剣と魔法と邪道プレイ 第122話


202◆iWAc./ZK.62014/10/08(水) 02:20:24 ID:bcYhAtr6
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄




                        ┌───┐
                    | 口:口:口 |
 /| ̄ ̄ ̄|  _____| ̄ ̄ ̄ ̄| 口:口:口 |          _____
 |::::| [] [] []:|/| ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |         .|         |\
 |::::| [] [] []:|_| ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |──┐   __|[]_[]_[] [] [] |::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|.___| lll lll lll |\:ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|      ┃▼ジンルーの街               ┃
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|      ┃かつて魔動機文明の遺産の多くが   ...┃
______________________________     ..┃見た目そのままの形を残す街。       .┃
Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二I二     ..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



203◆iWAc./ZK.62014/10/08(水) 02:21:19 ID:bcYhAtr6
  Υ\Λ    | | \/L        ||| __                         |  | 三 |  | || |_.-'´_  イ
  _____| |  [        _||| _」 |\                 |  | 三 |  | || |\ \/´|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |          /「||| l l ?礒.|                      | _|l__l|_L || |i- | /| ノ|
   ̄\[У   | |        / ̄||| l l.|ノ|                   \_\  |  | || |l : |   | 7'|  _ .
            | |       ]    ||| l l、| |-.                     _ |_. ┤ノ|∠| || |l : | . | _ -!' ̄
            | |            ||| l l、|、|  `l                 |::::|[l |7|  | ||_|-´|_-‐|'´ |
       _∠_ | |            |||_l l<'|ミ|¬-|       i  i         |::::| l |、|1´| || |l : |   | ノ|
    / ̄Ζ  | |            ||| l lミ|.| ̄¬┐   __lニニl___  _| ̄|::::| l_|ミ|_ノ| || |l : |   | ミ|
  √\      | |   /`       ||| l l、|、| |i l|   |三三三三|  li|Ν|::::|_l |.|ミ | || |l : | ,’ |  |_.-‐
            | |/ ̄>      ||| l l.|1'|ミ|i.i├┐ |三三三三|  li|  |iiii|_l |ノ| [| ||_|-´|-‐¬  ̄|
            | |            |||_「iilノ|.._| |i、i┝┿_|三三三三|  li|>|::::| l |'1| [| || |l : |   |  |
  _____| |            ||| l l7|_| |iノi│┥_|三三三三|_「:li| ̄|::::| l | il|  | || |l : |   | /'|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |            ||| l lΚ| _.!|ミ|i i|i]i|_|三三三三|::|::li|  |::::| l 「 ̄  ̄ l!|| |l : |   |  |
  \ノ       | |        Λ  |||-tニlニi!冂| |i、i||_i|_|三三三三|::|::li|Ζ|::::| l |__|  ||_|l_:_|__l___l|___
   Κ_∠   | |      /Γ\||| :|__l!_i|l| :|| |iミi├|_:| |三三三三|::|::li|Σ|::::| l | ̄ ̄|  || |l : |   |  |
     Υ\   | |            ||| :|__l!_i|l| :|| |i i|| :| |三三三三|::|::li|  |::::| l |Υ\|  || |l : | <´| 7|
    _[\    | |            |||:二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二i|| |l : |</ |'´1| /
      /\_| |        \  ||| __|l___|l___|l___[二二]___|l___|l__||_|l_:_|_  |  |Ν
           ̄| |        < ̄|||::l:::l|::::|::::/  / : :  ̄ l: :: :ヽ \::::::::|!i==.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            | |            |||::l:::l|::::,'/ il/ : :  . il: :: :ミヽ:: \::|!::||::.┃ただし〈大破局〉到来時の地震によって建物の多くが倒壊、   ...┃
            | |            |||_,-     /: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : : \_|::.┃また蛮族との競り合いで機能と遺産の多くが失われた。      .┃
                                                ┃高層建築が多いのも特徴である。                   .┃
                                                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

204◆iWAc./ZK.62014/10/08(水) 02:26:30 ID:bcYhAtr6

                     ____               ,_____,,..
                         |三三三三|              |ロロロロロロ# :l;;l
                         |三三三三|   __,         ゝ::ロロロロロロ||  ┌──、_,
               ,,,,..    l三三三、,/   |==|        ξロロロロロ ;,,||  ,l|____くz,_
        /「「「「「/I  ヾ"";,,__   .!三三 ;;"" __ |==|          》ロロロロロロロ||  |==========|
.        「「「「「「「|l.  ,,.ル'" =!  !三三;;:,,..∥__オ: |==!         ,,ム-、 ロロロロロ||  |##三三三三|!
___, _「「「「「「「|l_.l===|  |三三三"ヾ::::;ヾ,| ̄ ̄|l___l| ̄ ̄|_/ ロロロi;,"||  l========= :ル'
ロロロロ|yヤ¨ll「「「「「:::::::::,,|===|/|三三三三|::::::::::|##       ,,,   '''' lロロロロロロロ||,,,rセ三三三 #/;|
`  ̄`⌒ ̄ ̄ ̄~` ̄~ ̄~` ̄ ̄`' ̄"' ̄`'U'⌒ ̄ ̄|   ___,__,_  |` ̄ ̄~` ̄ ̄ ̄~` ̄ ̄ ̄` ̄ ̄
                                |  |  |;     "|  |  |         _, _,
                      ____,ィfユ!__  ..|#|." |#    |  ト= |           }二{}二{    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ._             /|  __n_ |  |  |  |  #  #|  |  |         _}二{}二{    ┃蛮族を退けた今は、市井を使い回して         .....┃
          }:A:{          |  | └ー┘|  |  |." |;,  ,,,,#|  ト= |       = }二{}二{}二{   ..┃北方の蛮族領に向ける要塞として機能している。    ┃
        __}二{__  =ェ   _,  h__|────|  |#|." | ̄ ̄ ̄|  ト= |        _,}二{}二{}二{__, _ ┃ハインラトで尤も魔動機文明が色濃く残る地域である。..┃
、_,__、_}二{}三{,_,_k_}. //匸工ヨ l三l|\.,|_|/ ,,,,   \|_|__,___,__}二{}二{}二{}二{}二{┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  }三{   .}二{}三{    ,,}. 〇ニニ◯ニ、 ,.二| \〇ニニ◯              }二{}ニ}三{,,{}二{}ニ}三{
  }三{                  |  |  | | |                        }三{      }三{
                    |/´五 ̄五フ...,,           ,,,,      '''
     ,,,,,    `    '''  .... ̄/ / ̄ ̄\\   【ドゥームLv5】
                 /^⊂ニ◯     `◯  魔動機械の戦車、その汎用型。
                 し'          ||  主砲と機銃の2砲を撃ち分ける。
                             亡つ

205◆iWAc./ZK.62014/10/08(水) 02:34:13 ID:bcYhAtr6
 ┏━━━━━━━┓
 ┃……らしい。   ┃
 ┗━━━━━━━┛



