剣と魔法と邪道プレイ 第102話


141◆iWAc./ZK.62014/09/04(木) 02:50:37 ID:/yXPou1s
;;.ii!;;::,,、"";;,,;;,゛:   |i!|il|!ll|                    .|i||  .|l||
il|!ll| Y ;;/,,""    |liiil|!i!|";"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛""    .|l||.  ||i|";"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛""
.|lii!|ノ )`~...,,,,,,.....,,, |!!ilill|!l;; ゛ヾ;;::il|!ll| Y ;;/         ||i|;,゛ |il|;; ゛ヾ;;::il|!ll| Y ;;/
,!((/(;;,,ヽ;;;...(_;;::,, |ll!i(!ll|  ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.  、"";;,,;;,゛|il|   |ill  ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.  、"";;,,,;,゛
il|!ll|    Yii!   .|!i!|il|ll|    |,!((/(;;,,ヽノ ;;/,,""   .|ill   |!i|    |,!((/(;;,,ヽノ ;;/,,""
il|!ll|    |!,ii    |ill|il|!l)     |i|!ll|   `(~...,,,,,,.....,,,⌒) .|!i|   .|ill|     |i|!ll|   `(~...,,,,,,.....,,,⌒)
.|lii!|    |ill|     |!!iill|!li   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ...(_;;::,, .|ill|  |ill|    .|il|lil|    (;;,,ヽ;;;...(_;;::,,
.|lii!|./ ̄ヾス-―‐-、r' ⌒ヽ  | 話ですか…… | ii!    .|ill|  |l|!|     .|!lli!i|       Yii!
il|!ll.{   ,/´:::::::::::::::::::`ヽ、 l. .乂______ノ!,ii    |l|!|  |l|!|    |!lli!i.シ`''``'"ヽ.. .|!,ii
|!!iil.ヾ_ィr'::::/::::,:iヽ/i::::,::::::、:ス  ...|il|!ll|       |ill|     vv|Mv vv|Mv , , |!ll.イ::{:{''"}}゙ir}'.,,.|ill|     v
!ソ;ハj.//::::l::l::,ハl  l/l/i l .|.,,MW w,,Mv,w,.vw,.vW "" V"ji,,Iw,,MW "" w,,Mv,w,.''ハ::::}l`゚´|5"
  /∧::::|::レ -‐‐  ‐- l .ハ/                             :ソi::{=/|ハレ
  〈/l::::トi::::{"   r┐  }/\>                            , i {lハl‐'__| ゚
   ∨iイヘ|ゝ、__ _.,イレ                                   |i  |三廿三|__
       /`,:`ir‐':.`ヽ、                               i/三\ニ三三oニ5、
     〈ヘ/ 〉/::@:::)、〉                           l.彡⌒ヽヽ三三三三\
      辷|〉}::{|:::_ム__|                            |彡=、  }三三三ニoニヘ
     ムミ|/辷::::::::::.} |ゝ                             V彡=ミリ、三三三三/¨`'┴,、
┌────────────────────┐
│姿を隠している周囲の連中にも気を配りつつ、  │
│目の前の蛮族の様子を観察する。         .│
└────────────────────┘



142◆iWAc./ZK.62014/09/04(木) 02:53:21 ID:/yXPou1s

              i| i   i| !  !| i i| i         _  /し'/
              ,=ヾ>'⌒ヾ`ヾヾ))、 |     ,r'⌒''"´  j /  /
             ラ7´:::::::::;m::i}:::):::}:::ヽ), l|  /     ,く(   {
             7ノ:〃:/:::i|||!:リ:;r=:、::リ::::} | /  ,,   ,イ l|  /
                "{:::{::{::::{''''''"""{{゙})゙彡:リノッ/ // / l l|  _」
             ィハ、:`:::::::ヽヾ __リ_リ__}='ノ=ツ / / / l  lレ′
            (:レ}ハ:::::::::}}ヅkぜラ゙|リ〈  "′/  ヽ レ、ゝィ.__.. -‐z
              レ^{::::::{{ l l `ヽ レ'))  / ハ ヽ、 /     _ /
              乂ヽ:::::l}〈ッ   ゙ lシ、 / /  ヽ  { l  ,r''7゙// ,'
             / 川 i::::::l=== ,イlハ|ヽl /   ヽ-' {/ / ∠ノ
            ゚゙ /川 ハ:::::l゙~~~~ / |lハ レ′     _  / /,r‐r 、
           ゚゙´ {イlノ| ヾ::|-ー- / , リ ゙゚        f∩ l / l / ノ      何か?
        i      ヾjィ| :::` =ヅ_ノ_|    i         l_`| レ | ル/´}
        |        | ̄三三三三三゙i   |      | `|   " / /
      i  ,  i i  |  j: :三三l ゙̄l三三|  i      ,r| `|l、   / /
      |   |i,r‐'='='≦三三三|_,l三三ヾ、.!j__ i__|i  {=j  |l ト、 i /
     i| /三三三ヽ`=ニ三三三三三(´゙)三て_)`ヽ、lノ   ``ヾ、レ′
    i |レ彡'´三ニ=:`ヾ、: :ヽニ.三三三三三三三ニ`ヽ、 ``  ミ、 } l
   ,j//,r''´ ̄: : :`ヽ: :ヽ: :ヽ三三三三三三三三ニ= \、__   }:::|│  i
   l'彡": : : : : : : : : : :ヽ : : : i=三三三三三三ニ(`)三ニ.ハ ヽ、ツ | |  |
   |彡: : ===-、、: : : : : :i 川 三三三三三三三ニ===ヘ、    l !l i |
┌──────────────────────────┐
│ジェイドバジリスク、Lv14で 正体のトカゲ姿を表すと         │
│Lv15に上昇する大物だ。蛮族のリーダーどころか、 蛮族領の │
│領主であったっておかしくないレベル。                 │
└──────────────────────────┘

                /   `ヽ
               /       lア─- 、
               <从     、_〃: : : : : : :ヽ、
            < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ
         __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /
         //: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y
        / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',
.      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/      ……いえ。
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ      まあ、敵ではないかなと。
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY
┌────────────────────────────────────┐
│だが、そんな大物が 人族の噂を気にかけてそのへんの散歩に出かけるものか。    .│
│魔境と呼ばれるこの地方がどれほどのものかは知らぬが、恐らくこのものは      ..│
│使いっぱしりではないかと考えられる。 レベル14もの魔物がそうだとは信じがたいが。. |
└────────────────────────────────────┘

143◆iWAc./ZK.62014/09/04(木) 02:59:13 ID:/yXPou1s



ィ彡三ミヽ      .:ヾゞ;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ   /;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞ   |ii;ゞ:;    /` ィ彡三ミヽ
彡'⌒ヾミヽ     ノ;;ヾ ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ ヾゞ;|  <;;/::ヾゞ;;ゞ:;ヾ:ヾ;;>;ゞ;;::iiゞ  .....ー彡'⌒ヾミヽ
     ヾ、    .ゞヾ ;ゞゞ;ゞiilヾ;ゞゞ゙ゞ;;:::ii|  |;:ヾゞ   "ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾiii|.. ./
  _   `ー―'.|;:ilヾ \ |::;ii|   ヾ;ゞゞ''ノヾ|;:i|    ノヾゞ:ヾヾ::ヾ\ |i;;:iii|..―'
彡三ミミヽ    ...|;:i|  \`'';:::ii| ヾ:ヾ;;>;ゞヾ|  |;:i|/^    '|i|  |;:i| \`";;::ii|     .彡三ミミヽ
彡'   ヾ、    |;:i|   ゙ヽ,;:;;;l| /゙;ゞゞ;ゞ:::ii|  |;:i|       |i|  |;:i|   ~|ii;;:ii".   ヾ´    ´ミ
      `ー '.  |;:i|     |:::;iii~ ノ  ,,|;;::ii|  |;:i|       |i|  |;:i|   |i::;;iii|.`ー ´
 ,ィ彡三ニミヽ   ':;,`:ヽ|/,'|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;.:":::"''''⌒ヾゞ   γ''"""''""''"' |ii;;i;(''  ...,ィ彡三ニミヽ
彡'            ";*'.:.:;”:;゙|:;;iii|`:;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:;ヾヾ))  ((,:ソミ;.:';';';::;.:". |i;;;::;ii            ミ'
      _   .:;”:`:;,' *”|:;:;ii|:,:;*.,:;/.:::;,':,*”:;:;.,:;.:;'.:ソ    "''~`''"゙"'''~ノ;;ii;:iill    _
   ,ィ彡'    ..."''~`''"゙ ノノシillゝ"''~`''"゙"''~`''"゙"''~            "''''''''''''   ....,ィミ'
ミ三彡'        /⌒. "'''''''''"               '""'''""'"""             ミ三ミ'
       ィニニ=- '.,..,.,.,.,、                                ィニニ=- '
     ,ィ彡'                ''''""'"'''"""                      `ミィ,
           ;;;ゝ);;));ヾ;;)              ,..,.,.,.,、        ''""
           ))ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝ))ゝ
           ;;;) ;;;)ヾミゞ((;;;ゝヾ;⌒;;)   iijww、ii.       """~"
┌────────────────────────────────┐
│「敵ではない」という発言は、まあ勝てなくもないだろうという意味合いだったが│
│それを挑発と受け取ったのか、周辺に潜む何らかから殺気が放たれる。    │
└────────────────────────────────┘

