r=ュ___L_》》                         /7 ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄
              /:::::::::|l:::::::,ィ-i<>l.___」L三三} /:く                            く<    :l|____」L__
           /:::/:::イ´\:::lrュト<!l「 ̄ ̄ ̄|{|回L〈 _:〉〉: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 》l》 ̄ ̄|「「三三三鬥} ̄:;#《
            /l|::l:::: くヒリ ヾ'`¨l::::|   なあ、……あのさ。.: : : : : _/: : : : : : : : _: : : : : /: :: : : : _/く_   _:.:|8{三三回「三三}_:._
          .| |li|l::i::: |、 r- 、ノ::::l   話に興じてるとこ悪いんだけど、.: : : : : : : : : : : : : _/: : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
             `|l:|l::::l::>-r イ|i::/   この辺 少し空気が悪いぞ。
              ヽ∨ /ll´ ̄>、_
             /,"´ >'7`-'´  /ヽ   気のせいじゃないよな?
              /´ / /     (   ',
               ,〉'′ / __  ノ-r、  l_
            ノ′ //     / 冫´   `i
         </_γヽ/    / く     __冫       ※織莉子の前だと強気に出れない一面がある
            `〈(_)、_ノ|     /  `i_≦´ ヽ
         ,/``/  l    l     /  /
        .//77    |      ヽ   /   /
┌─────────────────────────┐
│人のことには熱心なのに、逆に自分には気を配らないのは  |
│彼女の神官として育て上げられたことによる悪いとこか。  .│
└─────────────────────────┘

248◆iWAc./ZK.62014/11/08(土) 22:31:21 ID:9TcIQ8Dk





                 |ヽ/|_::::::::r| .::| /.::::  _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 :._,,_  :::L、r‐//┐ ,、:
           ビクッ   \   /.:::r┴冂、 .:::://\| ::::ト、__ : : :||_'//、п _,. <:::::::;_} __:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   |__>r┴、_|_|_|:>:::::〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T,,..::":::::::::;>"     ` `  、. ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄
-TニTニTニTニTニTニTニTニT《┴┐::| .:::|_rェ :::|:.:..|-i_::_r√ソ.、 _   /::::::::;>"       ヽ    \_.」L ___.」L
~三三三三:.三」L三三三」L三三〉〉┬┴┤ .:|_;!:..|:::..|::::.|\.::::》:.> `ー´¬>"           }  ヽ  ,、.「 ̄ ̄]「 ̄
 L l「 ̄ ̄ ̄|「      ̄ ̄|「 ̄ ̄|r'.:|  .:|ー:|_ .|::::.l\|_;;||;;:./,     ::}:::: /  i     /  j /ヽ  !  !ヽ、.. ̄ ̄l[ ̄
 ]_」L:___」L____」|__ |》〉 ~゛`┴::-'⊥::.∟ロ⊥!::::::::::::'´  j {{`ヽ!::::: |  |  | /!  / /  ⌒jト  | }}.」L:._:.」「 ̄
   ]「 ̄ ̄]:[ ̄ ̄ ̄]匚」[ ̄][く《:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::._ノ   j: |.  \,ij/,}}j  l   斗j七//   yfトv '  ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄
     ̄|「    ||  ̄ ̄|「 ̄TニT ,,              /jノ! {:: ::.:.,.〈 ̄(;} j!::. .:':,  |' j>    'ヒソ j;ノ 、
  __,」L__」|____」L 三三三`    ,.        '   {人 ::/|/ ヽ'jハj(\:. .:\{ィv_;リ     、''i^ヽ ヽ
.    _||     |L    ̄l|.⌒ヽ.l「 ̄            .  .....'   ヽ{ ' j" ̄  ̄ミ::ヽ廴 _\'''     , ノ:::>' ノヽ    あら、ちゃんと気づいてるわよ。
                 ]_.)L:_                       ≦こ;;≧、::::{ \::::{、    ` _/:::/ Y´ }/ }    向こうの瓦礫のあたりに複数名ね。
                _,. -‐…‐- ,_ _                   l´  ̄`ヽ:::ヽ:jヽ ||`ー ̄,,`7/(::::::::<、 `lノ' /、
     .r …‐- 、: : / : : : : : : : : \  ヽ_               `ー- 、.::ヽ´ ||::ヽ、_ ::::||// ヽ;/イ'V }ノヽ.:ヽ
      〔__.      YY: : : : : : : i: : : i: : \  _}                     {   >:;八 jj ``>-i」へ、〈  /ハヽ  ) .::}
      .{:. :.     _}_}: : : : /.:../|: : : |ハ: : : ヽノ                  |//  vj <_ , イ|ji |\_>y" j: }、:Y..::ノ
     .人: :.:. :.:i. ア.ノ: : : /―: :|: : : |―..:.:i: :i               ,ィ .::>‐イ"´    ヽ    //|| j  〈     ヽ |::/
     /⌒ )>u匕ノ: : : :/:/___ノ|: : : |_|: :|: :}            .( :::(   ヽ,..::::::::>/:  〈/ :jjレi ..::::〉::..   ハ彡ノフ
.  _,.´ //: :/: : / : : て刃かテ |: : :刃か :|: :|              .ヽミ_,  }-ー-{、::::::.........:::ノj、::..:::::::ヽ:::.,>‐:≦ヘ=っ
     ( /: :/: : /: : : :,イ乂ツ   |/乂ツ}i.:ノ:八
    ../: :/: : /: : /イ}       '   ,小:{: : :)
   .../: :/: :ノ: //:.込、   __   _攵: :.|Y   ああ、左に3人、右に2人、
   /:_ノ.Y :/:イ Y´:..:.:.}:>: . __. ィ´} ヽ}ノ    あと後ろから2人以上ですね。
  ..(:(.  人(   ノ:.ノ 「 ̄ ̄ ̄}}i{^}ノ.:.|. /
    .\(   `Y / ⌒ ヽニ=‐-.}|ir[]rin,      さっき回りこんでるところを
     ´,  /: .     :}}:. :. {_{ロ{包い、_    チラリと見かけましたが。
       .Y´: :    . : ∧:. :. :. `¨弋にツ \

249小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/08(土) 22:32:24 ID:.k23uwWc
先制で魔法叩き込んでしまえw

250◆iWAc./ZK.62014/11/08(土) 22:39:05 ID:9TcIQ8Dk

              /(_
     ........._  __     (
, r``⌒    ⌒   `\   (
        ん  ヘ   \. ´
   /  ノ /´ \  }ヘ ヘ_ ヽ
ヽ,  lー /~ノ    ヽ 卜-〉 }  〉
メ l ノ ノ/     ∨_ヽ〉∧ }
~) リ ノ{i::::ji|      {i::::jii|ノ ∨  (場所まで突き止めて自信あったのに
く ツ 辷zリ      弋cjリ )     華扇ちゃんが上を行ってた)                   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
`⊂ニ⊃//ヘヘヘヘ、/////厂)                                        | へへ、お嬢さんたち
. `\___∠_____ゝ__ノ/人                                          | 女所帯とは結構なお身分ですね。
\ノ /(:::::-∪-:::}   し// 人                                           ヽ_______________乂_
-´//~`ソ:ハヽイ ノ  ~て__/ 入                                                        ゴソゴソ‥
┌────────────────────────┐
│あえて物陰にも聞こえるように大声で伝えると、       │
│それで不意打ちを断念したか 改めて勧告するまでもなく..│
│潜伏者らは姿を表す。                       │
└────────────────────────┘

251◆iWAc./ZK.62014/11/08(土) 22:45:51 ID:9TcIQ8Dk


                , 、 ,,.._                                   _________________
             l    `"'' ‐- ,,.._                         |                            |
                l               `"'' ‐- ,,.._                 |                            |  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
              l                       `"'' ‐- ,,.._        .|..     ,,--、.         ,,--、      .|  | 気分上々そうで、お宝手に入れたんだろう?. .|
              .l           ,,=-、                 i         .|.       (:::::::::)       (:::::::::)       |  | 命が惜しけりゃ置いてってもらおう、        |
           .,;ヘl  ,,,,_       《  》       ,,- 、      .|         |       `'''''´       `'''''´       .|  | そうすれば殺しまではせんよ。            .|
         ∥ ヘ/三三ニニ=zx,,`'''" _        《   》       |      ..|                            |  乂___________________ノ
          .∥ ∥~゛''‐≠≡ニ/ _,,. '´∥        ゙'''"       .|        |             /\           |
    ∥\   ∥ ∥ ,≠弐弍ヽ,``∥  ∥ /ヽ           |       .|             '──‐          |
   ∥lllllll\ ∥ ∥ 〃'y=ミヾN ∥  ∥∠,_   ヽ          |      |                            |
  ∥llllllllllllll∥ ∥ .代   ミノリ ∥  ∥lllll||     `           .|        '=zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz='
  ∥llllllllllllllllll\∥   ヾ=ニ=彡' .∥  ∥llllll||               |      ./!.. ̄ ̄/|        Θ  |::l    .ヘ ̄
 ∥lllllllllllllllllllllllll| ̄~゛'' ‐- ...,,,∥,.- ''lllllllll||≡==‐z- 、....,,,,,__    |    /  |  ../:::|          |: l:     ヘ ヽ
  `ヽlllllllllllllllllllll"〃~゛'' ‐- .,_/lllllllllllllllllllll||ニ三三三三三三三二ニ/ _,,∠. -‐'''"~´| ___,...‐i     .| l     ヘ ヽ
     `ヽllllllllll∥ミ=ー=彡《lllllllllllllllllllll-‐ ''      ̄"|,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        .|=|   |   |      .|. l.      ヘ ヽ   【戦闘型ルーンフォークLv9】
        `∥lllllllllllllllllll ll-‐  ̄           |=|            |          |=|   |   |    ....|  .l       ヘ ヽ   6レベルの魔動機術と、9レベル程度の
          ∥llllllllllllllllllllll ll             (=)  |=|______|_ ,,.. -‐ ≠"ニ|__.!,. ‐T      .|  l      .ヘ ヽ  戦士能力を有する、データ的には魔物データ扱い。
        ∥llllllllllllllllllllllll ll                 |"ヽ_______l\==≠≡ニ/__/_  |      |   .l       .ヘ ヽ
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄                   |             \\'' ‐- ,,.._|       `"'     ..|   .l        ヘ ヽ
               |                   |             \\
┌───────────────────────────────────────────────┐
│瓦礫の影から登場したのは「人造人間」、ルーンフォークの集団だった。                              │
│それが複数名、山賊のように物取りの真似を勧告してくるのだが、賊にしては不自然に腕が立つようにも見える。..│

252小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/08(土) 22:46:54 ID:Vm6b/fuw
ダンボーwwwwwwww

253小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/08(土) 22:47:11 ID:.k23uwWc
これは酷いw

254◆iWAc./ZK.62014/11/08(土) 22:53:06 ID:9TcIQ8Dk
└───────────────────────────────────────────────┘
          | | .     \_  ||| :|__l| i|l| :|iZ.|i' ;i├|_:| |≠三三三|::|::li|√}::::| l :;|√ ̄|  || |l : |__ |  |Υ
\へ_     | |      ''  _] ̄||| :|ミ:l!_i|i| :||_.:|i i|| :| |二三二三|::|::li|  |::::| l |    |厂|| |l : |/` |   `| \_,
          |: :|:,     ,「.   :〈_   |||:二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二i|| |l : | 、」√ | 三i
          | |___/. ./.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\._|l__;_:_[二二]___;:_|i__:,__|i__||_|l_:_|_  }、   K_.
          | |  \_./.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\.:l: :_:.ヽ \::::::::|!i===i:]:[ 三三三三 || |l : |  ̄|¬-i|_ ′
   !、_  | |  .../.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ./: : ,ヽ: :\::|!::||::::::i 三三三三三|| |l : ト'′!   | ̄`¨
    Υ    |,: |  . /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..__ ________ \_|.f^l / 〉..三三三||_|l : i三├ 、| 厂
___l∠.__|. :|.. .'.::::::::::::::::::::::::::/.:::// \ :::::::::::::|::::}::::::::::::::::::.. - - - - -..l Ⅵ {三三三三|| |─|‐-_|  ├<
 ̄∨ ̄ ̄ ̄| |  |::::::::/ .::::::::::::::|::::/ヘ _'.::::::::::/}::ハ::::::::::::::::::..: : :_: : : :く ヽト、 ',| i|.  ̄ ̄ ̄|| |l : |   |¬-i|_
  \__    | |  |:::::/ .:::::::::::::::::|:::|//////ト、:: ムニニ|:::::::|:::::::: |...:}\: :..r‐ヘ Ⅵ Ⅵ. : : : ;. :. :.|| |l : i '`┤  |`-._
   / ' \  | |  |::/ .::::::::::::::::::::Ⅳ'////// }/ ァ=く|:::::::|::::i|:::|: : : /: :辷⌒ヽ \ 〉  ]i]__||_|l_:_|l、 |  |
          | :'|  lヘ::::::::::::::::::::::::|///////   ムイi}|:::::/.::::从l : : : : ; ノ: `7     {‐ァ─‐z _.|l : | 、\  lト、_/^
    /\_| |  ...\::::::::::::::::::|── ´    込ソノlイ.::::: '.::::|..: : : : :,:./ |     | |  /|  / |l_:_| |:::\\l| ゝ
         ̄| |    :>──┴ァ     '    ..}::|:::::/.::::::|=====.ハ {/^Yヽ/  く    /. _l :| |:;;   \\
      . :   |:. |   :./ ////////   r=ニ=‐   ./::i|::/.:::::::::|  /  Ⅳ / ムヘ _〉 | ,..il;.  ̄\: ;     \\
            く//////////个:..      イ777 }ヘ ::::::::| く  / ̄f'    / /  i「l/  一応は街の中だってのに、盗賊まで出るか。
               ∨///////ト、「 ̄ 丁「 ̄ l,'////// \ :|  ∨. く|i     /     /.   周りは建物に囲まれてても、こう荒れてちゃ
              },'////// ヽ\ ムrヘ   //「 //ト、    `!  /   i|     /ヽ    |    .街の外と変わりないようだな。
               /\////|    \/.:.:.:.:|\|//|///|/ 77ヽ   /    }、_ /   \ !
             ////\//|\   ,/\:.:.i|  \i|///|///// 77/   rく   {   rく |>、
            /'///////\|_ \/  「:.:.\   \,'/∨//////  /  \ ノ  ノ  マ^7|
          {'/////////// 7777アミメ、.:.:.:.\  \il -=≦{ /    r< /     ∨i|
          |'////////////////////\r< 77777/////人   //    ̄ \. _Ⅵ
          ト、////////////////////////\ /////////ハ / /        / ||
┌───────────────────────────────────┐
│あるいは、あの“魔境”――蛮族領と隣接してるだけあって                  │
│ここいらあたりに住み着く人間の求められるレベルが高いのかもしれない。        │
│平気で上位蛮族がごろごろ攻め寄せる街なのだから、その街が生き延びるために  │
│住人全員が強くなるのは道理である。                                 │
└───────────────────────────────────┘

