剣と魔法と邪道プレイ 第114話


49◆iWAc./ZK.62014/09/21(日) 05:30:15 ID:Y4kwevGA

┌────┐:::::::::                 :::::::::::::::::;;;;;;;;
│        │ ::::::::::,,,,,,,,,,:::::::::::::::        ;;;;;;:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;
│  ┓ 魔 │  ::::::::::::::::::   ::::::::: :::::::::::::::   ;;;;;;;;:::::::::::;;;;
│ ガ    │        .|    ;;;;;;;;;  :::::::::::::
│  ッ. .城.│        .|          :::::::::::::
│ デ    │       ||     .|     ;;;;;;;;;;:::::::
│ ム     │   |   _| |__..  .||
│┗      │   .|;|  /。 。ヽ  |,;|
│        │   |.;;|  ヾi||i;;,,,ノ ,-'。'-,
└────┘   ノ ヽ  .|,l.|iii|/。。。。ヽ
         ||   <。。。`)イ。ヽ|ヾiiii;;;''""ノ.
  .    .|;;|    |ii;;;"''(。。。。);;|ii;; ;:|
       .| ;;,|  /'~~~';;; ヾii;;:iノ  |;; ;|.
  .    .ノ ;;ヽ_ ヾミlli;;∧;|i;;;i.|   ||;∧.||     .||
    /。。。。\|ミ,-' '-,i;;;| ll  いノヽ   |.|
   /o o o o o o .Y。。。。ヽ,, ll  .|i; |。。\,-'-',_  :::::::::::::
   ヾミi;U;;o""''∧'~ヾii;;;;:''/ii ll ..|i; .|;;;;:::::''ノ______ヽ:::::::
    |iii;;;:∧::ヾ(,,,,,,,,,)ii|.ii;;'' |ii  ll  |ii; |;;;丿iii;;;/   ;;;;;;;;
     |iii;;;| |::ヾ`|ii..|´ ii|. ヾ|ii  _,ノii;; ヽ_ii;;::/
  /'~'\ノ::ヽ  .|i;.|  iiii .ヾii,-'~。。。。。。 `\    .|
┌───────────────────────────────┐
│昨日はジャバウォックの相手、そしてプティを連れ帰るだけで           .│
│十分 時間を使い果たしたので、そのままひっそりと魔城に戻って休んだ。  |
└───────────────────────────────┘



50◆iWAc./ZK.62014/09/21(日) 05:31:06 ID:Y4kwevGA

::_:::-::_:::-::_:::-:::_:::-::_:::-::::_:::-::;_::::-::::_:::-::,.:::-::::_l|   l|l  | | | | | |   | | | |
::_:::-::_:::-::_:::-:::_:::-::_:::-::::_:::-:;:::.:::-::::_:::-::_:::-::::_l|';,,;,;l|l  |_|_|_|_|_|   |_|_|_|_
::_:::-::_:::-::_:::-:::_:::-::_:::-::::_:::-::;_::::-::::.::::-::_:::-::::_ll;:  l|l   ,..::       ".;,:
::_:::-::_:::-::_:::-:::===========;:_:::-::::_:::-::_::::-::::_l|   l|l ,,.    .::;.
::_:::-::_:::-::_:::-::|l ::    .::  l|::_:::-::::_:::-::_:::-::::_l|   l|l.  _ _ _ _ _ ;   r======
::_:::-::_:::-::_:::-::|l ::   ''   .:: l|::_:::-::::_:::-::_:::-::::_ll  ,;l|l  | | | | | |,.  |
::_:::-::_:::-::_:::-::|l[]   ::.  :: l|::_:::-::::_:::-::_:::-::::_ll''  l|.>=.ミ、         >=ミ、
::_:::-::_:::-::_:::-::|l  ::.   ..   l|::_:::-::::_:::-::_:::-::::_l|、 ../:.:.:.:>.:--― --:.</:.:.:.:.:.}:.:.',
::_:::-::_:::-::_:::-::|l .::   ::   l|::_:::-::::_:::-::_:::-::::_l| \{:.:.:r'====== 、:.:.:.:{:.:.:.:>く:.:}
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ヾ_j - ―― -- __ \ヽ:.:.:.:.:.:ソ
                                  <二二二二二」.ニ|‐{ミiニニ{:.:「
                             /|:.:.|/\ ヽ:.:.:| /ヾ:!:.:.:!:.:.:',:.:',
                                /:.:|:.:.| ●  ヾ! ●  |:.:.:|:.:.;ハ:.:.',
                            /:.:/|:.:.l⊃ 、_,、_, ⊂⊃!:.:.|:/  }:.:.',
                              //⌒ヽ..ヘ  ゝ ノ    .ィi:.:.:!: /⌒i:.:i ==-
                               /:.:\  ヾ{_ヽ,、  __, イト..!ハリ/  /:.:.:| ===-
                          /.:./ 从l||l´ ヾミ=--=彡イ  从 l||l:..:.:|  ====-
                             {:.:.{  ( ⌒ ) (  、   ) ハ ( ⌒ )!:.:.:|
┌──────────────────────────┐
│その翌日。                                    │
│今朝も、午前中はメイに実戦経験を積ませに街中へと出発。. │
└──────────────────────────┘

51◆iWAc./ZK.62014/09/21(日) 05:39:11 ID:Y4kwevGA

             /    ;;;;;;;;;;ヽ
            /      ;;;;;;;;;;;;;、
            | ノ   \  ;;;;;;;;;;|
            |( ●) (●) ;;;;;;;;;l
            | (__人__)  ;;;;;;;;il     ボガッ        ボガボガッ!!
             | ` ⌒´ ; ;;;;;;;.;;;;;ヽ   《おうおう嬢ちゃん うまそうな面してるじゃねえか!》
             !      ;;;;;;/i;;;;;;;;ヽ、        ボガボガボガ‥
              \    ;;//;;;;;;;;;i;;;;;;ヽ、_     《どこの奴隷かしらねえが、耳のさきっちょか
          /)    ̄ ̄;l; ;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`‐-、    指のさきっちょだけくれよ!
     _   / :/      |;;;; /;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ、  さきっちょだけ!さきっちょだけだから!》
    ノヾ `‐-" l    , -‐"i  /;;;ノ;;;;;;;/;;;;;;,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ヽ,
    ノヽ      |  /  .ヽ!;;:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;li
    l      ,  :l / ,    ;/       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
    (      ヽノ .i i;    ;l     ,,    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
    ヽ、      \l/_,-‐ 、:;|     :;\,,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
     ヽ、i      \i;;;;;:));|    ;;;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐、;;;;;;;;;;/
       \      \´);;|    ;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;
┌────────────────────────┐
│お相手は、出来ればまだまだゴブリンが良かったのだが │
│それを探す前に、残念ながらボガードに目をつけられる。  |
└────────────────────────┘