   / ̄ヾス-―‐-、r' ⌒ヽ
  {   ,/´:::::::::::::::::::`ヽ、 l
  ヾ_ィr'::::/::::,:iヽ/i::::,::::::、:ス
    //::::l::l::,ハl  l/l/i l .|
  /∧::::|::レ -‐‐  ‐- l .ハ/
  〈/l::::トi::::{"   r┐  }/\>    歴史なんて関係ないし、とにかく
   ∨iイヘ|ゝ、__ _.,イレ       魔動機文明の遺産が残ってる地域だと
       /`,:`ir‐':.`ヽ、      冒険者はそれだけ覚えりゃいいんですよ。
     〈ヘ/ 〉/::@:::)、〉
      辷|〉}::{|:::_ム__|
     ムミ|/辷::::::::::.} |ゝ
┌────────────────────────────┐
│その廃墟となった遺跡の探索を行うかはさておいて、           │
│ファンタジー世界にビル群がそびえ立つ光景は 今のラクシアでは   |
│滅多に見られない貴重な光景だ。                       │
└────────────────────────────┘


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\.\l\.\.\l\|::::::::::::::::::::|   |
l二l二l二l二l\.\.\l\.\.\|::::::::::::::::::::|   |
_____|\l\.\.\l\.\|::::::::::::::::::::|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\.\l\.\.\l\|::::::::::::::::::::|   |
l二l二l二l二l\.\.\l\.\.\|::::::::::::::::::::|   |
__, ⌒ヽ..|\l\.\.\l\.\|::::::::::::::::::::|   |
  (::::::::::::  ヽ.  l\.\.\l\|::::::::::::::::::::|   |
::::::::::、⌒::::::::::::  ).\l\.\.\|::::::::::::::::::::|   |
:::::::::::: ' :::::::ヽ⌒ヽ.  \l\.\|::::::::::::::::::::|   |
ゝ:::::ヾ:: `ヽ(::::::::::::::: )   \l\|::::::::::::::::::::|   |
::::::: 、⌒ヾ :::::::::::::ヽ   , ⌒ヽ.|::::::::::::::::::::|   |                             /⌒\
(:::::(⌒:::::::://:::::::::::)  (:::::::::ヽ⌒ヽ : ::::::::::|   |                            /     {
::(::: :::ヾ::://::::::::::::: `)ヽ::::ヾ::::::::: `):::::⌒::)    !                        rく     {ヽ(__)
::::ヽ:::::::::| (::::::::::::: ノ (:::::(⌒::/::: ノ::::(:::::::: )::: )        ,ヘ,ヘ   ∧_∧      .」 -\    }
 (::::::ヽ! |::/:::)    ゝ:::| |/:::)   ヽ::||   ∥    ,、,、  (  )  (    ). )ホ(   ( _,  うv,ノ「L
     | |::::)        (::| |       . ||  i'i'i    ( )  (;;;;;;;)"''-/    ). ((魔)) (ハハ___彡イL「ヾ
     | |             | |      l'l'l'l       只   UU  /,,,;,,,;,,,,;,,;イ" (___)   )/八   ∧  }L
     | |         |~|~|~|~|                      (_)(_) (}i{   ((/,     ∧ ⌒ヾ
  |~|~|~|~|~|~||l            ∧_∧                     }i{   )    イ ハ
┌──────────────────────┐
│しかしビルのコンクリート街に 鎧や外套を羽織った...│
│時代錯誤な格好が多く目に当たるのは、やはり    │
│この世界はファンタジーなんだと思い返させる。   ..│
└──────────────────────┘

206◆iWAc./ZK.62014/10/08(水) 02:40:49 ID:bcYhAtr6





                      ∧彡ヘ
                      ミ| ^ \
                      ミ| _‘_)
                       ミ| ( ゚Д゚)
   | ├────────┤ ヾ   | (ノ |)
   | ---- ヾ ̄ ヽ ------ ]=========◎|                           __/ヽ
  └──|  ◎  |=───┘    人__ノ   / ̄\  どうもありがとう      .r―r_',ヾ,`, ,
         ゝ__.;''           ∪∪  ...| ^o^ |   ございました        .',xr', ',ヾゞ' ,.丶 ) )  こちらこそ。
                               \_/                   ノ¨〉,.`ト\ヾ' ,.ヽ, ‐.,. お帰りはまた気をつけて。
                               _| |_               .___/ ,.' i,ゞヽ ヽ'.,ヾ' ,-{
                              |     |              .ヽr ' ´/7メ{ヽ }ト,`ヾ_ .',ト \丶、
                              | |   | |                , 'ヽイ.,'/}  _',.ィ (  )-}.,_\.` ./
                              U |   |U           .. _r'_/  /. ',/ `¨´.`´  /  .,.'
                                | | |          ,(   )  ,.'    __  /,_ , '
                                ○○          ./.く`¨´  /┬―.',´   '‐ヾ .ヽ‐く
                                              丶、'  ,/ ./   '     .', .〉-.'
┌──────────────────────────┐
│(織莉子たちが)お世話になった隊商に報酬の銀貨袋を貰い、 .│
│別れを告げるのを見届けて 話しかける。               .│
└──────────────────────────┘





                /   `ヽ
               /       lア─- 、
               <从     、_〃: : : : : : :ヽ、
            < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ
         __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /
         //: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y
        / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',
.      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/     ねえ織莉子。
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ     仕事の義理は果たしましたし、
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ   もうエミニムに戻っても良いですね?
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、         道中は私の【テレポート】で一瞬ですから……
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY
.        ///    / ∨:::__;ィ千r'/丁

207◆iWAc./ZK.62014/10/08(水) 02:47:09 ID:bcYhAtr6

   |
   |──-
   |       \
   |__/\ __ } i
   |/   ∨V | |ヲ
   |┃   ┃ムイ-ァ
   |''_O_'''ノZ゙    美国さんのお友達さん、
  ([,]匚 |  廴⌒!    もう行っちゃうの?
   |____}  └jノ
   |辷辷ム
   | ヽ |
   |  ┘
┌───────────────────┐
│しかしそこで横合いから口を挟む者がいた。 │
│彼女は巴マミ、織莉子の同年の学友で     .│
│最近知り合った仲間なんだとか。        .│
└───────────────────┘


                        ___
                    ´            ` ミ
                /                マ
       .          /        〃  ∧      ',_
               .′       /i}  /  '_      (())
                |    ⌒ / i /  ´ `、   ((><))
                │   i/   レ′      ヽ!   (())
               从、 } 三三   三三tっ 'ヾ /¨ゝ、
             , ヘ\ノ  ' ' '      ' ' ' _ /    〉    折角パーティに
            iく.   Xヘ     r- 、     ノイ    /,ヘ    頼れる前衛さんが来たと思ったのに、
            __ ヽ   Yゝ><二)___ ァ‐、イ ` 、_(/ ∧    残念だわぁ。
           ノ \i_y‐;{ /   ハ.【】.7/  ∨    `ー〈__`≧x、
           ヾ、   \ {    / `Y´/   ム_          ソ                     悪かったな、頼りなくて >
             \ _ノ ゝ-イ  人/   /  `>、      ´
             Y¨≧='゙    └┬′/   ./   L_ `ー、、
            乂!         ゝ、ム __/  ___Lノ‐一'´
                      r'__ノ ̄
┌─────────────────────────────┐
│織莉子キリカの二人に欠ける先制要員を埋めるスカウト技能持ちだし.│
│技能相性は悪くないようだが、どこか浮わついた性格をしてるのは  .│
│二人とは合わないんじゃないだろうか。                      │
└─────────────────────────────┘