255◆iWAc./ZK.62014/11/08(土) 23:01:22 ID:9TcIQ8Dk
                  /::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               /::::/ ̄::::ー::´::::`ー:^:ー:´: ̄丶
.               ./:::::/::::::::::::::′:::::::|:::::::::::\:::::::::::\
             ./:::::/::::/::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::\:::::::::::\
            /:::::::| 〃::|::::|:::::::l:::::::ト、::::::::::::::\\::::、
             ||::|{:::::∧. ', /:::::/ ヽ::::::::::::::::::\ヽ 「
.                |∧::::| |ヘ. | \|∨:::::::| ̄ ̄\ _::::\:::::N人
.               ′}::::l |::::N圭圭..ヘ:::::::| ,x<\|:::::lヽ|:::::::`¨¨フ
.               ノィ 、|:::::|..圭圭圭\|   x=ょt }:::::|:::::::`T ´
.             ./;;;;∨::::.从 圭圭圭 /   弋シ ハ/:::::::::ハ|
.              /;;;;;;;;;;;;∨ |::::ト ̄ ̄ ̄    `¨´ノイ:::::::::`く    まあ答えは変わらず、
.             …ー;;;、;;;;ヽl:::::ヽ、    '    , 〈:::::ヽ:::::::ヽ\   お断―― f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
.           /__;;;;;;;;;;;;;;\|;;;; ̄ >=` イ./;;;;\.::::',:::::::| ̄         | 待ってください。
         / \;;;;;`ヽ、;;;;;;;;;\/\   | | /;;/ \| |::::|           ヽ_______乂_
          _/   \;;;;;;;;;\;;;;;;;| .\/  /|\|/;;/   丿'∨
.        ,|.|\    .\;;;;;;;.\ .|\ .\∨ / |/
        /;;;;|;;;;;\    .\;;;;;;;;;ヽ、. \ ◆/  |∨
.      /;;;;;;;|;;;;;;;`\     \;;;;;;;;;;
┌──────────────────────────────────┐
│ただ、それにしても、これだけ強けりゃ賊に身を落とす理由もなかろうに。.        |
│冒険者とは言わずも、傭兵になるだけで仕事が入ってくるようにも思えるが、     │
|彼らにも彼らなりの事情があるのだろうか。以前 手配されてた時の私みたいな。 |
└──────────────────────────────────┘

256◆iWAc./ZK.62014/11/08(土) 23:09:06 ID:9TcIQ8Dk


               / ̄ __`ヽ
              -┴/´ ̄: : : : : : ̄:`:.ヽ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
    / ̄ `ヽー"、: : : : : : : : : : : : 、: : : : : : : : : : : \
    /      ヾ 〉: : : : : : : : : : : : :\ __: : :-‐ : :\: \
  /        |トヽ: : : : : : : : : :i、: : : :ヽ´: : :__: : : : ', `ヽ
  |       〃 }: : : : : : : : : :|_ヽ: : : : ヽ彳、ヽ: : : l __
  l         ノ: : : : :ヾ.: :/ :|  \.: : :| ヾ::ヽ 、: : :ヽ  ̄. .―. .、
  丶    ノフ /: : : : : : : :メ: : : :!≧= ヽ: :|  ゝ'  \: : \: : : : : : :\
    ヽ、゙テ/┌": : : l: : : : : : : : : :ん_ハ  ∨        ', : : :ヽ ̄ ― 、 ',
     7/-┘丶: : :'、: : : : : : : i:||:::::::::〉      `  l: : :/:|、     )'
    //リ: : : : : :゙、: : : : : i.: : : :l: |ゝ-"       ,ィ  /レ': :l: :ヽ     こちらを冒険者と知った上で
   //  |: : : : : : :l: : : : : |: : : :|: : ヽ       // /: : : :/: : : l     .力で脅しにかかっているようですが、
  //   l: : : : : : :l: : : :i: :|: : : :|: : :ハ:.\     ` /: : : /: : : :/     私たちを組み伏せられる実力者だと
 //   /: : : : : :/: : : /: :l: : : :l:/: :ヽ: :ヽ―――<.: :/: : :/        まず証明してみてはいかがですか?
//   /.: : : : : :/: : : /: :/ : : ,イ: : : : : ∧: :|    ///_:, -'‐ 、 _
/   /.: :/.: : :/: : ,イ.: :/: : :/: |: : : : : :|=∨==' ´::::/     ̄  \   まさかゴブリンのように数の利に訴えるだけで
   /.:/.: : :/:.: :/. |: /.: : ://〉.: : : :/ヽ :::::::::::::::::::( {  / ̄ ソ⌒  ヽ 冒険者に脅しをかけようとしたわけではありませんよね?
   /イ: : :/イ:.: :/  |/l: :/´  l: : :/   \::::::::::::::::ヽ }   )ヽ  ヽ |
    |: :/  |: :/    l/   /|/      \::::::::::::::l ヾ ̄ ⌒/ }/...、
    |/   ∨         /           \::::::::ヽ_ ⌒ 、 /:::::::ヽ

257小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/08(土) 23:12:20 ID:Vm6b/fuw
全力で煽っていくスタイル

258◆iWAc./ZK.62014/11/08(土) 23:17:12 ID:9TcIQ8Dk

   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
   | お互い、無用な怪我は避けたいでしょう。        |
   | あなた方が私達をねじ伏せられると言うのであれば、. |
   | まず それを証明していただけませんかね。       .|
   乂______________________ノ

           メーーッ!
                     ,.   ¨  ̄ ̄ ` ー- .,
                  /         ;     \        っ
             ー=彡          /\.     ハ__    つ
                /   / ///{ /   ヾ, j} __{ i}
              ;    厶斗/  j/ `ー- V} {__@~}     ダ
               |  /   \      /  }  夂!乂       メ
                 《゙Vヘ{   /      \  }/丿 /ヽ    |
            へ 圦XX         XX / i}〃 ∠_   !
             -≠\ ヽ|!`≧=‐ュェェ---rzz‐=≦ ≒l|‐⊃≠、`ヽ     華扇さん!
.          {/¨¨ ⊂|i{三   {i:i:i:i水i:i:i:リ     三|il二つ  ヽl}
            ⊂二!|i三j  `¨¨介¨¨´   ャ‐≠|i⊃    _乂    盗賊相手に譲歩なんていらないわ、
        (     ⊆__i{彡;i}_             {   }i!  、         とっちめてやりましょう。
       ( ` ー--    i}! x;?仞≧;xィ仝x;≦至私     ノ、
        ` ー--     `¨弌三三三三三ア¨´     ,ノ
                     V::::i}   {!:::::/
                     `¨´   `¨´
┌────────────────────────────┐
│まあ、盗賊をとっちめるのに否を唱える気はないのだが、      .│
│腕でいえばあのウォードゥームと同程度の実力者が複数名だ。  ...│
│後ろにも同じくらいの連中がいるとしたら数が多すぎて、         .│
│織莉子たちにも回さねばならないが 彼女らには荷が重い相手だ。.│
└────────────────────────────┘

259◆iWAc./ZK.62014/11/08(土) 23:22:01 ID:9TcIQ8Dk


   .r‐ ' ¨¨¨¨¨ ' ー  ,______
   .l   ̄ ̄` ー  , `` ー‐,―/.{ ヽ_` ー.  ,_
   .∨         丶、  ..`/ |  .ヾー, ./7_},`ゝ                            /,
    ∨ ヽ      , ‐ 丶  !  ', .',  '.,'.,ヽ,_フ./}}                 r ..,_       !.i
    .∨ .',   . , '  /.  'ー'¨´ ',  , .',.マ,_ヽヾ' , ヽ               i!   `  、    i. !_
     ヽ  ヽ _,ノ , '        ..∨ ヽ  ',.`.'.,.∧ .ヽ             ll     ヽ   i /
   ー――,.ゝ- 'ノ  !   ',   . x、     ヽ  '. '∧'., .' , '.,            , ',!ヽ!!      l,.ィ/
   ¨,フ ´. / _イ .!  .   ,|   / ,z=ミ、、  ',.  '. ,.∧.∧ ∧       / / l !.!. γ´ ` ー./
 <    ,' .  ! !  '.. i ィ  ∧},イ::r=、::} l   '..  丶,.∧.∧ ∧.. -‐-_,,,..../_/_ ノィ!.∨ !    /
―――‐ .| ., . Yl. '   ', i,' /ヽ  乂¨_ノ !. ',.  '..i、 ,  '´, . '.,< 7!´         Y、_,ノ     , '  ., '
ヽ     .|/ ,' !.i.. '、 '.!,...,.'.  ,     /li ',  i ! ´   ヾヽ}´.ニ‐!       γ´ ̄    , '   ー
  `丶, ‐ ' ´ ∧ i '. '´ィニ=、 、     i. '.. i' 、_/     ! i'/   ヽ    ,!    ,.. -,. '
.  _,.イ‐ '゙/  ニヾ!、. ヽ、 弋ソ   ,. っ /! '. l i!     l. !   / ∧   !    i../
' ´/   ,'      `ヾ、、 ヽ ヾ    `´ /`l.  ! i /'    ´`l. i .,_/ // >..,_ ヽ .> ´
  !   /{         ヾ ヽ、 ヽ ー― '  .! i!l /', ィ -‐ 、-‐! l∨./ i! // ,.>'´  ,.. -―‐ -- ..,_
  !  ./`.',        ヽ i` 、  ヾ、    i ,! l!イ. .l!   ヾ:! i' ./ l! //,.->--- '´         ¨
  '., {   `ー       i !  i` 、、 ヽ、  ,!. li,イ . . .l!      l.i! ,!_ヽ,!' ´   /
   `ヽ  -‐         l!  ! .! ` ¨ / ,'il!   l!、   l.! .! <     ´!
                  /'   i  !     ,'  , i.l!    ヽ、 .!.',. ! i! 、    !、
                / ./   /  / .! !、     ヽ_i. !i  !.  i  .,_,. -ヽ、
┌────────────────────────────────┐
│ただ、織莉子はセージなだけあってこの盗賊らの力量は見抜いてるようで、. │
│一人だけ少々及び腰ではあった。まあ、私がいるから安心しろと言うには.   │
│分散してるし数が多いので決して言えないけれども。               │
└────────────────────────────────┘

260◆iWAc./ZK.62014/11/08(土) 23:22:48 ID:9TcIQ8Dk
書き込んだ後で及び腰の用法を間違ったかなと思い返す

261小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/08(土) 23:25:48 ID:mfzVbeNc
自信なさげって意味なら合ってるんじゃない

262◆iWAc./ZK.62014/11/08(土) 23:37:08 ID:9TcIQ8Dk


                                   ,. -''l、
                            ,. ‐ ' ´    .|ヽ
                        ,. ‐ ' ´          |. ヽ
                     ,. ‐ ' ´       ,,,        |.  ヽ
               i'´         r':::::::)     |   ヽ
                  l   ,-‐、        `''''´       |.    ヽ
                 l   (::::::ノ                   |     `i
               l.       ,xヘ、         |     |  へっへっへ、一番
                  l         ∠≡=`         .|.     .|  ちまっこいお嬢ちゃんだけは
               l                  ,. ェ=ニ三ヘ.    .|   よく口が滑るなぁ。
               .l      ,. ェ=='''""゛¨|:   .ヘ三ニヘ   |
              '、=ニ三""¨         |:l    .ヘニニヘ   .|   ……だがお嬢ちゃんらも
                  `ヾ三/|        Θ  |::l    .ヘ三ニヘ |   良い武器もって腕は立つようだが、
                ゙/:::|          |: l:     ヘ三ニヘj    あれには敵わんだろうよ。
                   /   |             | l     ヘ ヾ゛
                  /   .|             .|. l.      ヘ ヽ
            /   /|               |  .l       ヘ ヽ    \∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/
           /   / |              |  l      .ヘ ヽ   .<  おい! あれを見せつけてやれ!  >
                                              /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

