剣と魔法と邪道プレイ 第93話

目次

254 : ◆iWAc./ZK.6 : 2014/08/17(日) 02:14:21 ID:4gh1qs5A
________   ________.    | ̄ ̄| |
| //. .:; ||      ||   |   |.  |.  |  |   |    | |. l二| ̄ ̄|| ̄ ̄|
|.//   .||      ||   |   |.  |.  |  |   |__| |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |.  |/  ./.    |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |/    /       \.  |l   . ||    |
|     ||      ||   |   | /    /         .\|    ||    |
|     ||      ||   |  /    /          ._   .\  ||.   ]|          _
|      〔i|      ||   |,/    /           /0\  ....\||    |         /0\
|     ||   // ||       /        __/  ___\__ .\  |     ..__/  ___\__
|     ||.  //./      /         |°>:::::::::::::::::::::<|    \,|    ...|°>:::::::::::::::::::::<|
|     || . /      /              l/:-‐…‐-.........._:::.\    \  ......l/:-‐…‐-.........._:::.\
|     ||/     /               /.::::::l_:::/::::::::_::}::`ヽ〉        ./.::::::l_:::/::::::::_::}::`ヽ〉
|    ./ '       /                  l:::::::::|_//:::/__/:::::::/          l:::::::::|_//:::/__/:::::::/
|   /        /                  l::::::::「「_「  ̄ 「_「丁:_/         l::::::::「「_「  ̄ 「_「丁:_/
|,/        /                 l::::::::| ,,  '    爪「          l::::::::| ,,  '    爪「
        /                       ヽ:::::ト   д  ィ:::::リ             ヽ:::::ト   д  ィ:::::リ
                          _    >|[ ̄≧i〔`ヽ::厶_      .._    >|[ ̄≧i〔`ヽ::厶_
                         {  _`>く   \,.=《`ヽ(  }     .{  _`>く   \,.=《`ヽ(  }
                         ∨:::(___,ハ   ∧:::リ\ ∨[_       .∨:::(___,ハ   ∧:::リ\ ∨[_
                          {:::::::::::\l\/  Y^ヽ \ 入      {:::::::::::\l\/  Y^ヽ \ 入
┌────────────────────────┐
│深夜にも関わらず人を呼ぶ大声に              │
│マルフォイ家の別荘へ寝泊りするメイドたちが駆けつけ、...│
│とある一室の前に集まる。                   │
└────────────────────────┘


           _,.----- 、_
         /        ヽ、
         /  /////      ヽ
       /  川彡彡彡--、二 ヽ
       i   ミミミr'"     三 i
         i i ̄ ̄ ̄        ー、r'゙i
       ',l        ,,.-==  l/)l
        ヽ ==、  ´ィチラ  l_ノ
         ',ヽニゞ'-゙ i       l      はあ、何があったというのだね
         ヾi    l  ヽ,   l      華扇さん?
           ヽ.u  ヽ-''"__,, /ヘ=、
          r‐'"\  ̄-   / / i三ミ、       __
        /三三l \__//  /三三ミ>、    .l l
      ,-'"三三三ヘ  /==<´   /三三三三≧、  l l        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
    /三三三三三ミ',/ヘ  ハ  /三三三三三三ミ;l l           | 何がと言われましても、
   r‐'三三三三三三三',/ー〈  l/三三三三三三三ミl lミ、          | 見ての通りでございますが。
   l三三三三三三三三:',\//三三三三三三三ミl l三ミi      ..ヽ____________乂_
 /三三三三三三三三ミ',ヽ//三三三三三三三三l l三三l
. l三三三三三三三三三三',_/三三三三三ハ三三ミl l三三:l
┌─────────────────────┐
│その中に 少々服装が乱れながらも          .│
│身だしなみを整え やってきたドラコの姿が混じる。 .│
└─────────────────────┘


255 : ◆iWAc./ZK.6 : 2014/08/17(日) 02:17:48 ID:4gh1qs5A

                                                       ,. '" ̄`ヽ.
                                          , '" ̄`ヽ _r‐<´ ̄`Y      ',
                                            /  r>'"/        ヽ┐   ノ、
                                         { r/   '     }`ヽ `ヽl>-rヘ_」
                                         r'7  .;' /|   ./_ ̄ハ  ハ  八\`ー─┐
                                         |/   |/'´_」   /ァfてハト  | 、  \\  ̄
        __                                  ;' |   | ィ'f'ハ、  '  j__,ン  八 \ !\」
      ./ o \                                  /{ .|  八| j_り \|     |/,リ「  ̄`|
      .//   \\                               く/|八レ'  |    '       / ´  |  .人
   ニ´,......-‐…‐-ミ ぅ=┐   侵入者、それも盗人ではなく         ヽ /、   r 、   //   /|  ,'   ヽ.
   /.::::::::::::::::::::::::::::`丶|   ..私の部屋に踏み入り、まあ……    .../イ へ、    / /| _/_  /   ; }
   :::-‐::7:丁::丁:::::::!‐-::\  . 身をさらおうとした誘拐犯ですよ。   / /  / >-rァ'|/|:ァ'"::::::`ヽ. /レ'
    :::i:::::/、:::|::::::|:::::::l:|::::::::::,′                         ,:' /| /|、 ./ f斤:::/::::::::::::::::::ハ' }
    :::|_/__/`ト:::イ::_/_|::::/:/         しかも正体は蛮族という レ'´  ∨  レ∨_」ーイ/::::::::::::::::::::::::| /
    :::|弋ii7  ̄弋ii7丁::7            おまけつきで。              r'アrヽ:::/::::::::::::::::::::::::::レ'
    :::|           |:::厶 フンッ                                 /{八ンノ}:{::::_;:-===-、/
   :::ト         イ/|  - 3                            /`ヽ、-ァ::'::ヽ/::::::::::::::::∧\
   ヽ:l {≧=‐‐=≦}:/ {                                 /ヽ _ンノ::::::::::::/::::::::::::::::/|__|\|
     \  ,.==、 ノ'  {                             ;'ー-イァ'::::\:;r':::::::::::::::;:'/
  ゞ{三三三三三三三}                                 ム_ノ|::::::::::/:::`:::::::://
   {三三三三三三三}                                 r| \八!`r'"::::::::::;::イ‐ァ{

256◆iWAc./ZK.62014/08/17(日) 02:22:22 ID:4gh1qs5A

                   /    __≧=    ュ  j
                    /   ィアニ三_三三三彡´⌒{
                    /  イ彡´             ハ
                   r┤-、_/                 }ハ
                   | i! 「ヾミ     z≧ュ、   } j/    リ
                   | i!八 7     ィty ヾトyソ{_,,  /ノ
                   | i!从 }      `=彡´:::::7tォァ /
                   | i! ≧!             ハミ- /
                   | i!=ュ、ハ      ´ー、   ,  /          な…… くせ者!
             ィ  ̄ | i!`ヽム     _     /
           //   j |!  Yム    ´ヾマュz              蛮族だと、即刻
          /ニ7 {  {| i!j  ノニム、    ´  /            首を落とせ!
         /ニ/リ ー、 ゞ≠⌒{ハ\ニ≧。   イ                 屋敷の番兵は何をしていた!
        jニ7ニ{ 、  ヽ    イニj マニヽ7 ̄
        /ニ/ニ八  ̄ ミー ´ {リ  マ  人
         / /ニ{三ヽ_「ス≧__ノ{    マ/ハ