52◆iWAc./ZK.62014/09/21(日) 05:39:47 ID:Y4kwevGA

                           _
       .    /⌒ヽ_,..-‐=7==:::....、〃:::::::';ヽ
           /:⌒ヽ/;. '" ̄゛`  :;:::::::レ=x:::}::ハ
          ム:::::::〃/ ,. -―-  ., `ヽ{:::::::::::氷::::.
          {:::::::::::l/ '",. -―-  ., `ヽ ::::::::::::::}::ヽ!
           ::=彡{/ ,. ≧=- .,_ `ヽ ヾ、::_ノ:::::::l                                 / ̄ ̄\
            ゝ::厶.ィ  ̄ヽ::lヘ{  ̄゛r-弌}:\:::::::::ノ                           /   _ノ  \
               ハ::::} ◯ ヾ  ◯ |:::::|)从:{`¨´                    r―-- 、  |    ( =)(=)
            /:::|:::j 〟  __  〟|:::::|;ハ::∧                       |     ` -|     (__人__)--.ゝ--一  ー- 、
       .    /:::::从>...,_ ' ` 。|:::::!   V::ヘ、         ブンッ       |   \ `   |       ⌒ノ           /
           〃::::ハ:{、::| へ.二 ソ ソハリ   ∨::::ヘ、    ヽヽヽ             !  u  ヽーー |         }- 、__/    /
          .:::::::::’ ,>ヘ、ノ'≦Z__」 )ス    V::::::::::ヽ    }. }. }             ',.     `、 . ヽ        }    /  U   /
       くニ/:::::::::::iニニ( _/ニニニ(__ ,」ニニニニニニニニニニニニニニ[二二>           '、  ヽ   V  ヽ     ノ  _/  /   /
        {{::::::::::::{    く”` ー-‐ '”゙`>       j::::::::}::::::}        スカッ ‐ ―― `、     `Y|u` ` ー r'__/´′  ′ /
         ':::::::{:::::      ト'..」j_j>i       ノ:::::::リ::::ノ                  ‐ ――  `、       ヽ   ′/     / /
         \:ゝ::乂    |:::::「¨';:::::|     ∠::: =イ/                    ‐ ――   ヽ \  ` ー     ′     ' /
           `¨  ̄    F-l  F-|                                    \         ,     {
┌───────────────────────────────┐
│別に追っ払う、あるいは即座にとっちめるくらいなら                │
│私がやれば余裕だが、今朝はメイに経験を積ませるための時間だ。     │
│強敵といえど、1匹だけならば決して無理ではないだろうと仕向けさせる。.  |
└───────────────────────────────┘

53小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/09/21(日) 05:42:17 ID:U.8b9d7A
かじるのがダメなら舐めるだけ!舐めるだけだから!

54◆iWAc./ZK.62014/09/21(日) 05:48:35 ID:Y4kwevGA


           / ̄ヽ-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、´ ̄ヽ
           ヽ__/:::::::::::::::::::::::::::::::::\ノ
            //::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::ヽ
           〃::从::从::从::从::从:l::|::: i|
           |i | |  ( ●)  (●从!」    【ホーリー・ブレッシング】ー、
   __ _    |i`从⊂⊃ 、_,、_,  ⊂iヽ」    【ミストハイド】のー
__ ̄ ̄ ̄     ヽi从    ヽ_/  /ノil
   ̄ ̄ ̄        レヘ, 、 __, イk   )
    ̄ ̄  ̄      γ         /
              /        /"
┌────────────────────────────┐
│一応、Lv5くらいの魔物までは手厚い保護をかけている限り、   ....│
│メイが戦っても『死ぬことはない』はず。そのレベルの火力であれば │
│彼女にかけられる補助、および回復は十分間に合うからだ。    .│
└────────────────────────────┘



        .r-、   ,r' ̄`、,r'´ ̄ ̄`' ‐-,r' ゙̄i
       /て )   !、/:::::::::::::::::::::::::::::::::\__,r'
      .( _ノ  フ  ,r'::::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i゙i
       ゝ、 〈   |i :::|::l:从::从::从::从::从::゙i
       / ハ ヽY |i::;|:::从( >) (<)l小!J
       /〃 ヘ ヽ  |i`从⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ヽ
      i !   \  , |i从/、  (_.ノ  /ノl   【アース・ヒール】!
      丶丶   _ >、  ):::ヘ,、 __, イ     【アース・ヒール】!
          ゝ'´- 、_  y-、:::: ゙iy,r':|ー:::ソ^\
        〈      ̄  う:::::::==_:::i、 ヽ   あ、手隙あいたし
            `ー― ¬、__ノ:::::::::::::::::: ̄:`:>  /   【ブラントウェポン】の。
               /:::::::::::::::::::r'^ヽ'´ _/
┌───────────────────────────┐
│だから経験を積ませたいのなら、より経験点が手に入るはずの.  |
│格上と戦わせるのが良いのだが、問題は彼女、メイが        .│
│一切の技能を持たない 未だ一般人であることに存在する。   │
└───────────────────────────┘

55◆iWAc./ZK.62014/09/21(日) 05:57:29 ID:Y4kwevGA
            _                                //
          ∠:.:.:.:.:ミ、  __        __           ./ ./
          /:.:.:.:.:.`゙> ´ ̄ ` <:.:.`ヽ  /:.:.:.:.:.:`ヽ        ./  /
         /:.:.:.:.:.:.:.;ィ" - ― - 、  \:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:';.:.,    ../,ヘ /
      ,:.:.:.:.:.:.:.:.〃 >--- <  ヽ  ヽ.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,-、  //////
      |:.:.:.:.:.:.:./ ´ __  ` 、\ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|\`///_//∠_
        ';.:ー:./ ,.ィ",.ニミ:.:.:`゙tミ 、 _ i:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.>、`ー----―|
        ';.:.:.‘イ:.:|《 ん!ヽ:.ト、{ ィ=ミ、r=、}:.:.:.:.:.:.r- 、:.__/;"ミミー――"
          ヽ/:|:.:.i! ヒソ .u  ん} 》:.:.:.{!:.:.:./⌒ヽ ∨:./
       ./:.:.:/:.:.:,    '   ゞ'' |:.:.:.:.:',:.rゝ r- ` ∨
      ,.:.:.:.:.:.:/|:.:.:ハ    __     |:.:.:.:.:.:',:.ヽ厂`  i           くうっ!
     /:.:.:.:.:.:/ |:.:.:.:.:ヽ ' -`   ..ィ |:.:.:入:.:',:〈⌒   ',::.、
    ,:.:.:.:.:.:.:,  ';.:.:.ハ:.| >-r-< {-r''´ ̄ `ヽ ‘''ヘ    ',ィ!::...、
     {:.:.:.:.:.:.:{   ヾ!  , - r j   .//      ./;;/.ヽ  // ヽ:::::`:..<. ::::::::::::::::....:::::::::::::::::::::::...
      ';.:.:.:.:.:.:,     /  {{ '  ,.ィく        /;;/..ー iー{ ∨/ヽ::::::::::::: .     ..:::::       :::::..ポワンッ
     ';.:.:.:.:.:.:,.    i  /ヾ=彡´ ` 、 ー /;;/    .}ー- 彡',   ::::    .::::::         ::::::.
      ヽ:.:.:.:.:.:..、  /        ; \/;;/. x、  i!.    ',. :::::     ::::::             ::::::
       \:.:.:.:.:ー/            ノ. /;;/  ...>x{、   .ハ. :::::.     ::::::      .\ ,,_人、ノヽ
            ` ー:{    、     イ  /;;/.      `ヽー '' } ::::...   ::::::       .)ヽ    (  ガスッ
            ゝ:..  ' `     /;;/.:{:.、        ー '  ..::::...........::::::  .- <       >
             / }      _ ニ/;;/.,八:.:ヽ               ,::::::::::::::.:::::.............)     て
            ,:  ',   /  -. /;;/. ミ ヽ:.:}               /:::::::::::::::::/    /^⌒`Y´^\
           ノ   ',  / /. ./;;/   >=-ヽ、          、ー''::::::::::::::/.   :::::::::..
          {   / } .j .j 、../;;/.,.ィ:::>''"´ ̄~`''ー- 、  <:::::::::::::::彡    ::      ::.
                                             :::::::::::.:::      :::
┌─────────────────────────────────────────┐
│システム的な話になるが、近接戦闘というものは                               │
│攻撃側が行う近接攻撃の『命中力』が防御側の『回避力』を上回ることで攻撃の命中が「成立」し、 │
│装備等による防護点分を引いた『ダメージ』が与えられる。                         │
└─────────────────────────────────────────┘