263◆iWAc./ZK.62014/11/08(土) 23:48:06 ID:9TcIQ8Dk

                                     ___      }} /
                               ´   `  、 | ̄}       _
                                /  __     \| ノ  _ -‐…‐-ミッ
       へーい>        ./⌒ヽ-‐‐- 、r‐{__ /,.- 、`丶、____} { } r'{      ヽ
                  〈 }^′     ノ{  =={ (  )iい}==  ⌒}-‐}∧        ',
                      {     ′ハ   辷彡 √   . イ:〃 ':ハ       }
                  八     { /   ≧=‐-弋+ノ-‐=≦/ i{ {ム 廴 _   -‐′
                    \   ∨i 冖            /  八_ノ「、   >-〈
                     >‐-{ {_________/   ___ Y  \/   ',
                      / 廴 _______  〔__} |    `V ⌒ヽ }
                     //ノ i|            ∧     .ノ   r‐:}__}¬ __
                    / く/  i|  r──‐ 、    /  ', -‐ i    {  ! 〕 | ┐}
                     _へ }   /∧___ ̄ ̄`____/   {   │    _}‐ァ、_「   | |」   【マグニドゥームLv13】
                ,ィァ⌒i ヽ∠.イ_i∧ ニニニニニニニニ\_ 」__∠斗、 〔_{ニニ) }  |.ノ    .クドいけどなんかこうデカくて強い魔動機械の
               にし ´}  「’ Y´/   ー‐ァ──ァ‐‐冖‐-t:{ {\ _》, {ニニ) {___」      戦車的なアレ。壊れやすいとの噂。
                }ニニン / 介/     /{_ / __  ハ 、 ヽ 》,{ニニ) }  〉
                   ̄\_// / _  /:{^  / 三三} /⌒ 、  \:ム ̄   /         γY⌒ヽ
         ズズズズ‥    〈   {└一 . ′|   {   ̄ ̄ .′│ \     〉 ̄ ̄          .(   ノ )
                    く`ヽ `冖¨´   |:  \___/-‐¬  |^ヽ--‐′        ._x彡 ゝ、_ノ
┌───────────────────────────────────────────────┐
│そういって私が脅しに屈さず平然と(事実 私ならば切り抜けられるので平気なのだが、)                   │
│そうしていると、彼らはいい気になって奥から廃墟につもり粉塵を上げながらやってくる魔動機械を呼び寄せた。   |
│ああ、確かにこれなら冒険者相手に強がる理由にもなるだろう。                                │
└───────────────────────────────────────────────┘

264◆iWAc./ZK.62014/11/09(日) 00:04:01 ID:sU/u/M8s


                                     /´ ̄"`ヽ-,
                                    r'      !ζ‐-_.、_,, -.、
                                 ,i       /、}"´.:.`"=- 、_ヽ,
                                 ゙、ゝ,,--‐´、_r"/:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ, i
                                 !´,'i:i`.‐゙´:.:.:/:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.ヾ,
                                   |/i:i:::!.:.:.:.:.:i/‐‐-、 .',:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.!    r、=、
                                /:./:|.:.i.   |茨テ'、 ヾ,:.:.:__:.i.:.|    ,, ゙i//゙,`ヽ,
                             , -‐´,:.:.:.`ヽ-'.:.:.:.:.:i弋'ノ   ,_=、,'`',:|/ , -", -´i゙/∧. ',
                           /γ´_,-,":.:|.:.:.i,:.:、:.:.、""  , .リj゙/:.:/, -´, -"   !`i_',  i
   _人                          ´(/ ̄_./.:.:.:.!.:.:.|ヽ,:i.:.:.ヽ, -  "/, ‐", ‐´._  _  | iゝ、_|
   )       .-── 、                 ´i, ‐'"i.:.:.:∧:|ヽ,:.:.:.:ヽ-=, ‐´, ‐",、`ヽ:. ̄.:く, ! i'::::::::::,'   ふうん……
   ⌒Y  /,ィ  ! ヘ \_                   |_;,/-、‐‐.ヽ;; -"´,‐"´}-゙r,、ヽ-=,´ ̄`/./\__/    確かに、そんな戦争向けの
       ._ / .//{/}八`人 ム}           __       /    .ヽ,‐´, -"<ゝ(_(rソY、.:.ヽ'i    v、!  ,'    戦車を持ちだされてはたまりませんね。
   ...,/{/人_{○    ○ } /レヘ      .,r/´/       ', , -", -",:.:.:.:.:.:.:~ミ彡イ.:.:.:.:.|, --.、 ./   /
    .} }ルノ( ゛゛ /ヽ ゛゛レ'/ ,∠     .// i゙r,`-、.   , -´, -"/  ヾ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.;'.:'.;:.:.:.:.:/   `ヽ、 ,'    ……ボソッ(普通の相手なら)
   ..乂{´ \ .廴ノ_ ノ 廴{_ イ    .ヾ, i゙ !、, ‐‐ヽ´, -,´   ___《.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.:.:.:.:'.:.:.:.i     ヽヽ,
    ....\ <`フ_介=7二> /ノ     ..ヾ、___i_ 彡ヽ,`ヽ,r‐"  ヾ,:/.:.:.:.´.:.:.:.:.リ.:.:.:.i        ヽ,ヽ、
           ./   .八   _彡´            ヽ-"´/i ヽ,/r.、_,/`´、.:.",:.:.:.:=:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ      `, i`"‐、_
┌───────────────────────────┐
│魔動機師だけあって、マミは多少ならドゥームに心得があるようで│
│その大きさや砲門の数から以前のウォードゥームを上回る出力、. |
│性能を持つことは察したようだ。                    │
└───────────────────────────┘

278◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 00:39:19 ID:H8TFYgrU


   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
   | どうだ!こいつは手加減が効かねえんだ、. |
   | 手荒な真似したら怪我じゃ済まねえぜ!  ..|
   乂__________________ノ


                             _
                        ,.:::'::::´:::::::::::ミ::...、
                     ,.:'´::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::ヽ
                  ,.'´ :::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::ヽ
                 /::::::::::::::::::::::、::\:::::::::::::::::l::::::::::::ハ::::ヘ                 ______
                /::::::::::::::ム::::::::::ハ、:::::\_:::ハ:::::l:::::::::::::::i:::::゙、             , _' ´ -- .,‐,――‐,_fハ}- ,_
               i::::::::::::i::::::::::i:::::::::::゙ゝゝ_:ム--:::::|::::::::::::::|l:::::::i           ,{´      ', ',_,' ´- ' } }`ヾヽ}
               i:::::::::::::::゙、::::::::!::::::::::゙、´zェェ≧_、::|::::::::::::::|:l:::::::iヽ         ./ ',   , ,'´ '.', ',    ..| !  .ヽヽ
              .l::::::i::::|::::::i゙、::::::\:::::::::メ い;;;;ガ7|::::::::::::::|::::::::::l          /_, ‐ッ ' ´ ̄`ヽ' ¨¨¨¨',_,},}  / .ヾ'.,
              l::::::|:::::l::::::::i\::::::,:\、::::゙、ゞー″ i|::::::::::::::|:::::::::,|      ..'{ ‐_,ゝ.ミ丶、 〈‐ト ,   ', `ヾ丶、 .',',
              |::::::|::::::、:::::::i;;;;;\!、\゙、\、   .|.|:::::::::::::l::::::::i !      .{ハー{  }フヽ`¨´_/_ヾート,   __  ヽ ',',
              .|::::::l::::::i゙、::;;:ハ;;;;;;ノ\. ゙丶 `  .!.|::::::::::::l::::::/ .|       .| .¨',〉, {¨{:::}`}ィ__}::{..}〉,T´`ヽ{ ィ'´  .}}
               i:::::::l:::::|弋、;;;;;;;;;ヽ  `   マ'''ー.+,l::::::::,|:l:::/           {',  {  ヾゞ‐'    _フ  , |  { ', .'., /'{
               ゙、:::i:::::l  i\;;;ノ    __  .∨/ l l:::::::i |/> 、         .`}ヽ,}ヽ ヾ __ -_u__}. ,ィ,.'  .|  ', ',.{ }
       デケェ……  .ヾ、:::i  |ヽ ゝ、    ` ∨/ l::::::i/|//////>、      .ヽ/ィ゙`ヾ―ヘゝ, .┴.'‐z   |  ', ',¨´
                 `゙ヾ、> ´////> _, '´∨/|::::i/ |/////////    ー.'┬,'  .', ィ'ー'.', ヽィ´ }  ∧  .|  '
                 , < \ /////// N´ヘ  ∨:/ /////////        |.{  ∠,    K´   {  . トミ、 ' . '
               <//////////////r| Y .ヽ /:/ /////////         .| ',ハ }ィ,}ー‐ ' ',{ヽミ,_| , ,'  `', ..',
┌───────────────────────┐
│思わぬ大物の登場に、織莉子たちは引け気味になる。 .│
│私としても数が多すぎて相手するのも大変だ。       .│
│先に織莉子らを逃がすことを考慮に入れるべきか…… │
└───────────────────────┘

279小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/10(月) 00:41:40 ID:bCvAyKQs
初手テレポ ファストで皆殺しかのう

280◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 00:45:43 ID:H8TFYgrU
戈/リ   戈____
∨!_|三≧=三二戈!.::|戈_
/i ̄\       |>! =<≧=― 、____
\|二≧ト、    弍_人_ノ: : : : : ///. ̄:|戈_l弍_
__人∧  ∨ ̄!             .〈::〈 _ __  /´ ̄ `ヽ.,=ァ
 \! \_/ ̄!.| ̄\      -‐‐' ´: : : : : : :` 、    ../
≦二 ̄i i .:戈≧/´  ̄ `Y´. : : : : : : : : : : : : :\: \     }
戈≧イ ̄\_!_人.l     /. : : : : :{ : : : : : : : : : : :.\: \__ノ
 ̄\/ ̄ _!全ァ|   /. : : : : : :/:!: : : \: : : : _: : : :.\. \≦≠ ニ二フ
\  \_./ // / ゝ.__/: /: /: :.ィ.升ト: : : : ヽ:´\: : : : : :)>:\ \ \
 ∧__/./__ノ  ! ̄.ノ: ノ!: l: : :|:l:|:.|:ノ\: : : .!: ,ィ≦k: : : \: :}: :\ \/
 ̄ ̄ ̄\! \ノ.///l: :!: : :!:l:|人  )\: :}´ i以リハ \ )メ、}ノ:.ヽ.
      \ |.く/〈./人:j: :从八x==彡 )ノ """.|:i: : : : \:\:ノ: :〉.!
___      \    /./:\: :.Ⅵハ""  '     リ:i: :\: : :.\ :ヌ´   (……魔法だと、火力がありすぎて
    >、    \././: : : /)ハY入   / }  /く: : : :l\: : : )      殺してしまいますね)
  /   :\    /.../: :/:.//: :.:i:|: l }≧= i |<.┐ :): : :ノ ハイ.三\:\
_/ ̄ ̄!__ >、./. レ〈:.∧!: : :リ人!:F干| .j´ニ.|イ⊥く ⌒\  三:∧:::\
\___.>'´   \  ,,,.)/\:.(`Y r┤厂 ∨:::::::://       ヽ.\三\::::>、
/  | /     .......∨. /   ヽ) | j::ハ厂   |}`ヽ:j/        i./\三:\!_∧
_   人 \_...::::::::::::. /       Ⅵ::::{〈し'⌒ リ }:〉/         .ト、.―\三;≧、\
                i         /::::::入\___メ.メ∧ 「j_     ノ 〉
             .人      {:::::::::::::::fー‐1::/><  `ヽ  /
┌─────────────────────────────────┐
│……この一面、空は見えてるし、隕石を落とし                     │
│最強の攻撃魔法【メテオ・ストライク】を用いることは可能である。            │
│あるが、魔動兵器としてこれだけの戦車を普通 たかが一盗賊が持つものか。. │
└─────────────────────────────────┘

282◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 00:53:56 ID:H8TFYgrU

                /   `ヽ
               /       lア─- 、
               <从     、_〃: : : : : : :ヽ、
            < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ
         __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /
         //: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y
        / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i         (逃げてもいいが、これだけ派手な連中なら
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',           .また後日 出くわす可能性もあるし……)
.      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄       (事情を吐かせるなら、色んな意味で
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/           織莉子たちが邪魔ですね)
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ             ┌ -----------------
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ    ボソボソ‥     .l  織莉子、あれの相手は……
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、                       l  (あなた達には)無理です。
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY                     l  魔法で逃げます、受け入れてください。
.        ///    / ∨:::__;ィ千r'/丁                       └ -----------------
┌────────────────────────────────────┐
│辺りの遺跡から収穫しただけならありえる話だが、整備、補給、メンテナンスを考えると.│
│コスト面で盗賊には見合わないシロモノである。そもそも、こいつら自体が盗賊にしては.│
│腕が立ちすぎるし、境遇と実力が不自然すぎる。                            │
└────────────────────────────────────┘



                                          _____
                                         ∠ -────=ミメ!
                                     rf´      .>    く |!
     l  /                               ∧|! > ''´  /⌒\ヽ|!
──-   ′/                        | 」>─  ァく一<  ̄ ̄ ̄\
       \                              /  /  / \    >r┬‐ ァ′
__/\ __ } i                          く⌒ミrく __ { _ ト、/ 丁 ト、〈
/   ∨V | |ヲ                            〉 ムヘ {i r'一i | | ‐=ミ}  ト廴〉
┃   ┃ムイヲ                       〈 / i|! `刈ミ=圦人!ミ=-ムイ }ヽ
''_O_'''ノZ゙                         /  ∧ i|l !     ,    } ノ ハ| ',       ┌ -------------
]匚 |  廴⌒!                           /   ′ノ八 ト、  -  イ //   ,       l  ……ええ、分かった。
____}  └jノ                          / // _ ≧f 丁了7ーくイ  |  '    └ -------------
辷辷ム                          , イァ─<  __ ミ(0)くく _  ̄了  '
 ヽ |                            /  ハr< _/ / lァ' ニ丁   }ハ\ |
┌──────────────────────────────┐
│華扇はこの場で対処しようと思い、                          │
│【テレポート】を詠唱出来るように身構えつつ小声で他の皆へ伝達する。..│
└──────────────────────────────┘

283◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 00:59:29 ID:H8TFYgrU

                , 、 ,,.._
             l    `"'' ‐- ,,.._
                l               `"'' ‐- ,,.._
              l                       `"'' ‐- ,,.._
.              l           ,,=-、                 i
.           ,;ヘl  ,,,,_       《  》       ,,- 、      .|
         ∥ ヘ/三三ニニ=zx,,`'''" _        《   》       |
.          ∥ ∥~゛''‐≠≡ニ/ _,,. '´∥        ゙'''"       .|     おいお前ら、何を相談してる。
    ∥\   ∥ ∥ ,≠弐弍ヽ,``∥  ∥ /ヽ           |
   ∥lllllll\ ∥ ∥ 〃'y=ミヾN ∥  ∥∠,_   ヽ          |     俺らには言えないことってんなら
  ∥llllllllllllll∥ ∥ .代   ミノリ ∥  ∥lllll||     `           .|    抵抗の準備だな? 違いない。
  ∥llllllllllllllllll\∥   ヾ=ニ=彡' .∥  ∥llllll||               |      ./!
 ∥lllllllllllllllllllllllll| ̄~゛'' ‐- ...,,,∥,.- ''lllllllll||≡==‐z- 、....,,,,,__    |    /  |
  `ヽlllllllllllllllllllll"〃~゛'' ‐- .,_/lllllllllllllllllllll||ニ三三三三三三三二ニ/ _,,∠. -‐'''"~´| ___,...‐i
     `ヽllllllllll∥ミ=ー=彡《lllllllllllllllllllll-‐ ''      ̄"|,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        .|=|   |   |
        `∥lllllllllllllllllll ll-‐  ̄           |=|            |          |=|   |   |
          ∥llllllllllllllllllllll ll             (=)  |=|______|_ ,,.. -‐ ≠"ニ|__.!,. ‐T
        ∥llllllllllllllllllllllll ll                 |"ヽ_______l\==≠≡ニ/__/_  |
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄                   |             \\'' ‐- ,,.._|       `"'
               |                   |             \\
                 |                  |                   \l
┌───────────────────────────────────┐
│しかし相手も十分な腕利き。                                    │
│私たちの素振りを見逃すことなく、警戒して戦闘態勢を取るが、それには少し遅い。 │
└───────────────────────────────────┘

284◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 01:03:48 ID:H8TFYgrU
┌────────────────────────────────────────┐
│こちらは小声で伝えるのと同時に、魔法詠唱の準備をしていた。                         │
│不意打ちでもないが、スカウト能力で先制値の高いこちらが圧倒的な速度で               .│
│先手を取るには十分であると、【テレポート】で仲間3人を街へ飛ばしながら次の手を用意する。 │
└────────────────────────────────────────┘
                                   /    `〆´     / <⌒)'
                                /    / , ´  ⌒ Y  ̄`X´ ̄ 丶
                                  {   / /      ! /   ヽ    ヽ
                                ヽ_ム イ /      ∨   /  \   !
                       ィェ=====彳>辷 /   /   / /   /|    \/
                                  /イ   /   ̄7ヽ / /   / |ヽ  ヽ ヽ
                          __ _/ / !  |  ///人/  /  / i  !  ∨
                            ムイ ̄⌒´/ '   | イ行示ミ、/_/斗七て丁  '    |==ニ>、
                             /__/   ∨代ト-イリ ヽ   ィ示芹ミ.} / / ! |==、
                             ∨  / /|!  `¨´      弋トヘリ / / / ∧|   》
                              / X´  /  八 """      '  `¨ /イ /|/    ヾ   ええ、残るのは
                              |∧ !  '  | 丶   /⌒ヽ  "" ,イ∧  \          私一人ですけどね!
                    _____     i' ノ_|   |__| ├\  ヽ  ノ   / !  ヽ  〉
                     `ヽ:::::::::::::\ /´ムイ三三ミ、」ミミ>― rr―<  l   \/.ο   O     / 。
                        ̄ ̄\\ /三三三三三ト、:::::::::`Yイ==、ヽ/    /ヽ。 O     /      ο
       ο   O     / 。        ヾ〈三三三三三三ヽ三ヽ:::::ノ)⌒`ヽ三三ミ! ノ!ヽ 〉.  。  //  O_,  。
      ヽ。 O     /     .__ ィ⌒ヽ 〉}/⌒ヽミミヽ三三l三/´ ん⌒)  〉三i三}ノ  |/  iヽ:''"゙゙'':.,/
   ο   ヽ  。  //  O_,  / ̄ヽ{、   ├{!\  l}三ミ三/三〈 `! し´ヽ ヽミ|ミム、 ニ二 ;____.; 二ニ=―‐‐
          iヽ:''"゙゙'':.,/  ......r‐〈ヽ、   ゝ、  ノ人 ヽノ、三∨三三三ヾ、二  ノ ノ`ヾ.三三〉 /:::::::::::::/´.、‐-   。
-―==ニ二 ;:     :; 二ニ..ヽ、 ` ―`r-、 ̄__ \⌒ヽ<三三三三ゝ―r‐ '三三ミヽ∨// ̄ ̄..:: 、j  。 O_,
   。  'O   :、,. ..,::'、‐-   。  ゙ ―〈_ -‐< ____/\_>三三三三ミ|ミ三三三ミ|K< //。  |   ヽ
    O   //`v:: 、j  。 O_,   ..|l\/  __> ´ ∧  ヽ、三三三三/\三三三/ミ}三\.   ο    O
       //。  |   ヽ         ||/|lヽ/    /、 i} /  ̄ ̄フ-‐';;;;;;;;;::::><ノ三三三ミ\
      /    ο    O       ||  !|/ >―-< j丁弋辷__ ゝ'  ̄⌒:::::::::::::::::;;;;;|\三三三三ヽ、
     /

285◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 01:11:08 ID:H8TFYgrU


┌──────────────────────┐
│更にすかさず《ファストアクション》による連続行動、. │
│尤も厄介なマグニドゥームに対し 魔法を放つ。     │
└──────────────────────┘


                                             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                                             | 【コマンド】!!
                                             ヽ_______乂_
                                      \∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/
                                      <  こ、こいつ鎧を着て         >
                                      <  武器持ってるくせに術者か!   >
                                      /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

                                   _j|_
                                    ̄|! ̄
                                      |
                                       __j|__
                       ,,.. .-‐‐- ..,         ̄|「 ̄
                     , -'"       .` 、     ..|!    キラキラ‥
          _         /              .十.     .|
        //ヽ_ __ 〃⌒ヽ      _,..__j!__. -- 、
       〃〃'''"  ~ \  ゝ ))"'''- .., -'"-'"   ̄|! ̄..   .\
      /         \  \     -'"    〃ヾ,- 、|    .ヽ
     /, - "'- 、       ミ    \    "'''- .. ヾ 〃 .))\   / ./   ピピ‥
     l     l ヾ 、    / \   "''' .._    〃〃ゝ彡 ヽ、 _, -'
     ヽ|...-'''"ヽ ヾゝ,,, 丿    ヾ     ~""''' ヾゝ., '    ヽ / ヽ
      / ̄ ̄ /\\ /       ヽヾ             ヾ   ゝ__
      /    /   ヽ         '、 '、             '、 /     ~""ヽ─
    〃  ̄ヽヽ    /      //\   、 、       _ __,,.. .ソ、── - ./ / 冫 \

286◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 01:18:14 ID:H8TFYgrU
┌────────────────────────────────────┐
│使役するものとして作られた魔法生物に対して支配権を奪う魔法【コマンド】だ。     .│
│本来は他者の『使役』しているゴーレムやアンデッドを目標とする魔法であるが、    .│
│故あって魔法生物に分類されれば例え 機械であっても一応、例外ではなく対象となる。│
└────────────────────────────────────┘


                             ,  ,
                _           / /
                ,     ̄  、     〃〃
             /| |     //\   ,=テ、
            / ||_ _ / /   ヽ /川//
    _      ,-,ー ((())ヽ _`―- 、/^ヽ/        \∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/
   / ,??ー- 、 |[: === テ- '(( ))== l : .())           <  くそ、やっちまえドゥーム!             >
   ハ///    ヽ、――(O))⌒――― '_ー ―         .<  ……おいどうなってんだ、急に動かねえ!  >
  ー'       |c| ̄ヽ――――――' \)。   \      /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
 /          | .|__ \lニコ       \。     |
 |o⌒o      /c/Eヨ| |  / 二二ニニ―――、。 。 /
 ヽ⌒|\\_// |Eヨ| | / /   // ̄ ̄ l | | _(
    | /^ 二_ノ   ===' / /,へ\二____二\  /
    /    ./|| ト___// へ // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
 /⌒ヽ\ .|=U=| |    || _ //⊂ニニニニニ⊃|  |
┌───────────────────────┐
│上級騎士にも通用するほどの精度――命中力を有し、 .│
│この場で私に攻撃を当てる最大の脅威は鎮圧した。  │
└───────────────────────┘

287小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/10(月) 01:20:08 ID:bCvAyKQs
やったね華扇ちゃん 僕が増えるよ!

288◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 01:21:15 ID:H8TFYgrU
 TニTニTニTニTニTニTニTニT《
 三三三三:.三」L三三三」L三三〉〉
 L l「 ̄ ̄ ̄|「      ̄ ̄|「 ̄ ̄|r'                        >''「 ̄ ̄|[ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄
 ]_」L:___」L____」|__ |》〉                       /7_」L_:.」L____.」L
   ]「 ̄ ̄]:[ ̄ ̄ ̄]匚」[ ̄][く《                       》> ̄]匚 ̄ ̄]「 ̄ ̄]「 ̄
     ̄|「    ||  ̄ ̄|「 ̄ ̄/7                       }「 ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄l[ ̄
  __,」L__」|____」L_ィ'〈                        |ト、 _」L____」L:._:.」「 ̄
     _||     |L    ̄l|「  》:〉                          《〈 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄
  __||_:__:.」「 ̄|_」|_<:.<                        》リ__.::|L_:__:.」L__
   _  |8||「 ̄ ̄ ̄||r=ュ___L_》》                         /7 ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄   魔法で何かしやがったなこいつ!
  __r|8||____」L三三} /:く                            く<    :l|____」L__
      |ll8|| ̄┌───‐‐┐〈 _:〉〉: : : : : :..┌───‐‐┐: : : : : : : : : : : : : 》l》 ̄ ̄|「「三..┌───‐‐┐     機械はダメだ、撃て!
  __|ll8L   l   O O  .|.三{]《__: :_/: : : :l   O O  .|. _: : : : : /: :: : : : _/く_   _:.:|8{三...l   O O  .|.._    .鎧を着てるんだ、銃で削り取るんだ!
: : : : : : : : : : : :_l    △   .!: : : :_/: : : : : : : l    △   .!.: : : : : : : : : _/: : : :: : : : : : : : : : : :l    △   .!:
パンッ    .....└‐,──,─‐'          └‐,──,─‐'                    └‐,──,─‐'   ましてや魔法使い、
         //|   o|| l'`l         .//|   o|| l'`l                      //|   o|| l'`l   戦闘能力は低いはず……
        .ヽヽ/|____||_|__|         ヽヽ/|____||_|__|       パンパンッ      ヽヽ/|____||_|__|
         ̄ lニニニlニニl         . ̄ lニニニlニニl                       ̄ lニニニlニニl   パパパパ
           |__||__|__|             |__||__|__|                       |__||__|__|
┌───────────────────────┐
│頼りとなる兵器がダメと分かれば、すぐさま切り替えて │
│銃でこちらを削り殺す作戦に移り変わる。         │
└───────────────────────┘

289小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/10(月) 01:23:40 ID:bCvAyKQs
現在の華扇ちゃんの回避は
Lv15と仮定して15+B5 ブレス1 ヘイスト2 で
約23ぐらいである
カスリもしない

290◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 01:25:18 ID:H8TFYgrU
┌──────────────────────────────┐
│言ってることやってることは間違いないが、                   │
│お生憎ながらこちらは文武、もとい魔法武術両道に長ける「何でも屋」。...│
└──────────────────────────────┘


                  __
           /   r《⌒ ミ      __ -¬               |  /        |  / ,
          /./.-…:込   )_xァ孑¨ ̄ ̄ ̄           ,\__ノし//     \__ノし// 、      \∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/
     /  ,. : : /__: : :__`冬sぞこ≦⌒==━ー=…=ニユ    ../  ..)/⌒ヽ(_  __)/⌒ヽ(_ ',        .<  よ……避けられた!  >
      {:、./{: : イ: : : : : : : :ニ=ー: : : :ヽ                ̄ ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄   ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄    /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
      ゝ:Ⅵ: : トミ: : :ー≦__: : : :ニー…‐ミ               ´  /⌒|「⌒\    /⌒|「⌒\
    〃 >:^: : : :ヽ: :∠_不⌒: : :≧=ー: : : : :ミ                               |  / , |
    { /: : : \: : v'ィ伐り刈: : \: : : : : : : : : : )                        \__ノし//´     \∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/
     Y: : j{: : ト` :ゝ     从: : : >―<⌒ヽ(                  |  / ,, )/⌒ヽ(_       <   ブ リ ン ク                  >
    イ!: j{: : :k佼、      j:\:〈_{    ヽ                 \__ノし// ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄   .<  【目眩まし】か、いや違う      >
     }Ⅳ八:.圦   r ‐  人 /\v     >、     __━ー==ニコ..)/⌒ヽ(_ /⌒|「⌒\    ....<  今のは素で避けてやがった!  >
      ){⌒\:j≧ __ ァヘ⌒ハ 二ゝ       _〉_ 彡冖 ̄ ̄.    ̄ ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄           ./∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
         )ル:ハ: :rf^ん癶 仁ニ||    xf≪¨< ̄ ̄¬ー…=. .´  /⌒|「⌒\
              j:ノ乂乏ン二二 ]L_ゝ ji     ニ=-_
┌─────────────────────────────┐
│十分傭兵としてもやっていけるほど腕の立つ彼らだが、          │
│唯一の欠点は私の力量を見抜ける能力者がいなかったことである。.  |
└─────────────────────────────┘