                           ,. -‐- 、r-、 __,,,....,,,,__ ,rァ'´ ̄`ヽ、
                             /   r>'7´       `' く ヽ.   ',
                          {  ,r/   ,|     、    \}  ノ
                          ,.{ア  // |     / ハ.  |  、ヾイ 、
                          く_/  ./ ./  |   , | __-|‐ |   ',  \\
                          /   ,'  |.--_'、  | |ァL___,|   !   |\>
                         ,'   |  ,|___」\|  j_r八  /  八\
                         !   /| ハ! j_り         /)イリ  ,  ヽ、
                        八 /| ∨ |           .,'   |  /|    ':,
                   イ⌒ヽ..く_/  /  八    r- 、    |   .|/./   |  }     は……?
                   ゝ___メー  / ,.イ />,、        イ 、  |イ  ト、ノ ノ
                        / /∨ ト 、/ >-rァ''" /7:::\|」__/ /       .すぐに首を切り落とせ?
                         ∨.  \|\   _rト‐''"´/::::::://   `ヽ,       馬鹿なことを、それでは
                               ,>/r}(r⌒ヽ)::::://       ハ       .何故 入られたか、その理由すら
                       ,./)     ./ ||:::人ヽンノ)::::::| |       |        分からないじゃないですか。
                      //ヽ/ ´!   ,{  .//::::::'~ム)::::::::|/     __」_ `ヽ
                      |{‐-|/ヽ|  /  {7::::::::::ノノ:::::::::::::::{  `'ァ'"´ ̄`ヽノ
                      ||‐-|-- | ,r〈  八::::::::/´::::::::::::::::::|ト-く__|\/ヽ、/}

257◆iWAc./ZK.62014/08/17(日) 02:26:18 ID:4gh1qs5A


                           /   `ヽ
                          /       lア─- 、
                          <从     、_〃: : : : : : :ヽ、
                       < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ
                    __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i
                 ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /
                    //: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y
                   / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i
                  /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',
           .      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
                 i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄     それとも、ご自身が指図したことが
                 ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/    ‐-、   バレないうちに口封じをしようとでも
                   i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!  ..__,ナ‐.、 考えましたか?
                  ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ    ___,ノ
                     l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ
                     ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ
              ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、







            z≧ 、
         イ   _ノ ハ、
          /    /ヘ-イ彡イ
        j 小ノzェ、  r,ミ {
        ト川    j `¨ リ
        ヽゝ!   , -、  イ!      な……馬鹿な!
 オド     ..マ 、.u ' ー ` /     そんなことあるわけがない!
        _} ヽ、_ ィ
     ___/ニ、  j  / L -=、         王国に名高きマルフォイ家とあろうものが
. (( /ニニニニュニ\  人ニニ、ニV ))       蛮族と通じているなど!
   !ニニニヾニニュニ、__`ヾニVニ、   ィ7 レ,
   |ニニニニVニニュニ、___V_./ニニ、/ rア / ト, オド
   |ニニニニニVニニュニ、__i_]ニニ/    ´ノ }
   VニニニニニVニニニハ__人レイ    彡 ´ ))
   マニニニニニゞ、ニニキニニニ]     ´
    マニニニニ/ニニニニニニニム「
┌──────────────────┐
│ドラコの様子が目に見えて動揺するが、  . │
│本心からなのか演技なのかは分からない。. |
└──────────────────┘

258◆iWAc./ZK.62014/08/17(日) 02:35:06 ID:4gh1qs5A

                           / ̄ __`ヽ
                          -┴/´ ̄: : : : : : ̄:`:.ヽ
                       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                / ̄ `ヽー"、: : : : : : : : : : : : 、: : : : : : : : : : : \
                /      ヾ 〉: : : : : : : : : : : : :\ __: : :-‐ : :\: \
              /        |トヽ: : : : : : : : : :i、: : : :ヽ´: : :__: : : : ', `ヽ
              |       〃 }: : : : : : : : : :|_ヽ: : : : ヽ彳、ヽ: : : l __
              l         ノ: : : : :ヾ.: :/ :|  \.: : :| ヾ::ヽ 、: : :ヽ  ̄. .―. .、
              丶    ノフ /: : : : : : : :メ: : : :!≧= ヽ: :|  ゝ'  \: : \: : : : : : :\
                ヽ、゙テ/┌": : : l: : : : : : : : : :ん_ハ  ∨        ', : : :ヽ ̄ ― 、 ',
                 7/-┘丶: : :'、: : : : : : : i:||:::::::::〉      `  l: : :/:|、     )'
                //リ: : : : : :゙、: : : : : i.: : : :l: |ゝ-"       ,ィ  /レ': :l: :ヽ       ふん……まあ今更
               //  |: : : : : : :l: : : : : |: : : :|: : ヽ       // /: : : :/: : : l       .どっちだっていいですが、
              //   l: : : : : : :l: : : :i: :|: : : :|: : :ハ:.\     ` /: : : /: : : :/       一先ずそこの蛮族にも聞いてみますかね。
             //   /: : : : : :/: : : /: :l: : : :l:/: :ヽ: :ヽ―――<.: :/: : :/
            //   /.: : : : : :/: : : /: :/ : : ,イ: : : : : ∧: :|    ///_:, -'‐ 、 _       偽メイドのリャナンシーさん、
            /   /.: :/.: : :/: : ,イ.: :/: : :/: |: : : : : :|=∨==' ´::::/     ̄  \     何か言うことはありますか?
               /.:/.: : :/:.: :/. |: /.: : ://〉.: : : :/ヽ :::::::::::::::::::( {  / ̄ ソ⌒  ヽ
               /イ: : :/イ:.: :/  |/l: :/´  l: : :/   \::::::::::::::::ヽ }   )ヽ  ヽ |
                |: :/  |: :/    l/   /|/      \::::::::::::::l ヾ ̄ ⌒/ }/...、

┌────────────────────────────────┐
│細かい機微や心理に長けた人間ならそれでも読み取れるのかもしれんが、. │
│至って冒険者と戦いにしか興味ない華扇には そんな知識も技能も無い。   .│
└────────────────────────────────┘



        __
      ./ o \
      .//   \\
   ニ´,......-‐…‐-ミ ぅ=┐
   /.::::::::::::::::::::::::::::`丶|
   :::-‐::7:丁::丁:::::::!‐-::\
    :::i:::::/、:::|::::::|:::::::l:|::::::::::,′
    :::|_/__/`ト:::イ::_/_|::::/:/
    :::|弋ii7  ̄弋ii7丁::7                                   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
    :::|           |:::厶 フンッ                                 | ……あ、そうですか。
   :::ト         イ/|  - 3                                     | じゃあ文句ありませんね。
   ヽ:l {≧=‐‐=≦}:/ {                                     ヽ___________乂_
     \  ,.==、 ノ'  {
  ゞ{三三三三三三三}
   {三三三三三三三}
┌─────────────────────┐
│一応、リャナンシーに申し立てがあるか尋ねるが. │
│縛られたまま鼻息を荒くするだけで何も言わない。.│
│つまり無いということだ、では。                │
└─────────────────────┘