208◆iWAc./ZK.62014/10/08(水) 02:57:15 ID:bcYhAtr6
      ,‥   ........._  __
    ;   , r``⌒    ⌒   `\
    ;  /        ん  ヘ   \
   , ∠ /  /  ノ /´ \  }ヘ ヘ_ ヽ
    ( ∨^ヽ,  lー /~ノ    ヽ 卜-〉 }  〉 ;
  ィ-うイっメ l ノ ノ/     ∨_ヽ〉∧ } ;
 ; し入人ノ~) リ ノ{i::::ji|      {i::::jii|ノ ∨ ;
   (__uイぅく ツ 辷zリ      弋cjリ )   .
  ;  < ト-く`⊂ニ⊃//ヘヘヘヘ、/////厂) ;     探し人が見つかったのは喜ばしいけれど、
 ; く~\ __ `\___∠_____ゝ__ノ/人 ;    まだホントの腕前も見せてもらってないんだし
; く~\__  \ノ /(:::::-∪-:::}   し// 人      一度くらい ここで一緒に冒険してみない?
 /~入  つ-´//~`ソ:ハヽイ ノ  ~て__/ 入
 し′ `¨´  _レ/  レ′ケ´l / ノ    ` ~´り     それに折角新しい場所にやってきたんだし
        く_,く.、   んnl /ノ             全くここの空気を吸わないのも勿体無いじゃない
   , 〈   ノミメゝ\ _ノ匚フ入
   \\ くメミメミl:ハイイ∪入ン
     ` `  ヾメミl:ミメミメミメン´
          ヾ~゙~バ了
           ∨゙ V
┌────────────────────────────┐
│あと、エルフという長寿種族ながら                        │
│ずっと年上のはずなのに、どことなく子どもらしい素振りをする。  ..│
│今だって、子どものように駄々こねて私(ら)を引き留めようとする。..│
└────────────────────────────┘


                                メーーッ!
                                    ,.   ¨  ̄ ̄ ` ー- .,
                                 /         ;     \        っ
                                  ー=彡          /\.     ハ__    つ
                               /   / ///{ /   ヾ, j} __{ i}
 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ            ;    厶斗/  j/ `ー- V} {__@~}     ダ
 | 別に……、織莉子たちと   |            |  /   \      /  }  夂!乂       メ
 | 三人でやってくれてて    |              《゙Vヘ{   /      \  }/丿 ̄ア,    |
 | いいんですけど。        |            .へ 圦XX         XX / i}〃 ∠_   !
 乂___________ノ        -≠\ ヽ|!`≧=‐ュェェ---rzz‐=≦ ≒l|‐⊃≠、`ヽ
                            {/¨¨ ⊂|i{三   {i:i:i:i水i:i:i:リ     三|il二つ  ヽl}
                                 ⊂二!|i三j  `¨¨介¨¨´   ャ‐≠|i⊃    _乂
                             (     ⊆__i{彡;i}_             {   }i!  、
                            ( ` ー--    i}! x;?仞≧;xィ仝x;≦至私     ノ、
                             ` ー--     `¨弌三三三三三ア¨´     ,ノ
                                    V::::i}   {!:::::/
                                          `¨´   `¨´
┌──────────────────────────┐
│このように。                                    │
│迷惑をかけたついでに織莉子たちを連れ帰ろうかと思ったが、. |
│ここまで言うからには彼女らを連れ行くのも悪いな。       .│
└──────────────────────────┘

209◆iWAc./ZK.62014/10/08(水) 03:04:38 ID:bcYhAtr6
            /      /        /|/‐=========
         /                     /     ‐=======
 、     -/         \        /        ‐=====
  \/ ̄ ̄                  /   ∨       ‐====
           /     jI斗-──<       ∨     ‐===
/ /      /     /                 ∨       ‐= /
         /   /        \         |∨.     i=/
      -=  /           |i       }|. ∨ ?礒 |/
    -===|/│         /  |lハ     }|─|| |-| │
   -=====\ |      / //∧|  | |  / 八-jI斗 | │
  -=========>       //イ リ  | l  , // 才⌒7    !
   ____jI斗匕       /   --   |  /// fr仞/   /
 ̄   / /       イ   jI斗r扞ミ |//イ   匕シ   人〈
.斗--/ イ      /  | 爪_)廴Лリ  j,:′  {   厶イ  个=--
‐‐‐‐| /‐|      /  抓 ∨::z>'’  /     ',  │   l.|‐‐‐  ごめんなさいね華扇。
‐‐‐‐|[‐‐|  /  / l │ \  ̄         /   从   从‐‐‐
‐‐‐‐|[‐‐|       乂__、             _、 |[/‐‐‐‐‐  私たちは ここで冒険するから、
‐‐‐‐| ‐乂_      `ヽ        、___ _ ‐‐ヽ|‐‐‐‐‐‐‐‐‐  しばらくの御用が終わったら
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐==`ヽ      |\            ‐=\‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐  また来てくれるかしら。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐=====    |__、≧ .,_   .イ=====〉‐‐‐‐‐‐‐‐‐
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐====| /  /==\ 三三千‐==== /‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐===|   /===/===========/=/‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐












   / ̄ヾス-―‐-、r' ⌒ヽ
  {   ,/´:::::::::::::::::::`ヽ、 l
  ヾ_ィr'::::/::::,:iヽ/i::::,::::::、:ス                             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
    //::::l::l::,ハl  l/l/i l .|                                 | 一緒に冒険する約束、
  /∧::::|::レ -‐‐  ‐- l .ハ/                                | 忘れてないわね?
  〈/l::::トi::::{"   r┐  }/\>   はい、はい。                  ヽ__________乂_
   ∨iイヘ|ゝ、__ _.,イレ
       /`,:`ir‐':.`ヽ、     だから私が混じっても
     〈ヘ/ 〉/::@:::)、〉    ...ただの邪魔になるだけだと。
      辷|〉}::{|:::_ム__|     .まあ、そのうち やってきますよ。
     ムミ|/辷::::::::::.} |ゝ
┌─────────────────────────────────────┐
│魔動機文明の遺跡というのは中々他所の地域で目にかかれないもので、           .│
│今なら危険地帯も魔法で安全に飛行しながら捜索できるし、探索してみたい気にもなる。. │
└─────────────────────────────────────┘