ー-ニ _  _ヾV, --、丶、 し-、
ニ-‐'' // ヾソ 、 !ヽ  `ヽ ヽ
_/,.イ / /ミ;j〃゙〉 } } ハ ヽ、}
..ノ /ハ  〔   ∠ノ乂 {ヽ ヾ丶ヽ
 ノノ .>、_\ { j∠=, }、 l \ヽヽ ',
ー-=ニ二ニ=一`'´__,.イ<::ヽリ j `、 )
{¨丶、___,. イ |{.  |::::ヽ( { 〈 (       まあ、待て お前たち。
'|  |       小, |:::::::|:::l\i ', l
_|  |    `ヾ:フ |::::::::|:::|  } } |
、|  |    ∠ニニ} |:::::::::|/ / / /       話の続きだが、簡単だ。
トl、 l   {⌒ヽr{ |:::::::::|,///          この地より 大人しく退去してもらいたい。
::\丶、   ヾ二ソ |:::::::/∠-''´
/\\.丶、 `''''''′!:::::::レ〈
   〉:: ̄::`'ァ--‐''゙:::::::/::::ヽ
\;/:::::::::::::/::/:::::::::::://:::::〉
::`ヽ:::ー-〇'´::::::::::::::::/-ニ::::(
           /    \
┌───────────────────────────┐
│その連中を諫めるように 言葉を告げる 目の前のバジリスク。   │
│しめた、――指示を出すように言うということは、              │
│後ろに潜伏する連中が本当の司令塔だって可能性は低そうだ。. │
└───────────────────────────┘

144◆iWAc./ZK.62014/09/04(木) 03:06:52 ID:/yXPou1s
┌────────────────────────────────────┐
│目の前のジェイドバジリスク程度なら、今の私でも精神抵抗力を抜く魔力を有している。 │
│つまり主な攻撃が十分に通るんだから 【スリープ】で寝かせるなり             │
│【ブレード・ネット】でじわじわ痛めつけるなりして 殺しようは沢山ある。            .│
└────────────────────────────────────┘
             r'      !ζ‐-_.、_,, -.、
          ,i       /、}"´.:.`"=- 、_ヽ,
          ゙、ゝ,,--‐´、_r"/:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ, i
          !´,'i:i`.‐゙´:.:.:/:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.ヾ,
            |/i:i:::!.:.:.:.:.:i/‐‐-、 .',:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.!    r、=、
         /:./:|.:.i.   |茨テ'、 ヾ,:.:.:__:.i.:.|    ,, ゙i//゙,`ヽ,
      , -‐´,:.:.:.`ヽ-'.:.:.:.:.:i弋'ノ   ,_=、,'`',:|/ , -", -´i゙/∧. ',
    /γ´_,-,":.:|.:.:.i,:.:、:.:.、    , .リj゙/:.:/, -´, -"   !`i_',  i
    ´(/ ̄_./.:.:.:.!.:.:.|ヽ,:i.:.:.ヽ, -   ./, ‐", ‐´._  _  | iゝ、_|    退去ですか。
       ´i, ‐'"i.:.:.:∧:|ヽ,:.:.:.:ヽ-=, ‐´, ‐",、`ヽ:. ̄.:く, ! i'::::::::::,'
           |_;,/-、‐‐.ヽ;; -"´,‐"´}-゙r,、ヽ-=,´ ̄`/./\__/     何か私がいるだけで
    __       /    .ヽ,‐´, -"<ゝ(_(rソY、.:.ヽ'i    v、!  ,'        不都合でもありましたか?
  ,r/´/       ', , -", -",:.:.:.:.:.:.:~ミ彡イ.:.:.:.:.|, --.、 ./   /
 // i゙r,`-、.   , -´, -"/  ヾ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.;'.:'.;:.:.:.:.:/   `ヽ、 ,'       特に何もした覚えはありませんが……
 ヾ, i゙ !、, ‐‐ヽ´, -,´   ___《.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.:.:.:.:'.:.:.:.i     ヽヽ,
  ヾ、___i_ 彡ヽ,`ヽ,r‐"  ヾ,:/.:.:.:.´.:.:.:.:.リ.:.:.:.i        ヽ,ヽ、
       ヽ-"´/i ヽ,/r.、_,/`´、.:.",:.:.:.:=:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ      `, ト
┌────────────────────────┐
│で、それ以上の敵が此の場に居合わせなければ      │
│こちらが強気に出ても 問題はなかろう。どうやら、相手は..│
│直接 戦闘を行わずに交渉したいようだし。          .│
└────────────────────────┘
          l`ーニ三== 三ヽ ヽ  , ヽ\ヽ┐ ,. ‐- 、
         rヘヽ'´   /二ニ \il f/ //| / ̄\ \ \
         Eミミヽ `ー-==三二  \////,-、 ヽ‐、  l /
         ∨ミヽ ‐- ..,,_  、 __ヽ\////  l  i、   /__
         lミミ  \    /  `丶、 ./  /l l ハ .l l  /
            lミ==ニ二 _,,,..l  F-丶--'´‐l  /,ノヽ!  i ヽ、
            /==ニ二-‐_,,..  l  l      /// f\ ヽ  \ l
            >'゙丶ヲフ-‐ノ__ノ\,!      //ノ  └‐-、  ノ ヽ
        /,l ^iヽヽ\/"====_=_==--‐''¨|      ヽ  l ノ }
       ///.l レ ト \l ¨¨:: ̄ ̄:::::::::::::/¨ヽノ       'ー、/f                 ドレイクバロン
      /// /∧ヽ-、  ̄¨'''‐- ..,,__,,.ノ .i l .l        ノ  ハ   数日前、我が居城の 竜男爵 の一人が
       // // ヽ--!     l.   ! ヽ ,. - ァ        it‐'´     人族に殺された報告を受けた。
       /// ノ/¨\  !      ` ̄ l
        / ( )\ 、\\  .. -‐''" ̄/           それ以外にも 脅威的な猛獣を殺してのける人族、
       /   ¨   \`丶 \   " ̄ i               なぎ倒すように蛮族を打ち破る人族の姿の報告、
      -‐、    / \  `丶、\\   /            その全ての風体が一致している。
        \  /   }     ヽ l ¨¨               貴様で間違いないな?
          \\  /     /  ̄、

145◆iWAc./ZK.62014/09/04(木) 03:12:17 ID:/yXPou1s
                    //
               〈::〈 _ __  /´ ̄ `ヽ
             . -‐‐' ´: : : : : : :` 、    .
.      /´  ̄ `Y´. : : : : : : : : : : : : :\: \     }
      l     /. : : : : :{ : : : : : : : : : : :.\: \__ノ
      |   /. : : : : : :/:!: : : \: : : : _: : : :.\. \≦≠ ニ二フ
       ゝ.__/: /: /: :.ィ.升ト: : : : ヽ:´\: : : : : :)>:\ \ \
       ノ: ノ!: l: : :|:l:|:.|:ノ\: : : .!: ,ィ≦k: : : \: :}: :\ \/
       ///l: :!: : :!:l:|人  )\: :}´ i以リハ \ )メ、}ノ:.ヽ
     く/〈./人:j: :从八x==彡 )ノ """.|:i: : : : \:\:ノ: :〉
         /:\: :.Ⅵハ""  '     リ:i: :\: : :.\ :ヌ´   ドレイクバロン。
.         /: : : /)ハY入   / }  /く: : : :l\: : : )     ああ、ハイゴブリンを引き連れた奴には
        /: :/:.//: :.:i:|: l }≧= i |<.┐ :): : :ノ ハイ      .身に覚えはありますね。
          レ〈:.∧!: : :リ人!:F干| .j´ニ.|イ⊥く ⌒\
            )/\:.(`Y r┤厂 ∨:::::::://       ヽ      ですが向こうもやる気でしたし、
          /   ヽ) | j::ハ厂   |}`ヽ:j/        i       殺したことを咎められるのも不本意ですよ?
         /       Ⅵ::::{〈し'⌒ リ }:〉/         .ト、
       i         /::::::入\___メ.メ∧ 「j_     ノ 〉
       人      {:::::::::::::::fー‐1::/><  `ヽ  /
.         \ jメ≦ヘ ::::::::::/〉__!< <> /〉  i ∨、
.       x≠/´/  i∧::::::〈X厂 ∨/ /人〈〉j\} \