259◆iWAc./ZK.62014/08/17(日) 02:41:39 ID:4gh1qs5A
                /   `ヽ
               /       lア─- 、
               <从     、_〃: : : : : : :ヽ、
            < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ
         __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /
         //: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y
        / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',
.      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/     拷問……なんて出来るタマじゃありませんし、
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!      吸血鬼に忠誠を誓うリャナンシーから
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ      聞き出せる尋問技術も無いですし。
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ   あまり許されたものじゃありませんが
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、          手っ取り早い奴を用います。
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY
.        ///    / ∨:::__;ィ千r'/丁
┌───────────────────┐
│では何をされようが文句ないということだ。 . │
└───────────────────┘


                                        _________________
                                        |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ          .|.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:|
        | ちょっと部屋に こもりますから、              .|.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|
        | 誰も入らないでください。                  |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
        ヽ______________乂_          .|.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
                                        |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
                                        |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
                                        |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
                                        |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
                                   (⌒'彡'.   |.:.:.:.:.:.:.:.|l________||.:.:.:.: :. :|
                                (⌒  `)    |.:.:.:.:.:.:.:.: ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄.:.:.:.:.::.:.:|
                                 `ー~′   |.:.:(○).:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.::..:.:.:.|
                                        |.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:|
                                        |.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|
┌──────────────────────────┐
│リャナンシーを引っ張り込んで、部屋から他者を閉め出す。 . │
└──────────────────────────┘

260◆iWAc./ZK.62014/08/17(日) 02:45:38 ID:4gh1qs5A

                                        _________________
                                        |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                                        |.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:|
                                        |.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|
                                              |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
                          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ      .|.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
                          | 【ハードロック】。        .|.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
                          ヽ_______乂_      .|.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
                                        |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
                                        |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
                                        |.:.:.:.:.:.:.:.|l________||.:.:.:.: :. :|
                                        |.:.:.:.:.:.:.:.: ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄.:.:.:.:.::.:.:|
                                        |.:.:(○).:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.::..:.:.:.|
                                        |.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:|
                                        |.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|
┌─────────────────────────┐
│鍵入れも念入りに魔法をかけておく。              │
│結構な達成値のある魔法鍵だ、この屋敷に務める連中では.│
│到底解けるようなものでもないだろう。              │
└─────────────────────────┘


            z≧ 、
         イ   ノ ハ、
          /    /ノ-イ彡イ
        j 小ノzェ、  r,ミ {
        ト川    j `¨ リ
        ヽゝ!   , -、 u.イ!
         マ 、  ´ー ` /
        _} ヽ、_ ィ
     ___/ニ、  j  / L -=、
   /ニニニニュニ\  人ニニ、ニV
   !ニニニヾニニュニ、__`ヾニVニ、   ィ7 レ,
   |ニニニニVニニュニ、___V_./ニニ、/ rア / ト,
   |ニニニニニVニニュニ、__i_]ニニ/    ´ノ }
   VニニニニニVニニニハ__人レイ    彡 ´
   マニニニニニゞ、ニニキニニニ]     ´
    マニニニニ/ニニニニニニニム「
┌────────────────────────┐
│マルフォイやらメイドやらを廊下に置き去りにして       . │
│閉じこもった私は、改めて【スリープ】の魔法で眠らせると...│
│某呪いのアイテムを取り出し 彼女の頭にかけた……    │
└────────────────────────┘

          ○

          ○

          ○

.

261◆iWAc./ZK.62014/08/17(日) 02:52:10 ID:4gh1qs5A

:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||            ミ |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||            ミ |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||            ミ |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   ガチャ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
┌────────────────────────────┐
│約十分後。聞きたいことをサッと聞き出して                  │
│部屋を出た私を、律儀にずっと廊下で待ってたドラコらが出迎える。 │
└────────────────────────────┘


           _,.----- 、_
         /        ヽ、
         /  /////      ヽ
       /  川彡彡彡--、二 ヽ
       i   ミミミr'"     三 i
         i i ̄ ̄ ̄        ー、r'゙i
       ',l        ,,.-==  l/)l
        ヽ ==、  ´ィチラ  l_ノ
         ',ヽニゞ'-゙ i       l
         ヾi    l  ヽ,   l         か、華扇さん?
           ヽ.u  ヽ-''"_  /ヘ=、
          r‐'"\  ̄-   / / i三ミ、       __
        /三三l \__//  /三三ミ>、    .l l
      ,-'"三三三ヘ  /==<´   /三三三三≧、  l l
    /三三三三三ミ',/ヘ  ハ  /三三三三三三ミ;l l
   r‐'三三三三三三三',/ー〈  l/三三三三三三三ミl lミ、
   l三三三三三三三三:',\//三三三三三三三ミl l三ミi
┌───────────────────────┐
│彼は相変わらずオドオドとしていて、               │
│仮にも屋敷の当主だというのだから少しは         │
│手際よく 国の衛兵を呼びに行くなりすればいいものを。.│
│今頃 メイドだかの一人が駆けて行ってるのだろう。  ...│
└───────────────────────┘

262◆iWAc./ZK.62014/08/17(日) 02:58:26 ID:4gh1qs5A
                    >    ̄ ̄   、
                ___ /           >ー-.、
             /   .}_    /    |   _」     ヽ
            /   /.〉」   /'    i i  ヘ_!     i
                {    ,.'._l   ./i     ', .',  ハ_、_  .,.-ト
            〉.__ ./    .' .|     ゝ.、  `!_|、._/!ノ
            /,/!   /! ! .!    .、   `    ヾト、..、
          /"// |   .| ',ヘ、.ヽ、 .|',!ヘ >、‐    トヽヾ
         《  i .' |   i i ニ式.=`.-.', | 三=-i-ゞ    !.|:| ゛
          ` k.! {   |!|! .弋:リ゛   }.! 代仂 | .! |   }"      聞きたいことは聞き出せましたよ。
            >人  |i             j./ i   ハ
           /  へ !.!      '       /  '|     \     ま、知ってることは殆ど
          / .i       >\   _    /'   ヽ  ,   ヽ    何もありませんでしたがね。
            ' /i         \> . _ `. , .´ /     .}  i.    }   ヴァンパイア
          !/ .|             ', ,!、 .,ハ. i     i  |   !/    「親」  に牙を突き立てるよう指示された、
         '  ゝ. __ヽ     }/: : :V: : :ヘ!-{    / 人 ./    それだけです。
             i´ `' \ .. /: : : : : : : : : }::ヘ__  /  |
┌─────────────────────┐
│まあ人が来れば、あとは この何もせず         .│
│オタオタとするだけの三男と違って 手際よく      │
│そちらがとりなし、情報を集めてくれることだろう。  |
└─────────────────────┘

                             ∠,. -──- 、   ` ー- 、
                            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\   ̄` o〉
                          /:::::::::::l::::::::l:::::::::::l::::::::::::\   ∧
                          l:::::::l:::::::::l、::::::|:::l:::::::ト、:::ヽ:|:::::',.  /::::',
                         |ヽ::ヽ:_,斗ァ、::ト、|:_;斗‐、:::::|::::::} /::::::::}
                         ヽ::\\:ァ-ミヾ   >=ミ、\!:::└':::::::::/
                          ∨::`く(^V^)!  (^V^)ハ ,':::::::::::::::::/
 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ     .|:::::} ヘ__/   ヘ__/ノ/:::::::::::::::::/
 | あとは、何か聞きたければ  |     ..|::::::i ::::  '   ::::: /:::::::::::::::::/
 | 直接聞いて下さい。      .|     ..|::::::ヽ   r=‐ 、  l::::::::::::::ハ/
 乂____________ノ     ..|::::::::::`>、 `  ´  ,イ::::::::/ ,. -─ァ、
                         /|:::::::/>=≧-ー_'彡|::::∠ /ー 、厶 }
                        /   ヽ//ー-、 `Yく  /// /二ソ  ヾヘ
                        >-、        ト、_/  { ∠_     } |
                        \___________________」_L_______________________/_/
                         {==============================}
                         {==============================}
┌───────────────────┐
│眼の色がハートと化してるリャナンシーには. .│
│包み隠さず話すように言っておいた。     .│
│30日間はこのままだろうし、放っておいても. │
│私に最善を尽くすよう 協力してくれるだろう。...│
└───────────────────┘