210◆iWAc./ZK.62014/10/08(水) 03:07:53 ID:bcYhAtr6


                     ____
                         |三三三三|
                         |三三三三|
               ,,,,..    l三三三、,/
        /「「「「「/I  ヾ"";,,__   .!三三 ;;"" _
.        「「「「「「「|l.  ,,.ル'" =!  !三三;;:,,..∥__
___, _「「「「「「「|l_.l===|  |三三三"ヾ::::;
ロロロロ|yヤ¨ll「「「「「:::::::::,,|===|/|三三三三|:::::
`  ̄`⌒ ̄ ̄ ̄~` ̄~ ̄~` ̄ ̄`' ̄"' ̄`'U'⌒ ̄
 =コ     =コ      ェ=         =コ
            =ェ         -
   =コ   _        =コ        ェ=
=ェ      }:A:{      -
        __}二{__  =ェ   _,   _
、_,__、_}二{}三{,_,_k_}三{_}二{,,__,,__,,
  }三{   .}二{}三{    ,,}三{  }二{
  }三{                    ,,,
                    ,,,
     ,,,,,    `    '''         ` \._,   ' パッ
                   ,,,     -   } {  -
                            ,  ⌒\ 、

┌──────────────────────────────┐
│経験点と技能をかき集めた後には                          │
│財産を蓄えるために寄るのも悪くない……と、                │
│織莉子たちにさよならを告げて 一足先にイシェスの実家へ直接帰る。 │
└──────────────────────────────┘


          ○

          ○

          ○
.

211◆iWAc./ZK.62014/10/08(水) 03:11:35 ID:bcYhAtr6


           |
           |                                  |
           |                                  |
           |                                  |
           |        ______                |
           |          || ̄ ̄ ̄ ̄||        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        ,'| |          ||        ||        |l二二二二二l||
         |.| |          ||        ||        ||_____|||
        |,' |          ||      .0 ||        ||_____|||
       __ |   ⊂⊃   ||        ||        ||_____|||        .ο         / バシュッ!
    ../ /.|――n|  |___.||____||____|l_____l||          .O     /      ο
   / //||_.n/||.ー‐'                  L二二二二二」|_. ο         //  O
  l'|  ̄| |、 /||. ||/||.          ________,,                   ,;:''"゙゙'':.,/
  l.|   | |/, '| ||レ!'||          ./          /l       -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐
  ,,l.|__|,,/ ,,l| ||/~       /          //ll             O   :、,. ..,::'、‐-  _  ,、.
  |   | l,, "/~         l二二二二二二二二l/ ~           O   //`v:: 、
  |   | |/           |_|,!         |_|,!                  //   |   ヽ
/  ̄ ̄                                              /    ο    O
                                              /
┌───────────────────────────┐
│実家で尤も覚えているのは自室、                   │
│次いでリビングと玄関ホール前で、丁寧に玄関から入れないのは│
│まあ仕方ないだろう。                           │
└───────────────────────────┘

212◆iWAc./ZK.62014/10/08(水) 03:16:10 ID:bcYhAtr6

                          ,. '" ̄`ヽ.
             , '" ̄`ヽ _r‐<´ ̄`Y      ',
            ./  r>'"/        ヽ┐   ノ、
            { r/   '     }`ヽ `ヽl>-rヘ_」
            r'7  .;' /|   ./_ ̄ハ  ハ  八\`ー─┐
            |/   |/'´_」   /ァfてハト  | 、  \\  ̄
            .;' |   | ィ'f'ハ、  '  j__,ン  八 \ !\」
            /{ .|  八| j_り \|     |/,リ「  ̄`|
          く/|八レ'  |    '       / ´  |  .人
               ヽ /、   r 、   //   /|  ,'   ヽ.    ……少し、物が減ったかしら?
              /イ へ、    / /| _/_  /   ; }
            / /  / >-rァ'|/|:ァ'"::::::`ヽ. /レ'    大事なものは置いてないから
           ,:' /| /|、 ./ f斤:::/::::::::::::::::::ハ' }      いいんだけど。
            レ'´  ∨  レ∨_」ーイ/::::::::::::::::::::::::| /
                  r'アrヽ:::/::::::::::::::::::::::::::レ'
                  /{八ンノ}:{::::_;:-===-、/
               /`ヽ、-ァ::'::ヽ/::::::::::::::::∧\
              /ヽ _ンノ::::::::::::/::::::::::::::::/|__|\|
               ;'ー-イァ'::::\:;r':::::::::::::::;:'/
┌───────────────────────────┐
│とはいえ、屋敷の内部から帰ってきたのでは誰も気づけないし、  |
│手配されてた当人が突然 顔を出して戻ってきたら驚くだろう。  .│
└───────────────────────────┘

___________________
へへへへへへへへへへへへへへヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ   |
| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'| | ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄|| ̄|   |
| | .:.)__,,.-‐‐‐-、 ,| |r'⌒ヽ、_r'..| |⌒Y´  | |   ||/   \
| |:::::::::.:.:.:........:.:.:.:.:.| |:.:.:.:............, | |r'´   .| |  /       \
| |_,..、-''"~""''',‐- | |        | |      | |/          \
| |,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.| |`゙''ー-、,  .| |    /! !              \
| |;;;;(;;;));;;;(;;;))__,,.. | |_ '''""  | |  /     :;:;:;:;:;:;          \
| |≡≡≡≡≡≡.| |        | |/       :;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  \
| |         | |  ''"""'/|_|            ;:;:;:;:;:;:;:          \
| |"´''"""'''    | |   /                             \
| |   ''"""'   | | /     .:            .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |         | |.:                      .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |  ''"""'    /.ー.:                 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.::
| |        /.:                          .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |  ''"""'/
| |    /
| |  /
┌─────────────────────────────┐
│一旦 屋敷の外へこっそり飛び出し、また門から入り直すことにした。 . |
└─────────────────────────────┘