                               ,.-、 、、,、、、 , __
                               i: :ミ、l: : :彡ィ'´: :ヲ
                                l: :f‐'-r 、彡: :三彡     バルバロス
                                 i: ハ 'ヒrェ''"_)、ィノ    我ら 蛮族 は人族と違い、
                                l:.iヽ__  ノli: : l     戦いの末に敗れたのならば
                               ヾ ,匸,ィ__,.ィl:リ       勝ち負けは問わん。
                              /::/::ロ:::::::::ノ::l
                               /:/::`:ー=‐"::ヽ!    しかし 格の高い蛮族が敗れるほどの
                             ノ:io:::::::::::::::::::::::::::i、    .貴様がまた別の者と出会い、支配層を
                             r'/::::::::::::::::::;.ィ'⌒゙ヽ   乱されるのは 非常に迷惑被るのだよ。
                    _r 、      //:::::::::::::::/:::::::::::::::::::)
                    ヽ\゙t-、 ,、/:::i:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::ノ  人族の「法」とやらではないが、我らにも
                     ,.r\ ヽ i:::::::::::l:::::::::::::i:::::::::::::::::::::::/   我らなりの秩序がある。
                     ヽ)く ノ::::::::::::;!:::::::::::::l::::::::::::::::::::/

146◆iWAc./ZK.62014/09/04(木) 03:23:32 ID:/yXPou1s

                __,,r─ミミミヽ ̄\|::ヽ))
             _,,=三:::::::::\::::::::::::ミ::ヽ:::::::::川ヽ、,,,、
           ∠::_ノ ̄:::::::ミミ:::ヽ::::::::|:l::::::::|ll::::::::::ミミ|}::ト、
          ,,-‐''´:::::::::::::::::::〉:::トヽ|ll,,-、_:::::::‐、::::::::::::ミ:::ノ:j
         /:::::::::::::::::::::r‐-、:| /''´ /  /'`/|:::|::::::::ミ:::::::::レ|
        (:::::::::::::::::::::{   |/_/ /''_/ .|/|::::::ヾ::::::::::::/
         `つ::::::::::::/   j:: ̄ヲ ´| ̄ ̄` ̄|ミ::::::::::::::r'
          `}:::::::::::::i   .|ヽ/   },,-┬-‐''|ミ-.,,-、::ノ    このような地を一人で彷徨う理由は存じぬが、
           |::::::::::::/   j |ヽヲ /   |   .Y' ,イ] |ノ     まさか戦闘を仕掛けておいて諜報や
   __  __     |/:::::::〈    | __二_   /   /__<ノイ|     .破壊工作が目的というわけではなかろう。
  /-イ /._)-、   |:::::::::/    ,| ,,_. ̄ヽ/  // | j:::::::|
 .ト .|/_ /-イ   V::::|    / | 〈::/`  / // .//:::::::.|    男爵位を殺すほどの実力があるというのだ、
 | / /ヽ /)    Vミ   ○ .|-─-、__,-‐イ::/ ○|:::::::::/    もし退かぬというのであれば たった一人が相手だろうと
 |/_ ./  / /           `「|─────-⊥::|/       軍を率いて全力で滅すことも厭わんぞ。
 | /` ./_./   ,,-------、   |ロ|:::::[二二]::O:::::::::Y
┌────────────────────────────────────┐
│向こうさんは、どうやら男爵位ほどの蛮族を                              │
│一人で倒したらしい、私の実力をそこそこ恐れているようだ。                │
│とはいえ、絶対に勝てない相手というわけでもないし、                        │
│全力で来られると 私も困るのは確かだ。軍なんて出されちゃ 昼も夜も寝られないし。. │
└────────────────────────────────────┘




           _,,..,,_ ,,,.. --- ...,,_
         ., '´    `ヾ      `'  、
         {    r/]/        \- 、
        rゝ-='" ̄, '  ./´   ハ    ヽハ
         く/    |/   /_」- /|  |    ∨、
        /'/     .;'  ./fてl!`ヽ |  / |    |/
       ,|/   r|  {弋_リ   |/ト./  |  ハ\
     / ,    .八  |x`     ァr'|  ,ハ /l」ヽ/
    /  ;'    ,   \|       , lリハ!/|イ、
     { /|   ./|  ./| l    _   x/ 八、 \       おお 怖い怖い。
    ∨ソ 、/ 人 ,ハ レ |\     ノイ  )\ ハ
        }/こ ヽ|/-、 / >=ァl斤/ | イ  リレ'    _   ですが こちらにも目的がありまして、
       /─- 、r }-r‐|7〒ア´/::/7´ ̄`ヽイ   _r/´/ヽ  まあ要するに武者修行中なのですよ。
      ./  ‐-、ソJ:::rん)ヽrイ:::::://      \ / `ヽ{_/r} .ここら一帯の魔物や蛮族が
     .r' -、 ,イ:::::::{ゝ_ンノ:::::::::::::|{         .}/::`ヽ、__,,.ン  非常に腕が立つと聞きましたのでね、
    /\--//:::::::::::::l/:::::::::::::::::::::|ト、   、__」_/\::::::7     そのお相手にさせて頂いておりました。
   ./ ─ヽム{::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::八∨、rヘ_/|/   `/

147◆iWAc./ZK.62014/09/04(木) 03:27:44 ID:/yXPou1s

;;.ii!;;::,,、"";;,,;;,゛:   |i!|il|!ll|                    .|i||  .|l||
il|!ll| Y ;;/,,""    |liiil|!i!|";"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛""    .|l||.  ||i|";"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛""
.|lii!|ノ )`~...,,,,,,.....,,, |!!ilill|!l;; ゛ヾ;;::il|!ll| Y ;;/         ||i|;,゛ |il|;; ゛ヾ;;::il|!ll| Y ;;/
,!((/(;;,,ヽ;;;...(_;;::,, |ll!i(!ll|  ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.  、"";;,,;;,゛|il|   |ill  ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.  、"";;,,,;,゛
il|!ll|    Yii!   .|!i!|il|ll|    |,!((/(;;,,ヽノ ;;/,,""   .|ill   |!i|    |,!((/(;;,,ヽノ ;;/,,""
il|!ll|    |!,ii    |ill|il|!l)     |i|!ll|   `(~...,,,,,,.....,,,⌒) .|!i|   .|ill|     |i|!ll|   `(~...,,,,,,.....,,,⌒)
.|lii!|    |ill|     |!!iill|!li    .|il|lil|    (;;,,ヽ;;;...(_;;::,, .|ill|  |ill|    .|il|lil|    (;;,,ヽ;;;...(_;;::,,
.|lii!|    |ill|    (il|!llli!i|     ||!li!i|       Yii!    .|ill|  |l|!|     .|!lli!i|       Yii!
il|!ll|    |l|!|   |!!iill|!ll|    ||liii!|       |!,ii    |l|!|  |l|!|    |!lli!i|       |!,ii
|!!iil|,,,,.., ,vv|Mvv(/"从ll|ノ(    |il|!ll|       |ill|     vv|Mv vv|Mv , , |!lli!i|..,,..,. , . ,,,,,.|ill|     v
!ソ;ハj|W "" Vv,w,.vw,.v"ji,,Iw,,MW w,,Mv,w,.vw,.vW "" V"ji,,Iw,,MW "" w,,Mv,w,.vw,

                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                        | なのでケンカ相手が増えるのは         .|
                /          | むしろ好都合……とはいっても、流石に  .|
            ノ}mn_   /        .| 蛮族軍を出されちゃあ敵が多すぎますね。|
          {    ⌒)  ―       乂_________________ノ
          人{ノ^^Yl (
         ,.{_| =-fテ}} )
       //{人u-'/ 〈 (
      ノニニ\\マ{  }ノ
    /___ニニニ\ノ\
   /ニニ \ニニ ∨ニ}
  __{ニニニニ}ニニニニ}ニ人__
  ニ\ニニニ:/ニニニ/{__ニ\
  ニニニニ/ニニニ}ニニ}ニニ\
  ニニニ/ニニニニ{ニニ人ニニ∧
  ニ___ノニニニニニ}\ニ ∧\/ ヽ