56◆iWAc./ZK.62014/09/21(日) 05:59:27 ID:Y4kwevGA

       ./''7___/''7''7                /' 7  /' 7
      / __/ー'ー'   / ̄ ̄/   /'7'7 /'7  / /  / /
     ./ /___        ._フ ./__ . _'__,'ノ /   /__/  /__/
     i___/       /_____//____,./  . /_,フ  . /_,フ


... -‐''"´  ......`‘≪三三三三≧=- __.  ..,,,゙゙゙''''―- ....,,_,
       ,/  、..`‘≪三三三三三 ≧=-   _  ..,,,_  `゙゙'''''―- ..,,,,_              ,ヘ
     ./ 、  / .!  l. `‘≪三三三三三三三≧=-  _...-..,,,_    `゙゙'''''― ....,,_,   ..../三 \
   / ./ ,i"/ l , !   : 、`‘≪三三三 /ニ/ 三三三三≧=- _____..   __ ´゙゙/ニニ三三\
 ,/  /  / /  ,! ,!  .!   .ヽ.  `‘≪三{三{三三三三三三 /三三ノ ̄/三三>ニニ三三三三三\
″  . /  /゛,i′ .,!  !  . !  .、  .ヽ.   ....`‘≪三三三三三三/三三/三 /,r=ニ二三三三三三三三三三\
   /  ./ /   l  .,!   l  .ヽ  .ヽ  、   `'.`‘≪ 三三三 {ニニ/ニニ/ニ}≧=-ニニニニ二三三三三三三\
 ./   ,i′/   !  !   !  ヽ   .ヽ ヽ,    `'-. `‘≪三 l|三ニ{ニニ/三jニニニ≧=-ニニニ三三三三三二\
.″ ./  /    !  ,! .l  .l   l,   ヽ .\     \.  `‘≪三.iニニ.{三/三三二ニニニ≧=-二三三三三三三 \
  . /  /     !   ! │  !   ヽ   .ヽ  \     . \  .....ー\ニlニ/三三三三二二ニニニ≧=-ニニニニニ三三\
 ./  ./     .l   .,!  .!  !  l ヽ    .ヽ.  \  .\   .\    .\/三三三三三二二二ニニニニ≧=-ニ三三三\
./   /     .l   |  }  !  . !  .l,    ヽ,  .\  .\,   . \  ..../三三三三三三二二二二二ニニニニ≧=ニニ三\
゙  ./      .l゙   |  .l   l,  . l  .ヽ     ヽ  \  .\    \../三三三三三三三三二二二二二二二二ニニ≧=‐三\
  /      .!   .|  │  l   l  ヽ     .ヽ.  .\   `-、   /三三三三三三三三三三三三二二二二二二二ニ≧=ニ\
. /      l    .|   .!   .l   .l  ..l,     .ヽ   .\   \, /三三三三三三三三三三三三三三二二二二二二二二ニニ\
/       l    |   !   !   .l   ヽ      \   .\    ゙'-、   .`'-、      `'-、
       !    l   .l   .l   l   .ヽ      ヽ   \    . \     ゙'-、      `'-、
       .!    .|   .|    !   l.   ...l,       ヽ    ヽ,     \     `'-、       `'-、
┌─────────────────────────────────────────┐
│しかしこの命中力や回避力、ダメージの基準値は                                │
│基本的に『(行動に用いた)技能のレベル』、プラス『能力値ボーナス』」を足した数値となる。     .│
│ただし この時、使用した武器あるいは装着中の防具と技能がふさわしくない、               │
│あるいは扱える制限を超えた等で 技能が用いれないか、もしくは対応した技能を持たない場合、 │
│計算上の技能レベルは0レベルとして扱うだけではなく、能力値ボーナスすら足せないのだ。     .│
└─────────────────────────────────────────┘

57◆iWAc./ZK.62014/09/21(日) 06:08:18 ID:Y4kwevGA

                                     __
                                   /丶 __,\
                                   |(●)(●) |
                                   | (_人_)  .|   イテッ、
                                        | `⌒´  |
                               . ェ-_   .i       .|,.. .-‐ 、
                      ,、 .{ 、.          k'y'-'/ヽ >    /\   _ \
                       {\ 、.\.        i i ハゝイ `i i`-:イ    \   :/`
                     '、\   i      `!.'  ̄ ̄ ., : ´ ̄       :i /`
           パシッ    ..ヽ  ..:: ¨ > , _      ,∠  /、      l/
                 /  ...ヤ_     `ヽ ̄ ̄ ̄ ̄,     :  / _   ,}
             \  ,/        .` <    -、   ノ    _ > ' `ヽ ' !
                、{             .` <  ´ > 7::::::::/ -   /
           __て  \____      ..` ¨   /::::: }  ' /
             ̄ ̄) /^Y` ̄ ̄ ̄ ̄          /:::::   i  /
                 / ^/  !
            /
┌────────────────────────────────────┐
│6面ダイス(サイコロ)2個を振った出目に、技能レベル、能力値、その他          │
│装備や戦闘特技による数値の補正を足して行動の成否を問うことを『判定』といい、   .│
│特にこの対応した技能を所持しない、あるいは技能が使えない状態で行う判定に     .│
│おいて、足すべき数値が無く 0であることが殆どなことから俗に『平目』と呼ばれる。  .|
└────────────────────────────────────┘

