剣と魔法と邪道プレイ 第74話

目次

139 : ◆iWAc./ZK.6 : 2014/07/17(木) 03:37:20 ID:ULkbv8zU
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄                                \∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/
                                    <  《んぬぅぅぅおおおおおお!!》  >
                                    /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\

          _____ Π
.          /       / ト=〕
          /       /. |/》
______./       / /|||||___________________________
./ / / / / /      / / .|// / / / / / / / / /∪/ / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /
. / / / / ! ̄ ̄ ̄ ̄| | / / / / // ̄ ̄\/ / / / / / / // ̄ ̄\/ / / / / / /// ̄
/ / / / / |       | | / / / / 《=《◎ ◎ ◎》/ / / / / / /《=《◎ ◎ ◎》 / / / / / 《=《◎ ◎
_/ / / / /l. /l /l  .| / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /   ┏                     .┓
ニ@ニ@ニ@.! |_|:|_|__.| ニ@ニ@ニ@ニ@ニ@ニ@ニ@ニ@ニ@ニ@ニ/ ̄ ̄ ̄ ̄/!ニ@ニ@ニ@ニ@ニ@ニ@ニ@ニ@ニ   ┃▼とある魔動機文明時代の遺跡内┃
━━━━━┻┻ <ニ((IIIIII((|━━━━━━━━━━〔〓〓〓〓〕(ココ━━━━━━━━━━   .┃元は工場?               ┃
─────────────────────――((─((─────────────  ..┗                     .┛
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
───────────────────────────────────────


140 : ◆iWAc./ZK.6 : 2014/07/17(木) 03:37:55 ID:ULkbv8zU


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―

                                        _,..--==....、
                                        「:::::::::::::::::::::ミ<.
                                      _} -‐==‐-=ニ≧、
                                       /´    ソヒ ゙    丶
   \∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧/       .「       , - 、  ヽ     ヽ
   <  《どぉぉぉぉりゃぁぁああ!!》   >      /  .、_ノ  __    } /  .い_
   /∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨\      .〈==- ,.-__-、 t..f jヽ <    .//≡ヽ
                                  ( (f,ノ ` - 、-= '  /⌒`)  ,、ヾ.`}、 _ .-―==ー- ´州
                                      〉-(._ ,-、_)`ヽ.     /  ノ/´7=-
                                    〈 , --===三ミミ、  ,、、 }:: イ、_         |   i
                                       Y'/` ニ二ニ 、`ヽ ゙ ミ:::::::::`::::::::〈  Y       ∥  (
                                       ,l:::ヽ 二ニニ=王) 〉 ヽ::::::::::::::::::::::ヽ .)       /
        ___ 00  ___  ___ 00  ___             .|:::::)´二-=ニ二ノ }::::::::::::::::::::::::::::> ミ      /
        | ∟  く,ニ ! | ∟  く,ニ !             .|::::::Lノ::::::::::::::ヽ_ノ::::::::::::::::::::/ ̄   ¨    ./    / /
        |_厂   くノ  |_厂   くノ            L::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   l        ∥  ( (
                                      ,ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;-'    |        .||   ) )一
                                    /  ヽ::::::::;-―― ¨¨´      ll      > . ,ノノ
                                     /    . `¨´、               ∥       /  .{ {     ___ 00  ___  ___ 00  ___
                  > ´ `ヽ、         ∨_      ゝ             ヽ      ゝゝ    ..| ∟  く,ニ ! | ∟  く,ニ !
                     / ,/ `ヽヘ     _ =,,,';/ ̄    ,     \        |   /__ .ノ         ) )     |_厂   くノ  |_厂   くノ
         > ´ `    { .、ゝ/ `. } . ∠≠≠="/           \ \  | ノ           / /
          /   ヽ丶   ! ゝ_ .- <  ., 巛彡洲  (             \ ヽ /
      .  {.      \ ー-'     ヘ/洲i'  〉洲  ⌒ ヽ            ] .7
         丶   , -、、       ∨il'   ミミ__    、              ヽ |

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―

141◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 03:41:50 ID:ULkbv8zU

   ┏        .┓
   ┃>《跳び蹴り》┃
   ┗        .┛
           ┌―┐  ._,n_
            `フ∠ .└l n |  [][]「l                   _,∠ ̄`ヽ
           └''^ー┘  U U   くノ         ./ ̄`ヾY´:: ::、:: :: ::\j
                                   {     }} : ト、::`:: 、_::_:;>
         r,''ヘ_                       ゝ、 _,. シ:: ::| -` ー一イTト. 、
       _,,,,_⊂-くノ`ヽ,                  /⌒>ヘ:: :: :| ,才矛  ゞ'|「ヽ:ヽ、
   _  〆_゙'ir''⌒"  )                       /i::ト、::ヽ: 从r'ーク 丶.从)ハ;:ノ
  ξ⊂!  っ》`   く ∠___                  >::):イヽ_`¨´__r-ナ ー‐'′    なん、でっ!
  .''\ノ''''‐`` i、 ,ノ  │,-ヽ7=、、 ,,rー'"`-、       ./ :/:: :: :ノ r─ 、L∠´}     ` 、
    \_゙l、,,,_,/i゙、 ,ノ 〈 ゛  `ヌ⌒ )/=i、 l ――― -..∨(/⌒/r‐'′  {-L),ノ   ___,,..)  )
          `゙゙'''"`'ミ--/-,_  ´ /"  `'' ――― -...,. -┴==ァミx_,. クーく,>.   --‐''´
                 \ .,,、`lニン-゛     ―――.../ ‐  <∠,..、| 》´::;::/、`ヽ    スッ
               \__ノ                / ´     /-/>ミ/::ァ'^:::\ l }
                               { ′_/=7//l7/:::キ:::::::::::::V´
                                   、 l ≧=-v'〈/l_!,':::;:ィ廴_::::::::キゝ、
                               ヽ 、   /   ∧X:::::、:::キ:::::::://
                                 \ ー --〈__,≫ 、::`宀:::://







                 ,.、
                 |_|
            ,ィ7'l:::Kス                           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
             〈_)-`'::::::ハ          _ --― -  _   .| 魔動機械の相手のはずが
              〉、:::::/::::ハ          /         `丶 | 蛮族退治に変わってるんですかねぇ!!
           ヾ三ソ::::::::ト、       /, -=ニ三ミ、       ヽ __________________乂_
                \::::::::ノ!:ヘ     // / i    、 `ヾヽ i.   ',
               Y´  ! ト、 ./‐/ニA_ニi、=ハ   ヾ::::!    }
           {ヽ   ∨   l ヘ ! l /Ll_\トj七メ  l V     !
           ヾ::\ ∨ i   ヘl !〈 ト'::l   7゚::ヽ!×!  !     ,'  /7
            >:::\ヽノ __ 「`ト!、.ゞ' ,  弋ソ.!  !  ト、  ノ /::/
            \:::::::ハ./, '   l l:::ハ. r‐ 、 ""| !  l、:X/:::::::7
             〈::::::::::::l〉    .〉 〉:::トゝノ__,.ィー!  l  .K>、\::<   出くわしたもんは
             ヾ_::::::::!    / //テ、}][`7ヲヘ!イノ!∧トゝ::\:X´   しゃーないやろ、ほな【ミストハイド】!
                レヘ:::ゝ _  y' _ -、 ! |  lヾ'<`ー-,.、:::::::::::::_ル、}
                 \::! 7/   ! ト、_ノイト、l::::::/|_|二_ ̄      《影走り》持ちやから、
                  `/ /〉    ! |:::|!|:::!| レ〈ヽ!:LLレ}      後ろに抜けてこんよう頼んだで!
                       / 〈/   / l:∧ソ::!| | `K:::::::ノ〉
                   /}  レ´二_ー-'_/:《::::::/ノ l `ト、二ソ|

142◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 03:44:45 ID:ULkbv8zU


                                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                      | それは頼まれましたが、
                                      | 代わりに攻撃 おねがいしますよ!!.
                                      ヽ________________乂_



                    ,==、    《……術者はあいつか》
                  _,, }ニ、Pミ 、_
       .rニi个、ッ,,, -ー、,,r' ー `"'''"=t- 二ー、- m'ミュ     _   _
        {ニU-''!il ー-ー__  )ヽ、ヾ-ー!-イ!__ィ__,,リ!ニ{ヨ    ...`) `)
  (´ (..,,___ ヾニ'-'"ー-、_ノ-ーt_'_ミ  r\'T/ソ         .--‐''´-‐''´
  ` ー--              !ニ====!
                   (,rー 、  r!_                 【スレイガーLv12】
                    }ニ=- ト''メ {.                     優れた武技を持つ4m級巨人。
                    i \    |l|w/L ,r_/            .高い武術と体術を兼ね備える強敵。
                    ヾ (..\\{w└ ¨ ´ /
                    (`}W{ \´     彡x  ガッ!
                    F=ミテ ニ.>  ; ’  ∠─   ┏        . ┓
                    (_ 三./      }|      ┃>《挑発攻撃》┃
                     `/´ヾ,  r、r‐|^`       ┗        . ┛
                             //  }´
                            /

143◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 03:50:25 ID:ULkbv8zU


                  _..-‐=‐-,,.._       _..__ ..ィ
         . -‐- ..    ∠三三三三ミ≧.、   / ̄`ヽ.._..ノ._
    ____∠....._     `丶〃´      `ヾ!ミミ!/、__(_ _)‐-<..__)
  / ̄ ̄ ̄ ̄ `      /        メ  `ヾ!   /  ̄/⌒ヽ..__)
∠_            {  /⌒L_   -=、ヾ」! 〉   ./
 ̄ ̄`ヽr‐=ニ二ニ=、     ゝ | !ヘ|:::|    (tvゞ=ィ   ./
     |!_       \     ゝ-'::{    イ-、_}` ー==、        《だがその牽制が目障りだ!
  _/ ̄ ̄ ̄\  ∨   /:::::::::ヽ〃=‐-=ニゝ.. __[_ノ         仕方なし、貴様を屠って奥へ行こうぞ!》
/ ̄´   il!.   \ |    !:::::::::::::イ!、`ヾУ
.         ll'l!             !:::::::::::{ lトゝニイ
       l'l'!       \   ゝ.::::::::`::::::::::´〉       ガァァァアアッ!!
      ,州!_        Y  、` ̄ ̄| ̄´
 ‐=ニ二三丼三二ニ=‐-  |   Y   l!
.      州        l   从___/      __
        l'!l          / 、__/::::::::/     /´ i!
\ ...____il!____/  /:::::::/ ̄ ̄ ) /  /  __
  ` ̄ ̄ ̄l|「 ̄ ̄ ̄「   ,':::::/  `7´ /  / /´ i!
      〃      |___...イ.イ   ゝ-` ´   / /  /
              /-=彡 /l!      <ゝイ  /   __
_   _________   /___./,/           /   /´ i!
  `´ ̄ ̄厂 ̄ `Y  ̄ ̄ ̄'             (     ,/   /
┌───────────────────────────┐
│スレイガーはその巨体から繰り出す高い戦士能力に加え、     │
│更には《影走り》という戦場を駆け回り遊撃する能力を保有する。.│
└───────────────────────────┘

144◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 03:51:12 ID:ULkbv8zU
       /    ヽ  //厂:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ . ィ  ̄\
      ./      }/rイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ .i.   \
_. ---ー匕__ イミイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.ヾ    ヽ
. -‐  ̄ ヱ_ア.イ_.ノ:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:ハ     i
  _.  二. ィ_ ノ:.:i:.:.:/:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:. イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.廴   .|-==
イ> '´   7 :.:.:.:. |: /:.:.:.:.:.:.X:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.:{    {'´ ̄
     /:.:.:.:.:.:.:.|/:.:.:.:.:/__]>< /イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/  }:.:.:.:.:.:.:.:|、_r'´__
    イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:イ.穀⌒テ芯、7/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∠_∠_.ル':.i :.:.:. |:.:Vー---
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//:Vハ   {:::nゞテ/:.:.:.:.:.:.:.>'´ z===tミ、 }: /:.:.:.:.:ノ:.:.i
./:;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./´:.:.:.:.ヽ}  .ゝ.::ツ .}:.:.:.>'´   テ:n::::V ヾiイ:.:.:.:.:/:. 八
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,;:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ 、、、  .|/      V::.ツ  /:.!:.:.:.:/:.:/:.:.:.\
:.:.:.:.:.:.:.:>イ:.:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:ヽ u           ¨¨”  /:.:/:.:.:イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
:.:.:.:.:/   .|:.:> '´ ̄ ーr-z\       '    ```  /:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ     ったく、こっちは
:.:/    V: : : : : : : :.} /:::::::\   r~ 、       イ/´:.:.:.:.:.:.:.、.{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:      ドゥームの銃撃に備えて
/     ./: : : : : : : ://::::::::::::::::> .{  ノ   _.  イ:.:.:>\    |l|w/L ,r_/      軽装鎧モードだっていうのに……!
!      イ: : : : : : i: //:::::::::::::::r-<::>--<:/`'</   \\{w└ ¨ ´ /
   /: :}: : : : : : .}//::::,∠ヱ=-、_ヽ:::-=≠::::::::::::/   ム:/.\´     彡x
  /: : : : : : : : : /'´::/ { / r~、  ヽ\:::::::::::::::::/  /|.: : :ー. >  ; ’  ∠─
 .i: : : : : : : : : : .':::::::::::{  LL>~⌒ 「`丶::::::::::::/   /! !: : : : /      }|.   ガッ!!
  i: : : : : : : : :./::::::::::::七ー{_r、_ .ハ.  ヽ::::/  /::| |- /´ヾ,  r、r‐|^`
\ヽ: : : : : : :./::::::::::::::::⌒Y  ヽ__ハ   V^  ム'¨V: : : : : : ://  }´
≧=ミ、: : : : .i:::::::::::::、::::::::::::ー--:'⌒-:::7    i   /   .ハ: : : : :/ : : :\   /
┌────────────────────────────┐
│《影走り》持ちが戦場に一体いるだけで、                   │
│たった今ここで相手してたはずが次の瞬間には後衛が壊滅してた、 |
│なんてことも ありえない話ではない。それを抑えるためには、    |
|壁を張るなどして物理的に突破出来ないようにするか、        |
|こうやって注意とヘイトを惹きつけなければならない。           |
└────────────────────────────┘

145◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 03:55:13 ID:ULkbv8zU

                         / 小ヘ`ヽ`ヽ _ .... - /   ______
                      .  / ,ム|// _}  }/  / .,..ィ:´::::::::::::::::::::::`ヽ、
                      .  ! :l _i!!:l,// / _,/,..イ::::::::::::::::::::::::::.:`ヽ :.:.:.\
                        _}_,ン() ___/厂i ...../::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.|レ::::::::ヽ
                      /へ- 、イ j j j./:::::/::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:\ヾ:/||:::ヘ:::::::::::\
                      ー―'; ∨t 〉〉./::イ:.:.l:.:.:.:.:{ { :::::::\:;:斗十トij:::::::ヘ:::::::::::::\
                      .    Vヘ l l./:/ /.:.:.|:.:.:iハ:ヽ\:::::::::ヘ!リ云ミヾ;:::::::::i:::::::::::ヾ::ヽ.
                      .     ヽ//7.i/ /::::::::|:::::|:イ丁ト\:::::イ に心ハヘ:::::|^!::::::::::!\|
                      .      }{ii| |::: |:: |ハ | ヘイ云 `\j ∨か,, }ハ:::|ノ:::::i : |  j
                           〈 ////|::: |:: |ハ乂ハ心ハ    ` ̄ /イ:::l:|::::::ハ:j
                      .      i/::: ̄| \!V:ヘ:::∨ヘゞー' 、  __    ノ! リイン'  リ      1ラウンドの足止めご苦労!
          ο   O     / 。  ......|    i:   ∨ヘ:::::::::::ヽ   く  ノ  r=//==ュ__
         ヽ。 O     /      ο|    |    ∨∨ヘ::::::::ゝ 、    || /'′ /::::::::`ヽ     ほな、【サモンフェアリー】や!
      ο   ヽ  。  //  O_,  。. .|    |     \\ ::::ト、ハi≧≦||_ >/::::::::::::::::::::::ヽ、
             iヽ:''"゙゙'':.,/     ..      |    |:          \:\ ̄ ̄/才  /:::::::::::::::::::::::__ヽ
   -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐  |    |:           `| ̄ ,才´  ノ:::::::::::::: : :<: : : : : \
      。  'O   :、,. ..,::'、‐-   。      ⅥlⅣ            _」 ,イ    /___:,:イ: : : :/  ̄ ̄ ̄',
       O   //`v:: 、j  。 O_,    ..|  |          _/ 。イ i ──/: : : : : :>:":´        /
          //。  |   ヽ          |  |        /////!| |   {──<:.:..          /
         /    ο    O        |  |      ./_,7////| |    \:.:.:.....         /
        /

146◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 03:58:54 ID:ULkbv8zU





                               /
                                   |
         \                  ..::::|
           \             /| ̄ ̄ |
            \          /  | : ::::::::|
          | \   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   :| : ::::::::|
          |::: : |  |::::| ̄ ̄| ̄ ̄| :|   :| : ::::::::|
          _/ ̄≧=‐┬-,、._____゙| :|   :| : ::::::::|            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
         ./  l| / ̄    |─|l\.iiii!| :|   :| : ::::::::|              | そんじゃ援護は頼んだでー!   |
      ./  /「 ̄ ̄\___l_j/ヽ.\__.\  | : ::::::::|              乂_____________ノ
        ヽ_/ _,|______|ー┴く_厂j≧、__._ |
        〈____,小、__,∠二{  ̄ ̄/ヽ/\   ≧==‐x,.,.,.,.,.、_
         ヽ/干ヲヽ.__  ー 厂 ̄7ニ〈    _ノ   ノ""゙''''ー-;.;.;、,.,.,.,.、
          〈   |´  \___/   /\__/二匸__ `¨Τ´\   ___}{"`Y´
          .\ l ̄ ̄「  / ヽ. /___/__,ノ  「 ̄\__ノ ̄ ̄ |ノ]フア´
             \ / \_/ ゚ ゜。/    \{ /__,ノ\__,ノ `ー‐r'--、
             ー<〈 o゚ '^ヽ      |__|  |   }ノ--、__ノ ̄\ヽ
             __≧∨{゚゜\___ノ ̄¨¨¨j__,ト、_|ー‐--|   \{___ノ⌒
            /: :, ;∧ミ:。___,ノ ̄,゚' ̄ト---く_____,人_    ヽ  \_
            \;:;`゙∨〈__,。゚゜。: ;‘  ̄{/ ̄。゚.__  \__ノー―/
                              /● \
                             ○__/\    はいはい、じゃあ
                                    │   ストーンウォール で壁貼っとくから
                              <  ̄>/<  ̄>  これで遮蔽は完璧よ。
                                ̄ ̄ │   ̄ ̄
                                  /\       【ドリアードLv9】
                               / ̄   \_/   土属性の妖精。
                                               いわゆる樹の精霊でもある。
.

147◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 04:00:18 ID:ULkbv8zU

  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
  | 華扇ちゃん、後ろの守りは    |
  | バッチシやから心配はないで! |
  | 脳筋相手は得意なんやろー! ..|
  乂_____________ノ

                                                          _,,...._
                                                          >-;:'":i:;,-...,,,__    .《お前一人で
                 _,∠ ̄`ヽ                                  'i!"iill>/  メヽ,   ..俺を相手だと!》
          / ̄`ヾY´:: ::、:: :: ::\j                                       (”";;, ,,. ト.,_  〈i
            {     }} : ト、::`:: 、_::_:;>                                  ,.彡"-i-i'⌒ ,. ノ/
          ゝ、 _,. シ:: ::| -` ー一イTト. 、                            爪⊂)")-"-'ニ二_∠ヽ
         /⌒>ヘ:: :: :| ,才矛  ゞ'|「ヽ:ヽ、    お膳立てどうも!                ”" ̄ ̄/ヽ, ̄ラ""'ヽ
            /i::ト、::ヽ: 从r'ーク 丶.从)ハ;:ノ                                  /,,,  /|:::::/  ⌒''|
             >::):イヽ_`¨´__こア ー‐'′                              ( X  ヽヽト"  .メ|
            / :/:: :: :ノ r─ 、L∠´}                                 彡, ⌒i ̄ \   ノヽ、
              ∨(/⌒/r‐'′  {-L),ノ                                      ト==:〈    ヽ ミ ノノi
          ,. -┴==ァミx_,. クーく,>                                  ,.-,::::||  /      "''''くヽ L
         / ‐  <∠,..、| 》´::;::/、`ヽ                               ヽ、__  〉        _〉/ /
          ./ ´     /-/>ミ/::ァ'^:::\ l }                                "''        く__ノ
        { ′_/=7//l7/:::キ:::::::::::::V´
         .、 l ≧=-v'〈/l_!,':::;:ィ廴_::::::::キゝ、
        ヽ 、   /   ∧X:::::、:::キ:::::::://
          \ ー --〈__,≫ 、::`宀:::://

148◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 04:04:17 ID:ULkbv8zU



          _  _,,-‐''": : : : : : : : <⌒ヾー 、
           / `ヾ、 /: :/: :〃:.i: : : :.\    ヽ
          /     V: : : : : : : : : : : : : : : ∨   |
       rl      |!: : : :/: : : : :|: : : : : : :丶  r"
     r┴|      〃: : // ‐-: /! : : -/: : : :',_人        |\
      ヽ人  _ /: :!: :/: :/:/: |: : :,イ: :i: : : ト \\     |::::::\        まだまだ!
      <_ ム二ムイ :/:|: : :ィテ示ミ !: :/ィ示ト: : :!:.l  \\   l::::::::::::ヽ      【バークスキン】、
        〃: : : :|/l从: : :lV:::リ  !/ Vリ l : : |: !    ヽ    ,':::::::::::::::::',      .【ビートルスキン】!
       // /j: : : : リ: :ヽ∧""    '  "l : : lり     )   /:::::::::::::::::::::.  ガイン
   _ //.{. /: : : : : :i: : : : :ヽ       イ: : 人   /..\ ,,_人、ノヽ.:::::::
..  \    |l|w/L ,r_/. :ヽ: ヽ >`_´.イ: :!: :リ    /  ...)ヽ    (.:::::::::',
  / /.\\{w└ ¨ ´ /. ヽ: \\ /: :从: ト、/    .- <       >::::|
/ /::::::\´     彡x.:::\ヽ-、イ |/: :.∨     /:::::. )     て.|:::::/
 /:::::::::::::::.>  ; ’  ∠─.::/ _ニ、フ|!:::::\::\   l:::::/:./^⌒`Y´^\.:::/               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
./::::::::::::./      }|.:::::::::::〉 ┐リ ||:::::::::::ヽ:::: ー´:∨::: _r┬ 、_/   /:::/                   | 《ぬう、硬ッ!!》
__./´ヾ,  r、r‐|^`:::__::/<ニ!/! ||:::::::::::::从::::::::::::::rY / ! / i }   /:::/                     ヽ________乂_
:::::::::::::::::::/.//  }´.:/ムイ \__イ .||:::::::::::/::::::::::::::::::∨∧_| ハ//  /:::/
::::::::::::::::::./:/::::::/::::/:::/ | !\  イ| ||__;;/ヽ\::::::::::::::}`   \ ,,_人、ノヽ
:::::::::::::::::::::l::::::〃:::::::/\_>イ二二 ̄ イ}フ::::::\\::::::::!   _. イ )ヽ    (
:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::! ̄   /  ̄ ̄ .〈 ※>::::::::::::\\:{  ̄.- <       >   ガイン
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ll ̄ \/ヾ::::::::::::::::::::::::l─/:::::::::::)     て
                                    /^⌒`Y´^\

149◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 04:06:45 ID:ULkbv8zU


                                         ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                                       {i川川川川}、
                                     ,. ´`Lj从从从{j」^ヽ
                                    /            ‘,
                                   ,′                 .      《小娘ながら戦士、
                                    i`  ____        ____  ´i          全く侮れぬわ!》
                                 r-、!  '~⌒≧=八=≦⌒~'  t‐.、
                                  ,{ ヘ,}  `く_O_》ミ.=,r《_O_>´  !,フ.}
                              -‐≦´ 彡{ヽ. ,.  ´ ,:! !:、 ` 、  }ソ,/、`≧:‐- ..._
                     ,     ´        ,ノ小j,   ,,,人´__`人、,,,  小ヾ.j',      |....`ヾ.、
                   /           /ソ从  彡,/'⌒ニ⌒ヽミx.. ソ从ミ、'       !........!  \
                                   彡'//rく〃,‐<´‐-‐`>‐ミ≧ミヘヘミ、     }.........}    ヽ
                              ノノソ/ノ川从、 ゝ`こ´ノ ,从入ミ戈ミ、     ,'........,′    }`ヽ
                            _  ノ//ノ/ノj:}/ムヽノ从从ヘノヘヘギヘヾ〈ゝ __,/:....../.
                      --=<  ̄´    ノ'ノノ/Уリ/'ハ八ハ八ハ人乂夊ゝ` ´   /....../::ミ、
                   /:.    '⌒ヾ、  ,__ ´〃/ノソ//ノ从从从弋乂ヾヘゝ_   ノ....../   \
                             /⌒゙´                     `ヾ./....../     ヾ
                             /                  }{               /.../、:....     ヘ




                                           / ̄`ヽ
                                        /, ⌒ヽ i
                                           { { 、__ノ ,ノ
          /       \:: :/:: :: :: :: :: :: :: ヽ:: :: \          .い、 __ノ}
         /        .........}:/ ::_::_ハ:: ::i:: :: :: :ノ::、:: :: ヽ_      .ゝ、  ,イ  サッ
        ./     ..:::::::::::::::::/:!: :: ::/ `V l:: :: :: ヽ:::::\:: :}  ヽ      i  }
       ∧   ..::::::::::::::::::::イ:::!:: ::/_  V:: :: :: :: |::ヽ:::::ヽ!::.  }     .l  | ミ
       { ヽ   ::::::::::::://!:::| ;イきミx ノ\:: :: :: ヾ::ト、::::|::: ノ      |  l ミ
       `ー'^ヾシ冖"r'´/j´::::!::リ:::::::::;:ミヽ ヽ: :: ::乂::::::::l: イ       .l  |
           /:爪_,ノ///|::::::|::Ⅳヾイ      ≧ミx:: ミ≦<       l  l
        </::川::l////リ::::::トハ `ー'′   イ:::::::;ヾミー一二ニ=‐:- 、  |  |   戦士?
          / :: /;イj::l'////:::: /        ,  ヾニr'^、:: ::ヽト、ヾ二ヽ: :\.|  l  ....いいえ、私の本職は
       /:: :/´ |l::::::V//:::;ノ     '′、__     ノ//,ト::: :::ト、`ー'´ \::ヽ. !  ...魔法使いなんですよ!
         i: :: i rzzヘ\::∨::::i      ゝ  ノ . イ////} :ヽ ヾ、       ):人.|
         l: :: l′ \`ー、ヽ_ト、 、 >‐r‐┬f升/////从: ト、:: ::\   /イ   )
     / \:: \__, ヽ::::\:::::\く::::ノ⌒\\⌒ヾ//} V \:: ::ヽ.    l  l
      |     ̄ ̄  └ァ、:::ヽ::::::>' ,ヘ、ィ⌒ヽ、ヾノ     ヽ:: :ハ   i  l

150◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 04:09:29 ID:ULkbv8zU

                            __.00  __n____         ∩
                           └‐┐ |   └ァ┌┘  [][]「l ∪
        ー ,,   \         ,,    ┌‐┘ |    く.イ_!      くノ ○
              `ヘ、 .\     /'" `l.      ̄ ̄   l      └-r'"
              `'-, `!、    ´゙'v'"      ./   !
                \ ヽ,           /   ./                  /
                ,,,,,,_.  ..\ヽ.    、    ./   ,/             / ,     ..f  ̄ナント  ̄ ̄`ヽ
    ________       .`゙'‐、 `' !、    l   /  ,/                ,/ /      .| 《何斗!》.
  ‘゙ ̄゛ ._______,゙_;;'ー-..,,_.   `'-,゙'.li、  .! .",,/             ,,/ /         .ヽ_____乂_
 ―''''"´       ゙゙゙̄'''ーニニ、  .゙-    "      . /       .,, ‐´., /
               -――- ..,,           _./     . _..-'´.,..-"
                 _,,.. -¬'、            `゛    ,,.. ;;ニ―'''"゛
          _..-''"゛ _、ー''"               -=`-''″             _..-''"゛
       _..‐"  . /    /  ,i                    _,,.. -''". _,,.. -‐''
     ,/゛   /    ./   /           ................ -‐;;二.... ー''''"゛
   .../    ,,ヾ     !  / :!   .! .,   -,¬¬―ー''''''゙゙´
  /     /       .゛  ! l   .゙l、`''ー..,,..`''- ,,,
 '"    /              ! ..!   .ヽ、  . `'''ー ..,~''ー ..,,_
     /      ,、      l  .!、           `゙''ー、,_ ´゙'''ー ,,,、
    /     i!゙´ `/     !  .ヽ               `'''ー ,,_  ⌒゙゙゙'''"
   ″    `>  ,ゝ     .′  "                      `"''ー ..,,,,
          ´⌒´
┌─────────────────────────────────┐
│戦士としては優秀であっても、所詮は力押ししか出来ぬ脳筋。             │
│デュラハンロードのようにこちらの積み重ねを崩す必殺技があるわけでもなく、 │
│むしろ対処は余裕といえる。                                │
└─────────────────────────────────┘

151◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 04:12:27 ID:ULkbv8zU

                                        _,..--==....、
        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ               「:::::::::::::::::::::ミ<.
        | 《やられはせん、     .                _} -‐==‐-=ニ≧、
        |  やられはせんぞぉ!》.            /´    ソヒ ゙    丶
        ヽ__________乂_          「       , - 、  ヽ     ヽ
                                  /  .、_ノ  __    } /  .い_
                                  〈==- ,.-__-、 t..f jヽ <    .//≡ヽ
                                  ( (f,ノ ` - 、-= '  /⌒`)  ,、ヾ.`}、 _ .-―=
                                      〉-(._ ,-、_)`ヽ.     /  ノ/´7=-
                 《全力攻撃》!       〈 , --===三ミミ、  ,、、 }:: イ、_
                  連続攻撃!           Y'/` ニ二ニ 、`ヽ ゙ ミ:::::::::`::::::::〈  Y
                                       ,l:::ヽ 二ニニ=王) 〉 ヽ::::::::::::::::::::::ヽ .)
                                          |:::::)´二-=ニ二ノ }::::::::::::::::::::::::::::> ミ
                                     |::::::Lノ::::::::::::::ヽ_ノ::::::::::::::::::::/ ̄   ¨    ./
                                  L::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   l        ∥
                                      ,ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;-'    |        .||       蹴り、更に
                                    /  ヽ::::::::;-―― ¨¨´      ll      > .        《追加攻撃》蹴り!
                                     /    . `¨´、               ∥       /  .
                  > ´ `ヽ、         ∨_      ゝ             ヽ
                     / ,/ `ヽヘ     _ =,,,';/ ̄    ,     \        |   /__ .ノ
         > ´ `    { .、ゝ/ `. } . ∠≠≠="/           \ \  | ノ
          /   ヽ丶   ! ゝ_ .- <  ., 巛彡洲  (             \ ヽ /
      .  {.      \ ー-'     ヘ/洲i'  〉洲  ⌒ ヽ            ] .7
         丶   , -、、       ∨il'   ミミ__    、              ヽ |
┌──────────────────────┐
│勿論、敵が弱いわけでは決して無いが            │
│単なる力任せでは魔法を打ち破ることは出来ない。 │
└──────────────────────┘

152◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 04:19:50 ID:ULkbv8zU

 <プライマリィヒーリング!
<キュアウーンズ!!

      /  ̄ \
      |     |
      /|  ・ ・ /
      | ヽ   |   “あーあー嬢ちゃん、それはあかんて。
      ヽ、`(三)    【リングプロテクション】で軽減したるから、
   / ̄\ヽ,─-、   気ぃつけや。”                       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
  ∠__  |    .ゝ                                  | 土魔法って便利ですよね
      `>+イ ̄ ̄                                        ヽ___________乂_
   -、_∠  >、_

┌──────────────────────────────────────┐
│出来ないが、多勢に無勢。                                            │
│しかも呼び出された妖精を殴ったところで術者が倒れるわけでもなし、                 │
│その術者らは既に高台を形成し 石壁の向こうから安全に魔法の援護をかけていると来た。 .|
└──────────────────────────────────────┘




                   __     ___ 斗-、
                  /    `〆´     / <⌒)'
               /    / , ´  ⌒ Y  ̄`X´ ̄ 丶       .\
                 {   / /      ! /   ヽ    ヽ      \\..            /
               ヽ_ム イ /      ∨   /  \   !         \\          //
      ィェ=====彳>辷 /   /   / /   /|    \/        ...\ \     / /
                 /イ   /   ̄7ヽ / /   / |ヽ  ヽ ヽ             \  \/  /
         __ _/ / !  |  ///人/  /  / i  !  ∨             .\   /
           ムイ ̄⌒´/ '   | イ行示ミ、/_/斗七て丁  '    |==ニ>、      ./ へ \.  キィィ‥
            /__/   ∨代ト-イリ ヽ   ィ示芹ミ.} / / ! |==、        ././.   \ \
            ∨  / /|!  `¨´      弋トヘリ / / / ∧|   》      //      \\
             / X´  /  八 """      '  `¨ /イ /|/    ヾ    .//          \
             |∧ !  '  | 丶   /⌒ヽ  "" ,イ∧  \       /
   _____     i' ノ_|   |__| ├\  ヽ  ノ   / !  ヽ  〉     回復ありがとう、
    `ヽ:::::::::::::\ /´ムイ三三ミ、」ミミ>― rr―<  l   \/      おかげで存分に戦えます!
       ̄ ̄\\ /三三三三三ト、:::::::::`Yイ==、ヽ/    /ヽ
           ヾ〈三三三三三三ヽ三ヽ:::::ノ)⌒`ヽ三三ミ! ノ!ヽ 〉    少し威力を上げましょうか、
     __ ィ⌒ヽ 〉}/⌒ヽミミヽ三三l三/´ ん⌒)  〉三i三}ノ  |/     【エネルギージャベリン】!
    / ̄ヽ{、   ├{!\  l}三ミ三/三〈 `! し´ヽ ヽミ|ミム、    ____
  r‐〈ヽ、   ゝ、  ノ人 ヽノ、三∨三三三ヾ、二  ノ ノ`ヾ.三三〉 /:::::::::::::/´
  ヽ、 ` ―`r-、 ̄__ \⌒ヽ<三三三三ゝ―r‐ '三三ミヽ∨// ̄ ̄
┌───────────────────────────────────────┐
│通路と壁を活かして攻撃範囲を狭められてしまえば                             │
│遊撃が得意な巨人も 真正面から殴りかかる脳筋でしかない。                   │
│ダメージを与えるだけの魔物なら、味方が回復して自分が殴るだけでこちらが先に削り切る。  |
└───────────────────────────────────────┘

153◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 04:21:53 ID:ULkbv8zU
        `''-..、`'ー ,,,
            .`'ー..、 ゙゙'ー、、
            `'ー、、 .`'ー ,,,
                `''-、、 `''ー、、
                      `''-..、  `''ー、、                n  00      __     ∩
                         `''-..、  `''- ,,,           ,⊆ ⊇、   __ └┘/7 ∪
                             `''-、、   `''-..,、        ̄U ̄    コ L  <ノ  ○
                                `''-..、   .`''ー..,、            ̄ ̄
                                   `''-..、   .`''-、,、
                                   `''-、、    `'''-..,、
                                    ゙''-、、    `'''-..,、
                                         .`''‐、、     `''ー、、
                                              `'ー..、     `'ー ,,,
                                                 `''-、、      ゙゙'ー、、             ジュッ!!
                                                 ゙''-、、      .`''ー、.
                                                     `'‐、、
                                                          `''-、、
                                                          `''-、,
┌───────────────────────────┐
│巨人なので耐久力はそれなりにあったが、                  │
│それでも石壁の効果時間が削れるより 敵が力尽きるのが先だ。.│
└───────────────────────────┘

154◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 04:23:31 ID:ULkbv8zU


                                    ,. '" ̄`ヽ.
                       , '" ̄`ヽ _r‐<´ ̄`Y      ',
                      ./  r>'"/        ヽ┐   ノ、
                      { r/   '     }`ヽ `ヽl>-rヘ_」
                      r'7  .;' /|   ./_ ̄ハ  ハ  八\`ー─┐
                      |/   |/'´_」   /ァfてハト  | 、  \\  ̄
                      .;' |   | ィ'f'ハ、  '  j__,ン  八 \ !\」
                      /{ .|  八| j_り \|   xx|/,リ「  ̄`|
                    く/|八レ'  |xx  '       / ´  |  .人    ふう。
                         ヽ /、   r 、   //   /|  ,'   ヽ.  大丈夫ですか、はやてさん。
                        /イ へ、    / /| _/_  /   ; }  特に精神力の方は……
                      / /  / >-rァ'|/|:ァ'"::::::`ヽ. /レ'
                     ,:' /| /|、 ./ f斤:::/::::::::::::::::::ハ' }
                      レ'´  ∨  レ∨_」ーイ/::::::::::::::::::::::::| /                      ドサッ>
                            r'アrヽ:::/::::::::::::::::::::::::::レ'
                            /{八ンノ}:{::::_;:-===-、/
                         /`ヽ、-ァ::'::ヽ/::::::::::::::::∧\



           ´           `
      /                     \
    ./                     \
  . /       x ≦三三三≧= x       ヽ
  /     x≦三三三====三三≧ x    ヽ
 ./     /三彡 ´   \  \=/ ム`ヾ=ヽ__   ヽ
 l    .//      i  ヾ、\. \ /‐.ヘ   Y三}≧x. i
  l   /'  l .i  l  ト、  ヾ、_ヽ__ヾ  ヘ  `ヾミ三≧x
 . \  l  l  | ト ト  ヘ \r ´ヽヽヽヾ`  ヘ    ヾ ミ三\
    ーl i ヘ l l .>t‐\ヘ  >=テ::气ヽヽ  ヘ ヽ ヽ ∨ \三\
     l.ト. lヘ rl´ rァミ. `\  ほ:::::}l/ }ヽ  ヘ  ト ト }.  \三ヽ
    .|| l  l ヘ .ト〈..マ:ヘ      辷Zソ  l ト   ヘ ll l }'_   ヾ=r‐`    大丈夫やでー。
    .|| .l  l ヘヾ  マ_〉             /l | 〉  ヘ-‐::´::::::::\  V      ここまでの魔法生物は
     ||.ヘ  ヘ `ヾ、   '  -‐┐   //ll  ∨ }:::::::::::::::::::::::\      ほとんど華扇ちゃんが相手してくれたもんな。
    . || ヘ   ヘ   \   ヽ ノ  /<´ |.  ∧ l:::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
     |  ヘ   ト、l-r´ト、≧┬--<イ_∧  /:::::::} l::::::::_ -――- 、::::}   それに魔晶石も惜しまずに使ったないから
        〉. ヘ `\:ヘ ∨.{::::{o ̄    ヽ lニニl lニ -‐  ̄ ̄`ヽ∨   余力は十分あるで。
        /:::\ヘ:::::ヽ::`\〉:::ヽo   /∨y  l/         v'

155◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 04:26:26 ID:ULkbv8zU
              |XlX||X||       ∠77=ロlニ二7´ ___  |XlX||X||      }三{
              |.., -- , --r―‐ァ-、,1;-┴-、、;=;ェ/:::/´ ̄`lXlX||X||     (0)}[二〉ニ〉
              /´  l^Yo}「7/´ ̄      ヾ _,,.. -─- r 、.,.. -─- 、     ./ //
            (0)〕ニニニニニニニニ}i「;/   .,. -─ 、ァ‐'"´       ` くr, 、   ' ,   / //
            8;}I仁二二二r-、_〈-<ニ./   , '/             `<     }./ //
                  ヾ、j_j_r[≡[`ー-.{  / .,'        、    、   |\  '. //
              |; `ヾ二ヾ[=]}ゞ.rァ'    {     !   } \   \   ̄∨l、/
    || ̄|| ̄|i777777777777777777.,:'     八    !\ ーノイ ヽ.    ',    ト、l.
    ||  ||  |i/////////////////./ /   l/___ 、   |   ァテヤてl「l    |.   ト }ヽ
    ||  ||  |i/////////////////'      |   __,\ |  '  乂_ンノ}   /    | リ }}
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ! |    | ァ'ヤヽ. `        ;  / 「ハ  '/ ム  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                       ', 、   l八 乂ソ .        /イ   ハノ {、      はい、なら
                        ヽ. \ ヽ、              /  l  |  '、\     巨人を片付けたら
                         )ノヽ ム       _     |  |  |    \ヽ    先へ進みましょうか。
                         ´  ∨.人     ´- '    イ、   ;      ',
                            /   > 、    , イ  |\  八   ト 、  |   まだまだ小部屋が幾つも残ってますから。
                             ,   ノ  `'ァf升    /ト.、ヽ|  \|  ヽ/
                             |  /人   ,ノ   //::::::l::;:>'"´ ̄` 、
                            ∨レ'   ,>イl_,,. イ /::::///         \
                             ,.-‐ァ7:::::::r'⌒Y`ヾ:::/::://          ',
                              ,'   | ,':::::r' ⌒ヽ  )::::::::,'/ /        |
                           /   ∨::::::;ゝ、__ン イノ::::::::;' l/          ;
┌───────────────────────────────┐
│スレイガーは経験点のこやしになり、ついでとばかりに             │
│奴が手にしていたマナタイト製の剛剣を頂きながら遺跡の探索を進める。 │
└───────────────────────────────┘

156◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 04:30:33 ID:ULkbv8zU



                            ___      }} /           【ウォードゥームLv9】
                      ´   `  、 | ̄}       _    .巨大な砲塔を備える魔動機械。
                       /  __     \| ノ  _ -‐…‐-ミッ  .でかい、かたい、いたい。
             /⌒ヽ-‐‐- 、r‐{__ /,.- 、`丶、____} { } r'{      ヽ
         〈 }^′     ノ{  =={ (  )iい}==  ⌒}-‐}∧        ',
             {     ′ハ   辷彡 √   . イ:〃 ':ハ       }
         八     { /   ≧=‐-弋+ノ-‐=≦/ i{ {ム 廴 _   -‐′
           \   ∨i 冖            /  八_ノ「、   >-〈              / ̄ ̄回
            >‐-{ {_________/   ___ Y  \/   ',        | ̄ ̄ ̄i ̄ __  ̄|
             / 廴 _______  〔__} |    `V ⌒ヽ }       .|...〃ヾ i.  _i i  |
            //ノ i|            ∧     .ノ   r‐:}__}¬ __   ....|. ヽ ノ |. i___i |
           / く/  i|  r──‐ 、    /  ', -‐ i    {  ! 〕 | ┐}    i___i____ |  【クィンドゥームLv7】
            _へ }   /∧___ ̄ ̄`____/   {   │    _}‐ァ、_「   | |」    //"! ミ      彡|  2つの砲塔を備える魔動機械。
       ,ィァ⌒i ヽ∠.イ_i∧ ニニニニニニニニ\_ 」__∠斗、 〔_{ニニ) }  |.ノ  .....//  i  ( ̄`(二O |  Lvは低いがウォードゥームより部位数は多い。
      にし ´}  「’ Y´/   ー‐ァ──ァ‐‐冖‐-t:{ {\ _》, {ニニ) {___」   ....○.二二○ ̄  .l  |二二○
       }ニニン / 介/     /{_ / __  ハ 、 ヽ 》,{ニニ) }  〉      l  |  |      l  |
          ̄\_// / _  /:{^  / 三三} /⌒ 、  \:ム ̄   /      .l  |_| ___ .!_!
             .〈   {└一 . ′|   {   ̄ ̄ .′│ \     〉 ̄ ̄         .!/ r―,  r―,_/
           く`ヽ `冖¨´   |:  \___/-‐¬  |^ヽ--‐′           . ̄ 〃/ ̄  \\
┌──────────────────────────────────┐
│遺跡を構成する魔法生物(魔動機械)の殆どは                     │
│〈ガン〉に分類される機銃や砲塔を備えるドゥームばかりで、                .│
│それら相手に私の甲冑は一切機能しないが そもそも命中率はさほどでもない。  │
└──────────────────────────────────┘

157◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 04:34:03 ID:ULkbv8zU

┌──────────────────────────────┐
│【ミサイルプロテクション】で自動的に半分避け、                │
│〈カイトシールド〉を添え、【プロテクション】でダメージを弾きながら      .│
│【スパーク】や【ウィンドストーム】を交互に撃っては範囲攻撃で葬り去る。. |
└──────────────────────────────┘

         .:/     \:.   :/ / / /.:
      \:/   l:\.   \://:/ /.:
     \    \:l     / / /.:
     .:/               ´ /.:
    ..:/ /:\              \:.
       /.:  :.\              \:.
        ̄ ̄      \〇/     \:.    バシャーン!!
                   乂       .、 \:.
                  「   〉   /: :\ \:..
     :.\            _  <:.    :.\ \:.
    ..:/   , /     、   l: :.\\:     .:/ /.:
          //   /.: :.\ !:  :l l:   .:/ /.:
        ./ .:/    l:   :l l:   :l l: . .:/ /.:
          .:/    l:    :l l:   :.\\/ /.:

┌────────────────────────────────────┐
│そもそもレベルからして、先ほど偶然出くわしたスレイガーとは                │
│比べものにならないほど弱いし、今さら こいつらを相手にしてもどうということはない。. │
│サックリと相手し、サクサクと部品にバラしてやった。                       │
└────────────────────────────────────┘

158◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 04:36:01 ID:ULkbv8zU
                  \:::::: ::.:.:.:.:.:........    ヽニニニニニニニニ/
                        \:::.:. :.:.:.: ::. : :: .:
               、          \_::. :.: .: . .:. :. ..: .:                    __ /
                l゛ 、       l  |\ ________________ /.l  l _/
                |   丶.     |  | l        ____             |  |  l |
                |    丶,    |  | l        [○ ○ 室]           |  |  l |
                |        l   |  | l   _____________.    |  |  | |
                |        |   |  | |  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |   |  |  | |
                |        |   |  | |  | |           ||           | |   |  |  | |
                |        |   |  | |  | |           ||           | |   |  |  | |
                |        |   |  | |  | |           ||           | |   |  |  | |
                |        |   |  | |  | |l]       ||        l]| |   |  |  | L
                |        |   |  | |  | |  ____  ||  ____  | |   |  |  |
                |        |   |  | |  | |___l三三三|___||___l三三三|___| |   |  |  |
                |        |   |_|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\..|_|
                |        | /::::::.:.: :.:.:.:. ...                        ::::\
                |        |':::::::::.:.:.:.:.:.:.: :. : ..                             :::\
                |     /:::::::::.:.:.:.:.:.:.:. :.: . . .                            :::\
                |  ./:::::: ::.:.:.:. :.:.: :: : . : ..                                 :::\
                | /:::::: ::.:. :.:.:.:.:. : .: : .: . .
┌────────────────────────────────┐
│途中、未起動のドゥームや 未使用のマギスフィア保存庫を発見して      │
│追加の収入に喜んだり、あるいはこれといって見栄えするマジックアイテムが.│
│無いことに逆にガッカリしながら遺跡探索を切り上げた。                 │
└────────────────────────────────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄

159◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 04:44:16 ID:ULkbv8zU

┌───────────────────────────────┐
│街に戻った次の日も依頼を受け、                            │
│その翌日は貴族の依頼で珍しい動物の毛皮を剥ぎ取りに行ったりもした。..│
└───────────────────────────────┘

                      て_
                       ( ̄
                 `Y⌒゙\丶    バッ
                       \


                              丶
                               \
                              丶\
                                     \\ 丶
                                 \\ \
                                        \\ \
                                         \\ \
                                          \\ \


                                    , ィ
              _,,,,,,,,,, =-------==,,,,,___      ,,,=‐"/ イ                   ダッ
          ,,=‐''"´;;; ;;; ;;; ''' ''' ''' ''' ''' ''' ''' ''' `''‐‐‐''"´  ,,, /
       /゛",,,/レi '''       ,,, ,,, ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ,,, ,,, ,,, ,,, ;;; フ __                        i
       /;;; '''",,, ,,, ;;; ;;; ;;; '''       ''' ''' ''' '''-'''=''',,,ァ''"´. _ ̄ ─―-  ___         \_从人_/
     / , イiフ  ''' ''' ''' '''_             '`ヽ 二__ ̄ ̄ ――  ――― - - _ _  そ    (
     > r‐‐‐‐‐‐ァ---、,ヾ ,,=-‐''''''"´`ヽ 、__,=''"\ \
    '"'"   r‐''" ,,=-‐''"´              `'''゛   【ブレードストームLv11】
        /彡‐''"                          鋭い刃の体毛を持つフェレット。
                                    鋼の毛には強い睡眠毒を含む。
┌────────────────────┐
│少々 毛色の変わった毒性を持つ生き物だが、  |
│毒に対策をしていればどうということはない。    |
└────────────────────┘

160◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 04:49:44 ID:ULkbv8zU

          ○

          ○

          ○
.
┌───────────────────────┐
│さっくりと片をつけて翌日には街に戻ったのだが……  .|
└───────────────────────┘
                /   `ヽ
               /       lア─- 、
               <从     、_〃: : : : : : :ヽ、
            < __,イてゞ〈斗': : j! : : /: : ヾ ̄`ヽ
         __/イ〃⌒ー':: :i: :ハ: : !: : : : ト、  i
      ∠斗七フ⌒//: :_/ i: ! : //`ヽ∨: : : : :i :ハ /
         //: ://.:〃 Y: :|: :i/心ミ、/: : : : 〃 : Y
        / ,イ: ://.:∧ゞ〉!: l: 从辷ンj!: : ,イ: : : : :i
       /: : / l 〈/: : : :|  l: :|: : :i ヽ  ヽ/ |人: : : ',
.      /: : /  ヽ : : : /:〉 ヾj : : l      ,心゛ハ\: :ヽ、_ノ
      i: :〃  │: : /: ト、\ 〉: ;イ      マイ: : : l  ̄ ̄
      ヽ!    人: :l: :/彡:、/X リ,、    ノ: |: : i/
        i!     X::<´ ̄ヽ\ヽr-‐< : : : i: : l! - 3  ……成長が鈍い。
       ヾ、__, /  `\  |三>!_  `ヽ 人: : ヽ
          l          |>⌒Y`ヽ  )'   ̄`ヽ   こないだの遺跡探索は
          ゞ___    l|〉<て⌒) ´      ソ    大型の魔法生物が多く、経験点も豊富でしたけど
   ∠二ニ=≠K二_ ヽ._/::辷/7ゞ┤ト、         やはり小型の動物や蛮族相手だと全然たまりませんね。
         イ/     ヾ/.:::::::::ゝ、ー /_ムY
.        ///    / ∨:::__;ィ千r'/丁
.     〈//    ∧   ̄l / /::三/  !
┌────────────────────────────────┐
│8レベルにもなると、1レベル上げるのに                          │
│1回の冒険における経験点では全然足りず、非常に伸び悩むことになった。  |
└────────────────────────────────┘

161◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 04:54:50 ID:ULkbv8zU
          _  _,,.. --──- 、,_ノ }
       ., '´   `Y´           `' 、_
      .,.'       |‐ァ   /       \}- 、
        .|      ,ハ_} //     |      ヽ  ';
      ,ゝ、.,_,,. イ ┘ ' ‐|-    /|   | ';   '; |
   r‐''"´/, イ__r'  |  /  ,ム、_./ ;   ,ハ |   レ'}
     ̄く/Y   _|  |! ,イhノ 「lヽ / / /ト |   |/
       /    { r |  lレ' ゝ--'  |/ ァlト、 ,ハ   ;|
     ./     /ヽ._| 八           {h! }/ | /;|
     ;    /   レ' | ヽ、       ' `´ |/レ' ∧
     | /  '    、|   ;     _     ,ム、く/\]   依頼を受けても、街の近場に
     /  '   、  ;'  /、     ,、 , イ ハ       大型の魔物が現れる話なんて少ないし……
    /  _,.イ   /\/ /、 > 、.,,/ ,ハ/)/ ノ
    {r'"| ,、   |>ー<\::::\.   / /、/、/)ハ       遠征しないとダメですかね。
      ∨  /     `' \::::`r/ ´ -く/' ;
        /        \ }:::/ ̄` 、//  {、
        | /      \`∨ ̄`ヽ / {   ヽ}
         '/          `'|\  イアゝ、__';
┌────────────────────────┐
│ゲーム的に、非常にレベルの高い魔物1体を倒すよりも. │
│そこそこのレベルを持った魔物を数体、あるいは      │
│複数部位を持つ魔物を数稼ぐ方が ずっと効率良い。    │
└────────────────────────┘


                                             ,,,,,,_、_,,,
 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ                           _.ィ'´::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
 | すいません、また暫く  ..|                      , ''", '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 | 街を離れてこようかと。  |                     / ./::::::/:/::/ソ/゙l::゙,\::゙,:::::::::::゙,
 乂__________ノ                      /l:::::/l/l:/  l/ ヾ,丶゙,:゙,:::::::::l゙l,
                                        ,';:l:::::;,'rナ´ ̄   ''´ ̄゛y:::::::::;l:;゙l
                                          ,';;l::::::;;lγ-=   =─Y:::::::;;l::;;゙l
                                       ,';;;゙l,::::;;;゙,└┘   └┘ l:::::;;;l:::;;;゙l
                                       l;;;;;;゙l;;;;;;゙l    ′   .丿;;;;;;l;;;;;;;;;゙l
                                       ,l;;;;;;;;゙l;;;;;;;;゙lヽ,  ⌒' ,./l;;;;;;丿;;;;;;;;;゙l   は?
                                      ,l;;;;;;;;;;゙l;;;;;;;;;;゙l;个''ー''´゙l;;;;[;;;;;;;];;;;;;;;;;;;;゙l   ……いえ、構わないのですが
                                      ,';;;;;;;;;;;;゙l;;;;;;;;;;]. \./ [;;;;;;;];;;;;;;;;;;;;;;;゙l   どちらへ向かわれるので。
                                        /;;;;;;;;;;;;/[;;;;;;;;]イ;;;;l\[;;;;;;;;]\;;;;;;;;;;;;゙l
                                     ,';;;;;;;/  [;;;;;;;] l;;;;l [;;;;;;;;]  \;;;;;;;;;l
                                     l;;;;;l´\   ◯○.l;;;;;l /○;;丿   /゙l;;;;;;l
┌──────────────────────────────┐
│特に動物や幻獣、魔法生物には複数の部位を持つ魔物が多いため  ..│
│そういった連中を数多く相手に出来ればいいのだが……          │
│街に届く依頼といえば、基本的に殆どは蛮族退治がメインだ。        │
│蛮族で巨体を持つ魔物は少ないので、強さの割に経験点は入りづらい。.│
└──────────────────────────────┘

162◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 04:58:16 ID:ULkbv8zU
       ,'          !: : : : :ヾ: : : :ヘィ  ̄ ヽ
        i             ム: : : : : : :',: : : : :ヽ     丶
     _ム        /〉 : : : : : : : l: : : : : :ト、      }
      ヽ人      ィ 、∧: : i: : : : : :|: : : : : :|: ',   /
     ィ辷リ斗イ厂てイ :/ ':,: :|: : : : :∧: : : : : |: :l  ム
   ///: : ': : : : l: : : : :/丶 ヽ|: : : : :|: !: : : : : |: :|" rx′
  /ミ//: : :/: /: : :リ: : :/ _ ヽ、j|: : : : :|: |: : : : : |: :ト<│!ヽ        ナイムハイラへ戻りながら、
/三/イ: : :イ 7 : /: :,イてアト、 ヽ : : : :|∧: : : : :∨: :|//}!|        「ゼラン迷いの森」に向かおうと。
ヾ⌒  !: /: lト|<ニイ |!:::::::::::::∧ \: : :| ヽ: : : : :\匕ィ/
    !/: :从ゝ: : : :リ代辷>´ j!`  \j _⌒` ┬─<
   /: : :/: : : 〉.: : : :| ゛ー      ィ:て>r、/∧: : : : \   / }    学園に顔を出しながら
 /: : :/: : : イ : : : : |        , 辷´ "//: : : 、: : : : :\/  ノ    武者修行を積んできます。
/: : : ://: :/: :|: : : : /            ゙ /´\:_:.\:_/⌒/
: : : : :リ: /: : : 人: : : l 丶  <⌒,    人: : : : :\  ̄_/へ /
: : : : :ヾ{三三辷\: ト、 \ ___ <:\ \: : : : :Y   ゝ、へ>七フ
: : : : : :∧三三三≧、 \//>'弋辷⌒ヽ  \: :/ ヽ/  ) 〈  /
┌────────────────────────┐
│エミニムの街は周囲が草原平原で              │
│山や荒れ地といった険しい環境は少なく、            │
│それだけ危険(な魔物が住む)地帯から離れているため. │
│それ1体を相手するだけでも遠征しなければならない。  │
└────────────────────────┘

163◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 05:01:08 ID:ULkbv8zU

                    r-zzz、
                    |! o |___  /lTrzz 、
                ,.-|!-.__,r|===ミ、// |l|_o |
              , :'/7^乂_ノ: : ∨: :r、/|l| |_,ノ!
                 /:,:'  _,.-、_T:|: |、:{: : \`乂__ノ
              {/   r-:/-|: Ⅵ:\、: :と⌒ヽ:、
              , ´    /:{:/  |: |: : :|\_l!:.:.:|  ヽ     え、それ ほんとーなのー!?
         /    ,.:': =≠={从_} |_| |: : |\  ',
       ,  ´   , イ |: |: :| し'     =ミ !: :リ: |、   .   そういって ネギくんを
      /    /|:.:乂!:.|: :| _      /|:./|:.:| ,   :.  追いかける気なんじゃないのー!
    , ´   ,.:'´ /: :/: |:.|: :| {  `¨ヽ  八/: |:/   ,   ヽ
  /    _,.イ/Y^Y⌒\{八:.{、    __',....ィ: : : :/}'   :.   ',
  、   ´ ///j!  、  〈l∨:\}` ¨¨|{: : : {: :/:.イ `TTヽ_':,    ヽ
   `  -// //     〈l ,: : |__.  |マ: : :∨{:/   {/||/| \    :.



                                            _,,,,,,,__
                                         ,,-'''”,-'''”   ゛'''-,,,
                                        /      ヽ  i  ヽ、
                                       / /    "'''-,,_ ヽi   .i
                                      i ,i ,,_      ヽ   i  i. i
                                       ,i i'''-ニ‐-,,_     \ i  i i,
                                     /i i  "'''-二ニ;;;,,___. i  ii i
             そ、そそそ そうだ!            / ハi-,,.,_      _,,-┬、i  ノ'i i
             ネギ先生をつけねらって   ._,,,--‐'''"ン ノ 'i @ヽ  彳 @ i i _ム__i i
             あqsdfhj             ,-'" _,,-'" / ,i ハ ヽ           | r<___|ヽヽ
                           /_,,-'"  // //// ‘i,"  ・      .i レ--ニ''ミ≧
         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ  . i /   // //// ,,-->;;,,,_Д_,r;;=ラ八__”''-”;;,,__)
         | 貴方はまず       .|   i i   / //  ル // ( )  ハヾニiニ|.|.iシノ  ( ”''-,,_(
         | 落ち着いてください。  |
         乂_________ノ

.

164◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 05:05:17 ID:ULkbv8zU
                    //
               〈::〈 _ __  /´ ̄ `ヽ
             . -‐‐' ´: : : : : : :` 、    .
.      /´  ̄ `Y´. : : : : : : : : : : : : :\: \     }
      l     /. : : : : :{ : : : : : : : : : : :.\: \__ノ
      |   /. : : : : : :/:!: : : \: : : : _: : : :.\. \≦≠ ニ二フ
       ゝ.__/: /: /: :.ィ.升ト: : : : ヽ:´\: : : : : :)>:\ \ \
       ノ: ノ!: l: : :|:l:|:.|:ノ\: : : .!: ,ィ≦k: : : \: :}: :\ \/
       ///l: :!: : :!:l:|人  )\: :}´ i以リハ \ )メ、}ノ:.ヽ
     く/〈./人:j: :从八x==彡 )ノ """.|:i: : : : \:\:ノ: :〉
         /:\: :.Ⅵハ""  '     リ:i: :\: : :.\ :ヌ´    そのつもりなら、とっくに
.         /: : : /)ハY入   / }  /く: : : :l\: : : )      (【ギアス】の)呪いを受けてますよ。
        /: :/:.//: :.:i:|: l }≧= i |<.┐ :): : :ノ ハイ
          レ〈:.∧!: : :リ人!:F干| .j´ニ.|イ⊥く ⌒\        今回 あちらに行きたいのは、たまには
            )/\:.(`Y r┤厂 ∨:::::::://       ヽ       毛色の変わった魔物を相手にしたかったこと、
          /   ヽ) | j::ハ厂   |}`ヽ:j/        i       それと行動範囲を広げようと思ってのことです。
         /       Ⅵ::::{〈し'⌒ リ }:〉/         .ト、
       i         /::::::入\___メ.メ∧ 「j_     ノ 〉




           _,,..,,_ ,,,.. --- ...,,_
         ., '´    `ヾ      `'  、
         {    r/]/        \- 、
        rゝ-='" ̄, '  ./´   ハ    ヽハ
         く/    |/   /_」- /|  |    ∨、
        /'/     .;'  ./fてl!`ヽ |  / |    |/
       ,|/   r|  {弋_リ   |/ト./  |  ハ\
     / ,    .八  |x`     ァr'|  ,ハ /l」ヽ/
    /  ;'    ,   \|       , lリハ!/|イ、     今の私ならハインラト地方に
     { /|   ./|  ./| l    _   x/ 八、 \     点在する難所や名所にも挑戦出来る頃だと
    ∨ソ 、/ 人 ,ハ レ |\     ノイ  )\ ハ    思いましてね。
        }/こ ヽ|/-、 / >=ァl斤/ | イ  リレ'    _
       /─- 、r }-r‐|7〒ア´/::/7´ ̄`ヽイ   _r/´/ヽ    その手始めに、
      ./  ‐-、ソJ:::rん)ヽrイ:::::://      \ / `ヽ{_/r}   樹海から行ってみようと。
     .r' -、 ,イ:::::::{ゝ_ンノ:::::::::::::|{         .}/::`ヽ、__,,.ン
    /\--//:::::::::::::l/:::::::::::::::::::::|ト、   、__」_/\::::::7
   ./ ─ヽム{::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::八∨、rヘ_/|/   `/
   .;'-- 、 ト人:::::::::::::::l!::::::::::::::::;:イ  / ∨   ;'    ,'
   {    ヽ} /}`:::::::::::'、/):::ー-::|| /  ', ;'     ,'

165◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 05:08:42 ID:ULkbv8zU
                     ,
                  /     /     //|/ V 乂{ \}\{V         Y
                       /     /               l.    l   |
                    '     /                   | |     |   |
                       イ ― 、          ____ | |     }   |
                       '      |  __        ´       | |.       |
                    /{      | r"r'テミ         r===ミ|、        |
                 /      ハ  ゞ_ツ      乂_ツ '| | .:/    |
                  人     |ハ              _ノノ..::/| |    |
                     /  :V..  :| 人     '   r-<⌒ヽ Y/ .| |  l     まあ、止める理由はありませんが……
                 //  :V  :|   :`     ^  レx `    l  .| |  | |
                   //     :V  :|      .>  _, '⌒     イ  .| |     |    それなら一つ、
                //   /  :V :|   イ j   /     /  ̄ ミ、  | |    例の〈星の魔剣〉に関して一つ、
                  //   /   V :ト、イ/     {    イ/ ,        | |    探索を頼まれていただけませんか?
               //   /   Y :|V  Y ー-、   l   | / /        } | |
              .//   /    |  | \ :|     |   | :/          | |