263◆iWAc./ZK.62014/08/17(日) 03:02:44 ID:4gh1qs5A

                  ノし
                   て
            z≧ 、    .(
         イ   ノ ハ、
          /    /ノ-イ彡イ
        j 小ノzェ、  r,ミ {
        ト川    j `¨ リ
        ヽゝ!   , -、 u.イ!    あ、……ああ!
         マ 、  ´ー ` /
        _} ヽ、_ ィ
     ___/ニ、  j  / L -=、
   /ニニニニュニ\  人ニニ、ニV
   !ニニニヾニニュニ、__`ヾニVニ、   ィ7 レ,
   |ニニニニVニニュニ、___V_./ニニ、/ rア / ト,
   |ニニニニニVニニュニ、__i_]ニニ/    ´ノ }




           _,.----- 、_
         /        ヽ、
         /  /////      ヽ
       /  川彡彡彡--、二 ヽ
       i   ミミミr'"     三 i
         i i ̄ ̄ ̄        ー、r'゙i
       ',l        ,,.-==  l/)l
        ヽ ==、  ´ィチラ  l_ノ
         ',ヽニゞ'-゙ i       l
         ヾi    l  ヽ,  u.l       華扇さん、ここは危ないから
           ヽ   ヽ-''"   ./ヘ=、    今 父上に国の騎士団を呼ぶよう要請するので
          r‐'"\ マ- イ  ./ / i三ミ、   急いで彼らの元で庇護を受けてくれ!
        /三三l \__//  /三三ミ>、                            f´ ̄ ̄ ̄ ヽ
      ,-'"三三三ヘ  /==<´   /三三三三≧、                           | は?
    /三三三三三ミ',/ヘ  ハ  /三三三三三三ミ                         ヽ___乂_
┌──────────────────────────┐
│私がドラコにそう言うと、彼は今更                  │
│何に気づいたのか、はたまた何を勘違いしているのか      .│
│もしくは安全な屋敷の中に侵入者が現れて混乱しているのか。 │
│いずれにせよ、見当違いのことを言ってくる。              │
└──────────────────────────┘

264◆iWAc./ZK.62014/08/17(日) 03:09:27 ID:4gh1qs5A
                                         ,. '" ̄`ヽ.
                            , '" ̄`ヽ _r‐<´ ̄`Y      ',
                              /  r>'"/        ヽ┐   ノ、
                           { r/   '     }`ヽ `ヽl>-rヘ_」
                           r'7  .;' /|   ./_ ̄ハ  ハ  八\`ー─┐
                           |/   |/'´_」   /ァfてハト  | 、  \\  ̄
                              ;' |   | ィ'f'ハ、  '  j__,ン  八 \ !\」
                           /{ .|  八| j_り \|     |/,リ「  ̄`|
                         く/|八レ'  |    '       / ´  |  .人
        マルフォイ家の屋敷が         ヽ /、   r 、   //   /|  ,'   ヽ.
        安全だというのは、そちらが   ../イ へ、    / /| _/_  /   ; }
        言い出したはずなのでは?   / /  / >-rァ'|/|:ァ'"::::::`ヽ. /レ'
                          ,:' /| /|、 ./ f斤:::/::::::::::::::::::ハ' }
                           レ'´  ∨  レ∨_」ーイ/::::::::::::::::::::::::| /
      まあ言ったのは本人でないにしても      .r'アrヽ:::/::::::::::::::::::::::::::レ'
      侵入を許した家の屋敷に            ./{八ンノ}:{::::_;:-===-、/
      長居したいとは思いません。         /`ヽ、-ァ::'::ヽ/::::::::::::::::∧\
                             /ヽ _ンノ::::::::::::/::::::::::::::::/|__|\|
                              ;'ー-イァ'::::\:;r':::::::::::::::;:'/
┌───────────────────────────┐
│騎士団の庇護を受ける?                           │
│リャナンシーという大物に襲われたのは 確かに大変なことだが、 .│
│こちらで撃退、片付けた後に今更 行動を起こされても もう遅い。 .│
└───────────────────────────┘

265◆iWAc./ZK.62014/08/17(日) 03:15:17 ID:4gh1qs5A

             /         { ̄|                j ノハ
            '    !  ゙.    >‐、            ノ⌒): : :..
             /    |l   :.、 : . ゝ、,>、        ,.ィ、__/: : : : :.
          / !    !:! l  :.:、: : : : (  ノ/'7ハ-r‐、__ノ   }: : ヽ: : : :}
           |   !: |:|ヽ ゙.__..-: : : : :゙⌒ヽ/::|_|::|  | Yヽ-''’: : : l:.: : ト、、
         ,′:.:|:.: |,r|:r‐≦ヽ: : : : : : : :| : : | ::| |::|`"⌒’.:|: : : : : :|:.  |ヾ:、
           ハ: :.|: :.|:. :!  _ゝ|-、ヽ.    |   | ::| !::!:  : : : :        |  ゙.:l
        | |!: : |   !:| |r''_、ィxXア、    !l  | :,' |::|:.   | |        l  |.l
        | | 、:::l   !:| |彡<ハc リ' l  ,'! l |::l |::|:.   | |      |  ト、  l.!
        | | ゙.、 |::|ハ  \!/  |  :!:| l |::| |::|:.   | |      |: |ヾ..||   数日 世話になっておいて今更
        ヽ!  ヽ| ハ:::::,'   ‘  |:.:.:.|:.! |l:::| |::|:.   | |      |: ! *:. ||   言い出すのは無礼と承知で、
          `ー‐Y |∨       l:.:.:,':.:|  !:::! l::l:   ,イ ハ.       |:. |   ゙ :||   屋敷から失礼させて頂きます。
             |:ハ`ヽ     ,' :.:|!:.:| ,'::,'  !::!: :,',' ハ |     ヽヽ   :|l
               | :|:ヽ、__  | :.ハ:.| ,'::,'   |::|:. ///:.:| ゙.     l ゙. ゙. |!
               | :||: : : lヽ. ,':.,' |!:|,'::,'   !::!:///゙.:! 、     !゙.!\、/|
               | :|゙.: : | リ,':!/!リ:::l    |::|://:ヽヽ:ヽ.ヽ  || |  /、!
               |:リ ヽ.l: :.Vハ|:.:「/j:::j  ,イ :!∧ヽ::\\:、   |::| |/ / `ー‐
               |'_,r─\.|| |!:.:|'/::/ /,':/_..-ァ==-、ヽ  |::| '
            ,.‐ァf彡'⌒ヽ:/ノ|フ-//::,'_ィ;;//'//    ノヾ.、||'
             r〃{爻斥刈 ,イ{fr| r /:::,'´;;;;/ /'::/    / .'ハ.:|
            __Lリ人Y、ソノノ/)八/ 人 ::|;;;;;/_//    /  ,','  ゙.ヽ
         〈 L(≧=≦彡ク´{  ノ´::::::Y//_...-‐ /   /   } |
┌─────────────────────────┐
│元々 こちらは下賎の身で冒険者なのだ、             │
│今更 失礼も何も関係ないだろう。                     │
│ここ数日溜まっていたドラコへの不満もあって、我慢ならん。.│
└─────────────────────────┘