58◆iWAc./ZK.62014/09/21(日) 06:14:17 ID:Y4kwevGA





┌──────────────────────────────────────────┐
│そのため、未だ技能を持たぬメイは 攻撃に用いる命中力判定や、                      │
│敵の物理攻撃を避ける回避力判定、あるいは命中時に算出するダメージの決定において        .│
│足すべき技能レベルが無いどころか、それぞれ『器用度』『敏捷性』『筋力』の能力値補正は足せない。.|
└──────────────────────────────────────────┘
           / ̄ヽ-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、´ ̄ヽ
            ヽ__/:::::::::::::::::::::::::::::::::\ノ
           //::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::ヽ
           〃::从::从::从::从::从:l::|::: i|                                ビシッ>  ヒュンッ>
           レ!小l( ●) (●)从:::|;::i|                                       バシッ>  カスッ>
            レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃:::|ノ/                                   ベチッ>   ヒョイッ>
               ヽ、u. ゝ._)   j:://    うーん……
         _,, ___〟-ヘ,、 __, イ__シ丿
         /       ',{  〈乂〉   i `ヽ
     _,. <ヽ    、,,ノ   〃iヾ   ヽ  }
    , ´   ヾゞ、_,,ノ|::  .:::::::::ーl‐..:.:.:::::.::j  /
   丶   ヾ´    !、 :..:::::.::...:ノ::.:::::::: :ノ,ノ
    \  、     l    ‐l- ..:.: ::,´ーァ
      \ `、     j      l   :::/  /
       ヽ \ ノ、__;;:/ヽ_.:/   l
           !  /イシノハYレハヾヒ{、   |
        ,h /   ,′       ! l  !
┌─────────────────────────────────────┐
│このうち、足すことが出来ないのは「技能レベル」と「能力値」のみで、              │
│それ以外のボーナス補正、例えばメイスやスタッフのように武器の取り回しがよかったり、. |
│魔法や戦闘特技による直接的な補正に関しては影響されるのだが。               .│
└─────────────────────────────────────┘



       / ̄ヽ-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、´ ̄ヽ
        ヽ__/:::::::::::::::::::::::::::::::::\ノ
       //::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::ヽ
       〃::从::从::从::从::从:l::|::: i|
       レ!小l( ー)  (ー)从:::|;::i|
        レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃:/~|   やっぱり、ボガードは
           ヽ、  ゝ._)  u./ /    荷が重いかぁ。
          ヘ,、 __, イ~\ ~\
       r:::ヽヽ:ー|:ヽy/:::::::::1ーヽ、\
       {::::::::V:::_==:::::::::::::/,1  \
       |ノ''= ̄::::::::::::::::::: r" /____)
┌────────────────────────┐
│実は、 他者の命中力あるいは回避力を増加させる魔法は|
│意外にも 取れる種類が少ないのだ。            │
└────────────────────────┘

59◆iWAc./ZK.62014/09/21(日) 06:29:28 ID:Y4kwevGA
┌─────────────────────────┐
│無論無いこともないが、まず基本的なこととして、       │
│直接的に回避力を上げる魔法は非常に少ない。         .│
│これは、現在 データにある魔法のほぼ全てを含めた話だ。. │
└─────────────────────────┘
┌─────────────────────────────────┐
│私がパッとあげられる限り、他者の回避力を上げる手段といえば          │
│霧を纏わせ眼を晦ますことで相対的に回避を上げる妖精魔法【ミストハイド】、   |
└─────────────────────────────────┘

   【ミストハイド】による魔法の霧
   ちょっと惑わすだけで視界は遮らないし、
   ごく短時間(10秒)で消滅する
           ↓
     .:....   :. :. .... ..
.,_:.                 :. .... ..
'"                ..   .. . ...    :.  .:.:.: Λ
...'''"'''''''''''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"'';:;,.,.,    "":::::::::.   .|:::|
          ,.,;:;:;:;:;'''"..,.;:.,..,;:;:;:,.,._, ...,,,...,,,,,,,   .|: :|
       .,;:,.'""   .,,_,,,...;:;::''""''''"         |: :|
   ...........,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''"".';:;:;,.,_,.           /l: :l〉
     .,,.,;:;:;:;;:'""''""'''''''::::;:;:;;,..,,.,.,_.:::::::::;;;;;;;;;;;''..//Λ_〉
':.,  …'"  ...,,,,__...,,;:;''..,.,.,.,.  __.,.,.;:'"';:,.__,  "".//〈__,〉_〉
''''"""'''"""".""""""""'''''""""""      " // Λ V〉
    .....,,,,,;:;'''"'''"             ....,,_.// / :Λ V〉
,.,;:;:;:;:;'''""""""         ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;:〈〈 /: : :.Λ V〉
 .,;:,.'""""'''''''::::;:;:;;,..,,.,.,:;;:'""''''''''  . :..   ...V〈: : : : : :〉 〉〉
          . .:.  . . .   . .. ..   . "';:.V∨: : :/ //
.  . :.  .. . :.:.. ..  . . .. .,.           V∨ / //
 ....,,.,;:;:;:;;:'""''''''''''''''""""    :::::::::;;;;;;;;;;;''''''""".∨V__//
…'"   "''':;:,.,,.,..,.,.,.,.  __.,.,.;:'"';:,.__    ....  ... ..∨ :∨
:.:..,;:'"""""""""                    VV
...;:,.,.,.,...._                          | :|
                                 | :| ←読むだけでなく運命にも干渉する
                                 | :|  特殊な占い師 ミスティックが使う
                                 | :|  三種の占具の一つ〈ミスティックロッド〉
                                 | :|
┌────────────────────────┐
│若干ながら直後の運命を占い予知することで干渉する   . |
│特殊な占い師ミスティックの「占瞳」、【星は盾を掲げる】。 │
└────────────────────────┘

60◆iWAc./ZK.62014/09/21(日) 06:33:18 ID:Y4kwevGA
┌───────────────────────────┐
│戦場で 魔力を含んだ、魔法的な叫びによる指示を与えることで.  |
│味方を奮い立たせるウォーリーダーの「鼓咆」、その回避系。.    |
└───────────────────────────┘
          ______
   , -一 __ ̄ , --───-- 、 ̄__ー- 、
   {  r '" { i′         ! } 丶、  }
   ヽ ヽ、 ゙、 ゙、          / /  ノ /
      `ヽミ 、 ヽヽ        //, 彡 "
        ` >^ー─‐‐─一^< ´
         ( ノ       ヽ、 )
        , ベ _      _ べ
        , ′    ` ̄| ̄´      ヽ
        ,' /⌒丶   |   /⌒丶 ゙、
     / /     ゙、  |   i′   丶 ゙i
      i?亢       l   |   !       ゙i !  ←ウォーリーダーがその鼓咆を用いて
      ! t       ,!   |   t       j i   味方を奮い立たせるのに必要な
      t '、    , '   |   ゛、   / ′  証となるバッジ、〈軍師徽章〉
      ゛、゙ ー-'"   |   ゙ ー- ' /
       ヽ、      |      , ′
          丶、     |     , '"
            ` '' ┴ '' ´
┌──────────────────────────────────┐
│あとは、プリーストの神聖魔法のうち、 信仰する神ごとに異なる特殊神聖魔法にも..│
│確か幾つかあるが、それ以外にも二、三、あるかないかというくらいで        .│
│回避力を直接上昇させる手段は、先ほど上げた3つが殆どなのだ。            │
└──────────────────────────────────┘