148◆iWAc./ZK.62014/09/04(木) 03:36:30 ID:/yXPou1s



                                          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
            , ィi_ノ⌒YYYY!                           | まあ、そう言うのであれば          |
         ,イ(/iミ三彡    しn                          | 河岸を変えるのもやむを得ませんかね。 |
           }  ミ三 ヾ//⌒-----、つ-、                      乂_________________ノ
         {  } ⌒ヾヽ.   -、  -、 }  {
          〈ノ/  {⌒_ww== }//// ミヽ}
         }//ノノ人{    }/勿jY川| }ハ
        r'、}|{≧ト、__}_,j_ ィf:::/))ノ{ノリ}
        ト、ヘ}\::::}!::::::/ーへ:}レ/ >ヘYY
        |i川ハ `i¨¨´   }  ∧(ヾヽリ
         ○|∧ { ___マ__ ./ ○)川{   ……ほう、ではそれは
        /}人/\´  ┬  ./{  /ムイ    こちらからその場を提供しても良いのかな?
       j::::::::::::::\ \  ) //l /´
      /::::::::::::::: | >r≧f´f |┐
-、---<::::::::::::::::::::::::\ l|:::::||:::レ':∧
:::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ}:::::||:::::::::::::::\
:::::::::::∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::((__):::::::::::::::::::>-----、
:::::::::::: }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\
┌────────────────────────┐
│私の動機、理由を懇切丁寧に教えてやり              │
│ついでに今後の動向も決まっていないことを分かりやすく. │
│示してやると、 どうやら釣れたようだ。            │
└────────────────────────┘







                          ト.、
          _  _,,.. --──- 、,_ノ }
       ., '´   `Y´           `' 、_
      .,.'       |‐ァ   /       \}- 、
        .|      ,ハ_} //     |      ヽ  ';
      ,ゝ、.,_,,. イ ┘ ' ‐|-    /|   | ';   '; |
   r‐''"´/, イ__r'  |  /  ,ム、_./ ;   ,ハ |   レ'}
     ̄く/Y   _|  |! ,イhノ 「lヽ / / /ト |   |/
       /    { r |  lレ' ゝ--'  |/ ァlト、 ,ハ   ;|
     ./     /ヽ._| 八           {h! }/ | /;|
     ;    /   レ' | ヽ、       ' ` ´.|/レ' ∧
     | /  '    、|   ;     _     ,ム、く/\]   あら、このあたりの場を
     /  '   、  ;'  /、     ,、 , イ ハ        荒らされると迷惑という話では?
    /  _,.イ   /\/ /、 > 、.,,/ ,ハ/)/ ノ
    {r'"| ,、   |>ー<\::::\.   / /、/、/)ハ                         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
      ∨  /     `' \::::`r/ ´ -く/' ;                              | 確かにそのとおりだが、
        /        \ }:::/ ̄` 、//  {、                           | 必ずしも全ての蛮族が殺されて
        | /      \`∨ ̄`ヽ / {   ヽ}                        | 困るというわけでもないからね。
         '/          `'|\  イアゝ、__';                         ヽ______________乂_
       ;           |  ヽ |/´り}{:::::::::::_|

149小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/09/04(木) 03:38:08 ID:aHGVJhTE
人間ICBMにして使うという高等プレイ

150◆iWAc./ZK.62014/09/04(木) 03:39:11 ID:/yXPou1s

               ,ィ iyイ_,.ィ
              / ̄::≦:V{::/ミ::::>、_,
          7::/r=Y::ヘトレ 、:::::ハ
          {_:{∨{:i:トミ=-_z≦_:::{
             _フ:::::::ト{チtッ {、-`´ト;
         r'::::::::::>'ハ    'iy  | }
         ト、::::ト、八.',  ,- ニ丶从           殺す相手を選んでも良い、というなら
              Y:(  }:::ト .  _/_L             こちらから その場を提供してやれる自信ならありますよ。
           ゝ=' /::::::'r≦:::::Tニ}'、__,.....--z__,、_
            _,、_ルⅥr >三于<_:ヘ:\: :.:::{: : : ,'∧     どうですか、どうせ無意味に殺戮を繰り返すよりは
          r≦:{ {: : /ニ..._-- ミ_y^: :}: : :Y::,':.:::::,' : ∧    .こちらの有意義に振る舞っていただけませんか?
        __「:=ミ: :>'´ , --tz、__Y: : : : : : : :}::{:i:::::{: :,::.. :,
      >:': >'ハ  _∠____,.-- '´: : : : : : :/::ト==: __-': : }    そうであれば無理に退去にして頂く必要もなく
   _/:<r Yゝ': ∧≦}::::/O: : : : : : : : : ,.::':::::::L:.....__: : : : `Y  お互い 得られるものがあって Win-Winな話だと
  i´: : : : : : :/: : : : :ヘ._j: ヘ:.::::r--- ::::::___::::::::::::::::ト、<:..__: :ー}:、  思いますよ。
 7: : : : : : : : : : :./ ̄:_,.-:〈: :--<::::...: : : : :.:.._: :::::∧:\ヽ: : ∧
 {: : : : : : : : : /⌒}:'´: : : ::}r=y: : : : : : :r::'´:::{ヾ::::::7∨ハ: : : :∧
  ー=─ <    ト、: : : : iゞ': : : : : : : : : : : : : 〃7  ∨: : : : : ハ
               lヘ: :ゝ、ハ: : : : : : : : : : : : :..::::_/   }: : : : : : : ',
             }: :.>、_: :}__: : : : : : : : :ー≦: 〉    ヽ、: :__;: :,ハ

151◆iWAc./ZK.62014/09/04(木) 03:40:49 ID:/yXPou1s

          /       \:: :/:: :: :: :: :: :: :: ヽ:: :: \
         /        .........}:/ ::_::_ハ:: ::i:: :: :: :ノ::、:: :: ヽ_
.        /     ..:::::::::::::::::/:!: :: ::/ `V l:: :: :: ヽ:::::\:: :}  ヽ
       ∧   ..::::::::::::::::::::イ:::!:: ::/_  V:: :: :: :: |::ヽ:::::ヽ!::.  }
       { ヽ   ::::::::::::://!:::| ;イきミx ノ\:: :: :: ヾ::ト、::::|::: ノ
       `ー'^ヾシ冖"r'´/j´::::!::リ:::::::::;:ミヽ ヽ: :: ::乂::::::::l: イ
           /:爪_,ノ///|::::::|::Ⅳヾイ      ≧ミx:: ミ≦<
        </::川::l////リ::::::トハ `ー'′   イ:::::::;ヾミー一二ニ=‐:- 、
          / :: /;イj::l'////:::: /        ,  ヾニr'^、:: ::ヽト、ヾ二ヽ :\
       /:: :/´ |l::::::V//:::;ノ     '′、__     ノ//,ト::: :::ト、`ー'´ \::ヽ    それは悪く無い話ですね。
         i: :: i rzzヘ\::∨::::i      ゝ  ノ . イ////} :ヽ ヾ、       ):人
         l: :: l′ \`ー、ヽ_ト、 、 >‐r‐┬f升/////从: ト、:: ::\   /イ   )   ですけど、ちょっと困るところが
     / \:: \__, ヽ::::\:::::\く::::ノ⌒\\⌒ヾ//} V \:: ::ヽ.          1点だけありますね。
      |     ̄ ̄  └ァ、:::ヽ::::::>' ,ヘ、ィ⌒ヽ、ヾノ     ヽ:: :ハ
      人        ....../:::::\::::;」 {ィヽ ├'^ヽ ト、         }:/ ノ                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
    /  }     ...:::::::::〈::::::::::::レ′、ゝ、__)く } ├( ̄ ̄二ヽ_ ノ′                       | 何か不都合が?
.   /     ..::::::::::::::::::ヽ:::::::::.、  く  ヽ.レ' ノ ノフ ´   _  ヽ_                      ヽ________乂_
    \     .:::::::::::::::::::::::人::/ ::ゝ-{ ヽ--く ´ /::ゝ---'´:::;:-─‐ ヽ、
┌───────────────────────────┐
│どうやら、向こうはこちらの意図を汲み取ってくれたようだ。     │
│……あるいは油断させて罠に引っ掛けるつもりかもしれないが。. │
└───────────────────────────┘