213◆iWAc./ZK.62014/10/08(水) 03:22:34 ID:bcYhAtr6
.I_______I      \_:.:.__
           \ \ロ
_______________i`、  | :|_:'`::_',:'_'`;___ _:'_'`:_:'';;`;_____ ___ ____________
=:.=.=i〔〕〔〕i=====i\ヽ、,:|\   :/\` 、     ___    /\` 、    ____     /\
   |____|     |  `.、ヽ、.:.\.:.:..|i田l;|___l   /\` 、   |i田l;|___l    /\` 、   |i田l;|
-.─-.─-─-─.、::..;|    |\ヽ、-',_____/xXx \ヽ_____./xXx \ヽ_____
=========='.:.:|`.、.:.:.|  \|:.: |==== ==|.:iコ._,iコ |:;|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:;|.:.. ロロ ロロ
____  ○  |.:i |:.i  |:..::`.、|:.:...:.|  |.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |::|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |::|.:.. ロロ ロロ
 |  .||.:.:. |.:i |:.i  |:..:... |:.:...:.|  |.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:.|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:.|.:.. ロロ ロロ
 |  .||.:.:. |.:i |:.i  |:..:... | ` 、|  | --─-─--|..====::|::| --─-─--|..====::|::| --─-─
 | ,., ||.:.:. |.:i/J,.,.,|. ,.,.,...|.,..;.:.|  |.:..:.ロ.:.ロ..: . |      |::|.:..:.ロ.:.ロ..: . |      |::|::..:.ロ.:.ロ
";`;`::'::',:;:;::"''":。;:";;::、;;:。-..,"'., |.:.. ロロ ロロ : .:|:i'⌒il⌒'i;:|:.|.:.. ロロ ロロ : .:|:i'⌒il⌒'i;:|:.|.:.. ロロ ロロ
;;:: ,:'':' `::':: ',:;:: ,:''':'`::'::',:;:` "'"';: ;|.─--─--ー|:l::.:..ll::.:..|;:i,/:─--─--ー|:l::.:..ll::.:..|;:i,/─---─
:,:'':'`::'::',:' ':'`; ;::、;`: :'::',:;:;;::,:'":;'/         ̄ ̄ ̄ ̄、._,,-、  _.  ̄ ̄
,:'':'`::'::;;::',:;::,:''':'`::'::',:;:`"'"' ;:。;:                  >=:=:、:∨_  `: .、
;;::、;`::'::',:;:;:,:'':'`::'::',:'':'`;::,;:;:' "'"'                 彡千ミ∨   `: .、 .`: .、
                              Cー   ,|.|,く二> 、/Y/>、 ̄ `: .、
                                Cー    /./,,―― .、Y`ヽ//:〉_  .ヽ
                                    .! | l | | | | | i弋_/`´ー /  :∧
                                 / i弋ー―― ,/ーイ ̄ ̄    /   お、お嬢様が
                                   /  \`ー―イ./`ー―――― '    .お戻りに!
                                / ,,― .、ー―' /
                               ∨∧   .:|   ./               誰か旦那様に報告を!
┌─────────────────┐
│門に回り込んで姿を晒せば、案の定    .│
│いそいそとお急ぎで出迎える衛兵たち。  .|
└─────────────────┘



             _,∠ ̄`ヽ
      / ̄`ヾY´:: ::、:: :: ::\j
.     {     }} : ト、::`:: 、_::_:;>
      ゝ、 _,. シ:: ::| -` ー一イTト. 、
     /⌒>ヘ:: :: :| ,才矛  ゞ'|「ヽ:ヽ、
        /i::ト、::ヽ: 从r'ーク 丶.从)ハ;:ノ                           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
         >::):イヽ_`¨´__, -ア ー‐'′                           | それはもう……
        / :/:: :: :ノ r─ 、L∠´}      どうも。                     | ご自身で確かめられるのが宜しいかと。
.       ∨(/⌒/r‐'′  {-L),ノ      その様子だと世話……いえ、         ヽ_________________乂_
      ,. -┴==ァミx_,. クーく,>     心配かけたようですね。
     / ‐  <∠,..、| 》´::;::/、`ヽ
..   / ´     /-/>ミ/::ァ'^:::\ l }     お父様は怒ってました?
    { ′_/=7//l7/:::キ:::::::::::::V´     それとも、心配してました?
.     、 l ≧=-v'〈/l_!,':::;:ィ廴_::::::::キゝ、

214◆iWAc./ZK.62014/10/08(水) 03:31:10 ID:bcYhAtr6
          ∫   |
          ∫   |          |
           O。  |          |
         ヽM/  ;;|          |
          /| |  ;;;;|          |
        ;;;/,| |    |          |
        ;;;/ |  '|  ;;|          |
        ./ '|  |  ;;|          |
_________ (⌒)⌒)⌒)_         |
}{}{}{}{}{}{}{(⌒(⌒(⌒)⌒)}{'\______,,|
 ̄ ̄ ̄ ̄ヽiil iil iil iil iil / ̄\\____|__        ,,,|
_______""''""''""'' \}{}\\______|__      ::;;;;|
                \}{}\\____|__,      |
                 |}{\}{}\\______|___   ::;;;|
                 |}{}{}{\}{}\\____|__,   |
                 |}{}{}{}{}{\}{}\\______|__,,::;;;|
                 |}{}{}{}{}{}{}{\}{}\\______|;;;;;|
                 |}{}{}{}{}{}{}{}{}{| }{}{| |      \|
                \}{}{}{}{}{}{}{.|}{}{/ /       : |
┌─────────────────────┐
│ドタバタドタバタ、と装備をつけたまま衛兵が走り、 │
│使用人に帰還を告げて代わりに走らせて。     .│
└─────────────────────┘
                               / ̄ヾス-―‐-、r' ⌒ヽ
                              {   ,/´:::::::::::::::::::`ヽ、 l
                              ヾ_ィr'::::/::::,:iヽ/i::::,::::::、:ス
                                //::::l::l::,ハl  l/l/i l .|
                              /∧::::|::レ -‐‐  ‐- l .ハ/
                              〈/l::::トi::::{"   r┐  }/\>
                               ∨iイヘ|ゝ、__ _.,イレ
                                   /`,:`ir‐':.`ヽ、
                              ( ( 〈ヘ/ 〉/::@:::)、〉
                                  辷|〉}::{|:::_ム__|
                                 ムミ|/辷::::::::::.} |ゝ
┌────────────────────────────┐
│待ってりゃそのうち父さんか誰か来るだろう、                 │
│それに荷物が嵩張って重いからと 先にリビングルームへ向かう。  │
└────────────────────────────┘

215◆iWAc./ZK.62014/10/08(水) 03:34:19 ID:bcYhAtr6



┌────────────────────────┐
│少しして、そっけない顔でリビングに居座り           │
│ただいまと告げる私を見て、父は安堵した表情を見せる。. |
└────────────────────────┘



     |                             ____
     |   ____   ____                   |;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:|
     |  (`),/|  /ヽ(゜,)                  |:.:ヽ.○ノ..:.|
     |      'i /                      | :.: .▲.: .: .|
     |      |i                      |;:;:;:;:jヽ;;:;:; |  へ、、
     |      ||                       ̄ ̄ ̄ ̄ / {_ ク
     |      ||                            ,=- く__,,/
     |      ||            _________  /   /     _
     |___ /|ヽ __________.γ'            `,./  / ___._〃― ヽ
   /     / .| \    __,________|           ____./   /ヘ  ....._/ | | =!|= }lヽ      , '⌒ヽ
  /              i__i,_______i________,,i____r'   く彡 \r'´{ ∧ rっ /  |ヽ- 、 ー   l
/                 | ┌'          .:.:.:.:| ..\    ""''''`l /ヘ`,二´ミ、ノ丿丿)  ヽ、_ ノ
     __,..、-ー=、       L..i─────────L____./\    | ´   | |  | |\_ノF== 、__
     'i,     'i,                          /;:;:;:;:ヽ  /   l   | |  | |  \|| | | | | ||
     )     ',',',',')      _________      ./;:;:;:;:;:;:|     r―''\ ,'⌒i|       || ||  |
     i',',',',',',',',')_/;j    /          /l     /;:;:;:;:;:;:;:;:|     ||    ヽ__ノ       || ||   ヘ
     |______,,j/   /          //i|  ....../;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|    q====||ヽ==o || ||   ヽ
                                  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|      ||       || ヽ   || ||     \