266小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/08/17(日) 03:20:49 ID:2/u0wf7g
フォイ……

267◆iWAc./ZK.62014/08/17(日) 03:21:53 ID:4gh1qs5A

                            /||ミ
                           / ::::||
                         /:::::::::::||____
                         |:::::::::::::::||      ||
                         |:::::::::::::::||      ||
                         |:::::::::::::::||      ||
                         |:::::::::::::::||      ||
                         |:::::::::::::::||    ,. -.||
                         |:::::::::::::::||  / ‐.||    荷をまとめます。
                         |:::::::::::::::|| / ´  ||
                         |:::::::::::::::||(({ ′_.||    その後は失礼させていただきますね。
                         |:::::::::::::::||. 、 l ≧||
                         |:::::::::::::::||  ヽ 、. ||
                         |:::::::::::::::||   \ ||
                         |:::::::::::::::||     `.||
                         \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
                           \ ::::||
                            \||
┌───────────────────┐
│金の問題は穏便に解決したいと思ったが、.. .│
│やはりこの様子では解決いかなさそうだ。  ..│
│口裏は取れなかったが、どうせリャナンシーも. |
│このマルフォイ家のどいつかの差金だろう。   |
└───────────────────┘



                 ____
              /   /// `ヽ
             /     / ////{                              __
            ;      ト、 ///ノ :、      ま、待て!                / /
            i  //i}`ヽ////゙     i,                             / /
            l  i i }  `ー'    ,ィァf!      .待ってくれ              ./ /
            ヽz:、 iリ   f r孑}  {´ l       華扇さん!              / /          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
             弋x }    ¨  i 、゙:, i                          / /              | 断ります、待ちません、
                 `ゝ      `` '´ l                     / /            | 待てません。
                 レ1丶    r-_‐z !                         / /                ヽ__________乂_
                  r{   \_ `  /_                    / /
              r=| ≧s。  `ー '゙、:::ヽ ヽ                  / /
              八i}¨`ヽ.   ̄`i≪} ゙:,::::゙:,ニi、            _ z=ュ/ /
             rく_:ヘ:::::::≧ :、 ;! マ!ゝ :,:::::,ニニi、        , :-──《
           ノニニニニ≧s。:::::::\ }弋_ i:::::::,ニニi、       / i}    i〉
          /ニニニニニニニ≧s。\ゝi}、}::::::::,ニニi、 ,. :r7゙   〉  ̄ ̄ )
            /ニニニニニニニニニニ≧s。._:::::::::::,ニニzi゙ニi!     i}二ニア
┌────────────────────────────┐
│何を思ったのか、あるいは惜しむのか                     │
│ドラコは私を引きとめようと呼びかけるが聞く耳持つ気はもうない。  |
│彼が「当て馬」なのも既にわかっているし。                 │
└────────────────────────────┘

268◆iWAc./ZK.62014/08/17(日) 03:25:25 ID:4gh1qs5A

 i,,;|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニl,|";;::.   iコ:| _ |lコ:|;::::! !:! ||;;:.|;:;,.,.,,ー、;:;,.,
 i,,;|      ,ー、       ,ー、       .,ー、     .:.:l,|";;::.   | ::| |ロロli |  |;::::!_!:!_||;::.|,:';:;'':'`::';::;:;.
 i,,;| | ̄|  |  |  | ̄|  |  |  | ̄|  |  |  | ̄|::;l,|";'ロ';'ロ'| ::|    |  |;;::.''" `:|;;:.|,:''':;:;;:;`::';;::;
 i,,;| |i_i_|  |_|  |i_i_|  |_|  |i_i_|  |_|  |i_i_|..:l,|";;::.   |,,_|    |  |";;::.   |;;:.|:;:: i!',: ''i!,::_____
 i,,;|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニl;|";;::.   |(ニニニ(ニニ;;(ニニニニニ(ニ二)__( ̄____
=;i,,;|_   __   __   __   __    l;|";;::.   | , '⌒` , .:.:.|";;::..__ __  _...|/  :::;:;|
 | |  i,'⌒`,| |  i,'⌒`,| |  i,'⌒`,| |  i,'⌒`,| |  i,'⌒`,  i:|`::.:- :'|, ;:;;;;'  'i;  :|";;::.(__}} : : : `ヽ)..    :::;:;|
 |_|__,,|_;;:;' |_|__,,|_;;:;' |_|__,,|_;;:;' |_|__,,|_;;:;' |_|__,,|_;;:;' |___,|`::.:- :'|;:;;;;'    i, ;:;|`::.:-l : /人ハヽ}
_;:;:;:;:;:;__::;::;:::;:;__;::;:;:;::;:;__;::;:;:;:;:__;:;::;;;::; __;:;::;:;_;:;:;:;:;:;__::;::;:::;:;__;` - :'_;:;:;:;:;:;__::;::;:::;:;`.ミ〈;ハj ゚_ー_゚ノ;〉
                                              ミ   ,<´i:@l'>、
                                                   〈シ'_l:.:.:.:lヽj
                                                   `¨Z/7¨´
┌──────────────────┐
│屋敷だかなんだかに引き止めている間に、.│
│こうしてリャナンシーを差し向けるなりして  │
│籠絡するつもりでもあったのだろうか。    │
└──────────────────┘

269◆iWAc./ZK.62014/08/17(日) 03:26:14 ID:4gh1qs5A
 |  |:|   ::| :::|:| ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... /`\|   | /::/ ー‐──\|      |
 |ェェ|:|   ::| :::|:l_//| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ | ̄冂 ̄ ̄\/:|   |./::/ . . : : : :::::::::::::|      |
 ` ̄  .:::| :::|    .|エエエエエエエエエエエエエエエl:..  |  :::|   Т´   . : : : ::::::::|      |
______;;| :::| 「 「 |─────────、.|:::  |  .::|   |       . : : : |___|__
_____| :::|    :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ |\/./\[二二:l二二]             |  .......:::}:::::::::::
      :| :::|    :|      n ∩ |   | ..:| /:/::: |   |   |            | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
  _.   .:| :::| 「 「 |        Ll . |   | :::| | |::::: |   |   |            |      |
 l⌒l゙l  .:| :::|    :|            |   | :| | |::::: |   |   |            |      |
 |  |:|   ::| :::|    :|.  _,∠ ̄`ヽ..|   |. | L|;;::: |   |   |            |      |
 |  |:|   ::| / ̄`ヾY´:: ::、:: :: ::\j :|   | :|    `.|''‐- ..l____;|            |      |
 |  |:|   ::|. {     }} : ト、::`:: 、_::_:;>.  |. |     |   |   |            |      |
 |ェェ|:|   ::| ゝ、 _,. シ:: ::| -` ー一イTト. 、.: |:\.   |   |   |            |~゛'‐- ,::|__
 ` ̄  .:::./⌒>ヘ:: :: :| ,才矛  ゞ'|「ヽ:ヽ、、  \ |   |   |            |      |
      :| :/i::ト、::ヽ: 从r'ーク 丶.从)ハ;:ノ \  |   |   |            |      |
      :| :::|..>::):イヽ_`¨´__r-z^ー‐′     .\|   |   |            |      |
      ..:::::| :::/ :/:: :: :ノ r─ 、L∠´}          〔\  .|   |            |      |
──── |___.∨(/⌒/r‐'′  {-L),ノ          .\.\l____:|            |      |
          .,. -┴==ァミx_,. クーく,>
      ../ ‐  <∠,..、| 》´::;::/、`ヽ
       ./ ´     /-/>ミ/::ァ'^:::\ l }
     ..{ ′_/=7//l7/:::キ:::::::::::::V´
      .、 l ≧=-v'〈/l_!,':::;:ィ廴_::::::::キゝ、
┌──────────────────────────────┐
│まあ、リャナンシーから聞き出した命令は                     │
│「牙を突き立てて私をドラコに興味を惹かせろ」だったし。          │
│黒幕は分からなかったが、それだけで屋敷を辞するには十分な理由だ。 |
└──────────────────────────────┘