291小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/10(月) 01:26:08 ID:bCvAyKQs
セージっぽいの持ってるのは魔物だと
一種類か二種類しかいねぇからなぁ

292◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 01:32:54 ID:H8TFYgrU
>>289
SW2.0ではヘイスト入っても回避力は増えないよ!
Lv13+敏捷B(ブレス込み) 6=19+2d6 です(bモードなので鎧のペナルティは無し)

┌──────────────────────────────────┐
│彼らが冒険者ならばセージ技能の所有者にも気を配ったのであろうが、      .│
│盗賊紛いの連中がパーティバランスなんて気を配る必要も、ましてや余裕もない。 │
└──────────────────────────────────┘

                                                       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                                                       | くそ、実力が桁違いだ!
            \                    \                         | 撤退を……
              \〔  __= ___=- 、        〔二〕 ヽ  すまん、動かねえ!      ヽ___________乂_
                i. ,《゙-''《~))ヽ ヽ.| |      | |  ヽ 撤退は無理だ!
                (◎ ◎)_))",,-||.| |      | |   ヽ
 〃`-‐‐‐‐-、 ., -'"'"    (/⌒ヾ、ノ ii i0l|〔〔     , -'"二= ,,-‐‐‐‐-'、℃ヾ
〃/    . .//  | | ̄ (/))_)__ヾ='..| |   //    / o      `ヾ ヾ
      //    .| | ii  //= = = = = i   | |.  / /     i  o       :)、)
    , ',..'    / ) .ゞ⌒(,(ゞ三三三ノ/⌒ヽ / /      i.          ∥
   / /    ( )/(''¶⌒,((:===:(()) ¶(⌒ )/ /.       i          /
  ./ /_______________/ /   =──  ゝ─────ソ

┌─────────────────────────────────────┐
│今の攻防でこちらの力量がとんでもないことを見抜き、                     │
│すかさず撤退を試みるが 先ほど支配権を奪ったドゥームは当然動かすことが出来ない。..│
└─────────────────────────────────────┘

293小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/10(月) 01:34:44 ID:bCvAyKQs
あ、射動力のみか
回避上がらない 残念

294小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/10(月) 01:35:49 ID:bCvAyKQs
華扇「ロボ 射撃だ!」
ロボ「ま”!」

295◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 01:37:01 ID:H8TFYgrU

┌──────────────────────────────┐
│咄嗟の判断は流石だが、見るからに主戦力で貴重品だろうそれを    .│
│捨て置くことが出来ないようで。ケツをまくって逃げられないと分かるや、 │
│無謀にもワンチャン狙いで魔法攻撃に戦術を切り替える。            │
└──────────────────────────────┘
∨!_|三≧=三二戈!.::|戈_
/i ̄\       |>! =<≧=― 、____
\|二≧ト、    弍_人_ノ: : : : : / / / ̄:|戈_l弍_
__人∧  ∨ ̄!                  ∧ノ≧-<二>,=ァ
 \! \_/ ̄!.| ̄\            . : : ::|: : : : : : |:::ト==_/
≦二 ̄i i .:戈≧≦ ̄>、       . . ::::::|: : : : : : |:::|戈/
戈≧イ ̄\_!_人_>' \ ̄\   ..: : ::::::::|: : : : : : |:::||/l|
 ̄\/ ̄ _!全ァ、  ̄≧==-、_∧_: : : :::::::|: : : : : : |:::|У|
\  \_./ // / ̄ ̄\`ヽ!≧ァ、__>、::::::|: : : : : : |:::|_|
 ∧__/./__ノ  ! ̄\∧.人_| ̄》>< ̄∨\三二≦三\!__        \._,
 ̄ ̄ ̄\! \ノ ̄ ̄ ̄|!\  ∧_∧_!/ ̄>、 \.,、三三,、::::\       } {                     |
      \ |     ./  ∨  /.> \`ヽ  ||ーく .〉:i:i:i:i:i:i:\_!        ⌒\ 〈ヽ  /`ヽ 、           ._ 人 _
___      \    / \   \〈:::〈   ≧ノ  ∧| ̄ ̄!\≧、:i:i|:i:|            ヽ ∨ ゚  。`ゝ〈ヽ  /`ヽ 、   `Y´
    >、    \./   |\   \_>―イ  |/\/>夕三∧戈!            ヽ〈._≦!   / ヽ ∨ ゚  。`ゝ |
  /   :\    /   .∧_≧、_>〈 ̄>、リ   >!夕\三\:\       .――  〉 `o 、,〈/ ヽ〈._≦!   / ,、  ちっ……当たらないなら、
_/ ̄ ̄!__ >、./     l∨\  /`ヽ,人__∧―<_,.人./\三:∧:::\    .―― <`'y〈,_  /‐――  〉 `o 、,〈//.  当たる攻撃をするだけのこと!
\___.>'´   \  ,,,,人_/ ̄〈   .|  \\ \__>/|   \三\::::>、. ―― `'‐\>.―― <`'y〈,_  /‐<,/
/  | /     .......∨     >、 . \人   \\::::::/   \  /\三:\!_∧        .l_,|. ―― `'‐\>〈        【グレネード】だ!
_   人 \_...::::::::::::.〈         >、|\\   \\|:::::....  >――\三;≧、\                    l_,|
┌─────────────────────┐
│後方を包囲していた別の盗賊たちが飛び出して、...│
│今度は回避不能な範囲魔法攻撃を放ってくる。   │
└─────────────────────┘

296◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 01:42:30 ID:H8TFYgrU


                  ドガン.
                                ドゴォォン
                         . -‐ニ ̄ニ‐- .
                    _/           \_
              =二 ̄ /               ',  ̄二=
                 -‐ニ ̄ニ‐- .. __ ―― 戈 ̄
              _/           \_  `. 、 .尢r、
        =二 ̄ /               ',  ̄二=.ゞメ
            ̄7'' ―― ___ ―― 戈 ̄,,;-" ^
       ――― 从,,i ;         `. 、 .尢r、――――――
             /\じ'jl|此ト=メ i;_,,爻,,i| 刈ゞメ
              ``‐ヾ:;!Iヅ 〃!iメト辷-" ^
┌───────────────────────────┐
│真語魔術師、ソーサラーの【ファイアボール】と双璧を為す    ..│
│範囲攻撃魔法の代表格、魔動機術の【グレネード】だ。      .│
│こればかりは流石に避けることが出来ぬため、その身に受ける。. |
└───────────────────────────┘







              モクモク‥
                                                          やったか!>

                                    i!
                     ,.⌒;;ヽ;; `),.⌒ .....:::::: ,,从、::::::......(⌒;;:::ヽ;; `)
                  ⌒;;,,;.((ヽ(;;;.((ヽ;;,) :::::::::::::::::::::::::::::::(⌒;;ヽ;; `)⌒;;),,.⌒
              ..:.: ;,,.;ソ⌒;;;;ノ((ヽ⌒;.((ヽ;; ;;⌒ヽ;; )⌒;;,,.⌒ソ'';;)⌒;ソ⌒;;;;ノ(⌒;;;ソ⌒(;;:..:.,,
         (⌒;;⌒ヽ;; `)⌒;;,,.:;((⌒;;⌒ヽ;; `)⌒;;,,. ,,,::' ⌒''⌒;;)..,;;;;⌒ (⌒;;⌒ヽ;; `)⌒;;,,.)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┌──────────────────────────────────┐
│とはいえ、先の4連射で手数を使ってしまったため                     │
│飛んできたのはたったの2発。幾ら耐性でもなきゃダメージが必ず通るとはいえ、...│
│その程度の威力で 倒されるわけもないが……                       │
└──────────────────────────────────┘

297◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 01:47:15 ID:H8TFYgrU
┌─────────────────────────────┐
│律儀にフラグを立ててくれてるようだが、そんな期待希望など       .│
│全然あったもんでないし、煙が晴れるのも待たず反撃の魔法を返す。 │
└─────────────────────────────┘
              .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;...
          .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:..;:.:..:.:.:... .. .. . . ..  :;:;:;:;:;:;:;:.....
        . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..             ..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
       ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .       __      .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
     .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . ..      / |     .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..     __       .i |        .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..      ( \.     | |           .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
   .:;:;:;:;:.:.:.:... . .       \ \  | !            . ..:.:.:.:;:;:;:;:.                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
   .:;:;:;:;.:.:.:.. .          \ \_ノ  '.              . ..:.:.:;:;:.                     | はいはい、【スリープ】。. |
   .:;:;:;:;.:.:.:.. .            \       \            . ..:.:.:;:;:.                乂__________ノ
   .:;:;:;:;:.:.:.:... .     ( ̄ ̄ ̄ ̄     /   ` ̄)          . ..:.:.:;:;:.
   .:;:;:;:;.:.:.:.. .       ` ー―― 、   ノ ./ア´ ̄ \        . ..:.:.:;:;:
   .:;:;:;:;.:.:.:.. .             / |く_ノ//       ヽ--、    .:.:.:.:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:;:;:.:.:.:..           / .人__//         \ \: .... ..:.:.::;:;:;;:;.
    .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..       ` ̄ ヾニ´<_            . ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;
     .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . .            `丶、       ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:
       ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..            \     .:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:\ \
         .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.: .:. ..           └=ニ..:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;
          .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:..:;:.:  .:. ..     .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
           ..... ;:;:;:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:..   .:. ..  . .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.\
┌──────────────────────────────┐
│丁度 今の【グレネード】で後方の連中も見える位置に飛び出してくれた、.│
│全員まとめて一気に無力化させる。これだけレベルが上がっても     .│
│中々 睡眠の魔法以外に無力化の魔法って意外と少ないもんでして。  .│
└──────────────────────────────┘

298◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 01:51:48 ID:H8TFYgrU


                                      /
                                   //                     /
                     /            //                      //
                        //       .____                   //
                    //         |。 ゚  !  !               .____
                ____       |_lゝ  |  | ____      .|。 ゚  !  !  バタッ
                 |。 ゚  !  !                .|。 ゚  !  !     .|_lゝ  |  |
                 |_lゝ  |  |                  |_lゝ  |  |

┌─────────────────────────────────────┐
│その分 対策とか抵抗とか色々あったりもするのだが                          │
│それらマジックアイテムを着けてる様子も見えなかったし、                   │
│事実 魔法行使の失敗や ラッキー抵抗が起こることもなく全員 寝息を立てて地に伏せる。│
└─────────────────────────────────────┘
   ,;r────ーュ  ; |l| \`l::.  |  ;γ´     'ヽ     γ´       'ヽ        :,
  ,, || ̄ ̄|| ̄ ̄||   :|l|,、 .:i |::.   | :; || ̄ ̄|| ̄ ̄||    || ̄ ̄|| ̄ ̄||     ;,.:'
,;:.: " ||;;;;;;;;/||ヘ ;;;;|| ~;:|l| \i |::.   |  ||;; ;;;;;;;||从_,_.||  ,";; ||;;;;;;;; ;||;;;;;;;;/|| ,'  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
;   .,;||==||==||  . |ヽ,//'i |::.   | ;: ||;;;;; ;; ;;;==|| .;:,   ||==||==||    /.lニニ;.,;X,lニニニl.ヘ
   ;;||;; ;;;;;;;||;;;;;;;; ;|| ;  | :_ \i |::.   | '' ||\; ;;;;;;;;;;;;;;;;||    ||;;;;;;;;; ||;;;;;;;;; ||  .;:' ,||#;  ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ;:,.
 ,  '{ニニニニニニ} ";; |´ヽ\レ::...  |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'| ;.  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'|   :||___||___|| ;:
    : ::::::::::::::::::::::::::::   |\,/´i:\ ::: |:   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ;:    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .:'',.; || ̄ ̄ ̄||!i!i!i!i!i!i;.||
____________________________|  | ̄| :::::\|_________________||__√||i!i!i!i!''',._||__
_,|__|__|__|____|\|_|::::::::::::|::::::::::::::   ;;, :::::::::::::::::::::::::::::;,.;,.;;.,;::'';.,;.,;.,;: : :: || ̄ ̄ ̄||i!i!i!"' ̄||::::
,__|__|__|__|___|::::::::  \ :..i>::::::::::::  ,.; :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;,,;,; ::;,::: ||___||!i!___||::::
_,|__|__|__|____|::::::::::::::::::::\|_________________||_______,||::::
ニ  - ≡
                   Λ二\      ー -=      -            =
                   ∨_,,,;;;;/,,.、.,.,,.、.    -==ー  ー,,,  ニ  ≡ ;,,;,,,,
― ー二                  ニ   ≡
,=============-'-===========''''…========================='";;===- ===…==============

              -=_ =-   -    r:"::\
二 ─   = ._r'"゙'、─二             "''''''''" ─ニ─‐  ̄   _r'" ̄'ッ'
┌───────────────────────────────────┐
│見える位置にいる奴らはこれで無力化した。                            │
│後は隠れてる奴がいる可能性だが、暫く経っても追加が出てくる様子が無いことから. |
│いないものと判断し、詰問する用意にとりかかる。                     │
└───────────────────────────────────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄

5◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 02:04:56 ID:B2ywFh4c
┌──────────────────────────────────────┐
│さて尋問なのだが、華扇は威圧やら聞き出す能力にはいまいち欠ける。             │
│蛮族領でやっていたように、無理やり脳から吸い出したり、あるいはリャナンシーに変化して.│
│魅了するのが手っ取り早く確実なのだが、しかしルーンフォークも歴とした人族。        .│
└──────────────────────────────────────┘
┌─────────────────────────────────────────────┐
│お国や地方によっては魂を持たないルーンフォークには人権を認めない地域も存在するが、           │
│このハインラト地方の殆どではそういったこともなく、ルーンフォークも他人族と同様として取り扱われている。.│
│なので人族相手に魅了だとかそういうのを用いるのはハインラト王国の法律、ひいては自らに課した       │
│守るべき一線のタブーに反する。例え相手が盗賊や犯罪者相手であっても。                    │
└─────────────────────────────────────────────┘

   :.:. .;    :|     ___      ___
:.: :      :..:メ::|#   :||_||_||      ||_||_||             :..:メ::
           ::|    ||_||_||      ||_||_||      :.:..:;;
    /|      :|      ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄\_/
: . /  |      :|   ::メ             :.:..::#:|       :..;..     :.;...
/    |#:.:.... :|                    ∧
|    |      :|      ::.:#:..        :.:..::;
|    |:....   :|                            ;.;K;.::
|    |  #:.:.....:|;:,.
|==l  .|      :|;:;:,,.__,.::;.,___,,;;;:.,_____z______/ ̄ゝ_____
|    |   /
|    | .メ/
|__.,:;|/
|   /
|  /
|/

┌──────────────────────────┐
│では華扇はどうやって聞き出したものかと、捻り出した考えは、 |
│いっそ強者としての余裕を見せつけてやろうと思い至った。    |
└──────────────────────────┘

6◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 02:06:59 ID:B2ywFh4c

             \゙ッ                  ,. -''l、
             ⌒             ,. ‐ ' ´    .|ヽ
                        ,. ‐ ' ´          |. ヽ
                     ,. ‐ ' ´       ,,,        |.  ヽ
               i'´         r':::::::)     |   ヽ
                  l   ,-‐、        `''''´       |.    ヽ
                 l   (::::::ノ                   |     `i
               l.       ,xヘ、         |     |    うん……
                  l         ∠≡=`         .|.     .|
               l                  ,. ェ=ニ三ヘ.    .|
               .l      ,. ェ=='''""゛¨|:   .ヘ三ニヘ   |
              '、=ニ三""¨         |:l    .ヘニニヘ   .|
                  `ヾ三/|        Θ  |::l    .ヘ三ニヘ |
                ゙/:::|          |: l:     ヘ三ニヘj
               {三三三三三三三三三三三三三三}
               {三三三三三三三三三三三三三三}
               {三三三三三三三三三三三三三三}  ←ロープ
               {三三三三三三三三三三三三三三}
               {三三三三三三三三三三三三三三}
┌────────────────────────────┐
│とりあえずルーンフォーク盗賊団から一人―― 予備に数名選び、. │
│そいつらを縄で縛り付けた上で叩き起こす。                 │
└────────────────────────────┘

8◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 02:11:03 ID:B2ywFh4c


                /   `ヽ
               /       lア─- 、
               <从     、_〃: : : : : : :ヽ、                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
            < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ                          | ああ、そうかそうか。
         __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i                     | 寝てる間に殺してくれないなら、
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /                          | このまま官憲に突き出すってのかい?.
         //: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y                          ヽ_________________乂_
        / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',
.      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/    やあ盗賊さん、今の気分はどうですか?
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ    突き出すのも手間だし、殺してもいいんですが
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ  ちょいっと気になったことがありまして……
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY
.        ///    / ∨:::__;ィ千r'/丁
┌─────────────────────────┐
│そいつは自らが身動き出来ない状況にあるとすぐに気づき、│
│観念したような口ぶりで私に言葉を吐き出す。          .│
└─────────────────────────┘

9◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 02:17:08 ID:B2ywFh4c
┌──────────────────────────┐
│だがその口調には諦めたようには思えない言葉強さがあり、   |
│機会あらば逃げ出すか噛み付いてやる…… といったような. .│
│真意が見え隠れする、ような様子が見られる。           │
└──────────────────────────┘
┌───────────────────────────────┐
│真意看破能力は冒険者としてのレベル上昇に伴い               │
│ゲームシステムで自動的に身についてくる能力の一つだ。              │
│本来 能動的な能力ではないため万能の嘘発見器ではないが、       │
│こういった些細な会話の裏を探る時には役に立つ。……と、話が逸れた。  |
└───────────────────────────────┘

                                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                                | じゃあなんだ、俺らのアジトを探って
                                | 蓄えた財宝を根こそぎ奪おうって魂胆か?
                                ヽ__________________乂_
              /´ ̄"`ヽ-,
             r'      !ζ‐-_.、_,, -.、
          ,i       /、}"´.:.`"=- 、_ヽ,
          ゙、ゝ,,--‐´、_r"/:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ, i
          !´,'i:i`.‐゙´:.:.:/:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.ヾ,
            |/i:i:::!.:.:.:.:.:i/‐‐-、 .',:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.!    r、=、
         /:./:|.:.i.   |茨テ'、 ヾ,:.:.:__:.i.:.|    ,, ゙i//゙,`ヽ,
      , -‐´,:.:.:.`ヽ-'.:.:.:.:.:i弋'ノ   ,_=、,'`',:|/ , -", -´i゙/∧. ',   それも悪くないですが、
    /γ´_,-,":.:|.:.:.i,:.:、:.:.、    , .リj゙/:.:/, -´, -"   !`i_',  i   別に私はさほど金に困ってるわけでなし……
    ´(/ ̄_./.:.:.:.!.:.:.|ヽ,:i.:.:.ヽ, -   ./, ‐", ‐´._  _  | iゝ、_|
       ´i, ‐'"i.:.:.:∧:|ヽ,:.:.:.:ヽ-=, ‐´, ‐",、`ヽ:. ̄.:く, ! i'::::::::::,'   第一、盗賊の得たお宝なら
           |_;,/-、‐‐.ヽ;; -"´,‐"´}-゙r,、ヽ-=,´ ̄`/./\__/    基本 略奪品でしょうに。
    __       /    .ヽ,‐´, -"<ゝ(_(rソY、.:.ヽ'i    v、!  ,'
  ,r/´/       ', , -", -",:.:.:.:.:.:.:~ミ彡イ.:.:.:.:.|, --.、 ./   /    また巡り巡って変な厄介事を
 // i゙r,`-、.   , -´, -"/  ヾ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.;'.:'.;:.:.:.:.:/   `ヽ、 ,'     招きかねないじゃありませんか。
 ヾ, i゙ !、, ‐‐ヽ´, -,´   ___《.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.:.:.:.:'.:.:.:.i     ヽヽ,
  ヾ、___i_ 彡ヽ,`ヽ,r‐"  ヾ,:/.:.:.:.´.:.:.:.:.リ.:.:.:.i        ヽ,ヽ、
       ヽ-"´/i ヽ,/r.、_,/`´、.:.",:.:.:.:=:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ      `, i`"‐、_
           ヾノ / | \ ==、|ヽ,.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ミ:.:.:.゙i、      ヽヽ,゙ヽ ヽ
┌───────────────────┐
│ともかく、こいつはまだ心が折れていない。  │
│恐らく私の外見が小娘に見えるのもあって  . │
│隙あらば与し易しとでも思われてるのだろう。..│
└───────────────────┘

10小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/10(月) 02:19:57 ID:9sJ0c6r.
脳みそ食べるのかな?

13◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 02:24:49 ID:B2ywFh4c


   / ̄ヾス-―‐-、r' ⌒ヽ
  {   ,/´:::::::::::::::::::`ヽ、 l
  ヾ_ィr'::::/::::,:iヽ/i::::,::::::、:ス
    //::::l::l::,ハl  l/l/i l .|
  /∧::::|::レ -‐‐  ‐- l .ハ/
  〈/l::::トi::::{.   r┐  }/\>  なので金や宝はいりません。
   ∨iイヘ|ゝ、__ _.,イレ
       /`,:`ir‐':.`ヽ、     気になってるのはあなた達のことです、
     〈ヘ/ 〉/::@:::)、〉    .私ほどではありませんが
      辷|〉}::{|:::_ム__|    優れた魔動機師に高性能な魔動兵器。
     ムミ|/辷::::::::::.} |ゝ





.     / ..:    Y  ν´ : : ?亢: `ヽ: : : : : : : : : : : : : :ヘ ,イ        .
    /!  / ヽ辷' : : : : : :∧: :'; : : : : : : : : : : : : : : _ム〈:|         .
    ,'  .::ゝ //: : i: : : : : : :\\ : : : : : : : : : : : /  ?礒
__ヽ_/ ./:/: : : :/!: : : : : : : : :\ヽ : : : : : : : : : :⌒iヽ_|!:....          i
 ̄ ̄¨7⌒//: : /: :/: |: : : : : : : : : : :.\: : : : : : : :ヽ: : :L l|:::::::::::::..   : : :..|
   〃Zイ/: : /: :/: : |: : : :i: : : : : : : : : \: : : : : : : ';: :)  、::::.......     / .:::/
_/´ イ: : :/: :/: : :│ : : | : i: : : : : : : : : \ : i: : : ヘ`√l`ヾ、  ..::::/斗<
 ̄ /: /: : /: :/: : : :/!: : :i:| : |: : : : : :i: : : : : : : ! : : : l|: : :つ 7⌒l ̄ト、__ム____ノ!
 イ: :/i: : :l: : | `ヽ/,_|: : :l:| : |: : : : : :|: : : : : :./|: : : /:i: |: :ヽ_ム_ト、__ゞ\ー────'
 ̄ ̄l: :/: : :|: : !: : /、__ヽ、:|:!: :ヘ.: : : : :|ヽ: : : :/ .l: : / /: :l: : : : : : |: : : : : \\
    l ハ: : : ! 从 : |rfて心从ヽ : \: :_|x‐\7 ̄l :/:./: : :!.: : : : : :l: : : : : : : :\\     i!
    |:| !: : ハ: : ヽ|! {!/:::ハ  \: :\!,rfてうミX: :/: : :∧: : : : : :!: : : : : : : : : :\〉   /j
    |:l ヽ: : : ヽ: :ハ ヽ::::ン     ̄7∨、:::::::/;;;;》|! : /: :ヽ.: : : : |ヽ: : : : : : : : : : :><<
  ノイ  \: : :\:l `          ゞ.  ン",イ: :/ヽ: : : \ :?礒: \──‐<⌒ヽ  ヽ    それだけあって、
  ____  ヽ: : ハ ""   ,            //i  )、: : : ヽ:!: : : : >─ 、   ソ   !   .ただの盗賊団をしていることが
 ̄`ヽ   \ ';、 ハ           """  リ: :l斗.' : :\: : : \ ̄ヽ: : : : :ヽ    ノ   .不可思議でしかありません。
    ',    lヽム:\::\   ァ ‐,、         ,イ| : |: :ヾ: : : : \ : : ヘ : : '; : : : : :',
    ヽ   |/ ハ: :lヽ::::>′/ヽ\ _,,. < l八ヽ: \: :`ヽ: : < ̄ノイヽノ`ヽ: : /       大方、何か事情があって
   \ i  //:三|! |三ミ/ / 丁\\__   |三/:;イ⌒ヽ ̄ ¨⌒゙ヽ       !:/      あえて盗賊行為をしているのでしょう?
_,、   ∨ //:三エj;人_ ./ /ィ/   ⌒ ̄`ヾx彡r=ニ二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ j'       それを聞かせていただきたいですね。
 / ̄7ー‐'-'、三彡イ\/ /二二二二二ニィ'三ミノ三}     ̄ ̄ ̄ ̄⌒ヾ

┌───────────────────────────────────────────┐
│といっても、単純に身体の幼さというよりは                                     │
│経験の幼さ、未熟さからくる甘さに漬け込む余地があると思われてる方か。                   │
│流石にそちらは一度露見した以上、装備や多少変身しただけで御魔化せる程度でもないし、       │
│彼らの第一声が「かわいいお嬢ちゃんたち」だったことから今更騙し はったりを利かせるにも遅すぎた。 │
└───────────────────────────────────────────┘

14◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 02:29:31 ID:B2ywFh4c

                     _________________
                 |                            |
                 |                            |
                 |..     ,,--、.         ,,--、      .|
                 |.       (:::::::::)       (:::::::::)       |    へえ、それを言ったら
                 |       `'''''´       `'''''´       .|    俺たちはどうなるってんだい?
                 |                            |
                 |             /\           |
                 |             '──‐          |
                 |                            |
                 '=zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz='
                     ̄ ̄/|        Θ  |::l    .ヘ ̄
                       /:::|          |: l:     ヘ ヽ
                        /   |             | l     ヘ ヽ
                       /   .|             .|. l.      ヘ ヽ
                 /   /|               |  .l       ヘ ヽ




                /   `ヽ
               /       lア─- 、
               <从     、_〃: : : : : : :ヽ、
            < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ
         __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /
         //: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y
        / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',
.      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/    場合によっては逃してあげてもいいですよ。      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!                                        | へえ……
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ    ただし、その場合でも                       ヽ____乂_
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ  今後 二度と遭遇しないようにと
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ   盗賊行為は控えてもらうよう
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、          ある程度の処罰は施しますが。
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY

15◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 02:36:13 ID:B2ywFh4c


                            _  _,,-‐''": : : : : : : : <⌒ヾー 、
                             / `ヾ、 /: :/: :〃:.i: : : :.\    ヽ
                            /     V: : : : : : : : : : : : : : : ∨   |
                         rl      |!: : : :/: : : : :|: : : : : : :丶  r"
                       r┴|      〃: : // ‐-: /! : : -/: : : :',_人
                        ヽ人  _ /: :!: :/: :/:/: |: : :,イ: :i: : : ト \\
                        <_ ム二ムイ :/:|: : :ィテ示ミ !: :/ィ示ト: : :!:.l  \\
                          〃: : : :|/l从: : :lV:::リ  !/ Vリ l : : |: !    ヽ
                         // /j: : : : リ: :ヽ∧      '   l : : lり     )
              ―――    ._ //厶/: : : : : :i: : : : :ヽ   __   .イ: : 人   /    ああ、でも先にして見せた通り
             ―――...   / //_/イヽ: : :从: :ヽ: ヽ >`-´イ: :!: :リ    /      私は結構な魔術師ですので。
             ―――  / //:::::::::::::::: >‐ヾ|⌒ヽ: \\ /: :从: ト、/
                  / /:::::::::::::::::::/::::::::`ヽ:::::::\ヽ-、イ |/: :.∨            記憶を直接 覗くのは難しくても、
                   /:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::丶:::/ _ニ、フ|!:::::\::\          嘘か真かを見分けるのは余裕です。
                  ./:::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::〉 ┐リ ||:::::::::::ヽ:::: ー´:∨::: _r┬ 、_  なので嘘偽りを述べること無きように、
                  _____::/:::/::::::::::::::::::::__::/<ニ!/! ||:::::::::::::从::::::::::::::rY / ! / i }  もし嘘とバレたその時は、殺す……
                  :::::::::::::::::::/:::/::::::/::/ムイ \__イ .||:::::::::::/::::::::::::::::::∨∧_| ハ//
┌──────────────────────────────────────────┐
│それに聞きたい内容が「事情を知りたい」だなんて、まるで                               │
│傍目から見ると 悪の行為に走る盗賊を哀れんでいる心幼い少女ではないか。              │
│ちっともダメージを与えたり拷問をしたわけでもないから、甘い甘いと見られてもおかしくはない、が。  │
└──────────────────────────────────────────┘

16◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 02:41:01 ID:B2ywFh4c



     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
     | ……のもか弱い少女である私には            |
     | 少々 人殺しはこらえるものでして。             |
     | なので石化という手段を取らせていただきますね。 |
     乂_____________________ノ

            即座に死ぬようなものではありませんし、
            『運が良ければ』息を吹き返すことだってありますから。


     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Г ̄|   ....| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Г ̄|
     |:::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|   ....|:::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|
     |:::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|   ....|:::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|
     |:::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|   ....|:::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
      . /|::::::::::::::::|:::::丶        /|::::::::::::::::|:::::丶                      | ―――、~~ッ
      ||::::::::::::::::|::::::::|       ||::::::::::::::::|::::::::|                   ヽ_______乂_
      ||::::::::::::::::|::::::::|       ||::::::::::::::::|::::::::|
    .  .L|:::::::::::::::::|:::::::|      ..L|:::::::::::::::::|:::::::|
        |::::::::::::::ハ_|          .|::::::::::::::ハ_|   (石化した残りのルンフォ盗賊達の姿)
       |:::::|:::|            .|:::::|:::|
       |:::::|:::|            .|:::::|:::|
         ̄ ̄ ̄            . ̄ ̄ ̄
┌──────────────────────────────────┐
│ただの少女が「(人を)殺してみせよう」だと言っても、ちょっとキツイ言葉を言って.  |
│大人びるよう背伸びしてるように見られかねないし。そう下手に凄むよりかは、  ..│
│いっそ魔術師という面を活かして違う方で威圧してみるべきかと手を変えてみた。. │
└──────────────────────────────────┘

17◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 02:53:15 ID:B2ywFh4c

┌─────────────────────────────────┐
│彼らにとって刺殺、斬殺といった形の死体はよくよく見慣れてたものだが、    .│
│しかし「石化」という違う形での死には 慣れていないだろう、と華扇は判断した。..│
└─────────────────────────────────┘
                _________________
            |                            |
            |                            |
            |..     ,,--、.         ,,--、      .|
            |.       (:::::::::)       (:::::::::)       |
            |       `'''''´       `'''''´       .|    (……違いない。
            |                            |     たしかにあれは、俺の仲間だ)
            |             /\           |
            |             '──‐         U |
            |                            |
            '=zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz='
                ̄ ̄/|        Θ  |::l    .ヘ ̄
                  /:::|          |: l:     ヘ ヽ
              {三三三三三三三三三三三三三三}
              {三三三三三三三三三三三三三三}
┌────────────────────────────────┐
│その考察は間違ってなかったようで、盗賊ルーンフォークは少しの間       │
│石像を観察し、 それが先ほどまで徒党を組んでいた仲間の体であると気付き.│
│改めて息を飲んだのを、華扇の耳が聞き取った。                    │
└────────────────────────────────┘


                          ト.、
          _  _,,.. --──- 、,_ノ }
       ., '´   `Y´           `' 、_
      .,.'       |‐ァ   /       \}- 、
        .|      ,ハ_} //     |      ヽ  ';
      ,ゝ、.,_,,. イ ┘ ' ‐|-    /|   | ';   '; |
   r‐''"´/, イ__r'  |  /  ,ム、_./ ;   ,ハ |   レ'}
     ̄く/Y   _|  |! ,イhノ 「lヽ / / /ト |   |/
       /    { r |  lレ' ゝ--'  |/ ァlト、 ,ハ   ;|
     ./     /ヽ._| 八           {h! }/ | /;|
     ;    /   レ' | ヽ、       ' `´ |/レ' ∧
     | /  '    、|   ;     _     ,ム、く/\]    幾ら盗賊とはいえ、
     /  '   、  ;'  /、    ´_`、 , イ ハ       .人を殺すなんてことはちょっと……
    /  _,.イ   /\/ /、 > 、.,,/ ,ハ/)/ ノ
    {r'"| ,、   |>ー<\::::\.   / /、/、/)ハ       なので、まああのような手立てを
      ∨  /     `' \::::`r/ ´ -く/' ;       取らせて頂きました。
        /        \ }:::/ ̄` 、//  {、
        | /      \`∨ ̄`ヽ / {   ヽ}
         '/          `'|\  イアゝ、__';
       ;           |  ヽ |/´り}{:::::::::::_|
┌─────────────────────────────────┐
│そのビビった隙に、華扇は彼らがこちらを下手に意識していることを逆利用して │
│「心幼い小娘」から「突付くとヤバい危険な小娘」というイメージにすり替える。   │
└─────────────────────────────────┘

18◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 03:01:02 ID:B2ywFh4c


          /       \:: :/:: :: :: :: :: :: :: ヽ:: :: \
         /        .........}:/ ::_::_ハ:: ::i:: :: :: :ノ::、:: :: ヽ_
.        /     ..:::::::::::::::::/:!: :: ::/ `V l:: :: :: ヽ:::::\:: :}  ヽ
       ∧   ..::::::::::::::::::::イ:::!:: ::/_  V:: :: :: :: |::ヽ:::::ヽ!::.  }
       { ヽ   ::::::::::::://!:::| ;イきミx ノ\:: :: :: ヾ::ト、::::|::: ノ
       `ー'^ヾシ冖"r'´/j´::::!::リ:::::::::;:ミヽ ヽ: :: ::乂::::::::l: イ
           /:爪_,ノ///|::::::|::Ⅳヾイ      ≧ミx:: ミ≦<
        </::川::l////リ::::::トハ `ー'′   イ:::::::;ヾミー一二ニ=‐:- 、      あ、もし話を聞いて逃がしても良いと
          / :: /;イj::l'////:::: /        ,  ヾニr'^、:: ::ヽト、ヾ二ヽ :\     考えたなら、勿論 あの方たちも
       /:: :/´ |l::::::V//:::;ノ     '′、__     ノ//,ト::: :::ト、`ー'´ \::ヽ    石化を解いて差し上げますよ。
         i: :: i rzzヘ\::∨::::i      ゝ  ノ . イ////} :ヽ ヾ、       ):人
         l: :: l′ \`ー、ヽ_ト、 、 >‐r‐┬f升/////从: ト、:: ::\   /イ   )  放っておけば「ほぼ」死に行くに
     / \:: \__, ヽ::::\:::::\く::::ノ⌒\\⌒ヾ//} V \:: ::ヽ.         違いありませんが、人に言えない
      |     ̄ ̄  └ァ、:::ヽ::::::>' ,ヘ、ィ⌒ヽ、ヾノ     ヽ:: :ハ  ニカッ   悪事をしでかした盗賊なら
      人        ....../:::::\::::;」 {ィヽ ├'^ヽ ト、         }:/ ノ         そうなっても仕方ないですよね。
    /  }     ...:::::::::〈::::::::::::レ′、ゝ、__)く } ├( ̄ ̄二ヽ_ ノ′
.   /     ..::::::::::::::::::ヽ:::::::::.、  く  ヽ.レ' ノ ノフ ´   _  ヽ_
    \     .:::::::::::::::::::::::人::/ ::ゝ-{ ヽ--く ´ /::ゝ---'´:::;:-─‐ ヽ、

┌───────────────────────────────┐
│これでもまだ渋るようであったなら、正直 悪手とは思いつつも鹵獲していた. |
│マグニドゥームの存在を引き合いに出そうかと思ったが、そうするまでもなく│
│このルーンフォークは自らの立場について喋り始めた。              │
└───────────────────────────────┘
                                            ,. -''l、
                                     ,. ‐ ' ´    .|ヽ
                                 ,. ‐ ' ´          |. ヽ
                              ,. ‐ ' ´       ,,,        |.  ヽ
                        i'´         r':::::::)     |   ヽ
                           l   ,-‐、        `''''´       |.    ヽ
                          l   (::::::ノ                   |     `i
                        l         ,xヘ、       u |     |   ま、待て待て。
                           l         ∠≡=`         .|.     .|
                        l                  ,. ェ=ニ三ヘ.    .|   俺達は盗賊紛いの行為をしたが、
                           l      ,. ェ=='''""゛¨|:   .ヘ三ニヘ   |   別に本業盗賊ってわけじゃねえんだ。
                       '、=ニ三""¨         |:l    .ヘニニヘ   .|
                           `ヾ三/|        Θ  |::l    .ヘ三ニヘ |  元はエミニムの連中に
                         ゙/:::|          |: l:     ヘ三ニヘj  薄汚い手段を取ってくれと
                            /   |             | l     ヘ ヾ゛   金を積まれた依頼でな……
                           /   .|             .|. l.      ヘ ヽ

.

19◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 03:06:36 ID:B2ywFh4c

       ,'          !: : : : :ヾ: : : :ヘィ  ̄ ヽ
        i             ム: : : : : : :',: : : : :ヽ     丶
     _ム        /〉 : : : : : : : l: : : : : :ト、      }
      ヽ人      ィ 、∧: : i: : : : : :|: : : : : :|: ',   /
     ィ辷リ斗イ厂てイ :/ ':,: :|: : : : :∧: : : : : |: :l  ム
   ///: : ': : : : l: : : : :/丶 ヽ|: : : : :|: !: : : : : |: :|" rx′
  /ミ//: : :/: /: : :リ: : :/ _ ヽ、j|: : : : :|: |: : : : : |: :ト<│!ヽ
/三/イ: : :イ 7 : /: :,イてアト、 ヽ : : : :|∧: : : : :∨: :|//}!|
ヾ⌒  !: /: lト|<ニイ |!:::::::::::::∧ \: : :| ヽ: : : : :\匕ィ/
    !/: :从ゝ: : : :リ代辷>´ j!`  \j _⌒` ┬─<         エミニム……東にある「エミニムの街」ですか?
   /: : :/: : : 〉.: : : :| ゛ー      ィ:て>r、/∧: : : : \   / }
 /: : :/: : : イ : : : : |        , 辷´ "//: : : 、: : : : :\/  ノ   なんでまたそのような依頼を。
/: : : ://: :/: :|: : : : /            ゙ /´\:_:.\:_/⌒/     特に心当たりもありませんし、私たちを襲ったってことは
: : : : :リ: /: : : 人: : : l 丶  <⌒,    人: : : : :\  ̄_/へ /       無差別狙いの行いですか?
: : : : :ヾ{三三辷\: ト、 \ ___ <:\ \: : : : :Y   ゝ、へ>七フ                       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
: : : : : :∧三三三≧、 \//>'弋辷⌒ヽ  \: :/ ヽ/  ) 〈  /                             | ああ、そうだ。
                                                                 | 特に冒険者を集中して
                                                                 | 宝を奪ってくれと頼まれてな……
                                                                 ヽ______________乂_






                _________________
            |                            |
            |                            |
            |..     ,,--、.         ,,--、      .|
            |.       (:::::::::)       (:::::::::)       |   どうも依頼主はボカされたけど
            |       `'''''´       `'''''´       .|   妙に金払いのいいところからして
            |                            |   おそらくはお貴族様だろうが。
            |             /\           |
            |             '──‐          |   あの魔動兵器だって
            |                            |   支給品の一部として預かったわけで……
            '=zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz='
                ̄ ̄/|        Θ  |::l    .ヘ ̄
┌──────┐
│彼曰く。    │
└──────┘

20◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 03:13:19 ID:B2ywFh4c
                /   `ヽ
               /       lア─- 、
               <从     、_〃: : : : : : :ヽ、
            < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ
         __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /
         //: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y
        / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',
.      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/     はあ、なんでまた冒険者狙い?
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ                           | それは多分、貴族様の
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ                        | セージテキな根回しじゃねえかな……
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、                               | そこまでは俺らも知ってないが。
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY                             ヽ________________乂_
.        ///    / ∨:::__;ィ千r'/丁
┌────────────────────────────────────┐
│この冒険者狙いの盗賊行為は貴族の依頼によるものである。                    │
│彼曰く、恐らく貴族の政治抗争とかそういうのが絡むことである。                 │
│彼曰く、その貴族の敵対者が 冒険者上がりか、 冒険者と深い関わりを持つ人物であり.│
│そいつに対する遠回しな妨害工作ではないかと。                         │
└────────────────────────────────────┘