216◆iWAc./ZK.62014/10/08(水) 03:41:11 ID:bcYhAtr6

                            //
                       〈::〈 _ __  /´ ̄ `ヽ
                     . -‐‐' ´: : : : : : :` 、    .
        .      /´  ̄ `Y´. : : : : : : : : : : : : :\: \     }
              l     /. : : : : :{ : : : : : : : : : : :.\: \__ノ
              |   /. : : : : : :/:!: : : \: : : : _: : : :.\. \≦≠ ニ二フ
               ゝ.__/: /: /: :.ィ.升ト: : : : ヽ:´\: : : : : :)>:\ \ \
               ノ: ノ!: l: : :|:l:|:.|:ノ\: : : .!: ,ィ≦k: : : \: :}: :\ \/
               ///l: :!: : :!:l:|人  )\: :}´ i以リハ \ )メ、}ノ:.ヽ
             く/〈./人:j: :从八x==彡 )ノ """.|:i: : : : \:\:ノ: :〉    しばらく心配をかけました。
                 /:\: :.Ⅵハ""  '     リ:i: :\: : :.\ :ヌ´
        .         /: : : /)ハY入   / }  /く: : : :l\: : : )      急に冤罪をかけられたので、
                /: :/:.//: :.:i:|: l }≧= i |<.┐ :): : :ノ ハイ       .とっ捕まるわけにもいかないと
                  レ〈:.∧!: : :リ人!:F干| .j´ニ.|イ⊥く ⌒\        目の届かぬ場所に隠れ潜んでおりました。
                    )/\:.(`Y r┤厂 ∨:::::::://       ヽ
                  /   ヽ) | j::ハ厂   |}`ヽ:j/        i
                 /       Ⅵ::::{〈し'⌒ リ }:〉/         .ト、





       /    ∠_      `丶、                           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
      /      ∠     丶    \                            | ある程度、織莉子から聞きました。
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ                            | 一応はその屋敷の使用人の仕業だと
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |                             | いうことで落ち着いたと。
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、                            ヽ________________乂_
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉
        >- 、ヽ            〈テ7
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __Ⅵ
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /     事情は……
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、  そうか。当家に美国家の娘が訪れた際、
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}  ナナリーが頼んだのが功を奏したか。
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|

217◆iWAc./ZK.62014/10/08(水) 03:50:20 ID:bcYhAtr6

           _,,..,,_ ,,,.. --- ...,,_
         ., '´    `ヾ      `'  、
         {    r/]/        \- 、
        rゝ-='" ̄, '  ./´   ハ    ヽハ
         く/    |/   /_」- /|  |    ∨、
        /'/     .;'  ./fてl!`ヽ |  / |    |/
       ,|/   r|  {弋_リ   |/ト./  |  ハ\
     / ,    .八  |x`     ァr'|  ,ハ /l」ヽ/
    /  ;'    ,   \|       , lリハ!/|イ、
     { /|   ./|  ./| l    _   x/ 八、 \    またナナリーに何かあったのかと、
    ∨ソ 、/ 人 ,ハ レ |\     ノイ  )\ ハ    心配にもなりますがね。
        }/こ ヽ|/-、 / >=ァl斤/ | イ  リレ'
       /─- 、r }-r‐|7〒ア´/::/7´ ̄`ヽイ                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
      ./  ‐-、ソJ:::rん)ヽrイ:::::://      \                      | しかし、約二ヶ月間はどこに隠れ潜んでいた?
     .r' -、 ,イ:::::::{ゝ_ンノ:::::::::::::|{         .}                   | エミニム方面で会ったということは南部か
    /\--//:::::::::::::l/:::::::::::::::::::::|ト、   、__」_/                   ヽ____________________乂_






           __ / ̄\  _
          ´ `>  ̄⌒7 ̄: : :  ̄: `ヽ
            ´: : : : : : : : : :  ̄: `丶: : : ヽ
          /: :/.: : : :/: : : : : ヾ: : : : : `: : : \
       、_ /: /: /: : /: : : : : ヽ ゝ^/ ̄ ̄\: :',
           ̄〈: : /: : : /|.: : :|: : : : ||. 〈      i: :!
            ∨: : ,イiヾ: : i:|`: ヽ、| > !      /: :',
             /: ヽ〈 代jヘヾゝ=、_| ゝ丶 _ /: : i: ヽ
         /: : : : `i<   辷ン 〉! :ヽへヾニ二」: : |ヽ: \
         〈: /: : : ∧      /: : : : ∧\: : : : :{  \: :)
    ィヽ    )'{ : : /: ∧ ‐ _/: /: : /: : \> : : :ヽ  )'    いえ、西部……蛮族領におりました。    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   _ | !〉 ゝ、  ): イ^、|⌒ ̄ /: /: ./{: : : : : ヽ : : : : 〉                                   | 蛮族領!?.
  メ、ヤ ゝ-´/   ∧/丶/:::: ̄/: / |´ヽ⌒)'ヽ^)⌒^   ‐-、   ご安心を、別に                 ヽ______乂_
 〈゙     /   /  ∧/::::::: ̄ ̄:::::::〉 ト、           ___,ノ -、身をやつしたわけでもなく
  ヽ、/ ̄\  7 i ム/:::::::::::::::::::::::::::::::::} \          .___,ノ 現地のレジスタンスに混じって活動してました。
    |      |  ∨`{「/ ̄ ̄ ` ヾ ::::::::    丶.
     \/ ̄∨   /⌒      〉::::/    /、>       その間も、自己研鑚を欠かさずに
     ヽ   ∨ 〈        /::::/   /   \         能力を向上してましたし、何にせよ
      ',   ∨∧       /::::/T   ___\      心配は無縁かと。
        , / ̄ ゝ      /::::/ヾ|  //

218◆iWAc./ZK.62014/10/08(水) 03:56:13 ID:bcYhAtr6
┌─────────────────────────────────┐
│正確には自己研鑚よりも他者から奪い取ることに                      │
│終始専念してたとも言えるが、まあ能力が上がったことには違いないので黙る。.│
└─────────────────────────────────┘