270◆iWAc./ZK.62014/08/17(日) 03:29:41 ID:4gh1qs5A



                                       /|
                                        | |
                                        | |
      ガシャガシャ                          ,.‐= 、 |
                               〃    ヽ            ザッ              f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                 ,. - 、                 ,'  ,ィ'77ハ. ',   , - 、                   | そこの女の子!          |
            〃    _ヽ   ,   ̄  、     /|  |'////| Y 〃   ヽ                  | このような夜更けに 親元から  |
             i i  ///匁:i  /  ,ィz、 Y ,.イl:|  |'////| :|  | rィ7ハ ',           , ´ `ヽ   .| どこへ行かれるのかね?     |
             | | 《'////,' | 〃l l,゙//∧ :| / ll |:  V//,'リ. 《  l! {///∧ i          / i ,ィ77x.’,  乂_____________ノ
          r=ィ| | 》////, | /l | l|////|/  l |   V/イ 巛ヽ |  }//// ;ヽ.      ,イ | |////7z|:     /,
         /i| || |V////| | i! l| l|////  l  ! |    V,'| || |V  l//イ l | ト、  _,。=|:| l | |////7゙:|    | |
       /l| | || |..V// ト 、 | l|///     | | i   Ⅵ || | V ト/オ  |./| ゙,人_ |:| l | |////| |    | |
      /| ||| | || l// l l :  ヽ |//リ   l :|| | | l  :| || | V Y l  | |. /`ヽヾl | l | |////| |    | |
     ,イ |t_リ:| | l;//|  | | |   i l|'//    l! l| | | |  |: l| |  V ∧ l! l | |/     ヾl | l | |V//,'| |    | |
.    /|L ||  | |// i! |  | | | l/ |///    l| l | | |  |: l| |  〉| l| l! l | f⌒`ミ  l  | |  V/,゙| |    | |
   / 三≧/// | | |  | | | '_, |//ケ=ミ_| l | | |  |: l| |,/ | l| l! l | |   \l  l |:  V,'| |    | |   ザッ
.  /  「|. //l | | | |  | | |〃/゙ヽ/  =ヨТTT=ーz !  | ||l  | l| l! l | ∧    ヽ l |    Ⅵ: l|>‐z 」 :L
  レ=、|//\l | | | |  | l,」ィ=二 ||  ー=イ| | |  | l | :!  |,.イ|V  | l|.」.」.」 ∧   ,。=ミ !    Ⅶ||   E三Y
  {ミ刈| イ'///||\l l | |  f=ト、`ヾヨ|: ニ二|:l | |  | l ヽ!\l  | V | l|三三ヨ ト、  |:  ゙Y=z__ :Ⅵ|    ヾ三}}
  {ミ三L.l'///,||||||l\_ l |  L|_|_|_ト、 `ー}     Ⅷ | |  | |  |   l |  ヾ工ア | `ヽ| ヽ,|_|_|_|_|     ̄ヾ|      |/|
  `マ///////l|||||  | |   `マ/∧  〈      V. | |  | |  |   l |  》彡}} |l   | | V///|   l   l |\__{/}
┌────────────────────────┐
│そうして屋敷を出たあたりで、                      │
│夜が明けるまで今晩はどこに泊まろうか、             │
│冒険者の宿は開いてるだろうか……なんて考えてる時に...│
│通りの向こうから物々しい一団が現れた。           .│
└────────────────────────┘

271◆iWAc./ZK.62014/08/17(日) 03:35:53 ID:4gh1qs5A


                /   `ヽ
               /       lア─- 、
               <从     、_〃: : : : : : :ヽ、
            < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ
         __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /
         //: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y
        / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',
.      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/       いいえ、これでも
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!        歴とした冒険者です。
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ     拠点は王国でない東の方ですが、
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ       必要であれば宿のエンブレムも提示します。
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY
.        ///    / ∨:::__;ィ千r'/丁




                                      {´ /, ' ,.イ二二ニニ
                                      l_,./ /二ニニニニニ
                                      ,{_, イニニニニニニニ
                                       /ニニl二二二二ニニニ
                                       .'ニニニl二二ニニニニニ
                                   ::i二二ニl二二二二ニニニ
                                   :lニニニニlニニニニニニニ   冒険者、というと……
                                    ::l二二ニニニニニニニニニ
                                  lニニニニニニニニニニニ   もしや貴方がドラコ・マルフォイの
                                   !二ニニニニニニニニニニ   屋敷に滞在しているという
                                    :!ニニニニニニニニニニニ   華扇 嬢かな?
                                     lニニニiニニニニニニニニニ
  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ               lニニニlニニニニニニニニニ
  | ……どちらさまです?. |               lニニニニlニニニ',二二ニニニ
  乂_________ノ               ,ニニニニ!二ニニニ,ニニニニニ
                                   i二二二二lニi二ニニ,二二ニニ
                                lニニニニニlニl二二二ニニニニ
                                   lニニニニニlニlニニニニニニニ
                                  ,二二二ニニニ!ニl二二ニニニニニ
┌─────────────────────────────────────┐
│親元からハグれた少女だと誤解されぬよう、                                │
│最低限の身分証明を行うと それだけで私の名前を特定される。                  │
│はて、誰だろうかと問い返すと その男は 夜闇の中から顔を明かりに浮かび上がらせる。 │
└─────────────────────────────────────┘

272◆iWAc./ZK.62014/08/17(日) 03:39:41 ID:4gh1qs5A

                                            ,、、、、、、,,,,
                                           /.:.:.::::::::::::::.:.`丶、
                                          /:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:.`ヽ
                                         ///⌒ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',
                                        iiii!      ``ヾ、;;;;;;;;;;;;;;;jj!
                                        iii!          `ヾjjjjj!
                                        jj!   、、、,,,  ,,,、、、、  jiii!
                                        ハ  ´,rテ弐  rテェシ  Vハ
                                         い     ´  i:.`  ´  i i
                                         ぃ    ,.  .l:::;、    ノ ノ
                                         `1    jiiiiiiiii!   イ 「        いや失礼、私は
                                           ',   -ゞ''''''‐-   j ト、           アドルフ・マルフォイと言うものだ。
                                           ト、   ´¨¨`  ノノ/.:.::.、
                                          ノl ヽ、 __ _,.イ.:.:.:.:.:.:.:.:ト、      ドラコ・マルフォイの実父に当たる。
                                       ,. ィ´.:.:.ハ ,,,.. -‐ '´/.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.ヽ、
                                    ,. ィ´;;;;;;;.:.:.:// `ヽ    /.:.:.:.:.:.:.:.:./. :. :.: .: .:ヽ、
                                  / /.:.:.:l;;;;;;;;.:.:.::l/  ハ  /.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:. :. :. : .: .: .