61◆iWAc./ZK.62014/09/21(日) 06:37:37 ID:Y4kwevGA


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃         、      _,./   ,.、-‐‐‐‐‐--、 _,,.、-‐‐''"´``'‐-ァ、.__           .┃
┃          ヾ:‐-、/!''"/_,、-''"        `ヽ、__,.、-‐''''''''''''‐--、`゙'''-;'"       .┃
┃            ,.-、`ヾ`ヽ<-,    _,.、-‐'ニニニ,ヾ'、‐、\:::::::::::.... `ヽ、  ̄`ヾ、     ....┃
┃         ,.-''" ̄ ̄``  ゙, ,.-゙/ / ,,.-‐-ァ` \ヽ、ヽ::::::::::::::.....     ``''7   ...\∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/
┃      ,..-''"   _,.、-‐‐r''''''''゙"/, ' ィ'" _O/    ゙):::`ヾ、.,__:::::::::::::....     /    ..<  速さが足りない!  >
┃    ,-/ _,. -‐、'"/!. ,.ァ‐゙、.l ヾ‐'゙  '''"       ,ィ゙;:::::::::,'´r-,ヽ,::::::::::::   /    ..../∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
┃r-、./,..-''ヽ,    l/ |/l l/´ ノ             ´/::::::::;:゙/ヽ   }::::::::   <゙    ......┃
┃,/‐'"ヽ  |゙l   l ヽ,.>-、 |          、   /:::::::::/ r' |  |:::::::    ,.,゙ヽ,    .┃
┃'"、   |.  ゙,! ,,..,/.,ィ'゙   l ヽ       _,,..,,_/'  イ:::::/ ヽ、',ノ !:::::::  / ``ヽ  .....┃
┃ ,.!  .l_  r7l  j/ ゙   ,r'゙!    _,,.-'''"´_,,l/    |/    r-‐'゙l:::::   {         .┃
┃ l `_,ィ"rッ'゙ ノ`'''゙i    /  ヽ. -<,.-‐''"´               l  j、_r-、:::::〉        ┃
┃ `'''''゙`‐'゙/    '   .j    \ '゙ ‐ ''' ""´         _,.、'-―――'-'゙、       ..┃
┃.      |      ,.-'゙     ヽ   :::::::    __,.、-‐'''"´         |        ┃
┃   ,,.-'゙   _,.r'゙        |        l                       ┃
┃     ,.-''T゙´          {         |                     ....┃
┃\.,__,,./  !             ゙ヽ、.,__,,,..ィ''" |                       ┃
┃  `ヽ-‐'''゙ ノ           r‐----‐''"'、  |                      ┃
┃     /             l l      ヽ |          ,.、-''"         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┌───────────────────────────────────────────────┐
│ソード・ワールド2.0以外の、他の世界、システムがどうかは分からないが                          │
│少なくともこのシステムにおける、ラクシアにおいて 特に回避力は上がりにくい、上げにくい。              │
│というか、それに比べて命中力は幾つか選択肢があり、追加ダメージは【~~ウェポン】系魔法と            │
│呼ばれるほど そういった追加ダメージをもたらす魔法がある割に、回避力を上げる魔法・手段は非常に少ない。  |
└───────────────────────────────────────────────┘

62◆iWAc./ZK.62014/09/21(日) 06:43:10 ID:Y4kwevGA
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃     -、;:::::::::::::\\:::\                         ┃
┃     ,;=:ヽ、::::::::::、\\:::\                       ┃
┃     ^`l:::::ヽ,..,:::::::__,ゝ_::::::j゙,.                      ┃
┃‐‐-- 、,_/゙、:::r'lr !::::/‐‐-、`ヽ,ノ                    .....┃
┃、    l  ヽi ヽ'l::;" ヽ-、ヾ,ri",                     .┃
┃::\    !   ゙、l. リ  ゙''゚ r´ ヾ,゙,    俺が遅い!?         .┃
┃`゙゙`ヽ      ,ゝ! ,‐-.,_,,、!  ';;l     俺がスローリィ!?   ...┃
┃:.:.:.:.:.:ヽ    / ,/l  ゙'i"!:'、`   リ                    ..┃
┃:.:.:.:;:-'"  、/‐''" `'‐'' /、::.l     : r-、               ....┃
┃‐'"     l:l 'i"´ ̄`゙'':.:..)'    :  rr‐'、 :              .┃
┃、_     / l '、  / ,イ       ,.., rヾ=i              ....┃
┃ `゙''‐‐-ァ' !  ', /  .l l      r' /、,;゙'ァ‐`} :           ......┃
┃     /  l oノ´   :l l      l  '_,r'" /              ..┃
┃     〈  ! ,ィ'   i l l      l、 i'   /              .....┃
┃     `ゝlr''l   、 .l l      r'{ヾ  ノ               ....┃
┃    o//  l    ヽl!    / ゙、  i゙、               ...┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┌─────────────────────────────────────────────┐
│というか、むしろ回避力を下げる魔法の方が多いくらいだ。魔法の抵抗に成功されても                .│
│ごく短時間だけなら移動を封じ身動きを取りづらくする効果を与える【バインドオペレーション】、            │
│更にそれに加えて一定時間ごとに雷属性のダメージも与える【ライトニング・バインド】、              │
│そして経験点とお金をちょっとだけ消費することで毎ターン回避力を絶対下げる【パラライズミスト】、等など。...│
└─────────────────────────────────────────────┘




                    l  /
                      ′/
       / ̄ヽ-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、´ ̄ヽ
        ヽ__/:::::::::::::::::::::::::::::::::\ノ
       //::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::ヽ
       〃::从::从::从::从::从:l::|::: i|
       レ!小l( ●)  (●)从:::|;::i|
        レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃:/~|
           ヽ、  ゝ._)   / /    ――っと、あぶない。
          ヘ,、 __, イ~\ ~\
       r:::ヽヽ:ー|:ヽy/:::::::::1ーヽ、\                                 グサーッ>
       {::::::::V:::_==:::::::::::::/,1  \
       |ノ''= ̄::::::::::::::::::: r" /____)                                   「きゃー!!」>
        ::::::::::::::::::::::::::::::::`/
        :::::::::::::::::::::::::::::/
┌─────────────────────────┐
│と、話が逸れたが                              │
│要するに命中力を上げる手段は少なくはないが多くもなく、  │
│回避力を上げる手段においては稀有ですらある。       │
└─────────────────────────┘