152◆iWAc./ZK.62014/09/04(木) 03:43:38 ID:/yXPou1s
          /     `ヽ、 ...::::/  〃    ヽ   \ノ_
       l         ト.:/::..   /         ',   \_ ̄`ヽ
       イ         l__〉   //            `ヽ ̄`丶. 、
      / i /       / 7  //   |      iヽ、   ヽ   :.    ヾ\
       !〃 ハ      〃_/  ,'   lヽ     | ',ヽ  ハ   .    ∨l
      ヽ  ヽ   / (::       /イ  \    ,:  l _∨ !   ',    !/
        イゞ、rf 、_ ノ_r イ::      i/     丶 / イ´ __.!  l    i   /'
    //`⌒7ムイ:: : :!     |-‐   ̄  ∨ /,ィ示ミ、,イ    |
   //   //.: : :|.: : :ハ       ! ,ィ示ミ、  }/ {!:::::リイ:::|    l
-‐"./    /イ::   :l: : : : ';.    }Y )::::::ハ       ー' l: :l: / ∧
-‐´    / / !   ,' : :i : :ゝ    l从辷_ ノ      ,  ''' }::ノイ / リ
    /  /  ;  /  从 { l\  ヽ`¨,,,,,          ハ レヾ
   / _/   /,イ./   //  ヾ ->、 _ >     _ ィ   . ': : l丶  !   ええ、私はわけあって指名手配の末
   ! (    /´ .!'  /  i   丁::::/}丶.       ̄ . :'ヽ:: :,'  ∨|   こんな場所におりますけど、別に人族の身分を
    )'    ノ  /   /   从  l:::〈イ、   `  ┬<ヽ   ∨   !/   捨てた気ではないのですね。
         /  イ   //l ヽ |::::ノ\\____,イ/::::::\   !
.        //! l   ハ !\才:::::/:::: ̄ ̄`i l !::::_::::>、 ト、    客将の扱いは 流石に
       /´  | |  !  )'  /:::〃::::::::::::::::::::><⌒ヽ`ヾリ 〉   勘弁していただきたいのですが。
            乂| 从   /:::::/:::::::::::::::::::::/〈 んてハ ) 〉Y 、
.            j/   イ ̄ `丶::::::::::::::::::::〉、辷ゞ-‐"〃 〉:::::丶
             /´   `ヽ ヽ:::::::::::::::\lヾ⌒>〉 イ:::::::::::ハ
               l´   `ヽ \ 、:::::::::::::::><ノ彡::::::/::::::!
             イ      \ ∨!:::::::::::::::::::::::| |:::::::::〃:::::: /         r─-‐ フ
            / :!        ヽ| |::::::::::::::::::::://:::::/::::: /     -‐y´  -<二__
              〈          y.ハ::::::::::::/.::::"´::::,:イ  _ -‐/  /       ー‐-三_フ

153◆iWAc./ZK.62014/09/04(木) 03:48:21 ID:/yXPou1s

┌──────────────────────────┐
│「蛮族に与するつもりはない」ということを                │
│和らげての発言であるが、向こうも一応 真意を理解したようで │
│納得と疑念が混じったような不審な顔をする。             │
└──────────────────────────┘

             , ==ミ//三ミヽ  ̄`ミヽ、
           /⌒  ⌒ヽ{ ミヽ  Y⌒ //}
        ミ三彡   `ヽ l| |li|l| |ノ}/ ノノ//ノイ
         /⌒  \{ヽ\} } }川ノ /  //  ノハ
       /////  '⌒ヽ V     //⌒7  /////}               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
       川ノリ 三三ミヽ{ /  __ イ  }彡// //イ                 | まあ、“今は” 積極的に関与せず、
        // / /^7 n  { 冂ノ    〈ノilill/⌒V}                | あくまで力の求道の範囲内だけで
       ( { ノ{ } {{ { ( }lili}       {il/ ,ハ }l}                  | 協力すると申しておきます。
        }ノハ(Ⅳ}八 il {八l }  x≦三ヽ リ イ //li{                 ヽ________________乂_
        }  ノ:∧ ̄\{  N__ノrftタラ   _,n/\ハ
        { l( /∧≦笊ハ   `¨¨´    {/||ヽニ}lリ
        人 ⌒V/:∧   }         }l || }八
        /⌒> ミヽ∧  {_ ィァ        /: || /ニ   …………
      /ニニ{ /  { ∧  `´ ___   /  (_)ニニ
      :{ニニニ{/ / } ∧ 二`´二´  / /ニニニニ
       Vニニ:/ /  O/ .∧  {    / /ニニニニニ
      _}ニ/ / ./ / / } >r‐<_ イ__ニニニニニニニ
     ノニニ{  { /:   / /ニニヘ:丁ニ{   }ニニニニニ
    /ニニニ}  /   { {ニニニ} {ニ:{    }ニニニニニニニ
┌──────────────────────────┐
│いずれ敵対しますよ、という意味にとれなくもないが       │
│これくらいの挑発で即座に敵対する相手でないことは、先ほど..│
│軽く試した感触でわかっている。                   │
└──────────────────────────┘

154◆iWAc./ZK.62014/09/04(木) 03:51:07 ID:/yXPou1s

 ガサガサ…

;;.ii!;;::,,、"";;,,;;,゛:   |i!|il|!ll|                    .|i||  .|l||
il|!ll| Y ;;/,,""    |liiil|!i!|";"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛""    .|l||.  ||i|";"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛""
.|lii!|ノ )`~...,,,,,,.....,,, |!!ilill|!l;; ゛ヾ;;::il|!ll| Y ;;/         ||i|;,゛ |il|;; ゛ヾ;;::il|!ll| Y ;;/
,!((/(;;,,ヽ;;;...(_;;::,, |ll!i(!ll|  ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.  、"";;,,;;,゛|il|   |ill  ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.  、"";;,,,;,゛
il|!ll|    Yii!   .|!i!|il|ll|    |,!((/(;;,,ヽノ ;;/,,""   .|ill   |!i|    |,!((/(;;,,ヽノ ;;/,,""
il|!ll|    |!,ii    |ill|il|!l)     |i|!ll|   `(~...,,,,,,.....,,,⌒) .|!i|   .|ill|     |i|!ll|   `(~...,,,,,,.....,,,⌒)
.|lii!|    |ill|     |!!iill|!li    .|il|lil|    (;;,,ヽ;;;...(_;;::,, .|ill|  |ill|    .|il|lil|    (;;,,ヽ;;;...(_;;::,,  ガサ…
.|lii!|    |ill|    (il|!llli!i|     ||!li!i|       Yii!    .|ill|  |l|!|     .|!lli!i|       Yii!
il|!ll|    |l|!|  .../´ ̄"`ヽ-,...||liii!|       |!,ii    |l|!|  |l|!|    |!lli!i|       |!,ii
|!!iil|,,,,.., ,vv|Mvv(r'      !ζ‐-_.、_,, -.、    |ill|     vv|Mv vv|Mv , , |!lli!i|..,,..,. , . ,,,,,.|ill|     v
!ソ;ハj|W "" Vv,w.,i       /、}"´.:.`"=- 、_ヽ,.vW "" V"ji,,Iw,,MW "" w,,Mv,w,.vw,
          ゙、ゝ,,--‐´、_r"/:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ, i
          !´,'i:i`.‐゙´:.:.:/:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.ヾ,
            |/i:i:::!.:.:.:.:.:i/‐‐-、 .',:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.!    r、=、
         /:./:|.:.i.   |茨テ'、 ヾ,:.:.:__:.i.:.|    ,, ゙i//゙,`ヽ,
      , -‐´,:.:.:.`ヽ-'.:.:.:.:.:i弋'ノ   ,_=、,'`',:|/ , -", -´i゙/∧. ',
    /γ´_,-,":.:|.:.:.i,:.:、:.:.、""  , .リj゙/:.:/, -´, -"   !`i_',  i
    ´(/ ̄_./.:.:.:.!.:.:.|ヽ,:i.:.:.ヽ,rー 、 "/, ‐", ‐´._  _  | iゝ、_|    それで、話は戻りますが
       ´i, ‐'"i.:.:.:∧:|ヽ,:.:.:.:ヽ-=, ‐´, ‐",、`ヽ:. ̄.:く, ! i'::::::::::,'    私は 誰を殺せばいいんです?
           |_;,/-、‐‐.ヽ;; -"´,‐"´}-゙r,、ヽ-=,´ ̄`/./\__/
    __       /    .ヽ,‐´, -"<ゝ(_(rソY、.:.ヽ'i    v、!  ,'
  ,r/´/       ', , -", -",:.:.:.:.:.:.:~ミ彡イ.:.:.:.:.|, --.、 ./   /
 // i゙r,`-、.   , -´, -"/  ヾ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.;'.:'.;:.:.:.:.:/   `ヽ、 ,'
 ヾ, i゙ !、, ‐‐ヽ´, -,´   ___《.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.:.:.:.:'.:.:.:.i     ヽヽ,
  ヾ、___i_ 彡ヽ,`ヽ,r‐"  ヾ,:/.:.:.:.´.:.:.:.:.リ.:.:.:.i        ヽ,ヽ、
       ヽ-"´/i ヽ,/r.、_,/`´、.:.",:.:.:.:=:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ      `, ト
┌───────────────────────┐
│しかし 目の前のこいつよりも、周辺に隠れたまんま.    |
│黙って話を聞いている連中の方が苛立っているようだ。. |
│やや挑発も過ぎるし、おふざけはこのあたりにして   .│
│御用とやらを聞いてしまおうか。                 │
└───────────────────────┘