         ___  _,r、___ ソ_ (    `  、
        /     ̄ヾイ イ`7!`ヽ `ヽ、    ヽ
      /          込/          ` 、   i
       !       乙ノ           \  丶ノ___
      ',      ノイ/| i         \   \ ̄ ̄⌒ヽ
       イゝァ辷rーイナ´, ! ',   \      ヽ  ヾ、   ソ
     ///ヽ-'⌒´ i ! ', ヽ    ヽ、 _____,    ',\
 .   //´ .//    | i __ヽ\\ \_ -‐<  ',  !  \、
   /イ  ///i  i  ! ̄ヽ `\\ ー─示ァ辷_`ヽ|i ノ     )'
  / l  从 |  |  | xrテ示ミ、    ィ辷リ l iリ、 l|/ー- 、
/   ヽ  ヾ/ヽ  ヽ∧ .V辷リ '    `¨´/ィ/ レ)イ__  \
.    ∧.//   \   \       '   从ヽ  \    ̄ ̄`ヽ          ああ、あなたが。
      ∨ ',   \___≧、   , - 、 ./\\\   \    ソ<
      |! \/ ̄`   `ヽ> . _ < \  \\\ _ >< (   `
      ヾ辷〈     ´  ̄二`ヽノ>──ァ、 _>"´/ \   >"´
          ',  i       ,イ⌒ ̄ ̄`ア7´/  |  l     >´
          ',  |    イ/⌒ヾ<´/ / j  ヽ  >"
           ヽ ', /⌒7〉、    \ {  ヽ__. イ
             〉Y   //ノヽ、_.斗匕r‐r‐んハ) 〉ヾ、_,
              /∧`ー7/    /⌒´l i:::ヽ_ゝ二乙フ /
┌────────────────────────────┐
│あなたが黒幕か、と言いかけた口をつぐみ、言葉を飲み込む。  ....│
│見た目で決め付けるのは良くないことだが、父さんの前情報からは │
│この父親が私とその息子について申し入れた人物だと聞いている。. |
└────────────────────────────┘

273◆iWAc./ZK.62014/08/17(日) 03:44:24 ID:4gh1qs5A
                       /´ ヽ::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::
                      /     `'''''''ー─-' ヽ:::::::::::::::::::::::::::
                       l           : : : : : ヽ: :i、 ::::::::::::::::::
                     ,|          . . . . .: : : \|::ヽ::::::::::::::::
                     |             : : : : : : : : |:::::::::::::::::
                     ノ     ヽ_,..::-─--: : : : : : : : ::|:::::::::::::::::::
                    (__,,:::-''     /'(:::c::)`i、: : : : : : : : ::ヾ;;/⌒ヽ
                     `i /(::|     ` 'ー゙'´ : : : : : : : : : :っ::::゙l; |
                     |´ ̄´|  . : : : ヽ==='     . : ,/;: : :|l:::::::l; |      我が「愛する息子」の家に危険な蛮族が
                     | ;;;;; ノ . : : :::.:.   .:.     . :.i;;'': : :|l : :ノ/      ..現れたと聞いてな、いてもたってもいられず
                     |  (  : : : :ヽ::  ヾ:::::.:.:.:.:.:..:: : : : : :-'/         直接 兵を率いてやってきたのだが。
                     ヽ、 ヽ´`ー─'::    _,....;;;;, ,) : : : : : : |/  |
                         | ||||||||||||--''' _ ;;/ l  : : : : : :|   |      .華扇 嬢は無事でしたかな?
                       ( | ヾ:-─''''二二/  l : : : : : : ::|    |
                       ヽ  `⌒ ̄      l : : : : : :,/  /|`ヽ
                        !、        _,./.:.:| _;::/   / /  ヽ
                         |       /.:: :/´    /  /
                         `ー'ー─  -''' '´    /   /
                             ヽ- 、   _,.-ー''´   /
                            / |  >==i''´       /
                            /  |  ,/::::::|      ,/





                /   `ヽ
               /       lア─- 、
               <从     、_〃: : : : : : :ヽ、                 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
            < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ                   | 現れたのは呪いを持つ蛮族と聞いている、
         __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i              | もしお体が心配でしたら神官に解呪を
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /                   | かけさせる手続きもこちらで……
         //: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y                   ヽ__________________乂_
        / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',
.      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/     結構です。
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ     それとその蛮族は無力化して
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ    屋敷に捕まえてありますので、
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ    詳しいことはそいつに直接 聞いてください。
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY
.        ///    / ∨:::__;ィ千r'/丁

274◆iWAc./ZK.62014/08/17(日) 03:50:15 ID:4gh1qs5A


                /   `ヽ
               /       lア─- 、
               <从     、_〃: : : : : : :ヽ、
            < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ
         __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //  .∨: : : : :i :ハ /
         //: ://.:〃 Y: :|: :i/__/: : : : 〃 : Y                       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
        / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从 _j!: : ,イ: : : : :i                           |  ほう?
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i  ̄ヽ/ |人: : : ',                            ヽ____乂_
.      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,__゛ハ\: :ヽ、_ノ
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ     `~イ: : : l  ̄ ̄
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/     ペラペラと喋ってくれましたよ。
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l!
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ     暗殺者にしては随分と
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ   口の軽い蛮族でしたから。
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´





                            イ洲トトト州トトト州トトト`ヽ
                          ,イトトト州トトト州トトト州トトト州ハ
                         /洲ハr 、トトト州トトト州トトト州トトト州',
                         /洲トトリ `ミ、トトト州トトト州トト州トトム
                        ,'洲トト/     ヽ、洲トトト州トトト州ト州}
                        :{洲ト:/        `‘” ミ三Xトトトリ
                         V洲{               `ヽ/、
                         〉 、{   __ .. == 、  ィ= 、  :! }
                           { :ハ   ィ t ァ,>  }::‘ ゝr ァ ィ  } /
                         ヽ  }   ` ̄,::'  !::',:: ` ̄´  ., /
                          ', 、    ィ  ,./ }::::',:    . /          そうか、だが
                          ゝ-V    ,;/、_.V::メ:   V              華扇 嬢は何故屋敷を抜けだして
                              V    ' }洲ト州リ   .V≧ 、        こんな夜道をうろついているのだね?
                            /V    ,  ―― >  :y  ',   >  。,..
                            / ゝ   ´   ̄´   /}}  V       ::≧=-  、     襲われた後の危険な夜というのに
                              /{  ヽ>.、       V /    }             :\    随分とのんきに歩いてたようだが。
  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ.      > ― ´ ィ     l{               \
  | 危険? 蛮族に簡単に入られるほど    |.l       >,, <     {                 \
  | 守りの手薄な屋敷と その辺の路地と、 |.' ,        ///::\    |                   ヽ
  | それが どう違うというのです?       |. :\     ///////}`ヽ ィ                     ' ,
  乂________________ノ  .....\   /V,ィ示ミx:、                           ヘ
                           \  \    `ヽ>′}////////ヽ,                        ',