63◆iWAc./ZK.62014/09/21(日) 06:51:49 ID:Y4kwevGA

     / ̄ヽ-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、´ ̄ヽ
      ヽ__/:::::::::::::::::::::::::::::::::\ノ
     //::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::ヽ
     〃::从::从::从::从::从:l::|::: i|
     |i | |  ( ●)  (●从!」
     |i`从⊂⊃ 、_,、_,  ⊂iヽ」    うーん、やっぱ厳しいか。
       ヽi从    ヽ_/  /ノil     んじゃ少し難易度を下げよう、【バインドオペレーション】。
         レヘ, 、 __, イ
          ノゝヽ、_ノヽ.   γ⊃
          iヽ ヽ \ハ//ヽ (_ノ
          | |'    ゚|    | / ノ
┌────────────────┐
│それなら逆に敵を下げてやれば良い、 │
│という話に収まるのだ、普段なら。  ...│
└────────────────┘



                     /:.:.:.:.:{:.:.:.:..:.:.:.:.:.',:.:./ ´    _ \:.:.:.:.:.:.:.、
                       ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:..:.:.:i:/  > ´ ## ̄ ヾ:.:.:.:.:.:.',
                   i:.:/:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}> ´  >===-- _ヽ:.:.:.:.:.}
                   {/:.:.:.:.:.{:.:.:.:.##.:.:.:,'  > ´   ,,...ィi:.< ̄ `ヽ
                  ,.ィ';:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:..:.:./ィ=== --- ィ:.:.:.:.:ハ:.:.',ヽ  )
   ------------;、---.>.:´.:/';:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..,,イi.:.:|:.:./=ミx、 }:.:.:./ ィ';.:.:}:.:',<
                  ,..:´:.:.:./.''' ≧=--=≦/ヽ:.:.:.|/.んハ`` ,:.:.:/ ,;ハ''}}:.:|:.:.:',.:.ヽ
            /.:.:.:.:../        ト  ヾ{  |:.:.:.|. 乂ツ  j/  iJ} ハ:.!:.:.:.:',.:.:.\
          /:.:.:.:.:.:.:/       |   \ゝ-!:.:.:.! ;;;;;:      , ゞ' jハ:.:.:.:',::.:.:.:.\    やあっ!!
     .{   /:.:.:.:.:.:.:.:./    r''´ ̄ ヽ   >=ミ、   , - ‐、   .ハ }.:.:.:.i、:.:.:.:.:.:.、
      .',  ,.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:/     \     /      '_ 'ー--‐'  .イ   .|:.:.:.:| ヽ:.:.:.:..:.',... ,,、
        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./        ー> ´     ## }≧==  ≦       ;.:.:.:.|.  ',:.:.:.:.:.',.  .`''-、
         `ー - .:.:___ __ > ´ ##      ..i!:.:.:.:.:.:.:>  __  会ュ。.. .}:.:.:.:.:.゙'''.、,   `'-、
           ##     }  ##   ..__,,.. -=   ハ:.:.:.ヾ´  ....`寸ミ、 ∴;.゛;. 心..  ヽ    `、
     -  ...,,,        /    ,,> ´  ',    /  ヽー-`     .㍉ュ   r劣}.:.:.:.:.;  ./     .ゝ
      /:.:.:.:.:.:.:.:..≧==ー '--- </ }   ヽ..../     、   ∴;.゛)圭㍉  ̄ ::゛;.゛/      /
     ,:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.{ __  ./  , ##             〉  心、    ⌒炸ム   守ト、.     . /
     i:.> ´ ̄≧メ=≦´ ̄ ̄  ミ:.、/                /. __寸圭≧ュ≦圭圭掛, 弋代.  ,..-'"
   .ー―-------------------------ーー―ー¬''''''''゙゙゙゙ ̄ ̄...⌒`寸圭才㍉⌒¨㍉ト、 ⌒㍉.
                                              ̄⌒`     ㍉、
                                        _,,,,.... --ー''''"´
                   _____,,,,,,,,,,.......... --――'''''"゙ ̄´
┌───────────────────────────────┐
│しかし今回はメイの実戦訓練。                                │
│経験を積ませるのが目的なのに、その相対するボガードの能力を      │
│落としてしまっては、それではせいぜいコボルド、ゴブリンと戦っているのと . |
|変わりなくなってしまうのだ。                              .|
└───────────────────────────────┘

64◆iWAc./ZK.62014/09/21(日) 06:59:53 ID:Y4kwevGA



     / ̄ヽ-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、´ ̄ヽ
      ヽ__/:::::::::::::::::::::::::::::::\_ノ
      //::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::ヽ
      //::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::|
     〃::从::从::从::从::从:l::|::: i|
     レ小l ( ●)  (● ) 从::::i|      やっぱり、ボガードは
      レ⊂⊃  、_,、_, ⊂⊃:ノノ       まだ早いねー……
     / /::ゝ、 ____  ,ノ:::::| \
   _/((┃))::_==:::::::::::::::| i | キュッキュッ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /__________ヽ... \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┌───────────────────────────────┐
│戦闘能力の上昇とは、すなわち戦士として格の高い能力を得ることである。 .|
│ゲームのようにとにかく倒せば経験点が手に入るわけでないのなら、    .|
|そりゃ格上は格上のままでないと戦闘した経験は手に入らないだろう、当然。|
└───────────────────────────────┘



     / ̄ヽ-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、´ ̄ヽ
     ヽ__/:::::::::::::::::::::::::::::::::\ノ
     //::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::ヽ
     〃::从::从::从::从::从:l::|::: i|
     レ小l ( ●)  (● ) 从::::i|
     レV⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃:ノノ   よし、今日はもう一戦
      ヽゝ、      j:://    探してやらせます。
         ヘ,、 __, イシ丿
     ,::ヽ::::::::ー|:ヽy/::1ー::ヽ、       ボガードから取るもの取ったら
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  トン   急いで移動の支度をするように。
   _(,,)  ゴブリン探し   (,,)_
  /  |     もしくはLv2魔物 |  \    剥ぎとった品は渡した背負い袋に入れ
/    |__________|   \  自分で所持しておくように。

65◆iWAc./ZK.62014/09/21(日) 07:03:05 ID:Y4kwevGA
┌───────────────────────────────┐
│まあ、これまで戦闘すらしたことのないメイなら、                   │
│たかがゴブリン、あるいはコボルドであっても経験にはなるかもしれんが。  |
└───────────────────────────────┘
_,,|,,__,,|,,__,,|  ゙'';;;;|;   γ ̄| ̄ヽ        γ ̄| ̄ヽ   ;;'
,,__,,|,,__,,|,,_|;    '|   l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!      [「二二二二二
_,,|,,__,,|,,__,,|;;    |   l!┼┼┼l! '7;,    l!┼┼┼l!    ';; || | ̄ ̄ ̄|| ̄
,,__,,|,,__,,|,,_|゙;;;,  | ;;  l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |┌─┐||┌
_,,|,,__,,|,,__,,|;;;;;; ゙:. |   l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |└┐  ||
,,__,,|,,__,,|,,_|;;;;;;;;; |   [ ̄ ̄ ̄ ̄]      [ ̄ ̄ ̄ ̄]  #  ,;|| |  │Ⅱ||Ⅱ
_,,|,,__,,|,,__,,| ;;;;;;;;;;;|   `´ ̄ ̄`´   へ  `´ ̄ ̄`´     ::|| |└┘  ||
,,__,,|,,__,,|,,_|;; / |        メ        ;;     ;;'';     _|| |___||_
_,,|,,__,,|,,__,,|/../| ';,          ;;                ,,;;''| |ニニニニニニニニニニ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |ニニニニニニニニニニ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Llニニニニニニニニニニ