155◆iWAc./ZK.62014/09/04(木) 03:55:46 ID:/yXPou1s
           ,r/ヽ-ヘrf´ト、,.‐、-、_
       l`ーニ三== 三ヽ ヽ  , ヽ\ヽ┐ ,. ‐- 、
      rヘヽ'´   /二ニ \il f/ //| / ̄\ \ \
      Eミミヽ `ー-==三二  \////,-、 ヽ‐、  l /
      ∨ミヽ ‐- ..,,_  、 __ヽ\////  l  i、   /__
      lミミ  \    /  `丶、 ./  /l l ハ .l l  /
     . lミ==ニ二 _,,,..l  F-丶--'´‐l  /,ノヽ!  i ヽ、
     . /==ニ二-‐_,,..  l  l      /// f\ ヽ  \ l
     . >'゙丶ヲフ-‐ノ__ノ\,!      //ノ  └‐-、  ノ ヽ
     /,l ^iヽヽ\/"====_=_==--‐''¨|      ヽ  l ノ }
    ///.l レ ト \l ¨¨:: ̄ ̄:::::::::::::/¨ヽノ       'ー、/f
   /// /∧ヽ-、  ̄¨'''‐- ..,,__,,.ノ .i l .l        ノ  ハ
    // // ヽ--!     l.   ! ヽ ,. - ァ        it‐'´   ええ、そうですね。
    /// ノ/¨\  !      ` ̄ l
     / ( )\ 、\\  `z-‐'" ̄/             実は先日、貴方が殺したという
    /   ¨   \`丶 \   " ̄ i                 ドレイクバロンのご兄弟、ご家族が
   -‐、    / \  `丶、\\   /              その仇討ちを果たそうと、揃いも揃って
     \  /   }     ヽ l ¨¨                 私兵の軍備を整えているのですよ、困ったことに。
       \\  /     /  ̄、





                    //
               〈::〈 _ __  /´ ̄ `ヽ
             . -‐‐' ´: : : : : : :` 、    .
.      /´  ̄ `Y´. : : : : : : : : : : : : :\: \     }
      l     /. : : : : :{ : : : : : : : : : : :.\: \__ノ
      |   /. : : : : : :/:!: : : \: : : : _: : : :.\. \≦≠ ニ二フ
       ゝ.__/: /: /: :.ィ.升ト: : : : ヽ:´\: : : : : :)>:\ \ \
       ノ: ノ!: l: : :|:l:|:.|:ノ\: : : .!: ,ィ≦k: : : \: :}: :\ \/
       ///l: :!: : :!:l:|人  )\: :}´ i以リハ \ )メ、}ノ:.ヽ
     く/〈./人:j: :从八x==彡 )ノ """.|:i: : : : \:\:ノ: :〉    あら、それは他人ごとでは
         /:\: :.Ⅵハ""  '     リ:i: :\: : :.\ :ヌ´    .ありませんね。
.         /: : : /)ハY入   / }  /く: : : :l\: : : )
        /: :/:.//: :.:i:|: l }≧= i |<.┐ :): : :ノ ハイ       ですがいくら血の繋がりのある相手といえど、
          レ〈:.∧!: : :リ人!:F干| .j´ニ.|イ⊥く ⌒\        バルバロス
            )/\:.(`Y r┤厂 ∨:::::::://       ヽ       蛮族 に家族愛なんてあるものなんですか?
          /   ヽ) | j::ハ厂   |}`ヽ:j/        i                               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
         /       Ⅵ::::{〈し'⌒ リ }:〉/         .ト、                                  | いえ、それが困ったことに
                                                                  | 仇討ちというのも名目上でして。
                                                                  ヽ______________乂_


.

156◆iWAc./ZK.62014/09/04(木) 04:07:02 ID:/yXPou1s
                、     ‐;、
             _,..rー' ```ヾヽ`、ノ i,, 、
           i、|` ⌒ヾ 、`、/  ノi ‐'ソ
           ト、/  =`ヽ ///__ ヽ  ̄ヽ
           'ァl! /  、、 i 〃, ‐、 ヽ |‐、ヾ `)
              {i/,ノ  | r=---‐ァ |__{. { 、、 il>′
            {/ ,ノノ !|..:::.  .:')ノ li; } l/ lヽ
           r''v‐'- .,,`_::__,. -‐''iノ 丶`ヽ    本当の目的は その亡くなった兄弟が
              |{i ト 、;::: :::::;>‐<:::::: ;ィ′`''i ヽ, l    生前持っていた権利を、仇の首級を上げることで
           l>,i  l  ̄  ,:::l;:' ̄l |、   ヽ |! |    奪い取ってしまおうという浅はかな欲望なのですよ。
          O'ri!l  |   、;/  '/ `O  ,!ノ /
           |\ヽ  -===-‐ /ノ!   く 」'′     殺された相手を殺し返せれば、間接的ながら
           l``ヽ、\  'T'' //!   _ノノ         強さの格付けの証明にもなりますので。
              |;;|``'〒,ヽ _,/'i'´ |、
          ,. ィ|;;`;;,、_|;;;;;;;;;|||;;;;;| _,.|└;_         家族愛は二の次で、ドレイクにとっては
      ,.. ィ"i  l ヽ'、 ;;;;;;;:;;;;|||;;;;;;'/;//;;;ヽ、        名と格、爵位が強さに繋がりますのでね。
─-、‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,` ``'''-、;○/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー-=='''ヽ、




                          ト.、
          _  _,,.. --──- 、,_ノ }
       ., '´   `Y´           `' 、_
      .,.'       |‐ァ   /       \}- 、
        .|      ,ハ_} //     |      ヽ  ';
      ,ゝ、.,_,,. イ ┘ ' ‐|-    /|   | ';   '; |
   r‐''"´/, イ__r'  |  /  ,ム、_./ ;   ,ハ |   レ'}
     ̄く/Y   _|  |! ,イhノ 「lヽ / / /ト |   |/
       /    { r |  lレ' ゝ--'  |/ ァlト、 ,ハ   ;|
     ./     /ヽ._| 八         {h! }/ | /;|
     ;    /   レ' | ヽ、       ' ` ´.|/レ' ∧
     | /  '    、|   ;     _     ,ム、く/\]
     /  '   、  ;'  /、     ,、 , イ ハ     ふむふむ。
    /  _,.イ   /\/ /、 > 、.,,/ ,ハ/)/ ノ
    {r'"| ,、   |>ー<\::::\.   / /、/、/)ハ     ……なるほど、そーなんでしたか。
      ∨  /     `' \::::`r/ ´ -く/' ;
        /        \ }:::/ ̄` 、//  {、       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
        | /      \`∨ ̄`ヽ / {   ヽ}       .| ドレイクの爵位とは、自らが従える軍勢の規模を示しますが、
         '/          `'|\  イアゝ、__';        .| 同時に爵位が無ければ より上位種となることを許されないという、
       ;           |  ヽ |/´り}{:::::::::::_|       .| 彼ら種族の特殊な理由がありまして……
         {      、_./-─| -‐=ニ|ゝrン|' ̄ ̄|      ..ヽ____________________________乂_
       \    _」//´ ̄.|\  .!:::::::;::|     !>
┌─────────────────────────────────────────┐
│目の前のバジリスクいわく、ドレイクは爵位が高いほど強いことを示しているが、                │
│単純に「個人の力量」を積めば爵位が上がるというものでもなく、同時に「率いる蛮族の数」を     │
│増やさないといつまでたっても強さ=爵位 が上がらないという、妙なレベルキャップがあるらしい。.  |
└─────────────────────────────────────────┘

157◆iWAc./ZK.62014/09/04(木) 04:12:36 ID:/yXPou1s

                                        i| i i! !i   _...__
                                        シ`''``'"ヽ /  ,イ''7
                                         イ::{:{''"}}゙ir}'イ /lル′
                   故に彼らは競って           .''ハ::::}l`゚´|5"/ハ\ /`ー''7
                   自らの爵位を高めるため、     .:ソi::{=/|ハレ′`¨ レ'フ/ノ
                   利権やプライドに関して    ..., i {lハl‐'__| ゚     fn'/f7フ)
                   非常に固執するのです。    |i  |三廿三|__    | |ト //
                                     i/三\ニ三三oニ5、fノ `i "
              しかし それが                   l.彡⌒ヽヽ三三三三\-、):|i ,i
              折角の下準備を乱すこともあり。      |彡=、  }三三三ニoニヘ  || ||
              今回の彼らの動きは、実は          .V彡=ミリ、三三三三/¨`'┴,、l|
              また別の蛮族との争いを控える     ..{ニ== シハ三三三/ /:三ノ=\
              我々にとって非常に邪魔な行いで……  ヾ三ミ= シミ、=,r/ ノ:三厶=三}
                                     r_-'三 ̄ `ー-|= ̄ ̄ __..-=ニシ
                                     !l  {r ー__, ―|三6ニ9ニ='7"
                                       r'/!i`i三ニ ̄彡// _/|
┌───────────────────────────────────┐
│爵位の高いドレイクは必ず率いる蛮族の数が多いというのも妙な話ではあったが、.  |
│なるほど面白い話だ。経験点を積めば強くなれるPC冒険者とはまた違う         │
│成長条件が彼ら蛮族にはあるらしいようだ。                          │
└───────────────────────────────────┘