275◆iWAc./ZK.62014/08/17(日) 03:54:09 ID:4gh1qs5A

          _  _,,-‐''": : : : : : : : <⌒ヾー 、
           / `ヾ、 /: :/: :〃:.i: : : :.\    ヽ
          /     V: : : : : : : : : : : : : : : ∨   |
       rl      |!: : : :/: : : : :|: : : : : : :丶  r"
     r┴|      〃: : // ‐-: /! : : -/: : : :',_人
      ヽ人  _ /: :!: :/: :/:/: |: : :,イ: :i: : : ト \\
      <_ ム二ムイ :/:|: : :ィテ示ミ !: :/ィ示ト: : :!:.l  \\
        〃: : : :|/l从: : :lV:::リ  !/ Vリ l : : |: !    ヽ
       // /j: : : : リ: :ヽ∧      '   l : : lり     )
   _ //厶/: : : : : :i: : : : :ヽ       イ: : 人   /
.   / //_/イヽ: : :从: :ヽ: ヽ >_-_.イ: :!: :リ    /    息子さんのためにも
  / //:::::::::::::::: >‐ヾ|⌒ヽ: \\ /: :从: ト、/           もっと安全に気を配るように
/ /:::::::::::::::::::/::::::::`ヽ:::::::\ヽ-、イ |/: :.∨           してあげるべきではありませんか?
 /:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::丶:::/ _ニ、フ|!:::::\::\
./:::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::〉 ┐リ ||:::::::::::ヽ:::\       冒険者としては、あんな手薄な屋敷より
_____::/:::/::::::::::::::::::::__::/<ニ!/! ||:::::::::::::从:::::\      そのへんの冒険者の宿の方がずっと信用できるので
                                  今からそちらに移ろうとしてたところです。






                                          __
                                           ,= ̄⌒ヾ、、
                                            r´ _,j L_ヽi
                                         /! r¨¨ ,,,、¨¨ ヾ
                                        i| ゝ /lllll  ノ リ
                                         〈l, ヽ ⌒   lrリ    ははは、そうか。
                                          ̄l ゝ:::::::::::ヽ /
                                          j≧-‐t‐,--<      それで客人を危険にさらすとは、
                                     -__≠'" ̄ゝkj_,,-‐^ヽ       ドラコの奴を叱るだけではすみませんな。
                                     。 ≦;;;-、_ / _  ≧、
                                     /i⌒ヽ `ヾ;;;ヾ´ ̄ ⌒, ̄`  ̄`ゝ-、__  非常にご迷惑をおかけしました、
                                  /;;..   )  \『≫   ヾ-、_r,_    j \ この件はいずれ――――
                                /  ;;,...     ≪;;;:\    、_ii_ヽ v   |

276◆iWAc./ZK.62014/08/17(日) 03:57:44 ID:4gh1qs5A

 |  |:|   ::| :::|    :|      n ∩ |   |. | L|;;::: |   |   |            |      |
 |  |:|   ::| :::|г .「:|:    └ . Ll :|   | :|   `.|''‐- ..l____;|            |      |
 |  |:|   ::| :::| L   |            |   |. |    |   |   |            |      |
 |ェェ|:|   ::| :::|    :|::.. ~゛'' ‐- ...,,_.:|   |: |:\.  |   |   |            |~゛'‐- ,::|__
 ` ̄  .:::| :::|    .|         \.:|: |、  \ |   |   |            |      |
      :| :::|    :|                ̄ \   |   |   |            |      |
      :| :::|    :|                     \|   |   |            |      |
      ..:::::| :::|  ./〕     ._,∠ ̄`ヽ      〔\  .|   |            |      |
──── |____|/./ ̄`ヾY´:: ::、:: :: ::\j      .\.\l____:|            |      |
____〔___;;|/{     }} : ト、::`:: 、_::_:;>        \:|__〕──────:|      |
           ゝ、 _,. シ:: ::| -` ー一イTト. 、                     |      |
          /⌒>ヘ:: :: :| ,才矛  ゞ'|「ヽ:ヽ、                  |      |
             /i::ト、::ヽ: 从r'ーク 丶.从)ハ;:ノ                   |      |
              >::):イヽ_`¨´___r-z^ー‐'′    結構。
             / :/:: :: :ノ r─ 、L∠´}
               ∨(/⌒/r‐'′  {-L),ノ    _    それより早く 買い取っていただいた
           ,. -┴==ァミx_,. クーく,>  __))  戦利品らの代金を一刻もお支払い願います。
          / ‐  <∠,..、| 》´::;::/、`ヽ
           ./ ´     /-/>ミ/::ァ'^:::\ l }      では、後日 その件で訪れますので
         { ′_/=7//l7/:::キ:::::::::::::V´       今夜は失礼させていただきますね。
          .、 l ≧=-v'〈/l_!,':::;:ィ廴_::::::::キゝ、
┌───────────────────────────┐
│彼……マルフォイ家当主アドルフ・マルフォイとは初対面だが、.   |
│長話をする気はない。華扇の真意看破能力が、            │
│彼は嘘をついていないが ごまかしている気配がムンムンすると.  |
│うるさいほどに警告を訴えている。                       │
└───────────────────────────┘

277◆iWAc./ZK.62014/08/17(日) 04:01:38 ID:4gh1qs5A
┌──────────────────────────────────┐
│丁寧な口調の裏に含んだ物言いがあるが、                            │
│かといってそれに気を取られていれば変な口約束をされそうになる。          │
│「また後日、改めて歓迎することで謝罪する」なんて言われたら              │
│同じ歓迎を受けるハメになりそうだし、馬鹿正直に二度も襲撃されたくもないわい。│
└──────────────────────────────────┘




                                 __
                                 /⌒\ \
                                l ,j 、,,,__|l川
                                |ィツ}゙ド-'レイ!h
                                ト /iil!}\ ,ノ}J       ふむ、そうか。
                               { ノt--zノ } ト、
                               _,>、こノ//  |`ー-、   仕方ないな、では諸君。
                              /  ハ>‐く. / ___|   \  気を取り直し、ドラコ家へ行軍再開!
                             /! /_∨〈/  >   l/   ヽ
                             〈 }   く  ∨ /     |/
                             }|  \//

┌────────────────────┐
│マルフォイの親父さんの言葉をぶった切って   │
│華扇はその場を離れる。              │
│何癖つけて追っかけてきたりしなくて良かった。...│
└────────────────────┘

278◆iWAc./ZK.62014/08/17(日) 04:01:58 ID:4gh1qs5A
今夜ここまで

眠気おして投下したら変になった気がするので後で推古する

279小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/08/17(日) 04:04:14 ID:UmX/8.DI
おつ

281小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/08/17(日) 04:49:47 ID:A31qqXeA
リャナンシーを嗾けられたのにこの程度で済ます・・・わけないか

283小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/08/17(日) 07:33:57 ID:wGPmYApw
乙です
絶対このままじゃ終わりそうにない

284小さな名無しさん@この板は300レスまで2014/08/17(日) 08:41:37 ID:/qag42wI
乙でしたー

関連記事
[ 2021/11/23 12:55 ] 剣と魔法と邪道プレイ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する