________________________________
――――――――――――――――――――――――――――――――
     .....                          .,,,........
...,,.......          .....          ......,,,,...                ...,,.
┌──────────────────────┐
│人族を超える相手や魔物に困らないこのラクシアだ、│
│格上相手の経験を積んで損することはないだろう。  .│
└──────────────────────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄

66◆iWAc./ZK.62014/09/21(日) 07:03:16 ID:Y4kwevGA
今朝はここまで おはようございます

67小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/09/21(日) 07:04:17 ID:6/PFhd5w
お疲れさまでした

お休みなさいzzz

68◆iWAc./ZK.62014/09/21(日) 07:11:55 ID:Y4kwevGA
おまけ さっき気づいた話



                                  / ̄ヽ-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、´ ̄ヽ
                                   ヽ__/:::::::::::::::::::::::::::::::::\ノ
 ・召異魔法【デモンズシード】                     //::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::ヽ
                                  〃::从::从::从::从::从:l::|::: i|
 の種を植え付けられた人間(苗床)は          レ!小l(●) (● )从:::|;::i|
 デーモンルーラー技能を1レベル得る             レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃:::|ノ/
                                      ヽ、 ∩ノ ⊃  j:://
                                     / _ノ イシ丿
                                  ,::::/ /|ヽy/::1ー::ヽ、



                         / ̄ヽ-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、´ ̄ヽ
                          ヽ__/:::::::::::::::::::::::::::::::::\ノ
                         //::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::ヽ       ・ただし召異魔法のうち、魔神の力を借りる魔法や
                         〃::从::从::从::从::从:l::|::: i|       人の精神に干渉する魔法は違法である
                         レ!小l ( ●) ( ●从:::|;::i|
                          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃:::|ノ/        ・現在ヴァルキリーの初期習得技能には
                             ヽ、 ∩ノ ⊃ .uj:://         デーモンルーラー技能の選択肢はない、
                            / _ノ イシ丿          ので下手に最初に習得させるとルール上 バグる
                         ,::::/ /|ヽy/::1ー::ヽ、




    / ̄ヽ-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、´ ̄ヽ
.   ヽ__/:::::::::::::::::::::::::::::::::\ノ
    //::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::ヽ
   〃::从::从::从::从::从:l::|::: i|
.   レ!小l( =) (=)从:::|;::i|
.     レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃::ノノ   ……ダメでしょう。
.      ヽ、  ゝ._) u j:://
.       /⌒l,、 __, イシ丿
       ,/  /ー|:ヽy/:1ー::ヽ、
      /:|  l==:::::::::::::/::::1

69小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/09/21(日) 07:29:32 ID:5q.uiKCo
おつでしたー

71小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/09/21(日) 10:35:15 ID:w8Pg8Kyg

ポケモントレーナートレーナー華扇ちゃん

72小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/09/21(日) 14:03:35 ID:NVio0Yp2
乙。そりゃ村人Aに戦闘力は無いよなぁ。
>苗床化
検討はするのねw

73小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/09/21(日) 21:20:53 ID:dWaeojug
TRPGやったことないんでデータが少ないこのスレは読みやすくて助かります
ストーリーに惹かれて読んでたところに、ずらずらデータが出てくるとげんなりしてしまうんですよね
魔法の説明も今ぐらいで全く問題ありません
毎回、楽しく読ませてもらっています

74◆iWAc./ZK.62014/09/21(日) 21:34:16 ID:Y4kwevGA
>>73
どうも!
おまけの解説を、一応


「デーモンルーラー技能」とは、ラクシアとは異なる世界からどこからともなくやってきた魔物、
「魔神」の力を 直接契約し使役する形で、あるいは召異魔法という形式で間接的に行使する魔法使い系技能である。
デーモンルーラーに出来ることは主に2つ、
「魔神と契約を結び、使役すること(当然違法)」、「召異魔法の行使(一部 魔法のみが違法)」だ。


そのうち、魔神と契約を結ぶ場合は ランプや壺など、
魔神を使役するために閉じ込めて 『封入』する媒体が必要となる。
基本的に、契約者の技能レベルが魔神のLvより十分高いなら
武器や防具、あるいは装飾品などの小物に封入して簡単に持ち運べるのだが、
術者の力量を超える魔神などの場合、両手サイズの壺や 抱えきれないタンスのように
サイズ的にも値段的にもビッグなものを使う必要がある。

例:デーモンルーラー技能Lv4の術者が、魔神インプLv2を封入する場合は
  武器や防具などに封印、もとい封入することが可能だが、
  魔神ダスキーグレイスLv5のように格上の場合、壺など調度品に封入しなければならない。

75◆iWAc./ZK.62014/09/21(日) 21:40:53 ID:Y4kwevGA

     【魔神フォルゴーンLv13】封入中
          ↓
          Λ
          | l|
          | l|
          | l|
          | l| / ̄ヽ-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、´ ̄ヽ
          | l| ヽ__/:::::::::::::::::::::::::::::::::\ノ         現在、華扇はデーモンルーラー技能Lv15なので、
          | l|. .//::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::ヽ         武器や防具、装飾品などに封入できる魔神のLvは
          | l| 〃::从::从::从::从::从:l::|::: i|         -2Lvの補正を足して、13レベルの魔神まで。
         〔二二ニ|i | | ( >) (<) 从!」
          }::./ ̄`ヽ从⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ヽ」        よって華扇がLv13の魔神フォルゴーンと契約した場合、
          }.`ヽ、  \j   (_.ノ   ノ/           魔神を封印して閉じ込めておく「封入具」は
          ∨  \  'へ、 __, イ/             この片手に持った武器に入れることが出来る。
              |        |
              i  `/ ̄`l  /   ←デーモンルーラー技能Lv15