              , :'´ ̄`ヽ __         __
             〃   ,. :'´: : : :` ̄`: :.<〃    `ヽ
             l     /: : : /: :/: : : : : : 〈 !         :.
          ヽ  /: : :〃: : : : : : : : : : : :ヾ       l
          /V : : / l : : : i: : : : : : : : :〈ヾ       ,'
          〃 / ∧: !: :!: : : :|: : : : : : : : : :乙ヽ   ,.イ
        /イ .イ: :| _':;__ : : : : !__':;_ : : : : ∨:.7_jk≠ニニ二フ
          |:::/: |: :.|   ヽ:`: : :.ト、: : :\: : : : ∨: ';∧\
           7: : l:.从x示ミ\: :.| ,.rfてうト、: : : :!: :ハ: ヽ \
.         /:イ: : : :从 V::リ  ヽ|´ l::::::::::ハ: : : : ヽ: : :\: :\j
         // l : : : : : l ー' ,    V辷ンヽ: : : : :\: : :\: :\     しかし、あのあたりは
      /´ _ >rっ:.人            〃7‐-: : :\: : :ヽ: :ハヾ   .本当に危険な一帯ですね。
      / ‐<ニニフ:.ヽ  -     イ{::从: : : : ̄`ヽ ̄`ヽ: ソ
     / ̄ヾ <_フ、: : : :)> -r‐< /三〉、: ヽ: :`ヽ : :)  ノ     侵入当時の私では
.    / ̄>、/ ̄   >f三〉─ヾ="三ミ/  `ヽ: :_∧/        遭遇したら一巻の終わりな魔物も
    //ヽ ン , -‐イ  /てム-  ∨三ミイ      ) `ヽ        そこらに数多くいるようですし。
.   /´ ̄7´ /     7´ /- 、  )_ノ∨三|!          〉__
  / ̄ニ/ ̄`ヾ 、   〈 辷i弋ン<〉 /三ミl     / ̄ヾ< ̄ ̄`ヾ  今はなんとかなりますが、
. /二 7__  ∨  >‐〈   ノ7三三||`ヽ _〃/       \     下手をかくと死んでてもおかしくなかったでしょう。
.〃  /´   !   !  /三ニ三>- '三三ミ||   .::::∨   __r、--     まあ生きてるんですけど。
   / ̄`ヽ|    ∨!三三 /三三三三三l! /::::::::l    !    ヽ
 ̄7" `ヽ/|  ,イ/ ll \三 l三三三三三<ヾ:::::: | イ\|、     \

219◆iWAc./ZK.62014/10/08(水) 04:03:09 ID:bcYhAtr6

       ,. -‐- 、r-、 __,,,....,,,,__ ,rァ'´ ̄`ヽ、
      ./   r>'7´       `' く ヽ.   ',
      {  ,r/   ,|     、    \}  ノ
      ,.{ア  // |     / ハ.  |  、ヾイ 、
      く_/  ./ ./  |   , | __-|‐ |   ',  \\
      /   ,'  |.--_'、  | |ァ'7てヽ|   !   |\>
     ,'   |  ,|ァ'7'ヽ\|  j_r八  /  八\
     !   /| ハ! j_り        /)イリ  ,  ヽ、
    八 /| ∨ |            .,'   |  /|    ':,
   く_/  /  八     -      |   .|/./   |  }   と、こんな話をしても
     / ,.イ />,、        イ 、  |イ  ト、ノ ノ    父さんには分からないでしょうから、
    / /∨ ト 、/ >-rァ''" /7:::\|」__/ /     とにかく危なかったけど大丈夫だったと申しておきます。
     ∨.  \|\   _rト‐''"´/::::::://   `ヽ,
           ,>/r}(r⌒ヽ)::::://       ハ.    そちらは私が手配されたことで、
   ,./)     ./ ||:::人ヽンノ)::::::| |       |    なにか実家で不味いことはありましたか?
  //ヽ/ ´!   ,{  .//::::::'~ム)::::::::|/     __」_ `ヽ  商売とか。
  |{‐-|/ヽ|  /  {7::::::::::ノノ:::::::::::::::{  `'ァ'"´ ̄`ヽノ
  ||‐-|-- | ,r〈  八::::::::/´::::::::::::::::::|ト-く__|\/ヽ、/}




                                         へ、、
                                        / {_ ク
                                     ,=- く__,,/
                                       /   /     _      ああ、商売敵の骨董屋が
                                   /  /     _〃― ヽ    .わざわざ人を雇って店前で喧伝してくれたり、
                                  /   /ヘ     _/ | | =!|= }lヽ     あとは客足が遠のいたこともあって、
                                  r'   く彡 \r'´{ ∧ rっ /  |ヽ-、  仕方なく古物商としての商売活動は休止した。
  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ                    \    ""''''`l /ヘ`,二´ミ、ノ丿丿)
  | あら、それは.  |                         /\    | ´   | |  | |\_ノF== 、__
  | 大変なことを。. |                       /;:;:;:;:ヽ  /   l   | |  | |  \|| | | | | ||    その代わり……
  乂______ノ                       /;:;:;:;:;:;:|     r―''\ ,'⌒i|       || ||  |
                                  /;:;:;:;:;:;:;:;:|     ||    ヽ__ノ       || ||   ヘ
                                   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|    q====||ヽ==o || ||   ヽ
                                /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|      ||       || ヽ   || ||     \

220◆iWAc./ZK.62014/10/08(水) 04:10:53 ID:bcYhAtr6

    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.     お前の連れてきた天龍くんに
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\   ようやく動いてもらうことにした。
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \      魔法の道具を作り出す術、だったか?
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \      しかし凄いな あれは。            .f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \                           | あら、彼の能力を
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \                          | 使ったんですか。
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫                             ヽ________乂_
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ

221◆iWAc./ZK.62014/10/08(水) 04:17:36 ID:bcYhAtr6

f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
| 実用品ということもあって、         |                                 ,. '" ̄`ヽ.
| 美術品よりも一個あたりの額は劣るが...|                    , '" ̄`ヽ _r‐<´ ̄`Y      ',
| すさまじい勢いで売れ行ってくれる。   |                    ./  r>'"/        ヽ┐   ノ、
乂________________ノ                   { r/   '     }`ヽ `ヽl>-rヘ_」
                                          r'7  .;' /|   ./_ ̄ハ  ハ  八\`ー─┐
                                          |/   |/'´_」   /ァfてハト  | 、  \\  ̄
                                          .;' |   | ィ'f'ハ、  '  j__,ン  八 \ !\」
                                          /{ .|  八| j_り \|   xx|/,リ「  ̄`|
                                        く/|八レ'  |xx  '       / ´  |  .人    まあ、物にもよりますが
                                             ヽ /、   r 、   //   /|  ,'   ヽ.   上位の冒険者間では
 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ        ./イ へ、    / /| _/_  /   ; }  マジックアイテムは湯水のように
 | 危険に身を売る花型の職種とは知っていたが、   ....|      ../ /  / >-rァ'|/|:ァ'"::::::`ヽ. /レ'   消耗しますから。
 | あれほどの金額を毎日のように支払っていながら、   |     ..,:' /| /|、 ./ f斤:::/::::::::::::::::::ハ' }
 | 客足が遠のかないものなのか。                .|      レ'´  ∨  レ∨_」ーイ/::::::::::::::::::::::::| /
 乂______________________ノ               .r'アrヽ:::/::::::::::::::::::::::::::レ'
                                                /{八ンノ}:{::::_;:-===-、/
                                             /`ヽ、-ァ::'::ヽ/::::::::::::::::∧\
┌───────────────────────────┐
│どうやら私のせいで実家の評判が下がったようだが、         .│
│その分を天龍がマジックアイテムを売りだして持ち直したらしい。..│
└───────────────────────────┘