            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
            |  ――――――
            ヽ________乂_
                                  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Г ̄|
                                  |  ●   ● |   |
                                  |    ▲    |   |
                                  |_____|.__.|
                                   . /|.     ||.Y丶
                                   ||.  Θ ||| |
┌──────────────────────────────────────────────┐
│実のところ、先程述べた魔法で真偽が分かるというのは嘘ではないが真でもない。                   │
│少なくとも、今の華扇にはそれが出来る魔法は使えない状態であるため、                           │
│真実を紛れ込ませたハッタリではあるが、喋る彼の様子から見て 咄嗟に思いついた嘘ということもないだろう。..│
└──────────────────────────────────────────────┘

21◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 03:19:46 ID:B2ywFh4c


   / ̄ヾス-―‐-、r' ⌒ヽ
  {   ,/´:::::::::::::::::::`ヽ、 l
  ヾ_ィr'::::/::::,:iヽ/i::::,::::::、:ス
    //::::l::l::,ハl  l/l/i l .|
  /∧::::|::レ -‐‐  ‐- l .ハ/     (まあ、「罪で街を追い出された」なんて
  〈/l::::トi::::{.   r┐  }/\>     嘘臭い話じゃないだけ信憑性も、内容に説得力もありますね)
   ∨iイヘ|ゝ、__ _.,イレ
       /`,:`ir‐':.`ヽ、     (ホントのところの理由が不明ですが、
     〈ヘ/ 〉/::@:::)、〉      彼らはあくまで工作活動の手先でしか無いのでしょう。
      辷|〉}::{|:::_ム__|      知らないのも仕方ありませんね)
     ムミ|/辷::::::::::.} |ゝ





     -―- マ―- )ノ―  ( ̄ ̄ ヽ
  /      .}〉 //      \
.  ′      }〉           \ )
  {      ,イ}.  .;   \ .    \                  rヽ
 ム     ィノ ハ  .\   \ヽ    .\            ノ-,)
/ノ芥艾升ノ ; 八 .\ \    \    ヽ          ./-/
/ノ  ./.    | \く\.. ミ二二=― !   .}         ./-ムrヽ二つ
/ ./ /    |ヤ厂\    ,ィ≠ミ .\ノ}  ノ         .{ニ-.{こ}ニ}つ
.| / 乂  !  |,ィハ亦ミ.   〈力 ノ/\\乂__        }  }しし厂
八  .八\  ハ戈刀     `¨ 厶イ )人―――ミ     / ⌒}  }   (まあ、貴族の工作活動としては
 乂/   \  \     '   人    \    )\) .イ\   ノ    随分と積極的なようにも思えますが、
  /     -=-ミx  -‐'  /  \-―-、 \>'≠ 7  ヽ /      私に関係のある話にはならなさそうですね)
  /ハ  ,x<    >-=≧―彡    .\  )ノ   (  ヽ /
 (  >{          `―<>―<7  (    ヽ /
    ハ       〃-<厂 フ / /   〈   ヽ  ,,<
     ハ  ノ}__≠{{   \《 { {    \  ,,<
┌─────────────────────────────┐
│一応は理が通った事情ということで――                       │
│ぶっちゃけ彼らの動機は端的に言えば「金払いが良かったから」という│
│俗に塗れたものであるが、そこは華扇的には 別に気にならない。   .│
└─────────────────────────────┘

22◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 03:24:12 ID:B2ywFh4c



             _,∠ ̄`ヽ
      / ̄`ヾY´:: ::、:: :: ::\j
.     {     }} : ト、::`:: 、_::_:;>
      ゝ、 _,. シ:: ::| -` ー一イTト. 、
     /⌒>ヘ:: :: :| ,才矛  ゞ'|「ヽ:ヽ、
        /i::ト、::ヽ: 从r'ーク 丶.从)ハ;:ノ
         >::):イヽ_`¨´__こア ー‐'′   いいでしょう。
        / :/:: :: :ノ r─ 、L∠´}
.       ∨(/⌒/r‐'′  {-L),ノ      今後 盗賊活動が出来ぬよう
      ,. -┴==ァミx_,. クーく,>      .多少 武装を取り上げますが、
     / ‐  <∠,..、| 》´::;::/、`ヽ     .その後に開放して差し上げましょう。
..   / ´     /-/>ミ/::ァ'^:::\ l }
    { ′_/=7//l7/:::キ:::::::::::::V´    ただし二度とせぬように。
.     、 l ≧=-v'〈/l_!,':::;:ィ廴_::::::::キゝ、  口約束ではありますが、ここしばらくは
    ヽ 、   /   ∧X:::::、:::キ:::::::://   私もこの周辺で活動しますし、次会った時は……二度はありませんよ。
┌────────────────────┐
│なので、華扇は彼らを開放することにした。    .│
│ただし現在の武装は取り上げた上で、である。  │
└────────────────────┘

23◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 03:27:13 ID:B2ywFh4c
| __________   __________  __________
| |「 ̄ ̄ / ̄ |||  ̄ ̄ ̄ ̄||   || ̄// ̄ ̄ |||  ̄ ̄// ̄||   ||// ̄ ̄ ̄ |||  ̄ ̄// ̄||
| ||    //   |||         ||   || ./κ     |||/   /    ||   ||         |||     ./   ||          ,  ,
| || //      |||]   //   ||   ||  |_r<../ |||]  /     .||   ||    //   |||] /// .   _          / /
| ||_/____.|||_ //__||   ||×__//_|||______..||   ||_ //__|||__ ,.イ !    ̄冫、.    〃〃
|  ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄      ̄                            / | |_ _/ / \ /卅冫
|;          ';、                               _    ,-,ー.((())、__`---、 ソ-/
|;;、  ;、....::::.;;                                   / ,穀ー-.、 |[:===テ-((.)) ==| : ())
|;;,#  :::::::::;;  ';、 #    ;;     ;          ;;,;;;.;'     .ハ〃'´    `i.、ニ¨(()))二ニニヽ_T。 ̄ \
|;:..:.  :.:::::;::     :;  ; ,,.       ;:..:.         ;;;;'..メ  ./~゙´      |q_\ lニコ     \.。   `,
|;. / ̄ヾス-―‐-、r' ⌒ヽ              ';,          ;;.|。-。      ,。/曰| l.冫ニニニニ‐‐‐‐ 、ヽ  ノ
┘..{   ,/´:::::::::::::::::::`ヽ、 l. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙⌒l\\__/,.' l曰| レ /  _// ̄」 | |゚_゚.〈
  ヾ_ィr'::::/::::,:iヽ/i::::,::::::、:ス                          ,|/¨テ,K´   ̄/ /へ 〉二=====二ヽ イ
    //::::l::l::,ハl  l/l/i l .|                       ,--、ヽ |_』_{T ̄ ̄!.,'へ.//⊂ニニニ⊃ | |
  /∧::::|::レ -‐‐  ‐- l .ハ/  このドゥームは……         |  l レ l》||《|_|   |!  ̄/            | |
  〈/l::::トi::::{"   r┐  }/\>                       Y´/⌒l-廿-lロ   |  /⊂ニニニニ⊃ /ー.ヽ
   ∨iイヘ|ゝ、__ _.,イレ    (勿体無いですけど、          !`  ,イ』゚廾゚『\_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二 ヽ())|
       /`,:`ir‐':.`ヽ、    取り扱いに困るし……)      ..、ヽ! ./ ̄ ̄`!'(0)  ̄ ̄\| 冫ニ冫 |// |
     〈ヘ/ 〉/::@:::)、〉
      辷|〉}::{|:::_ム__|   (壊して部品にした方が良さそうですね)
     ムミ|/辷::::::::::.} |ゝ
┌──────────────────────────────────┐
│丸裸にすれば今後の生活に支障が出るかとも最初は思ったが、            .│
│彼らの発言を思い返すに、何やらアジトがあるような発言だったし            .│
│きっとそちらにこれまでの略奪品も蓄えてるだろうと、容赦はいらないと判断した。..│
└──────────────────────────────────┘

24◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 03:32:39 ID:B2ywFh4c
┌───────────────────────────────┐
│そうして彼らから奪い取った武器に銃にマギスフィアにと、           │
│早計4万G(アバウト)くらいの品を剥ぎとった後に、石化を解いて解放する。│
└───────────────────────────────┘

               -─ -     __
   /⌒ / .:::::::::::::::::::::::::厂/´   ` 、
  /  . ' .:::::::::::::::::::::::::::::::(  {      Y                                      _
  l  / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ト、     }                                    _r√|
  |  .' .::: ::::::: l .::::::::i:::_::_\ :::: Y⌒ヽ._ メ                                    |二|ニ|
 人 |.::::::l:: __:l\:::´ト、 .:::::::ヽ.:: l⌒ /∧Ⅴ. _____________________FニニFニ|ュ_
: ; :.rァ从::::!´::: |  \j \_::::ハリ::: 〈/∧ハ        /_/                       \ : ; : ; : ; : ;
-‐..〈/ 从ルハ:j _   ´「r'!:「Ⅴ:::::::::::Li」::ハ   こっちの収入は……流石に.゙               \: : ; : ; :
   /::::::::::::ノx=.   j以リ/.::::::::::::::リ:::::::::}   .分配するような事情ではありませんね。        .\ ; : ;
    |::::/::: 入""     ""i:::::/::::::::/:::i: :: リ                                        \
 ''  レ'i!::::::::/ > -- 号 <!::/:::: イ::::ルイ   素直にもらっていきますか、
  (\人ル( ル 厂 /⌒ヾ:/7⌒\!. /    .では【テレポート】で追いかけて……あ。
   EヲY}___r ュ 入苞メ::/i    }
    `ー┴┴1 }ヒ/ :::::::: || l|   ,ィヘ
        レ'r/ :::::::::: ||/⌒ヌ´ 卯
┌────────────────────────────┐
│いきをふきかえした盗賊たちにも二度は無いと念押して伝えた後。. │
│華扇は織莉子らを【テレポート】で後を追った。              │
└────────────────────────────┘

25◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 03:34:00 ID:B2ywFh4c





   ,;r────ーュ  ; |l| \`l::.  |  ;γ´     'ヽ     γ´       'ヽ        :,
  ,, || ̄ ̄|| ̄ ̄||   :|l|,、 .:i |::.   | :; || ̄ ̄|| ̄ ̄||    || ̄ ̄|| ̄ ̄||     ;,.:'
,;:.: " ||;;;;;;;;/||ヘ ;;;;|| ~;:|l| \i |::.   |  ||;; ;;;;;;;||从_,_.||  ,";; ||;;;;;;;; ;||;;;;;;;;/|| ,'  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
;   .,;||==||==||  . |ヽ,//'i |::.   | ;: ||;;;;; ;; ;;;==|| .;:,   ||==||==||    /.lニニ;.,;X,lニニニl.ヘ
   ;;||;; ;;;;;;;||;;;;;;;; ;|| ;  | :_ \i |::.   | '' ||\; ;;;;;;;;;;;;;;;;||    ||;;;;;;;;; ||;;;;;;;;; ||  .;:' ,||#;  ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ;:,.
 ,  '{ニニニニニニ} ";; |´ヽ\レ::...  |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'| ;.  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'|   :||___||___|| ;:
    : ::::::::::::::::::::::::::::   |\,/´i:\ ::: |:   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ;:    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .:'',.; || ̄ ̄ ̄||!i!i!i!i!i!i;.||      ,~'⌒~'⌒~'⌒~'⌒~'⌒~'⌒ヽ.
____________________________|  | ̄| :::::\|_________________||__√||i!i!i!i!''',._||__  ....(  (いっけない、私の泊まってる   )
_,|__|__|__|____|\|_|::::::::::::|::::::::::::::   ;;, :::::::::::::::::::::::::::::;,.;,.;;.,;::'';.,;.,;.,;: : :: || ̄ ̄ ̄||i!i!i!"' ̄||::::     (   宿の方に飛ばしちゃった……) )
,__|__|__|__|___|::::::::  \ :..i>::::::::::::  ,.; :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;,,;,; ::;,::: ||___||!i!___||::::      ` ~ー ~ー ~ー ~ー ~ー ~ー '
_,|__|__|__|____|::::::::::::::::::::\|_________________||_______,||::::     (メイと織莉子が鉢合わせてないかな……)
ニ  - ≡
                   Λ二\      ー -=      -            =
                   ∨_,,,;;;;/,,.、.,.,,.、.    -==ー  ー,,,  ニ  ≡ ;,,;,,,,
― ー二                  ニ   ≡
,=============-'-===========''''…========================='";;===- ===…==============


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄

26◆iWAc./ZK.62014/11/10(月) 03:34:48 ID:B2ywFh4c
きょーはここまで
急いでるとうっかりしちゃうとか、たまにあってもいいよね

28小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/10(月) 04:16:57 ID:Ra.UTWEA
乙でしたー。
「年頃の女の子の秘密」が今明らかに!?

>人を殺すなんてことはちょっと……
片腹痛すぎてむせるw

29小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/10(月) 04:17:43 ID:ba5zozIM
乙でした。

実家に置いて備品にするのかと思った…

30小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/10(月) 04:56:35 ID:Ao1jILpc
乙です
えー戦車があれば狙い撃ちで火力上がるでしょー?(MM感)

31小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/11/10(月) 07:43:00 ID:hv386tvo
石化ならセーフ!
おつ

関連記事



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する