                                 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                                 | あるオーガ種が支配する領地への
                                 | 城攻めを予定している今、その軍備から
                                 | 戦力を引っこ抜かれるのは迷惑なのです。
       ,'          !: : : : :ヾ: : : :ヘィ  ̄ ヽ.   ヽ__________________乂_
        i             ム: : : : : : :',: : : : :ヽ     丶
     _ム        /〉 : : : : : : : l: : : : : :ト、      }
      ヽ人      ィ 、∧: : i: : : : : :|: : : : : :|: ',   /
     ィ辷リ斗イ厂てイ :/ ':,: :|: : : : :∧: : : : : |: :l  ム
   ///: : ': : : : l: : : : :/丶 ヽ|: : : : :|: !: : : : : |: :|" rx′
  /ミ//: : :/: /: : :リ: : :/ _ ヽ、j|: : : : :|: |: : : : : |: :ト<│!ヽ
/三/イ: : :イ 7 : /: :,イてアト、 ヽ : : : :|∧: : : : :∨: :|//}!|
ヾ⌒  !: /: lト|<ニイ |!:::::::::::::∧ \: : :| ヽ: : : : :\匕ィ/       へえ、なるほどね。
    !/: :从ゝ: : : :リ代辷>´ j!`  \j _⌒` ┬─<
   /: : :/: : : 〉.: : : :| ゛ー      ィ:て>r、/∧: : : : \   / }  つまりそのドレイクが
 /: : :/: : : イ : : : : |        , 辷´ "//: : : 、: : : : :\/  ノ  勝手に戦力を減らさないよう、
/: : : ://: :/: :|: : : : /            ゙ /´\:_:.\:_/⌒/    私に殺せっていうんですか。
: : : : :リ: /: : : 人: : : l 丶  <⌒,    人: : : : :\  ̄_/へ /
: : : : :ヾ{三三辷\: ト、 \ ___ <:\ \: : : : :Y   ゝ、へ>七フ でも、それくらい自分で出来ないんですか?
: : : : : :∧三三三≧、 \//>'弋辷⌒ヽ  \: :/ ヽ/  ) 〈  /

.

158◆iWAc./ZK.62014/09/04(木) 04:19:51 ID:/yXPou1s

       i _イ く  i、 ,< _L / / V レ  / / / 三ミミ、
       ト┴-、  ト> -K巛 i ./ ,r、く,イ   三ミ ミ、
       ト--、_三三彳イィ r,lllr─テ  l ト, ミミ、m、三ミミi          バルバロス
       i三三彳彡イイ彳ノ| ノ   くノリ ノ r ^川三ミミミi    ……人族は 蛮族 を野蛮とお思いのようですが、
        !ミニr-、彡ミ/ シ     lフテラ /  i三三ミミi   .幾ら蛮族ったって 限度はありますよ。
        iミニ| ft、 i彳f-=ァ=テ-、  くr<r' .  川ミ三=ミ!
        |ミニ.| k ( ヽ;;i `゙ー´イ '(   t .,!   .!彡三ミ/
        |テニ,,ヽミて       ,レ--〉,!  メミ三彡/    味方で争っては敵を殺せぬことくらい、
        川||||||`r、ィ       ` ̄´ ,!  ノ三仁シ     言われずとも承知しております。
       リ川川 V::::ヘ    , -一= ,! rt^´ミミシ      次の戦のために、一時の静寂を許すのは
      r'くシリ|k.i ( )、::::ヽ、      T ,!  ヽ,三ミr'       我々 蛮族も仕方なきものと心得ましたから。
      |: : : : : : : : : : ::¨ー、`ヽ _  ' ,'   ノサミシ




                /   `ヽ
               /       lア─- 、
               <从     、_〃: : : : : : :ヽ、
            < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ
         __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /
         //: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y
        / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i                   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',              .| まあ、下級妖魔やトロールのような
.      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ          | 考えなしの馬鹿に限ればそうでもありませんが。
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄           ヽ_____________________乂_
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!    それは意外ですね。
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ   まあ少し考えれば一切合切が破壊だけでは
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ  理屈が通らないのは存じてますけど。
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、         兎に角、分かりました。
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY          .表向きは蛮族であっても同族争いが許されないため、
.        ///    / ∨:::__;ィ千r'/丁         人族である私を使って そのドレイクバロンを殺せと。

.

159◆iWAc./ZK.62014/09/04(木) 04:23:40 ID:/yXPou1s


                               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                               | ようするに暗殺の仕事ですか。 |
        ,r/ヽ-ヘrf´ト、,.‐、-、_              .乂_____________ノ
    l`ーニ三== 三ヽ ヽ  , ヽ\ヽ┐ ,. ‐- 、
   rヘヽ'´   /二ニ \il f/ //| / ̄\ \ \
   Eミミヽ `ー-==三二  \////,-、 ヽ‐、  l /
   ∨ミヽ ‐- ..,,_  、 __ヽ\////  l  i、   /__
   lミミ  \    /  `丶、 ./  /l l ハ .l l  /
   .lミ==ニ二 _,,,..l  F-丶--'´‐l  /,ノヽ!  i ヽ、
   ./==ニ二-‐_,,..  l  l      /// f\ ヽ  \ l
   .>'゙丶ヲフ-‐ノ__ノ\,!      //ノ  └‐-、  ノ ヽ
  /,l ^iヽヽ\/"====_=_==--‐''¨|      ヽ  l ノ }
 ///.l レ ト \l ¨¨:: ̄ ̄:::::::::::::/¨ヽノ       'ー、/f
/// /∧ヽ-、  ̄¨'''‐- ..,,__,,.ノ .i l .l        ノ  ハ   おや、人族が冒険者と名乗る連中は
 // // ヽ--!     l.   ! ヽ ,. - ァ        it‐'´    蛮族の本陣を強襲する
 /// ノ/¨\  !      ` ̄ l                  暗殺者のことだと思っておりましたが。
  / ( )\ 、\\  .. -‐''" ̄/
 /   ¨   \`丶 \   " ̄ i
-‐、    / \  `丶、\\   /                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
  \  /   }     ヽ l ¨¨                           | 本来は違いますけど、.. .|
    \\  /     /  ̄、                             | 実際その通りですよ。  |
                                                乂__________ノ





                 ⌒ヽ   _
         ___  _,r、___ ソ_ (    `  、
        /     ̄ヾイ イ`7!`ヽ `ヽ、    ヽ
      /          込/          ` 、   i
       !       乙ノ           \  丶ノ___              __
      ',      ノイ/| i         \   \ ̄ ̄⌒ヽ           / /
       イゝァ辷rーイナ´, ! ',   \      ヽ  ヾ、   ソ        /_7
     ///ヽ-'⌒´ i ! ', ヽ    ヽ、 _____,    ',\            /_∧____
 .   //´ .//    | i __ヽ\\ \_ -‐<  ',  !  \、         /__.ト ヽ-、┴‐'
   /イ  ///i  i  ! ̄ヽ `\\ ー─示ァ辷_`ヽ|i ノ     )'      ├< |-|!_|つ
  / l  从 |  |  | xrテ示ミ、    ィ辷リ l iリ、 l|/ー- 、         /   レレi
/   ヽ  ヾ/ヽ  ヽ∧ .V辷リ '    `¨´/ィ/ レ)イ__  \     /⌒ヽ 〉─|
.    ∧.//   \   \       '   从ヽ  \    ̄ ̄`ヽ   ノ\  /  ノ   何より、ソロ活動者なので
      ∨ ',   \___≧、   、   '  /\\\   \    ソ<     \/     暗殺やら隠密行動はむしろ私の得手分野です。
      |! \/ ̄`   `ヽ> . _ < \  \\\ _ >< (   `>'"´
      ヾ辷〈     ´  ̄二`ヽノ>──ァ、 _>"´/ \   >"´       経験は少ないですけど、
          ',  i       ,イ⌒ ̄ ̄`ア7´/  |  l     >´          襲撃場所やら必要な情報を頂ければ
          ',  |    イ/⌒ヾ<´/ / j  ヽ  >"              喜んで承りますよ?
           ヽ ', /⌒7〉、    \ {  ヽ__. イ
             〉Y   //ノヽ、_.斗匕r‐r‐んハ) 〉ヾ、_,              相手にも不足がなければ、
              /∧`ー7/    /⌒´l i:::ヽ_ゝ二乙フ /                  経験にもなりそうですから。
           //  ヾ//ヽ    i    | |::::::::⌒ー.r.<
             //   /∧\\  ',  //::::::::::::::::::::ヾ::::`ヽ
         ム'  /´  ',ヾ   \ヽ//:::::::::::::::::::::::::j!::::::::::i

160◆iWAc./ZK.62014/09/04(木) 04:25:54 ID:/yXPou1s

                                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                                | では、こちらの願いを
                                | 承ってくれるのですね?
                                ヽ___________乂_