                       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                       | 向こうの森の東部に かつて星が『落とされた』地点があるとの.. .
                       | 情報があったのですが、今まで調査する機会が無かったので。
               _. . .-―-. .y.x ヽ __________________________乂_
            _. .-: :_:v/.:-:―: :に{     ヽ
           ⌒ヾァ'':"¨: :   ‐-: : : \     )
       /   ィン: : : : :     :.    、: : :ヾ  _xン
        { ン: : : : : : : :     ト:    \: :Yン》≧x,
       ∨ : /: : : : : :{: : :    \: :.     ; : : :、 ‘》,
       ; : /: :;': : i: 八: : :  :ト: : |: : : :    |: : : :}  ‘》,
       {i:,': : ; : : |/  ト: : : | 斗-Ⅵ: : : . |: : :人   ‘》,
       {ハ|: :i: : : ⌒ヾ{ 、: : :xぇチ刈: :リ:从): : :{     ‘》,
          |: :i: : : 不弐ハ \{ゝ Vrり. : :价ン: :i: ハ
        八: :、: {ト Vり  、    ノイ: :i|: |: : i| ; )
         |:\: :、            八: |: |: :八{
  _      |: :.个:込.   r - 、  イ._ハル八(  )     出来ればついでに
  ン¨ス     ,|: : i|: : : :}:≧.. __ イ /::::::>..        見て探してきてほしいと、いうことですね。
 /_/,/‐ぅ  ノ{ハ乂{: :厂-…fニエィ::::/:::::::::::>…-ミ
 { ヾ_んへ,〉__  (  )ノ〃:::::::::ー}i}=‐:::::::::::::::::〃        分かりました、そのおおよその地理と
  \{ {yノ  ム  / ,{::::::::::::rfてけa:::::::::::::,      ト、  資料も後で頂いてよろしいでしょうか。
      < ノ トY    i{::::::::::に述ぅろ:::::::::::i{         ノ )
        マ/ ∧    ゞ‐-=x込えン^:-=:::i{
         /  V ,У::::::::::::ヾ:::Y:::/:::::::::::ヽ ,/
        V / v.:;:::::::::::::::::::::v::=ー:::::::::::::::::V / _ /
        V   У:::::`:::::ー=ニ:::::::::::::::::::::::::::::Y¨¨ ̄仄
             / ;:::::::::::::::::::::::::ぃニ=ー::::::::::::::jハ_ン ‘《,

166◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 05:12:37 ID:ULkbv8zU
                _ ,. -=─‐--:.、_ , __
               ,.ィ'´::::::::::::::::::::::::::::'::´::丶 ̄`丶、
              , ':, '.:::::::,:::::,:::::_,:::;:::::::::::::::::::::丶   ヽ
           '.:/::::i::::/ィ, ‐'´ '" レベ::'、:ト:ヾ、:ヽ
          '.:il:::::|:::i7       ` `ヾ ト!::::i
           ,':::il:::::|:::,」. -─- 、    __   |:::::::l
          ,'.::::!| :::|:::|| _,_ 、     ´ `ヽ!:::::::|
         ,':::::ムi::::|!::K ヒ'㍉`   ィ=ュ、 ,|::::::;i!
        ,'.:::::ゝヤ::!:::|  ー '′    ヒツ ソ|:::::;'|!
       ,'.:::::/.:∧:|:::i      _,     /,イ:::,'i||     はい。
.         ,'.:::::,':::,'::∧i:ト丶、  '´ '   ,.ィ:';::!:/::|||
.      ,.::::::;::::;:::,'イハi::::〉、丶. __, ィi:'|:::lイ::;∧::!|i   それと、そこの二人も
       ,.::::::,':::,:::,::`i∨く. \  ア,:|:l::!:::ハ:/:;ィ'::!l|   いい加減 頭を冷やしてほしいので
      ,'::::::;'::::,::,':::〈:::{:::ソ、 ∧く. i::!|::!〈:::,':::;リ:::!l|   連れてってもらっても構いませんか?
     ,'.:::::,:::::;'.,ィ、´トヾiリ:ヽ/.イト ヾヽ::i;イ:,':::,!|::::|||
     ,'.::::::;::::/ ヽ≧ゞ≦、,〈 !|i i、ムそ!:;∠:::! ::!l|
     ,':::::::;'::/ ヽ  i ◯○、  i:| ', i ´ ○◯ヽ|::::|||
    ,::.::: :;::;′   ヽ.| !i::::::|i !」 、i」 fi´:::;リ  i!:::|||





 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
 | まあ……邪魔にならなければ。 |
 乂_____________ノ

                    >zz'ヽ
          _       , . . -iV    V
          i¨ ̄ |ヽ , <,-==l∧  0 _V、
          | 0 .|ilil`Z彡'´ ̄ ̄`¨ヾ 、_,}ll}: :ヽ
          |t  r!´: 、: : : : : : : : : : 、`ー'": ヽ ',                        -―- 、
         弋zシ: : :.i\: :\i_:、 : : \:\: : :',:',                     / ー- 、 r‐.. ̄
       // : |: : : i : | ', >ー≧: `xー-\:',: : i: ',                      /´ ̄ ̄ニ-ヘ ::
     /´/: :i: !: : : !: :l ',:',: : :| \:' : \__>: |: :',                      {. 「 ̄ ー-ァ-ヘ ::
       i: : ,! |: : -|',´!⌒リ\:!  `ー‐十ー―、: :.',ミ,、                  人 ト、  // ヘ
       |: /|: !: : : !:V    `  >< 乂   .}ヘ :ヽヾ                     }.}.>   ̄ ∧ ::
       |/ .|: ト、 : ト、! ><       |ィーヽ/i'": : :ヘ                  / ::ハ""( ⌒ / ∧ ::
         .,V  ヾ!ハ        〝 ri: :/!ミΞ彡、: : :',   ....\           / /,ィ≧==/ /.∧ ::
            `--y"_|: i_〝    r-ュ <{: : :r'     >: : ',  ....、 \       ,__r{ ∧{___」`ー VV  ヘ
            7-〈: : 〉7TZ朮ヘ  }ヾ!: イ >-<i ヽ: :i      \ \「 l___∠ 」ヽV/ヘ/ヽ、___ノヘ ::
             //i: :〈: :7  `Y 〈┴ー/ : : |、/ー==!、 V      .\丿rァzz-==┘   ノ ̄}ノ___ノ{ ̄ヘ ::..
┌───────────────────────────────┐
│そのついでにと頼まれたのが、この相変わらずの状態である二人を    .│
│連れていって、〈星の魔剣〉に関する地点を調査してほしいとのことだった。.│
│普段なら足手まといになることはないが、この状態では如何なものか。  ...│
└───────────────────────────────┘

167◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 05:17:56 ID:ULkbv8zU

┌───────────────────────────────────────┐
│まあ、それ以外にもそろそろいつぞやのデュラハンハイロードの存在が気にかかる頃だ。    .│
│最後に会ってやがて1ヶ月近くなるし、あの宣告が本物であればいずれ現れてもおかしくない。.│
└───────────────────────────────────────┘
                __ _
                ̄ ̄ ` ミ.、
                >    ̄ ̄   、
            ___ /           >ー-.、
         /   .}_    /    |   _」     ヽ
        /   /.〉」   /'    i i  ヘ_!     i
.         {    ,.'._l   ./i     ', .',  ハ_、_  .,.-ト
        〉.__ ./    .' .|     ゝ.、  `!_|、._/!ノ
        /,/!   /! ! .!    .、   `    ヾト、..、
      /"// |   .| ',ヘ、.ヽ、 .|',!ヘ >、‐    トヽヾ
     《  i .' |   i i ニ式.=`.-.', | 三=-i-ゞ    !.|:| ゛
      ` k.! {   |!|! .弋:リ゛   }.! 代仂 | .! |   }"
        >人  |i ,,,           ,,,  j./ i   ハ     では、二日後、準備が出来次第
       /  へ !.!      '     u;/  '|     \    出発しますので。
      / .i       >\   _    /'   ヽ  ,   ヽ
     .' /i         \> .ヽ_ `. , .´ /     .}  i.    }  移動に関して、キャリッジの方はこちらで
      !/ .|             ', ,!、 .,ハ. i     i  |   !/  ライダーギルドから貸出を頼んでおきます。
     '  ゝ. __ヽ     }/: : :V: : :ヘ!-{    / 人 ./
         i´ `' \ .. /: : : : : : : : : }::ヘ__  /  |
         |       i.ン:  >-, ― 、: : :i    / !
┌─────────────────────────────────┐
│前にデュラハンが現れたのも、エミニムの街からイシェスへ向かう道中だった。. │
│今回もその途中で何かが無いとも限らないし、仲間を一人二人は          .│
│誘っていきたかったところなので、同行は全然構わない。                 │
└─────────────────────────────────┘

168◆iWAc./ZK.62014/07/17(木) 05:18:16 ID:ULkbv8zU
ねむ  区切り怪しいけどここまで

169小さな名無しさん@この板は300レスまで@アンケート実施中~TOPページにリンクあります。2014/07/17(木) 06:41:44 ID:KNmoD/r2
おつ

170小さな名無しさん@この板は300レスまで@アンケート実施中~TOPページにリンクあります。2014/07/17(木) 07:04:56 ID:wACViZgA
肉壁をゲットしたぞ!

171小さな名無しさん@この板は300レスまで@アンケート実施中~TOPページにリンクあります。2014/07/17(木) 07:12:19 ID:Ula3nRSc


>肉壁
むしろこっちが壁しないとさっくり逝くタイプだぞw

関連記事
[ 2021/11/15 09:09 ] 剣と魔法と邪道プレイ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する