       /    ∠_      `丶、                         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      /      ∠     丶    \                    | しかし、商売の要が
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ                    | 彼である以上、やりすぎると
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |                     | こき使うことになりますよ。
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、                    ヽ____________乂_
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉
        >- 、ヽ            〈テ7    うむ、一時の不況を凌ぐためであり
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __Ⅵ     .別に金稼ぎのためを思って始めたわけではないが。
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /       しかし、これで一つの商会が
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/       .身を崩したのも頷ける話だ。
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|

222◆iWAc./ZK.62014/10/08(水) 04:23:40 ID:bcYhAtr6

 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
 | 華扇も帰ったし、  . |
 | 客足が戻るまでは. |
 | 働いてもらうさ。  ...|
 乂________ノ

                    //
               〈::〈 _ __  /´ ̄ `ヽ
             . -‐‐' ´: : : : : : :` 、    .
.      /´  ̄ `Y´. : : : : : : : : : : : : :\: \     }
      l     /. : : : : :{ : : : : : : : : : : :.\: \__ノ
      |   /. : : : : : :/:!: : : \: : : : _: : : :.\. \≦≠ ニ二フ
       ゝ.__/: /: /: :.ィ.升ト: : : : ヽ:´\: : : : : :)>:\ \ \
       ノ: ノ!: l: : :|:l:|:.|:ノ\: : : .!: ,ィ≦k: : : \: :}: :\ \/
       ///l: :!: : :!:l:|人  )\: :}´ i以リハ \ )メ、}ノ:.ヽ
     く/〈./人:j: :从八x==彡 )ノ """.|:i: : : : \:\:ノ: :〉
         /:\: :.Ⅵハ""  '     リ:i: :\: : :.\ :ヌ´
.         /: : : /)ハY入   / }  /く: : : :l\: : : )     額は十分なんですから、
        /: :/:.//: :.:i:|: l }≧= i |<.┐ :): : :ノ ハイ      .量は控えめに、それとなるべく
          レ〈:.∧!: : :リ人!:F干| .j´ニ.|イ⊥く ⌒\      消耗品を中心に売ってくださいよ。
            )/\:.(`Y r┤厂 ∨:::::::://       ヽ
          /   ヽ) | j::ハ厂   |}`ヽ:j/        i
         /       Ⅵ::::{〈し'⌒ リ }:〉/         .ト、
       i         /::::::入\___メ.メ∧ 「j_     ノ 〉
       人      {:::::::::::::::fー‐1::/><  `ヽ  /
┌──────────────────────────────┐
│元より彼に協力したのはそのアイテムと金目当てではあるが、       .│
│実際 それを利用して金銭を稼ぐのは正直 奴隷扱いしてる気にもなるし...|
│積極的に働かせたくはない思いもある。だって、それをしてしまえば   .│
│前に彼を恩に漬け込んでこき使った奴と同じことになるし……        .│
└──────────────────────────────┘

223◆iWAc./ZK.62014/10/08(水) 04:34:46 ID:bcYhAtr6

           __ / ̄\  _
          ´ `>  ̄⌒7 ̄: : :  ̄: `ヽ
            ´: : : : : : : : : :  ̄: `丶: : : ヽ
          /: :/.: : : :/: : : : : ヾ: : : : : `: : : \
       、_ /: /: /: : /: : : : : ヽ ゝ^/ ̄ ̄\: :',
           ̄〈: : /: : : /|.: : :|: : : : ||. 〈      i: :!
            ∨: : ,イiヾ: : i:|`: ヽ、| > !      /: :',
             /: ヽ〈 代jヘヾゝ=、_| ゝ丶 _ /: : i: ヽ
         /: : : : `i<   辷ン 〉! :ヽへヾニ二」: : |ヽ: \
         〈: /: : : ∧      /: : : : ∧\: : : : :{  \: :)
    ィヽ    )'{ : : /: ∧ ‐ _/: /: : /: : \> : : :ヽ  )'     それに、客足を遠のかせたのは
   _ | !〉 ゝ、  ): イ^、|⌒ ̄ /: /: ./{: : : : : ヽ : : : : 〉       私の責任でもありますから、一応
  メ、ヤ ゝ-´/   ∧/丶/:::: ̄/: / |´ヽ⌒)'ヽ^)⌒^        客を取り戻すまでは協力しますから。
 〈゙     /   /  ∧/::::::: ̄ ̄:::::::〉 ト、
  ヽ、/ ̄\  7 i ム/:::::::::::::::::::::::::::::::::} \   コネトカ アンマナイケド
    |      |  ∨`{「/ ̄ ̄ ` ヾ ::::::::    丶.
     \/ ̄∨   /⌒      〉::::/    /、>
     ヽ   ∨ 〈        /::::/   /   \
      ',   ∨∧       /::::/T   ___\
        , / ̄ ゝ      /::::/ヾ|  //
        l  ̄ ̄「 ヽ    /:::::l  \/´
┌─────────────────────────────┐
│何より、彼の能力も私の能力と同じく、                        │
│存在こそすれど 世界観を崩す恐れのある異常なシステムの一つだし│
│それの活用を他人に強要するのは避けたいと個人的に思う。      .│
└─────────────────────────────┘


     |                             ____
     |   ____   ____                   |;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:|
     |  (`),/|  /ヽ(゜,)                  |:.:ヽ.○ノ..:.|
     |      'i /                      | :.: .▲.: .: .|         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
     |      |i                      |;:;:;:;:jヽ;;:;:; |         | とりあえず、知り合いの
     |      ||                       ̄ ̄ ̄ ̄            .| 貴人にはあたってみますよ。
     |      ||                                       ヽ____________乂_
     |      ||            _________
     |___ /|ヽ __________.γ'            `, ______ f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.ヽ
   /     / .| \    __,________|           ______i、          | おお、ではなるべく       |
  /              i__i,_______i________,,i__i  |            | できれば南部の方から……  |
/                 | ┌'          .:.:.:.:| .:.:.:|           乂____________ノ
     __,..、-ー=、       L..i─────────L____:j
     'i,     'i,
     )     ',',',',')      _________
     i',',',',',',',',')_/;j    /          /l
┌────────────────────────────┐
│それに、私の能力と違って、 他人にとっての利用価値が高いから  . |
|一方的に利用される恐れがあるのが特に厄介か。              |
|私も利用したいと節節思うのを押さえつけてるし、自粛しないと。  .|
└────────────────────────────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄

224◆iWAc./ZK.62014/10/08(水) 04:35:17 ID:bcYhAtr6
今夜ここまで

225小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/10/08(水) 05:23:33 ID:59RWjb8Y


226小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/10/08(水) 07:07:10 ID:6.faP8fY
おつでしたー

227小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/10/08(水) 08:55:15 ID:xv.Wm74Q

はやいとこ元の商売にもどらんとね

関連記事



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する