  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
  | ええ。ですがその前に          |
  | そちらの隠れてる方々もそろそろ |
  | 姿を見せてくれて良いのでは?  . |
  乂______________ノ
;;.ii!;;::,,、"";;,,;;,゛:   |i!|il|!ll|                    .|i||  .|l||
il|!ll| Y ;;/,,""    |liiil|!i!|";"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛""    .|l||.  ||i|";"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛""
.|lii!|ノ )`~...,,,,,,.....,,, |!!ilill|!l;; ゛ヾ;;::il|!ll| Y ;;/         ||i|;,゛ |il|;; ゛ヾ;;::il|!ll| Y ;;/
,!((/(;;,,ヽ;;;...(_;;::,, |ll!i(!ll|  ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.  、"";;,,;;,゛|il|   |ill  ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.  、"";;,,,;,゛
il|!ll|    Yii!   .|!i!|il|ll|    |,!((/(;;,,ヽノ ;;/,,""   .|ill   |!i|    |,!((/(;;,,ヽノ ;;/,,""
il|!ll|    |!,ii    |ill|il|!l)     |i|!ll|   `(~...,,,,,,.....,,,⌒) .|!i|   .|ill|     |i|!ll|   `(~...,,,,,,.....,,,⌒)
.|lii!|    |ill|     |!!iill|!li    .|il|lil|    (;;,,ヽ;;;...(_;;::,, .|ill|  |ill|    .|il|lil|    (;;,,ヽ;;;...(_;;::,,
.|lii!|    |ill|    (il|!llli!i|     ||!li!i|       Yii!    .|ill|  |l|!|     .|!lli!i|       Yii!
il|!ll|    |l|!|   |!!iill|!ll|    ||liii!|       |!,ii    |l|!|  |l|!|    |!lli!i|       |!,ii
|!!iil|,,,,.., ,vv|Mvv(/"从ll|ノ(    |il|!ll|       |ill|     vv|Mv vv|Mv , , |!lli!i|..,,..,. , . ,,,,,.|ill|     v
!ソ;ハj|W "" Vv,w,.vw,.v"ji,,Iw,,MW w,,Mv,w,.vw,.vW "" V"ji,,Iw,,MW "" w,,Mv,w,.vw,
┌─────────────────────────────────┐
│そんな具合で、相手は蛮族だが蛮族同士の争いに担ぎ込まれることとなった。  |
│蛮族に利用されるとは褒められたものではないが、                      │
│まあ人族に敵対する仕事ではないから そこまでの汚名にはならんだろう。    │
└─────────────────────────────────┘

161◆iWAc./ZK.62014/09/04(木) 04:29:11 ID:/yXPou1s
                        ,_、
              ∠|        ヽ_ヽ
              レ{            ノヽ|                         ,_、
                    Vヽ, ´~~~~~~`ヽヘ /            ∠|        ヽ_ヽ
                 V:::::::::::::::::::::::::::::V                  レ{            ノヽ|
                    (:::::|↑v イ|:::::::}- 、 ,-― ―‐-、   ....Vヽ, ´~~~~~~`ヽヘ /
              /{::::| l≧ii≦X:::::::}  x         i     V:::::::::::::::::::::::::::::V
          __/  {.人| _二_ | |:::::}ヽ ,        l     .(:::::|↑v イ|:::::::}- 、 ,-― ―‐-、
       / ̄   ´     iヽ二 ノ´丶´ /         ト   /{::::| l≧ii≦X:::::::}  x         i
      /           、  \    //        i   __/  {.人| _二_ | |:::::}ヽ ,        l
     _/           ̄ ̄ \/            / ̄   ´     iヽ二 ノ´丶´ /         ト
   /´ l  _             ヽ        /           、  \    //        i   ノ::::\
   /      ` 、 λ            )       _/           ̄ ̄ \/           丿_ノ:::::::::::::::\
  /        ノ 了        丿____. /´ l  _             ヽ         /::::::::::::::__::::\
  / 冫───=´_  ヽ、____〃 |  ../      ` 、 λ            )       丿ヽ:::::::人   ¨丶}
. { r´:::::::::::::::/    ̄ヽ 、`         |  /        ノ 了        丿_____イ   Ⅴ\ \,┴─、|
 `i´:::::::::::γヘr´ `  ̄`´ ヽヽ、 -─´ ̄  ./ 冫───=´_  ヽ、____〃 |    /    ヽ 、__/    ヽ
                          { r´:::::::::::::::/    ̄ヽ 、`         |   /       ヽ,´    ,  ゝ
                    【ワーウルフエルダーLv11】
                    人狼の長老。あるいは実力者。
                    ライカンスロープとも呼ばれる種族で、
                    他にもワータイガーとか違う動物もいる。性能はだいたい同じ。

┌──────────────────────────────────────────┐
│お互い気はしれたことなんだし、と隠れていた連中を呼び出させてみれば                      │
│実力も、弱いわけではないが実際 大した相手ではなかった。                          │
│ジェイドバジリスク本人を除けば、十分 勝てる相手だったし 強気に出たのも間違いではなかったな。...│
└──────────────────────────────────────────┘

162◆iWAc./ZK.62014/09/04(木) 04:33:35 ID:/yXPou1s



  .. . .. .:::::      :: :.         ... :... . .:::: .. . .
... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. . .. ..      ..::   . .. . ..
 . .. . .. ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. ...
. .:: : :.. . ... ::: :::..      ..::   .
 . .. . .. .. .. ..   . . . .. .  . ... ... .. .. .. ..   . . . .. .  . ...
 .. . .. .:::: ::      . ... ...     . ... ...    ..::   .
  ..::   . .. . .. .. .. .. ..   . . . .. .  . ...  .. .. .. ..   . . . .. .  . ...                    (……あ、成長が入った。
 :::....::::::........ . .::::::... .... ..:::::::....::::::........ . .::::::... ....::::::::::\ヾi//                       O 今、依頼を受けた時点でここまでの旅が
゙''、,,_,,,,-‐'゛``''、,.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... :::....:::: ─ * --  ヾ ;i ,,// : :: : .. . .    。 o   区切りとして 経験点になったのかな?)
;'' ;~'',;'''',;'';'' ;~'',;''゚ ;~'',;;.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. .. .:::://!ヽ  --, *、--; : ::. .:::: .. . .
,;'',;''゚ ;~,;":;;;: : ;: ;: ;::::::``゙''::;.-‐'゛~゙`゙''-、.,,,::    . ... ...      // l ヽ
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:"゙''、,;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:`;'' ;``'‐.、;;;;;;;.,.,.,.,..,.,.,.,. .. .. .. ..   . .
:;,':,:;.,:;'' ;~'',;''゚ ;~'',;;~'',;';~.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙ :: :;":;; ~゙"'ー-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; '' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' v'゚ ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;'',;'~,;゙''、,. ..   . ...
::;...;;.;;ii:i;;:;i,'' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' '゚ ;~,;''゚ ;..;;.;;ii:i;;:;i'',;'',;''゚ ;~,;::;.:".:;.:'::;...;;.;;ii:i;;:;i|゙:.:゙,:;、,"
゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:;,`゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;"i|:;.::;,,;''゚ ;~゚''゚ ;":;.::;,゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:
:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,::.ミ,,;'',;' ;~,;:.ミ,,ii;'',;' ;~,;''゚ :.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:;,`゙ゞ:.ミ,;'',;' ;~゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;,:.:.、;:...:,:.:.、
.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙

┌───────────────────────────┐
│とにかく。蛮族領に踏み込んだ以上、流石に人族の尊厳を    │
│守りきれるとは思ってないし、「郷に入らば郷に従え」ではないが.  |
│人族としての一線を超えぬ程度に彼らの要望を聞いてやろう。.  │
└───────────────────────────┘


┌────────────────────┐
│……今のところは、そういうことにしておこう。  │
└────────────────────┘


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄

163◆iWAc./ZK.62014/09/04(木) 04:37:35 ID:/yXPou1s
今夜はここまで

ジェイドバジリスクの精神抵抗力 2d6+17(固定値24)
華扇ちゃんの真語魔術 行使判定 2d6+18 +マナスタッフなど装備

【スリープ】通せば無力化も余裕、あとはなんやかんやで殺せますでしょう。

166小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/09/04(木) 05:40:00 ID:/uniAw9w
おつおつ
ひゃっはー!経験値稼ぎじゃー!

167小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/09/04(木) 06:59:13 ID:psxRDGuQ
しかしヤー様クラスを一人でぶちのめせる10歳とか末恐ろしいな

168小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/09/04(木) 07:48:21 ID:0Xap4hcM
乙ぱい

>ワーエルダー
お前らはバッファローマンだからミノタウロスだろwwww

169小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/09/04(木) 08:28:10 ID:KS.bbi3k

10歳でこれとか末恐ろしいとかいうレベルではない

関連記事



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する