77◆iWAc./ZK.62014/09/21(日) 21:48:40 ID:Y4kwevGA


                                  ___________________
                                   //////////////////////////////////////∧
                         .          ////////////////////////////////////////∧
                                  lニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニl
                         .         /  l___________l ∧   ⊂ニ⊃   |
                         .      /  /                 ∨ ∧             |
                               /  /                  ∨ ∧======:|  ←持ち運び出来ないサイズの調度品
                              i=================i  ⊂ニ⊃   |   (技能への封入できるレベル補正が+1)
    l、  / ̄ヽ-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、´ ̄ヽ    .      !             ⊂ニ⊃             |           |
 __| V  ヽ__/:::::::::::::::::::::::::::::::::\ノ   .      |                           |======:|
 \       //::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::ヽ  .....     └―――――――――――――――‐ ┘ ⊂ニ⊃    |
 <      〃::从::从::从::从::从:l::|::: i|                        ,ァ  .、‐-..__    __    __ ,..-ァ  i、
 /  .    レ!小l( ●) (●)从:::|;::i|                          /.l.|   ヽ   `7.i"r‐‐-,ヽ`i"´  ./   || V
.'一 7       レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃::ノノ                            | .|.|    >- r'  ` ̄´  ヘ,..<    .| | .|
            .ヽ、  ゝ._) u j:://   ←デーモンルーラー技能Lv15   ..| |.|      / ・ . . ・ .〈      .l | |
             ./⌒l,、 __, イシ丿                            ヘ .| |    ム < v.ニニニvァフ>-゙ァ   .// /  <無理。
             ,/  /ー|:ヽy/:1ー::ヽ、                         ヘ ',.',   /ヽ__..>、___ , <__/<   .// /
            /:|  l==:::::::::::::/::::1                           ヘ ',_i__,../ (:/{    |    }:ヽ ヽ ._.// /
                                                   }-" )/:::::.{ヽーr‐<>‐ヽニ.ノ'.:::::::( ヽ〈   【魔神ザンガルズLv17】
                                                   { ムiァ"{フ‐‐{.´`Y´`.}ヽニ}ー、vヽ }   異界の剣豪を名乗る魔神の剣士。
                                                  弋__V__弋-ニ二二二ニ-.ノ、_ iーム"   最大14回の、すさまじい攻撃回数を誇る。
                                                          r- {-‐‐‐‐‐‐-/__j  `´
                                                          {二i ゙ー--- " .i二}
                                                      ri__ハ__ijヽ   ri__ハ_ijヽ
                                                        V        .V

デーモンルーラー15レベル+調度品のレベル補正+1=レベル16まで、
では魔神ザンガルズを封入することは出来ない。

このように、幾らレベルが高くても、立派な封入具であっても
封入出来る魔神のレベルには上限がある。

そこで出てくるのが『魔神の苗床』である。

78小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/09/21(日) 21:54:10 ID:zfdt8svI
ぶっちゃけてザンガルズは苗床以外だと
ダークソウル無限拡大でしか扱えん

79◆iWAc./ZK.62014/09/21(日) 22:00:49 ID:Y4kwevGA

  _
  \ヽ, ,、
_  `''|/ノ
\`ヽ、|
 \, V
    `L,,_
    |ヽ、)                ,、
   .|                   ヽYノ
   /                     r''ヽ、.|
  /        ,.. -──- .、    `ー-ヽ|ヮ
 .|      , ‐'´   __     `ヽ、  `|
  |    / , ‐'"´       ``''‐、  \  |                 「魔神の苗床」とは、“穢れ”を持たない人族に
  |   / /             \ ヽ |                 「魔神の種」と呼ばれる魔法で作りだした呪いの種を受け付けることで『作成』できます。
  ヽ,  y'   /` ‐ 、    ,.. -'ヘ   ヽ. }ノ
   ヽ,'     /   /`,ゝ' ´     ヽ   Y.                  種を植え付けられて苗床と化した人族は、
.    i    ,'     { {        ヽ   `、                 (左のAAのように植物や芽が出ることもなく)
    l    ,イ─- 、.._ ヽ ,, _,.. -─:}   !                      外見的特徴は変わりませんが、植え付けられた相手に
.    |  r‐i| ー=ェェ:ゝ ,.∠ィェェ=ー' |r 、.  l                  好意を得、更にデーモンルーラー技能を習得します。
   |  {ト」l|.      : | "    ``: |!トリ  |
.  │  ヽ、|      ;.」_      |'ソ    !                 更に、種を植えつけた術者はこの苗床を封入具として
.  │     ヽ     r──ッ    /ノ    |                技能+2レベルまでの魔神を封入出来るようになります。
    |      lヽ    ̄ ̄     / イ    │                  調度品ですら封入できないような魔神は、
.    !    丶ヾヽ    ~   , ' ノ │   !                こうした苗床を用いることで初めて契約し、使役できるようになるのですが、
    ト.    ミ.ゝ ヽ.____./  /  l   /                当然ながら 他人を支配する魔法的手段であるため、人族圏では当然 違法です。
    ヽ  ヽ           イ ,' / , '       ┼ヽ  -|r‐、. レ |
     \.             ノレ'/         d⌒) ./| _ノ  __ノ

80◆iWAc./ZK.62014/09/21(日) 22:09:52 ID:Y4kwevGA

華扇は、メイに技能を習得させようと幾つかの手段を考えました。
その一つに、この苗床化時に対象が入手するデーモンルーラー技能1レベルがありました、が……

                 _.....-......._
        , -‐- 、 ,.-.:'"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ヽ、
      /   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ r‐t_, -─- 、
     /    /:.:.:.:.:/:.;.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:y /   ,r‐-、 ヽ
.     i    /:.:i:.:.:/.:.:l:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.ヽ:.:.:7 〉  !:::r‐_'  i
    i   /:.:.:!:.:.i:.:.:ハ:.:!:.:.:.:.i:.i:.:.:.:.:.:、i:.:.:.:.:ヽ:.ヽ k  ヽ:::V.iiフ .!
    ヽ  l:.:.:.l:.:.:l:,彳_i:.i!:.:.:.:.i:.:i:.:.:.:_.:.iヽ、:.:.:i:.:,オ !   ヽ/  ./
      \i:.:.:i!:.:.:i:.:.i   'i!:.:.:.:i:.:i..:.ハ.:.i:.:.:.:.:.l:.ヽ ヽ     ノ     >>68
       l:.:ハ:.:.:.:! i|__  ̄ `___ヽ:.:.i:__.Lにr-‐ ´
        / i. ーt- i! ̄ ̄ ,    ̄ ̄ ̄ 〉´ i/ l          だからダメポ。
       / i   ヽ_.i ( _,、 __ ノ  ⊂⊃‐' 丿
     γ⌒⌒⌒⌒ヽ、          ,r'⌒⌒⌒⌒ヽ
  ̄ ̄ ̄i        i!` ‐───イ        i! ̄ ̄ ̄
      ヽ __,___,___,_ ノ         ヽ __,___,___,__ ノ

違法であること、ヴァルキリーの初期作成時に
得る技能にデーモンルーラーが入ってないことから システム的な面で断念。

リアルとして考えるとバグなんて発生しないし、華扇としては試してみたいところですが
デーモンルーラー技能を習得したところで何かと使いづらいし、実用的な魔法は
ほとんどが違法であり、タブーに触れる技能をわざわざ教えるべきではないだろうと判断。

結局、地道に戦闘によって何らかの戦士技能習得を目指させている最中です。

関連記事



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する